SlideShare a Scribd company logo
開発者ではない方のための
  アジャイル開発入門
     ESM セミナー
   アジャイル開発の始め方

          株式会社アトラクタ
               原田騎郎
原田 騎郎
 Kiro  HARADA

 アジャイルコーチ
 ドメインモデラー
 SCMコンサルタント

 Twitter:  @haradakiro

 認定スクラムプロフェッショナル
 認定スクラムマスター
 認定スクラムプロダクトオーナー
 株式会社アトラクタ  代表取締役
アジャイル開発って何?
•  アジャイルマニフェスト見る
非開発者のためのアジャイル開発入門
なぜアジャイルマニフェスト?
•  プロジェクトの失敗

•  使われないシステム

•  予算・納期の超過

•  確定しない要件
ウォーターフォールの失敗?
•  要件定義をしっかりやれていない

•  仕様がちゃんと決まっていない

•  外部設計書がまとも書けていない

•  テストを真面目にやっていない
ウォーターフォールを
 しっかりやる方法はないの?
•  手戻りのない要件確定手法はあるか?




•  すなわち、未来予測をする能力はあるの
   か?
プロジェクトマネジメント
•  限られた期間において唯一性のある成果物を
   生み出すしくみをどうマネージできるか。




•  正しい計画を立てて、計画を忠実に実行する
            or
•  唯一性のある成果物の価値を最大限に高める
   ために、必要に応じて計画も変更する
企業情報システムの使われ方




  http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/kj1-hatten-nenpyo/index.html
企業で使われるソフトウェア
•  業務の効率化
 –  経理、販売、在庫、人事、etc.

•  業務の統合化
 –  ERP
 –  BPR

•  新業務そのもの
 –  SCM
 –  CRM
 –  E-Commerce etc.
問題ドメインの変化
•  あることをうまくやる(速く、安く、正確
   に)

•  全体を見通す

•  新しい業務(顧客)を開拓する
クネビンフレームワーク
Dave Snowden らにより提唱された問題ドメ
インを分類するフレームワーク

•    シンプル(Simple)
•    煩雑(Complicated)
•    複雑(Complex)
•    カオス(Chaotic)

•  無秩序(Disorder)
           Cynefin	
  Framework	
  h/p://www.youtube.com/watch?v=N7oz366X0-­‐8
クネビンフレームワーク
シンプル
•  対象の問題を誰が見てもすぐに理解できる

•  知覚->分類->対応

•  うまくやる方法をベストプラクティスとし
   て利用できる
煩雑
•  対象の問題を理解するには、専門知識と
   作業が必要

•  知覚->分析->対応

•  うまくやる方法は複数あるので、それらを
   グッドプラクティスとして活用できる。
複雑
•  対象の問題を理解するには、観察するだ
   けでは無理で、探査が必要

•  探査->知覚->対応

•  対象がどんな反応をするかを安全小規模
   に確かめつつ、次の対応を考える。プラ
   クティスは出現する。
カオス
•  対象を理解することも難しいかもしれな
   い。やってみて結果をみて反応する。

•  行動->知覚->対応

•  まったく新しいプラクティスを考えなけれ
   ばならない。既存の知識は役に立たない。
シンプルな問題?
情報システムの課題の変化
•  シンプル→煩雑→複雑



•  課題に合わせてプロセスも変化

 –  プロセス定義なし→ウォーターフォール→繰
    り返し型→アジャイル
企業システム	
      対象業務        典型例        開発運用プ   問題ドメイ
                             ロセス     ン
70∼   業務の一部       経理システム     なし      シンプル
80                データ入力      (カウボー
                  EUC        イ)
90∼   バックオフィス業務 ERP - BPR    WF      煩雑

00∼   他部署との連携     オープン SCM   アジャイル   複雑
      社外との連携



08∼   個人の余暇       ソーシャルゲーム   アジャイル? カオス?
知識と学習
•  複雑系を複雑系のまま扱うには、
 –  予測が困難
 –  コスト効率が悪い


