SlideShare a Scribd company logo
管理画面 WEBアプリケーション
アクセスコントロール
@brtriver
(株)VOYAGE GROUP, (株)Zucks
About Me
前田 雅央 @brtriver
Symfony ユーザー会
Silex 日本語ドキュメント
https://speakerdeck.com/bash0c7/phpconference2013presentation-number-phpcon2013
管理画面作ったことありますか?
運用しやすい管理画面とは?
permanent link な URL
運用しやすい管理画面
permanent link が無いと…
営業 エンジニア
どのページですか?
../user/articles/list
お客さんは誰…?
お客さんから表示されるはずのデータが見えないという
問い合わせが..
ユーザーIDがURLから判別不能
BAD
ログイン後のURLが1つだけ
裏でajaxが画面遷移せずがんばりすぎ
無駄にPOSTで画面遷移
確認しようにもパラメータが不明
permanent link が無いと…
営業 エンジニア
お客さんから表示されるはずのデータが見えないという
問い合わせが..
URLください
../user/brtriver/articles/list
確認します
permanent link があると…
URLを貰えば同じ画面がみれる
Better
アクセスログからも調査しやすい
permanent link があると…
ACL … Access Control List
運用しやすい管理画面
できるだけシンプルなACL
ロールごとに 機能 制限
user
管理画面
一覧
編集
admin
表示の制限もある
ロールごとに機能 + 表示 制限
user
admin
一覧画面
・userの場合はナビを変えたい
・userは自身のデータのみ閲覧可
・編集先リンクはadminのみ表示
・更新日時はadminのみ表示
Controller で権限ごとの処理…
Viewで権限チェック …
現場はもっと複雑だった
supervisor
ロールが階層になることも
admin
A B C
a b c
user
α β γ
viewer
Symfony2 の chain で解決
ACLでの事故は怖い
営業 エンジニア
管理者(admin)だけ編集できるようにして
修正しました
お客さん(user)の画面でも編集できるんだけど…
ええぇぇ!!!1
Routing
権限チェック
Controller
権限チェック
View
権限チェック
Request Response
権限チェック
Request Response
Admin
User
複雑な 権限チェック パターン
Controller View を
Controller View
Request Response
Routing
権限チェック
Controller View
Request Response
Admin
User
権限チェック から開放
Routing に規約(prefix)を追加
• ROLE_USER は /user/で始まるパス
• ROLE_USER は {user_id} をURLに含むこと
規約
Symfony には 高機能な ACL/ACE がある
http://symfony.com/doc/current/cookbook/security/acl.html
http://symfony.com/doc/current/cookbook/security/acl.html
Alternatives to ACLs
Using ACL's isn't trivial, and for simpler use cases, it may be
overkill. If your permission logic could be described by
just writing some code (e.g. to check if a Blog is owned by
the current User), then consider using voters. A voter is
passed the object being voted on, which you can use to make
complex decisions and effectively implement your own ACL.
Enforcing authorization (e.g. the isGranted part) will look similar
to what you see in this entry, but your voter class will handle
the logic behind the scenes, instead of the ACL system.
Symfony には 高機能な ACL/ACE がある … が
Symfony 的には Custom Voter を作る
http://symfony.com/doc/current/cookbook/security/voters.html
やりたいのは
ルーティング時にチェックするだけ…
シンプルに
Routing の規約をチェックする
Listenerを作るという方法でも可能
Routing の規約をチェックするListener
Controller, Viewは同じような処理でもロールごとに分離
Admin
login.html.twig list.html.twig show.html.twig
SecurityController ArticleController
(Bundle/Resources/views/Admin/)
(Bundle/Controller/Admin/)
User
login.html.twig list.html.twig
SecurityController
(Bundle/Resources/views/User/)
(Bundle/Controller/User/)
ArticleController
権限を意識せずに修正が可能
Admin
login.html.twig list.html.twig show.html.twig
(Bundle/Resources/views/Admin/)
User
login.html.twig list.html.twig
(Bundle/Resources/views/User/)
Admin だけ表示する内容を変更しよう
修正
まとめ
Good
• ユーザーが見ている画面と全く同じ画面で確認できる
• 機能単位で作業分担していてもロールの実装を気にしなくて良い
• 仕様変更、追加で権限周りのミスが無い
• 権限周りはEventListenerの単体テストをしっかり書けば安心
BAD
• 冗長的なコード
• 全ロールに対する修正作業だと修正箇所(ファイル)が多い
• security.yml が難しすぎ
まとめ
運用しやすい安全な管理画面は
ACLがシンプルであること

More Related Content

Viewers also liked

Symfony2のイベントリスナーについて
Symfony2のイベントリスナーについてSymfony2のイベントリスナーについて
Symfony2のイベントリスナーについて
tnuuu
 
Symfony勉強会#9 form
Symfony勉強会#9 formSymfony勉強会#9 form
Symfony勉強会#9 form
Yuichi Okada
 
