SlideShare a Scribd company logo
力
    の
    詩
    篇
 
    第
    二       鶴
    の       山
    書       裕
            司
         
            金
            魚
            屋
            プ
            レ
            ス
            日
            本
            版

    3       2
目
                                              次


          西                               東                   故
                                                              馳
                                                                  国
                                                                  改
                                                                      六
                                                                      七
                                                                          而
                                                                          及
                                                                              而
                                                                              敝
                                                                                  交
                                                                                  隣
          方                               方                   使
                                                              价
                                                                  前
                                                                  代
                                                                      年
                                                                      来
                                                                          先
                                                                          王
                                                                              邦
                                                                              亦
                                                                                  有
                                                                                  道
                                                              、   之   、   丘   何   、
                                                              以   非   馬   墓   負   自
                                                              為   、   島   、   於   古
                                                              和   行   雖   敝   貴   而
                                                              好   旧   以   邦   国   然
                                                              之   交       君   也   、
食     存        南    中    書    東     陰                             之   和           二
                                                              験       事   臣   哉   百
卓     在        面    原    跡    方     陽                         、   道
                                                                      為   、   、   年
                                                              不   、       痛   壬
                                                                  苟   請           来
                                                              腆   如   、   心   辰
	


     	




              	


                    	


                         	


                              	


                                   	




                                                      朝                   切       、
                                                              土   斯   実       之   海
                                                      鮮       宜           骨   変   波
                                                  日   国           、   敝
                                                              、   則   邦   、   、   不
                                                  本   王           豈       義
                                                  国           具       所       無   揚
                                                      李       載   非       不   故   、
                                                  王   昭   萬           耻
                                                              別   両   、   與   動   何
                                                  徳   敬   暦       国       貴       莫
                                                  川       三   幅       承       兵
                                                              、   生   聞   国   、   非
                                                  秀       十       霊       共   構   天
                                                  忠       五   統       今
                                                              希   之   者   戴   禍   朝
                                                  宛       年       福       一   極   之
                                                  国       正   盛       、
                                                              亮   也   貴   天   惨   賜
                                                  書       月
		


     		




              	


                    		


                         		


                              		


                                   		 	




46   40       32    28   22   18   12
              	 	




                                                                  、       、   、   、
                    	




                         5                                    4
引                            新                             極                            中
                             大                             東                            東
用
文

                             陸
献
一
覧
	




     自    新    渦   白    理         極   師    台    礼     戦         追    祖    中   侵     国       母    西    静
     由    大    巻   鯨    想         東   弟    所    節     後         放    国    東   略     家       国    方    物
          陸
     	




               	


                   	


                        	




                                 	


                                      	


                                           	


                                                	




                                                     	




                                                               	


                                                                    	


                                                                         	


                                                                              	


                                                                                   	




                                                                                            	


                                                                                                 	


                                                                                                      	
          	
		


     		


          		

               	


                   		


                        		




                                 		


                                      		


                                           		


                                                		




                                                     		


                                                               		
                                                                    		

                                                                         	


                                                                              		


                                                                                   	




                                                                                            		


                                                                                                 		


                                                                                                      		
154 148 142 136 132 126          118 114 110 106     100       94   88   78   74   68       60   56   50
               	




                                                                         	


                                                                                   	
                        7                                                     6
題
                     字
                  
                     安
                     井
                     浩
                     司




世界図屏風 十七世紀

             9       8
絶           地       王       わ       つ       治       闇       を       無       か       汝
        え           に       の       す       犬       む       に       賜       き       な       ら
        る           増       肉               を       至       蠢       る       賤               土
        こ           え       の       官       飼       高       く               で       孝       地
        と           る       言       吏       う       の               蟻       あ               を
        な           に       葉                       掟       王       の       る       信       耕
        い           わ       に       学       管               は       よ                       し
        一           れ       耳       者       弦       わ       言       う       身       廉       て
        つ           ら       を       が       の       れ       葉       に       を       は       食
        の           陽       傾       直       酔       ら       を       玉       以       汝       い
        種           根       け       言       い       王       統       座       て       ら    
        族           な       る       に       の       の       べ       に       王       の       糸
        で           く               よ       最       好       る       侍       の       生       を
        あ                   富       り       中       む       唯       り       歓       と       織
        る       女           貴       位       に       駿       一               心       共       つ
                に           も       を               馬       者       魚       を       に       て
    あ           植           ま       得       夢       を               の       買       あ       着
    あ           え           た       る       幻       求       言       鱗       い       り       る
                る           王       よ       の       め       葉       の                    
    星           種           の       う       如               に       よ       時       わ       無
    辰           な           言       に       き       強       よ       う       に       れ       言
    の           く           葉               美       き       り       に       苛       ら       の
    巡                               わ       女       歯       世       宮       烈       一       良
    り           だ           汝       れ       を       を       界       殿       な       物       き
    に           が           ら       ら       舞       持       を       の       死       も       民
                                                                                                陰
                                                                                                陽

                                                                11
                                                                12                                  10
を           る           旅           れ           に           望       の       の           わ       さ       服       に       り       る       者       寿       て       る       ら       午       定       者       の           天               の           黒           き       似
        潤                       寝           ら           炙           む       声       よ           れ       れ       従       閉       先               た       が       玉       は       に       門       ま       あ       行           は               影           の           わ       た
        さ       地               し           と           ら                   を       う           ら       ば       だ       ざ       は       だ       ち       れ       座       良               に       る       ら       と           王               と           衣           輝       玉
        ん       に               て           共           れ       だ           詩       に           の       汝       け       さ       内       が       で       て       を       き       死       集       」       ば       事           権               な           に           く       座
        と       深                           に                   が           に       王           国       ら       が       れ       廷       汝       あ       あ       拝       者       に       い       と       悉     「             の               る           身           星       の
        欲       き           死               俗       己           汝           紡       の           で       わ       正       た               ら       る       る       す       で       至               わ       く                   理   こ
                                                                                                                                                                                                                                                        を           の       転
                                                                                                                                                                                                                我               と
                                                                                                                                                                                                                                        汝
        す       穴           に               世       が                       ぐ       周           は       れ       名       禁       王       は               わ       べ       あ       る       黎       れ       滅       を       で
                                                                                                                                                                                                                                わ
                                                                                                                                                                                                                                り                       包           西       変
                を           上               の       影           わ                   囲                   ら       の       域       と       決       藩       れ       し       る       ま       明       ら       ぼ               あ               ら               み           方       の
                                                                                                                                                                                                                諫                       わ
    穴           穿           君               汚       の           れ           市       を       倫           と       実               皇       し       国       ら                       で       と       の       さ       め       り                                           に       内
    は           ち           な               穢       短           ら           場       巡       理           共       で       汝       后       て       の       の       中       汝       廷       共       王       ん                               れ           人                       に
                                                                                                                                                                                                                る                       ら
    女                       く               に       き           の           の       る                   に       あ       ら       と       乾       王       帝       極       ら       杖       に       は               者       し                           で           天        
    の           混                           塗       を           如           汚               道                   る       畏       女       清       ら       国       殿       皇       を       遙       記       千               か               に           は           命           わ
                                                                                                        不                                                                                                       あ                       よ
    陰           沌           下               れ       恐           く           れ       王       徳                           れ       官       門       は               に       極       与       拝       し       人       ら       し                           な           を           れ
    に           の           臣               ん       れ           群           を       に       を           可       全       よ       と       を       忠       建       は       殿       え       す       た       の               物               り           い           捧           ら
                                                                                                        視                                                                                                       ば                       王
    通           水           な                       る           れ           嫌       疎       説                   て               わ       潜       誠       極       金       の       ん       べ               屍       斬       言                           人           持           の
    ず           を           く           汝           者           る           い       ま       く           の       の       王       れ       る       を       殿       色       前               し       さ       に               わ               へ           と           し           星
                                                                                                        王                                                                                                       り                       の
    る           柄                       ら           ら           者                   れ       賢                   言       は       ら       こ       誓       に       の       庭       皇               れ       よ       殺       ぬ                           し           て           が
    か           杓           四           髑                                   深               哲           を       葉       天       の       と       い       上       光       で       極       さ       ば       り                               遙           て           い           瞬
                                                                                                        言                                                                                                       さ                       か
                で           時           髏           さ           夏           山       文       の                   は       の       た       を               る       満               門       な       汝               ん       天                                       る           い
    わ           掬           煩           を           れ           日           幽       人       知           葉       王       正       め       得       財       は       ち       三       を       く       ら       治               命               な           人                       て
                                                                                                                                                                                                                                        距
    れ           い           い           枕           ば           の           谷       墨       は           で       に       名       の       ぬ       宝       さ       る       跪       潜       ば       夜       世       帝       を                           で           わ           い
    ら                       無           に           汝           よ           の       客                   見       向       で                       と       ら               九       る       わ       明       自               表               離           は           れ           る
                                                                                                                                                                                                                位                       を
    性           遍           き           冬           ら           う           隠       は       月           つ       か       あ       紫       そ       宴       に       朝       叩       を       れ       け       ず       を       す                           な           ら        
    な           く           を           野                       な           棲       怨       の           め                       の       れ       を       良       日       頭       許       ら       前       か               は               測           い           灰           ひ
                                                                                                                う       る                                                                                       窺
    く           地           知           に           わ           力           を       嗟       暈           よ                                       賜       き               し       さ                                                       る           王           と           と
                                                                                                                                帳       よ                       に                       汝       に       ら       う       王               。
                                                                                                        。




