SlideShare a Scribd company logo
【B3】
分散アーキテクチャ時代における
Webシステムの開発と運用
講師 仲山 昌宏・齋藤 徳秀
セキュリティ・キャンプ全国大会2021 オンライン
クラウド時代のものづくり
2
#seccamp2021b3
👀👀 この講義について
• Webシステムを分散アーキテクチャで作るのが当たり前の
時代
• コンテナやサーバーレス(FaaS)によるソフトウェアの開発
• SaaSの活用
• 設計の基礎
• スケーラビリティ
• セキュリティ
• ハッカソン
ここには、補足情報を書
いていきます。
3
#seccamp2021b3
イントロダクションのおさらい
とにかくユーザーに
価値を早く届けたい
開発の
「アジリティ」を上げる
クラウドの活用
価値への注力
4
#seccamp2021b3
開発の主戦場の変化
すごいざっくり「データ
ベース」としていますが、
あくまで技術的な注力
先として捉えてください。
サーバーサイド
アプリケーション
データベース
クライアント
アプリケーション
昔はデータベースが一番「かしこく」、
大変な処理はまとめてやっていた
ストアド
プロシージャ等

Recommended for you

DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法

2021年4月15日「DevOpsDays2021」でカサレアルが登壇した際の資料です。

Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)

Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス (CloudNative Days Tokyo 2020講演資料) NTT DATA Masahiko Utsunomiya

kubernetesnttdatanttデータ
深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure

AzureでCNTKの環境を構築する手順です。 CNTKは、Microsoft Cognitive Toolkitの略でDeep Neural Networksにおける学習と評価をするために開発されている機械学習ライブラリです。 (深層学習=ディープラーニング)

深層学習deep learningazure
5
#seccamp2021b3
開発の主戦場の変化
Ruby on Railsを代表
とするウェブアプリケー
ションの全盛期です。静
的なWeb 1.0から動的
なWeb 2.0へと発展し
てきました。
データベースがボトル
ネックとなってから、ア
プリケーションによる垂
直分割/水平分割など
の努力が試みられまし
た。
サーバーサイド
アプリケーション
データベース
クライアント
アプリケーション
Webアプリ全盛期には、
サーバーサイドアプリケーションが
処理の中心
SQL
NoSQL
KVS
HTML
6
#seccamp2021b3
開発の主戦場の変化
レンダリングがクライア
ントアプリケーション側
にシフトしたことで、
サーバーサイドは「ビジ
ネスロジック」をAPIと
して提供することに注力
できるようになりました。
その一方で、実際のユー
ザーに面するクライアン
トアプリケーションはよ
り高機能化・複雑化して
いきます。
フロントエンド側のユー
スケースがAPI仕様に
おいて主導権を持つ
GraphQLの普及はひ
とつの技術的潮流です。
サーバーサイド
アプリケーション
データベース
クライアント
アプリケーション
性能向上やUI/UXの重視により
クライアントアプリケーションが
開発の主戦場に変化
クラウド側は
データの最終責任を持つ
REST API
GraphQL
7
#seccamp2021b3
サーバーサイドは最後の砦
どこまでクライアントア
プリケーション側が高度
化したとしても、その挙
動が信頼できない以上、
最終的なデータの整合
性などを担保する責任
を持つのはサーバーサイ
ド、つまりクラウド側に
なります。
サーバーサイド
アプリケーション
データベース
クライアント
アプリケーション
クラウド側は
データの最終責任を持つ
REST API
GraphQL
究極的にはフロントエンドの
挙動は信頼できない
8
#seccamp2021b3
サーバーサイドは最後の砦
• セキュリティのCIA
• 整合性 Confidentiality
• 機密性 Integrity
• 可用性 Availability
• 情報を守るのはサーバーサイド
• 個人情報
• 組織の情報資産
機能そのものがAPIと
して単純化された一方
で、「最後の砦」として守
るべき視点は多岐にわ
たります。

Recommended for you

新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護

Microsoft Tech Summit 2017 DEP007 セッション資料です。

microsoftazurecloud
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...

近年、マイクロサービスアーキテクチャに注目が集まっています。そのような状況の中、米Lightbend社からマイクロサービスアーキテクチャ向けフレームワークの Lagom がリリースされました。Lagom は Reactive Manifesto で提唱されている Reactiveness を持つマイクロサービスの開発をサポートする、設計思想と機能を備えています。Reactiveness はシステムが大規模になるほど重要になってきます。この講演では Lagom の特徴的な設計思想や機能を取り上げ、マイクロサービスアーキテクチャを採用した大規模なシステムがとるべき振る舞いと、それが Lagom でどのように実現されているのかを解説します。

lagomreactiveakka
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作).NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)

Comm Tech Festival .NET Micro Framework (プラレールと電子工作) SoM Embedded Plarail

plarailc#visual basic
9
#seccamp2021b3
サーバーサイドをたのしもう
「サービス」の一番の肝だけを
楽しめるのがサーバーサイド
レンダリングは
フロントエンドに押しつけちゃえ
10
#seccamp2021b3
クラウド上で「なにか」する技術のトレンド
• 大きく分けて3つ
• コンテナ
• サーバーレス(FaaS)
• SaaS
• 最重要キーワード『クラウドネイティブ』
11
#seccamp2021b3
クラウドネイティブ
• CNCFによる定義
https://github.com/cncf/toc/blob/main/DEFINITION.md
クラウドネイティブ技術は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブ
リッドクラウドなどの近代的でダイナミックな環境において、スケーラブルな
アプリケーションを構築および実行するための能力を組織にもたらします。
このアプローチの代表例に、コンテナ、サービスメッシュ、マイクロサービス、イ
ミュータブルインフラストラクチャ、および宣言型APIがあります。
これらの手法により、回復性(resilient)、管理力(manageable)、および
可観測性(observable)のある疎結合システムが実現します。 これらを堅牢
な自動化と組み合わせることで、エンジニアはインパクトのある変更を最小限
の労力で頻繁かつ予測どおりに行うことができます。
12
#seccamp2021b3
CNCF Cloud Native Landscape
https://landscape.cncf.io/

Recommended for you

ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01

ウェブ制作会社のディレクターさんを対象にした、アクセシビリティ勉強会です。(全12回コースの第1回) 前半で WCAG 2.0 達成基準 (レベルAA) を学び、後半で「インクルーシブなペルソナ拡張」シートを用いた UI 評価ワークショップを行なっています。 インクルーシブなペルソナ拡張 : https://github.com/caztcha/Inclusive-Persona-Extension