A Deep Dive into JSON-LD and Hydra
A Deep Dive into JSON-LD and HydraA Deep Dive into JSON-LD and Hydra
A Deep Dive into JSON-LD and Hydra
Markus Lanthaler
 
Ruby開発者のためのHeroku入門
Ruby開発者のためのHeroku入門Ruby開発者のためのHeroku入門
Ruby開発者のためのHeroku入門
Salesforce Developers Japan
 
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところこわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
Go Nakanishi
 
未来の情報の可視化について - Future share
未来の情報の可視化について - Future share未来の情報の可視化について - Future share
未来の情報の可視化について - Future share
Motoki Ohno
 
DBにseedするライブラリつくった
DBにseedするライブラリつくったDBにseedするライブラリつくった
DBにseedするライブラリつくった
Joe_noh
 
デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私
Shizuka Yamada
 
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所Koji Nakamura
 
Service worker が拓く mobile web の新しいかたち
Service worker が拓く mobile web の新しいかたちService worker が拓く mobile web の新しいかたち
Service worker が拓く mobile web の新しいかたち
Kinuko Yasuda
 
Selenium2でつくるテストケースの構成について
Selenium2でつくるテストケースの構成についてSelenium2でつくるテストケースの構成について
Selenium2でつくるテストケースの構成について
yufu yufu
 
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援 つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
Takashi Iba
 
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
SATOSHI TAGOMORI
 
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
Daisuke Ikeda
 
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?Hiroshi Tokumaru
 
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテストはてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
Yu Nobuoka
 
Devsの常識、DBAは非常識
Devsの常識、DBAは非常識Devsの常識、DBAは非常識
Devsの常識、DBAは非常識
yoku0825
 
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
Amazon Web Services Japan
 
アジャイル×テスト開発を考える
アジャイル×テスト開発を考えるアジャイル×テスト開発を考える
アジャイル×テスト開発を考えるyasuohosotani
 
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイントiBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
daisuke-a-matsui
 

Viewers also liked (20)

Symfony2のイベントリスナーについて
Symfony2のイベントリスナーについてSymfony2のイベントリスナーについて
Symfony2のイベントリスナーについて
 
Symfony勉強会#9 form
Symfony勉強会#9 formSymfony勉強会#9 form
Symfony勉強会#9 form
 
A Deep Dive into JSON-LD and Hydra
A Deep Dive into JSON-LD and HydraA Deep Dive into JSON-LD and Hydra
A Deep Dive into JSON-LD and Hydra
 
Ruby開発者のためのHeroku入門
Ruby開発者のためのHeroku入門Ruby開発者のためのHeroku入門
Ruby開発者のためのHeroku入門
 
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところこわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
こわくないSymfony2 - 業務で使って気づいた7つの良いところ
 
未来の情報の可視化について - Future share
未来の情報の可視化について - Future share未来の情報の可視化について - Future share
未来の情報の可視化について - Future share
 
DBにseedするライブラリつくった
DBにseedするライブラリつくったDBにseedするライブラリつくった
DBにseedするライブラリつくった
 
デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私
 
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所
JS開発におけるTDDと自動テストツール利用の勘所
 
Service worker が拓く mobile web の新しいかたち
Service worker が拓く mobile web の新しいかたちService worker が拓く mobile web の新しいかたち
Service worker が拓く mobile web の新しいかたち
 
Selenium2でつくるテストケースの構成について
Selenium2でつくるテストケースの構成についてSelenium2でつくるテストケースの構成について
Selenium2でつくるテストケースの構成について
 
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援 つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
つくること = 生きること : パターン・ランゲージによる創造の支援
 
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
Fighting API Compatibility On Fluentd Using "Black Magic"
 
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
Zabbixとjob scheduler連携による運用システムoss化の実現
 
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?
文字コードの脆弱性はこの3年間でどの程度対策されたか?
 
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテストはてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
はてなにおける Android アプリのソフトウェアテスト
 
Devsの常識、DBAは非常識
Devsの常識、DBAは非常識Devsの常識、DBAは非常識
Devsの常識、DBAは非常識
 
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
AWS Lambdaによるデータ処理理の⾃自動化とコモディティ化
 
アジャイル×テスト開発を考える
アジャイル×テスト開発を考えるアジャイル×テスト開発を考える
アジャイル×テスト開発を考える
 
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイントiBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
 

Similar to 管理画面のアクセスコントロール

ネットワーク分散型フレームワークConView
ネットワーク分散型フレームワークConViewネットワーク分散型フレームワークConView
ネットワーク分散型フレームワークConView
Rakuten Group, Inc.
 