                                                                                14
                                                                                13                                                                                                                  13
                                                                                                                                                                                                    12
影       れ       水       わ       の       れ       最       言           く       原       貧       大       分       無           治       蒼       ぞ       け       水       る       女
                  ら       平       れ       名       ら       中       を                   に       を       道       か       し           か       穹       太       る               饒       に
          汝       の       に       ら       を       の       の       以       古           新       恐       を       て                   ら       に       極       陽       鉄       舌       仕
          ら       都       拡       は       亡       み       哀       て       き           た       れ       這       ば           縄       乱       至       に       は       を       に       え
          の       を       が       夜       く               惜       治       王           な       ん       う       成           の       へ       高       性       陰       腐       耳       る
          影       辞       る       闇       す       だ       に       め       よ           王                       り           如               の       あ       に       ら       澄       者
          の       す       世       に       時       が       耽       ん       り           が       偉       何                   く       上       塔       ら       包       す       ま    
          多               界       紛               天       る       と       も           覇       大       ぞ       成           撚       古       を       ん       ま       も       す       芳
          様       わ       の       れ       世       道               す       苛           を       な       生       れ           り       に       仰       時       れ       水               香
                  れ       核       て       を       を       そ               酷           争       る       を       ば           出       楽       げ       あ                       水       満
          わ       ら               帝       避       外       の       暴       な           い       明       恐       忽           さ       園       ば       ら       陰       帝       は       ち
          れ       は       今       都       く       れ       無       虐       恭                   は       れ       ち           れ       無       傾       ん       に       位       水       る
          ら       た       は       を       る               言       淫       順           鉄       翳               毀                   く       ぐ               包       を       自       後
          歩       だ       球       去       た       地       の       蕩       を           よ       り       死       る           縄                       さ       ま       満       身       宮
          む       歩       体       る       め       の       言       の       強           り               を                   の       中       わ       れ       れ       た       の       で
          こ       む       上               の       理       を       限       い           も       玉       恐       蛇           如       古       れ       ば       る       す       上    
          と               の       か       わ       を       知       り       る           冷       の       れ       は           く       に       ら       汝       陽       は       を       暗
          で       わ       染       つ       れ       失       る       を                   た       如       ん       自           連       聖       の       と       は       泥       走       渠
          再       れ       み       て       ら       い       は       尽       常           く       き               ら           な       無       叡       わ       突       濘       る       の
          び       ら       に       の       の                       く       に                   清       富       の           る       く       智       れ       き       と               如
          中       は       過       地       朝       万       た       し       力           火       が       貴       尾           今               が       ら       抜       水       岩       き
          へ       日       ぎ       上       が       物       だ               で           よ       曇       を       を           時       近       華       は       け               を       口
          と       の       ぬ       の       滅       が       王       愉       奪           り       る       恐       銜                   古       と       同       る       突       砕       よ
          至       作               華       ぶ       各       と       楽       い           も               れ       え           泥       に       開       類               き       く       り
          る       る       わ                       々       わ       の                   熱       中               て           を       義       く               何       抜       は       溢
          。                                                                                                                               。




16
 15                                                                                                                           15
                                                                                                                              14
アジア図 十七世紀

17               16
                 17
意           い           え           い       そ               和           は       う       は       沈       は       き       め       と           あ       絶       産       た       た       の       ま       秋       り           る   あ
        味           サ           ば           の       の               で           な               沈       黙       捨       ま       に       で           り       望       と               の       一       し       の       が               な
        も           ラ           ほ           で       質               あ           ら       あ       黙       の       て       し       銃       帰                   し               収       で       人       た       光                   う   た
        あ           ダ           と           す       問               る           ず       な       の       表       犬       た       を       属           す       て       他       容       す       で               が       世           つ   は
        り           が           ん                   が               が                   た       意       現       の               撃       を           ぐ               処       所               あ       し       差       界           む   私
        ま           盛           ど       私           無               ゆ       む           を       味       を       よ       国       ち       許           に       私       で       を       い       り       か       し       と           き   が
        せ           ら           は       が           意               え       し           愛       が       授       う       家               さ           捕       は       は       怖       つ               し       込       の           目   い
        ん           れ           女       作           味               に       ろ           し               け       に       と       そ       れ           ら       祖       得       れ       か       そ       私       む       和           を   つ
                                た       る           だ                       あ           て       な       て       街       民       の       ま           え       国       ら       て       お       の       は       ア       解           伏   も
    女           温               ち       の           と           わ           な           い       ん       く       を       族       た       し           ら       を       れ       で       話       定       あ       ト       を           せ   苦
    た           か               が       は           は           た           た           ま       と       だ       彷       が       び       た           れ       脱       ぬ       は       し       め       な       リ       ど           て   し
    ち           い               使       実           思           し           が           す       大       さ       徨       私       に                           出       人       な       ま       を       た       エ       こ           い   げ
    は           お               う       用           い           た           私                   き       い       う       を       母           私       こ       し       々       く       し       私       と       で       ま           る   な
    食           茶               日       品           ま           ち           に           あ       く       ま       私       引       国           は       の       ま       と               た       自       同               で           と   表
    卓           が               用       で           せ           が           と           な       異       し       を       き       語           味       国       し       の       築       ね       身       じ       あ       も       「       情
    を           注               品       あ           ん                       つ           た       な       た       ア       裂       の           方       の       た       結       き               の       く       な       拒       そ       を
    飾           が               で       り                       光           て           が       つ               ト       い       悲           の       義               び       上       私       摂       迫       た       み       の       し
    る           れ               す                       で       と                       決       て       た       リ       た       鳴           猜       勇       で       つ       げ       の       理       害       は       続       頑       て
    さ           な                       も               も       影           最           し       い       だ       エ       の       が           疑       軍       も       き       て       父       と       さ       優       け       な       い
    さ           け           そ           つ               私       で           も           て       る       あ       に       で       あ           を       に       私       を       き       は       し       れ       し       て       な       る
    や           れ           こ           と               は       あ           本           私       こ       な       招       す       が           拭       志       は       失       た       自       て       続       く       い       拒       と
    か           ば           に           正               関       る           質           の       と       た       き               る           い       願       敵       う       僅       死       受       け       私       る       絶       お
    な           な           瑞           確               心       ゆ           的           も       で       と       入       あ       の           去       す       国       こ       か       し       け       た       を       の       の       つ
    花           ん           々           に               が       え           な           の       し       私       れ       な       を           る       る       人       と       な       ま       入       民       諭       よ       身       し
                                                                                                                                                                                                                                        静
                                                                に
    を           の           し           言               な
                                                                。
                                                                            異           と       よ       で               た       聞           た       こ       で       に       財       し       れ       族       し     」         振       や


