SlideShare a Scribd company logo
1 of 31
Download to read offline
Rhino + GH
Workshop
第2セッション
2019.10.21
20191021 1Rhino + GH Workshop
20191021 2Rhino + GH Workshop
このセッションの流れ
パラメトリックデザインについて
• パラメトリックデザインの違い
• グラスホッパーのインターフェース
ベクター(ベクトル)
• ベクターの概念
• ベクターの合成と分解
• 二点間のベクター
シリーズ
• 等差数列
• シリーズを使った複製
20191021 3Rhino + GH Workshop
パラメトリックデザイン
について
20191021 4Rhino + GH Workshop
パラメトリックデザインの違い
パラメトリックデザインは、新しいデザイン手法の事を指します。
具体的には「グラスホッパー」というライノの拡張機能などを使い、
デザインの過程そのものを組み立てて行きながら、成果物を作って行く
方法です。
これまでは一つの成果物を目指して、毎回ゼロからモデリングする方法し
かありませんでしたが、過程そのものを「見える化」し、そこを調整する
ことで、さまざまな成果物を作ることが可能になります。
20191021 5Rhino + GH Workshop
パラメトリックデザインの違い
料理 <成果物> レシピ <過程>
20191021 6Rhino + GH Workshop
パラメトリックデザインの違い
建物 <成果物> 図面 <過程>
20191021 7Rhino + GH Workshop
グラスホッパーのインターフェース
グラスホッパーの画面は「過程」を組み立てて行きながら、過程自体を
システム化するための環境になっています。そこで作られる「成果物」は
ライノ本体の画面に表示される仕組みになっています。
作業の効率上、ライノとグラスホッパーを両方見える様に二つの画面を
半分ずつ表示する必要があります。より複雑なモデリングになる場合は
2台目ディスプレーを使うとより効率がよくなります。
20191021 8
左側がこれまで通りのライノの画面
右側がグラスホッパーの画面
右側のグラスホッパーで作られているモデルが、左側に赤で表示されている
Rhino + GH Workshop
グラスホッパーのインターフェース
20191021 9
コンポーネントアイコンからキャンバスにコンポーネントを
ドラッグして配置していく。慣れてくれば、いちいちコンポーネントを
ドラッグするよりもキャンパス上で検索した方がよい
Rhino + GH Workshop
グラスホッパーのインターフェース
キャンバス
コンポーネント
アイコン
メニューバー
20191021 10Rhino + GH Workshop
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surface 面
5. Polysurface 複数の面で構成される形
20191021 11Rhino + GH Workshop
グラスホッパーの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線
3. Surface 面
4. BRep(Polysurface) 複数の面で構成される形
5. Vector ベクトル
6. Plane 平面
20191021 12Rhino + GH Workshop
グラスホッパーでのモデリングの進め方
グラスホッパーでは「コンポーネント」と呼ばれる機能をつなげ、そこに数値
などのさまざまな情報が流れて成果物がつくられていくシステムを作ります。
20191021 13Rhino + GH Workshop
グラスホッパーでのモデリングの進め方
GHには沢山の「コンポーネント」が用意されています。まずは数個の基礎的
な「コンポーネント」を覚え、それらを応用させることに集中します。
新しいコンポーネントを覚える際には、学期の冒頭に紹介した参考書が便利
です。また、下のHPは独学で勉強する際に非常に参考になります。
Rhino-GH.com(株式会社日建設計+合同会社高木秀太事務所)
http://rhino-gh.com/grasshopper150
20191021 14Rhino + GH Workshop
「ポイント」コンポーネントとスライダーを
使い点を作り、その点を「ライン」コンポー
ネントでつなげて、5×8の長方形を描いて
ください
20191021 15Rhino + GH Workshop
同一の点が重複しているので、同じ点を
消し、5×8の長方形を描いてください
20191021 16Rhino + GH Workshop
同一のスライダーが重複しているので、
同じスライダーを消し、5×8の長方形を
描いてください
20191021 17Rhino + GH Workshop
ベクター(ベクトル)
20191021 18Rhino + GH Workshop
グラスホッパーの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線
3. Surface 面
4. BRep(Polysurface) 複数の面で構成される形
5. Vector ベクトル
6. Plane 平面
20191021 19Rhino + GH Workshop
ベクターの概念
物理の中で出てきたベクトル。力を現す方法として使われますが、グラス
ホッパーでは移動の時などに必ず使います。
ベクターは「向き」と「距離」の両方をもった『矢印』です。
「向き」と「距離」の両方が分かれば、何かを移動する事はすぐに出来ま
す。このことから、グラスホッパーではベクターを基本要素の一つとして
います。
20191021 20Rhino + GH Workshop
ベクターの概念
「向き」と「距離」
20191021 21Rhino + GH Workshop
ベクターの合成・分解
ベクターは幾つかのベクターを合わせる「合成」や、X方向とY方向に分け
て考える「分解」ができ便利です。
例えば、広島から東京への移動は「東に向けて○○km、北に向けて○○km
移動」と言い換えることが出来ます。これがベクターの分解です。
逆に「東に向けて○○km、北に向けて○○km移動」すると東京に行ける、
となるとベクターの合成です。
グラスホッパーではこの合成と分解を使ってベクターを作ります。
20191021 22Rhino + GH Workshop
ベクターの合成・分解
「向き」と「距離」
東へ○○km
北へ○○km
20191021 23Rhino + GH Workshop
二点間のベクター
グラスホッパーでは二つの点の間にあるベクターを使う事も出来ます。
この場合どちらが矢印の頭になり、どちらが矢印のお尻になるか気をつけ
る必要があります。これを間違えると、矢印が反対に向く、反転したベク
ターになります。
20191021 24Rhino + GH Workshop
原点に点を1つ作成し、その点をベクトル
を使って(x=100,y=0)に移動(複製)してくだ
さい
20191021 25Rhino + GH Workshop
続けて (x=100,y=0), (x=150,y=0)
(x=200,y=0), (x=250,y=0), (x=300,y=0)の
位置に移動(複製)してください
20191021 26Rhino + GH Workshop
シリーズ(数列)
20191021 27Rhino + GH Workshop
等差数列
[1,2,3,4,5]や[10,15,20,25,30]といったように、同じ量ずつ大きくなる
数列を「等差数列」といいます。グラスホッパーではシリーズという
コンポーネントで等差数列をつくることが出来ます。
等差数列を使えば、一定ずつ大きくなるベクターを作ることが出来、
複数の複製を一度につくることが出来ます。
20191021 28Rhino + GH Workshop
シリーズを使った複製
実際にシリーズで数列を作り、一度に幾つかの複製を作りましょう。
[100,150,200,250,300]
という数列があれば、これをx値として使い5つのベクター、
[ [100,0],[150,0],[200,0],[250,0],[300,0] ]
を作ることができます。これを使えば5つの複製を作ることが出来ます。
20191021 29Rhino + GH Workshop
シリーズを使った複製
スタート:数列の一つ目の値
ステップ:数列の増減値
カウント:数列の数
スタートを一つ目の数と
し、ステップずつ増加ま
たは減少するカウント個
の数列を生成。
コンピューターの中では
一番目は「0」番目となる。
20191021 30Rhino + GH Workshop
先ほどの点の複製をシリーズをつかって
やってください
20191021 31Rhino + GH Workshop
先ほど描いた長方形の複製をシリーズを
使って作ってみてください

