SlideShare a Scribd company logo
Presentation Slides for Developer Summit 2018 Fukuoka
川崎 庸市 / Yoichi Kawasaki
@yokawasa
https://github.com/yokawasa
Azureテクノロジースペシャリスト(専門: Cloud App Dev )
Ventures → ヤフー → マイクロソフト
インターネットサービス企業にてソフトウェアエンジニア、エンタープライズ検索製品
フィールドエンジニア、Azureソリューションアーキテクトを経て現職
2017年~ Global Back Belt(黒帯)というグローバル組織に所属しクラウド開発分野
でお客様・パートナー様の プリセールス技術支援、イベント・セミナー登壇を通じて
クラウド技術の普及に従事
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
https://twitter.com/acloudguru/status/1004743691158933505
Why Containers?
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
• コンテナ技術によりIaaSとは違った仮想化レベルを提供
• ベンダーごとの言語やフレームワークなどの制約が比較的フリー
• 複数コンテナを管理するオーケストレーション機能が重要な役割を担う
From Docker.inc : https://docs.docker.com/get-started/#images-and-containers
ホストOS上に配置されたライトウェートで高速に動作する分離された層
最終的にホストOS上の1プロセスとして実行されているアプリ
コンテナ化仮想化
コンテナ年表
2013
Docker
登場
2008
LXC
2014 2015 2016 2017 2018
Google
k8s発表
CNCF
設立
2013.6
2014.6
k8s1.0
2015.7
Docker
Swam発表
2014.12
Mesosphere
DC/OS発表
2016.4
CRI (Container runtime interface)
Docker
k8sサポート
宣言
2017.10
k8s1.10
2018.3
EKS, AKS
がGA
2018.6
k8s標準時代
CSI ( Container storage interface)
CNI(Container network interface)
OCI(open container initiative)
仕様標準化
コンテナ群雄割拠
( Docker & Kubernetesフォーカス )
Kubernetes(クーバネティス)
Master VM Master VM
Master VM
Worker
Node
Worker
Node
Worker
Node
Worker
Node
Worker
Node
Worker
Node
kubectl apiserver
Web UI
etcd
scheduler
Controller
manager
kubelet
kube proxy
Container
LBCLIコマンド
ダッシュボード
永続化データ保持のためのKVS
認証、CRUD操作
Podのノード割り当て 各種コントローラー
ノードごとの
Pod管理
Service VIPアドレスのルーティング
外部からの
アクセス
全ての操作はapiserver経由
API
Container
runtime
kubelet
kube proxy
Container
ノードごとの
Pod管理
Service VIPアドレスのルーティング
Container
runtime
https://kubernetes.io/docs/concepts/overview/components/
Layer 1
Layer 2
Layer 3
Layer 4
Layer 5
Layer 6
Layer 7
参考: Gabe Monroy on Twitter: "Strata of the Container Ecosystem https://twitter.com/gabrtv/status/539805332432637952
Docker&Kubernetesのモメンタム
IDC Japan社
2018年 国内クラウドインフラストラクチャに関するユーザー動向調査結果
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180614Apr.html
Dockerの導入状況に関するユーザー調査結果(調査年別)
41%
高い可搬性と再利用性
自由度・柔軟性の高さ
• ランタイム環境、ミドルウェアに対する支配力
• 言語やフレームワークの制限はほとんどなく基本的にコードに変更なく、アプリ
ケーションの実行が可能
標準化
抽象度が低く管理範囲が広い
https://twitter.com/jbeda/status/993978919907770368
https://twitter.com/jbeda/status/993978924890640388
Kubernetesは複雑
https://thenewstack.io/has-kubernetes-already-become-too-unnecessarily-complex-for-enterprise-it/
“When we started with YAML we never intended it
to be the user-facing solution,” Beda wrote. “We
saw it as ‘assembly code.’ I’m horrified that we are