C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)

2016年5月21日のC#ユーザー会でのセッション資料

c#azure
祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要

C#ユーザー会 //build/ 2016振り返り 勉強会 Service Fabric概要、背景、概念的なことを中心としています。

csugjpjazugazurejp
13
#seccamp2021b3
CNCF Serverless Landscape
https://landscape.cncf.io/serverless
14
#seccamp2021b3
クラウドネイティブ
• CNCFによる定義
https://github.com/cncf/toc/blob/main/DEFINITION.md
クラウドネイティブ技術は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブ
リッドクラウドなどの近代的でダイナミックな環境において、スケーラブルな
アプリケーションを構築および実行するための能力を組織にもたらします。
このアプローチの代表例に、コンテナ、サービスメッシュ、マイクロサービス、イ
ミュータブルインフラストラクチャ、および宣言型APIがあります。
これらの手法により、回復性(resilient)、管理力(manageable)、および
可観測性(observable)のある疎結合システムが実現します。 これらを堅牢
な自動化と組み合わせることで、エンジニアはインパクトのある変更を最小限
の労力で頻繁かつ予測どおりに行うことができます。
15
#seccamp2021b3
クラウドネイティブ
コンテナ サービスメッシュ マイクロサービス
イミュータブルインフラストラクチャー 宣言型API
回復性
Resilient
管理力
Manageable
可観測性
Observable
クラウドネイティブ技術
16
#seccamp2021b3
回復性 Resilient
• 障害があっても復旧しサービスを継続できること
• 障害が起きることを受け入れる
• 自己回復性
• シンプルな例:再起動したサーバできちんとサービスが起動する
• 「イントロダクション」のおさらい
• 「信頼性」を制御するSRE
• アベイラビリティゾーンやリージョンを踏まえた可用性設計

Recommended for you

Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021

2021年10月12日にDay 1を迎えた日本マイクロソフト株式会社主催カンファレンスMicrosoft Japan Digital Daysの開催に合わせて、カンファレンスに様々な形でご協力いただいたMicrosoft MVPおよびRegional Directorについて本資料にてご紹介しています。さらに、10名のMicrosoft MVP受賞者のオリジナル学習コレクションをご紹介しておりますので、皆さまの今後の学習にお役立てください。

さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用

講演資料

clouddata center
アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例

長崎IT技術者会 第10回勉強会 「Turnip&アジャイルプラクティス導入事例&メトリクス入門」 発表資料です。

17
#seccamp2021b3
回復性の評価軸
• サービルレベル
• SLO:目標値
• SLA:「これ以上落ちたらお金を返す」
• 利用しているクラウドサービスの
SLAの上に成り立つ
• 復旧
• RTO:目標復旧時間
• RPO:目標復旧時点
(いつのバックアップがあるか)
• 実績値
• MTTR:平均復旧時間
• MTBF:平均故障間隔
よく言われるSLAは契
約上の視点のものであ
り、真に重要となるのは
設計上の目標値である
SLOです。
このSLOの他にも、
様々な指標で回復性を
評価できます。
99% 7.2時間
99.9% 43.2分
99.99% 4.32分
99.999% 25.92秒
30日での許容ダウンタイム
18
#seccamp2021b3
リアクティブシステム
• 目的:即応性
• システム全体として、素早く、かつ安定した応答時間を保つ
• 要件1:耐障害性
• 障害が発生しても、それをコンポーネント内部に影響を隔離する
ことで、システム全体としての即応性を保つ。
• 要件2:弾力性
• 負荷の増減があっても、ボトルネックを排除し、割り当てるリソー
スを調整することで、即応性を保つ。
• 手段:メッセージ駆動
• 各コンポーネント間を、非同期なメッセージ配信で疎結合に保つ。
良く紹介される「The
Twelve Factor
App」がアプリケーショ
ン開発におけるベストプ
ラクティスならば、この
リアクティブ宣言はシス
テム全体のアーキテク
チャを考えるときのベス
トプラクティスです。
19
#seccamp2021b3
リアクティブシステム
• メッセージ駆動(手段)
• システム間をキューで非同期に接続する
• 複数のワーカプロセスがキューから取ってきて処理
• 弾力性(要件2)
• メッセージが増えてきたらワーカプロセスを増やせばよい
• 横並びのワーカプロセスに相互依存はないので気軽にスケール
アウト・イン
• 耐障害性(要件1)
• コンポーネントで異常が起きたら自爆して、別のワーカが実行
• ずっとおかしいメッセージはDead letter queueに積み替え
て例外処理
• 即応性(目的)
• 様々な状況に強いシステムが構築できる
20
#seccamp2021b3
リアクティブアーキテクチャ
• ざっくり言うと、
• 小さなプログラムを
• メッセージ駆動で
• 繋いでいく
• という非同期型アーキテクチャが良い、という考え方
• もっと超ざっくり言うと
• メッセージキューを挟んで繋げ

Recommended for you

.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今

dotnetConf 2016 Japanで発表した資料です。

dotnetdotnet coredotnetconfjp
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104

Sb tech night#1_ネットワーククラウドシフト時代へ_202104

マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについてマイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて

CEATEC 2016 CS-3 スライド「マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて」の講演資料です

ブロックチェーンblockchainsmicrosoft azure
21
#seccamp2021b3
リアクティブアーキテクチャ
• 「ペットから家畜へ」を踏まえたアーキテクチャ
メッセージ ワーカー
ワーカー
ワーカー
ワーカー
ワーカー
ワーカー
22
#seccamp2021b3
リアクティブアーキテクチャ
• 「ペットから家畜へ」を踏まえたアーキテクチャ
メッセージ
ワーカー
ワーカー
ワーカー
他の誰かが実行
ワーカー
ワーカー
ワーカー
23
#seccamp2021b3
回復性をテストする
• カオスエンジニアリング
• 「試しにどっか壊してみる」
• カオスエンジニアリングの原則
https://principlesofchaos.org/ja/
1. 定常状態における振る舞いの仮説を立てる
2. 実世界の事象は多様である
3. 本番環境で検証を実行する
4. 継続的に実行する検証の自動化
5. 影響範囲を局所化する
24
#seccamp2021b3
管理力 manageable
• Infrastructure as Code
• プログラミング技術をサービスインフラに適用
• AWS CloudFormation
※Serverless Frameworkの内部でも使用
• Azure Resource Managerテンプレート
• Terraform
• CI/CD/GitOps
• Kubernetes(後ほど)

