SlideShare a Scribd company logo
1 of 60
Download to read offline
ハードの作りで振り返る
セガサターン
大神 祐真
(@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
自己紹介
大神祐真
@yohgami
[仕事]
グループウェア
メーカーの
インフラエンジニア
[趣味]
自作OS
レトロPC/ゲーム
自作アーケード基板
大神 祐真 (@yohgami)
このセミナーでは
●
「セガサターン」というTVゲーム機を
振り返ります
●
ゲーム機もまたコンピュータの一種なので
情報技術の温故(知新)として
楽しんでいただければ幸いです
セガサターン
1994年発売 セガ据え置き型
初のポリゴン
描画
同世代
PlayStation
NINTENDO64
44,800円
大神 祐真 (@yohgami)
セガ
サターン
の
アーキ
テクチャ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
大神 祐真 (@yohgami)
セガ
サターン
の
アーキ
テクチャ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
CPUやICが多い
豪華なアーキテクチャ
大神 祐真 (@yohgami)
セガ
サターン
の
アーキ
テクチャ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
CPU
ブロック
ビデオ
ブロック
サウンド
ブロック
CD
ブロック
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
CPUブロックについて
●
SCU(System Control Unit)
– その名の通りシステム管理用のIC
– 後述する各ブロックのICはSCUを通して
メインCPUに接続されている
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
CPUブロックについて
●
SH-2 x2
– 日立製作所(現ルネサスエレクトロニクス)製
– 32ビットCPU
●
レジスタ・アドレス幅32ビット
●
32ビットx2で「64ビット級」と謳われていた
– RISC(命令長16ビット)
– セガサターンへの搭載を前提として
セガ・エンタープライゼズ社と共同開発された
https://ja.wikipedia.org/wiki/SuperH
大神 祐真 (@yohgami)
32ビットx2で
「64ビット級」!
https://sega.jp/fb/segahard/ss/05a.html
大神 祐真 (@yohgami)
小ネタ
●
ちゃんと64ビットのシステムバスを備えた
「Atari Jaguar」が前年(1993年)に発売されている
– 世界で3番目に売れなかったゲーム機
●
コントローラーの悪評
– この為か、前掲のチラシくらいでしか
「64ビット推し」はしていなかった模様
●
そして2年後(1996年)には
64ビットCPU(MIPS R4200カスタム)を備えた
NINTENDO64が発売
https://ja.wikipedia.org/wiki/Atari_Jaguar
https://ja.wikipedia.org/wiki/NINTENDO64
大神 祐真 (@yohgami)
北米が求めた32ビット?
「32ビットを出せるセガハード」は
実はセガサターンだけではない
大神 祐真 (@yohgami)
北米が求めた32ビット?
「32ビットを出せるセガハード」は
実はセガサターンだけではない
https://ja.wikipedia.org/wiki/メガドライブ
セガサターンの一つ前の据え置き型TVゲーム機
1988年発売で
同世代はスーパーファミコン
(1990年発売)
発売時のキャッチコピーは
「時代が求めた16ビット」
メガドライブ
大神 祐真 (@yohgami)
https://ja.wikipedia.org/wiki/スーパー32X
北米が求めた32ビット?
「スーパー32X」
という拡張機器で
SH2 x2の構成へ
アップグレードできた
大神 祐真 (@yohgami)
北米が求めた32ビット?
背景など
●
GENESISが北米で売上を伸ばしており
アメリカ法人より
「セガサターンへの切り替えは時期尚早」
→ 「スーパー32X(GENESIS 32X)」発売
●
しかし、市場の混乱を招き、1年で販売終了
大神 祐真 (@yohgami)
北米が求めた32ビット?
「拡張するだけでサターン相当にできた」
ことについて
●
セガサターンは、メガドライブ等80年代ハードの
進化の延長線上と考えることもできるハード
→ 詳しくは「ビデオブロック」にて
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
CPUブロックについて
●
SMPC(System Manager & Peripheral Control)
– セガサターンのシステムリセットや、
コントローラーなどの外部機器との
インタフェースとなるIC
– このICへ問い合わせることで
コントローラーの入力状態を取得できる
大神 祐真 (@yohgami)
CPUブロックについて
●
SMPC(System Manager & Peripheral Control)
– 通常のコントローラ以外にも
キーボード・マウスなどもあった
●
関連・周辺機器 – セガハード大百科