•  繰り返しの学習の中で、複雑と煩雑を切り
   分ける能力を身につける
ビジネスのイノベーション
•  製品イノベーション
•  プロセスイノベーション

•  コンウェイの法則

•  顧客の学習能力、改善能力を活かす製品
   が必要となってきた。
コンウェイの法則




システムを設計する組織は、その構造をそっく
りまねた構造の設計を生み出してしまう」
          http://www.flickr.com/photos/mwichary/2356663850/
複雑なドメインへの対応(例)
           境界	
         リズム	
       フィードバック	
細胞	
       細胞膜	
        サーカディアン	
   イオンチャネル	
Scrum	
    チーム境界	
      スプリント	
     スプリントレビュー	
  
                                    プランニング	
DDD	
      明確に境界づけら     モデリングのうずま   ユビキタス言語	
           れたコンテキスト	
   き	
TPS	
      ライン	
        タクトタイム	
    かんばん
まとめ
•  ウォーターフォールがうまくいかなくなっ
   たのは、やる人の能力がなかったからで
   はない。

•  対象とする課題が、シンプル、煩雑から複
   雑なものに移り変わってきたから。
まとめ(きれず)	

•  プロセスを決定する前に、問題ドメインを
   理解する努力をしよう。
 –  事前に理解しきれなかったら、学習すること
    を活動に入れたプロセスを使う。

•  効率性を重視するプロセスから、学習と
   改善を重視するプロセスへ。
 –  そのやり方の一つがアジャイル開発手法

More Related Content

What's hot

私にとってのテスト
私にとってのテスト私にとってのテスト
私にとってのテスト
Takuto Wada
 
関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
関数型・オブジェクト指向宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門関数型・オブジェクト指向宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
Tadahiro Ishisaka
 
WayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptxWayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptx
Daisuke Yamazaki
 
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
Hironori Washizaki
 
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
Masahito Zembutsu
 
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLiveDXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
Tokoroten Nakayama
 
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
Yusuke Suzuki
 
Software Frontloading and QA
Software Frontloading and QASoftware Frontloading and QA
Software Frontloading and QA
Yasuharu Nishi
 
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 PresentationLINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
Yasuharu Nishi
 
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐO/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
kwatch
 
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
YoheiGibo
 
フィーチャモデルの描き方
フィーチャモデルの描き方フィーチャモデルの描き方
フィーチャモデルの描き方
H Iseri
 
Redmineとgitの 連携利用事例
Redmineとgitの 連携利用事例Redmineとgitの 連携利用事例
Redmineとgitの 連携利用事例
Tomohisa Kusukawa
 
マイクロサービスにおける 非同期アーキテクチャ
マイクロサービスにおける非同期アーキテクチャマイクロサービスにおける非同期アーキテクチャ
マイクロサービスにおける 非同期アーキテクチャ
ota42y
 
Software-company Transformation
Software-company TransformationSoftware-company Transformation
Software-company Transformation
Yasuharu Nishi
 
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったことドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
増田 亨
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
Takuto Wada
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
Yasuharu Nishi
 
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
Shohei Koyama
 
はじめてのPRD
はじめてのPRDはじめてのPRD
はじめてのPRD
Takuya Oikawa
 

What's hot (20)

私にとってのテスト
私にとってのテスト私にとってのテスト
私にとってのテスト
 
関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
関数型・オブジェクト指向宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門関数型・オブジェクト指向宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたなたに送るGo言語入門
 
WayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptxWayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptx
 
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善 (GQM, Metrics, ET2013)
 
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
 
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLiveDXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
 
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
マイクロサービス化デザインパターン - #AWSDevDay Tokyo 2018
 
Software Frontloading and QA
Software Frontloading and QASoftware Frontloading and QA
Software Frontloading and QA
 
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 PresentationLINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation
 
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐO/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
O/Rマッパーによるトラブルを未然に防ぐ
 
