SlideShare a Scribd company logo
浅草スタジオ 浅草駅A4/A5出口直結ビル、2番出口徒歩1分
Technical Paper:
https://doi.org/10.15221/19.101
マーカーも使用した高精度の
位置推定・ポリゴンメッシュ化*
被写体のオーバーラップを
最適化した360度瞬間写真撮影
*フォトグラメトリソフト RealityCapture 利用
7,800円 / 360度撮影・3Dモデル作成
@浅草駅A5出口直結ビル
リアルアバター制作
https://www.real-avatar.com
簡易リギング
VRMファイル化
VRChat 対応も可
モデル:有野いく
制作依頼:3DBiz研究会
モデル:有野いく
制作依頼:3DBiz研究会
*フォトグラメトリソフト
RealityCapture 利用
Technical Paper: https://doi.org/10.15221/19.101
TM
TM
ビジョン
『世界中の誰とでも、いつでも、どこででも会える、まもなく来る未来へ』
背景、経緯(10年ほど)
ライブ映像配信
3Dモデル、建築にも興味
ニコニコ生放送、Ustream
3次元空間配信
特に人に焦点
イベントで東京中を走り回る
サンフランシスコに住んだり
シンガポール滞在したり
VRChat 初 in 多分2017年4月頃
よくわからん。
Altspaceの方が有望だろう、等で深入りせず
note 2019/12/17
『今年やったこと』
note 2019/06/11
リトポロジー
テクスチャ修正
例えば左手を明るく(極端にしてます)リトポロジー後
スタジオの照明はパーフェクトにできないため、特に手は暗く課題として残る部分
オリジナル
自社開発中のオートリギング
簡易リギング
CATS PluginMixamo +
自社用のBlender ツール + 手作業
- 精度がまだ足りない
- 指はまだ難しい
Mixamoは優秀
肩の関節は服装が
ダボっとしていると
下へずれる等あり
Blender
(+ 手作業)
スケール(身長他)の正確化
課題の状況
ポーズ変更(鏡を設置。手の甲を前に)
カメラ
8Mピクセル → over 10Mピクセル
(顔部分から)
オートリギング
撮影キット貸出 20万円/日 + α
済み
済み
済み撮影キットの販売提供
開始済み
●他の多くのリサーチ課題など
●着手済み ⇒ 継続
プロジェクターでのパターン照射
(不得手な黒の改善)
機械学習モデル構築、少ない枚数からの時間毎差分追加
似顔絵化(アニメ風・セルルック調テクスチャとの組み合わせや、特徴的身体/表情部分の強調 他)
地上波TV番組制作へのリアルアバター提供 間もなく
スキルUP次第
浅草スタジオのオペレーション担当
予約
受付
(メール)
スタッフ募集
案内 撮影 調整決済操作
データ
送信
(メール)
求めるレベルは低くはありませんが、より気持ちよく撮影を終えてもらえるように
ヒューマンコミュニケーションが(僕よりも)上手な方がいいかなと思っています。
超訳
リアルアバター
=
神の化身
注:一人ひとりは神の子(という文脈)
半分ネタです。。
Avatar:
HINDUISM:ヒンズー
A manifestation of a deity or
released soul in bodily form on earth
“魂”
リアル live時間
住む
Live a life
生の
人生を生きる
ライブ
空間 共有
もちろん ”フォトリアルな” が、今はメインだけど
≒ ≒
ID = Identity, Identification
個人識別
番号: 31,787,110
DNA: AGCC TGTA AACG GTTT ・・・・
名前: 岩山幸洋、Yukihiro Iwayama
精神、考え
外見、表情、声、ジェスチャー
表出、具現化
認知する、認知される
個性ある一人ひとり
お化粧服を着替える
同一人物判定
肉体、存在、空気、
エネルギー、オーラ
複数アバター
あっていい
携帯番号:09061551924
透明だったら?

More Related Content

What's hot

VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
Nakaya Makoto
 
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
torisoup
 
Shader Model 3で草を生やす
Shader Model 3で草を生やすShader Model 3で草を生やす
Shader Model 3で草を生やす
Hidenori Doi
 
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
Keiichi Hashimoto
 
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフローUnreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
エピック・ゲームズ・ジャパン Epic Games Japan
 
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOMEsp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
ShimizuKen2
 
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!Jun-ichi Sakamoto
 
Unity勉強会 ひとり親方
Unity勉強会 ひとり親方Unity勉強会 ひとり親方
Unity勉強会 ひとり親方
マスタッシュ
 
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフローcfm_art
 
20180801 ガチラボ vol.7
20180801 ガチラボ vol.720180801 ガチラボ vol.7
20180801 ガチラボ vol.7
Satoshi Fujimoto
 
MAX-JSオジサン#5
MAX-JSオジサン#5MAX-JSオジサン#5
MAX-JSオジサン#5
minoru nakanou
 
Azure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれAzure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれ
Yasuaki Matsuda
 
UE4のVehicleGameを DK2 75fps対応したが 酔う! とのことなので その軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
UE4のVehicleGameをDK2 75fps対応したが酔う!とのことなのでその軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会UE4のVehicleGameをDK2 75fps対応したが酔う!とのことなのでその軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
UE4のVehicleGameを DK2 75fps対応したが 酔う! とのことなので その軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
エピック・ゲームズ・ジャパン Epic Games Japan
 
Summer camp2018 group1
Summer camp2018 group1Summer camp2018 group1
Summer camp2018 group1
openrtm
 
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
崇之 清水
 
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
Takashi Yamanoue
 

What's hot (16)

VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
VTuberハッカソン大阪大会 (2018.09.01-02)
 
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
アバター生放送支援アプリ「アバれぽ」
 
Shader Model 3で草を生やす
Shader Model 3で草を生やすShader Model 3で草を生やす
Shader Model 3で草を生やす
 
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
Global Azure Boot Camp 妖怪は見た!実録Azure事件簿
 
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフローUnreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
Unreal Studio+プロダクトデザインのワークフロー
 
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOMEsp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
Esp32 cam and raspberry pi 4 b over SORACOM
 
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!
Ohotech特盛#5予告 - タートルグラフィックでいろんな模様を描いてみよう!
 
