SlideShare a Scribd company logo
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark
JAWS UG 鹿児島
改めてAWSの基礎の話をお届けします
-これから始めるアマゾン ウェブ サービス-
アマゾン ウェブ サービス ジャパン
シニアエバンジェリスト
亀田 治伸
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
品揃え
顧客体験
顧客数
出店社
パートナー
低コスト体質・構造
低価格
成 長
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark
AWS の基本コンセプト
必要な時に、必要なだけ、低価格で
使用分のみ支払い 初期投資不要  低額の変動費
開発者の作業を阻害しない
ITインフラ
API経由で操作可能な
コンピュートリソースプール
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark
日本で数十万のお客さま 全国に広がる クラウド利用
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark
テクニカル &
ビジネス
サポート
AWS
Marketplace
7サービス
分析
11サービス
IoT
11サービス
機械学習
20サービス
コアサービス
5サービス
マネジメント
ツール
8サービス
DevOps
11サービス
ブロック
チェーン
2サービス
モバイル
サービス
8サービス
アプリ
サービス
5サービス
インフラ
ストラクチャ
7サービス
エンタープラ
イズアプリ
9サービス
移行
7サービス
セキュリティ&
コンプライア
ンス
19サービス
9 サービス
165 を超える主要なAWSサービス
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
クラウドを選択いただける理由
コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減
クラウドを選択いただける理由
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
必要なインフラが数クリックで手に入る
数分で必要なITリソースが
調達可能
10
Instance Type M3 Extra Large
Availability Zone US-West-2b
Launch
aws.amazon.com/managementconsole
Number of Instances
開発環境の構築
本番環境構築
設定実施
新規環境を北米に構築
10台 のサーバ追加
1PB のDWHを構築
納品まで4~8週間
取り付けて2週間
OS・ミドルインストール
で1週間・・・
今まで AWSなら
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減
クラウドを選択いただける理由
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
クラウドの Before/After
予測できないピーク
余剰キャパシティ
余剰キャパシティ
自動、手動で
ピーク対応
リソース不足、機会損失
必要な時に必要なだけ
瞬時に調達
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
初期費用不要・低額な利用料金
データ転送 = 約15.4円 / 1GB
(上りは無料)
※1ドル=110円で計算
仮想サーバー
Amazon EC2 = 約1.1円~ / 時間
ストレージ
Amazon S3 = 約2.7円~ / 1GB / 月
夜間、週末など時間単位で
停止すれば更にコスト削減
 データセンター費用
 インフラ構築費用
 ハードウェア費用
 電気代
 物理ファシリティ
 セキュリティ
 仮想基盤運用保守
 センター運用費用
これらの費用が全て
利用料に含まれます。
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
クラウドのBefore/After and more
設備費用
減価償却費
ハードウェア費用
ソフトウェア関連費用
OS/データベース使用権等
ソフトウェア関連費用
パッケージ製品使用権等
ソフトウェア関連費用
パッケージ製品使用権等
TCO削減(ROI改善)
人的リソース捻出(新たな取り組み)
時間の捻出(質向上)
クラウド利用料
代替機
DDOS(L4)
対策
DB等
パッチ適応
死活監視 特権管理
第三者
監査対応
DC単位での
冗長化
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
リージョンについて
AWS の「リージョン」は、アベイラビリティゾーン (データセンター群)
を束ねた設計となっています。
AZ間はAWSの専用線で接続
AZ間は2ms未満(ほぼ1ms以下)のレイテンシー
AZ
AZ
AZ AZ AZ
Transit
Transit
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
AWS の「アベイラビリティゾーン(AZ)」は
複数のデータセンターによって構成された
耐障害性を意識した設計を採用
AZ
AZ
AZ AZ AZ
Transit
Transit
1データセンターあたり5万台以上のサーバー
データセンター間はAWSの専用線で接続
リージョンとアベイラビリティゾーン
データセンター
データセンター
データセンター
データセンター
• どのリージョンも2つ以上のAZ
• AZは1つ以上のDCから構成
– 1つのDCは2つのAZに所属しない
– 6つのDCを持つAZも存在
• DC間は通常0.25ms未満のレイテンシー
– AZ内のDC間接続は気にしなくても良い
– 低レイテンシー/フル帯域で利用可能
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
低額なコストモデル
規模の拡大とイノベーション… … コストダウンを促進
資本投資
技術投資
効率改善
値下げ
より多くの
顧客獲得
規模の経済
73+
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減
クラウドを選択いただける理由
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
クラウド活用
優先度の
高い業務
優先度の高い業務
インフラの管理・運用
クラウド
の管理
70%
30%70%
オンプレミス
インフラ
30%
クラウドにより運用負荷が軽減
→ 作業内容をより高付加価値に
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
オンプレミス ミドルウェア on EC2 マネージドサービス
お客様がご担当する作業 AWSが提供するマネージド機能
電源、ネットワーク
ラック導入管理
サーバーメンテナンス
