SlideShare a Scribd company logo
1 of 26
Download to read offline
1
ゲスト講義@神奈川大学
デモクラシーに挑戦する
Ver.2023.01.12
福原正人 (nonxxxizm@icloud.com)
高崎経済大学・フェリス女学院大学非常勤講師
2
「選挙権の剥奪」
「先日、受験頂いた<投票者資格テスト>の結果、あなた
の選挙権が剥奪されることになりました。あなたは次回以
降のあらゆる国政選挙で投票が認められません。」
・支配的な見解がある
「デモクラシーこそが私たちの価値ある政治制度だ」
・支配的な見解に挑戦するひとはあんまりいない
「民主的である」 「良い」「正しい」
「非民主的」 「悪い」「正しくない」
デモクラシーとその支配的な見解
4
講義テーマ
デモクラシーに理論的に挑戦する
・支配的見解はそこまで堅牢であるのか?
・この根拠が支持できないなら、他にはどのような
オルタナティブがあるのか?
・それでもデモクラシーにコミットするのか?
なぜいまさらデモクラシーを考え直すの?
5
・現代デモクラシーの歴史は浅い(1)
1788年 国政レベルの普通選挙(アメリカ)
1925年 日本での普通選挙開始、1945年 日本での女性の参政権
・デモクラシーはどうも最近は人気がない
アメリカやヨーロッパで若年層を中心にデモクラシーを採用する
国家で暮らすことは「決定的でない」と考えるひとが増えている
→デモクラシーの<脱定着化>(2)
現代社会とデモクラシー
6
・日本人の15%、与党支持者の3割が「民主主義は
大事じゃない」と思っている?(3)
7
Brennan, J. (2016). Against Democracy. Princeton University Press.
(『アゲインスト・デモクラシー』勁草書房、2022年8月刊行)
→デモクラシーに対して初めて体系的な挑戦をした研究
(a) リバタリアニズム
・個人の(経済的)自由を重視せよ
・国家の政治的権力には注意せよ
(b) PPE(政治学、哲学、経済学)アプローチ
・望ましい政治制度は経験的なデータ
を踏まえて検討されるべき
J.ブレナンによる民主主義への挑戦
8
9
J.ブレナンの問い
・今のアメリカにおいてデモクラシーが望ましいのか?
・デモクラシーが個人の自由にとって望ましいのか?
市民であればどんな人でも政治に参加できる
(a) 投票
みんなの選好(望んでいること)を集計する
(b) 熟議 (4)
みんなの意見を交換したり説得されたりする
e.g. 議会のようなフォーマルな制度の他、インフォーマルな社会実践も含む
→<平等な政治的権利>を保障する政治制度
こうした制度が個人の自由にとって望ましいのか?
デモクラシーとは?
10
ホビット: 無知、無関心
e.g. 投票を棄権するひと、投票にはいちおう行くひと
フーリガン: 偏った知識、熱狂
e.g. 政治に熱心に参加するひと、政党員、政治家
ヴァルカン: 合理性、冷静さ
→ほとんど存在しない
デモクラシーの実態は?
・経験的なデータを踏まえると民主的な社会は、ホビットとフー
リガンから構成される
・ホビットとフーリガンに<平等な政治的権力>を保障しても、
個人の自由を保障するためには役に立たない
11
* 現代の選挙民における政治的情報の分布(…)の単純な真理
は、平均の低さと分散の大きさである
* 少なくとも投票者の35%が「何もしらない」、非投票者はさ
らにひどいと予測できる
* 政治について大半の人々が有している知識の乏しさほど、世
論やデモクラシーを学ぶ学生に衝撃を与えるものはない
「政治的無知」とその合理性(5)
・個人の投票がもつ影響力はほぼない
・政治的無知(や投票棄権)は合理的である=<合理的無知>
ホビット:政治的無知とその合理性
12
13
・まともな決定をするためには<知識>が必要
・しかし<知識>がない
・よってまともな政治的決定を期待できない
「多様性は能力を勝る(DTA)」定理
・個人の知識は乏しい
・意見の多様性がある
・他人の意見に誠実に耳を傾ける
→これらの条件を満たすとき、その集団は
<集合知>として高い問題解決能力をもつ
J. ランデモアによるデモクラシーの擁護
個人としての政治的知識は乏しいが、多様な意見をもった市
民が集まって意見を交換してゆけば、その熟議は個人の自由
を保障するために役に立つようになる(Landemore 2013)(6)
14
スポーツ・ファンと政治に詳しいひとの類似性
スポーツ・ファン: 一定の知識あり、応援にいく
政治に詳しいひと: 一定の知識あり、投票にいく
→ファンの行動は(贔屓クラブや政党の勝利にとって)合理的でない
では、この非合理性を乗り越えるものは?
(1) 単純に自己満足、(2) コミュニティの存在
→この集団にはバイアス(偏った知識や判断)が発生しやすい(7)
(a) 自分が所属している集団かそれ以外かで考えてしまう
(b) 集団が良く見えるデータを重視して逆のデータを重視しない
フーリガン:偏った知識とその非合理性
15
16
・集合知の成立のためには以下の条件を満たす必要
ーー意見の多様性がある
ーー他人の意見に誠実に耳を傾ける
・この条件は満たさない
・よって集合知は成立しない
やっぱりまともな政治的決定を期待できない
ブレナンは安易な解決案を退けている
「教育は大事」説:
アメリカの教育レベルは明らかに上がっているが、政治
的無知は改善されていない
「政治参加は大事」説:
ホビットをフーリガンにするだけでまともな決定を期
待できるわけではない
17
ではどのようなオルタナティブを提案するのか?
18
<知識>に基づく免許制とその不平等さ
e.g. 裁判官、弁護士、医者は誰でもなれるわけではない
・法的決定や医学的判断は他者の人生に影響を与える場合がある
・こうした決定や判断には知識が要求される
・これらに関わる権利はその知識に応じて不平等に分配される
→同じことが政治的決定に関わる権利も該当する
19
× <平等な>政治的権利 、○ <不平等な>政治的権利
→市民であればどんな人でも政治に参加できるというのは誤り
(1) 試験により有能な投票者の「選別」
(政治・経済に関する基本的な知識)
・選挙免許制
・複数投票制度
(2) 有能な投票者の「育成」(8)
a. くじ引きで投票候補者
b. この候補者のみ一定期間の教育
「知者の支配(エピストクラシー)」
20
21
まとめ(1)
・誰かに決定する権利を付与するときその<決定の
望ましさ>を期待している
・選挙民は無知なホビットか偏ったフーリガンである
・知者に決定する権利を認める政治制度は(デモク
ラシーよりも)望ましい決定をする見込みが高い
エピストクラシーは本当に望ましい決定をするのか?
22
23
J.ブレナンに対する批判
・現在のエリートは社会のなかで恵まれた集団に
偏っていることからバイアスの可能性がある(9)
・よってエリートに望ましい決定は期待できない
24
J.ブレナンからの応答
・エリートにもバイアスはあるが、それでも平均的
な選挙民よりもマシである(10)
・仮にエリートに望ましい決定は期待できないとい
う理由でこれを認めないなら、他の免許制もダメと
いうことになる(11)
25
まとめ(2)
・決定の望ましさ(=制度のパフォーマンス)だけ見れば、
支配的見解はそこまで堅牢ではない
・改めて「選挙権の剥奪」に戻ろう。あなたは神奈川県の判
断に納得するのか。できないなら、それはなぜなのか?
・それがデモクラシーを擁護するヒントになるかもしれない
WWW.SITE2MAX.PRO
PowerPoint & KeyNote Templates 26
nonxxxizm@icloud.com
質問はいつでもどうぞ