                                                                                                                                                                                                                                        物

                                                                        19
                                                                        51                                                                                                                              18
                                                                                                                                                                                                        50
向           か           す           を           現           高           に           つ           全           存           す           で           居   石           た       や       あ       し       が       え       す       の       す       に       満       空       寡       出       そ
        き           起                       掛           で           い           収           も           て           在                       も           場   と           し       袖       れ       た       作       て               作               生       た       洞       黙       し       こ
        で           こ       窯               け           き           塔           ま           同           が           と       私               な           所   コ           た       を       ら       ち       つ       い       新       品       独       命       さ       の       で       ま       に
        は           ら       に                           る           を           る           じ           自           し       は               い           で   ン           ち       留       も       の       て       ま       た       を       創       を       れ       美       す       す       挿
        あ           な       入           何               こ           希           ほ           形           由           て       街               者           す   ク           の       め       ま       生       い       す       な               や       宿       る       し                       す
        り           い       れ           度               と           求           ど           状           な           作       の               と               リ           夢               た       活       た       か       創       私       特       し       た       さ       皿       饒       の
        ま           の       る           も               に           し           の           で           魅           品       片               し       華       ー           と       胸       内       を       ボ               作       は       異               め       は       や       舌       で
        せ           で       の           ヤ               驚           て           空           す           惑           を       隅               て       や       ト           希       元       と       支       タ       あ       は       そ       さ       や       に       あ       鉢       は       す
        ん           す       は           ス               き                       間                       的           望       に               生       か       と           望       を       外       え       ン       な       い       の       を       が       開       な       の       女    
                            一           リ               ま       そ               で       私               瞬           み       ひ               き       さ       ア           を       華       を       て       の       た       つ       都       私       て       か       た       ま       た       私
    あ           あ           度           で               し       れ               良       は               間           ま       つ               ら       を       ス           包       や       隔       く       こ       が       も       度       は       外       れ       も       ろ       ち       は
    る           な           だ           削               た       が               い       無               で           す       そ               れ       好       フ           み       か       て       れ       と       ア       新       新       求       へ       て       ご       や       の       土
    人           た           け           ぎ                       ほ               こ       限               す                   り               る       む       ア           込       に       る       た       を       ト       た       鮮       め       と       い       存       か       も       の
    は           と           で           落           私           ん               と       の                       白           と               の       か       ル           む       す       一       あ               リ       な       な       ま       溢       ま       じ       な       の       塊
    彫           は           す           と           は           の               を       平           た           い           息               で       ら       ト                   る       つ       の       戦       エ       驚       驚       せ       れ       す       で       窪       だ       か
    刻           異                       し           白           数               知       原           だ           陶           づ               す       で       で       さ           陶       の       愛       後       に       き       き       ん       出               し       み       か       ら
    だ           な           奇                       の           十               り       を           私           土           き                       は       作       さ           製       閾       ら       し       来       を       を               す       女       よ               ら    
    と           り           跡           針           器           セ               ま       望           が           を           ま           顔           な       ら       や           の       で       し       ば       た       も       も       同       た       た       う       そ               無
    言           私           は           金           に           ン               し       み           生           轆           す           も           く       れ       か           装       す       い       ら       頃       た       つ       じ       め       ち               し       私       か
    い           の           い           で           黒           チ               た                   み           轤                       名                   た       な           飾               小       く       に       ら       て       形       の       の       そ       て       の       ら
                作           つ           線           や           の                       そ           出           で           そ           前           そ       都       器           品       女       物       の       わ       し       作               空       子       れ       壺       作       作
    あ           品           も           を           茶           円           雲           れ           す           挽           の           も           こ       市       な           で       た       た       間       た       ま       り       同       虚       宮       は       や       品       品
    る           は           一           刻           の           筒           よ           が           の           く           よ           不           で       が       の           す       ち       ち               し       す       上       じ       な       の       い       花       は       を
    人           実           度           み           釉           で           り           両           は           の           う           要           は       私       で                   の       を       わ       た               げ       色       の       よ       つ       器       常       生
    は           用           し           ま           薬           表           も           手           い           は           な           で           誰       の       す           わ       襟               た       ち       覚       ま       彩       で       う
                                                                                                                                                                    。                                                                                           も       の       に       み




                                                                                    53
                                                                                    21                                                                                                                                      20
                                                                                                                                                                                                                            52
わ           す   れ           う            づ       の       つ       に       が       か       色       に           げ       ら       な       移       雨       あ       す       そ       な       つ       た       点       だ       現
        な               て           に            け       こ       も       失       引       れ       を                   ら       色       光       ろ       雲       り               れ       く       か       視       で       ら       代
        か       あ       ゆ           頼            ま       と       変       わ       き       て       な           私       れ       が       を       い       の       ま       大       が       存       そ       線       全       け       美
        つ       な       く           み            し       は       わ       れ       受       い       く           の       た       失       放       ま       よ       せ       地       ど       在       れ       を       体       の       術
        た       た       難           ま            た       と       ら       て       け       ま       す           作       腕       わ       つ       す       う       ん       に       う       し       が       投       を       私       だ
        愛       と       病           し                    き       ぬ       し       て       す       こ           品       が       れ       ピ               に               も       し       ま       在       げ       支       の       と
        の       同       で           た        お           お       姿       ま       く               と           も       動       る       ン       白       灰       男       空       た       す       る       か       え       作       評
        成       様       亡                    墓           り       で       う       れ       静       は           そ       き       の       ク       地       色       の       に       と               こ       け       て       品       し
        就       に       く       十            は           思       作       家       ま       寂       あ           の       を       は       色       の       の       人       も       い       世       と               い       は       ま
        も               な       四            作           い       品       族       す       と       り           形       止       不       の       下       縞       の       色       う       界       を       す       ま       世       す
        望       私       つ       年            ら           出       は       の               沈       ま           を       め       幸       波       に       模       声       彩       の       か       思       ぐ       す       界    
        み       も       た       前            ず           し       食       声       飽       黙       せ           歪               な       と       微       様       が       が       で       ら       い       に               の       ど
        ま       死       あ       に                        ま       卓       を       く       に       ん           め       躊       こ       な       か       を       黒       満       し       追       出       忘       人       凝       ち
        せ       後       な                    遺           す       の       吸       こ       包                   る       躇       と       つ       に       描       か       ち       よ       放       す       れ       々       縮       ら
        ん       の       た       徐            灰                   片       い       と       ま       ま           こ       い       で       て       浮       く       ら       て       う       さ       の       て       は       で       で
                世       の       々            は           今       隅       込       な       れ       た           と       で       す       打       か       よ       緑       い               れ       で       し       興       あ       も
    た           界       遺       に            丘           日       に       み       く       た       器           が       心               ち       ぶ       う       に       ま       色       た       す       ま       味       り       い
    だ           を       灰       身            の                   あ               繰       永       は           あ       が       受       寄       青       に       変       す       と       世               い       と               い
    土           信       が       体            上           私       り       不       り       遠       外           り       揺       け       せ       で               わ               形       界       私       ま       訝       ほ       の
    に           じ       撒       の            に           は       ま       安       返       の       へ           ま       ら       入       ま       あ       女       り       そ       は       そ       の       す       し       ん       で
    還           ま       か       動            散           遺       す       定       さ       生                   す       ぐ       れ       す       り       た               れ       無       の       作               さ       の       す
    る           せ       れ       き            布           言               だ       れ       は       外                   時       よ                       ち       た       だ       限       も       品       し       の       数    
    の           ん       た       が            す           を       あ       け                       へ           し       の       う       世       鮮       の       な       け       な       の       は       か       混       ミ       黒
    で                   丘       失            る           こ       な       ど       す       作       と           か       よ       と       界       や       声       び       で       の       で       視       し       じ       リ       く
    す           叶       で       わ            よ           と       た       い                                                                                                           す
                                                                                 ぐ       品       開           し       う       拡       か       か       も       く       は       で               線       い       つ       の       傷
    。                                                                                                                                                                                。




                                        55
                                         23                                                                                                                              54
                                                                                                                                                                         22
万国総図 十七世紀

25               24
た       遠      に      物        べ       て   リ       ス       が         し           こ       せ      り   ン       た   流       な       全       た       ン       は       の               地           た               デ           新
        め       に      が      語        に       い   の       ラ       あ         と           う       ら     「    ダ           暢       け       体       亜       ド       様       言               を           だ               イ           月
                       正                                                                         れ                              れ               熱
        に       示
                       義
                              を        合       る   外       ー       り     」               言              勝   人       ジ   な               性               ネ       々       語               行           一               ー           と
        テ       さ             紡        わ           国       ム                 こ           う       た      利   の       ヤ   英       ば       が       帯       シ       な                       く           つ               ナ           共
        ー       れ      だ      ぐ        せ       ヒ   人       が       仏                     で     「            支       カ   語       な       失       の       ア       形       一                           の               へ           に
                                                                             の                          の
        ブ       な      つ     「         て       ン   用               教                     し       マ          配       ル   を       り       わ       島       の       状       つ               イ           神               の           新
                                                                             国                          都
        ル       い      た                       デ   ホ       大       と                     よ       ジ          は       タ   喋       ま       れ       国       密       に       の               ス           の               預           た
                       の      ど                                              に                          市                                     「
        の                              紙       イ   テ       航       ヒ         は           う       ヨ      」   一       の   り       せ       た               林       分       民               ラ           啓               言           な
                       で      う                                                                                                 ん                                                                   示
        間       そ                      や       の   ル       海       ン         ア                   リ      と   九       旧   イ               の       ど       が       断       族               ー                           者           時
                       し      行
        を       の
                              動
                                       木       叙   の       時       デ         ジ           私       テ      い   四       名   ン     」         で       こ       見       さ       が               ム           の               の           が
        走       意      よ               で       事   中       代       イ                     は                  二       は   ド       首       す       か       え       れ       国               は           書               聖           始
                              す                                              ア                   イ      う                                                                                                               ヒ