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/devices.html
– メガドライブとの互換アダプタも想定されていたが
実現はしなかった
●
エミュレータのソースコードにその仕様も実装されていたりする
https://github.com/Yabause/yabause/blob/7e38821/yabause/sr
c/smpc.c#L346-L347
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
●
VDP(Video Display Processor)
– ビデオ(画面)描画の専用IC
大神 祐真 (@yohgami)
●
VDP1
– 前景
(スプライト
・ポリゴン等)
●
VDP2
– 背景
大神 祐真 (@yohgami)
スプライトと
ポリゴン・ポリライン
スプライト
ポリゴン
ポリライン
●
いずれも4頂点で指定する図形
●
スプライトと
ポリゴン・ポリラインの違いは
テクスチャを貼り付けるか否か
大神 祐真 (@yohgami)
●
各VDPにはRAMが
付属
●
専用のデータ構造で
RAMへデータを配置
しておくと、VDPが
それを描画する
●
各VDPのレジスタ
でもいくつかの設定
が可能
大神 祐真 (@yohgami)
●
「コマンド」(と描画する画像)
をRAMに並べておくと、それに従って描画する
●
VDP1は主に「コマンド」で制御する
– レジスタでは「NTSC/PAL」や
描画の細かな振る舞いの設定等
大神 祐真 (@yohgami)
ここで指定できる
「コマンド」について
大神 祐真 (@yohgami)
0
コマンド名や
その他属性情報等
0x00
〜
0x04
0x06
0x08
0x0A
0x0C
〜
0x1A
0x1C
0x1E
カラー
予約
4つの頂点を
それぞれ2次元座標で設定
グーローシェーディング設定
パディング(0x0000)
ビット
15
ポリゴン描画コマンド
大神 祐真 (@yohgami)
0
コマンド名や
その他属性情報等
0x00
〜
0x04
0x06
0x08
0x0A
0x0C
〜
0x1A
0x1C
0x1E
カラー
予約
4つの頂点を
それぞれ2次元座標で設定
グーローシェーディング設定
パディング(0x0000)
ビット
15
ポリゴン描画コマンド
大神 祐真 (@yohgami)
2D OR NOT 2D
●
ハードが認識するのは2次元座標
– 任意の4頂点を指定できるので、
立体に見える絵を描ける
というだけ
– 3次元→2次元やそれ以前の3次元→3次元の
座標変換等はソフトで行う必要がある
●
なお、このような座標変換処理は重い
– CPU2つあっても、何割かは持っていかれる
大神 祐真 (@yohgami)
2D OR NOT 2D
2Dに関しては強力なハード側のサポートがあった
●
任意の4頂点でスプライトを描ける
– 拡大縮小・回転や歪ませる事が可能
●
レジスタやテーブルといった制約による
スプライト数の上限が無い
– VRAMに乗るだけ描ける
●
背景もレイヤー構成可能(最大5面)
– 上下スクロール・拡大縮小・回転・モザイク演出が可能
大神 祐真 (@yohgami)
2D OR NOT 2D
セガサターンは、
「3Dを表現する能力(NOT 2D程度)はあるが、
 2Dの方が得意なハード」だった
『2Dグラフィック機能の決定版を目指して
 開発されていた』
- セガハードストーリー第5回 より
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
大神 祐真 (@yohgami)
2D OR NOT 2D
セガサターンは、
「3Dを表現する能力(NOT 2D程度)はあるが、
 2Dの方が得意なハード」だった
『2Dグラフィック機能の決定版を目指して
 開発されていた』
- セガハードストーリー第5回 より
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
大神 祐真 (@yohgami)
2D OR NOT 2D
セガサターンは、
「3Dを表現する能力(NOT 2D程度)はあるが、
 2Dの方が得意なハード」だった
『2Dグラフィック機能の決定版を目指して
 開発されていた』
- セガハードストーリー第5回 より
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
メガドライブからの
2Dゲームハードとしての進化系
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
サウンドブロックについて
●
SCSP(Saturn Custom Sound Processor)
– PCM音源・FM音源やDSPを内蔵したIC
– ステレオで音を左右にパンする機能がある
●
MC68EC000
– サウンド用に搭載された16ビットCPU
– ほぼMC68000
大神 祐真 (@yohgami)
MC68000
https://ja.wikipedia.org/wiki/メガドライブ
●
モトローラ(現NXPセミコンダクターズ)製16ビットCPU
●
初代MacintoshやX68000といったPC、
80年代のアーケードゲーム基盤や、
メガドライブといった家庭用TVゲーム機等で広く使われた
16ビット時代の代表的なCPU
大神 祐真 (@yohgami)
ちなみに
メガドライブで主にサウンド周りの用途として
搭載していた「Z80」というCPUは、