More Related Content

More from hiroshimadesignlab

Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_08_190531
Slide digital fabrication2019_08_190531Slide digital fabrication2019_08_190531
Slide digital fabrication2019_08_190531hiroshimadesignlab
 

More from hiroshimadesignlab (20)

Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110
 
Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220
 
Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206
 
Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129
 
Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122
 
Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108
 
Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101
 
Slide rhino+gh 11
Slide rhino+gh 11Slide rhino+gh 11
Slide rhino+gh 11
 
Slide rhino+gh 08
Slide rhino+gh 08Slide rhino+gh 08
Slide rhino+gh 08
 
Slide rhino+gh 05
Slide rhino+gh 05Slide rhino+gh 05
Slide rhino+gh 05
 
Slide rhino+gh 03
Slide rhino+gh 03Slide rhino+gh 03
Slide rhino+gh 03
 
Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018
 
Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011
 
Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921
 
Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705
 
Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628
 
Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621
 
Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614
 
Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607
 
Slide digital fabrication2019_08_190531
Slide digital fabrication2019_08_190531Slide digital fabrication2019_08_190531
Slide digital fabrication2019_08_190531
 

Recently uploaded

My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」
My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」
My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」inspirehighstaff03
 
Divorce agreements in administrative work.pdf
Divorce agreements in administrative work.pdfDivorce agreements in administrative work.pdf
Divorce agreements in administrative work.pdfoganekyokoi
 
What I did before opening my business..pdf
What I did before opening my business..pdfWhat I did before opening my business..pdf
What I did before opening my business..pdfoganekyokoi
 
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」inspirehighstaff03
 
International Politics I - Lecture 1
International Politics I - Lecture 1International Politics I - Lecture 1
International Politics I - Lecture 1Toru Oga
 
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdf
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdfMy Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdf
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdfinspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」inspirehighstaff03
 
