SlideShare a Scribd company logo
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
読書会の
進め方
須藤功平 株式会社クリアコード
Groongaドキュメント読書会1
2014/05/15
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
はじめに
今回が1回目
正解を知らない・手探り
今回の位置づけ
うまくいきそうなやり方を試す
試したやり方を評価する
評価を元に今後のことを考える
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
タイムテーブル
20:00-20:30: 進め方説明
20:30-21:30: 読む
21:30-22:00: ふりかえり
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
進め方説明
目的・実現方法の確認
読み方の説明
ふりかえり方法の説明
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
目的
参加者が
Groongaの理解を
深めること
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
実現方法
公式ドキュメントを順に読む
参加者: 理解できない→随時質問
開発者: 解説
理解した内容を
自分の言葉でまとめる
「ようは○○ということだね。」
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
どうしてまとめるか1
理解しているか
どうかがわかる
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
理解している
うまく説明できる
自分の言葉に言い換えられる
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
理解していない
説明に詰まる
にごしてしまう
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
私、理解していない!
理解していない
↓
質問・解説
↓
理解
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
どうしてまとめるか2
正しく理解して
いるかわかる
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
間違って理解している
他人の理解と比べると気づける
Aさん: 「私は○○と理解」
Bさん: 「私は××と理解」
↑どちらかの理解が間違っている
どちらも正しく、単に表現が違うだけのこともある
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
私、間違っていた!
間違っていた
↓
訂正
↓
正しい理解
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
実現方法
公式ドキュメントを順に読む
参加者: 理解できない→随時質問
開発者: 解説
理解した内容を
自分の言葉でまとめる
「ようは○○ということ」
自己紹介
タイム!
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
この進め方で重要なこと
理解できない
↓
随時質問
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
「随時質問」しやすく
発言する敷居を下げるのはどうか
(仮説)
一度発言しておく
→ 自己紹介
「一度発言すること」が目的
→ 簡単でよい
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
自己紹介
名前
どうして参加しようと思ったか
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
読み方の説明
目的・実現方法の確認
読み方の説明
ふりかえり方法の説明
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
読み方
輪読会式: 一区切りづつ読む
研究会式: 誰かが講義
発表会式: 参加者が各自発表
参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
輪読会式を試す
輪読会式: 一区切りづつ読む
研究会式: 誰かが講義
発表会式: 参加者が各自発表
参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
なぜ輪読会式か
事前準備がいらなそう
→ 負担が少なそう
参加者が発言する機会が増える
→ 質問しやすくなりそう
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
進め方
誰かが一区切り読む
理解できたか確認する
できていなければ質問・解説
理解できた内容をまとめる
これをくりかえす
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
やってみよう!
1.Groongaの特徴http://groonga.org/ja/docs/characteristic.html
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
まとめる場所
誰でも読める場所ならどこでもOK
自分のブログ
Qiita
GitHub Pages
...
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
なぜ誰でも読める場所か
他の人が確認できる
理解が間違っているか確認できる
(参加者がうれしいこと)
あわよくば…
参加していない人にも
有益な情報を提供したい
(Groongaユーザーがうれしいこと)
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
エピソード
2014/4/29 Groonga Meetup
初心者向けイベント
酒井さんも参加
手を動かす→確認事項をQiitaへ
酒井さんが理解したことがわかる!
参加していない人にも有益な情報!
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
もっとあわよくば…
公式ドキュメントを改善したい
Groongaユーザーがうれしい!
わかりにくい記述
→ 改良
未ドキュメントの内容
→ 追記
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
ふりかえり方法の説明
目的・実現方法の確認
読み方の説明
ふりかえり方法の説明
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
ふりかえること
目的は達成できたか
目的: 参加者が理解を深める
会場について
インターネットがない会場でも
開催できるか
進め方について
改良案は?問題点は?
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
ふりかえり結果: 目的
大半の参加者は達成できた
まだ触ったことがない人は
それほど理解が深まらなかった
内容が概要だったため
実際に動かす箇所までいくと
深まりそう
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
ふりかえり結果: 会場
会場インターネットは
なくても問題ない
ほぼモバイルWiFiルーター持参
持っていない人は持っている人に
相乗りでカバーできる
インストールするなど
ダウンロードするときは
問題があるかもしれない
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
ふりかえり結果: 進め方
輪読会式はよさそう
質問しにくいことがあった
どこまで脱線してもよいかで悩む
今回の内容は概要だったので
今回を基準に判断するのは難しそう
人数は10人くらいまでが
ちょうどよさそう
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
雑感
実験的なことばかりだったが
うまくいったのではないか
今回だけで進め方の良し悪しを
判断するのは難しそう
疲れたけど楽しかった
(楽しいかどうかは継続する上で重要な要素)
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
今後の開催
次回開催するなら参加するか?
参加したい人は
今回の理解した内容を
自分なりにまとめて公開して欲しい
公開する人が多ければ
前向きに検討