        り       味      う               作       詩   庭       に       教                     確                  年       パ   ネ       都               で       る       た       境               世           で           遷
                                                                                                                                                                                                                        ジ
                                                                                                                                                                                                                                ま
                              べ                                              の                   は      古                                                                                                               ユ

                      」                                                                                                                                                                             あ                   ラ
        回       を                      ら       『   で       は       の         ど           か       イ      い   の       タ   シ       の       わ       断               神       を               界                       を               る
                              き                                                                                                                                                                     る
        る       知      叙               れ       ラ   は       キ       古         の           に       ス      サ   日       ヴ   ア       高       た       ち       太       の       画               を                       暦               土
                              だ                                                                                                                                                                     聖
                つ      事               た       ー   毎       リ       層         国           ム       ラ      ン   本       イ   語       層       し       切       平       領       す               覆               ク
                                                                                                                                                                                                                の               地
                              つ                                                                                                                                                                 典
                                                                                                                                                                                                        ル
    現           て      詩               ワ       マ   夜       ス       が         で           ス       ー      ス   軍       ア   で       マ       た       ら       洋       土       る               う               ア
                                                                                                                                                                                                                始               を
                              た                                                                                                                                                                         ー
    地           い      は               ヤ       ヤ   影       ト       あ         も           リ       ム      ク   の           書       ン       ち       れ       と               こ               共       に       ン
                                                                                                                                                                                                                ま               行
                              の                                                                                                                                                             ウ
    の           る      問               ン       ー   絵       教       り         見           ム       で      リ   占       三   く       シ       は       た       イ       飛       と           同           帰               り               く
                              で                                                                                                                                                             ン
    従           の      い               人       ナ   芝       が                 ら           で       す      ツ   領       百   作       ヨ       そ       の       ン       行       は           体           依               と            
                              し                                                                                                                                                             マ
    業           は      か               形       』   居       到       十         れ           す              ト   に       年   家       ン       れ       で       ド       機       な           で           す               し               マ
                              よ
    員           サ      け               が       の   が       来       二         る                   で      語   よ       に   は       の       を       す       洋       の       い           あ           る                               ツ
                              う
    た           ー      答               光       哀   上       し       世         精           だ       も      の   つ       渡   そ       一       取               に       窓                   り           人               こ               カ
                              か                                                  ア
    ち           ビ      え               と       切   演       た       紀     霊       ニ       が       誰      名   て       る   う       室       り       精       挟       か       だ                       々               の               か
                              」「
    だ           ス      は               影       な   さ               に     信       ミ       し       も      が   終       オ   言       で       戻       神       ま       ら       が           一           の               世               ら
    け           の      永      な        の       調   れ       バ       イ     仰       ズ
                                                                                 ム
                                                                                         か       が      冠   わ       ラ   つ               さ       的       れ       イ       今           つ           土               で               マ
                                                                                                                                                                                                                                    中
                                                                                                                                                                                                                                    東

                                                       79
                                                       27                                                                                                                   78
                                                                                                                                                                            26
「                                                                                                                          し                             こ           大           ム       が       「
    そ                市     バ        言      界       の                       肖           の      が               め               あ           服           油       つ       漠                                                                                             か       栄       国       取      し       わ       で       だ
                           ザ                               一                                                                                                                                                        と                                       イ
    れ            場         ー        つ      を       圧                       像           車      行               ま               り           を           が       た                       た                                         事           の       世               な       が       は       り      よ       た       す     「
                           ル                               九                                                                                                                                                        で                                       ス
    ら            に                  て      築       政                       画           内      政               す               ま           着           も       『       空           法                                             な           信       界               女       宗       穏              う       し    
                                                           七                                                                                                                              ウ
                                                                                                                                                                                                                    す                                       ラ                                                              イ
                                           こ                                                                                                                                                                                                                        の
    は            は                  口              か                       が           か      立                               す           て           た       千       港       学                                                 こ           仰       を                       教       や       強     」        た       だ
                                                                                                                                                                                          ラ
                                                           九                                                                                                                                                                                                ー                                                              ス
    単            商                  を      う       ら                       見           ら      法           規                                           ら       夜       の       者                 」                               と           は       創               眉       と       か       大              ち       が
                                                                                                                                                                                          マ
                                                           年                                                                                                                              ー                                                                 ム                                      ス                       ラ
    な            品                  噤      と       わ                       え                  司           範               被           一               す       一       国       は                 聖                               は           純       造               の       民       な       な              の       や
                                                           の                                                                                                                                                                                                は                                      カ                       ー
    る            が                  ん      し       た                       る           役      法           は               造           心               巨       夜       際       そ                   地                                         粋       し               よ       俗       民       軍              矛       が
                                                           イ                                                                                                                                                                                                単                                      ル                       ム
    物            溢                  だ      た       し                                   所      権           も               物           に               万       物       線       う                     の                       な               で       た               う       の       主       が              盾       て
                                                           ラ                                                                                                                                                                                                純                                      ノ                       に
    で            れ                         の       た                       彼           の      の           ち               で           神               の       語       出       語                       霊                     に               す       と               な       対       政       擁              と       現
                                                           ン                                                                                                                                                                                                な                                      は                       と
    あ            て                  西      で       ち                       も           壁      上           ろ               あ           へ               富       』       発       つ                         廟                   よ                       深       宗               立       体       立      日       混       れ
                                                           革                                                                                                                                                                                                        青                                                      つ
    り            い                  側      す       を                       ま           に      位           ん               る           の               は       の       ロ       た                           の                 り           天           く       教               を       に       し      本       乱       る
                                                           命                                                                                                                                                                                                        白                                                      て
                 る                  の     」        救       で               た           描      に           神               人           祈               見       お       ビ                                     片               も           も           信       で       の
                                                                                                                                                                                                                                                                            包       移       た      軍       を       真       不
    敬                               厳      運       つ                       法           か      あ           の               間           り               当       伽       ー       回                               隅             神           地           じ       す               み       行       ス      に       解       に
                                                           す                   ウ
                                                                                                                                      を                                                                                                                             剣                                                      正
    虔                               し      転       た                   学               れ      り           言               は                           た       の       で       廊                                 で           の           も           て                       込       し       ハ      協       消       イ
                                                           か                   ラ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           は
        Toshiba Sony Apple・・・




    な                               い              の                   者       マ
                                                                                       た      ま           葉               神           捧               ら       国       見       の                                             御           神           お       あ       の       ん       た       ル              し       ス
                                           手                                                                                                                                                                                                                        よ                              力                       悪
    信                               経      兼       で       ホ    
                                                                               ー
                                                                                       大      す           で               の           げ               な       の       か       外                                 白           意           の           ら       な               で               ト      す               ラ
                                                                                                                                      て                                                                                                                             う                                                      で
    仰                               済      通       す       メ           神               き     」            す               代                           い       人       け       は                                 髪           志           所           れ       た               い       か       の      る       こ       ー       す
    に                               統                      イ           の               な      ホ                           理           い                       々       た       地                                 混           を           有           た       が       な       る       つ       時              の       ム    
                                           訳                                                                                                                                                                                                                                                       こ
    対                               制              真       ニ           言               ホ      テ           聖       ク
                                                                                                                          と           る           誰           の               平                                 じ           正           物           の       た       月               て       代              国       的       汚
                                           の                                                                      ル
                                                                                                                                    「                                                                                                                               が                              と
    す                               に      男       の       ー           葉               メ      ル       典           ア
                                                                                                                  ー       し                       も           姿       華       線                                 り           確           で           で       も               夜       な       を      で       を       な       職
    る                               も              信                   の               イ              に           ン
                                                                                                                          て                       が           は       や       ま                                 の           に           す           す       か       輝       空       い       経              浄       指
                                           は               師                                  に                                       主                                                                                                                                                            独                       は
    神                               関              仰                   代               ニ              基                   世                       く           な       か       で                                 髭           理                               つ       い       に       ほ       て              化       導
                                           そ               が                                  帰                                       権                                                                                                                                                            立                       恥
    か                               わ              者       シ           弁               ー              づ                   界                       す           い       に       続                                 を           解           だ           ム       て       て       は       ど                      す       者
                                           こ                                                  る                                       は                                                                                                                                                            を                       ず
    ら                               ら              の       ヤ           者               師      途       く                   を                       ん                   着       く                                 伸           す           か           ス       は       い       艶       の       こ              る       が
                                           ま                                                                                          神                                                                                                                                                            勝                       べ
    の                               ず              世       ー                           の      中       法                   治                       だ           石       飾       砂                                 ば           る           ら           リ       神       る       や       繁       の              で    
                                           で                                                                                          に
                                                                                                                                                                                                                                                                    。                              ち                       き




