SlideShare a Scribd company logo
NSHashTableで
Delegatesパターン
自己紹介
@starfruits_j (Little Gleam)
株式会社 Azione
株式会社Azione のiOSアプリ開発、管理職
昨年末にSQLを書くことが嫌いということでNyaruDBと
Realmについて発表しました
PHPではlaravelがお気に入り
開発実績デコメーラー
Nator
モバスペブック
© 2014 Azione Co.,Ltd. All Right Reserved.
個人でもアプリ出してますQRコードリーダー
FF10 モンスター捕獲数カウンター
hackadl
WebPage翻訳for Safari
発表内容Swift!?
NSHashTable
使い道について
Objective-Cが好きnilをスキップできるところ
weak参照(ARC)があるところ
メソッド名が長いところ
NSHashTableという存在
使い方NSHashTable * hashTable = [[NSHashTable alloc] init];
[hashTable addObject:@"test"];
[hashTable addObject:@"obj"];
[hashTable removeObject:@"obj"];
NSLog(@"table: %@", [hashTable allObjects]);
NSArrayというよりNSSetを拡張したような感じ
ユニークなコレクション
options
enum {
// default is strong
NSPointerFunctionsStrongMemory NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (0UL << 0),
NSPointerFunctionsOpaqueMemory NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (2UL << 0),
NSPointerFunctionsMallocMemory NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (3UL << 0),
NSPointerFunctionsMachVirtualMemory NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (4UL << 0),
NSPointerFunctionsWeakMemory NS_ENUM_AVAILABLE(10_8, 6_0) = (5UL << 0),
NSPointerFunctionsObjectPersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (0UL << 8),
NSPointerFunctionsOpaquePersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (1UL << 8),
NSPointerFunctionsObjectPointerPersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (2UL << 8),
NSPointerFunctionsCStringPersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (3UL << 8),
NSPointerFunctionsStructPersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (4UL << 8),
NSPointerFunctionsIntegerPersonality NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (5UL << 8),
NSPointerFunctionsCopyIn NS_ENUM_AVAILABLE(10_5, 6_0) = (1UL << 16),
};
defaultではhashとisEqual:を使って比較
速度比較10,000個のUUIDをaddObject
class time
NSArray 0.055016
NSSet 0.023589
NSHashTable 0.022918
速度比較ArrayにcontainsObject:を追加
class time
NSArray 3.670467
NSSet 0.021289
NSHashTable 0.021819
真意はNSPointerFunctionsWeakMemo
ry
[NSHashTable hashTableWithOptions:NSPointerFunctionsWeakMemory];
[NSHashTable weakObjectsHashTable];
Objectが破棄されると自動で削除NSInteger max = 1000;
@autoreleasepool {
for (NSInteger i = 0; i < max; i++) {
NSString *str = [NSUUID UUID].UUIDString;
[ht addObject:str];
NSLog(@"count %ld", ht.allObjects.count);
}
}
NSLog(@"count %ld %@", ht.allObjects.count, ht.allObjects);
countは反映されないので、allObjects.countが良いかと
何に使おかUIScrollView.delegate
UIWebView.delegate
大人気!でもdelegateは1対1
1対多のパターンが欲しい
NJKScrollProxyパターン?
_scrollProxy = [[NJKScrollFullScreen alloc] initWithForwardTarget:self]; // UIScrollViewDelegate and
