SlideShare a Scribd company logo
オープンデータを使って地図を作ろう
QGIS活用講座(初級編)
2017.09.15 (Fri)
© 朝日航洋株式会社
FOSS4G 2017 Tokyo ハンズオン
配布データ
1. goo.gl/btqm8k にアクセス
2. data.zip をダウンロード
© 朝日航洋株式会社 2
プログラム
• 準備
– ネット接続設定
– 実習データダウンロード…
• 10:10-10:20 はじめに
• 10:20-11:00 基礎編
• 11:10-12:10 課題解決編
• 12:20-12:40 オープンデータの再利用
• 12:40-13:00 質疑応答
© 朝日航洋株式会社 3
1. はじめに
「オープンデータとGIS」
© 朝日航洋株式会社 4
オープンデータとは?
電子行政オープンデータ戦略によると
• 定義
– 機械判読に適したデータ形式で
– 二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ
• 意義・目的
– 透明性・信頼性の向上
– 国民参加・官民協働の推進
– 経済の活性化・行政の効率化
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisa
ku/ictriyou/opendata/opendata01.htmlより
© 朝日航洋株式会社 5
行政がオープンデータを提供し始めた
http://fukuno.jig.jp/2013/opendatamap より引用
© 朝日航洋株式会社 6
公開から活用へ
• これまではオープンデータを提供する
ことに力を入れてきた
• これからはオープンデータを活用し
課題解決へ
– オープンデータ2.0
• 官民一体となったデータ流通の促進
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/opendata2/data_sokushin.pdf
– 官民データ活用推進基本法
© 朝日航洋株式会社 7
データカタログサイトとは
• 2次利用できるオープンデータを検索・利用
しやすくしたWebサイト
– CKANを利用した事例が多い
代表的なサイト
http://www.data.go.jp/ https://www.geospatial.jp/
© 朝日航洋株式会社 8
• http://opendata-
portal.metro.tokyo.jp/www/index.html
© 朝日航洋株式会社 9
【紹介】東京都オープンデータを見てみる
【紹介】東京都オープンデータを見てみる
• これらのデータをどうやって活用する?
© 朝日航洋株式会社 10
 https://creativecommons.jp/licenses/ 参照
© 朝日航洋株式会社 11
【紹介】東京都オープンデータを見てみる
例えば…
まずはどんなデータか文字や数字を
眺めてみる
↓
これらをわかりやすくするにはデータを
可視化(絵に)するのがよいかも
↓
世の中のデータの多くは、地図に
関連付けられる
↓
だったら地理情報システム(GIS)を
使ってみよう!
© 朝日航洋株式会社 12
• これだけでも役に立ちそうだけど…
© 朝日航洋株式会社 13
【紹介】東京都オープンデータを見てみる
• わかりやすくなったがもっと何かできないか!?
© 朝日航洋株式会社 14
【紹介】東京都オープンデータを見てみる
そこで
© 朝日航洋株式会社 15
GISとは
• 地理情報システム
(Geographic Information System)
• 地理情報および付加情報をコンピュータ上で
作成・保存・利用・管理・表示・検索するシステム
– 科学的調査、土地、施設や道路
などの地理情報の管理、都市計
画などに利用
– コンピュータの発展にともなっ
て膨大なデータの扱いが容易に
なり、(省略) 従来の紙面上の地
図では実現不可能であった高度
な利用が可能になってきている
(ウィキペディアより引用)
© 朝日航洋株式会社 16
QGIS とは
オープンソースの
ソースコードを公開していること
デスクトップGISソフト
各PCにインストールして使うGIS
© 朝日航洋株式会社 17
オープンソースのメリット
ライセンス費用がかからない
無料で使用できるので,誰でもどこでも使える
問題の発見、解決を行いやすい
ソースコードを見ることができるため、ソフトを利用
する人がバグを修正することができる。
動作を確認できる
ブラックボックスではないので、どのような処理を
行っているかを確認できる。
ソフトウェアの機能追加が可能
ソースコードを修正して自分が使いやすいように変更
することができる。
© 朝日航洋株式会社 18
オープンソースのデメリット
マニュアル等の情報が少ない
– 日本語化が遅れがちである。
– 実は便利な機能があるのにもかかわらず、その存在を
知らない、あるいはその使い方がわからない。
問題が発生したときに誰も責任を取らない
– 利用者の責任において利用するので、何か問題が生
じてもその責任を提供者に問えない。
• ただし、商用のソフトウェアでも使用条件をよく読むと、