                                                                                   81
                                                                                   29                                                                                                                                                                           80
                                                                                                                                                                                                                                                                28
エ       は      が   ラ       恵       誇      う       三       創           た           で       か      都   に           高           ジ       再       は       神       席       を       わ       イ       の           派           で       混       と      贈
ス       一      こ   ブ       み       ら      な       十       り           の           政       ら     「    緻           層           ー       生       暗       の       し       誤       た       マ       直           は           す       乱       は      り
の       つ      の   湾       は       し      国       二       出           で           治       分          密           ビ           プ       を       い       下       て       る       し       ー       系           千                   に       何      物
               国                          家                           す                          パ                                   」     「                         な               ム                               個                      と
教       で          岸       少       げ              年       し                       家       離          な           ル           は                       の       い               た               で           年                   陥       か
え       す      の   諸       な       に      を       間       ま                       で       独      キ   都           が           太       と               民       た       ら       ち       の                   以           の       り       に      し
                                                                                                 ス                                           西
を              経   国       い       そ      作       存       し           そ           し       立          市           立           陽       誰               主       学               は       再       十           上           自       ま       行      て
                                                                                                 タ                                           で
適       し      済   や               う      ろ       在       た           の           た       し          計           ち           に       か               主       生       さ       神       臨       二           も           由       す       き      あ
                                                                                                 ン                                           も
度       か      を   ヨ       綿       言      う       し                   始                   ま          画           並           灼       が               義       は       ら       の       を       代           指           は               着      る
                                                                                                 は                                           東                                                               イ
に       し      支   ー       や       つ      と       た       預           ま           し       し          に           ぶ           か       叫                       そ       な       代     「         目       導       マ       イ       世       き     「
                                                                                                 一                                           で
緩       精      え   ロ       小       た      し       宗       言           り           か       た          よ           イ           れ       び               も       う       る       理               に       者       ー       ス       界       ま
                                                                                                 九
                                                                                                                     イ
                                                                                                                                             も                                       神                       ム                              わ
め       神      て   ツ       麦              た       教       者           に           し                  つ       ス       ス       た                       う       説       革       人               忽       を               ラ       に       す
                                                                                                 四                                   ま       な                                       の                                                      た
て       は      い   パ       が       干      の       国       と           お           わ       ガ          て       ラ       ラ
                                                                                                                             灰                       す       明       命       を               然       待               ー       調    
                                                                                                 七                   マ
                                                                                                                                     た       く                                       沈                                                      し
民       異      る   へ       輸       涸      で       家       最           い           た       ン          作       ム               と                       ぐ       し       は       必               と       つ               ム       和       人
              「                                                                                  年
                                                                                                                     バ
                                                                                                                                     大                                               黙                                                      た
族       な          の       出       ら      す       で       初           て           し       デ          り       市       ー
                                                                                                                             褐               最       日       た       必       要               こ       て               が       が       間
                                                                      聖                                                              き                                               と                                                      ち
と       り      経   出       品       び     」        す       の               ク
                                                                                  た       イ      に   上       が
                                                                                                                     ド
                                                                                                                             色               も       が               然       と               の       い               保       保       が
                                                                          ル
                                                                                                                                     な                                               イ                                                      の
政       ま      済   稼       の       た      元               四       典       ア
                                                                                  ち       ー      イ   げ       忽               の               イ       暮       若       で       し               世       る               証       た       完
                                                                          ー
                                                                                                                                     歓                                               マ                                                      議
治       す      に   ぎ       ほ       パ      政       わ       代       は       ン
                                                                                  は       は      ギ   ら       然               荒               ス       れ       者       す       ま               か                       す       れ       全
                                                                                                                                     声                                               ー                                                      論
の              お   労       と       キ      府       た       の       現               独       尊      リ   れ       と               地               ラ       る       た     」         す       ム       ら       預               る       て       に      は
倫       ヨ      い   働       ん       ス      広       し       カ       実               自       敬      ス   た       現               を       が       ー               ち       反                       お       言               の       い       自
                                                                                                                                     湧                                               の                                                      常
理       ー      て   者       ど       タ      報       た       リ       の               の       す      領   小       れ               行               ム       テ       が       政       で       不       隠       者               で       る       由      に
的       ロ      確   か       を       ン      官       ち       フ       理               国       べ      イ   さ       る               く       き       的       ヘ       目       府       も               れ       ム               す       の       な
                                                                                                                                     上                                               在                                                      イ
秩       ツ      か   ら       占       の      の       は       の       想               家       き      ン   な                                       な       ラ       指       集       そ       ゆ       に       ハ             」         は       ら      ス
序       パ      に   の       め       大      老       そ       時       国               を       宗      ド   人       建               彼       が       世       ン       す       会       の               な       ン               シ       神       社
                                                                                                                                     つ                                               え                                                      ラ
を       は      世   送               地      人       の       代       家               求       教      帝   工       国               方               界       の       の       に       解       に       つ       マ               ー       ゆ       会      ー
作       イ      界   金       ア       の      は       よ       に       を               め       者      国   首       後               に       た       の       夜       は       出       釈               た       ド               ア       え       は
                                                                                                                                     。                                                                                                      ム




                                              83
                                              31                                                                                                                         30
                                                                                                                                                                         82
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf
国書Pdf

More Related Content

What's hot (18)

2011 08-13 beta2-sample3
2011 08-13 beta2-sample32011 08-13 beta2-sample3
2011 08-13 beta2-sample3
 
Kanazawa app音巡り
Kanazawa app音巡りKanazawa app音巡り
Kanazawa app音巡り
 
時局335
時局335時局335
時局335
 
Principle b
Principle bPrinciple b
Principle b
 
Principle c
Principle cPrinciple c
Principle c
 
スキャン画像0001
スキャン画像0001スキャン画像0001
スキャン画像0001
 
Ir Higuchi
Ir HiguchiIr Higuchi
Ir Higuchi
 
Pmd Fp9
Pmd Fp9Pmd Fp9
Pmd Fp9
 
時局334
時局334時局334
時局334
 
眞田行列ウォーキング
眞田行列ウォーキング眞田行列ウォーキング
眞田行列ウォーキング
 
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoroNatsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
 
休眠口座白書
休眠口座白書休眠口座白書
休眠口座白書
 
メアリアンとマックインPdf
メアリアンとマックインPdfメアリアンとマックインPdf
メアリアンとマックインPdf
 
99956419 よこはま本への旅 10限目
99956419 よこはま本への旅 10限目99956419 よこはま本への旅 10限目
99956419 よこはま本への旅 10限目
 
Dannapossession
DannapossessionDannapossession
Dannapossession
 
Learning JP
Learning JPLearning JP
Learning JP
 
E Lp F10 R A Operation P59
E Lp F10 R A Operation P59E Lp F10 R A Operation P59
E Lp F10 R A Operation P59
 
