SlideShare a Scribd company logo
ユーザーユーザー 
モ存続可 
How to achieve 
the Goals of Designing? 
モノづくりのゴールを実現するマインドセット
2 
A matter of course.. 
すごくあたりまえの話をします
Designing has 4 Goals. 
3 
モノづくりには4つのゴールがあります。 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験
モノづくりの4つのゴール 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モ{Something you will create 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
モノ 
e.g. 
サービス / Service 
機能 / Feature 
UI
モノづくりの4つのゴール 
{Experience of Users 
e.g. 
価値 / Value 
感覚、気持ち / Feeling 
できごと / Event 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験
モノづくりの4つのゴール 
Activity of Users 
e.g. 
} USER 
USER 
ACTIVITY 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
ユーザーの行動PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
来店、購入、課金 / Come, Pay登 
録、継続利用 / Register, Retention
モノづくりの4つのゴール 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
Viability of business 
e.g. 
収益目標 / Profit 
} VIABILITY 
存続可能性ユーザー数 / Number of users 
環境改善 / Environment improved
8 
What is your primary Goal? 
みなさん自身の最終的なゴールは何ですか? 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験
These are parts of a Cycle of Designing. 
9 
実は、これらのゴールは、モノづくりのサイクルの一部です 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
In fact, whichever lacked, Design won’t be accomplished. 
実は、どれが欠けてもモノづくりは成立しません。
My goal 
僕のゴール 
1 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
2 
VIABILITY 
存続可能性 
PRODUCT 
モノ
About me and failures 
自己紹介 
Mikihiro Fujii 
藤井 幹大 
職種:Web Designer → Web Master → UX Designer 
所属:地方制作会社 → フリーランス → Cyberagent 
→ 絵本ナビ → VOYAGE GROUP( allegroworks → 
genesix ) → Goodpatch 
いっぱい失敗してきました。
Case A 
Product and UX does not promise VIABILITY. 
最高のチームで本当に良いモノ / 体験がつくれた。 
→ ユーザー数が未達でClose
Case B 
Activity without VIABILITY does not matter. 
リワード月翌月にRetention 45% 
非リワード月翌月はRetention 75% 
→ユーザー数が未達でClose
What I learned? 
失敗から学んだこと 
VIABILITY 
存続可能性 
Critical! 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
Clarify condition of VIABILITY, then design how to realize it. 
事業存続の条件を明確にし、実現方法をデザインする必要がある。
One for all, All for one. 
15 
(ホントに)どれが欠けても成立しない 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
Design whole of the designing cycle. 
モノづくりのサイクル全体をデザインしよう
How to design the cycle? 
16 
サイクルのデザイン方法
ex. “UX is the goal” 
17 
UXをゴールとした場合のデザイン方法 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性
Design reproducible UX 
必要なUXを設定し、再現性のある実現方法をデザインする 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
VIABILITY 
存続可能性 
PRODUCT 
モノ 
Anticipated / 予期的 
Momentary / 瞬間的 
} Episodic / エピソード的 
Cumulative / 累積的 
Don’t design "good UX”. Design a "UX to realize the cycle”. 
「良いUX」ではなく「サイクルを実現するUX」をデザインしましょう。
UX by Inter-action Design 
Action☓ActionによってUXをデザインする 
Anticipated / 予期的 
Momentary / 瞬間的 
} Action of User Episodic / エピソード的 
Cumulative / 累積的 
Inter(間)+Action 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
Action of Product 存続可能性 
Feedforward / 予期 
Feature / 機能 
Feedback / 結果
Lean Startup (Measure your idea!) 
UXデザインの仮説をユーザーの行動で計測する 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
Measure users’ activity. Without changes, your design is worthless! 
ユーザーの行動を変えないものをつくっても意味が無い!
Check the Viability 
事業が存続できるかどうか確認する 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
PRODUCT 
モノ 
Viability is not necessarily profitability. 
存続可能性は必ずしも収益性ではありません。
If it is low, optimize the Activity. 
存続の可能性が低い場合、行動を最適化する。 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
PRODUCT 
モノ
Then, optimize the Experience too. 
UXも最適化します。 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
PRODUCT 
モノ
24 
Watch out! 
気をつけて!
What is your goal!? 
25 
ゴールを忘れないように! 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
Your 
goal!
Finally, complete your cycle. 
そんなこんなでサイクルを完成させましょう 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験
27 
Any questions? 
ここまででわからないことは?
28 
Now, you can try out. 
では、試してみましょう。
Theme : Prott 
テーマはProttです。 
Prott担当デザイナー 小林よりサービスのご説明
Can you design a cycle? 
Prottのサイクルをデザインできるか試してみましょう。 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
Fill out each goals with iteration. 
反復しながらゴールを埋めてみてください。
31 
You need teammates! 
They can design what you can’t. 
Respect them! 
うまくデザインできなかった部分があったと思います。 
それをデザインできる仲間を見つけて、リスペクトしましょう!
32 
At last, any questions? 
質疑応答
Design your world! 
ゴールを実現するデザインをしよう! 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
Rock and move the world to better direction! 
ハートを揺さぶるモノを生み出し、 
世界をより良い方向に前進させましょう!
35 
That’s that. 
おしまい
Thank you! 
ご清聴ありがとうございました!
Design the cycle! 
サイクルをデザインしましょう! 
USER 
ACTIVITY 
ユーザーの行動 
PRODUCT 
モノ 
VIABILITY 
存続可能性 
USER 
EXPERIENCE 
ユーザーの体験 
Fill out each goals with iteration. (Post-it will help you.) 
反復しながらゴールを埋めてみてください。(付箋を使うと便利です。)