同じようなことが書かれている場合が多い。
傾向として、2バイト文字(日本語)に起因する
障害が多い
© 朝日航洋株式会社 19
QGIS(旧名Quantum GIS)
• 特徴
– 多くの人が考える「GIS」ソフトウェアにもっとも近いもの
– 使いやすいグラフィカル・インターフェイス(GUI)をもち、
Windows、Mac、Linux等さまざまな環境で動作する
– ベクタ形式(shapeやKMLなど)、ラスタ形式(GeoTiffなど)の
ファイルの読み書きが可能
– 日本独自の平面直角座標系を含め多くの測地系にも対応
– メニューのほとんどが日本語化済み
– 初めてGISを使おうとする人はもちろん、今までGISを使っていて、そ
のデータを利用しつつ乗り換えようという人にも最適な製品
• 主な機能
– データの表示
– データの検索と地図の作成
– データの作成、編集、管理と変換
– データ解析
– プラグインを使った機能拡張
– インターネット上の地図データの表示
© 朝日航洋株式会社 20
QGISの歴史
© 朝日航洋株式会社 21
QGISと連携するツール等
© 朝日航洋株式会社 22
QGISリリース予定
© 朝日航洋株式会社 23
QGIS次期バージョン
© 朝日航洋株式会社 24
朝日航洋は QGIS のスポンサーです
シルバースポンサーとして、
• 世界的なQGIS開発コミュニティ活動を支援
• 国内における「QGIS」の普及に貢献
https://www.aeroasahi.co.jp/news/detail.php?id=103
© 朝日航洋株式会社 25
2. 基礎編
「品川区の人口マップを
つくろう」
© 朝日航洋株式会社 26
【実習2-0】QGIS Desktop を起動
✖ Browser
© 朝日航洋株式会社 27
QGIS の画面構成
© 朝日航洋株式会社 28
メニューバー
ツールバー
パ
ネ
ル
マップビュー
ステータスバーツールバー
ツールバー
よく使うメニューを表示
– 右クリックで表示するものを選択できる
– 移動させて、順序も変えられる
使わないものは消して表示領域を大きく
– メニュー「ビュー」「パネル」のチェックボックスで
表示・非表示
© 朝日航洋株式会社 29
レイヤ管理ツールバー
ツールバーの制御は、メニュー「ビュー」「ツールバー」のチェック
ボックスで表示・非表示を設定
ベクタレイヤ
の追加
新しいベクターレイヤの追加
新規GPX
レイヤ作成
ラスタレイヤ
の追加
デリミテッドテキスト
レイヤの追加
Web Mapレイヤ
の追加
OGRサポート外
ベクタレイヤを追加
仮想レイヤの追加
© 朝日航洋株式会社 30
地図ナビゲーションツールバー
地図移動
拡大
縮小
全域表示
選択領域にズーム
レイヤ領域にズーム
直前の表示領域へ
ズーム
次の表示領域へ
ズーム
リフレッシュ
ピンチ操作
(タッチパネル
用)
選択領域に地図をパン
ネイティブピクセル
解像度にズーム
新しいブックマーク
ブックマーク一覧
© 朝日航洋株式会社 31
属性ツールバー
地物情報表示
条件を使った
地物選択
全てのレイヤから
地物選択解除
属性テーブル
を開く
線の長さを測る
マップチップス
文字注記
フィールド計算機
を開く
地物の選択
地物アクション
の実行
統計の要約を表示する
© 朝日航洋株式会社 32
【実習2-1】GIS の作業を始める
© 朝日航洋株式会社 33
GIS を始める流れ
1. フォルダの準備
↓
2. QGISを起動
↓
3. 座標系の設定
↓
4. プロジェクトファイルの保存
© 朝日航洋株式会社 34
1. フォルダの準備
エクスプローラ / Finder で
以下のようなフォルダ構成を作る(例)
✖日本語
C:/qgis_syokyu/
├ vector/ … ベクタデータを入れる
└ print/ …印刷用に作った画像を入れる
© 朝日航洋株式会社 35
GIS を始める流れ
1. フォルダの準備
↓
2. QGISを起動
↓
3. 座標系の設定
↓
4. プロジェクトファイルの保存
© 朝日航洋株式会社 36
3. 座標系の設定
1. 右下の EPSG:**** をクリック
2. ‘オンザフライ’ CRS変換(OTF)を有効にす
るにチェック
3. JGD2000 平面直角座標系 9系を選ぶ
1. フィルターの欄に JGD2000 と入力し、絞り込み
2. JGD2000 / Japan Plane Rectangular CS IX
(EPSG:2451)を選択
3. OK
© 朝日航洋株式会社 37
3. 座標系の設定
← フィルターに
「jgd2000」と入れ
下の欄の座標系
候補を絞り込む
← JGD2000/
Japan Plane Rect
angular CS IX
© 朝日航洋株式会社 38
最近使った座標系一覧
座標系とは(簡易説明ver.)
地球上の位置を定めるための
2つのルールの組み合わせのこと
地理座標系
緯度経度の測り方
かける
×
投影座標系
地球を平面にする方法
WGS 84 UTM座標系
JGD2000
(日本測地系2000
平面直角座標系
JGD2011
(日本測地系2011)
投影しない
(緯度経度のまま)
ほ
ぼ
一
緒
© 朝日航洋株式会社 39
このプロジェクト