still interacting with it directly.
Why Serverless?
サーバレス年表
2014 2015 2016 2017 2018
AWS Lambda
2014.11
Google Cloud
Functions
Azure
Functions
2016.2
2016.3
IBM
OpenWhisk
Serverless
Framework
2015.10
2016.12
OpenWhisk
(OSS) by IBM
Fn Project
(OSS) by Oracle
2017.10
CNCFが
Serverless
Whitepaper
を発表
2018.2
https://thenewstack.io/aws-lambda-still-towers-competition-much-longer/
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
Application
Application
Trigger/Binding
/Backend
Functions
(code)
イベントドリブンで
自動スケール
使った分だけ
細かく課金
使った分だけ課金(Pay-as-you-go)
インフラ管理省力化
• インフラ 〜 アプリライフサイクルまで高いレベルで抽象化され、耐障害対策、
回復性設定がされているためインフラ管理リソースの省力化が可能
インスタンスの自動スケール
開発リソース省力化
自由度・柔軟性の低さ
コールドスタート
実行時間や消費可能リソースの制約
ベンダーロックイン
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
開発・デプロイの迅速性、生産性
https://trends.google.com/trends/explore?date=2016-01-01%202018-08-27&q=Kubernetes,Serverless,AWS%20Lambda
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
• Cloud Native Computing
Foundation(CNCF)の
Serverless Working Groupによるホ
ワイトペーパー
• Serverlessのみならず、CaaSやPaaS含め
た使い分け方などが分かりやすく解説
されている
CNCF Serverless Whitepaper Github
https://github.com/cncf/wg-
serverless/tree/master/whitepapers
【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0
http://www.atmarkit.co.jp/ait/series/9263/
https://www.slideshare.net/jacopen/k8spaasserverles
s
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
要件 内容例
可用性 回復性、稼働率、RTO(目標復旧時間) 、RPO(回復ポイント目標)
性能・拡張性 ユーザ数、RPS、目標レスポンス速度、成長に応じた拡張
運用保守性 バックアップ、計画停止、運用監視、障害時対応、運用自動化
移行性 移行時期、並行稼働有無、システム展開方式、移行データ量
セキュリティ コンプライアンス、リスク分析、通信制御、認証、不正検知・追
跡・監視
情報処理推進機構(IPA)の非機能要件グレード 非機能項目(大項目)と、内容例
コンテナ / CaaS サーバレス / FaaS
コンテキスト依存
(ステートフル?レス?)
ステートフル・レス関わらず柔軟な対
応が可能。ただし、ステートフル対応
は比較的難易度が高い
ステートフルなワークロードには向い
ていない(もちろん対応は可能)
依存ライブラリ・
言語(自由度)
自由度が非常に高い プラットフォーム依存で自由度は低い
稼働パターン コンピュートリソースは常時稼働
アイドル時間もコスト発生
イベント発火による実行パターンで
アイドル時間のコスト不要
大量実行でコスト高となりうる
性能・拡張性 高速起動
オートスケール設定可能
設定責任高い
コールドスタート問題あり
ネイティブにオートスケール対応
設定責任低い
回復性 回復性設定可能
設定責任高い
ネイティブに回復性を持っている
設定責任低い
運用保守性 インフラ支配力高く監視・トレースの
自由度は高い
インフラ支配力が低く、監視・トレー
サビリティはプラットフォーム依存
• 開発運用体制の充実度
• スキルレベル・経験
• 納期までの時間
• 経済力
• 既存システム資産
• etc
アプリ特性/機能要件
• コンテキスト依存度
• 依存ライブラリ・言語
• 稼働時間
非機能要件
• 性能・拡張性
• 回復性
• 運用保守性
与えられた条件・制約
• 開発・運用体制
• スキルレベル・経験
• 納期までの時間
• 経済力
• 既存システム資産
選択を行う
既存
アプリ
APP
モダン
マイクロサービス
モダン
メソッド
CI/CDの実装
自動化
モダン
インフラ
クラウド移行
VM / コンテナ
(Lift & Shift)
アプリの
コンテナ化
コンテナで
アプリ再設計
(*)クラウドネイティブアプリ=コンテナ、PaaS、サーバレスの適材適所の
活用で、アプリ構造とアーキテクチャが最適化されたアプリ
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
• 本当にマイクロサービス化する必要はありますか?
• 本当にKubernetesが必要ですか?
• それ全部Functionsで実現するのですか?
• もっとシンプルな方法はないですか?
• データ一貫性・整合性の維持
• 複雑なサービス間通信