片道分
片道分片道分
片道分
 

国書Pdf

  • 1. の 詩 篇   第 二 鶴 の 山 書 裕 司   金 魚 屋 プ レ ス 日 本 版 3 2
  • 2. 次 西 東 故 馳 国 改 六 七 而 及 而 敝 交 隣 方 方 使 价 前 代 年 来 先 王 邦 亦 有 道 、 之 、 丘 何 、 以 非 馬 墓 負 自 為 、 島 、 於 古 和 行 雖 敝 貴 而 好 旧 以 邦 国 然 之 交 君 也 、 食 存 南 中 書 東 陰 之 和 二 験 事 臣 哉 百 卓 在 面 原 跡 方 陽 、 道 為 、 、 年 不 、 痛 壬 苟 請 来 腆 如 、 心 辰 朝 切 、 土 斯 実 之 海 鮮 宜 骨 変 波 日 国 、 敝 、 則 邦 、 、 不 本 王 豈 義 国 具 所 無 揚 李 載 非 不 故 、 王 昭 萬 耻 別 両 、 與 動 何 徳 敬 暦 国 貴 莫 川 三 幅 承 兵 、 生 聞 国 、 非 秀 十 霊 共 構 天 忠 五 統 今 希 之 者 戴 禍 朝 宛 年 福 一 極 之 国 正 盛 、 亮 也 貴 天 惨 賜 書 月 46 40 32 28 22 18 12 、 、 、 、 5 4
  • 3. 新 極 中 大 東 東 用 文 陸 献 一 覧 自 新 渦 白 理 極 師 台 礼 戦 追 祖 中 侵 国 母 西 静 由 大 巻 鯨 想 東 弟 所 節 後 放 国 東 略 家 国 方 物 陸 154 148 142 136 132 126 118 114 110 106 100 94 88 78 74 68 60 56 50 7 6
  • 4. 字   安 井 浩 司 世界図屏風 十七世紀 9 8
  • 5. 地 王 わ つ 治 闇 を 無 か 汝 え に の す 犬 む に 賜 き な ら る 増 肉   を 至 蠢 る 賤   土 こ え の 官 飼 高 く   で 孝 地 と る 言 吏 う の   蟻 あ   を な に 葉     掟 王 の る 信 耕 い わ に 学 管   は よ     し 一 れ 耳 者 弦 わ 言 う 身 廉 て つ ら を が の れ 葉 に を は 食 の 陽 傾 直 酔 ら を 玉 以 汝 い 種 根 け 言 い 王 統 座 て ら   族 な る に の の べ に 王 の 糸 で く   よ 最 好 る 侍 の 生 を あ   富 り 中 む 唯 り 歓 と 織 る 女 貴 位 に 駿 一   心 共 つ   に も を   馬 者 魚 を に て あ 植 ま 得 夢 を   の 買 あ 着 あ え た る 幻 求 言 鱗 い り る   る 王 よ の め 葉 の       星 種 の う 如   に よ 時 わ 無 辰 な 言 に き 強 よ う に れ 言 の く 葉   美 き り に 苛 ら の 巡     わ 女 歯 世 宮 烈 一 良 り だ 汝 れ を を 界 殿 な 物 き に が ら ら 舞 持 を の 死 も 民 陰 陽 11 12 10
  • 6. る 旅 れ に 望 の の わ さ 服 に り る 者 寿 て る ら 午 定 者 の 天 の 黒 き 似 潤   寝 ら 炙 む 声 よ れ れ 従 閉 先   た が 玉 は に 門 ま あ 行 は 影 の わ た さ 地 し と ら   を う ら ば だ ざ は だ ち れ 座 良   に る ら と 王 と 衣 輝 玉 ん に て 共 れ だ 詩 に の 汝 け さ 内 が で て を き 死 集 」 ば 事 権 な に く 座 と 深   に   が に 王 国 ら が れ 廷 汝 あ あ 拝 者 に い と 悉   「 の る 身 星 の 欲 き 死 俗 己 汝 紡 の で わ 正 た   ら る る す で 至   わ く 理 こ   を の 転 我 と 汝 す 穴 に 世 が   ぐ 周 は れ 名 禁 王 は   わ べ あ る 黎 れ 滅 を で わ り 包 西 変   を 上 の 影 わ   囲   ら の 域 と 決 藩 れ し る ま 明 ら ぼ あ ら み 方 の 諫 わ 穴 穿 君 汚 の れ 市 を 倫 と 実   皇 し 国 ら     で と の さ め り   に 内 は ち な 穢 短 ら 場 巡 理 共 で 汝 后 て の の 中 汝 廷 共 王 ん   れ 人   に る ら 女   く に き の の る   に あ ら と 乾 王 帝 極 ら 杖 に は   者 し で 天   の 混   塗 を 如 汚   道   る 畏 女 清 ら 国 殿 皇 を 遙 記 千 か に は 命 わ 不 あ よ 陰 沌 下 れ 恐 く れ 王 徳   れ 官 門 は   に 極 与 拝 し 人 ら し な を れ に の 臣 ん れ 群 を に を 可 全 よ と を 忠 建 は 殿 え す た の 物 り い 捧 ら 視 ば 王 通 水 な   る れ 嫌 疎 説 て   わ 潜 誠 極 金 の ん べ   屍 斬 言 人 持 の ず を く 汝 者 る い ま く の の 王 れ る を 殿 色 前   し さ に わ へ と し 星 王 り の る 柄   ら ら 者   れ 賢 言 は ら こ 誓 に の 庭 皇   れ よ 殺 ぬ し て が か 杓 四 髑     深   哲 を 葉 天 の と い 上 光 で 極 さ ば り   遙 て い 瞬 言 さ か   で 時 髏 さ 夏 山 文 の は の た を   る 満   門 な 汝   ん 天   る い わ 掬 煩 を れ 日 幽 人 知 葉 王 正 め 得 財 は ち 三 を く ら 治 命 な 人   て   距 れ い い 枕 ば の 谷 墨 は で に 名 の ぬ 宝 さ る 跪 潜 ば 夜 世 帝 を で わ い ら   無 に 汝 よ の 客   見 向 で     と ら   九 る わ 明 自 表 離 は れ る 位 を 性 遍 き 冬 ら う 隠 は 月 つ か あ 紫 そ 宴 に 朝 叩 を れ け ず を す な ら   な く を 野   な 棲 怨 の め の れ を 良 日 頭 許 ら 前 か は 測 い 灰 ひ う る 窺 く 地 知 に わ 力 を 嗟 暈 よ 賜 き し さ る 王 と と     帳 よ に 汝 に ら う 王 。 。 14 13 13 12
  • 7. れ 水 わ の れ 最 言 く 原 貧 大 分 無 治 蒼 ぞ け 水 る 女   ら 平 れ 名 ら 中 を   に を 道 か し か 穹 太 る   饒 に 汝 の に ら を の の 以 古 新 恐 を て   ら に 極 陽 鉄 舌 仕 ら 都 拡 は 亡 み 哀 て き た れ 這 ば 縄 乱 至 に は を に え の を が 夜 く   惜 治 王 な ん う 成 の へ 高 性 陰 腐 耳 る 影 辞 る 闇 す だ に め よ 王     り 如   の あ に ら 澄 者 の す 世 に 時 が 耽 ん り が 偉 何   く 上 塔 ら 包 す ま   多   界 紛   天 る と も 覇 大 ぞ 成 撚 古 を ん ま も す 芳 様 わ の れ 世 道   す 苛 を な 生 れ り に 仰 時 れ 水   香   れ 核 て を を そ   酷 争 る を ば 出 楽 げ あ     水 満 わ ら   帝 避 外 の 暴 な い 明 恐 忽 さ 園 ば ら 陰 帝 は ち れ は 今 都 く れ 無 虐 恭   は れ ち れ 無 傾 ん に 位 水 る ら た は を る   言 淫 順 鉄 翳   毀   く ぐ   包 を 自 後 歩 だ 球 去 た 地 の 蕩 を よ り 死 る 縄     さ ま 満 身 宮 む 歩 体 る め の 言 の 強 り   を   の 中 わ れ れ た の で こ む 上   の 理 を 限 い も 玉 恐 蛇 如 古 れ ば る す 上   と   の か わ を 知 り る 冷 の れ は く に ら 汝 陽 は を 暗 で わ 染 つ れ 失 る を   た 如 ん 自 連 聖 の と は 泥 走 渠 再 れ み て ら い は 尽 常 く き   ら な 無 叡 わ 突 濘 る の び ら に の の     く に   清 富 の る く 智 れ き と   如 中 は 過 地 朝 万 た し 力 火 が 貴 尾 今   が ら 抜 水 岩 き へ 日 ぎ 上 が 物 だ   で よ 曇 を を 時 近 華 は け   を 口 と の ぬ の 滅 が 王 愉 奪 り る 恐 銜   古 と 同 る 突 砕 よ 至 作   華 ぶ 各 と 楽 い も   れ え 泥 に 開 類   き く り る る わ     々 わ の   熱 中   て を 義 く   何 抜 は 溢 。 。 16 15 15 14