ファイルは
JGD2000 UTM54
が設定されています
このデータは
WGS 84で
記録されました
JGD2000 平面直角座標系IXで
つくられました
このデータは
40
プロジェクトファイルとデータが正しく
定義されることで、正しく重ねられる
© 朝日航洋株式会社
プロジェクトファイルの座標系の選び方
• 持っているデータの座標系に合わせる
• 地理座標系はJGD2000(or JGD2011)
投影座標系は対象地域が含まれる短冊を選ぶ ↓
UTM座標系
(wikipedia)
平面直角座標系
(http://atmsp.aisantec.com/atmspark/
modules/info_m2/index.php?id=51)
「わかりやすい
平面直角座標系」
で検索
© 朝日航洋株式会社 41
GIS を始める流れ
1. フォルダの準備
↓
2. QGISを起動
↓
3. 座標系の設定
↓
4. プロジェクトファイルの保存
© 朝日航洋株式会社 42
4. プロジェクトファイルの保存
プロジェクト ▶ 名前を付けて保存
qgis_syokyu/
├ vector/
├ print/
└ qgis_syokyu.qgs
これで、データを入れていくための「枠」を
作成できました。GISの作業の準備完了です!
© 朝日航洋株式会社 43
【実習2-2】データの追加
© 朝日航洋株式会社 44
1. データの取得
1. goo.gl/btqm8k にアクセス
2. data.zip をダウンロード
3. h27ka13109 という名前の4つのファイルを
先ほど作った vectorフォルダに入れる
データ出典:「平成27年国勢調査(小地域)」(総務省)
© 朝日航洋株式会社 45
1. データの取得(自分でダウンロードする場合)
国勢調査データをダウンロード
1. ブラウザで「統計GIS」と検索
2. e-stat.go.jp にアクセス
3. 地図で見る統計(統計GIS)
4. データダウンロード
5. 調査名▼ を 国勢調査 にする
6. 平成22年国勢調査(小地域)
7. 男女別人口総数及び世帯総数にチェック
8. 「統計表各種ダウンロード」ボタン
9. 東京都、品川区 で「検索」
10. 境界データの2つめ、世界測地系平面直角座標系・Shape
形式 品川区 をダウンロード
© 朝日航洋株式会社 46
shp ファイルとは
• 読み:シェープファイル
• GIS の代表的なベクタデータ形式
• 複数の同じ名前のファイルで構成される
– ファイル移動するときは全部一緒に移動すること
© 朝日航洋株式会社 47
GISのデータの種類
ベクタデータ ┬ shp ファイル
├ gpx ファイル
├ KML
├ geojson
└ ︙
ラスタデータ ┬ GeoTIFF ファイル
├ ワールドファイル付き
│ 画像ファイル(jpg, png 等)
├ img ファイル
└ ︙
© 朝日航洋株式会社 48
2. データの追加
h27ka13109.shp を QGIS の画面にドラッグ
してデータを追加する。
© 朝日航洋株式会社 49
データをフォルダに移してから
QGIS に入れるわけ
プロジェクトファイルは
「データをどこから読み込ん
だか」を保存する (相対パス)
– データそのものは保存され
ない
– データを移動したり削除す
ると、プロジェクトファイ
ルから読み込めなくなる
→ 管理しやすいように データの格納場所を決める
© 朝日航洋株式会社 50
【実習2-3】データの操作
© 朝日航洋株式会社 51
ツールバーを使ってみる
地図移動
拡大
縮小
全域表示
選択領域にズーム
レイヤ領域にズーム
直前の表示領域へ
ズーム
次の表示領域へ
ズーム
リフレッシュ
ピンチ操作
(タッチパネル
用)
選択領域に地図をパン
ネイティブピクセル
解像度にズーム
新しいブックマーク
ブックマーク一覧
© 朝日航洋株式会社 52
※ どこを表示しているかわからなくなったら、全域表示
属性テーブルの表示
レイヤ名(h27ka13109)を右クリック
▶ 属性テーブルを開く
• フィーチャ(地物)
と属性のレコード
が対応している
ことがわかる
© 朝日航洋株式会社 53
属性とは
• GIS データが持っている情報のこと
• GISは属性を使って地図の見た目を変えられる
– 例1:「名前」の属性が○○は赤、△△は黄色
– 例2:「人口」の属性が多いほど濃い色
• 属性があると検索できる
– 属性から場所を調べる
– 場所から属性を調べる
• 属性として情報を保存できる
• 属性(名) = フィールド(名) = カラム
© 朝日航洋株式会社 54
見た目の設定 - 1
カテゴリで色分けする
• 右クリック ▶ プロパティ ▶ スタイル ▶
分類された ▶ カラム:MOJI ▶ 分類 ▶ 適用
人口の多さを 階級の色 で表現する
• 右クリック ▶ プロパティ ▶ スタイル ▶
段階に分けられた ▶ カラム:JINKO ▶
分類 ▶ 適用
– 色階調、分類数、モードを変えてみる
© 朝日航洋株式会社 55
© 朝日航洋株式会社 56
階級(分位)で色分け ▶
(階級区分図 / コロプレス図)
◀ カテゴリで色分け
(Dasymetric Map)