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhr
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhrKARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhr
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhrRodolfFernandez1
 
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイントshu1108hina1020
 
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」inspirehighstaff03
 
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」inspirehighstaff03
 
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slidessusere0a682
 

Recently uploaded (20)

My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」
My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」
My Inspire High Award 2024 「AIと仲良くなるには?」
 
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」
My Inspire High Award 2024    「孤独は敵なのか?」
 
Divorce agreements in administrative work.pdf
Divorce agreements in administrative work.pdfDivorce agreements in administrative work.pdf
Divorce agreements in administrative work.pdf
 
What I did before opening my business..pdf
What I did before opening my business..pdfWhat I did before opening my business..pdf
What I did before opening my business..pdf
 
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」
My Inspire High Award 2024      「家族とは何か」
 
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」
My Inspire High Award 2024「世の中の流行はどのようにして生まれるのか」
 
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」
My Inspire High Award 2024 「本当の『悪者』って何?」
 
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」
My Inspire High Award 2024「老いることは不幸なこと?」
 
International Politics I - Lecture 1
International Politics I - Lecture 1International Politics I - Lecture 1
International Politics I - Lecture 1
 
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」
My Inspire High Award 2024  「正義って存在するの?」
 
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdf
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdfMy Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdf
My Inspire High Award 2024「Yakushima Islandってなんか変じゃない?」.pdf
 
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」
My Inspire High Award 2024「なぜ、好きなことにいつかは飽きるの」
 
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhr
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhrKARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhr
KARAPATANG PANTAO.pptxhrhrhrhrhrhrhrhrhr
 
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント
3年前期 交通基盤工学 第一回 ガイダンス 交通基盤工学の概要  パワーポイント
 
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ議会への関心が低いのか?」
 
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」
My Inspire High Award 2024「他者と自分、対立を防ぐには?」
 
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」
My Inspire High Award 2024「スーパーマーケットで回収されたキャベツ外葉は廃棄されているの?」
 
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」
My Inspire High Award2024「外国人が日本のテーブルマナーに驚く理由は?」
 
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」
My Inspire High Award 2024「なぜ人は他人と違うところがあってもそれをなかなか誇れないのか?」
 
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide
【ゲーム理論入門】ChatGPTが作成した ゲーム理論の問題を解く #3 Slide
 