• クライアント・アプリ間の通信
• 分散アプリケーションのモニタリング
• 継続的インテグレーションとデリバリ (CI/CD)
マイクロサービスの粒度を適正にしたい
• ドメインベース設計しっかりやる
• 長期運用を考えてメリットがあるのかを考える
マイクロサービス間通信の制御・監視
• サービスメッシュの導入を考える
• Istio / Linkerd / Conduit
マイクロサービス処理の見通しをよくしたい
• ワークフローの整理・管理
• クラウドFaaSだったら Logic App/Durable Functions (Azure), AWS Step
Functions, Google Composer, etc.
NoOps = No "Uncomfortable" Ops
エンドユーザー
サービス停止時間の最小化、レスポンスタイム
の安定化など、高いサービスレベルを安定して
享受できる
運用担当者
• システム運用作業の「非同期化」
• 障害解析などの運用業務がなくなることはないが、
「今すぐ急いで」から「後でゆっくり」へ業務特
性を転換することができる
• 空いた時間で「開発」することができる
→ 運用機能の開発やアプリケーションの開発
当然ながら
回復性の実現は簡単ではありません
https://docs.microsoft.com/ja-
jp/azure/architecture/patterns/category/resiliency
生まれながらに回復性が実装されている PaaS
やサーバレスを可能な範囲で適材適所に活用
して負担をおフロードしていくことが得策
(時間・リソースは有限である)
https://www.slideshare.net/hiromasaoka/noops-88082246
9月12日開催予定
NoOps Meetup Tokyo #1
https://noops.connpass.com/
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
k8s認定プログラム
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
• Events
• Workflows / Function Composition
• Event Orchestration / Chaining
• Function Signatures
CNCF Serverless WG / Proposals
https://github.com/cncf/wg-serverless/tree/master/proposals
CNCF Serverless WGを中心に進められている
イベントスキーマ標準化のための共通仕様
• 異なるシステム間でのイベントの相互運用性(”
interoperability”)確保が目的
• FaaSのポータビリティ、Event-Drivenシステム開発・テスト改善、etc.
• イベントはさまざまなプロトコルで配送可能にする
• 業界標準(HTTP, AMQP, MQTT, SMTP)、OSS(Kafka, NATS)、ベンダー
固有(AWS Kinesis, Azure Event Grid), etc.
https://cloudevents.io/
https://github.com/cloudevents/spec/blob/master/json-format.md
サンプル: CloudEvent JSON (data部分が文字列の例)
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/event-grid/ https://serverless.com/event-gateway/
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
Cloud
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
Kubernetes
control pane
Application
architect
Infrastructure
architect
Azure Container Instances (ACI)
ACI
Connector
Pod
Pod Pod
Pod
Pod Pod
Pod
Pod Pod
Pod
Pod Pod
VM VM
VM VM
Deployment/
tasks
Pod Pod Pod Pod Pod
Pod Pod Pod Pod Pod
Pod Pod Pod Pod Pod
Pod Pod Pod Pod Pod
Pod Pod Pod Pod Pod
WasteWaste
WasteWaste PodPod
PodPod
Azure Container Instanceの例
ACI Connector for Kubernetes(VirtualKublet実装)を使用したKuberneteクラスタからの実行例
“observability is a measure of how well internal states of
a system can be inferred from knowledge of its external
outputs”
Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Observability
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
https://landscape.cncf.io/grouping
=landscape&landscape=observabil
ity-and-analysis
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望