見た目の設定 - 2
ラベル表示(フィーチャの属性を注記として表示)
• 右クリック ▶ プロパティ ▶ ラベル ▶
ラベルなし→このレイヤのラベル表示 ▶
ラベル:MOJI ▶ OK
– お好みでバッファをつける
© 朝日航洋株式会社 57
© 朝日航洋株式会社 58
【実習2-4】web配信地図を使う
© 朝日航洋株式会社 59
web配信地図を使う流れ
ネットワーク設定
↓
web配信地図を登録
↓
web配信地図をプロジェクトに追加
© 朝日航洋株式会社 60
ネットワーク設定
プロキシを使用している環境で、プラグインのイン
ストールやインターネットを使った機能を使うため
に必要な設定
設定 ▶ オプション ▶ ネットワーク
インターネット接続環境に応じ
て設定してください。
© 朝日航洋株式会社 61
web配信地図を使う流れ
ネットワーク設定
↓
web配信地図を登録
↓
web配信地図をプロジェクトに追加
© 朝日航洋株式会社 62
地理院地図 を登録
国土地理院が web 配信している
地理院地図 (淡色地図) を QGIS に登録する
© 朝日航洋株式会社 63
1. ブラウザパネルの「Tile Server (XYZ)」を
右クリック ▶ New Connection
2. ブラウザで「地理院タイル 一覧」と検索
3. maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html
にアクセス
4. 淡色地図のURLをコピー(「URL:」はコピーしない)
© 朝日航洋株式会社 64
5. ダイアログボックスにペーストしてOK
6. タイルレイヤの名前を聞かれる
ので「淡色地図」と入れてOK
© 朝日航洋株式会社 65
web配信地図を使う流れ
ネットワーク設定
↓
web配信地図を登録
↓
web配信地図をプロジェクトに追加
© 朝日航洋株式会社 66
一
度
設
定
す
れ
ば
次
回
は
し
な
く
て
大
丈
夫
で
す
淡色地図をプロジェクトに追加
• ブラウザパネルに登録さ
れた「淡色地図」をダブ
ルクリックしてレイヤと
して追加する
※ どこを表示しているかわからなく
なったら、表示したいレイヤ名を
右クリック ▶ レイヤの領域
ズームする
© 朝日航洋株式会社 67
レイヤの表示順序を変える
• レイヤパネルの下から順に表示するため、
先に表示したレイヤが後から表示するレイ
ヤの下に隠れてしまう…
 表示順序を変える
表
示
順
序
© 朝日航洋株式会社 68
見た目の設定 - 3
レイヤの透過:
下のレイヤが見えるよう半透明にする
• h27ka13109のレイヤ名を右クリック ▶
プロパティ ▶ スタイル ▶ レイヤ透過性を
30 ~ 40 くらいにする
© 朝日航洋株式会社 69
© 朝日航洋株式会社 70
検索機能
• 属性テーブルを開く ▶
左下の「全ての地物を表示する」→
フィールドフィルター ▶ MOJI ▶
横の欄に「大崎」と記入して Enter
© 朝日航洋株式会社 71
• 左上の空白部分をクリッ
クすると、検索結果を選
択できる ▶ ビュー ▶ 選
択部分にズーム
最後に選択を解除する
選択を解除するボタンをクリック
(どちらのツールバーからでもよい)
全ての地物を表示するに
戻しておくとよい
© 朝日航洋株式会社 72
画像出力(簡易版)
スケールバーの表示
• ビュー ▶ 地図装飾 ▶ スケールバー ▶
チェックを入れてOK
方位記号の表示
• ビュー ▶ 地図装飾 ▶ 方位記号 ▶
チェックを入れてOK
画像出力
• 画像出力したい範囲を表示させて、
プロジェクト▶画像として保存
© 朝日航洋株式会社 73
© 朝日航洋株式会社 74
3. 課題解決編
「品川区の交通事故地点を
解析する」
データ配布
– koutsujiko.csv
– osm_shadou.shp(前の shp と同様に追加)
© 朝日航洋株式会社 75
csvファイル
• カンマ区切りファイル
• 表形式のもっとも単純な形式
– オープンデータの一般的な形式の一つ
• koutsujiko.csv を Excel or メモ帳で
開いてみる
データ出典:品川区 ヒヤリハットマップ情報(H27負傷事故データ、H26
負傷事故データ、H27死亡事故データ、H26死亡事故データ)をもとに作成
© 朝日航洋株式会社 76
デリミティッドテキストレイヤの追加
• レイヤ ▶ レイヤの追加 ▶
デリミティッドテキストレイヤの追加
• ファイル名:koutsuujiko.csv
• エンコーディング:Shift-JIS
• Xフィールド:keido
• Yフィールド:ido
• 座標系:JGD2000(EPSG:4612)
© 朝日航洋株式会社 77
© 朝日航洋株式会社 78
ベクタデータの種類
ベクタデータ ┬ ポイント(点)
├ ライン (線)
└ ポリゴン(面)
引用:https://en.wikipedia.org/wiki/File:GIS_PointsLinesPolygons.PNG
© 朝日航洋株式会社 79
【実習3-1】
データを感覚的にとらえる
© 朝日航洋株式会社 80
ヒートマップ表示
ポイントの多さを 色の強弱 で表現する