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーションWAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
Yoshinori OHTA
 
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションWAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
力也 伊原
 
Brush up your Coding!
Brush up your Coding!Brush up your Coding!
Brush up your Coding!
Shogo Sensui
 
Web Standards 2018
Web Standards 2018Web Standards 2018
Web Standards 2018
Shogo Sensui
 
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
Kenichiro Nakamura
 
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイント
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイントスマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイント
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイントMasakazu Muraoka
 
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)Hideki Akiba
 
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよRPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
Yugo Shimizu
 
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみた
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみたFirefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみた
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみたNobuhiro Ueda
 
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
Hideki Akiba
 
プロトコルから見るID連携
プロトコルから見るID連携プロトコルから見るID連携
プロトコルから見るID連携
Naohiro Fujie
 
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグ
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグAdobe Edge Inspectを利用してデバッグ
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグ
Keisuke Todoroki
 
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
TAKUYA OHTA
 
HTML5 によるロボット制御
HTML5 によるロボット制御HTML5 によるロボット制御
HTML5 によるロボット制御
Honma Masashi
 
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD Pattern
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD PatternApplication Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD Pattern
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD PatternAtsushi Kambara
 
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
Naohiro Fujie
 
Kilimanjaro Event
Kilimanjaro EventKilimanjaro Event
Kilimanjaro Event
dynamis
 
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Yuya Yamaki
 
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
真吾 吉田
 

Similar to 管理画面のアクセスコントロール (20)

ネットワーク分散型フレームワークConView
ネットワーク分散型フレームワークConViewネットワーク分散型フレームワークConView
ネットワーク分散型フレームワークConView
 
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーションWAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のwebアプリケーション
 
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションWAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
 
Brush up your Coding!
Brush up your Coding!Brush up your Coding!
Brush up your Coding!
 
Web Standards 2018
Web Standards 2018Web Standards 2018
Web Standards 2018
 
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
MTDDC 2019 LINE ボットからみた MT Data API の可能性
 
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイント
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイントスマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイント
スマートフォン開発の事例 Html5開発の導入ポイント
 
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)
Web標準技術の今とこれからを考える(村岡正和 ・ 秋葉秀樹)
 
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよRPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
RPA 機能の UI flows が話題の Power Automate を理解せよ
 
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみた
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみたFirefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみた
Firefox os勉強会 2nd WEB屋さんがWEBアプリを作ってみた
 
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
HTML5な今日この頃に贈る、Webデザイナーこれからの生きる道
 
プロトコルから見るID連携
プロトコルから見るID連携プロトコルから見るID連携
プロトコルから見るID連携
 
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグ
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグAdobe Edge Inspectを利用してデバッグ
Adobe Edge Inspectを利用してデバッグ
 
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
IE のままじゃダメなの? ~ Microsoft Edge のメリットとこれからを見据えた Web システム運用のテクニック ~
 
HTML5 によるロボット制御
HTML5 によるロボット制御HTML5 によるロボット制御
HTML5 によるロボット制御
 
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD Pattern
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD PatternApplication Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD Pattern
Application Architecture for Enterprise Win Store Apps with DDD Pattern
 
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
ハイブリッド時代のID基盤構成の基礎
 
Kilimanjaro Event
Kilimanjaro EventKilimanjaro Event
Kilimanjaro Event
 
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
 
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
 

More from Masao Maeda

アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみたアットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
Masao Maeda
 
フラットなPHPからフレームワークへ
フラットなPHPからフレームワークへフラットなPHPからフレームワークへ
フラットなPHPからフレームワークへ
Masao Maeda
 
PHPカンファレンス関西2012 Silex
PHPカンファレンス関西2012 SilexPHPカンファレンス関西2012 Silex
PHPカンファレンス関西2012 SilexMasao Maeda
 
Japan PHPCon2011 Silex UPdate
Japan PHPCon2011 Silex UPdateJapan PHPCon2011 Silex UPdate
Japan PHPCon2011 Silex UPdate
Masao Maeda
 
Silex 入門
Silex 入門Silex 入門
Silex 入門
Masao Maeda
 
次世代PHPフレームワーク Symfony2
次世代PHPフレームワーク Symfony2次世代PHPフレームワーク Symfony2
次世代PHPフレームワーク Symfony2
Masao Maeda
 
Symfony Study 090518
Symfony Study 090518Symfony Study 090518
Symfony Study 090518
Masao Maeda
 

More from Masao Maeda (7)

アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみたアットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
アットホームな感じの オンラインイベントの配信を意識してみた
 
フラットなPHPからフレームワークへ
フラットなPHPからフレームワークへフラットなPHPからフレームワークへ
フラットなPHPからフレームワークへ
 
PHPカンファレンス関西2012 Silex
PHPカンファレンス関西2012 SilexPHPカンファレンス関西2012 Silex
PHPカンファレンス関西2012 Silex
 
Japan PHPCon2011 Silex UPdate
Japan PHPCon2011 Silex UPdateJapan PHPCon2011 Silex UPdate
Japan PHPCon2011 Silex UPdate
 
Silex 入門
Silex 入門Silex 入門
Silex 入門
 
次世代PHPフレームワーク Symfony2
次世代PHPフレームワーク Symfony2次世代PHPフレームワーク Symfony2
次世代PHPフレームワーク Symfony2
 
Symfony Study 090518
Symfony Study 090518Symfony Study 090518
Symfony Study 090518
 

Recently uploaded

ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (13)

ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 

管理画面のアクセスコントロール