More Related Content

Viewers also liked

楽天エンジニアライフ
楽天エンジニアライフ楽天エンジニアライフ
楽天エンジニアライフ
Rakuten Group, Inc.
 
カーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドアカーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドア
Hiro Yoshioka
 
自治体 東京事務所 訪問の中間報告
自治体 東京事務所 訪問の中間報告自治体 東京事務所 訪問の中間報告
自治体 東京事務所 訪問の中間報告
Katsuhito Okada
 
アジャイルサムライ実践読書会#1
アジャイルサムライ実践読書会#1アジャイルサムライ実践読書会#1
アジャイルサムライ実践読書会#1
kiwofusi
 
データベース実践入門読書会スペシャル #nseg
データベース実践入門読書会スペシャル #nsegデータベース実践入門読書会スペシャル #nseg
データベース実践入門読書会スペシャル #nseg
ko ty
 
なぜプレゼンテーション読書会か
なぜプレゼンテーション読書会かなぜプレゼンテーション読書会か
なぜプレゼンテーション読書会か
Naoki Sugiura
 
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
Kaneko Izumi
 
第100回カーネル読書会の作り方
第100回カーネル読書会の作り方第100回カーネル読書会の作り方
第100回カーネル読書会の作り方
Hiro Yoshioka
 
PRML読書会1スライド(公開用)
PRML読書会1スライド(公開用)PRML読書会1スライド(公開用)
PRML読書会1スライド(公開用)
tetsuro ito
 
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
makopi 23
 

Viewers also liked (10)

楽天エンジニアライフ
楽天エンジニアライフ楽天エンジニアライフ
楽天エンジニアライフ
 
カーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドアカーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドア
 
自治体 東京事務所 訪問の中間報告
自治体 東京事務所 訪問の中間報告自治体 東京事務所 訪問の中間報告
自治体 東京事務所 訪問の中間報告
 
アジャイルサムライ実践読書会#1
アジャイルサムライ実践読書会#1アジャイルサムライ実践読書会#1
アジャイルサムライ実践読書会#1
 
データベース実践入門読書会スペシャル #nseg
データベース実践入門読書会スペシャル #nsegデータベース実践入門読書会スペシャル #nseg
データベース実践入門読書会スペシャル #nseg
 
なぜプレゼンテーション読書会か
なぜプレゼンテーション読書会かなぜプレゼンテーション読書会か
なぜプレゼンテーション読書会か
 
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26
 
第100回カーネル読書会の作り方
第100回カーネル読書会の作り方第100回カーネル読書会の作り方
第100回カーネル読書会の作り方
 
PRML読書会1スライド(公開用)
PRML読書会1スライド(公開用)PRML読書会1スライド(公開用)
PRML読書会1スライド(公開用)
 
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
SQLアンチパターン読書会 4章 キーレスエンエントリ(外部キー嫌い)
 

More from Kouhei Sutou

RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache ArrowRubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
Kouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Kouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
Kouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Kouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Kouhei Sutou
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
Kouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
Kouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
Kouhei Sutou
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
Kouhei Sutou
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
Kouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache ArrowRubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi 2022 - Fast data processing with Ruby and Apache Arrow
 