• koutsujiko を右クリック ▶ プロパティ ▶
スタイル ▶ ヒートマップ ▶
(好きな色合いにする)▶ OK
下のレイヤが見えるようにする
• プロパティ ▶ スタイル ▶ レイヤ混合
モード:乗算 ▶ OK
© 朝日航洋株式会社 81
© 朝日航洋株式会社 82
※ h27ka は非表示にしたところ
【実習3-2】空間解析
目的:道路種別ごとの交通事故数を調べる
→ 道路の区分(fclass)ごとに、道路線から
左右5mの幅に位置する交通事故地点数を数える
© 朝日航洋株式会社 83
道路データの説明-1
• データ出典:OSMをもとに作成
(http://download.geofabrik.de/ より取得し、融合)
• OpenStreetMap(OSM)
– 地理情報データを誰でも利用できるよう、
フリーの地理情報データを作成することを目
的としたプロジェクト
– 誰でも自由に参加して、編集でき、
誰でも自由に利用する事が出来る。
© 朝日航洋株式会社 84
道路データの説明-2
• 属性 fclass(復習:カテゴリで色分け)
–motorway:自動車専用道路
–trunk:国道
–primary:主要地方道
–secondary:一般地方道
–tertiary:一般道(2車線以上)
–unclassified:一般道(2車線未満)
http://wiki.openstreetmap.org/wiki
/Japan_tagging(「OSM 道路」で検索)
© 朝日航洋株式会社 85
空間解析の流れ
バッファを作成
↓
座標系を合わせる
↓
地点数を数える
↓
表として出力
© 朝日航洋株式会社 86
道路から 5m のバッファの作成
• バッファ:指定距離の範囲を求める
1.空間解析の前に選択解除
2.ベクタ ▶ 空間演算ツール ▶ 固定距離バッファ
– 入力レイヤ:osm_shadou
– 距離:5(m)
– 線分列:5(そのまま)
– □結果を融合する はチェックしない
– 設定できたら[Run]
© 朝日航洋株式会社 87
© 朝日航洋株式会社 88
空間解析の流れ
バッファを作成
↓
座標系を合わせる
↓
地点数を数える
↓
表として出力
© 朝日航洋株式会社 89
2つのデータの座標系を合わせる
• 多くの空間解析は、使うデータの座標系が
同じでないとうまくいかないため、
座標変換して合わせます。
• バッファ :JGD2000 平面直角9系 (2451)
• koutsujiko :JGD2000 (4612)
↓
JGD2000 平面直角9系 (2451)
© 朝日航洋株式会社 90
• koutsujiko のレイヤ名の上で右クリック ▶
名前をつけて保存する ▶
– 形式:ESRI Shapefile
– File name:ブラウズボタンから shp フォルダ
を指定して koutsujiko_2451.shp として 保存
– CRS:EPSG : 2451
– エンコーディング:Shift-JIS
– OK
© 朝日航洋株式会社 91
データの座標変換
空間解析 の流れ
バッファを作成
↓
座標系を合わせる
↓
地点数を数える
↓
表として出力
© 朝日航洋株式会社 92
地点数を数える
• 空間解析の前に選択解除
• ベクタ ▶ 解析ツール ▶ ポリゴン内のポイント数
– ポリゴン: バッファ (2451)
– 点:koutsuujiko_2451(2451)
– 設定できたら[Run]
※ 解析ツール がない場合は、プラグイン ▶ プラグインの管理と
インストール ▶ インストール済み ▶ Processing を ON にする
(ON になっている人は OFF/ON する)
• カウント というレイヤを名前をつけて保存
例:dorokubun_jikosu.shp
※ 解析結果のレイヤはテンポラリレイヤなので、保存しないと
プロジェクトファイルを閉じたときに消えてしまいます。
© 朝日航洋株式会社 93
© 朝日航洋株式会社 94
一番右に列が
追加されている▼
空間解析 の流れ
バッファを作成
↓
座標系を合わせる
↓
地点数を数える
↓
表として出力
© 朝日航洋株式会社 95
数えた結果を表として出力
• dorokubun_jikosu を右クリック
▶ 名前をつけて保存する
– 形式:カンマで区切られた値[CSV]
– File name:ブラウズボタンから 名前を指定
– エンコーディング:Shift_JIS(Excel で使う人)
– ジオメトリタイプ:ジオメトリなし
– OK
→ 交通事故地点と道路種別という別の情報を
組み合わせ、結果の表を作ることができました。
© 朝日航洋株式会社 96
© 朝日航洋株式会社 97
Excel で開いたところ
課題解決のための さらなる解析の例
• 一般道(2車線未満)の道の交通事故が多い
のは、単にこの区分の道が多いからでは?
– たとえば、集計した値を道の長さの合計で
割ってみる(単位m当たりの事故数)
• 他の要因は?
– 制限速度との関係はある?
– どんな土地利用のところが多い?
– 学校からの近さは?
© 朝日航洋株式会社 98
4. オープンデータの再利用
「QGIS から効率よく使おう」
© 朝日航洋株式会社 99
方法1:それぞれダウンロードして使う