OSのパッチ
ミドルウェアのパッチ
バックアップ
スケーラビリティ
可用性
ミドルウェアの導入
OSの導入
アプリからの利用
電源、ネットワーク
ラック導入管理
サーバーメンテナンス
OSのパッチ
ミドルウェアのパッチ
バックアップ
スケーラビリティ
可用性
ミドルウェアの導入
OSの導入
アプリからの利用
電源、ネットワーク
ラック導入管理
サーバーメンテナンス
OSのパッチ
ミドルウェアのパッチ
バックアップ
スケーラビリティ
可用性
ミドルウェアの導入
OSの導入
アプリからの利用
マネージドサービスの特性
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
クラウドネイティブ開発と
セキュリティ
コンプライアンス
(データの安全性)
クラウド と セキュリティ
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
AWS 基本サービス
コンピュート ストレージ データベース ネットワーク
AWS
グローバル
インフラストラクチャ リージョン
アベイラビリティゾーン
エッジ
ロケーション
ネットワーク
セキュリティ
サーバー(OS)
セキュリティ
お客様のアプリケーション・コンテンツ
お客様自身で
コントロール可能
データ
セキュリティ
アクセス
コントロール
AWS責任共有モデル
お客様はこの部分の
統制に関して
AWSにおまかせ
することが可能
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
Amazon VPC (Virtual Private Cloud)
クラウド内にお客様専用のプライベートアドレスの空間を構築
社内ネットワークとインターネットVPNやキャリアの閉域網で接続可能
プライベート パブリック
お客様の環境
Internet
AWS Cloud
VPC
インターネット
VPN接続 (IPSec)
専用線接続
分離したネットワークを作成
インターネット
ゲートウェイ
インターネット
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
セキュリティとコンプライアンスの要件を満たす
インフラストラクチャー
MLPS レベル 3 [中
国]
MTCS
[シンガポール]
PCI DSS レベル 1
SEC Rule 17-a-
4(f)
SOC 1
SOC 2
SOC 3
C5 [ドイツ]
Cyber Essentials
Plus
DoD SRG
FedRAMP
FIPS
IRAP [オーストラリ
ア]
ISO 9001
ISO 27001
ISO 27017
ISO 27018
CISPE
EU モデル契約
条項
FERPA
GLBA
HIPAA
HITECH
IRS 1075
ITAR
マイナンバー法 [日
本]
認証/証明
U.K. DPA – 1988
VPAT / Section 508
EU データ保護指令
プライバシー法
[オーストラリア]
プライバシー法
[ニュージーランド]
PDPA – 2010
[マレーシア]
PDPA – 2012
[シンガポール]
PIPEDA [カナダ]
スペイン DPA 認証
法律・規制・プライバシー 準拠/フレームワーク
CIS
CJIS
CSA
ENS [スペイン]
EU-US Privacy Shield
FISC
FISMA
G-Cloud [UK]
GxP (FDA CFR 21 Part
11)
GDPR
ICREA
IT Grundschutz [ド
イツ]
MITA 3.0
MPAA
NIST
PHR
Uptime Institute の
Tier
UK クラウド
セキュリティ原則
カイゼンアプローチ:
今までできていたことを、
より早く、簡単に、柔軟 に実現できる
イノベーションアプローチ:
今までできなかったことが実現できる
クラウドって何? クラウドで変わるこれからのIT
-これから始めるアマゾン ウェブ サービス-
今後10年間に何が変わると思うか、
頻繁に尋ねられる。
しかし、今後10年間に何が変わらないか
を問う方が、
より重要な知見を得られる可能性が高い。
「お客様はより早く安く、
より多くのものを欲している」
それらの実現手法がテクノロジーで
進化するだけである。
不変の要望であれば、
長期にわたる投資が可能となる。
Jeffrey P. Bezos
Founder and Chief Executive Officer
Amazon.com, Inc.
Amazon Greengrass
エッジコンピューティングモジュール
© 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
© 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
https://www.youtube.com/watch?v=Lu4szyPjIGY&t=1036s
© 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
Prime Air: Drone
https://youtu.be/3HJtmx5f1Fc
https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4
© 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
離陸時に上空の障害物を検知するアルゴリズム
Moving Forward Safely: Amazon’s Approach to Drone Delivery
https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4&t=2752s
© 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
配達地点のオブジェクトを検知するアルゴリズム
Moving Forward Safely: Amazon’s Approach to Drone Delivery
https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4&t=2752s
精度の高い
時系列予測サービス
Amazon
Forecast
リアルタイムのパーソナライズ
およびリコメンデーション
Amazon
Personalize
Amazon.comのノウハウをそのままサービスに
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
皆さんの挑戦をささえる、サービス群
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
知っ得ハンズオンシリーズ
画像認識、音声合成、機械翻訳 IoT (MQTTブローカー)
Serverless時系列データ予測個人化レコメンド
© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T
「少額から始められるクラウド。今すぐ、
使い始めることが、未来の競争力を生みだす。」