Recommended for you

[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session

2020年9月24日開催のMicrrosoft Ignite 2020 CON130 Microsoft Ignite Highlight - Japan Sessionでのスライドを公開しました。

microsoftignite2020
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deploymentred-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment

OpenShift baremetal deployment with HPE Synergy for Red Hat Forum 2017 Tokyo

red hatopenshiftansible
Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた

コンテナ Go ~あなた好みのコンテナを捕まえる~

25
#seccamp2021b3
可観測性 observable
• Metrics
• システムメトリクス
• アプリケーションメトリクス
• ビジネスメトリクス
• Trace
• プロファイリイング
• 分散トレーシング
• Log
• ログ転送・集積
• 構造化ログ
26
#seccamp2021b3
アプリケーションの実行モデル
• コンテナ
• FaaS
• SaaS
27
#seccamp2021b3
コンテナ技術
• (この講義ではDockerにはじまったアプリケーション
コンテナの話だけをします)
• アプリケーションを動かすために必要なリソースを
パッケージングしたもの、およびそれを使うツール群
• 必要なファイル一式
• 実行するためのコマンド
• 外部に公開するポート番号
• etc.
単に「コンテナ」と言った
場合、仮想化技術などを
使った様々なカプセル
化が含まれるため、
「Dockerコンテナ」と呼
んだりします。
Linuxでは、ルートディ
レクトリを引っ越す
chrootを祖とする実行
環境の隔離技術が
Dockerにまで発展し
ました。
28
#seccamp2021b3
Dockerコンテナの例
単にファイルシステムを
イメージとして固めるだ
けでなく、Dockerfile
の一行ごとに差分を重
ねていくスタイルなどの
工夫により、単なるファ
イルパッケージより大幅
に効率的に動作します。
Dockerfileではもっと
いろいろなことができ
ますが、ここでは割愛し
ます。
FROM node:12
WORKDIR /usr/src/app
COPY package*.json ./
RUN npm install --only-production
COPY . .
EXPOSE 8080
CMD ["node", "server.js"]
実行に必要な
ファイル環境の構築
外部に公開するポート番号
実行するためのコマンド

Recommended for you

Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた

コンテナ Go ~あなた好みのコンテナを捕まえる~

~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート

6/12 Microsoft Build Recap Community Day のセッション資料です https://msdevjp.connpass.com/event/213915/

.netmicrosoft visual studiovisual studio code
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門

Virtual Azure Community Day 日本語トラック 2020/7/28 15:00 – 16:00

29
#seccamp2021b3
コンテナの標準規格
• Open Container Initiative(OCI)で標準化
• OCI Runtime Specification (下位ランタイム)
https://github.com/opencontainers/runtime-spec
• OCI Image Specification (イメージ)
https://github.com/opencontainers/image-spec
• OCI Distribution Specification (レジストリ)
https://github.com/opencontainers/distribution-spec
• Kubernetes
• Container Runtime Interface (CRI:上位ランタイム)
• Container Storage Interface (CSI)
• Container Network Interface (CNI)
もともとDockerが独
自に開発していた仕様
がOCIとして標準化さ
れました。
30
#seccamp2021b3
DockerとKubernetes
• Docker
• 単一のプロセスの実行環境を定義
• Docker社が開発しOSS化
• コア部分(containerd / runC)はCNCFに寄贈
• Kubernetes(k8s)
• 複数のDockerコンテナを連携させてシステムを作る
オーケストレーションツール、とそのエコシステム
• Googleが開発しOSS化され、CNCFに寄贈
• CRIを経由してcontainerdなどのランタイムでコンテナを実行
Kubernetesの日本語
表記は諸説ありますが、
Wikipediaによると、
・クバネティス
・クバネテス
・クーべネティス
あたりとのこと。
31
#seccamp2021b3
Kubernetesの機能
• サービスディスカバリーと負荷分散
• ストレージ オーケストレーション
• 自動化されたロールアウトとロールバック
• 自動ビンパッキング(リソース割り当ての調整)
• 自己修復
• 機密情報と構成管理
32
#seccamp2021b3
NodeとPod
このNode、Podという
抽象化はとてもよく使
われる重要な概念です。
https://kubernetes.io/ja/docs/tutorials/kubernetes-basics/explore/explore-intro/
Pod:
コンテキストを共有する
コンテナのグループ
k8sにおける管理単位
Node:
Podを動かすワーカーマシン

Recommended for you

はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-

2017/12/08 OSC .Enterpriseのセッション資料 Azure Web App for Containerの紹介やコンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで

azurepaasweb app for containers
Open Source x AI
Open Source x AIOpen Source x AI
Open Source x AI

Open Source Conference 2020 Online/Fukuoka 2020/11/28

Osc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI MeetupOsc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI Meetup

加藤さんと一緒に登壇した内容す!!

osc20oscfukuokaxai
33
#seccamp2021b3
Kubernetesマニフェスト
apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
name: nginx
spec:
containers:
- image: nginx:1.21
name: nginx
メタデータ
実行するコンテナ
※最もシンプルな例
実際はさらにServiceなど様々なリソースを定義していく必要があります。
34
#seccamp2021b3
Reconciliation Loop
延々と「あるべき状態」を実現するKubernetesの中心部 Kubernetesの巨大な
エコシステムは、平たく
言えばこのループにお
ける「状態」を様々な形
で実現したものです。
現在の状態
を確認
あるべき
状態と比較
差分を
埋める
35
#seccamp2021b3
CNCF Cloud Native Trail Map
https://github.com/cncf/trailmap
コンテナのエコシステムは膨大
道しるべ(Trail Map)があります
36
#seccamp2021b3
Function as a Service(FaaS)
• いわゆる「サーバーレス」技術の主役
• 今回のサンプルアプリもFaaS(AWS Lambda)を
使って動かしています

