SlideShare a Scribd company logo
E2D3 ver. 0.2 開発の手順書
http://e2d3.azurewebsites.net/index.html
Index
1. Github
2. 開発環境の構築
3. Office.jsの仕様と注意事項
4. シンプルなチャート作成
5. 複雑なチャートの作成について
Githubからファイルを取得できます
https://github.com/E2D3/E2D3-ver.-0.2
開発環境の構築
Githubからダウンロード
distディレクトリの内容にマニフェストファイル以外のすべてのサンプルデータが同梱されてい
ます。
お使いの開発環境に展開してください。
https://github.com/E2D3/E2D3-ver.-0.2
開発環境の設定(Visual Studioを利用しない場合)
○WEBサーバの構築(XAMPPやMAMP、またはネットワーク上のWEBサーバ)
○共有フォルダの作成
(PCに共有フォルダの作成、ネットワークHDD(NAS)、ファイルサーバなどで
も可)
○マニフェストファイル(e2d3_sample.xml)を共有フォルダに設置
○マニフェストファイル(e2d3_sample.xml)の書き換え
<DefaultSettings>
<SourceLocation DefaultValue="http://localhost/example" /> ←上記のWEBサーバー上のアプリページへ書き換え
<RequestedWidth>900</RequestedWidth>
<RequestedHeight>600</RequestedHeight>
</DefaultSettings>
○Excelの環境設定で、共有フォルダのマニフェストファイルを読み込む設定を追加
Excelを開き、「ファイル」→「オプション」→「セキュリティセンター」→「セキュリティセンターの設定」
○「信頼できるアプリカタログ」の項目に、共有フォルダのマニフェストファイル設置フォルダへのパスを追加
(※画像は例です)
開発環境の設定(Visual Studio2013を利用する場合)
上記を参考に、App for Office環境を作成してください。
○E2D3はコンテンツウィンドウを想定しています。
○ウィンドウサイズは、横900*縦600を想定しています。
※Visual Studioを使用する場合は、マニフェストファイルe2d3_sample.xmlは必要ありません。
※Visual Studio2013を使用する場合は、別途、App for Officeツールセットが必要です。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/fp142161(v=office.15)
App for Office、Office.jsの仕様に関する
注意事項
Office.js 1.1
【Office.js 1.1の仕様上、実現出来ない事と注意点】
○アプリから任意のセルを選択、または任意のセル範囲を選択することはできません。
○セルの選択を解除することはできません。
○別のシートのデータを取得することはできません。
○セルの書式、フォーマットを変更することはできません。
○行・列の追加・削除、セルの結合などはできません。
○バインドされたデータは、明示的にバインドを解除しない限り、画面遷移後も内部的に維持されま
す。
App for Office
【App for Officeの仕様上、実現出来ない事と注意点】
○実態はWEBアプリケーションになります。
○InternetExploreを内部的に実行していますので、InternetExploreで出来ないことは出来ません。
○アプリ側から、PCのローカルファイルにアクセスすることはできません(ファイルアップロードな
どの実装は可能です)。
○外部ファイル(cssファイル、jsファイル、jsonファイル、csvファイルなど)は、公開されている
WEBサーバ上のもの以外は取得できません。
シンプルなチャートの作成
ヘッダー
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge" />
<script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/core/e2d3.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/jquery/jquery.v2.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/jquery/jquery.e2d3.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/lib/d3.min.js"></script>
<link href="css/style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<script type="text/javascript">
e2d3.initialize();