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
 
フィーチャモデルの描き方
フィーチャモデルの描き方フィーチャモデルの描き方
フィーチャモデルの描き方
 
Redmineとgitの 連携利用事例
Redmineとgitの 連携利用事例Redmineとgitの 連携利用事例
Redmineとgitの 連携利用事例
 
マイクロサービスにおける 非同期アーキテクチャ
マイクロサービスにおける非同期アーキテクチャマイクロサービスにおける非同期アーキテクチャ
マイクロサービスにおける 非同期アーキテクチャ
 
Software-company Transformation
Software-company TransformationSoftware-company Transformation
Software-company Transformation
 
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったことドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
ドメイン駆動設計に15年取り組んでわかったこと
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
 
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
 
はじめてのPRD
はじめてのPRDはじめてのPRD
はじめてのPRD
 

Viewers also liked

三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
Yasui Tsutomu
 
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
満徳 関
 
CSPO、CSM研修に参加して
CSPO、CSM研修に参加してCSPO、CSM研修に参加して
CSPO、CSM研修に参加して
Arata Fujimura
 
開発モデルの作り方(守破離の破)
開発モデルの作り方(守破離の破)開発モデルの作り方(守破離の破)
開発モデルの作り方(守破離の破)
Arata Fujimura
 
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
Yuichiro Yamamoto
 
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
Yuichiro Yamamoto
 
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
Yuichiro Yamamoto
 
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。 その中はもっと広い
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。その中はもっと広いAgile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。その中はもっと広い
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。 その中はもっと広い
Yuichiro Yamamoto
 
選択と自由の見地からのモチベーション考
選択と自由の見地からのモチベーション考選択と自由の見地からのモチベーション考
選択と自由の見地からのモチベーション考
Yuichiro Yamamoto
 
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
Yuichiro Yamamoto
 
Agile Discussion 1st
Agile Discussion 1stAgile Discussion 1st
Agile Discussion 1st
Takao Kimura
 
アジャイルオフショア開発モデル
アジャイルオフショア開発モデルアジャイルオフショア開発モデル
アジャイルオフショア開発モデル
Arata Fujimura
 
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
Arata Fujimura
 
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
Arata Fujimura
 
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
Arata Fujimura
 
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
Yuichiro Yamamoto
 
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
Yuichiro Yamamoto
 

Viewers also liked (20)

三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
三島teNet第9回ワークショップ アジャイルな開発とは(公開版)
 
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
『「product discovery team」に学ぶ成功する為のproduct ownership』振り返り結果 - 第27回 POStudy ~プロ...
 
CSPO、CSM研修に参加して
CSPO、CSM研修に参加してCSPO、CSM研修に参加して
CSPO、CSM研修に参加して
 
開発モデルの作り方(守破離の破)
開発モデルの作り方(守破離の破)開発モデルの作り方(守破離の破)
開発モデルの作り方(守破離の破)
 
ダイスワークゲーム
ダイスワークゲームダイスワークゲーム
ダイスワークゲーム
 
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
[PO Meetup 4th] プロダクトを描きストーリーを語ろう
 
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
[POMeetup 8th]ビジョンをシンプルに描くツールと、理解共有のススメ
 
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
SGT2014 プロダクトオーナー現場十色
 
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。 その中はもっと広い
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。その中はもっと広いAgile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。その中はもっと広い
Agile japan神戸サテライト アジャイルの入り口は意外と広い。 その中はもっと広い
 
選択と自由の見地からのモチベーション考
選択と自由の見地からのモチベーション考選択と自由の見地からのモチベーション考
選択と自由の見地からのモチベーション考
 
Xp祭り関西2013
Xp祭り関西2013Xp祭り関西2013
Xp祭り関西2013
 
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨
 
Agile Discussion 1st
Agile Discussion 1stAgile Discussion 1st
Agile Discussion 1st
 
アジャイルオフショア開発モデル
アジャイルオフショア開発モデルアジャイルオフショア開発モデル
アジャイルオフショア開発モデル
 
開発比較
開発比較開発比較
開発比較
 
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
アジャイルなオフショア開発(Rakuten techtalk)
 
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話
 
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
システム開発の流れ(アジャイルソフトウェア開発)
 
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
 
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
 

Similar to 非開発者のためのアジャイル開発入門

To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
Rakuten Group, Inc.
 