More Related Content

What's hot

20170826 Oita JAWS
20170826 Oita JAWS20170826 Oita JAWS
20170826 Oita JAWS
Kameda Harunobu
 
Japan Wrap Up re:Invent2018
Japan Wrap Up re:Invent2018Japan Wrap Up re:Invent2018
Japan Wrap Up re:Invent2018
Kameda Harunobu
 
AWS リモートワークソリューション
AWS リモートワークソリューションAWS リモートワークソリューション
AWS リモートワークソリューション
Kameda Harunobu
 
Jawsdays2021 preday
Jawsdays2021 predayJawsdays2021 preday
Jawsdays2021 preday
Kameda Harunobu
 
2021 days opening
2021 days opening2021 days opening
2021 days opening
Kameda Harunobu
 
AWS Transfer Family SFTP and FTPS
AWS Transfer Family SFTP and FTPSAWS Transfer Family SFTP and FTPS
AWS Transfer Family SFTP and FTPS
Kameda Harunobu
 
Migration to AWS part2
Migration to AWS part2Migration to AWS part2
Migration to AWS part2
Kameda Harunobu
 
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
Amazon Web Services Japan
 
JAWS FESTA 2018
JAWS FESTA 2018JAWS FESTA 2018
JAWS FESTA 2018
Kameda Harunobu
 
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
Amazon Web Services Japan
 
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くすJawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Shinya Yamada
 
Reinvent2017 recap-gaming-session-2
Reinvent2017 recap-gaming-session-2Reinvent2017 recap-gaming-session-2
Reinvent2017 recap-gaming-session-2
Amazon Web Services Japan
 
AWS 資格試験対策講座
AWS 資格試験対策講座AWS 資格試験対策講座
AWS 資格試験対策講座
Kameda Harunobu
 
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
Amazon Web Services Japan
 
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
Amazon Web Services Japan
 

What's hot (20)

20170826 Oita JAWS
20170826 Oita JAWS20170826 Oita JAWS
20170826 Oita JAWS
 
Japan Wrap Up re:Invent2018
Japan Wrap Up re:Invent2018Japan Wrap Up re:Invent2018
Japan Wrap Up re:Invent2018
 
AWS リモートワークソリューション
AWS リモートワークソリューションAWS リモートワークソリューション
AWS リモートワークソリューション
 
Jawsdays2021 preday
Jawsdays2021 predayJawsdays2021 preday
Jawsdays2021 preday
 
2021 days opening
2021 days opening2021 days opening
2021 days opening
 
AWS Transfer Family SFTP and FTPS
AWS Transfer Family SFTP and FTPSAWS Transfer Family SFTP and FTPS
AWS Transfer Family SFTP and FTPS
 
Migration to AWS part2
Migration to AWS part2Migration to AWS part2
Migration to AWS part2
 
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
 
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
[CTO Night & Day 2019] 高可用性アーキテクチャについて考える #ctonight
 
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] AWS のコスト最適化 #ctonight
 
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
 
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のための一歩進んだコンテナ入門 #ctonight
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
AWS Black Belt Online Seminar 2018 re:Invent 2017 Recap Machine Learning / Da...
 