More Related Content

What's hot

UIデザイナー最終防衛マニュアル
UIデザイナー最終防衛マニュアルUIデザイナー最終防衛マニュアル
UIデザイナー最終防衛マニュアル
Taiki Kawakami
 
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
Masayuki Uetani
 
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語るCreative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
Ryo Yoshitake
 
デザインのためのデザイン
デザインのためのデザインデザインのためのデザイン
デザインのためのデザイン
Masayuki Uetani
 
[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public
Yuichi Inobori
 
「個」から「集」のデザイン
「個」から「集」のデザイン「個」から「集」のデザイン
「個」から「集」のデザイン
Mari Kimura
 
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装までHoliday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
Keisuke Tada
 
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
英明 伊藤
 
Uxマップを使ったサービス改善
Uxマップを使ったサービス改善Uxマップを使ったサービス改善
Uxマップを使ったサービス改善
Keisuke Tsukayoshi
 
いいデザインのために組織の一人ひとりができること
いいデザインのために組織の一人ひとりができることいいデザインのために組織の一人ひとりができること
いいデザインのために組織の一人ひとりができること
Masahiko Yoshikawa
 
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケSketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
Asami Yamamoto
 
UXデザインをゆるく学ぶ意味
UXデザインをゆるく学ぶ意味UXデザインをゆるく学ぶ意味
UXデザインをゆるく学ぶ意味
Tatsuya_Yokoyama
 
新規アプリ開発×Ucd
新規アプリ開発×Ucd新規アプリ開発×Ucd
新規アプリ開発×Ucd
綾奈 佐瀬
 
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
Satoru MURAKOSHI
 
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
寛 水野
 
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClipアプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
takaaya
 
成長するデザイン組織
成長するデザイン組織成長するデザイン組織
成長するデザイン組織
Mikihiro Fujii
 
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
英明 伊藤
 
デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私
Shizuka Yamada
 
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組みリクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 

What's hot (20)

UIデザイナー最終防衛マニュアル
UIデザイナー最終防衛マニュアルUIデザイナー最終防衛マニュアル
UIデザイナー最終防衛マニュアル
 
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
 
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語るCreative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
Creative insights 01 / 受託開発にプロトタイピングを導入した時のアレコレを語る
 