8ビット時代を代表するCPU
Z80/Z80カスタム/互換 CPU搭載ハード
●
セガの8ビットハード:SC-3000, SG-1000,
SG-1000Ⅱ, SEGA MARKⅢ, MASTER SYSTEM,
ゲームギア
●
ゲームボーイ
●
パソコン:MSX(初代),
PC-8000/PC-8800/PC-6000シリーズ
●
アーケード基板:パックマン, ギャラガ, ゼビウス
大神 祐真 (@yohgami)
同世代比較
セガ
サターン
プレイ
ステーション
NINTENDO64
音源 PCM / FM ADPCM ADPCM
同時
チャンネル
数
32 24 実質上限なし
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
大神 祐真 (@yohgami)
大神 祐真 (@yohgami)
独立したシステム
●
サウンドのMC68EC000等は
付属のメモリが
メインCPU(SH2)にもマップ
されており、SH2側から
プログラムを書き込む
●
このCDシステムはSH-1が
動作するプログラムは
付属のROMに書かれている
●
SH2には一部のレジスタが
マップされているのみ
●
基本的にはシリアル通信
による独自コマンドで
CDシステムへ指示を出す
大神 祐真 (@yohgami)
SH-1
●
日立製作所
(現ルネサスエレクトロニクス)
製32ビットRISC CPU
●
SHシリーズの最初のCPU
https://ja.wikipedia.org/wiki/SuperH
大神 祐真 (@yohgami)
MPEG
●
ハード側でMPEGビデオの
再生機能を持っていた
大神 祐真 (@yohgami)
セガサターン・マルチメディア
・システム
背面のスロットに拡張カードを刺すことで
マルチメディアを楽しむことができた
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/devices.html
「ムービーカード」「フォトCD
 オペレーター」
「電子ブック
 オペレーター」
大神 祐真 (@yohgami)
マルチ・エンターテインメント
の世界
発売予定年月が示される前のパンフレットには
こんな記載がある
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/
大神 祐真 (@yohgami)
マルチ・エンターテインメント
の世界
発売予定年月が示される前のパンフレットには
こんな記載がある
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/
大神 祐真 (@yohgami)
ブロック
毎の
テーマ
https://sega.jp/history/hard/column/column_05.html
根強い“MD”
「北米が求めた
32ビット?!」
CPUブロック
ビデオ
ブロック
得意?不得意?
「2D OR NOT 2D」
サウンドブロック
「レトロで豪華な
サウンド周り」
CDブロック
思い描いた
「マルチ・
エンターテインメント
の世界」
カートリッジI/F
「セガ
アットマーク?」
大神 祐真 (@yohgami)
カートリッジI/F
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/devices.html
本体上部にカートリッジスロットがある
主にセーブ容量やRAM増量の用途で使われていた
「拡張ラムカートリッジ」
「パワーメモリー」
大神 祐真 (@yohgami)
セガサターンモデム
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/devices.html
・専用のモデム
・モジュラーソケットがついている
・カードスロットは
 XBANDという通信サービス用
←には写っていないが
 コントローラーとしてマウスもあった
 マウス・キーボードを繋げば正にPC
大神 祐真 (@yohgami)
おわりに
●
セガサターンは、
まだまだ研究し甲斐のあるハードウェア
– 有志で作られた拡張パーツ(※)を買えば
自作のプログラムを実機で動かすことも可能
●
3Dやマルチメディアの能力も備えつつ
2D時代の仕組みを色濃く残す稀有なハード
– プレイステーションやNINTENDO64はMIPSである中、唯
一のSH(SH2)
– 命令サイズ2バイトだし、古き良きマシン語プログラミン
グもできなくはない
(※) Satiator:https://www.satiator.net/
大神 祐真 (@yohgami)
参考文献
●
セガサターン | セガハード大百科 | セガ
https://sega.jp/history/hard/segasaturn/
●
セガサターンとふり返るあの時代 | ミライのアイデア
https://www.mirai-idea.jp/series-segasaturn
●
大神祐真
『エミュレータのコードを読んでわかるセガサターン』
http://yuma.ohgami.jp/
●
ウィキペディア
(スライドにURL記載)
大神 祐真 (@yohgami)
ご清聴ありがとうございました!
大神 祐真 (@yohgami)
宣伝
セガサターン
エミュレータ
「Yabause」の
コードを読んで
どんなハード
だったのかを知る
https://techbookfest.org/product/5711801452855296?productVariantID
=5652438159720448