SOE-Loc
SOE-LocSOE-Loc
SOE-Loc
guestd67d078
 
SOE-LOC
SOE-LOCSOE-LOC
SOE-LOC
Kenji Ono
 
Localization in SOE
Localization in SOELocalization in SOE
Localization in SOE
SIG-Glocalization
 
アジャイルにモデリングは必要か
アジャイルにモデリングは必要かアジャイルにモデリングは必要か
アジャイルにモデリングは必要か
Hiromasa Oka
 
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdfMySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
Machiko Ikoma
 
Provisioning & Deploy on AWS
Provisioning & Deploy on AWSProvisioning & Deploy on AWS
Provisioning & Deploy on AWS
Amazon Web Services Japan
 
今、おさえておきたい DevOps
今、おさえておきたい DevOps 今、おさえておきたい DevOps
今、おさえておきたい DevOps
智治 長沢
 
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナーOdstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
kumi_shiki
 
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
ID-Based Security イニシアティブ
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
Hiromasa Oka
 
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
Michitaka Yumoto
 
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
Yusuke Suzuki
 
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするためにCEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
Takafumi Ikeda
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
Koichi ITO
 
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
Shuji Yamada
 
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
Yusuke Suzuki
 
スクラム適用報告
スクラム適用報告スクラム適用報告
スクラム適用報告
Eiichi Hayashi
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
Fumihiko Kinoshita
 
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
株式会社スカイアーチネットワークス
 

Similar to 非開発者のためのアジャイル開発入門 (20)

To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
 
SOE-Loc
SOE-LocSOE-Loc
SOE-Loc
 
SOE-LOC
SOE-LOCSOE-LOC
SOE-LOC
 
Localization in SOE
Localization in SOELocalization in SOE
Localization in SOE
 
アジャイルにモデリングは必要か
アジャイルにモデリングは必要かアジャイルにモデリングは必要か
アジャイルにモデリングは必要か
 
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdfMySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
MySQLで学ぶ機械学習ことはじめ.pdf
 
Provisioning & Deploy on AWS
Provisioning & Deploy on AWSProvisioning & Deploy on AWS
Provisioning & Deploy on AWS
 
今、おさえておきたい DevOps
今、おさえておきたい DevOps 今、おさえておきたい DevOps
今、おさえておきたい DevOps
 
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナーOdstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
 
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
クラウドのセキュア利用モデルを考える_ID-based Security イニシアティブ 第4回全体ミーティング
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
 
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
VentureCafe_第2回:SIerでのキャリアパスを考える_ござ先輩発表資料 V1.0
 
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - Devlove 20110423
 
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするためにCEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
CEDEC2015講演 チーム開発をスムーズにするために
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
 
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
【Interop Tokyo 2013】 どうする?どうなる?SDN/クラウド時代の運用管理 ~データセンター、クラウド提供事業者の立場から~
 
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
サービスブループリントによるシステム設計手法の紹介 - XP祭り2022
 
スクラム適用報告
スクラム適用報告スクラム適用報告
スクラム適用報告
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
 
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
スカイアーチセミナー:自社アプリをクラウド展開する為の『失敗しない3つの法則
 

More from Kiro Harada

Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
Kiro Harada
 
Kaizen in Action
Kaizen in ActionKaizen in Action
Kaizen in Action
Kiro Harada
 
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One AnotherTPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
Kiro Harada
 
ぐるぐるDDDは何を目指しているのか
ぐるぐるDDDは何を目指しているのかぐるぐるDDDは何を目指しているのか
ぐるぐるDDDは何を目指しているのか
Kiro Harada
 