JAWS FESTA 2018
JAWS FESTA 2018JAWS FESTA 2018
JAWS FESTA 2018
 
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
 
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くすJawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
 
Reinvent2017 recap-gaming-session-2
Reinvent2017 recap-gaming-session-2Reinvent2017 recap-gaming-session-2
Reinvent2017 recap-gaming-session-2
 
AWS 資格試験対策講座
AWS 資格試験対策講座AWS 資格試験対策講座
AWS 資格試験対策講座
 
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
【12/5 最新版】AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報
 
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
20190730 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFrontの概要
 

Similar to Jaws kagoshima 20191028

[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
Takanori Ohba
 
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組みSAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
BeeX.inc
 
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
Amazon Web Services Japan
 
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
Amazon Web Services Japan
 
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
Amazon Web Services Japan
 
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイントクラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
Cybozucommunity
 
Management & Governance on AWS こんなこともできます
Management & Governance on AWS こんなこともできますManagement & Governance on AWS こんなこともできます
Management & Governance on AWS こんなこともできます
Amazon Web Services Japan
 
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
Amazon Web Services Japan
 
Innovation and Startups Today
Innovation and Startups TodayInnovation and Startups Today
Innovation and Startups Today
Amazon Web Services
 
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
Amazon Web Services Japan
 
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
Jun Ichikawa
 
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
Takanori Ohba
 
APIに関するセッション資料
APIに関するセッション資料APIに関するセッション資料
APIに関するセッション資料
CData Software Japan
 
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
Yoshitaka Haribara
 
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
マジセミ by (株)オープンソース活用研究所
 
20190723 PubSec local gov webinar
20190723 PubSec local gov webinar20190723 PubSec local gov webinar
20190723 PubSec local gov webinar
Amazon Web Services Japan
 
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
Amazon Web Services Japan
 
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼうJAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
Hiroki Uchida
 
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
Amazon Web Services Japan
 
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャAI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
RevComm Inc
 

Similar to Jaws kagoshima 20191028 (20)

[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
[CTC Forum 2019/10/25] 事例から学ぶ!AWS 移行でデータベースの管理・コストを削減する方法
 
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組みSAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
SAP on AWS最新情報とデジタルトランスフォーメーションに関する取組み
 
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
[最新版は別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Inven...
 
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
[最新版(12/5 最新版) が別にございます! Descriptionをご確認ください] AWS Black Belt Online Seminar A...
 
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
20200219-iot@loft#8_security_of_smarthome
 
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイントクラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
クラウド型グループウェアの選び方 3つのポイント
 
Management & Governance on AWS こんなこともできます
Management & Governance on AWS こんなこともできますManagement & Governance on AWS こんなこともできます
Management & Governance on AWS こんなこともできます
 
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
AWS All Stars ~Lightning Talks x 13~
 
Innovation and Startups Today
Innovation and Startups TodayInnovation and Startups Today
Innovation and Startups Today
 
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
 
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
AlexaのSmart HomeをAWSで作る方法
 
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
AWS におけるモニタリングとセキュリティの基本について - "毎日のAWSのための監視、運用、セキュリティ最適化セミナー" -
 
APIに関するセッション資料
APIに関するセッション資料APIに関するセッション資料
APIに関するセッション資料
 
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを 1ヶ月で作った話 -
 
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
「明日の認証会議 3」講演用スライド 20141002(配布用)
 
20190723 PubSec local gov webinar
20190723 PubSec local gov webinar20190723 PubSec local gov webinar
20190723 PubSec local gov webinar
 
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
Gaming on aws 〜ゲームにおけるAWS最新活用術〜
 
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼうJAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
JAWS-UG 初心者支部 #31 監視編 サーバーのモニタリングの基本を学ぼう
 
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
20190122 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Update
 
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャAI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
AI搭載型IP電話 MiiTel を支える組織とアーキテクチャ
 