More Related Content

What's hot

Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...
Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...
Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...Toshiki Sakai
 
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門Norishige Fukushima
 
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介Yuma Ohgami
 
C# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリームC# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリーム信之 岩永
 
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~SSII
 
If文から機械学習への道
If文から機械学習への道If文から機械学習への道
If文から機械学習への道nishio
 
グラフィカルモデル入門
グラフィカルモデル入門グラフィカルモデル入門
グラフィカルモデル入門Kawamoto_Kazuhiko
 
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿Takahiro KOGUCHI
 
ORB-SLAMの手法解説
ORB-SLAMの手法解説ORB-SLAMの手法解説
ORB-SLAMの手法解説Masaya Kaneko
 
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成MobileRoboticsResear
 
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)Masaya Kaneko
 
PyQtではじめるGUIプログラミング
PyQtではじめるGUIプログラミングPyQtではじめるGUIプログラミング
PyQtではじめるGUIプログラミングRansui Iso
 
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展[DL輪読会]Control as Inferenceと発展
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展Deep Learning JP
 
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~UnityTechnologiesJapan002
 
Pythonによる黒魔術入門
Pythonによる黒魔術入門Pythonによる黒魔術入門
Pythonによる黒魔術入門大樹 小倉
 
Deep Learningを用いたロボット制御
Deep Learningを用いたロボット制御Deep Learningを用いたロボット制御
Deep Learningを用いたロボット制御Ryosuke Okuta
 
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組み
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組みモバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組み
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組みMorioImai
 
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用SSII
 

What's hot (20)

Lucas kanade法について
Lucas kanade法についてLucas kanade法について
Lucas kanade法について
 
Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...
Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...
Cv勉強会cvpr2018読み会: Im2Flow: Motion Hallucination from Static Images for Action...
 
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門
組み込み関数(intrinsic)によるSIMD入門
 
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
 
C# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリームC# 8.0 非同期ストリーム
C# 8.0 非同期ストリーム
 
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
SSII2021 [TS1] Visual SLAM ~カメラ幾何の基礎から最近の技術動向まで~
 
If文から機械学習への道
If文から機械学習への道If文から機械学習への道
If文から機械学習への道
 
グラフィカルモデル入門
グラフィカルモデル入門グラフィカルモデル入門
グラフィカルモデル入門
 
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿
Gpuフォトンマッピング手法 h26-09-kgussan-第2回レイトレ合宿
 
ORB-SLAMの手法解説
ORB-SLAMの手法解説ORB-SLAMの手法解説
ORB-SLAMの手法解説
 
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成
大域マッチングコスト最小化とLiDAR-IMUタイトカップリングに基づく三次元地図生成
 
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)
SLAMチュートリアル大会資料(ORB-SLAM)
 
PyQtではじめるGUIプログラミング
PyQtではじめるGUIプログラミングPyQtではじめるGUIプログラミング
PyQtではじめるGUIプログラミング
 
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展[DL輪読会]Control as Inferenceと発展
[DL輪読会]Control as Inferenceと発展
 
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~
【Unite Tokyo 2019】Unityだったら簡単!マルチプレイ用ゲームサーバ開発 ~実践編~
 
Pythonによる黒魔術入門
Pythonによる黒魔術入門Pythonによる黒魔術入門
Pythonによる黒魔術入門
 
ドロネー三角形分割
ドロネー三角形分割ドロネー三角形分割
ドロネー三角形分割
 
Deep Learningを用いたロボット制御
Deep Learningを用いたロボット制御Deep Learningを用いたロボット制御
Deep Learningを用いたロボット制御
 
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組み
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組みモバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組み
モバイルゲームの「大規模な開発」かつ「高頻度の更新」を実現するための開発環境整備の取り組み
 
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用
SSII2018TS: 3D物体検出とロボットビジョンへの応用
 