Recommended for you

実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~

2017/11/14 Azureウェブセミナーの資料 ビデオはこちら https://event.on24.com/wcc/r/1536237/901357D9183CC066D05BFE0E70E0BE9E

azuredockercontainer
Dockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしDockerだけではないコンテナのはなし
Dockerだけではないコンテナのはなし

kubernetesのCRIとは何か?という疑問に応えるべく、コンテナの歴史とOCIコンテナ標準仕様について整理をした。

rktcridocker
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう

2018.12.5 Japan Container Days v18.12 で話した資料です。

containerdaysjp
37
#seccamp2021b3
「ペット」から「家畜」、その先へ……
• これまで:サーバ=ペット🐕🐕🐈🐈
• 1台1台名前を付けて、手間を掛けて育てていく
• 少しおかしくなっても直して死ぬまで面倒を見る
• いま:サーバ=家畜🐖🐖🐓🐓
• 集団の役割だけを見て、1台ずつの個別の面倒は見ない
• おかしくなったら殺す。慈悲は無い。
• これから:サーバーレス=……?
38
#seccamp2021b3
サーバーレス is 何
• 2015年あたりから広まりはじめた技術トレンド
• CNCFいわく……
サーバ管理を必要としないアプリケーションの
構築と実行の概念
• これだけでは「サーバーレス」というトレンドを
うまく表現できていない
39
#seccamp2021b3
サーバーレス
「Serverless」の本質 = 「サーバの抽象化」
<運用面>
フルマネージドサービスの活用
・FaaS
・Functional SaaS
<開発面>
イベントドリブンな
システムアーキテクチャ
・ナノサービス化
・疎結合化
40
#seccamp2021b3
背景:サーバ・計算機の抽象化
• サーバ、もしくは「計算機」の抽象化
• サーバーレスという考え方の原点
• コンピュータサイエンスの進化の歴史そのもの
• 抽象化して再利用性を高める
• 分割して統治する
「自分でサーバーを管理
しない」というのがサー
バーレスの表層的な定
義ですが、ソフトウェア
実行環境としてのサー
バーを抽象化して「任意
に切り出して使える計算
機リソース」とみなす、と
いうのがそこに含まれ
た意味です。
でも、そもそも「クラウ
ド」ってそういうものを
目指したものでしたよね
(イントロダクション参
照)。要するに、理想のク
ラウドを目指して発展し
てきた技術に後付けで
名前を付けたものです。

Recommended for you

.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ

2019/6/19 Azure Discovery Day 資料です。 https://microsoft-events.connpass.com/event/127502/

.net coremicrosoft visual studioazure
Amazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep diveAmazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep dive

2015年12月7日に開催されたIVS CTO Night & Day 2015 WinterのSession B-2 : EC2 Container Service Deep diveの資料です。イベントの様子や他の資料は以下ブログをご覧ください。 http://aws.typepad.com/sajp/2015/12/ivs-cto-night-day-2015-winter-powered-by-aws.html

awsecs
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azureA 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure

A-2-1 Git/WebMatrix 2 から使う Node.js on Windows Azure Japan Windows Azure User Group 森島 政人

41
#seccamp2021b3
背景:サーバ・計算機の抽象化
下のレイヤーでも頑張れ
ば何でもできます。
上のレイヤーでは様々な
ものが抽象化されてい
るため、できることに制
約があります。
抽象化の度合い
自由度・制約の緩さ
設定
DSL(ドメイン固有言語)
プログラミング言語
コンテナ
OS
PCサーバー
ベアメタル
開発
コンテナ
SQL
関数
バイナリ
パッケージ
JSON
YAML
42
#seccamp2021b3
背景:サーバ・計算機の抽象化
実現したい価値に注力
するためには、抽象化の
ちからをうまく活用して
いかなければいけませ
ん。
抽象化の度合い
自由度・制約の緩さ
設定
DSL(ドメイン固有言語)
プログラミング言語
コンテナ
OS
PCサーバー
価値への
注力
43
#seccamp2021b3
サーバーレス
「Serverless」の本質 = 「サーバの抽象化」
<運用面>
フルマネージドサービスの活用
・FaaS
・Functional SaaS
<開発面>
イベントドリブンな
システムアーキテクチャ
・ナノサービス化
・疎結合化
44
#seccamp2021b3
運用面:
フルマネージドサービスの活用
• 抽象化の「向こう側」をクラウドにお任せ
• 自分でサーバの面倒を見ない⇒サーバーレス
• おさらい:「所有から利用へ」
• 「フル」マネージドサービス
• クラウドによってうまく管理され詳細は隠蔽され、
使った分だけスケールし、その分だけ課金されるサービス
• スケーラビリティや冗長性の確保などまで踏み込んで、
クラウド側に運用の全てを委託

Recommended for you

インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccampインフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp

2016-08-12 セキュリティ・キャンプ全国大会2016 #seccamp インフラセキュリティブートキャンプ

securityinformation securitycloud computing
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...

2016年4月27日、当社が主催する「「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドライバについてのイベント」で、インターネットサービス事業部 山田 修司が登壇した際の資料です。 ■イベント詳細  https://sakura-kanto.doorkeeper.jp/events/43587

containerクラウドcloud
Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要

2017/12/15 Azure Antenna でご説明時に使用した資料(一部)です。

azure antennaazuremachine learning
45
#seccamp2021b3
運用面:
フルマネージドサービスの活用
• Function as a Service
• 自分の書いたプログラムを動かす実行環境の抽象化
• 「関数」という単位でソフトウェアを管理
※関数の代わりにコンテナを使うものもある
• (Functional) SaaS
• クラウドが提供するなんらかの具体的な機能
• クラウド時代のミドルウェアやライブラリに相当
• プログラムというよりは、設定やDSLで動作を決める
46
#seccamp2021b3
Functional SaaS
• 個別の機能を提供
• データベース
• メッセージキュー(待ち行列)
• メール送信
• etc.
• Backend as a Service(BaaS)と呼ばれる
• 「機能の提供」に重きを置いて、ここではFunctional SaaSにて
統一
47
#seccamp2021b3
Function as a Service
• 自分の書いたプログラムを動かす実行環境の抽象化
• プログラムをクラウドに展開
• 決められたハンドラ関数が直接呼び出される
• 実際の動作マシン台数などはクラウドが管理
• 需要に応じて増減してくれる
• ステートレスなどの制約が課される
47
48
#seccamp2021b3
サーバーレス+コンテナ
• Google Cloud Run
• 関数ではなくコンテナをデプロイ
• HTTPSやgRPCのリクエストを実際に処理した時間に課金
• アイドル状態では課金されない(ゼロスケール)
• AWS App Runner
• だいたいCloud Runと近い
• ゼロスケールせず最低1インスタンス分のメモリ確保が必要
(CPU時間への課金は処理時間分のみ)

Recommended for you

実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】

MaruLaboの浅海ゼミでの講座のスライドです。 https://www.marulabo.net/docs/asami30/ 今回から3回の予定で作業分野「実装」について説明します。 今回はCBD(Component-Based development)のOOAD(Object-Oriented Analysis and Design)における実装の位置付け、枠組みについて整理します。

ooad
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET

2019/6/19 Azure Discovery Day 資料です。 https://microsoft-events.connpass.com/event/127502/