Jaws kagoshima 20191028

  • 1. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark JAWS UG 鹿児島 改めてAWSの基礎の話をお届けします -これから始めるアマゾン ウェブ サービス- アマゾン ウェブ サービス ジャパン シニアエバンジェリスト 亀田 治伸
  • 2. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 品揃え 顧客体験 顧客数 出店社 パートナー 低コスト体質・構造 低価格 成 長
  • 3. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark AWS の基本コンセプト 必要な時に、必要なだけ、低価格で 使用分のみ支払い 初期投資不要  低額の変動費 開発者の作業を阻害しない ITインフラ API経由で操作可能な コンピュートリソースプール
  • 4. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark 日本で数十万のお客さま 全国に広がる クラウド利用
  • 5. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark テクニカル & ビジネス サポート AWS Marketplace 7サービス 分析 11サービス IoT 11サービス 機械学習 20サービス コアサービス 5サービス マネジメント ツール 8サービス DevOps 11サービス ブロック チェーン 2サービス モバイル サービス 8サービス アプリ サービス 5サービス インフラ ストラクチャ 7サービス エンタープラ イズアプリ 9サービス 移行 7サービス セキュリティ& コンプライア ンス 19サービス 9 サービス 165 を超える主要なAWSサービス
  • 6. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T クラウドを選択いただける理由 コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減
  • 7. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減 クラウドを選択いただける理由
  • 8. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T 必要なインフラが数クリックで手に入る 数分で必要なITリソースが 調達可能 10 Instance Type M3 Extra Large Availability Zone US-West-2b Launch aws.amazon.com/managementconsole Number of Instances 開発環境の構築 本番環境構築 設定実施 新規環境を北米に構築 10台 のサーバ追加 1PB のDWHを構築 納品まで4~8週間 取り付けて2週間 OS・ミドルインストール で1週間・・・ 今まで AWSなら
  • 9. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減 クラウドを選択いただける理由
  • 10. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. クラウドの Before/After 予測できないピーク 余剰キャパシティ 余剰キャパシティ 自動、手動で ピーク対応 リソース不足、機会損失 必要な時に必要なだけ 瞬時に調達
  • 11. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 初期費用不要・低額な利用料金 データ転送 = 約15.4円 / 1GB (上りは無料) ※1ドル=110円で計算 仮想サーバー Amazon EC2 = 約1.1円~ / 時間 ストレージ Amazon S3 = 約2.7円~ / 1GB / 月 夜間、週末など時間単位で 停止すれば更にコスト削減  データセンター費用  インフラ構築費用  ハードウェア費用  電気代  物理ファシリティ  セキュリティ  仮想基盤運用保守  センター運用費用 これらの費用が全て 利用料に含まれます。
  • 12. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. クラウドのBefore/After and more 設備費用 減価償却費 ハードウェア費用 ソフトウェア関連費用 OS/データベース使用権等 ソフトウェア関連費用 パッケージ製品使用権等 ソフトウェア関連費用 パッケージ製品使用権等 TCO削減(ROI改善) 人的リソース捻出(新たな取り組み) 時間の捻出(質向上) クラウド利用料 代替機 DDOS(L4) 対策 DB等 パッチ適応 死活監視 特権管理 第三者 監査対応 DC単位での 冗長化
  • 13. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. リージョンについて AWS の「リージョン」は、アベイラビリティゾーン (データセンター群) を束ねた設計となっています。 AZ間はAWSの専用線で接続 AZ間は2ms未満(ほぼ1ms以下)のレイテンシー AZ AZ AZ AZ AZ Transit Transit
  • 14. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS の「アベイラビリティゾーン(AZ)」は 複数のデータセンターによって構成された 耐障害性を意識した設計を採用 AZ AZ AZ AZ AZ Transit Transit 1データセンターあたり5万台以上のサーバー データセンター間はAWSの専用線で接続 リージョンとアベイラビリティゾーン データセンター データセンター データセンター データセンター • どのリージョンも2つ以上のAZ • AZは1つ以上のDCから構成 – 1つのDCは2つのAZに所属しない – 6つのDCを持つAZも存在 • DC間は通常0.25ms未満のレイテンシー – AZ内のDC間接続は気にしなくても良い – 低レイテンシー/フル帯域で利用可能
  • 15. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 低額なコストモデル 規模の拡大とイノベーション… … コストダウンを促進 資本投資 技術投資 効率改善 値下げ より多くの 顧客獲得 規模の経済 73+