</script>
← 古いIE対策。必ず実装してください。
←E2D3
jQueryなどのライブラリはホストサーバより取
得できます。
←Officeの初期化
構成ファイルは、E2D3稼働サーバで標準で構成されているディレクトリ構成、ファイル名になりま
す。このサンプルソースはGithubに公開されています。
← Office.js
実装すべき主な機能
明示的にサンプルデータをセットする機能。
※サンプルデータソースは、htmlファイル内に記載してく
ださい
ユーザーが任意のデータ範囲を選択できる機
能
$('#set_sample_data').on('click', function () {
e2d3.json2Excel(sample_data,function (result) {
if (result) {
e2d3.setBindData(
{ id: setBindId, is_prompt: 0 }, function (binding) {
e2d3.addChangeEvent(binding, dataUpdate);
$("#data_binding_area").fadeOut(function () {
$("#submit_area").fadeIn(800);
});
});
}
});
});
データをセットした際、自動的にセル範囲が選択され
るので、setBindDataのis_promptは0を指定していま
す。
※ユーザーが任意のセル範囲を選択する場合は、
サンプルソースの例では、「Set sample data」ボタンをクリックした際に、json2Excelを実行し、htmlソース内に書かれたjsonデータをセル
にセットしています。また、セットと同時にデータをバインドし、さらにビジュアライズボタンを表示しています。
e2d3.setBindData(
{ id: setBindId, is_prompt: 1 }, function (binding) {
e2d3.addChangeEvent(binding, dataUpdate);
});
});
としています。
バインドIDに関する注意
1. バインドIDは、あなただけが作ったチャートの一意のものにする必要があります。
ユーザーが他のチャートから遷移してきた場合を考えてください。異なるデータフォーマット
のチャートを使用しており、さらにセルのデータがバインドされたままの場合、チャート描画
時などで不要なエラーが発生する場合があります。
バインドIDは、バインドするセル範囲毎に、一意のものに指定しておくと、あなたが作成した
チャート用のバインドデータが存在するかどうか等を調べることもできます。
2. 基本的に、トップページへ戻るボタンをクリックした際、バインドは解除しておくと良いでし
ょう。
データラベルに関する注意
1. ラベルデータを固有のキーとしたスクリプトを書かないでください。
name sales cost
japan 23654 2563
United states 58785 8547
var profit[0].name = data[0].sales - data[0].cost;
ユーザーの持つ様々なデータに対応できるよう、絶対的な固有名をキーとした参照はしないでください。
topojsonなどのジオメトリチャートを利用する場合は、国名をキーとして利用する場合があります。その場
合は、サンプルデータとしてあらかじめ値をセットできるようにしてください。
また、ヘルプドキュメントに、決まった値でないと描画できないことなど注意を記載してください。
実装すべきその他の機能
1. ヘルプ機能
チャートで使うデータのフォーマット、使い方、ボタンの説明などのヘルプを記載してください。説明をモー
ダルなどで、画面の遷移なく表示することが望ましいでしょう。
2. メニューの表示/非表示機能
ユーザーは画像だけを保存したいと考えるはずです。メニューなどを非表示にし、またそれを再び表示する機
能が必要です。
3. バインドを解除する機能
ユーザーが、あなたが作成したチャートとは異なるチャートから遷移してきた場合、データバインドが残って
いる可能性があります。全てのバインドをチェックし、あなたが作成したチャートとは異なるバインドIDが存
在した場合、ユーザーにそれ知らせ、必要であればバインドを解除できなければなりません。
4. トップページへのリンク
チャート一覧ページへ戻るリンクを必ず設置してください。その際、バインドを解除する処理をいれると良い
複雑なチャートの作成について
多次元構造のチャートを作成する場合
多次元データをバインドする際の注意
ユーザーのデータは決まった列、決まったフォーマット
ではないため、様々な想定が必要です。
例) バインドを複数にわける。
ユーザーに複数回、セル範囲を選択させ、目的別のデー
タをわけてバインドする。自然なUIになるように工夫し
てください。
バインド
1
バインド
2
バインド
3
注意
ラベル名や値は、ユーザーが用意するファイルによって
様々です。マルチバイトやラベルが数字ではない場合も
想定してください。
また、必要な値が入っていないケースもあります。
E2D3 Project Member