self.tableView.delegate = (id)_scrollProxy; // cast for surpress incompatible warnings
_scrollProxy.delegate = self;
delegateは1対1の通知パターンなので仕方ない
1対多と言えばKVO
contentOffsetをKVOで監視したり
ドラッグのスピード等は独自実装しなければならない
KVOはおそらくassignで保持してるので、removeObserver:
忘れるとクラッシュする
そこでDelegatesパターン- (void)addDelegate:(id <NantokaDelegate>)delegate;
- (void)removeDelegate:(id <NantokaDelegate>)delegate;
- (void)removeAllDelegates;
addDelegate - NSArray
- (void)addDelegate:(id <NantokaDelegate>)delegate {
if ([self.delegates containsObject:delegate]) {
return;
}
[self.delegates addObject:delegate];
}
同じ通知を複数回投げる必要はないのでcontainsObjectす
る
addDelegate - NSHashTable
- (void)addDelegate:(id <NantokaDelegate>)delegate {
[self.delegates addObject:delegate];
}
スッキリ!
登録されたdelegatesに通知- (void)scrollViewDidScroll:(UIScrollView *)scrollView {
for (id <UIScrollViewDelegate> delegate in self.delegates) {
if ([delegate conformsToProtocol:@protocol(UIScrollViewDelegate)]) {
if ([delegate respondsToSelector:@selector(scrollViewDidScroll:)]) {
[delegate scrollViewDidScroll:scrollView];
}
}
}
}
DegatesパターンにNSHashTableを使うと幸せになる理由delegatesをNSArrayで管理するとretainされる
delegateは基本的にasign < weak参照が良い
deallocでdelegate = nilする場合等、循環参照の問題
assignの時は非同期通信等、通信完了前にdelegateが破棄
された場合にクラッシュ
dealloc等でdelegate = nil する必要があった
weakなら何も起こらず安心
NSHashTableならweakで管理できるので解放いらない
delegatesパターンってあるの?
聞いたことないです
議論はちらほらあって、権限を移譲できる人が沢山いるの
は良くないとか
実はAppleが採用してたりとか?
とりあえずプロジェクト内を
検索してみた
あった!
AFURLSessionManager
- (void)addDelegateForDownloadTask:(NSURLSessionDownloadTask *)downloadTask
progress:(NSProgress * __autoreleasing *)progress
destination:(NSURL * (^)(NSURL *targetPath, NSURLResponse *response))destination
completionHandler:(void (^)(NSURLResponse *response, NSURL *filePath, NSError *error))completionHa
- (void)removeAllDelegates;
delegatesはNSMutableDictionaryでした。
weak参照の通知と言えば
Realmの更新通知_token = [[RLMRealm defaultRealm] addNotificationBlock:^(NSString *notification, RLMRealm *realm)
}];
_tokenを解放すると監視外れるので、weak参照でblockを保
持
delegatesではないけど、blockを何かにaddして保持してい
る
あった!
NSHashTable *_notificationHandlers
こんなケースにも使えそうMemoryManager的な
+ (instansetype)sharedManager;
- (void)addViewController:(UIViewController *)vc;
- (NSArray *)leakedViewControllers;
- (NSArray *)leakedViewControllers {
NSMutableArray *r = [@[] mutableCopy];
for (UIViewController *vc in self.hashTable.allObjects) {
if (??? vc.parentViewController == nil ????) {
[r addObject:vc];
}
}
return r;
}
Leaks繋がなくてもデバッグできそう!
NSHashTableでDelegates まとめユニークなコレクションを作る場合、速度はNSArrayより
高速、NSSetと同じ
NSHashTableを利用したdelegatesパターンならKVOの
removeObserver忘れのようなことも気にしないでよい
NSHashTableの使いどころ
KVO以外の方法で1対多の通知を実現したい場合
非同期処理のOperation管理
リークチェック等にも使えそう
Which
http://which.photos
Whichというアプリをリリースします
larabel, RealmでSQL書かずに実装しました
もちろんdelegatesパターン使いました