QGISなら、全員の PC にインストールして
もコストがかからない!
デメリット:
組織内に同じデータが複数存在してしまう。
© 朝日航洋株式会社 100
方法2:サーバに置く
デメリット:
カタログサイトのデータが更新したときに、
差し替えの作業が必要になる。
© 朝日航洋株式会社 101
実は、QGISに直接データを読み込める!
方法3:オープンデータをカタログ
サイトから直接使う
© 朝日航洋株式会社 102
カタログサイト QGIS
いつでも気軽に最新データを利用できる
QGIS プラグイン「CKANブラウザ」
© 朝日航洋株式会社 103
プラグインの追加
• プラグイン ▶ プラグインの管理とインストール
▶ 検索:の欄に「ckan」と入力 ▶
CKAN-Browser ▶ プラグインをインストール
© 朝日航洋株式会社 104
CKANブラウザに東京都オープン
データのサイトを設定
• プラグイン ▶
Open Data (CKAN) Browser ▶ 設定
– 設定されているオープンデータサーバ:
http://opendata-
catalogue.metro.tokyo.jp/api/3/
– キャッシュディレクトリ:
「temp」フォルダを作成して[...]で指定
– 設定できたら[保存]
• CKANブラウザが英語表記のときは、QGISを再起動すると
日本語表記にできるかもしれません
© 朝日航洋株式会社 105
• プラグイン ▶ Open Data (CKAN) Browser ▶
Open Data (CKAN) Browser
• Wi-Fi マップ
– ☑観光 ▶ 検索 ▶ FREE Wi-Fi & TOKYO スポット
情報 ▶ ☑CSV ▶ データのロード
– Xフィールド:経度、Yフィールド:緯度
– プレビューが文字化けしてたら
エンコーディング:Shift-JIS
• 品川区交通事故地点
– 検索語:shp ▶ 検索 ▶ ヒヤリハットマップ情報 ▶
負傷・死亡事故(計4つ選択)▶
データのロード
© 朝日航洋株式会社 106
© 朝日航洋株式会社 107
Wi-Fi マップの追加
質疑応答 など
© 朝日航洋株式会社 108
参考 Webサイト
• QGIS マニュアル(一部、日本語)
– http://qgis.org/ja/docs/index.html
• GISオープン教材(試験公開版)
– https://gis-oer.github.io/gitbook/book/
• QGISリンク集
– 「QGISリンク集」で検索
• QGIS使用ノウハウ紹介
– QGIS初心者質問グループ
• https://groups.google.com/forum/#!forum/qgisshitumon01
– QGIS学習ノート(大阪大学・助教 浪江彰彦氏)
• http://na-mii.com/gis/qgis01/
– QGIS逆引き辞書
• https://sites.google.com/site/qgismemo/
© 朝日航洋株式会社 109
参考図書
• オープンデータ+QGIS「統計・防災・環境情報がひ
と目でわかる地図の作り方」
– 朝日孝輔、大友翔一、水谷貴之、山手規裕 著、技術評
論社、3,500円(税別)
• 業務で使う林業QGIS徹底使いこなしガイド
– 喜多耕一著、全国林業改良普及協会、5,832円(税込)
• QGISの基本と防災活用
– 橋本雄一編、古今書院、2,700円(税別)
• QGIS入門 第2版
– 今木洋大、岡安利治編著、古今書院、3,300円(税別)
© 朝日航洋株式会社 110
その他の 参考 Webページ
• FaceBook QGIS User Group Japan
– https://www.facebook.com/groups/1270223339681777/
• OSGeo財団日本支部
– http://www.osgeo.jp/
– 過去の質問を探すと、問題が解決するかもしれません
• FaceBook自治体GIS推進グループ
– https://www.facebook.com/groups/JLGGIS/
– FaceBook内で自治体におけるGIS利用についての情報交換をしている
グループ。QGISの自治体等での利用例の投稿もあり
• 地理情報システム学会 FOSS4G分科会
– https://sites.google.com/site/foss4gsig/
– 地理情報システム学会内でオープンソースGISについて情報交換している
分科会。GIS学会会員以外でも参加可
• QGIS Issue Tracking
– http://hub.qgis.org/
– QGISのバグ報告、改良要望登録システム
© 朝日航洋株式会社 111
宣伝 
QGIS 活用講座(印刷編)
1. プリントコンポーザの基本機能
2. 報告書で使う地図を作る
3. 地図帳機能で複数の地域の地図を一括作成する
日時:2017.10.20(金)13:30 - 17:30(4時間)
場所:東京都豊島区東池袋4-21-6 第3キンズメンビル5階
朝日航洋 東池袋オフィス
申込ページ:「QGISについて学ぶ会」で検索
© 朝日航洋株式会社 112