More Related Content

More from Masato FUKUHARA (20)

GP10.pdf
GP10.pdfGP10.pdf
GP10.pdf
 
GL10.pdf
GL10.pdfGL10.pdf
GL10.pdf
 
GP09.pdf
GP09.pdfGP09.pdf
GP09.pdf
 
GL09.pdf
GL09.pdfGL09.pdf
GL09.pdf
 
GP08.pdf
GP08.pdfGP08.pdf
GP08.pdf
 
GL08.pdf
GL08.pdfGL08.pdf
GL08.pdf
 
GP07.pdf
GP07.pdfGP07.pdf
GP07.pdf
 
GL07.pdf
GL07.pdfGL07.pdf
GL07.pdf
 
GP05.pdf
GP05.pdfGP05.pdf
GP05.pdf
 
GL05.pdf
GL05.pdfGL05.pdf
GL05.pdf
 
GP04.pdf
GP04.pdfGP04.pdf
GP04.pdf
 
GL04.pdf
GL04.pdfGL04.pdf
GL04.pdf
 
GP03.pdf
GP03.pdfGP03.pdf
GP03.pdf
 
GL03.pdf
GL03.pdfGL03.pdf
GL03.pdf
 
GP02.pdf
GP02.pdfGP02.pdf
GP02.pdf
 
GL02.pdf
GL02.pdfGL02.pdf
GL02.pdf
 
ST15.pdf
ST15.pdfST15.pdf
ST15.pdf
 
ST14.pdf
ST14.pdfST14.pdf
ST14.pdf
 
ST13.pdf
ST13.pdfST13.pdf
ST13.pdf
 
ST12.pdf
ST12.pdfST12.pdf
ST12.pdf
 

guest20230112.pdf