More Related Content

What's hot

類義語検索と類義語ハイライト
類義語検索と類義語ハイライト類義語検索と類義語ハイライト
類義語検索と類義語ハイライト
Shinichiro Abe
 
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのかSecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
Hiroshi Tokumaru
 
MongoDBのはじめての運用テキスト
MongoDBのはじめての運用テキストMongoDBのはじめての運用テキスト
MongoDBのはじめての運用テキスト
Akihiro Kuwano
 
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
kwatch
 
初心者向けMongoDBのキホン!
初心者向けMongoDBのキホン!初心者向けMongoDBのキホン!
初心者向けMongoDBのキホン!
Tetsutaro Watanabe
 
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
infinite_loop
 
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
Shinsuke Sugaya
 
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
Terui Masashi
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
Tetsutaro Watanabe
 
よろしい、ならばMicro-ORMだ
よろしい、ならばMicro-ORMだよろしい、ならばMicro-ORMだ
よろしい、ならばMicro-ORMだ
Narami Kiyokura
 
Aerospike v3 install
Aerospike v3 installAerospike v3 install
Aerospike v3 install
Makoto Uehara
 
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
Takahiro Inoue
 
LastaFluteでKotlinをはじめよう
LastaFluteでKotlinをはじめようLastaFluteでKotlinをはじめよう
LastaFluteでKotlinをはじめよう
Shinsuke Sugaya
 
Introduction to MongoDB
Introduction to MongoDBIntroduction to MongoDB
Introduction to MongoDB
moai kids
 
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
Noriaki Sakata
 
安全なPHPアプリケーションの作り方2013
安全なPHPアプリケーションの作り方2013安全なPHPアプリケーションの作り方2013
安全なPHPアプリケーションの作り方2013
Hiroshi Tokumaru
 
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
Hiroshi Tokumaru
 
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
JubatusOfficial
 
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめる
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめるPython と Xpath で ウェブからデータをあつめる
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめる
Shuhei Iitsuka
 
徳丸本ができるまで
徳丸本ができるまで徳丸本ができるまで
徳丸本ができるまで
Hiroshi Tokumaru
 

What's hot (20)

類義語検索と類義語ハイライト
類義語検索と類義語ハイライト類義語検索と類義語ハイライト
類義語検索と類義語ハイライト
 
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのかSecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
SecurityとValidationの奇妙な関係、あるいはDrupalはなぜValidationをしたがらないのか
 
MongoDBのはじめての運用テキスト
MongoDBのはじめての運用テキストMongoDBのはじめての運用テキスト
MongoDBのはじめての運用テキスト
 
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
【SQLインジェクション対策】徳丸先生に怒られない、動的SQLの安全な組み立て方
 
初心者向けMongoDBのキホン!
初心者向けMongoDBのキホン!初心者向けMongoDBのキホン!
初心者向けMongoDBのキホン!
 
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
大規模ソーシャルゲーム開発から学んだPHP&MySQL実践テクニック
 
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
Fess/Elasticsearchを使った業務で使える?全文検索への道
 
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
Mroongaを選んだ理由と
ちょっと嬉しかった話
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
 
よろしい、ならばMicro-ORMだ
よろしい、ならばMicro-ORMだよろしい、ならばMicro-ORMだ
よろしい、ならばMicro-ORMだ
 
Aerospike v3 install
Aerospike v3 installAerospike v3 install
Aerospike v3 install
 
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 〜解析基盤構築からフロントUIまで、MongoDBを最大限に活用する〜
 
LastaFluteでKotlinをはじめよう
LastaFluteでKotlinをはじめようLastaFluteでKotlinをはじめよう
LastaFluteでKotlinをはじめよう
 
Introduction to MongoDB
Introduction to MongoDBIntroduction to MongoDB
Introduction to MongoDB
 
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
関数プロキシを使って REST APIっぽくを使ってみる
 
安全なPHPアプリケーションの作り方2013
安全なPHPアプリケーションの作り方2013安全なPHPアプリケーションの作り方2013
安全なPHPアプリケーションの作り方2013
 
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
XXE、SSRF、安全でないデシリアライゼーション入門
 
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
データ圧縮アルゴリズムを用いたマルウェア感染通信ログの判定
 
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめる
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめるPython と Xpath で ウェブからデータをあつめる
Python と Xpath で ウェブからデータをあつめる
 
徳丸本ができるまで
徳丸本ができるまで徳丸本ができるまで
徳丸本ができるまで
 

Similar to NSHashTableでDelegatesパターン

ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
Hiroh Satoh
 
hbstudy#6LTyuzorock
hbstudy#6LTyuzorockhbstudy#6LTyuzorock
hbstudy#6LTyuzorock
yuzorock
 
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリオープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
陽平 山口
 
AWS SDK for Smalltalk
AWS SDK for SmalltalkAWS SDK for Smalltalk
AWS SDK for Smalltalk
Sho Yoshida
 