.net coremicrosoft visual studioazure
PHP on Windows Azure
PHP on Windows AzurePHP on Windows Azure
PHP on Windows Azure
phpwindows azure
49
#seccamp2021b3
サーバーレス
「Serverless」の本質 = 「サーバの抽象化」
<運用面>
フルマネージドサービスの活用
・FaaS
・Functional SaaS
<開発面>
イベントドリブンな
システムアーキテクチャ
・ナノサービス化
・疎結合化
50
#seccamp2021b3
開発面:
イベントドリブンなシステムアーキテクチャ
• 非同期・疎結合な分散システムとして設計する
• リアクティブシステム
51
#seccamp2021b3
開発面:
イベントドリブンなシステムアーキテクチャ
• モノリシックなアプリケーション
• アプリケーションが外にあるものを呼び出す
• 例:データベースサーバ、外部システム
Client
App
Server
App
DB
外部
システム
52
#seccamp2021b3
開発面:
イベントドリブンなシステムアーキテクチャ
• イベントドリブンなアプリケーション
• アプリケーションは外にあるものから呼び出される
Client
App
非同期
処理
外部
システム
認証システム
DBにファイル送信
非同期
処理
外部
システム

Recommended for you

PHP on Windows Azure
PHP on Windows AzurePHP on Windows Azure
PHP on Windows Azure
phpmicrosoftmicrosoft windows
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjpめもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp

2020-12-18 ssmonline #5

serverlessssmjp
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介

ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介

cloud computingcloudaws
53
#seccamp2021b3
ピタゴラ装置的な例
• Amazon S3に動画ファイルをアップロード
• ⇒それをトリガにしてフォーマット変換を起動
• ⇒変換が終わったら動画一覧を再生成
• ⇒生成できたらCDNのキャッシュをクリア
• ⇒全部終わったら投稿者にメール
• 複雑な機能を、連鎖させて作りあげる
54
#seccamp2021b3
開発面:
イベントドリブンなシステムアーキテクチャ
• クラウド時代の制御の反転(Inversion of Control)
• アプリケーション開発において、ライブラリを呼ぶのでは
無く、フレームワークから呼ばれるビジネスロジックに注力
• 例:Webアプリで GET / で呼ばれるハンドラメソッド
• 自分のプログラムは必要な時だけ呼ばれる存在へ
55
#seccamp2021b3
権限管理の重要性
• これまで
• アプリケーションプロセスが処理の中で利用者を認証・認可
• 脆弱性はアプリケーションの実装方法によるもの
55
Client
App
Server
App
DB
外部
システム
ユーザを識別・認証
そのユーザに許される操作
をアプリケーション内で
判断(認可)し実行
56
#seccamp2021b3
権限管理の重要性
• これから
• 小さなアプリケーション⇒実装レベルの脆弱性は減少してほしい…
• 脆弱性は設計や呼出し方法によるもの
• ID管理に基づいたコンポーネント単位の認可がより重要に
56

Recommended for you

#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう

#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう

FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo

ServerlessConf Tokyo 2018 LT FaaSのインターフェースに見るサーバーレス ※縦横比 9:48

serverlesscloud
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjpクラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp

2018-03-27 #ssmjp 2018/03

awsazurecloud
57
#seccamp2021b3
ID管理とセキュリティ
• 認証(ID基盤)と認可(クラウドサービス)の分離
57
Client
App
非同期
処理
認証システム
非同期
処理
外部
システム
認証トークン
認証トークン内の
属性などを見て
操作を「認可」
IDやパスワード、証明書など
を使ってユーザを「認証」
認証トークンを返す
外部
システム
58
#seccamp2021b3
サーバーレス
「Serverless」の本質 = 「サーバの抽象化」
<運用面>
フルマネージドサービスの活用
・FaaS
・Functional SaaS
<開発面>
イベントドリブンな
システムアーキテクチャ
・ナノサービス化
・疎結合化
59
#seccamp2021b3
Function as a Service
• 関数と呼ばれる小さなコードを動かすクラウドサービス
• 各社「サーバーレス」の中心人物
• AWS Lambda
• Azure Functions
• Google Cloud Functions
• アプリのプロセス起動・終了をクラウドに任せる
• ⇒ プロセス内にデータを保存することができない(Stateless)
• 「Stateless」という制約を受け入れることで、
「フルマネージド」というメリットが得られる
60
#seccamp2021b3
Function as a Service
• 「フルマネージドなPaaS」の発展系
• 利用者にとって「サーバ」という管理単位をなくしたい
• その筋のプロである「クラウド事業者」が、それぞれの方法で適切
に管理してくれる=フルマネージド
• 使う量(確保量)から使った量(使用量)へのシフト
• 事前に「台数」の確保が不要
• 短時間で起動し、必要なだけ拡張
• 実際の実行時間(たとえば100ms単位)で課金される

Recommended for you

SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365

2017-08-23 #SecHack365 博多回

cloudsecurityiot
Serverless book
Serverless bookServerless book
Serverless book

This document provides an overview of serverless technology and its key concepts. It begins by explaining the origins of serverless computing and how major cloud providers have promoted functions as a service (FaaS) through offerings like AWS Lambda. Serverless can be defined as either abstracting away servers through fully managed services or connecting event-driven components without a centralized application server. The document then discusses FaaS and functional SaaS services and how serverless architectures are implemented through loosely coupling these components using events. It provides examples of serverless application patterns and compares the FaaS offerings from various cloud vendors.

クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccampクラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp

2018-03-03 セキュリティ・ミニキャンプ in 四国 2018(徳島) 専門講義「クラウドではじめるリアルタイムデータ分析」

cloud
61
#seccamp2021b3
Function as a Service
• AWS Lambda
61
exports.handler = async event => {
return {
statusCode: 200,
body: ”Hello from Lambda!”,
}
};
62
#seccamp2021b3
Function as a Service
• AWS Lambda
62
exports.handler = async event => {
return {
statusCode: 200,
body: ”Hello from Lambda!”,
}
};
入力は引数eventとして渡ってくる。
eventの中身は、例えばHTTPリクエスト
の場合、Amazon API Gatewayという
別サービス側の設定に依存
63
#seccamp2021b3
Function as a Service
• Azure Functions
63
module.exports = async function (context, req) {
context.log('JavaScript HTTP trigger function processed a request.’);
if (req.query.name || (req.body && req.body.name)) {
context.res = {
// status: 200, /* Defaults to 200 */
body: "Hello " + (req.query.name || req.body.name)
};
} else {
context.res = {
status: 400,
body: "Please pass a name on the query string or in the request body"
};
}
};
64
#seccamp2021b3
Function as a Service
• Azure Functions
64
module.exports = async function (context, req) {
context.log('JavaScript HTTP trigger function processed a request.’);
if (req.query.name || (req.body && req.body.name)) {
context.res = {
// status: 200, /* Defaults to 200 */
body: "Hello " + (req.query.name || req.body.name)
};
} else {
context.res = {
status: 400,
body: "Please pass a name on the query string or in the request body"
};
}
};
HTTPリクエストであればreqに中身が入ってくる
ログは
context.log