スクラムパタン入門
スクラムパタン入門スクラムパタン入門
スクラムパタン入門
Kiro Harada
 
Is Xp still extreme?
Is Xp still extreme?Is Xp still extreme?
Is Xp still extreme?
Kiro Harada
 
改善の3つの顔
改善の3つの顔改善の3つの顔
改善の3つの顔
Kiro Harada
 
3 Faces of Kaizen
3 Faces of Kaizen3 Faces of Kaizen
3 Faces of Kaizen
Kiro Harada
 
TPS Lean and Agile - Brief History and Future
TPS Lean and Agile - Brief History and FutureTPS Lean and Agile - Brief History and Future
TPS Lean and Agile - Brief History and Future
Kiro Harada
 
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
Kiro Harada
 
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそうぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
Kiro Harada
 
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
Kiro Harada
 
改善のためのちょっとしたコツ
改善のためのちょっとしたコツ改善のためのちょっとしたコツ
改善のためのちょっとしたコツ
Kiro Harada
 
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 UnconferenceCoderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Kiro Harada
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
Kiro Harada
 
A Tip to Help Your Kaizen
A Tip to Help Your KaizenA Tip to Help Your Kaizen
A Tip to Help Your Kaizen
Kiro Harada
 
Jenkins に XFD を追加してみると
Jenkins に XFD を追加してみるとJenkins に XFD を追加してみると
Jenkins に XFD を追加してみると
Kiro Harada
 
Arduino jenkins
Arduino jenkinsArduino jenkins
Arduino jenkins
Kiro Harada
 
アジャイル開発をはじめる前に
アジャイル開発をはじめる前にアジャイル開発をはじめる前に
アジャイル開発をはじめる前に
Kiro Harada
 

More from Kiro Harada (20)

Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
Kaizen in Action for Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
 
Kaizen in Action
Kaizen in ActionKaizen in Action
Kaizen in Action
 
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One AnotherTPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
TPS, Lean, and Scrum - How They Are Developed and Influenced One Another
 
ぐるぐるDDDは何を目指しているのか
ぐるぐるDDDは何を目指しているのかぐるぐるDDDは何を目指しているのか
ぐるぐるDDDは何を目指しているのか
 
スクラムパタン入門
スクラムパタン入門スクラムパタン入門
スクラムパタン入門
 
Is Xp still extreme?
Is Xp still extreme?Is Xp still extreme?
Is Xp still extreme?
 
改善の3つの顔
改善の3つの顔改善の3つの顔
改善の3つの顔
 
3 Faces of Kaizen
3 Faces of Kaizen3 Faces of Kaizen
3 Faces of Kaizen
 
TPS Lean and Agile - Brief History and Future
TPS Lean and Agile - Brief History and FutureTPS Lean and Agile - Brief History and Future
TPS Lean and Agile - Brief History and Future
 
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
 
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそうぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
ぐるぐるDDD/Scrum - モデリングと実装のうずまきをまわそう
 
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
DDDをScrumで廻す あるいは ScrumをDDDで廻す
 
改善のためのちょっとしたコツ
改善のためのちょっとしたコツ改善のためのちょっとしたコツ
改善のためのちょっとしたコツ
 
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 UnconferenceCoderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
 
A Tip to Help Your Kaizen
A Tip to Help Your KaizenA Tip to Help Your Kaizen
A Tip to Help Your Kaizen
 
Jenkins に XFD を追加してみると
Jenkins に XFD を追加してみるとJenkins に XFD を追加してみると
Jenkins に XFD を追加してみると
 
Arduino jenkins
Arduino jenkinsArduino jenkins
Arduino jenkins
 
アジャイル開発をはじめる前に
アジャイル開発をはじめる前にアジャイル開発をはじめる前に
アジャイル開発をはじめる前に
 
Scrum & Kanban
Scrum & KanbanScrum & Kanban
Scrum & Kanban
 

Recently uploaded

MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
Tetsuya Nihonmatsu
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
company21
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
Tatsuya Ishikawa
 

Recently uploaded (10)

MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
 

非開発者のためのアジャイル開発入門