デザインのためのデザイン
デザインのためのデザインデザインのためのデザイン
デザインのためのデザイン
 
[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public
 
「個」から「集」のデザイン
「個」から「集」のデザイン「個」から「集」のデザイン
「個」から「集」のデザイン
 
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装までHoliday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
Holiday のデザインと開発 - ユーザーに価値を届けるためのプロトタイピングから実装まで
 
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
BtoB新規事業を舵取りするためのユーザー調査
 
Uxマップを使ったサービス改善
Uxマップを使ったサービス改善Uxマップを使ったサービス改善
Uxマップを使ったサービス改善
 
いいデザインのために組織の一人ひとりができること
いいデザインのために組織の一人ひとりができることいいデザインのために組織の一人ひとりができること
いいデザインのために組織の一人ひとりができること
 
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケSketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
 
UXデザインをゆるく学ぶ意味
UXデザインをゆるく学ぶ意味UXデザインをゆるく学ぶ意味
UXデザインをゆるく学ぶ意味
 
新規アプリ開発×Ucd
新規アプリ開発×Ucd新規アプリ開発×Ucd
新規アプリ開発×Ucd
 
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
 
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
アメーバピグのユーザ体験を定量/定性で捉える方法
 
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClipアプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
アプリを生み出す現場でUI/UXデザイナーが意識するべきこと:RoomClip
 
成長するデザイン組織
成長するデザイン組織成長するデザイン組織
成長するデザイン組織
 
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
Uxデザイナーがpoとして開発チームと”握る”ためにやっていること 170927
 
デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私デザイナーの私と サービスをつくる私
デザイナーの私と サービスをつくる私
 
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組みリクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
 

Similar to How to achieve the Goals of Designing?

AARRR for Creators
AARRR for CreatorsAARRR for Creators
AARRR for Creators
Mikihiro Fujii
 
UX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動をUX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動を
Yasunobu Kawaguchi
 
インターネットメディアにHCDを導入する意義
インターネットメディアにHCDを導入する意義インターネットメディアにHCDを導入する意義
インターネットメディアにHCDを導入する意義Toru Enomoto
 
HdIfes itowponde_130223
HdIfes itowponde_130223HdIfes itowponde_130223
HdIfes itowponde_130223英明 伊藤
 
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...Developer Camp 2012 Japan Fall
 
HCDを用いたユーザ価値の向上
HCDを用いたユーザ価値の向上HCDを用いたユーザ価値の向上
HCDを用いたユーザ価値の向上Yuji Kawai
 
130607 session v2 Markezine Academy
130607 session v2   Markezine Academy130607 session v2   Markezine Academy
130607 session v2 Markezine Academy
Ryo Taguchi
 
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライトHow to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
Lean Startup Japan LLC
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
Kaoru NAKAMURA
 
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
直人 相沢
 
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
Takashi Takebayashi
 
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_sakaShinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Kei Nakahara
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
Rakuten Group, Inc.
 
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
Tarumoto Tetsuya
 
止めるサービス開発、止めないサービス開発
止めるサービス開発、止めないサービス開発止めるサービス開発、止めないサービス開発
止めるサービス開発、止めないサービス開発
toshihiro ichitani
 
ユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみようユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみよう
scarletplover
 
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Masahiro Hidaka
 
ux_team_of_one
ux_team_of_oneux_team_of_one
リーン・スタートアップ のためのテスト
リーン・スタートアップ のためのテストリーン・スタートアップ のためのテスト
リーン・スタートアップ のためのテストMasakuni Kato
 
UX/UCD in 201X
UX/UCD in 201XUX/UCD in 201X
UX/UCD in 201X
Tarumoto Tetsuya
 

Similar to How to achieve the Goals of Designing? (20)

AARRR for Creators
AARRR for CreatorsAARRR for Creators
AARRR for Creators
 
UX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動をUX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動を
 
インターネットメディアにHCDを導入する意義
インターネットメディアにHCDを導入する意義インターネットメディアにHCDを導入する意義
インターネットメディアにHCDを導入する意義
 
HdIfes itowponde_130223
HdIfes itowponde_130223HdIfes itowponde_130223
HdIfes itowponde_130223
 
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day1 Session2 Visual Studio 2012 価値を提供し続けるための真の...
 