More Related Content

What's hot

QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
Yoh Fukuda
 
07QGISで遺跡立地分析
07QGISで遺跡立地分析07QGISで遺跡立地分析
07QGISで遺跡立地分析
Junpei Ishii
 
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
Kazutaka ishizaki
 
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編Inoshachu, NPO
 
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
Junpei Ishii
 
QGISで河川縦断図
QGISで河川縦断図QGISで河川縦断図
QGISで河川縦断図
Mayumit
 
Qgisを考古学で使う
Qgisを考古学で使うQgisを考古学で使う
Qgisを考古学で使うJunpei Ishii
 
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法についてオープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
Ryousuke Wayama
 
QGIS はじめてのラスタ解析
QGIS はじめてのラスタ解析QGIS はじめてのラスタ解析
QGIS はじめてのラスタ解析
Mayumit
 
Quantum gis研修
Quantum gis研修Quantum gis研修
Quantum gis研修
Takayuki Tokunaga
 
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
IWASAKI NOBUSUKE
 
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
IWASAKI NOBUSUKE
 
QGISを森林GISとして使うために
QGISを森林GISとして使うためにQGISを森林GISとして使うために
QGISを森林GISとして使うために
Kouichi Kita
 
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化についてCesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
Ryousuke Wayama
 
CS立体図を自作して公開してみた
CS立体図を自作して公開してみたCS立体図を自作して公開してみた
CS立体図を自作して公開してみた
Kouichi Kita
 
PythonとQGISで簡単処理
PythonとQGISで簡単処理PythonとQGISで簡単処理
PythonとQGISで簡単処理
Kazutaka ishizaki
 
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換Inoshachu, NPO
 
地理院地図を手軽に使える オープンソースソフトウェア (FOSS4G) のご紹介
地理院地図を手軽に使えるオープンソースソフトウェア (FOSS4G)のご紹介地理院地図を手軽に使えるオープンソースソフトウェア (FOSS4G)のご紹介
地理院地図を手軽に使える オープンソースソフトウェア (FOSS4G) のご紹介
IWASAKI NOBUSUKE
 
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版FOSS4G_MEXT
 
Cesiumを動かしてみよう
Cesiumを動かしてみようCesiumを動かしてみよう
Cesiumを動かしてみよう
Kazutaka ishizaki
 

What's hot (20)

QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
QGIS初級編 さわってみようQGIS (for ver. 2.8.2 at FOSS4G 2015 Hokkaido)
 
07QGISで遺跡立地分析
07QGISで遺跡立地分析07QGISで遺跡立地分析
07QGISで遺跡立地分析
 
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
超初心者向けハンズオン講座 「ゼロから始めるQGIS」
 
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編
地理学卒論・修論生のためのQGIS講座_総合編
 
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
09遺跡分布を分析する〜カーネル密度推定〜
 
QGISで河川縦断図
QGISで河川縦断図QGISで河川縦断図
QGISで河川縦断図
 
Qgisを考古学で使う
Qgisを考古学で使うQgisを考古学で使う
Qgisを考古学で使う
 
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法についてオープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
オープンデータとオープンソースGisを用いたweb上でのインタラクティブ可視化手法について
 
QGIS はじめてのラスタ解析
QGIS はじめてのラスタ解析QGIS はじめてのラスタ解析
QGIS はじめてのラスタ解析
 
Quantum gis研修
Quantum gis研修Quantum gis研修
Quantum gis研修
 
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)
 
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
QGISセミナー初級・実践編(V2.4)
 
QGISを森林GISとして使うために
QGISを森林GISとして使うためにQGISを森林GISとして使うために
QGISを森林GISとして使うために
 
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化についてCesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
 