Unity勉強会 ひとり親方
Unity勉強会 ひとり親方Unity勉強会 ひとり親方
Unity勉強会 ひとり親方
 
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー
【Unite2014】誰でも出来る!MayaLTを使ったUnityアセット制作ワークフロー
 
20180801 ガチラボ vol.7
20180801 ガチラボ vol.720180801 ガチラボ vol.7
20180801 ガチラボ vol.7
 
MAX-JSオジサン#5
MAX-JSオジサン#5MAX-JSオジサン#5
MAX-JSオジサン#5
 
Azure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれAzure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれ
 
UE4のVehicleGameを DK2 75fps対応したが 酔う! とのことなので その軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
UE4のVehicleGameをDK2 75fps対応したが酔う!とのことなのでその軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会UE4のVehicleGameをDK2 75fps対応したが酔う!とのことなのでその軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
UE4のVehicleGameを DK2 75fps対応したが 酔う! とのことなので その軽減にチャレンジ@OcuFes開発者会
 
Summer camp2018 group1
Summer camp2018 group1Summer camp2018 group1
Summer camp2018 group1
 
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
 
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
Zoomはぶっ飛ばせないけど... - Portable Cloud の紹介
 

Similar to リアルアバター制作の取り組みについて

Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrumMozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
GREE VR Studio Lab
 
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには? 【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
historia_Inc
 
オープンソース SLAM の分類
オープンソース SLAM の分類オープンソース SLAM の分類
オープンソース SLAM の分類
Yoshitaka HARA
 
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
GREE VR Studio Lab
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
Takumi Ito
 
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
Hiroaki Honda
 
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKeiPhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
Voxel Kei
 
ARToolKitの紹介
ARToolKitの紹介ARToolKitの紹介
ARToolKitの紹介yound_
 
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory  - UXDev R&D Summary 2022 #GREETCGREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory  - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
GREE VR Studio Lab
 
ARCore Update (Jan 2020)
ARCore Update (Jan 2020)ARCore Update (Jan 2020)
ARCore Update (Jan 2020)
Hirokazu Egashira
 
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF20193Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
Game Tools & Middleware Forum
 
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
Jun Takamatsu
 
リアルアバター→VRChat→HADO!?
リアルアバター→VRChat→HADO!?リアルアバター→VRChat→HADO!?
リアルアバター→VRChat→HADO!?
Hitoshi Araki
 
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
Hideki Akiba
 
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
Deep Learning JP
 
ReCap 製品紹介
ReCap 製品紹介ReCap 製品紹介
ReCap 製品紹介
AutodeskCIM
 

Similar to リアルアバター制作の取り組みについて (17)

Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrumMozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum
 
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには? 【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
【出張ヒストリア2018】モーションキャプチャーを取り入れるには?
 
オープンソース SLAM の分類
オープンソース SLAM の分類オープンソース SLAM の分類
オープンソース SLAM の分類
 
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
#CCSE2019 GREE VR Studio Lab 「VTuber向け特殊表情コントローラの可能性と機械学習的アプローチ」(速公開版)
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
 
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
プロジェクトTakumi 〜レコメンデーション設定への挑戦者たち〜
 
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKeiPhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
PhotoGrammetryMeetup_VoxelKei
 
ARToolKitの紹介
ARToolKitの紹介ARToolKitの紹介
ARToolKitの紹介
 
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory  - UXDev R&D Summary 2022 #GREETCGREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory  - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
GREE Tech Conf 2022 GREE VR Studio Laboratory - UXDev R&D Summary 2022 #GREETC
 
ARCore Update (Jan 2020)
ARCore Update (Jan 2020)ARCore Update (Jan 2020)
ARCore Update (Jan 2020)
 
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF20193Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
3Dアセット作成とリテイク:制作ツールとしてのVR導入のすゝめ / GTMF2019
 
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
角膜反射画像を用いた視線追跡と物体認識
 
リアルアバター→VRChat→HADO!?
リアルアバター→VRChat→HADO!?リアルアバター→VRChat→HADO!?
リアルアバター→VRChat→HADO!?
 
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
Creative Cloud デザインツールの便利な8つの機能 - ADC MEETUP ROUND 08 SESSION2 -
 
20140718 会津大学
20140718 会津大学20140718 会津大学
20140718 会津大学
 
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
【DL輪読会】AuthenticAuthentic Volumetric Avatars from a Phone Scan
 
ReCap 製品紹介
ReCap 製品紹介ReCap 製品紹介
ReCap 製品紹介
 

Recently uploaded

Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 

Recently uploaded (14)

Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 

リアルアバター制作の取り組みについて

Editor's Notes

  1. 上から見たものですが、3Dモデルになって、モデリングソフトで 扱えると距離などもわかり、なかなか面白い。
  2. 3DモデルをVRChatとかClusterに持っていくと、 空間も実際の空間をフォトグラメトリで作っておくと、 この、世界中の誰とでもいつでもどこででも会える未来ができます。 僕はこれを実現したいと思っていて、自分のできることを気合い入れてやってます。 一方で10年は走る覚悟です。