More Related Content

What's hot

Azure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアルAzure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアル
貴志 上坂
 
DevOps with Database on AWS
DevOps with Database on AWSDevOps with Database on AWS
DevOps with Database on AWS
Amazon Web Services Japan
 
AWS Well-Architected Security とベストプラクティス
AWS Well-Architected Security とベストプラクティスAWS Well-Architected Security とベストプラクティス
AWS Well-Architected Security とベストプラクティス
Amazon Web Services Japan
 
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
Amazon Web Services Japan
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
Akihiro Suda
 
03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える
Amazon Web Services Japan
 
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
Amazon Web Services Japan
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
増田 亨
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
Amazon Web Services Japan
 
KeycloakでAPI認可に入門する
KeycloakでAPI認可に入門するKeycloakでAPI認可に入門する
KeycloakでAPI認可に入門する
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
政雄 金森
 
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etcAzure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
Yoichi Kawasaki
 
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
Amazon Web Services Japan
 
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
Masahito Zembutsu
 
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
オラクルエンジニア通信
 
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
オラクルエンジニア通信
 
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
Shinya Mori (@mosuke5)
 
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
Amazon Web Services Japan
 
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 

What's hot (20)

Azure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアルAzure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアル
 
DevOps with Database on AWS
DevOps with Database on AWSDevOps with Database on AWS
DevOps with Database on AWS
 
AWS Well-Architected Security とベストプラクティス
AWS Well-Architected Security とベストプラクティスAWS Well-Architected Security とベストプラクティス
AWS Well-Architected Security とベストプラクティス
 
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
20210127 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift 運用管理
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
 
03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える
 
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
202110 AWS Black Belt Online Seminar AWS Site-to-Site VPN
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
 
KeycloakでAPI認可に入門する
KeycloakでAPI認可に入門するKeycloakでAPI認可に入門する
KeycloakでAPI認可に入門する
 
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
Sonar qubeでちょっと楽しい静的解析
 
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etcAzure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
Azure Search 言語処理関連機能 〜 アナライザー、検索クエリー、辞書、& ランキング, etc
 
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
PostgreSQLをKubernetes上で活用するためのOperator紹介!(Cloud Native Database Meetup #3 発表資料)
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
 
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
 
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年7月版]
 
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
しばちょう先生が語る!オラクルデータベースの進化の歴史と最新技術動向#3
 
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
Kubernetesを使う上で抑えておくべきAWSの基礎概念
 
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
[AWS EXpert Online for JAWS-UG 18] 見せてやるよ、Step Functions の本気ってやつをな
 
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
最近のKeycloakのご紹介 ~クライアントポリシーとFAPI~
 

Similar to コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望

Applications made ​​with twelve factor-app
Applications made ​​with twelve factor-appApplications made ​​with twelve factor-app
Applications made ​​with twelve factor-app
Kodai Sakabe
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
Takeshi Fukuhara
 
楽天がCloud foundryを選んだ理由
楽天がCloud foundryを選んだ理由楽天がCloud foundryを選んだ理由
楽天がCloud foundryを選んだ理由
Rakuten Group, Inc.
 
MicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組みMicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組み
Shinichiro Arai
 
Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
真吾 吉田
 
Force.com開発基礎
Force.com開発基礎Force.com開発基礎
Force.com開発基礎
Salesforce Developers Japan
 
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
Akira Inoue
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud Foundry
Tomohiro Ichimura
 
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーションAzure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
Masahiko Ebisuda
 
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - OverviewAzure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Keiji Kamebuchi
 
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
Yosuke Arai
 
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
Daisuke Nishino
 
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
Issei Hiraoka
 
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイルVisual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Akira Inoue
 
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイントG tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
Trainocate Japan, Ltd.
 
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Shinichiro Arai
 
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring CloudJjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
Yoshio Terada
 
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
Shinichiro Arai
 

Similar to コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望 (20)

Citrix eco new
Citrix eco newCitrix eco new
Citrix eco new
 
Applications made ​​with twelve factor-app
Applications made ​​with twelve factor-appApplications made ​​with twelve factor-app
Applications made ​​with twelve factor-app
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
 
Heroku Inside
Heroku InsideHeroku Inside
Heroku Inside
 
楽天がCloud foundryを選んだ理由
楽天がCloud foundryを選んだ理由楽天がCloud foundryを選んだ理由
楽天がCloud foundryを選んだ理由
 
MicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組みMicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組み
 
Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
 
Force.com開発基礎
Force.com開発基礎Force.com開発基礎
Force.com開発基礎
 
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
レガシー Web からの脱却 ~ 開発者が次に目指すべき Web アプリの姿とは?
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud Foundry
 
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーションAzure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
Azure Stack Hybrid DevOpsデモンストレーション
 
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - OverviewAzure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
 
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
Cloud Native Appのデプロイ先に関する考察:VM? コンテナ? aPaaS? or Serverless?
 