HCDを用いたユーザ価値の向上
HCDを用いたユーザ価値の向上HCDを用いたユーザ価値の向上
HCDを用いたユーザ価値の向上
 
130607 session v2 Markezine Academy
130607 session v2   Markezine Academy130607 session v2   Markezine Academy
130607 session v2 Markezine Academy
 
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライトHow to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
How to start_business_by_leanstartup@agile_japan2012東京サテライト
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
 
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス、いかに向き合っていくか(150918_jasst)
 
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
三位一体でイノベーションを起こそう!〜DevOpsBiz で生みだす無限の回転〜
 
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_sakaShinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
 
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
「アジャイル・ユーザビリティ」無料サンプル版
 
止めるサービス開発、止めないサービス開発
止めるサービス開発、止めないサービス開発止めるサービス開発、止めないサービス開発
止めるサービス開発、止めないサービス開発
 
ユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみようユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみよう
 
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
 
ux_team_of_one
ux_team_of_oneux_team_of_one
ux_team_of_one
 
リーン・スタートアップ のためのテスト
リーン・スタートアップ のためのテストリーン・スタートアップ のためのテスト
リーン・スタートアップ のためのテスト
 
UX/UCD in 201X
UX/UCD in 201XUX/UCD in 201X
UX/UCD in 201X
 

More from Mikihiro Fujii

事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
Mikihiro Fujii
 
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
Mikihiro Fujii
 
なぜUXをデザインしているのか
なぜUXをデザインしているのかなぜUXをデザインしているのか
なぜUXをデザインしているのか
Mikihiro Fujii
 
[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312
Mikihiro Fujii
 
事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)
Mikihiro Fujii
 
つくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくるつくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくる
Mikihiro Fujii
 
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
Mikihiro Fujii
 
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Mikihiro Fujii
 

More from Mikihiro Fujii (8)

事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー
 
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
 
なぜUXをデザインしているのか
なぜUXをデザインしているのかなぜUXをデザインしているのか
なぜUXをデザインしているのか
 
[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312
 
事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)
 
つくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくるつくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくる
 
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
 
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
 

How to achieve the Goals of Designing?