  • 9. い え い そ 和 は う は 沈 は き め と あ 絶 産 た た の ま 秋 り る あ 味 サ ば の の で な   沈 黙 捨 ま に で り 望 と   の 一 し の が   な も ラ ほ で 質 あ ら あ 黙 の て し 銃 帰   し   収 で 人 た 光   う た あ ダ と す 問 る ず な の 表 犬 た を 属 す て 他 容 す で   が 世 つ は り が ん   が が   た 意 現 の   撃 を ぐ   処 所   あ し 差 界 む 私 ま 盛 ど 私 無 ゆ む を 味 を よ 国 ち 許 に 私 で を い り か し と き が せ ら は が 意 え し 愛 が 授 う 家   さ 捕 は は 怖 つ   し 込 の 目 い ん れ 女 作 味 に ろ し   け に と そ れ ら 祖 得 れ か そ 私 む 和 を つ     た る だ   あ て な て 街 民 の ま え 国 ら て お の は ア 解 伏 も 女 温 ち の と わ な い ん く を 族 た し ら を れ で 話 定 あ ト を せ 苦 た か が は は た た ま と だ 彷 が び た れ 脱 ぬ は し め な リ ど て し ち い 使 実 思 し が す 大 さ 徨 私 に     出 人 な ま を た エ こ い げ は お う 用 い た 私   き い う を 母 私 こ し 々 く し 私 と で ま る な 食 茶 日 品 ま ち に あ く ま 私 引 国 は の ま と   た 自 同   で と 表 卓 が 用 で せ が と な 異 し を き 語 味 国 し の 築 ね 身 じ あ も 「 情 を 注 品 あ ん   つ た な た ア 裂 の 方 の た 結 き   の く な 拒 そ を 飾 が で り   光 て が つ   ト い 悲 の 義   び 上 私 摂 迫 た み の し る れ す   で と   決 て た リ た 鳴 猜 勇 で つ げ の 理 害 は 続 頑 て さ な   も も 影 最 し い だ エ の が 疑 軍 も き て 父 と さ 優 け な い さ け そ つ 私 で も て る あ に で あ を に 私 を き は し れ し て な る や れ こ と は あ 本 私 こ な 招 す が 拭 志 は 失 た 自 て 続 く い 拒 と か ば に 正 関 る 質 の と た き   る い 願 敵 う 僅 死 受 け 私 る 絶 お な な 瑞 確 心 ゆ 的 も で と 入 あ の 去 す 国 こ か し け た を の の つ 花 ん 々 に が え な の し 私 れ な を る る 人 と な ま 入 民 諭 よ 身 し 静 に を の し 言 な 。 異 と よ で   た 聞 た こ で に 財 し れ 族 し   」 振 や 物 19 51 18 50
  • 10. か す を 現 高 に つ 全 存 す で 居 石 た や あ し が え す の す に 満 空 寡 出 そ き 起   掛 で い 収 も て 在   も 場 と し 袖 れ た 作 て   作   生 た 洞 黙 し こ で こ 窯 け き 塔 ま 同 が と 私 な 所 コ た を ら ち つ い 新 品 独 命 さ の で ま に は ら に   る を る じ 自 し は い で ン ち 留 も の て ま た を 創 を れ 美 す す 挿 あ な 入 何 こ 希 ほ 形 由 て 街 者 す ク の め ま 生 い す な   や 宿 る し     す り い れ 度 と 求 ど 状 な 作 の と   リ 夢   た 活 た か 創 私 特 し た さ 皿 饒 の ま の る も に し の で 魅 品 片 し 華 ー と 胸 内 を ボ   作 は 異   め は や 舌 で せ で の ヤ 驚 て 空 す 惑 を 隅 て や ト 希 元 と 支 タ あ は そ さ や に あ 鉢 は す ん す は ス き   間   的 望 に 生 か と 望 を 外 え ン な い の を が 開 な の 女       一 リ ま そ で 私 瞬 み ひ き さ ア を 華 を て の た つ 都 私 て か た ま た 私 あ あ 度 で し れ 良 は 間 ま つ ら を ス 包 や 隔 く こ が も 度 は 外 れ も ろ ち は る な だ 削 た が い 無 で す そ れ 好 フ み か て れ と ア 新 新 求 へ て ご や の 土 人 た け ぎ   ほ こ 限 す   り る む ア 込 に る た を ト た 鮮 め と い 存 か も の は と で 落 私 ん と の   白 と の か ル む す 一 あ   リ な な ま 溢 ま じ な の 塊 彫 は す と は の を 平 た い 息 で ら ト   る つ の 戦 エ 驚 驚 せ れ す で 窪 だ か 刻 異   し 白 数 知 原 だ 陶 づ す で で さ 陶 の 愛 後 に き き ん 出   し み か ら だ な 奇   の 十 り を 私 土 き   は 作 さ 製 閾 ら し 来 を を   す 女 よ   ら   と り 跡 針 器 セ ま 望 が を ま 顔 な ら や の で し ば た も も 同 た た う そ   無 言 私 は 金 に ン し み 生 轆 す も く れ か 装 す い ら 頃 た つ じ め ち   し 私 か い の い で 黒 チ た   み 轤   名   た な 飾   小 く に ら て 形 の の そ て の ら   作 つ 線 や の   そ 出 で そ 前 そ 都 器 品 女 物 の わ し 作   空 子 れ 壺 作 作 あ 品 も を 茶 円 雲 れ す 挽 の も こ 市 な で た た 間 た ま り 同 虚 宮 は や 品 品 る は 一 刻 の 筒 よ が の く よ 不 で が の す ち ち   し す 上 じ な の い 花 は を 人 実 度 み 釉 で り 両 は の う 要 は 私 で   の を わ た   げ 色 の よ つ 器 常 生 は 用 し ま 薬 表 も 手 い は な で 誰 の す わ 襟   た ち 覚 ま 彩 で う 。 も の に み 53 21 20 52
  • 11. す れ う づ の つ に が か 色 に げ ら な 移 雨 あ す そ な つ た 点 だ 現 な   て に け こ も 失 引 れ を   ら 色 光 ろ 雲 り   れ く か 視 で ら 代 か あ ゆ 頼 ま と 変 わ き て な 私 れ が を い の ま 大 が 存 そ 線 全 け 美 つ な く み し は わ れ 受 い く の た 失 放 ま よ せ 地 ど 在 れ を 体 の 術 た た 難 ま た と ら て け ま す 作 腕 わ つ す う ん に う し が 投 を 私 だ 愛 と 病 し   き ぬ し て す こ 品 が れ ピ   に   も し ま 在 げ 支 の と の 同 で た お お 姿 ま く   と も 動 る ン 白 灰 男 空 た す る か え 作 評 成 様 亡   墓 り で う れ 静 は そ き の ク 地 色 の に と   こ け て 品 し 就 に く 十 は 思 作 家 ま 寂 あ の を は 色 の の 人 も い 世 と   い は ま も   な 四 作 い 品 族 す と り 形 止 不 の 下 縞 の 色 う 界 を す ま 世 す 望 私 つ 年 ら 出 は の   沈 ま を め 幸 波 に 模 声 彩 の か 思 ぐ す 界   み も た 前 ず し 食 声 飽 黙 せ 歪   な と 微 様 が が で ら い に   の ど ま 死 あ に   ま 卓 を く に ん め 躊 こ な か を 黒 満 し 追 出 忘 人 凝 ち せ 後 な   遺 す の 吸 こ 包   る 躇 と つ に 描 か ち よ 放 す れ 々 縮 ら ん の た 徐 灰   片 い と ま ま こ い で て 浮 く ら て う さ の て は で で   世 の 々 は 今 隅 込 な れ た と で す 打 か よ 緑 い   れ で し 興 あ も た 界 遺 に 丘 日 に み く た 器 が 心   ち ぶ う に ま 色 た す ま 味 り い だ を 灰 身 の   あ   繰 永 は あ が 受 寄 青 に 変 す と 世   い と   い 土 信 が 体 上 私 り 不 り 遠 外 り 揺 け せ で   わ   形 界 私 ま 訝 ほ の に じ 撒 の に は ま 安 返 の へ ま ら 入 ま あ 女 り そ は そ の す し ん で 還 ま か 動 散 遺 す 定 さ 生   す ぐ れ す り た   れ 無 の 作   さ の す る せ れ き 布 言   だ れ は 外   時 よ     ち た だ 限 も 品 し の 数   の ん た が す を あ け     へ し の う 世 鮮 の な け な の は か 混 ミ 黒 で   丘 失 る こ な ど す 作 と か よ と 界 や 声 び で の で 視 し じ リ く す 叶 で わ よ と た い す ぐ 品 開 し う 拡 か か も く は で 線 い つ の 傷 。 。 55 23 54 22