  • 16. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. コスト削減ビジネスの俊敏性 運用負荷軽減 クラウドを選択いただける理由
  • 17. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. クラウド活用 優先度の 高い業務 優先度の高い業務 インフラの管理・運用 クラウド の管理 70% 30%70% オンプレミス インフラ 30% クラウドにより運用負荷が軽減 → 作業内容をより高付加価値に
  • 18. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. オンプレミス ミドルウェア on EC2 マネージドサービス お客様がご担当する作業 AWSが提供するマネージド機能 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 マネージドサービスの特性
  • 19. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. クラウドネイティブ開発と セキュリティ コンプライアンス (データの安全性) クラウド と セキュリティ
  • 20. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS 基本サービス コンピュート ストレージ データベース ネットワーク AWS グローバル インフラストラクチャ リージョン アベイラビリティゾーン エッジ ロケーション ネットワーク セキュリティ サーバー(OS) セキュリティ お客様のアプリケーション・コンテンツ お客様自身で コントロール可能 データ セキュリティ アクセス コントロール AWS責任共有モデル お客様はこの部分の 統制に関して AWSにおまかせ することが可能
  • 21. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon VPC (Virtual Private Cloud) クラウド内にお客様専用のプライベートアドレスの空間を構築 社内ネットワークとインターネットVPNやキャリアの閉域網で接続可能 プライベート パブリック お客様の環境 Internet AWS Cloud VPC インターネット VPN接続 (IPSec) 専用線接続 分離したネットワークを作成 インターネット ゲートウェイ インターネット
  • 22. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. セキュリティとコンプライアンスの要件を満たす インフラストラクチャー MLPS レベル 3 [中 国] MTCS [シンガポール] PCI DSS レベル 1 SEC Rule 17-a- 4(f) SOC 1 SOC 2 SOC 3 C5 [ドイツ] Cyber Essentials Plus DoD SRG FedRAMP FIPS IRAP [オーストラリ ア] ISO 9001 ISO 27001 ISO 27017 ISO 27018 CISPE EU モデル契約 条項 FERPA GLBA HIPAA HITECH IRS 1075 ITAR マイナンバー法 [日 本] 認証/証明 U.K. DPA – 1988 VPAT / Section 508 EU データ保護指令 プライバシー法 [オーストラリア] プライバシー法 [ニュージーランド] PDPA – 2010 [マレーシア] PDPA – 2012 [シンガポール] PIPEDA [カナダ] スペイン DPA 認証 法律・規制・プライバシー 準拠/フレームワーク CIS CJIS CSA ENS [スペイン] EU-US Privacy Shield FISC FISMA G-Cloud [UK] GxP (FDA CFR 21 Part 11) GDPR ICREA IT Grundschutz [ド イツ] MITA 3.0 MPAA NIST PHR Uptime Institute の Tier UK クラウド セキュリティ原則
  • 26. © 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
  • 27. © 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. https://www.youtube.com/watch?v=Lu4szyPjIGY&t=1036s
  • 28. © 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Prime Air: Drone https://youtu.be/3HJtmx5f1Fc https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4
  • 29. © 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 離陸時に上空の障害物を検知するアルゴリズム Moving Forward Safely: Amazon’s Approach to Drone Delivery https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4&t=2752s
  • 30. © 2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 配達地点のオブジェクトを検知するアルゴリズム Moving Forward Safely: Amazon’s Approach to Drone Delivery https://www.youtube.com/watch?v=yHY-ZWpC8T4&t=2752s
  • 32. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T 皆さんの挑戦をささえる、サービス群
  • 33. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T 知っ得ハンズオンシリーズ 画像認識、音声合成、機械翻訳 IoT (MQTTブローカー) Serverless時系列データ予測個人化レコメンド
  • 34. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T 「少額から始められるクラウド。今すぐ、 使い始めることが、未来の競争力を生みだす。」