  • 1. ユーザーユーザー モ存続可 How to achieve the Goals of Designing? モノづくりのゴールを実現するマインドセット
  • 2. 2 A matter of course.. すごくあたりまえの話をします
  • 3. Designing has 4 Goals. 3 モノづくりには4つのゴールがあります。 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験
  • 4. モノづくりの4つのゴール USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モ{Something you will create VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 モノ e.g. サービス / Service 機能 / Feature UI
  • 5. モノづくりの4つのゴール {Experience of Users e.g. 価値 / Value 感覚、気持ち / Feeling できごと / Event USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験
  • 6. モノづくりの4つのゴール Activity of Users e.g. } USER USER ACTIVITY ACTIVITY ユーザーの行動 ユーザーの行動PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 来店、購入、課金 / Come, Pay登 録、継続利用 / Register, Retention
  • 7. モノづくりの4つのゴール USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 Viability of business e.g. 収益目標 / Profit } VIABILITY 存続可能性ユーザー数 / Number of users 環境改善 / Environment improved
  • 8. 8 What is your primary Goal? みなさん自身の最終的なゴールは何ですか? USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験
  • 9. These are parts of a Cycle of Designing. 9 実は、これらのゴールは、モノづくりのサイクルの一部です USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 In fact, whichever lacked, Design won’t be accomplished. 実は、どれが欠けてもモノづくりは成立しません。
  • 10. My goal 僕のゴール 1 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 2 VIABILITY 存続可能性 PRODUCT モノ
  • 11. About me and failures 自己紹介 Mikihiro Fujii 藤井 幹大 職種:Web Designer → Web Master → UX Designer 所属:地方制作会社 → フリーランス → Cyberagent → 絵本ナビ → VOYAGE GROUP( allegroworks → genesix ) → Goodpatch いっぱい失敗してきました。
  • 12. Case A Product and UX does not promise VIABILITY. 最高のチームで本当に良いモノ / 体験がつくれた。 → ユーザー数が未達でClose
  • 13. Case B Activity without VIABILITY does not matter. リワード月翌月にRetention 45% 非リワード月翌月はRetention 75% →ユーザー数が未達でClose
  • 14. What I learned? 失敗から学んだこと VIABILITY 存続可能性 Critical! USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ Clarify condition of VIABILITY, then design how to realize it. 事業存続の条件を明確にし、実現方法をデザインする必要がある。
  • 15. One for all, All for one. 15 (ホントに)どれが欠けても成立しない USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 Design whole of the designing cycle. モノづくりのサイクル全体をデザインしよう
  • 16. How to design the cycle? 16 サイクルのデザイン方法
  • 17. ex. “UX is the goal” 17 UXをゴールとした場合のデザイン方法 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性
  • 18. Design reproducible UX 必要なUXを設定し、再現性のある実現方法をデザインする USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 VIABILITY 存続可能性 PRODUCT モノ Anticipated / 予期的 Momentary / 瞬間的 } Episodic / エピソード的 Cumulative / 累積的 Don’t design "good UX”. Design a "UX to realize the cycle”. 「良いUX」ではなく「サイクルを実現するUX」をデザインしましょう。
  • 19. UX by Inter-action Design Action☓ActionによってUXをデザインする Anticipated / 予期的 Momentary / 瞬間的 } Action of User Episodic / エピソード的 Cumulative / 累積的 Inter(間)+Action USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY Action of Product 存続可能性 Feedforward / 予期 Feature / 機能 Feedback / 結果
  • 20. Lean Startup (Measure your idea!) UXデザインの仮説をユーザーの行動で計測する USER ACTIVITY ユーザーの行動 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 Measure users’ activity. Without changes, your design is worthless! ユーザーの行動を変えないものをつくっても意味が無い!
  • 21. Check the Viability 事業が存続できるかどうか確認する USER ACTIVITY ユーザーの行動 VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 PRODUCT モノ Viability is not necessarily profitability. 存続可能性は必ずしも収益性ではありません。
  • 22. If it is low, optimize the Activity. 存続の可能性が低い場合、行動を最適化する。 USER ACTIVITY ユーザーの行動 VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 PRODUCT モノ
  • 23. Then, optimize the Experience too. UXも最適化します。 USER ACTIVITY ユーザーの行動 VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 PRODUCT モノ
  • 24. 24 Watch out! 気をつけて!
  • 25. What is your goal!? 25 ゴールを忘れないように! USER EXPERIENCE ユーザーの体験 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 Your goal!
  • 26. Finally, complete your cycle. そんなこんなでサイクルを完成させましょう USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験
  • 27. 27 Any questions? ここまででわからないことは?
  • 28. 28 Now, you can try out. では、試してみましょう。
  • 29. Theme : Prott テーマはProttです。 Prott担当デザイナー 小林よりサービスのご説明
  • 30. Can you design a cycle? Prottのサイクルをデザインできるか試してみましょう。 USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 Fill out each goals with iteration. 反復しながらゴールを埋めてみてください。
  • 31. 31 You need teammates! They can design what you can’t. Respect them! うまくデザインできなかった部分があったと思います。 それをデザインできる仲間を見つけて、リスペクトしましょう!
  • 32. 32 At last, any questions? 質疑応答
  • 33.
  • 34. Design your world! ゴールを実現するデザインをしよう! USER ACTIVITY ユーザーの行動 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 Rock and move the world to better direction! ハートを揺さぶるモノを生み出し、 世界をより良い方向に前進させましょう!
  • 35. 35 That’s that. おしまい
  • 37. Design the cycle! サイクルをデザインしましょう! USER ACTIVITY ユーザーの行動 PRODUCT モノ VIABILITY 存続可能性 USER EXPERIENCE ユーザーの体験 Fill out each goals with iteration. (Post-it will help you.) 反復しながらゴールを埋めてみてください。(付箋を使うと便利です。)