Similar to ハードの作りで振り返るセガサターン

セガサターンマシン語プログラミングの紹介
セガサターンマシン語プログラミングの紹介セガサターンマシン語プログラミングの紹介
セガサターンマシン語プログラミングの紹介Yuma Ohgami
 
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」Yuma Ohgami
 
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターン
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターンエミュレータのコードを読んでわかるセガサターン
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターンYuma Ohgami
 
幻の台湾ゲーム機Super A’can
幻の台湾ゲーム機Super A’can幻の台湾ゲーム機Super A’can
幻の台湾ゲーム機Super A’canTadashiAraiarapix
 
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」Youichiro Miyake
 
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)Youichiro Miyake
 
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料IGDA Japan
 
うえぽんでこれーしょん!製作報告
うえぽんでこれーしょん!製作報告うえぽんでこれーしょん!製作報告
うえぽんでこれーしょん!製作報告mabo207
 
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライドCEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライドSIG-ARG: @epi_x
 
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラー
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラーWiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラー
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラーAkihiko Shirai
 
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。Miyazaki Yu
 
2001年宇宙のセガテトリス
2001年宇宙のセガテトリス2001年宇宙のセガテトリス
2001年宇宙のセガテトリスTarako9p
 
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料Toyokazu Tsugehara
 
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-Youichiro Miyake
 
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジ
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジGTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジ
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジGame Tools & Middleware Forum
 

Similar to ハードの作りで振り返るセガサターン (19)

セガサターンマシン語プログラミングの紹介
セガサターンマシン語プログラミングの紹介セガサターンマシン語プログラミングの紹介
セガサターンマシン語プログラミングの紹介
 
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」
エミュレータのコードを読んでわかる「セガサターン」
 
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターン
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターンエミュレータのコードを読んでわかるセガサターン
エミュレータのコードを読んでわかるセガサターン
 
幻の台湾ゲーム機Super A’can
幻の台湾ゲーム機Super A’can幻の台湾ゲーム機Super A’can
幻の台湾ゲーム機Super A’can
 
日本ゲーム産業史(関西大学講演)Up用
日本ゲーム産業史(関西大学講演)Up用日本ゲーム産業史(関西大学講演)Up用
日本ゲーム産業史(関西大学講演)Up用
 
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」
謎解き分科会講演 「NOT DIGITAL」
 
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)
ゲームデザイン公開討論会 資料 (日本デジタルゲーム学会、遊戯史学会)
 
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料
開催趣旨・00年代イントロ・パネルディスカッション資料
 
うえぽんでこれーしょん!製作報告
うえぽんでこれーしょん!製作報告うえぽんでこれーしょん!製作報告
うえぽんでこれーしょん!製作報告
 
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライドCEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド
CEDEC 2011 「ARG:プラットフォームに依存しない新しい遊び方」八重尾スライド
 
Fm130402a
Fm130402aFm130402a
Fm130402a
 
2020 04-11-koedo
2020 04-11-koedo2020 04-11-koedo
2020 04-11-koedo
 
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラー
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラーWiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラー
WiiRemote Programming Workshop - 革新的インタラクションを構成する“部品としての”ゲームコントローラー
 
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。
ボードゲームってどうやって作るの? ゼロから販売まで、全部解説。
 
2001年宇宙のセガテトリス
2001年宇宙のセガテトリス2001年宇宙のセガテトリス
2001年宇宙のセガテトリス
 
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料
jgforce向け?のゲーム素材についての検討資料
 
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-
ゲームエンジンの知能化の実装 -人工知能化するゲームエンジンの実装プラン-
 
"有翼のフロイライン Wing of Darkness"と歩むUE4の世界
"有翼のフロイライン Wing of Darkness"と歩むUE4の世界"有翼のフロイライン Wing of Darkness"と歩むUE4の世界
"有翼のフロイライン Wing of Darkness"と歩むUE4の世界
 
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジ
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジGTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジ
GTMF 2016:『刺青の国』 ~SpriteStudioとUnityで開く背徳の宴~ 株式会社ウェブテクノロジ
 

More from Yuma Ohgami

Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Yuma Ohgami
 
Daisy OSでデイジーワールド!
Daisy OSでデイジーワールド!Daisy OSでデイジーワールド!
Daisy OSでデイジーワールド!Yuma Ohgami
 