Editor's Notes

  1. その背景を理解するために、アマゾンがお客様中心で考えている点についてお話しします。 まず、顧客体験から開始します。もし顧客体験がよいものであれば、サイトへの流量が増える、すると一緒にビジネスをするお客様が増え、さらに消費者の方にとって選択肢が増えます。お客様に選択肢を多く用意すれば、よい顧客体験につながる。その過程で、徹底して低コスト構造を作ります。成長とともに規模の経済が働くようになり、低価格を実現する。 AWSも全く同じです。そしてこの裏には、アマゾンのイノベーションがいたるところに潜んでいます。
  2. その考え方をもとにクラウドコンピューティングは誕生しました。 その基本的なコンセプトのおさらいがこちらです。 AWSは、初期費用が無償であり、低額な、従量課金です。必要な時に必要なだけITリソースを利用することができ、長期の契約は不要です。 このサービスの提供形態は、カスタマーの使い勝手を向上させ、そしてAWSが常にカスタマーに満足してもらう必要があることに繋がります。
  3. なぜクラウドが選ばれ、移行が加速しているのでしょうか?3つの理由からポイントをご紹介したいと思います。
  4. なぜクラウドが選ばれ、移行が加速しているのでしょうか?3つの理由からポイントをご紹介したいと思います。
  5. 従来のITリソースの調達方法は時間がかかりました。ビジネスプランの作成、稟議、発注から納品まで約1.5~2.0ヵ月かかかることもありました。 クラウドを利用する場合、都度契約書を交わしたり、納期確認をしたり、という作業は不要です。 サーバーを増やしたり、データセンターのロケーション(場所)を選んだりといったインフラ構築の作業は、全てこのようなWebの画面経由で即時に行えます。オンプレ環境の時に必要だった、現地に赴いたり、納品に立ち会ったりという作業から解放されますので、一人のひとが管理できる範囲もぐっと広がります。
  6. なぜクラウドが選ばれ、移行が加速しているのでしょうか?3つの理由からポイントをご紹介したいと思います。
  7. 従来のITリソースの調達には無駄がありました。 余剰のキャパシティは、サーバーのCPU利用率を下げ、超過リクエスト時にはリソース不足を起こし機会損失が起こっていました。 正確にリソース使用量を見積もることは非常に困難でした。 クラウドなら、必要なリソースを手動・自動で調達が可能です。 使用状況に合わせたリソース調達ができるという事は、無駄を省く事ができ、結果的にコスト削減になります。 また、サービスの安定供給が可能となる為、サービス利用者の不満も最小限にすることができます。
  8. ITリソースの調達に初期費用は必要ありません。従来のデータセンターでかかっていたような運用費もすべて利用料金に含まれます。 また仮想サーバーであれば、使用時間に対して課金がされるので、用途によっては夜間や週末停止することによってさらにコスト削減が可能になります。 5年以内のハードディスクの故障率は40%とも言われています。クラウドなら機器交換やサービス停止のリスクを最小化できます。
  9. なぜクラウドが選ばれ、移行が加速しているのでしょうか?3つの理由からポイントをご紹介したいと思います。
  10. 従来のオンプレミスのITインフラの管理は、付帯的な業務が70%とも言われています。 クラウドなら、インフラの管理はクラウドベンダーに任せることにより運用負荷を軽減し、今まで手が付けられなかった事にも取り組むことができるようになります。
  11. Amazonの最高責任者であるJeff Bezosはこう言っています。 発明は色々な形態、規模で生み出される。もっとも大胆、且つ革新的な発明は人々の創造性を解き放つ。ー 夢を追い続けられるように。 Jeffは、会社の発明こそが将来のビジネスを作り出すために重要だと考えており、それに対して非常に強い拘りを持っています。
  12. Re:marsではPrime Airの新しいdroneも発表されました。 自動飛行をして、お客様にものを自動で届けるもので、ここにも深層学習が利用されています。 まずはdroneの優雅な飛行を見てみましょう。 自動運転の世界と一緒で、この飛行にも何度となく飛行を繰り返して学習して最適な航路を予測するために深層学習が使われています。 Veritical + Forward flightを理想的に実現
  13. そして、新しいAIサービスとして2つのサービスをご紹介します。 一つがAmazon Forecast、在庫の購入、そしてカスタマーからの注文に基づく出荷履歴をもとに予測を行い、在庫予測、売り上げ予測などを実現します。 もう一つがAmazon Personalize、過去の購買データをもとに、ユーザーに対しえレコメンドを提供します。 両方ともAmazon.comが長年継続的な機械学習への投資の結果として蓄積されたアルゴリズムを すぐ利用することができるサービスです。 利用は、必要なデータをCSVなどの形式で投入するのみ、と非常に簡単にサービスの利用を開始することができます。 Amazon Personalizeをご利用いただいている一つのお客様の事例を紹介いたします
  14. 開発者に代わり、可能な限り多くの機能を実装しておくことで、 皆さんは必要な時にすぐサービスとしてその機能を取り込んでいくことが可能です。 ますます加速するデジタライゼーション時代において、不足が予想され、さらに貴重となるエンジニアリソースをより効率的に価値の高いサービス開発に振り向けることができます。これからのビジネスやサービス開発では、エンジニアがより重要な比重を占めるようになります。 これからも、多くのテクノロジーをクラウドは取り込みサービス化します。これにより、 企業は従来外部リソースに頼りがちであった新しい技術への取り組みが、自社エンジニアによる内製化へシフトさせることへの チャレンジができます。 テクノロジジーを自社でコントロールできるようになることで、変化に強い開発を実現させることができます。