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 

Groongaドキュメント読書会1の進め方

  • 1. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読書会の 進め方 須藤功平 株式会社クリアコード Groongaドキュメント読書会1 2014/05/15
  • 2. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 はじめに 今回が1回目 正解を知らない・手探り 今回の位置づけ うまくいきそうなやり方を試す 試したやり方を評価する 評価を元に今後のことを考える
  • 3. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 タイムテーブル 20:00-20:30: 進め方説明 20:30-21:30: 読む 21:30-22:00: ふりかえり
  • 4. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 5. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 目的 参加者が Groongaの理解を 深めること
  • 6. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということだね。」
  • 7. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか1 理解しているか どうかがわかる
  • 8. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解している うまく説明できる 自分の言葉に言い換えられる
  • 9. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解していない 説明に詰まる にごしてしまう
  • 10. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、理解していない! 理解していない ↓ 質問・解説 ↓ 理解
  • 11. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか2 正しく理解して いるかわかる
  • 12. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 間違って理解している 他人の理解と比べると気づける Aさん: 「私は○○と理解」 Bさん: 「私は××と理解」 ↑どちらかの理解が間違っている どちらも正しく、単に表現が違うだけのこともある
  • 13. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、間違っていた! 間違っていた ↓ 訂正 ↓ 正しい理解
  • 14. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということ」
  • 16. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 この進め方で重要なこと 理解できない ↓ 随時質問
  • 17. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 「随時質問」しやすく 発言する敷居を下げるのはどうか (仮説) 一度発言しておく → 自己紹介 「一度発言すること」が目的 → 簡単でよい
  • 18. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 自己紹介 名前 どうして参加しようと思ったか
  • 19. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 20. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 21. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 輪読会式を試す 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 22. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ輪読会式か 事前準備がいらなそう → 負担が少なそう 参加者が発言する機会が増える → 質問しやすくなりそう
  • 23. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方 誰かが一区切り読む 理解できたか確認する できていなければ質問・解説 理解できた内容をまとめる これをくりかえす
  • 24. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 やってみよう! 1.Groongaの特徴http://groonga.org/ja/docs/characteristic.html
  • 25. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 まとめる場所 誰でも読める場所ならどこでもOK 自分のブログ Qiita GitHub Pages ...
  • 26. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ誰でも読める場所か 他の人が確認できる 理解が間違っているか確認できる (参加者がうれしいこと) あわよくば… 参加していない人にも 有益な情報を提供したい (Groongaユーザーがうれしいこと)
  • 27. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 エピソード 2014/4/29 Groonga Meetup 初心者向けイベント 酒井さんも参加 手を動かす→確認事項をQiitaへ 酒井さんが理解したことがわかる! 参加していない人にも有益な情報!
  • 28. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 もっとあわよくば… 公式ドキュメントを改善したい Groongaユーザーがうれしい! わかりにくい記述 → 改良 未ドキュメントの内容 → 追記
  • 29. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり方法の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 30. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえること 目的は達成できたか 目的: 参加者が理解を深める 会場について インターネットがない会場でも 開催できるか 進め方について 改良案は?問題点は?
  • 31. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 目的 大半の参加者は達成できた まだ触ったことがない人は それほど理解が深まらなかった 内容が概要だったため 実際に動かす箇所までいくと 深まりそう
  • 32. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 会場 会場インターネットは なくても問題ない ほぼモバイルWiFiルーター持参 持っていない人は持っている人に 相乗りでカバーできる インストールするなど ダウンロードするときは 問題があるかもしれない
  • 33. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 進め方 輪読会式はよさそう 質問しにくいことがあった どこまで脱線してもよいかで悩む 今回の内容は概要だったので 今回を基準に判断するのは難しそう 人数は10人くらいまでが ちょうどよさそう
  • 34. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 雑感 実験的なことばかりだったが うまくいったのではないか 今回だけで進め方の良し悪しを 判断するのは難しそう 疲れたけど楽しかった (楽しいかどうかは継続する上で重要な要素)
  • 35. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 今後の開催 次回開催するなら参加するか? 参加したい人は 今回の理解した内容を 自分なりにまとめて公開して欲しい 公開する人が多ければ 前向きに検討