Recommended for you

技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp

2018-01-12 #ssmjp 2018/01 LT祭り 技術系同人誌を書こう

ssmjp
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo

2017-11-03 ServerlessConf Tokyo 2017 LT 「サーバレスの薄い本」からの1年

serverless
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyoBluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo

2017-11-03 ServerlessConf Tokyo 2017 リンクが白色になってしまっていました。以下です。 https://exbeacon.where123.jp/faret/ https://exbeacon.where123.jp/docomocschiba/

serverlesscloudbluetooth
65
#seccamp2021b3
Function as a Service
• このように少しずつ関数のインターフェースが異なる
• けど、受け渡す内容はだいたい一緒
• 自前で抽象化レイヤーを挟んでおくのがよい
• 対応言語の壁もあるものの、標準化されて欲しい
• FaaSに関してベンダーロックインを怖がる必要はあまりない
65
66
#seccamp2021b3
Function as a Service
• Azure Functionsの入出力バインディング
• 関数を実行する「トリガー」と別に入出力を行う
• 例:
• トリガーの値を元にDBクエリ
• 関数の返り値を別のキューやDBに保存
• 単純な処理をより単純に実装可能
• 副作用の無い素直な「関数」として書ける
• そもそも保存処理やエラーハンドリングを自分で書かなくて良い
66
67
#seccamp2021b3
SaaS
• 様々な個別の機能を提供するクラウドサービス
• メール送受信
• データベース(PostgreSQL、MySQL、DynamoDB、etc.)
• オンメモリキャッシュ(Redis、memcached)
• メッセージキュー
• ID管理、認証基盤
• 監視、システムログ管理
• etc.
• クラウドによってきちんと設計されている
• スケーラビリティやセキュリティ
• クラウド毎の差異はここにある
• 「ベンダーロックイン」と捉えるか、
「自分に向いたものを選択できる」と捉えるか
68
#seccamp2021b3
AWSのサービスカタログ
2021-08-12時点

Recommended for you

IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレスIoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス

IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス @ CROSS 2017

technologycloudserverless
Serverless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevcServerless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevc

2017-07-25 Cloud Developers Circle #2 - Serverless Night - Serverless Architecture Overview https://cdevc.connpass.com/event/61296/

awsserverlesscloud
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug

2017-07-05 #soracomug LT ~BLE Mesh×クラウドの “裏” 見せます!!~ 細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介

awssoracomsoracomug
69
#seccamp2021b3
Azureのサービスカタログ
2021-08-12時点
70
#seccamp2021b3
NoSQLデータベースの例
• AWS DynamoDBやAzure CosmosDB
• 共通
• 性能を数値で指定して確保
• 「パーティションキー」で複数の物理サーバに分散される
• 更新された時にFaaSを起動(Streams / Change Feed)
• 違い
• DynamoDB:KVS的インターフェースのみ、ミニマム課金額小
• CosmosDB:SQLやグラフDB等複数のデータモデルに対応
71
#seccamp2021b3
NoSQLのデータ分散
• データ保存先を分散したい
• パーティションキーで振り分け
• 実際はハッシュ値など
Key:
1-10
Key:
11-20
Key:
21-30
Key:
31-40
Key:
41-50
72
#seccamp2021b3
NoSQLのデータ分散
• データ保存先を分散したい
• パーティションキーで振り分け
• 実際はハッシュ値など
• ホットスポット厳禁
Key:
1-10
Key:
11-20
Key:
21-30
Key:
31-40
Key:
41-50
Key:
15
Key:
15
Key:
15
Key:
15
Key:
15
Key:
15
Key:
11
負荷の
偏り

Recommended for you

AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjpAWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp

2017-06-30 #ssmjp AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない

awsserverless
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjpMastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp

20170529 #ssmjp mastodon Azure上でマネージドサービスを使って クラウドっぽくMastodonを動かしてみた話

azuremastodonssmjp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccampクラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp

クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016

securityseccampcloud
73
#seccamp2021b3
様々な「キュー」
• たとえばキュー
• AWSで3種類
• SQS、SNS、Kinesis Data Streams
• Azureで4種類
• Storageキュー、Service Bus、Event Hubs、Event Grid
• 特性が異なる
• メッセージキュー or Pub/Sub
• at-least-once or at-most-once or exactly-once
• 一件ずつ or 一度にまとめて取得
74
#seccamp2021b3
6 5 4 3 2 1
送信側
Producer
<メッセージキュー>
受信側のどれかに届く
受信側
Consumer
受信側
Consumer
受信側
Consumer
1
2
3
4
5
6
6 5 4 3 2 1
送信側
Publisher
<Pub/Sub>
受信側全員にすべてが届く
受信側
Subscriber
受信側
Subscriber
受信側
Subscriber
6 5 432 1
メッセージキューとPub/Sub
75
#seccamp2021b3
Functional SaaS
• キューも中身はデータベース
• スケーラビリティの確保も同じ
Kinesis Data Streams
Shard
Shard
Shard
Shard
パーティションキーで
別のShardに振り分け
76
#seccamp2021b3
Functional SaaS
• FaaSとの連携も様々
• 2種類の連携方法(ポーリングとプッシュ)
FaaS
定期的にポーリング
※関数がDBへのアクセス権限を持つ
FaaS
関数を呼び出し
※DBが関数の実行許可を持つ

Recommended for you

クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎

最新版はこちら ⇒ http://www.slideshare.net/nekoruri/20161126-cloud-security-aomori 2016-11-06 セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016 #seccamp

securityseccampcloud
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo

20161109 Serverless Meetup Tokyo 20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 薄い本電子版はこちら! https://gumroad.com/l/memotr201608

cloud computingazuregcp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjpSORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp

2016/09/16 #ssmjp 2016.09 SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム

awsiotsoracom
77
#seccamp2021b3
mobile BaaS
• たとえばmBaaS
• Google FirebaseやAWS Cognito
• モバイルアプリ向けの機能を一体化して提供
• 他のFacebookやTwitterと連携できるID基盤とか
• リアルタイムでスマホ側とクラウド側を同期するDBとか
• DB更新時にFaaS呼び出したりだとか
• ロックインリスクと開発効率どっちを取るのか?
• 当然ながらケースバイケース
• でもほとんどは開発効率では……?
開発効率の向上がある
段階を超えると、一から
再開発するコストがロッ
クインのリスクを下回っ
てしまうようになります。
このあたりは、例えばコ
ンテナなど移植性のあ
る技術を組み合わせる
ことで、うまくバランス
を取っていく設計力が
必要になるポイントです。
78
#seccamp2021b3
アプリケーションの実行モデル
• コンテナ
• アプリケーションの実行環境パッケージ
• 公開したポート番号で待ち受け
• 最近はKubernetesでオーケストレーション
• FaaS
• 関数としてプログラムを記述
• リクエストが来ると関数が呼ばれる
• SaaS
• クラウドが具体的な機能を提供
• これまでミドルウェアが担っていたような部品
79
#seccamp2021b3
おさらい:クラウドネイティブな設計とは
回復性
Resilient
管理力
Manageable
可観測性
Observable
様々な手法でこの3つがある疎結合システムを実現
そのために様々な技術を組み合わせていく
80
#seccamp2021b3
クラウドネイティブ技術とは
• CNCFにプロジェクトがある技術だけが
クラウドネイティブを実現するものではない
• CNCFは割とコンテナ技術に寄りがち
• サーバーレスはクラウドベンダー依存
どちらも実現したいこと
はクラウドネイティブな
システムであるとうのを
踏まえた上で、どのよう
な技術スタックを選択す
るかは、一種の「宗教」や
「投資」の側面があり、コ
ンテナにもサーバーレス
にも向いている場合、向
かない場合があります。
コンテナ サービスメッシュ マイクロサービス
イミュータブルインフラストラクチャー 宣言型API
CNCFの定義によるクラウドネイティブ技術群

Recommended for you

MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。

2024/07/05の勉強会で発表されたものです。

mysql
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール

Claude3.5Connetにて作成

2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ

【Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ】での資料です。

c#blazorlowcode
81
#seccamp2021b3
巨人の肩に乗ろう
• AWSアーキテクチャセンター
https://aws.amazon.com/jp/architecture/
• AWS Well-Architected フレームワーク
https://aws.amazon.com/jp/architecture/well-architected/
• Azureアーキテクチャセンター
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/
• Microsoft Azure Well-Architected Framework
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/framework/
• Google Cloud アーキテクチャ センター
https://cloud.google.com/architecture?hl=ja
• Google Cloudアーキテクチャフレームワーク
https://cloud.google.com/architecture/framework?hl=ja
82
#seccamp2021b3
アーキテクチャパターン(例)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/patterns/
83
#seccamp2021b3
技術の目利き力を養う
• サービスを提供するということ
• ソフトウェアを生み出しただけで技術的資産であり技術的負債
• 継続して運用されていかなければ価値がない
• どのような技術を選定するか
• 開発における品質・効率
• ライフサイクル
• 持続性のある開発体制
• 常にバランス感が問われる
• 新しすぎても課題が多い
• 枯れすぎても課題が多い
84
#seccamp2021b3
ソフトウェアの力で
世界を変えていこう

Recommended for you

論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior

Jianxiong Gao, Xuelin Qian, Yikai Wang, Tianjun Xiao, Tong He, Zheng Zhang, Yanwei Fu, "Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior" ICCV2023 https://openaccess.thecvf.com/content/ICCV2023/html/Gao_Coarse-to-Fine_Amodal_Segmentation_with_Shape_Prior_ICCV_2023_paper.html

内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦

ファーストリテイリングは服を通じて世界を変えていくことをミッションに掲げ、世界一の服屋を目指しています。世界最高水準のビジネスを支えるIT組織をつくるために、従来は外注が主体であったシステム開発・運用体制を内製化するとともに、日本中心の組織をグローバル化してきました。また、その組織を通じてデジタル変革を推進し、お客様体験と業務を変えてきました。その過程で得られた様々な成功体験と困難を基に得られた知見について話します。

agileglobal teamcloud
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話

タイトル通り、VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話です。

technologystartupinnovation

More Related Content

What's hot

【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
日本マイクロソフト株式会社
 
Relationship betweenddd and mvc
Relationship betweenddd and mvcRelationship betweenddd and mvc
Relationship betweenddd and mvc
Takao Tetsuro
 
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSMTech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
勇 黒沢
 
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
CASAREAL, Inc.
 
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure
Yuki Hattori
 
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
Yusuke Oi
 
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
TIS Inc.
 
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作).NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
Akira Hatsune
 
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
Kazuhiko Tsuchiya
 
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
Keiji Kamebuchi
 
祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要
Takekazu Omi
 
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Rie Moriguchi
 
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
SAKURA Internet Inc.
 
アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例
Shun Tsunoda
 
.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今
Yuki Igarashi
 
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
YusukeOtsuki
 
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについてマイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
Kazumi Hirose
 
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
日本マイクロソフト株式会社
 
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deploymentred-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
Tetsuya Sodo
 

What's hot (20)

【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
 
Relationship betweenddd and mvc
Relationship betweenddd and mvcRelationship betweenddd and mvc
Relationship betweenddd and mvc
 
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSMTech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
Tech Dojo 02/09 IBM Japan CSM
 
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
DevOpsに求められる様々な技術とその連携の学習方法
 
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
Dapr × Kubernetes ではじめるポータブルなマイクロサービス(CloudNative Days Tokyo 2020講演資料)
 
深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure深層学習 環境構築 Azure
深層学習 環境構築 Azure
 
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
新しく生まれ変わった Azure Log Analytics と Azure Security Center によるITインフラの分析と保護
 
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
Lagom で学ぶ Reactive Microservices Architecture @ 第3回Reactive System Meetup i...
 