鹿駆動勉強会 青江発表資料
鹿駆動勉強会 青江発表資料鹿駆動勉強会 青江発表資料
鹿駆動勉強会 青江発表資料
Takashi Aoe
 
An Internal of LINQ to Objects
An Internal of LINQ to ObjectsAn Internal of LINQ to Objects
An Internal of LINQ to Objects
Yoshifumi Kawai
 
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
emasaka
 
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
Naoya Ito
 
Laravel における Blade 拡張のツラミ
Laravel における Blade 拡張のツラミLaravel における Blade 拡張のツラミ
Laravel における Blade 拡張のツラミ
Shohei Okada
 
Web制作勉強会 #2
Web制作勉強会 #2Web制作勉強会 #2
Web制作勉強会 #2
Moto Yan
 
AzureでLaravel動かしてみた
AzureでLaravel動かしてみたAzureでLaravel動かしてみた
AzureでLaravel動かしてみた
Keiji Kamebuchi
 
愛せよ、さもなくば捨てよ。
愛せよ、さもなくば捨てよ。愛せよ、さもなくば捨てよ。
愛せよ、さもなくば捨てよ。
Sho Yoshida
 
楽ちんユーザー認証付Spa
楽ちんユーザー認証付Spa楽ちんユーザー認証付Spa
楽ちんユーザー認証付Spa
Takahiro Tsuchiya
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
softlayerjp
 
SQLアンチパターンNight
SQLアンチパターンNightSQLアンチパターンNight
SQLアンチパターンNight
Hironori Miura
 
ServerSideJavaScript
ServerSideJavaScriptServerSideJavaScript
ServerSideJavaScript
Ryunosuke SATO
 
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
Kazuho Oku
 

Similar to NSHashTableでDelegatesパターン (20)

ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶあぷりけーしょんふれーむわーく - YAPC Asia 2011
 
hbstudy#6LTyuzorock
hbstudy#6LTyuzorockhbstudy#6LTyuzorock
hbstudy#6LTyuzorock
 
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリオープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
オープンソースで作るスマホ文字認識アプリ
 
AWS SDK for Smalltalk
AWS SDK for SmalltalkAWS SDK for Smalltalk
AWS SDK for Smalltalk
 
鹿駆動勉強会 青江発表資料
鹿駆動勉強会 青江発表資料鹿駆動勉強会 青江発表資料
鹿駆動勉強会 青江発表資料
 
Groovyコンファレンス
GroovyコンファレンスGroovyコンファレンス
Groovyコンファレンス
 
An Internal of LINQ to Objects
An Internal of LINQ to ObjectsAn Internal of LINQ to Objects
An Internal of LINQ to Objects
 
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
ゲットーの斜め上をゆくWebアプリケーションフレームワークの開発
 
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
SmartPhone development guide with CoffeeScript + Node + HTML5 Technology, for...
 
Laravel における Blade 拡張のツラミ
Laravel における Blade 拡張のツラミLaravel における Blade 拡張のツラミ
Laravel における Blade 拡張のツラミ
 
Web制作勉強会 #2
Web制作勉強会 #2Web制作勉強会 #2
Web制作勉強会 #2
 
ATN No.2 Scala事始め
ATN No.2 Scala事始めATN No.2 Scala事始め
ATN No.2 Scala事始め
 
AzureでLaravel動かしてみた
AzureでLaravel動かしてみたAzureでLaravel動かしてみた
AzureでLaravel動かしてみた
 
愛せよ、さもなくば捨てよ。
愛せよ、さもなくば捨てよ。愛せよ、さもなくば捨てよ。
愛せよ、さもなくば捨てよ。
 
楽ちんユーザー認証付Spa
楽ちんユーザー認証付Spa楽ちんユーザー認証付Spa
楽ちんユーザー認証付Spa
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
 
SQLアンチパターンNight
SQLアンチパターンNightSQLアンチパターンNight
SQLアンチパターンNight
 
Lithium Labo #1
Lithium Labo #1Lithium Labo #1
Lithium Labo #1
 
ServerSideJavaScript
ServerSideJavaScriptServerSideJavaScript
ServerSideJavaScript
 
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
JSX 速さの秘密 - 高速なJavaScriptを書く方法
 

Recently uploaded

論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 

Recently uploaded (12)

論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 

NSHashTableでDelegatesパターン