バイナリ生物学でデイジーワールド
バイナリ生物学でデイジーワールドバイナリ生物学でデイジーワールド
バイナリ生物学でデイジーワールドYuma Ohgami
 
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介Yuma Ohgami
 
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?Yuma Ohgami
 
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介60年代ゲームハードPDP-7のご紹介
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介Yuma Ohgami
 
来週の展示内容紹介
来週の展示内容紹介来週の展示内容紹介
来週の展示内容紹介Yuma Ohgami
 
DaisyOS(仮)のご紹介
DaisyOS(仮)のご紹介DaisyOS(仮)のご紹介
DaisyOS(仮)のご紹介Yuma Ohgami
 
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門Yuma Ohgami
 
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門Yuma Ohgami
 
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介Yuma Ohgami
 
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介Yuma Ohgami
 
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介Yuma Ohgami
 
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介Yuma Ohgami
 
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミング
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミングシェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミング
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミングYuma Ohgami
 
ゲームボーイ向けOSの作り方
ゲームボーイ向けOSの作り方ゲームボーイ向けOSの作り方
ゲームボーイ向けOSの作り方Yuma Ohgami
 
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話Yuma Ohgami
 
/dev/kvmを直接叩いて自作VM
/dev/kvmを直接叩いて自作VM/dev/kvmを直接叩いて自作VM
/dev/kvmを直接叩いて自作VMYuma Ohgami
 
x86_64向け自作OSの紹介
x86_64向け自作OSの紹介x86_64向け自作OSの紹介
x86_64向け自作OSの紹介Yuma Ohgami
 
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみた
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみたCybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみた
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみたYuma Ohgami
 

More from Yuma Ohgami (20)

Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
 
Daisy OSでデイジーワールド!
Daisy OSでデイジーワールド!Daisy OSでデイジーワールド!
Daisy OSでデイジーワールド!
 
バイナリ生物学でデイジーワールド
バイナリ生物学でデイジーワールドバイナリ生物学でデイジーワールド
バイナリ生物学でデイジーワールド
 
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介
OSC2023 Tokyo/Fall展示内容(予定)と技術書典15向け新刊(執筆中)のご紹介
 
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?
去年「バイナリ生物学」で今年「PDP-7」だったのはなぜなのか?
 
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介60年代ゲームハードPDP-7のご紹介
60年代ゲームハードPDP-7のご紹介
 
来週の展示内容紹介
来週の展示内容紹介来週の展示内容紹介
来週の展示内容紹介
 
DaisyOS(仮)のご紹介
DaisyOS(仮)のご紹介DaisyOS(仮)のご紹介
DaisyOS(仮)のご紹介
 
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N9] バイナリ生物学入門
 
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門
セキュリティ・ネクストキャンプ2022 オンライン [N5] バイナリ生物学入門
 
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
『へにゃぺんて』のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
 
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
「へにゃぺんて」のこれまでを振り返るブログ記事の紹介
 
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介
バイナリ生成環境『daisy-tools』のご紹介
 
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介
セガサターンで動く自作シンセサイザーの紹介
 
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミング
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミングシェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミング
シェルスクリプトでセガサターンマシン語ベアメタルプログラミング
 
ゲームボーイ向けOSの作り方
ゲームボーイ向けOSの作り方ゲームボーイ向けOSの作り方
ゲームボーイ向けOSの作り方
 
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話
メガドラ実機で自作のROMファイルを動かしてみた話
 
/dev/kvmを直接叩いて自作VM
/dev/kvmを直接叩いて自作VM/dev/kvmを直接叩いて自作VM
/dev/kvmを直接叩いて自作VM
 
x86_64向け自作OSの紹介
x86_64向け自作OSの紹介x86_64向け自作OSの紹介
x86_64向け自作OSの紹介
 
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみた
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみたCybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみた
CybozuのOSS(WalB)へコミットしてみた/使ってみた
 

Recently uploaded

【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)
【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)
【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)Hiroki Ichikura
 
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNetToru Tamaki
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdfTSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdftaisei2219
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムsugiuralab
 
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものですSOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものですiPride Co., Ltd.
 
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A surveyToru Tamaki
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略Ryo Sasaki
 
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...Toru Tamaki
 

Recently uploaded (9)

【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)
【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)
【早稲田AI研究会 講義資料】3DスキャンとTextTo3Dのツールを知ろう!(Vol.1)
 
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdfTSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
 
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものですSOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
 
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
 
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
 

ハードの作りで振り返るセガサターン