More Related Content

What's hot

RoR周辺知識15項目
RoR周辺知識15項目RoR周辺知識15項目
RoR周辺知識15項目
saiwaki
 
03.owncloudのエコシステム
03.owncloudのエコシステム03.owncloudのエコシステム
03.owncloudのエコシステム
Tetsurou Yano
 
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
Fuminobu Takeyama
 
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
Takashi Kanai
 
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみるLTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
Fuminobu Takeyama
 
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux  ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux  ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
Toyohiko Komatsu
 
Linux kernelのbspとupstream
Linux kernelのbspとupstreamLinux kernelのbspとupstream
Linux kernelのbspとupstream
wata2ki
 
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
Koichiro Sumi
 
Addon sdkはじめの一歩
Addon sdkはじめの一歩Addon sdkはじめの一歩
Addon sdkはじめの一歩
EnsekiTT
 
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
Etsuji Nakai
 
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
Fuminobu Takeyama
 
Cocos2d xでの開発の準備
Cocos2d xでの開発の準備Cocos2d xでの開発の準備
Cocos2d xでの開発の準備
Tomoaki Shimizu
 
ownCloudについて
ownCloudについてownCloudについて
ownCloudについて
Shinya Saita
 
201804 about su2
201804 about su2201804 about su2
201804 about su2
Etsuji Nomura
 
Docker入門
Docker入門Docker入門
Docker入門
Shun Tsunoda
 
MUGT02 - vamp demo
MUGT02 - vamp demoMUGT02 - vamp demo
MUGT02 - vamp demo
Tetsuya Sodo
 
SONiCインストールしてみた
SONiCインストールしてみたSONiCインストールしてみた
SONiCインストールしてみた
wataken44
 
RHEL Atomic Hostのご紹介
RHEL Atomic Hostのご紹介RHEL Atomic Hostのご紹介
RHEL Atomic Hostのご紹介
Etsuji Nakai
 
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタRancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
Takashi Kanai
 
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
Tsuyoshi Yamada
 

What's hot (20)

RoR周辺知識15項目
RoR周辺知識15項目RoR周辺知識15項目
RoR周辺知識15項目
 
03.owncloudのエコシステム
03.owncloudのエコシステム03.owncloudのエコシステム
03.owncloudのエコシステム
 
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
サーバーだけじゃない! Linux デスクトップを使い倒そう! その1
 
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
KubernetesとFlannelでWindows上にPod間VXLAN Overlayネットワークを構成
 
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみるLTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
LTS & ローリングリリース! ― ランキング4位のLinuxディストリビューション openSUSE を Azure で使ってみる
 
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux  ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux  ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
Windows subsystem for linuxで始める組み込みlinux ラズパイ3のブートイメージを作ってみる-
 
Linux kernelのbspとupstream
Linux kernelのbspとupstreamLinux kernelのbspとupstream
Linux kernelのbspとupstream
 
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
 
Addon sdkはじめの一歩
Addon sdkはじめの一歩Addon sdkはじめの一歩
Addon sdkはじめの一歩
 
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習
 
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
サーバーだけじゃない!Linux デスクトップを使い倒そう!その2
 
Cocos2d xでの開発の準備
Cocos2d xでの開発の準備Cocos2d xでの開発の準備
Cocos2d xでの開発の準備
 
ownCloudについて
ownCloudについてownCloudについて
ownCloudについて
 
201804 about su2
201804 about su2201804 about su2
201804 about su2
 
Docker入門
Docker入門Docker入門
Docker入門
 
MUGT02 - vamp demo
MUGT02 - vamp demoMUGT02 - vamp demo
MUGT02 - vamp demo
 
SONiCインストールしてみた
SONiCインストールしてみたSONiCインストールしてみた
SONiCインストールしてみた
 
RHEL Atomic Hostのご紹介
RHEL Atomic Hostのご紹介RHEL Atomic Hostのご紹介
RHEL Atomic Hostのご紹介
 
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタRancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
Rancher2.3とwindows Containerで作るkubernetesクラスタ
 
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
20130126 第2回福岡debian勉強会 debian wheezyとdebian installerのはなし
 

Viewers also liked

E2D3 introduction
E2D3 introductionE2D3 introduction
E2D3 introduction
E2D3
 
E2D3に見るオープンイノベーション
E2D3に見るオープンイノベーションE2D3に見るオープンイノベーション
E2D3に見るオープンイノベーション
E2D3.org
 
