SlideShare a Scribd company logo
cp-2. C プログラム作成時の
よくある間違い
(C プログラミング入門)
URL: https://www.kkaneko.jp/pro/adp/index.html
1
金子邦彦
間違いの例
書き方のミス
• カッコ(「{}」,「()」)の対応をとる
• クオーテーション(「"」,「'」)の対応をとる
• 乗算には「*」を使う
• 変数名には,半角文字を使う
• 字下げには,半角のスペース(空白文字)を使う
• キーワードは,正しいスペルを書く
2
カッコの対応をとる
main()
{
printf( "hello worldn" );
}
main関数でのカッコの対応
例)
3
カッコの対応をとる
エラーメッセージが現
「}」 を忘れてい
る
4
カッコの対応をとる
エラーメッセージが現
「)」 を忘れてい
る
5
クオーテーションの対応をとる
printf("x=n" );
printf文でのダブル
クオーテーションの対応
例)
6
乗算には「*」を使う
a * b * sin(theta);
計算式の中での乗算
例)
7
乗算には「*」を使う
エラーメッセージが現
「*」 を忘れてい
る
8
全角文字の使用は注意して
• 全角文字や全角記号が使えるのは,「“」(ダブ
ルクオーテーション)でくくられた中だけ
• 変数名に全角文字は使えない
• 各種の全角文字や全角記号(スペースなど)が使える
のは,「“」(ダブルクオーテーション)でくくられ
た中だけ
9
変数名には「半角文字」を使う
エラーメッセージが現
れる
全角文字の 「S」を使って
いる
10
字下げには「半角のスペース」を使う
エラーメッセージが現
れる
全角文字のスペースを使っ
ている(目に見えない)
11
• Visual C++ のキーワードチェック機能
正しいキーワード キーワードでない
return 0;
別の色で表示される
retrn 0;
黒いまま
いち エル
12
キーワードの間違い
キーワードは,正しいスペルを書く
エラーメッセージが現
れる
正しくは
「printf」
13
「1」と「l」は違う
「1」 と 「l」 を間違えると,後で探しにくい
いち エル
14
プログラム作成時のヒント
15
「¥」(円記号)と,
「\」(バックスラッシュ)は同じ
• 日本語キーボードには,「円記号」があって,
「バックスラッシュ」が無い.
• 英語キーボードには,「バックスラッシュ」があっ
て,「円記号」が無い.
• キーボードの「円記号」,「バックスラッシュ」の
どちらを使っても同じ意味.
• 表示の時に, 「円記号」と「バックスラッシュ」が
置き換わることがある.無視してよい.慣れれば気
にならない.
16

More Related Content

More from kunihikokaneko1

mi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
mi-8. 人工知能とコンピュータビジョンmi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
mi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
kunihikokaneko1
 
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
kunihikokaneko1
 
mi-6. 画像分類システム
mi-6. 画像分類システムmi-6. 画像分類システム
mi-6. 画像分類システム
kunihikokaneko1
 
mi-3. データサイエンス・AIの演習
mi-3. データサイエンス・AIの演習mi-3. データサイエンス・AIの演習
mi-3. データサイエンス・AIの演習
kunihikokaneko1
 
mi-1. 人工知能の概要
mi-1. 人工知能の概要mi-1. 人工知能の概要
mi-1. 人工知能の概要
kunihikokaneko1
 

More from kunihikokaneko1 (20)

mi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
mi-8. 人工知能とコンピュータビジョンmi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
mi-8. 人工知能とコンピュータビジョン
 
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
mi-7. 学習と検証, 学習不足, 過学習, 学習曲線
 
mi-6. 画像分類システム
mi-6. 画像分類システムmi-6. 画像分類システム
mi-6. 画像分類システム
 
mi-5. ディープラーニング
mi-5. ディープラーニングmi-5. ディープラーニング
mi-5. ディープラーニング
 
mi-4. 機械学習
mi-4. 機械学習mi-4. 機械学習
mi-4. 機械学習
 
mi-3. データサイエンス・AIの演習
mi-3. データサイエンス・AIの演習mi-3. データサイエンス・AIの演習
mi-3. データサイエンス・AIの演習
 
mi-2. データサイエンス・AIの事例
mi-2. データサイエンス・AIの事例mi-2. データサイエンス・AIの事例
mi-2. データサイエンス・AIの事例
 
mi-1. 人工知能の概要
mi-1. 人工知能の概要mi-1. 人工知能の概要
mi-1. 人工知能の概要
 
kaneko202304.pptx
kaneko202304.pptxkaneko202304.pptx
kaneko202304.pptx
 
Coding Standards of C++ について
 Coding Standards of C++ について  Coding Standards of C++ について
Coding Standards of C++ について
 
co-3. サブクラス、継承
co-3. サブクラス、継承co-3. サブクラス、継承
co-3. サブクラス、継承
 
co-2. メソッド定義と呼び出し
co-2. メソッド定義と呼び出しco-2. メソッド定義と呼び出し
co-2. メソッド定義と呼び出し
 
co-1. クラスとメソッド
 co-1. クラスとメソッド co-1. クラスとメソッド
co-1. クラスとメソッド
 
Visual Studio 2013 の起動とプロジェクトの新規作成
Visual Studio 2013 の起動とプロジェクトの新規作成Visual Studio 2013 の起動とプロジェクトの新規作成
Visual Studio 2013 の起動とプロジェクトの新規作成
 
extern の意味
extern の意味extern の意味
extern の意味
 
cp-15. 疑似乱数とシミュレーション
cp-15. 疑似乱数とシミュレーションcp-15. 疑似乱数とシミュレーション
cp-15. 疑似乱数とシミュレーション
 
cp-14. ファイル処理
cp-14. ファイル処理cp-14. ファイル処理
cp-14. ファイル処理
 
cp-13. 構造体
cp-13. 構造体cp-13. 構造体
cp-13. 構造体
 
cp-12. 文字列
cp-12. 文字列cp-12. 文字列
cp-12. 文字列
 
cp-11. ポインタ
cp-11. ポインタcp-11. ポインタ
cp-11. ポインタ
 

cp-2. Cプログラム作成時のよくある間違い