  • 13. 遠 に 物 べ て リ ス が し こ せ り ン た 流 な 全 た ン は の 地 た デ 新 め に が 語 に い の ラ あ と う ら   「 ダ   暢 け 体 亜 ド 様 言 を だ イ 月 正 れ れ 熱 に 示 義 を 合 る 外 ー り   」 言 勝 人 ジ な 性 ネ 々 語 行 一 ー と テ さ 紡 わ   国 ム   こ う た 利 の ヤ 英 ば が 帯 シ な   く つ ナ 共 ー れ だ ぐ せ ヒ 人 が 仏 で   「 支 カ 語 な 失 の ア 形 一   の へ に の の ブ な つ   「 て ン 用   教 し マ 配 ル を り わ 島 の 状 つ イ 神 の 新 国 都 ル い た   デ ホ 大 と よ ジ は タ 喋 ま れ 国 密 に の ス の 預 た の ど に 市   「 の   紙 イ テ 航 ヒ は う ヨ 」 一 の り せ た 林 分 民 ラ 啓 言 な で う ん 示 間 そ や の ル 海 ン ア   リ と 九 旧 イ の ど が 断 族 ー 者 時 し 行 を の 動 木 叙 の 時 デ ジ 私 テ い 四 名 ン   」 で こ 見 さ が ム の の が 走 意 よ で 事 中 代 イ は 二 は ド 首 す か え れ 国 は 書 聖 始 す ア イ う ヒ り 味 う 作 詩 庭 に 教 確 年 パ ネ 都   で る た 境 世 で 遷 ジ ま べ の は 古 ユ   」 あ ラ 回 を ら 『 で は の ど か イ い の タ シ の わ 断   神 を 界 を る き る る 知 叙 れ ラ は キ 古 の に ス サ 日 ヴ ア 高 た ち 太 の 画 を 暦 土 だ 聖   つ 事 た ー 毎 リ 層 国 ム ラ ン 本 イ 語 層 し 切 平 領 す 覆 ク の 地 つ 典 ル 現 て 詩 ワ マ 夜 ス が で ス ー ス 軍 ア で マ た ら 洋 土 る う ア 始 を た ー 地 い は ヤ ヤ 影 ト あ も リ ム ク の   書 ン ち れ と   こ 共 に ン ま 行 の ウ の る 問 ン ー 絵 教 り 見 ム で リ 占 三 く シ は た イ 飛 と 同 帰 り く で ン 従 の い 人 ナ 芝 が   ら で す ツ 領 百 作 ヨ そ の ン 行 は 体 依 と   し マ 業 は か 形 』 居 到 十 れ す   ト に 年 家 ン れ で ド 機 な で す し マ よ 員 サ け が の が 来 二 る   で 語 よ に は の を す 洋 の い あ る   ツ う た ー 答 光 哀 上 し 世 精 だ も の つ 渡 そ 一 取   に 窓   り 人 こ カ か ア ち ビ え と 切 演 た 紀 霊 ニ が 誰 名 て る う 室 り 精 挟 か だ   々 の か 」「 だ ス は 影 な さ   に 信 ミ し も が 終 オ 言 で 戻 神 ま ら が 一 の 世 ら け の 永 な の 調 れ バ イ 仰 ズ ム か が 冠 わ ラ つ   さ 的 れ イ 今 つ 土 で マ 中 東 79 27 78 26
  • 14. し こ 大 ム が 「 そ 市 バ 言 界 の 肖 の が め あ 服 油 つ 漠 か 栄 国 取 し わ で だ ザ 一 と イ れ 場 ー つ を 圧 像 車 行 ま り を が た   た 事 の 世 な が は り よ た す   「 ル 九 で ス ら に て 築 政 画 内 政 す ま 着 も 『 空 法 な 信 界 女 宗 穏   う し   七 ウ す ラ イ こ   の は は 口 か が か 立 す て た 千 港 学 こ 仰 を 教 や 強   」 た だ ラ 九 ー ス 単 商 を う ら 見 ら 法 規     ら 夜 の 者   」 と は 創 眉 と か 大 ち が マ 年 ー ム ス ラ な 品 噤 と わ え   司 範 被 一 す 一 国 は 聖 は 純 造 の 民 な な の や の は カ ー る が ん し た る 役 法 は 造 心 巨 夜 際 そ 地   粋 し よ 俗 民 軍 矛 が イ 単 ル ム 物 溢 だ た し   所 権 も 物 に 万 物 線 う の な で た う の 主 が 盾 て ラ 純 ノ に で れ   の た 彼 の の ち で 神 の 語 出 語 霊 に す と な 対 政 擁 と 現 ン な   は と あ て 西 で ち も 壁 上 ろ あ へ 富 』 発 つ 廟 よ   深 宗 立 体 立 日 混 れ 革 青 つ り い 側 す を ま に 位 ん る の は の ロ た の り 天 く 教 を に し 本 乱 る 命 白 て   る の   」 救 で た 描 に 神 人 祈 見 お ビ   片 も も 信 で の 包 移 た 軍 を 真 不 敬   厳 運 つ 法 か あ の 間 り 当 伽 ー 回 隅 神 地 じ す み 行 ス に 解 に す ウ を 剣 正 虔 し 転 た 学 れ り 言 は た の で 廊 で の も て   込 し ハ 協 消 イ か ラ は Toshiba Sony Apple・・・ な い の 者 マ た ま 葉 神 捧 ら 国 見 の   御 神 お あ の ん た ル し ス 手   よ 力 悪 信 経 兼 で ホ   ー 大 す で の げ な の か 外 白 意 の ら な で   ト す   ラ て う で 仰 済 通 す メ 神 き   」 す 代 い 人 け は 髪 志 所 れ た い か の る こ ー す に 統   イ の な ホ   理 い   々 た 地 混 を 有 た が な る つ 時 の ム   訳 こ 対 制 真 ニ 言 ホ テ 聖 ク と る 誰 の   平 じ 正 物 の た 月   て 代 国 的 汚 の ル   「 が と す に 男 の ー 葉 メ ル 典 ア ー し も 姿 華 線 り 確 で で も 夜 な を で を な 職 る も 信 の イ に ン て が は や ま の に す す か 輝 空 い 経 浄 指 は 師 に 主 独 は 神 関 仰 代 ニ 基 世 く な か で 髭 理     つ い に ほ て 化 導 そ が 帰 権 立 恥 か わ 者 シ 弁 ー づ 界 す い に 続 を 解 だ ム て て は ど   す 者 こ る は を ず ら ら の ヤ 者 師 途 く を ん   着 く 伸 す か ス は い 艶 の こ る が ま 神 勝 べ の   ず 世 ー   の 中 法 治 だ 石 飾 砂 ば る ら リ 神 る や 繁 の で   で に 。 ち き 81 29 80 28
  • 15. は が ラ 恵 誇 う 三 創 た で か 都 に 高 ジ 再 は 神 席 を わ イ の 派 で 混 と 贈 ス 一 こ ブ み ら な 十 り の 政 ら   「 緻 層 ー 生 暗 の し 誤 た マ 直 は す 乱 は り の つ の 湾 は し 国 二 出 で 治 分 密 ビ プ を い 下 て る し ー 系 千   に 何 物 国 家 す パ 」   「 な ム 個 と 教 で 岸 少 げ 年 し 家 離 な ル は の い た で 年 陥 か え す の 諸 な に を 間 ま   で 独 キ 都 が 太 と 民 た ら ち の   以 の り に し ス 西 を   経 国 い そ 作 存 し そ し 立 市 立 陽 誰 主 学   は 再 十 上 自 ま 行 て タ で 適 し 済 や   う ろ 在 た の た し 計 ち に か 主 生 さ 神 臨 二 も 由 す き あ ン も 度 か を ヨ 綿 言 う し   始   ま 画 並 灼 が 義 は ら の を 代 指 は   着 る は 東 イ に し 支 ー や つ と た 預 ま し し に ぶ か 叫   そ な 代   「 目 導 マ イ 世 き   「 一 で 緩 精 え ロ 小 た し 宗 言 り か た よ イ れ び も う る 理 に 者 ー ス 界 ま 九 イ   も 神 ム わ め 神 て ツ 麦   た 教 者 に し   つ ス ス た う 説 革 人 忽 を ラ に す 四 ま な の た て は い パ が 干 の 国 と お わ ガ て ラ ラ 灰 す 明 命 を 然 待 ー 調   七 マ た く 沈 し 民 異 る へ 輸 涸 で 家 最 い た ン 作 ム と   ぐ し は 必 と つ ム 和 人   「 年 バ 大 黙 た 族 な の 出 ら す で 初 て し デ り 市 ー 褐 最 日 た 必 要 こ て が が 間 聖 き と ち と り 経 出 品 び   」 す の ク た イ に 上 が ド 色 も が   然 と の い 保 保 が ル な イ の 政 ま 済 稼 の た 元   四 典 ア ち ー イ げ 忽 の イ 暮 若 で し 世 る 証 た 完 ー 歓 マ 議 治 す に ぎ ほ パ 政 わ 代 は ン は は ギ ら 然 荒 ス れ 者 す ま か   す れ 全 声 ー 論 の   お 労 と キ 府 た の 現 独 尊 リ れ と 地 ラ る た   」 す ム ら 預 る て に は 倫 ヨ い 働 ん ス 広 し カ 実 自 敬 ス た 現 を が ー   ち 反   お 言 の い 自 湧 の 常 理 ー て 者 ど タ 報 た リ の の す 領 小 れ 行 ム テ が 政 で 不 隠 者 で る 由 に 的 ロ 確 か を ン 官 ち フ 理 国 べ イ さ る く き 的 ヘ 目 府 も れ ム す の な 上 在 イ 秩 ツ か ら 占 の の は の 想 家 き ン な     な ラ 指 集 そ ゆ に ハ   」 は ら ス 序 パ に の め 大 老 そ 時 国 を 宗 ド 人 建 彼 が 世 ン す 会 の な ン シ 神 社 つ え ラ を は 世 送   地 人 の 代 家 求 教 帝 工 国 方 界 の の に 解 に つ マ ー ゆ 会 ー 作 イ 界 金 ア の は よ に を め 者 国 首 後 に た の 夜 は 出 釈   た ド ア え は 。 ム 83 31 30 82