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
E2D3.org
 
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」 2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
圭輔 大曽根
 
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
Hideyuki Takeuchi
 
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
Hideyuki Takeuchi
 
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
Moscow State University
 
tripchi pitch
tripchi pitchtripchi pitch
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
ObservatoireMode
 
สุขศึกษา
สุขศึกษาสุขศึกษา
สุขศึกษา
Karnn
 
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.  Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
Apperian
 
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
shpinat
 
Big history
Big historyBig history
Big history
nickleberry
 
Презентация Social Media Club Almaty
Презентация Social Media Club AlmatyПрезентация Social Media Club Almaty
Презентация Social Media Club Almaty
SocialMediaClubCA
 
Airframe stuctural-design by Niu
Airframe stuctural-design by NiuAirframe stuctural-design by Niu
Airframe stuctural-design by Niu
Divya Srinivasan
 
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi dinh huong tiep thi truc t...
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi   dinh huong tiep thi truc t...Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi   dinh huong tiep thi truc t...
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi dinh huong tiep thi truc t...
Bui Hang
 
Slideshare practice
Slideshare practiceSlideshare practice
Slideshare practice
mfurda
 
Beta tech
Beta techBeta tech

Viewers also liked (20)

E2D3 introduction
E2D3 introductionE2D3 introduction
E2D3 introduction
 
E2D3に見るオープンイノベーション
E2D3に見るオープンイノベーションE2D3に見るオープンイノベーション
E2D3に見るオープンイノベーション
 
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
 
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」 2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
2015/08/24 第15回 HTML5+JS 勉強会【TechBuzz】資料「HTML5とデータ可視化とExcel」
 
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
どんなデータでもキレイに魅せる! 〜HTML5/JavaScriptでグラフを描画する今時の手法〜
 
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
オープンソースプロジェクト E2D3のご紹介
 
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
14. Общая экономика 2017: Превращение товарного капитала в товарно-торговый к...
 
tripchi pitch
tripchi pitchtripchi pitch
tripchi pitch
 
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
201107 fw11 originals_by_jeremyscott_lookbook
 
สุขศึกษา
สุขศึกษาสุขศึกษา
สุขศึกษา
 
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.  Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
Why You Must Mobilize Your Workforce. Now.
 
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
2 класс. lesson 21. я кормлю своего питомца
 
Big history
Big historyBig history
Big history
 
Diapositivas lopez
Diapositivas lopezDiapositivas lopez
Diapositivas lopez
 
Презентация Social Media Club Almaty
Презентация Social Media Club AlmatyПрезентация Social Media Club Almaty
Презентация Social Media Club Almaty
 
Airframe stuctural-design by Niu
Airframe stuctural-design by NiuAirframe stuctural-design by Niu
Airframe stuctural-design by Niu
 
Ejemplo aplica zoom
Ejemplo aplica zoomEjemplo aplica zoom
Ejemplo aplica zoom
 
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi dinh huong tiep thi truc t...
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi   dinh huong tiep thi truc t...Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi   dinh huong tiep thi truc t...
Chien luoc xay dung thuong hieu tren mang xa hoi dinh huong tiep thi truc t...
 
Slideshare practice
Slideshare practiceSlideshare practice
Slideshare practice
 
Beta tech
Beta techBeta tech
Beta tech
 

Similar to E2D3 ver. 0.2 開発の手順書

20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
20121115 fukuoka sublime0_kuroneko20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
Kohki Nakashima
 
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azureA 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
GoAzure
 
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデートApp Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
Microsoft Azure Japan
 
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しようAzure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
Shinya Nakajima
 
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考えるNetラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
david9142
 
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
Microsoft Corporation
 
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
Tsukasa Sugiura
 
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
de:code 2017
 
はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発
Yoshitaka Seo
 
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
Kazumi IWANAGA
 
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみるWindows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Kazuki Takai
 