CS立体図を自作して公開してみた
CS立体図を自作して公開してみたCS立体図を自作して公開してみた
CS立体図を自作して公開してみた
 
PythonとQGISで簡単処理
PythonとQGISで簡単処理PythonとQGISで簡単処理
PythonとQGISで簡単処理
 
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換
QGISを用いた紙地図からデジタルデータへの変換
 
地理院地図を手軽に使える オープンソースソフトウェア (FOSS4G) のご紹介
地理院地図を手軽に使えるオープンソースソフトウェア (FOSS4G)のご紹介地理院地図を手軽に使えるオープンソースソフトウェア (FOSS4G)のご紹介
地理院地図を手軽に使える オープンソースソフトウェア (FOSS4G) のご紹介
 
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版
QGISセミナー初級 ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版
 
Cesiumを動かしてみよう
Cesiumを動かしてみようCesiumを動かしてみよう
Cesiumを動かしてみよう
 

Similar to オープンデータを使って地図を作ろう|QGIS 活用講座(初級編)

Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
Foss4 gマイクロジオデータ解析入門Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
Hiroaki Sengoku
 
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Trajectory_採用Deck202311
Trajectory_採用Deck202311Trajectory_採用Deck202311
Trajectory_採用Deck202311
yhirokawa1
 
気象予報データ(数値予報GPV)を用いた データビジュアライゼーション
気象予報データ(数値予報GPV)を用いたデータビジュアライゼーション気象予報データ(数値予報GPV)を用いたデータビジュアライゼーション
気象予報データ(数値予報GPV)を用いた データビジュアライゼーション
Kazuhide Okamura
 
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
griddb
 
Mk data intensive-onic2021
Mk data intensive-onic2021Mk data intensive-onic2021
Mk data intensive-onic2021
Miya Kohno
 
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
理弘 山崎
 
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
Kagawa Makoto
 
sakura.io introduction 20171215
sakura.io introduction 20171215sakura.io introduction 20171215
sakura.io introduction 20171215
さくらインターネット株式会社
 
20121109 foss4g handsonaok
20121109 foss4g handsonaok20121109 foss4g handsonaok
20121109 foss4g handsonaok和人 青木
 
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組みリクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
Recruit Technologies
 
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
200702material hirokawa
200702material hirokawa200702material hirokawa
200702material hirokawa
RCCSRENKEI
 
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
Takuya Naito
 

Similar to オープンデータを使って地図を作ろう|QGIS 活用講座(初級編) (20)

Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
Foss4 gマイクロジオデータ解析入門Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
Foss4 gマイクロジオデータ解析入門
 
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の一般公開データセットを 利用した実践的データ分析 2019年3月28日 放送
 
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
pg_hint_planを知る(第37回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
PostgreSQLのgitレポジトリから見える2022年の開発状況(第38回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
明日から始める! ソフトウェアのグリーン化(GSF MeetUp Tokyo 発表資料)
 
Trajectory_採用Deck202311
Trajectory_採用Deck202311Trajectory_採用Deck202311
Trajectory_採用Deck202311
 
気象予報データ(数値予報GPV)を用いた データビジュアライゼーション
気象予報データ(数値予報GPV)を用いたデータビジュアライゼーション気象予報データ(数値予報GPV)を用いたデータビジュアライゼーション
気象予報データ(数値予報GPV)を用いた データビジュアライゼーション
 
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
 
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
NoSQL/SQLデュアルインターフェースを備えた IoT向けデータベースGridDB - 強化された時系列データ管理・検索機能について -
 
Mk data intensive-onic2021
Mk data intensive-onic2021Mk data intensive-onic2021
Mk data intensive-onic2021
 
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
Amazon EKS上の開発体験を最大化するプレビュー環境の作り方
 
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
GISデータを3Dプリンタで出力しよう(FOSS4G Hokkaido 2015 LT )
 
sakura.io introduction 20171215
sakura.io introduction 20171215sakura.io introduction 20171215
sakura.io introduction 20171215
 
20121109 foss4g handsonaok
20121109 foss4g handsonaok20121109 foss4g handsonaok
20121109 foss4g handsonaok
 
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組みリクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
リクルートのビッグデータ活用基盤とデータ活用に向けた取組み
 
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
[Cloud OnAir] お客様事例紹介 -リクルートライフスタイルにおける デジタルトランスフォーメーションとクラウド活用- 2018年7月12日 放送
 
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery へデータを読み込む 2019年3月14日 放送
 
200702material hirokawa
200702material hirokawa200702material hirokawa
200702material hirokawa
 
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
OSC 2021 Osaka IT運用自律化を支援する「運用レコメンドプラットフォーム」においてKeycloakを用いて認証を実装した話
 
Esj59 kubo
Esj59 kuboEsj59 kubo
Esj59 kubo
 

オープンデータを使って地図を作ろう|QGIS 活用講座(初級編)