Slide rhino+gh 02

  • 2. 20191021 2Rhino + GH Workshop このセッションの流れ パラメトリックデザインについて • パラメトリックデザインの違い • グラスホッパーのインターフェース ベクター(ベクトル) • ベクターの概念 • ベクターの合成と分解 • 二点間のベクター シリーズ • 等差数列 • シリーズを使った複製
  • 3. 20191021 3Rhino + GH Workshop パラメトリックデザイン について
  • 4. 20191021 4Rhino + GH Workshop パラメトリックデザインの違い パラメトリックデザインは、新しいデザイン手法の事を指します。 具体的には「グラスホッパー」というライノの拡張機能などを使い、 デザインの過程そのものを組み立てて行きながら、成果物を作って行く 方法です。 これまでは一つの成果物を目指して、毎回ゼロからモデリングする方法し かありませんでしたが、過程そのものを「見える化」し、そこを調整する ことで、さまざまな成果物を作ることが可能になります。
  • 5. 20191021 5Rhino + GH Workshop パラメトリックデザインの違い 料理 <成果物> レシピ <過程>
  • 6. 20191021 6Rhino + GH Workshop パラメトリックデザインの違い 建物 <成果物> 図面 <過程>
  • 7. 20191021 7Rhino + GH Workshop グラスホッパーのインターフェース グラスホッパーの画面は「過程」を組み立てて行きながら、過程自体を システム化するための環境になっています。そこで作られる「成果物」は ライノ本体の画面に表示される仕組みになっています。 作業の効率上、ライノとグラスホッパーを両方見える様に二つの画面を 半分ずつ表示する必要があります。より複雑なモデリングになる場合は 2台目ディスプレーを使うとより効率がよくなります。
  • 10. 20191021 10Rhino + GH Workshop ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  • 11. 20191021 11Rhino + GH Workshop グラスホッパーの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 3. Surface 面 4. BRep(Polysurface) 複数の面で構成される形 5. Vector ベクトル 6. Plane 平面
  • 12. 20191021 12Rhino + GH Workshop グラスホッパーでのモデリングの進め方 グラスホッパーでは「コンポーネント」と呼ばれる機能をつなげ、そこに数値 などのさまざまな情報が流れて成果物がつくられていくシステムを作ります。
  • 13. 20191021 13Rhino + GH Workshop グラスホッパーでのモデリングの進め方 GHには沢山の「コンポーネント」が用意されています。まずは数個の基礎的 な「コンポーネント」を覚え、それらを応用させることに集中します。 新しいコンポーネントを覚える際には、学期の冒頭に紹介した参考書が便利 です。また、下のHPは独学で勉強する際に非常に参考になります。 Rhino-GH.com(株式会社日建設計+合同会社高木秀太事務所) http://rhino-gh.com/grasshopper150
  • 14. 20191021 14Rhino + GH Workshop 「ポイント」コンポーネントとスライダーを 使い点を作り、その点を「ライン」コンポー ネントでつなげて、5×8の長方形を描いて ください
  • 15. 20191021 15Rhino + GH Workshop 同一の点が重複しているので、同じ点を 消し、5×8の長方形を描いてください
  • 16. 20191021 16Rhino + GH Workshop 同一のスライダーが重複しているので、 同じスライダーを消し、5×8の長方形を 描いてください
  • 17. 20191021 17Rhino + GH Workshop ベクター(ベクトル)
  • 18. 20191021 18Rhino + GH Workshop グラスホッパーの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 3. Surface 面 4. BRep(Polysurface) 複数の面で構成される形 5. Vector ベクトル 6. Plane 平面
  • 19. 20191021 19Rhino + GH Workshop ベクターの概念 物理の中で出てきたベクトル。力を現す方法として使われますが、グラス ホッパーでは移動の時などに必ず使います。 ベクターは「向き」と「距離」の両方をもった『矢印』です。 「向き」と「距離」の両方が分かれば、何かを移動する事はすぐに出来ま す。このことから、グラスホッパーではベクターを基本要素の一つとして います。
  • 20. 20191021 20Rhino + GH Workshop ベクターの概念 「向き」と「距離」
  • 21. 20191021 21Rhino + GH Workshop ベクターの合成・分解 ベクターは幾つかのベクターを合わせる「合成」や、X方向とY方向に分け て考える「分解」ができ便利です。 例えば、広島から東京への移動は「東に向けて○○km、北に向けて○○km 移動」と言い換えることが出来ます。これがベクターの分解です。 逆に「東に向けて○○km、北に向けて○○km移動」すると東京に行ける、 となるとベクターの合成です。 グラスホッパーではこの合成と分解を使ってベクターを作ります。
  • 22. 20191021 22Rhino + GH Workshop ベクターの合成・分解 「向き」と「距離」 東へ○○km 北へ○○km
  • 23. 20191021 23Rhino + GH Workshop 二点間のベクター グラスホッパーでは二つの点の間にあるベクターを使う事も出来ます。 この場合どちらが矢印の頭になり、どちらが矢印のお尻になるか気をつけ る必要があります。これを間違えると、矢印が反対に向く、反転したベク ターになります。
  • 24. 20191021 24Rhino + GH Workshop 原点に点を1つ作成し、その点をベクトル を使って(x=100,y=0)に移動(複製)してくだ さい
  • 25. 20191021 25Rhino + GH Workshop 続けて (x=100,y=0), (x=150,y=0) (x=200,y=0), (x=250,y=0), (x=300,y=0)の 位置に移動(複製)してください
  • 26. 20191021 26Rhino + GH Workshop シリーズ(数列)
  • 27. 20191021 27Rhino + GH Workshop 等差数列 [1,2,3,4,5]や[10,15,20,25,30]といったように、同じ量ずつ大きくなる 数列を「等差数列」といいます。グラスホッパーではシリーズという コンポーネントで等差数列をつくることが出来ます。 等差数列を使えば、一定ずつ大きくなるベクターを作ることが出来、 複数の複製を一度につくることが出来ます。
  • 28. 20191021 28Rhino + GH Workshop シリーズを使った複製 実際にシリーズで数列を作り、一度に幾つかの複製を作りましょう。 [100,150,200,250,300] という数列があれば、これをx値として使い5つのベクター、 [ [100,0],[150,0],[200,0],[250,0],[300,0] ] を作ることができます。これを使えば5つの複製を作ることが出来ます。
  • 29. 20191021 29Rhino + GH Workshop シリーズを使った複製 スタート:数列の一つ目の値 ステップ:数列の増減値 カウント:数列の数 スタートを一つ目の数と し、ステップずつ増加ま たは減少するカウント個 の数列を生成。 コンピューターの中では 一番目は「0」番目となる。
  • 30. 20191021 30Rhino + GH Workshop 先ほどの点の複製をシリーズをつかって やってください
  • 31. 20191021 31Rhino + GH Workshop 先ほど描いた長方形の複製をシリーズを 使って作ってみてください