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作).NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
.NET Micro Framework (プラレールと電子工作)
 
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
ウェブディレクターのための Web A11Y 勉強会 (Season 2) #01
 
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
C#ユーザー会 //build/ まとめ(サーバー編)
 
祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要祝GA、 Service Fabric 概要
祝GA、 Service Fabric 概要
 
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
Microsoft MVP/Regional Director x Microsoft Japan Digital Days #MSDD2021
 
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
さくらのクラウド サービス開発とデータセンター運用
 
アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例アジャイルプラクティス導入事例
アジャイルプラクティス導入事例
 
.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今
 
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
 
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについてマイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
マイクロソフトが進めるBlockchain as a Serviceについて
 
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
[Microsoft Ignite 2020] CON130 ハイライト振り返り - Japan Session
 
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deploymentred-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
red-hat-forum-2017-openshift-baremetal-deployment
 

Similar to クラウド時代のものづくり(分散アーキテクチャ時代におけるWebシステムの開発と運用) #seccamp

Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた
Tech Summit 2016
 
Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた
Tech Summit 2016
 
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
Akira Inoue
 
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
Yuto Takei
 
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
Saki Homma
 
Open Source x AI
Open Source x AIOpen Source x AI
Open Source x AI
Tsukasa Kato
 
Osc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI MeetupOsc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI Meetup
ru pic
 
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
Saki Homma
 
Dockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしDockerだけではないコンテナのはなし
Dockerだけではないコンテナのはなし
Katsunori Kanda
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
真吾 吉田
 
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
Akira Inoue
 
Amazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep diveAmazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon Web Services Japan
 
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azureA 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
GoAzure
 
インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccampインフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
Masahiro NAKAYAMA
 
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
さくらインターネット株式会社
 
Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要
Miho Yamamoto
 
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
Tomoharu ASAMI
 
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
Akira Inoue
 
PHP on Windows Azure
PHP on Windows AzurePHP on Windows Azure
PHP on Windows Azure
Microsoft
 

Similar to クラウド時代のものづくり(分散アーキテクチャ時代におけるWebシステムの開発と運用) #seccamp (20)

Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた
 
Cld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなたCld018 コンテナ go_~あなた
Cld018 コンテナ go_~あなた
 
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
~ Build と言えば やっぱり Developer! ~ Microsoft 開発ツール最新アップデート
 
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
 
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
はじめてのAzure Web App for Containers! -コンテナの基礎から DevOps 環境の構築まで-
 
Open Source x AI
Open Source x AIOpen Source x AI
Open Source x AI
 
Osc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI MeetupOsc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI Meetup
 
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
実践 Web App for Containers! ~コンテナ開発の基礎からDevOps環境の構築まで~
 
Dockerだけではないコンテナのはなし
DockerだけではないコンテナのはなしDockerだけではないコンテナのはなし
Dockerだけではないコンテナのはなし
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
 
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
.NET Core と Docker コンテナー、そして Azure を使用したマイクロサービスのアーキテクチャ
 
Amazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep diveAmazon EC2 Container Service Deep dive
Amazon EC2 Container Service Deep dive
 
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azureA 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
 
インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccampインフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
インフラセキュリティブートキャンプ #seccamp
 
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
Dockerホスティング「Arukas」について(「さくらインターネット」のDockerホスティング「Arukas」と「Docker Machine」ドラ...
 
Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要Azure Antenna AI 概要
Azure Antenna AI 概要
 
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
実装(1) 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第30回】
 
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
本格化するクラウド ネイティブに向けて進化する開発プラットフォームと .NET
 
PHP on Windows Azure
PHP on Windows AzurePHP on Windows Azure
PHP on Windows Azure
 
PHP on Windows Azure
PHP on Windows AzurePHP on Windows Azure
PHP on Windows Azure
 

More from Masahiro NAKAYAMA

めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjpめもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
Masahiro NAKAYAMA
 
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
Masahiro NAKAYAMA
 
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjpクラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
Masahiro NAKAYAMA
 
Serverless book
Serverless bookServerless book
Serverless book
Masahiro NAKAYAMA
 
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccampクラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
Masahiro NAKAYAMA
 
技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyoBluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレスIoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
Masahiro NAKAYAMA
 
Serverless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevcServerless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevc
Masahiro NAKAYAMA
 
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
Masahiro NAKAYAMA
 
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjpAWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjpMastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccampクラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
Masahiro NAKAYAMA
 
クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎
Masahiro NAKAYAMA
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjpSORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
Masahiro NAKAYAMA
 

More from Masahiro NAKAYAMA (20)

めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjpめもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
めもおきば新刊のお知らせ サーバーレスでHelloWorldする25の方法 #ssmjp
 
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
#ServerlessDays Tokyo 2019 「サーバーレス」な同人誌の紹介
 
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
#ssmjp 2018/12 技術系同人誌を手に入れよう
 
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
FaaSのインターフェースに見るサーバーレス #serverlessconf #serverlesstokyo
 
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjpクラウドでハンズオンする話 #ssmjp
クラウドでハンズオンする話 #ssmjp
 
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
SORACOMでデータ上げてクラウドで分析・可視化するハンズオン #SecHack365
 
Serverless book
Serverless bookServerless book
Serverless book
 
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccampクラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
クラウドではじめるリアルタイムデータ分析 #seccamp
 
技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp技術系同人誌を書こう #ssmjp
技術系同人誌を書こう #ssmjp
 
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
「サーバレスの薄い本」からの1年 #serverlesstokyo
 
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyoBluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
BluetoothメッシュによるIoTシステムを支えるサーバーレス技術 #serverlesstokyo
 
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレスIoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
IoT(Bluetooth mesh) × サーバーレス
 
Serverless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevcServerless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevc
 
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
細かすぎて伝わらないSORACOM Funnelのオプション紹介 #soracomug
 
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjpAWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
AWS LambdaとDynamoDBがこんなにツライはずがない #ssmjp
 
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjpMastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
Mastdonインスタンス立ててみた in Azure #ssmjp
 
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccampクラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
クラウドセキュリティ基礎 @セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2016 #seccamp
 
クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎クラウドセキュリティ基礎
クラウドセキュリティ基礎
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
 
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjpSORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
SORACOM Funnelで手抜きIoTプラットフォーム #ssmjp
 

Recently uploaded

MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
Tatsuya Ishikawa
 
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
Toru Tamaki
 
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
Fast Retailing Co., Ltd.
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
company21
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
Tetsuya Nihonmatsu
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 

Recently uploaded (9)

MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
 
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
論文紹介:Coarse-to-Fine Amodal Segmentation with Shape Prior
 
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
内製化 × グローバル化を通じた 世界水準の IT 組織づくり - ファーストリテイリング・デジタル変革の挑戦
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 

クラウド時代のものづくり(分散アーキテクチャ時代におけるWebシステムの開発と運用) #seccamp