Pro aspnetmvc3framework chap23
Pro aspnetmvc3framework chap23Pro aspnetmvc3framework chap23
Pro aspnetmvc3framework chap23
Hideki Hashizume
 
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
Takayoshi Tanaka
 
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
Satoshi Yazawa
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
日本マイクロソフト株式会社
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
hiro nemu
 
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
Takako Miyagawa
 
Verilog-HDL Tutorial (15) software
Verilog-HDL Tutorial (15) softwareVerilog-HDL Tutorial (15) software
Verilog-HDL Tutorial (15) software
Hiroki Nakahara
 
オトナのDocker入門
オトナのDocker入門オトナのDocker入門
オトナのDocker入門
Tsukasa Kato
 

Similar to E2D3 ver. 0.2 開発の手順書 (20)

20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
20121115 fukuoka sublime0_kuroneko20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
20121115 fukuoka sublime0_kuroneko
 
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azureA 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
A 2-1 gitwebmatrix 2 から使う node.js on windows azure
 
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデートApp Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
App Service の DevOps と Visual Studio Team Services 最新アップデート
 
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しようAzure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
Azure DevOpsとVisual Studio App CenterをモバイルアプリのCI/CDに活用しよう
 
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考えるNetラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
 
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
Docker for Windows & Web Apps for Containers 実践活用技法
 
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
OpenCV2.2 Install Guide ver.0.5
 
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
[TL10] Azure IaaS 構築・運用・管理の専門家が語る DevTest Labs ~高速・費用無駄ナシ・簡単管理を実現する開発・テスト環境の構築~
 
はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発
 
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
Developers Summit 2023 9-D-1「もう悩まされない開発環境、プロジェクトで統一した環境をいつでもどこでも」
 
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみるWindows Server 2019 で Container を使ってみる
Windows Server 2019 で Container を使ってみる
 
Pro aspnetmvc3framework chap23
Pro aspnetmvc3framework chap23Pro aspnetmvc3framework chap23
Pro aspnetmvc3framework chap23
 
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
 
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
dodaiのProvisioning周辺探訪 - dodai勉強会 #4
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
 
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
Code igniterでテスト駆動開発 資料作成中
 
Verilog-HDL Tutorial (15) software
Verilog-HDL Tutorial (15) softwareVerilog-HDL Tutorial (15) software
Verilog-HDL Tutorial (15) software
 
20060419
2006041920060419
20060419
 
オトナのDocker入門
オトナのDocker入門オトナのDocker入門
オトナのDocker入門
 

More from E2D3.org

シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
E2D3.org
 
データで見る琵琶湖の環境問題の現状
データで見る琵琶湖の環境問題の現状データで見る琵琶湖の環境問題の現状
データで見る琵琶湖の環境問題の現状
E2D3.org
 
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
E2D3.org
 
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
E2D3.org
 
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
E2D3.org
 
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
E2D3.org
 
そうだ 離島、行こう。
そうだ 離島、行こう。そうだ 離島、行こう。
そうだ 離島、行こう。
E2D3.org
 
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
E2D3.org
 
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
E2D3.org
 
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
E2D3.org
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3.org
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

E2D3.org
 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
E2D3.org
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
E2D3.org
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
E2D3.org
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
E2D3.org
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞
E2D3.org
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
E2D3.org
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
E2D3.org
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
E2D3.org
 

More from E2D3.org (20)

シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
シビックテックと統計学で予測する琵琶湖の環境問題
 
データで見る琵琶湖の環境問題の現状
データで見る琵琶湖の環境問題の現状データで見る琵琶湖の環境問題の現状
データで見る琵琶湖の環境問題の現状
 
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
 
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
地球温暖化が琵琶湖に及ぼす影響の理解と予測
 
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
Webマーケティングを通じたデータサイエンティストの価値発揮方法
 
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
プロ直伝 伝わるデータビジュアル術
 
そうだ 離島、行こう。
そうだ 離島、行こう。そうだ 離島、行こう。
そうだ 離島、行こう。
 
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
 
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
 
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
 

E2D3 ver. 0.2 開発の手順書