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
『これからの.NETアプリケーション開発』セミナー .NET用アプリケーション フレームワーク Open 棟梁 概説
 
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
20190201 Cloud Native Kansai AKS Azure
 
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイルVisual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
Visual Studio 2019 GA ! ~ 最新情報 & これからの開発スタイル
 
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイントG tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
G tech2016 デジタルトランスフォーメーションを牽引するAzure+OSSのスキル習得ポイント
 
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
 
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring CloudJjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
Jjug CCC 2019 Fall Azure Spring Cloud
 
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
 

More from Yoichi Kawasaki

今Serverlessが面白いわけ v19.09
今Serverlessが面白いわけ v19.09今Serverlessが面白いわけ v19.09
今Serverlessが面白いわけ v19.09
Yoichi Kawasaki
 
今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ
Yoichi Kawasaki
 
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Ageクラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
Yoichi Kawasaki
 
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイドAzure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
Yoichi Kawasaki
 
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューションデベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
Yoichi Kawasaki
 
Service Mesh Status Quo 2018: 2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
Service Mesh Status Quo 2018:  2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察Service Mesh Status Quo 2018:  2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
Service Mesh Status Quo 2018: 2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
Yoichi Kawasaki
 
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
Yoichi Kawasaki
 
Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門
Yoichi Kawasaki
 
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
Yoichi Kawasaki
 
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
Yoichi Kawasaki
 
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
Yoichi Kawasaki
 
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
Yoichi Kawasaki
 
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
Yoichi Kawasaki
 
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
Yoichi Kawasaki
 
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with PythonPythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
Yoichi Kawasaki
 
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう! Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
Yoichi Kawasaki
 
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
Yoichi Kawasaki
 
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーションAzure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
Yoichi Kawasaki
 

More from Yoichi Kawasaki (18)

今Serverlessが面白いわけ v19.09
今Serverlessが面白いわけ v19.09今Serverlessが面白いわけ v19.09
今Serverlessが面白いわけ v19.09
 
今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ
 
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Ageクラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
クラウドネイティブ時代の分散トレーシング - Distributed Tracing in a Cloud Native Age
 
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイドAzure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
Azure Functions 2.0 Deep Dive - デベロッパーのための最新開発ガイド
 
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューションデベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
 
Service Mesh Status Quo 2018: 2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
Service Mesh Status Quo 2018:  2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察Service Mesh Status Quo 2018:  2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
Service Mesh Status Quo 2018: 2019年に向けたService Meshの現状課題の整理と考察
 
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
Azure Containers & Serverless Technology Options (After-Tech-Summit-2018 Edit...
 
Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門Istioサービスメッシュ入門
Istioサービスメッシュ入門
 
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
アプリケーション開発者のためのAzure Databricks入門
 
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
Kubernetes x PaaS – コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
 
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
Azure Functions&Logic Appではじめるサーバレスアプリケーション開発 - 応用編 -
 
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
Web App for Containers + Cosmos DBで コンテナ対応したMEANアプリを作ろう!
 
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
15分でお届けする Elastic Stack on Azure 設計・構築ノウハウ
 
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
Azure PaaSを活用したモダン E コマースソリューションの構築方法
 
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with PythonPythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
PythonによるAzureサーバレスアプリケーション開発 / Serverless Application Development with Python
 
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう! Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したPHPアプリを作ろう!
 
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
Web App for Containers + MySQLでコンテナ対応したRailsアプリを作ろう!
 
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーションAzure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
Azure サービスを活用して作るフルマネージドな全文検索アプリケーション
 

Recently uploaded

Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 

Recently uploaded (12)

Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 

コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望

Editor's Notes

  1. Forrest Brazeal AWS Serverless Hero. Cloud architect @Trek10inc による名物カートゥーン A Cloud Guru(えーくらうどぐるー):AWSのオンライントレーニング提供したり、ServerlessConf企画している シーン: お互いの光り輝くプロダクション環境(モダナイズの2大トレンド)の中で、お互い疑いの目でみている このセッションではコンテナはどちらかというとCaaS (中でもKubernetes)よりで、Serverless(FaaS+BaaS)はどちらかというとFaaSよりのお話をさせていただきます
  2. キーワードトレンドからは市場はコンテナ人気先行のように見える
  3. Agnositc=〜にとらわれない、非依存 境目がなくなってくる