SlideShare a Scribd company logo
オリンピックを契機としたITを活用した、コミュニティによる課題や魅力発見プロジェクト
東京オリンピック 1.0
東京オリンピック 1.0 
「TOKYOオリンピック物語」 
ノンフィクション作家の野地秩嘉氏が15年もの取材を重 
ねて執筆した、東京オリンピック1.0の裏方実務家たちの 
活躍を描いた一冊。あまり知られていなかった日本の意 
地を賭けた職人たちの戦いと、彼らが巻き起こしたイノ 
ベーションがありありと記録されている。
東京オリンピック 1.0 
「TOKYOオリンピック物語」 
亀倉雄策 
「日本人は時間を守るとか団体行動に向いていると 
いうのは嘘だ。どちらも東京オリンピック以降に確 
立したものだ。みんな、そのことを忘れている。」
東京オリンピック 1.0 
「TOKYOオリンピック物語」 
植木等 
「私にとって、1962年以前の日本とその後の日本では明らかに違っている。NHKの上層部が『植木を出 
演させてもよい』と判断したのは、植木等が『新しさ』を持っていたからでしょう。『新しさ』が、1962 
年以後の日本社会の価値として重んじられるようになったんですよ」
東京オリンピック 1.0 
「TOKYOオリンピック物語」 
竹下 亨(IBMエンジニア) 
「東京オリンピックでオンラインのコンピュータが 
役に立つとわかり、以後、日本の企業は本気でオン 
ライン化を進めたのです。」 
http://museum.ipsj.or.jp/heritage/olympic.html
東京オリンピック 1.0 
「TOKYOオリンピック物語」 
村上信夫(帝国レストラン料理長) 
「今ではどこのホテルでも料理人は分担して仕事をします。当たり前だと思ってやります。だが、当時 
は全員が力を合わせるなんてことはなかった。料理人は1年違えば位が違うし、仕事もまったく違う。 
熟練の職人に、パンを切れと言っても、動かなかった。」 
http://museum.ipsj.or.jp/heritage/olympic.html
東京オリンピック 1.0 
東京オリンピック2.0 
東京オリンピック 1.0において、スポーツ以外でも、日本社会の価 
値観や、実務面で多大な影響があった。
東京オリンピック 1.0 
東京オリンピック2.0 
• 久しぶりに登場した坂の上の雲(仰ぎ見る国民的な目標) 
• 課題先進国として何ができるのか 
• カンフル剤としてはほぼ最後のチャンス 
• たいていの人にとって、一生に一度 
• シビックテック/オープンデータの潮流との並走はほぼ初 
→今できること、今しかできないことがきっとある。
Code for Tokyoについて
Code for Tokyoとは
Code for Japan 
市民や行政を巻き込んで、公共 
サービスを改善するための仕組み 
作りを指向する非営利組織で、そ 
の手段にコード(で作られるアプ 
リやサービス)を用いることが特 
徴。
Code for Tokyoとは
Code for Japanについて 
成長するコミュニティの様子(地域別) 
北海道札幌市 | 宮城県 | 福島県会津地域 | 茨城県 | 埼玉県 | 千葉県流山市 | 千葉県柏市 | 東京都調布市 | 神奈川県 | 
神奈川県川崎市 | 富山県南砺市 | 石川県金沢市 | 岐阜県 | 愛知県名古屋市 | 奈良県生駒市 | 福岡県 | 佐賀県 | 沖縄県
Code for Tokyo 
東京を舞台にしたコミュニティ/研究本/ルポの一部例
Code for Tokyo 
他との違い! 
• コミュニティベース 
• 行政を巻き込む 
• ITを活用 
• 課題や魅力を発見、発信していく 
• ものづくりやアート系のコミュニティと連携 
• 海外のコミュニティと連携 
• 少し未来、2020年を想像する
Code for Tokyo 
オープンデザイン 
• やり方(レシピ)をネットで世界的に共有 
• 完成してなくても構わない 
• 誰かが作ったものを別な人が改良する 
• トップダウンではなくボトムアップ 
インクルーシブデザイン 
• ユーザー本人も、デザイン過程に参加する 
• デザイナーじゃない人も、デザイン過程に参加する 
• 社会的弱者を排除しない 
ソーシャルデザイン実践ガイド 
• 地域の課題をグラフィカルに可視化する 
• フィールドワーク 
• 当事者からデザイナーが直接話を聞く 
• デザイナーじゃない職能の人とコラボレーション 
open 
inclusive 
social 
ものづくりの新しい潮流
体制
Code for Tokyo 
運営メンバー紹介 
矢崎 裕一(代表) 榎本 真美(副代表) 
松原 吉彦 
建設コンサルタント勤務 
交通計画、GIS分析などに従事する傍ら、グ 
ローバル人材育成の奨学金事業運営や、Web 
制作支援などによる非営利プロジェクトの 
支援を行っています。 
デザイナー/Code for Japan 正会員 
データビジュアライゼーションを日本で普 
及すべく、各地での講義やコミュニティ運 
営をしています。インターフェイスとして 
の自作おもちゃづくりも。 
Code for Japan事務局長 
「必要な情報を必要な人の元に届ける」を 
ミッションに、大学・企業の広告宣伝、情 
報コンテンツ制作、IT系ベンチャー役員を 
経て、現在は高齢者や女性向けの社会活動 
にコミット。Code for Tokyo/Japanでも 
内外の人や各所を繋いで多様性のある活動 
を支援します。 
小俣 博司 
株式会社openfab代表 / デベロッパー / 
Code for Japan 井戸端会議管理人 
フライス工として働いているときに、マシ 
ニングセンターのNC制御で初めてのプロ 
グラミングに出会い、以来、組み込みソフ 
ト、RTOS、信号処理(DSP)からエンター 
プライズサービスまで幅広くソフトウェア 
開発を経験。近年はオープンデータを中心 
に多方面で活動中。夢は大人の秘密基地を 
作ることです。あだ名は「おとうさん」
関 治之 (Code for Japan) 
合同会社Georepublic Japan CEO / 
Code for Japan 代表 
Code for Tokyo 
運営メンバー紹介 
位置情報系シビックハッカー。自身の会社 
である Georepublic Japan社を設立、以後 
現職。地域課題をテクノロジーで解決する 
ために活動している。Code for Japan代 
表。 
白川 展之 (Code for Japan) 
独立行政法人NEDO上席研究官/Code 
for Japan 理事 
広島県職員を経て研究者に。2008年9月より現 
職。科学技術予測などに従事。専門は、イノベー 
ション政策・公共経営・評価。農業から保健・ 
医療など幅広い分野の技術マネジメント・産学 
連携の経験から、科学技術にとどまらない幅広 
いイノベーションを研究。 
高木 祐介 
株式会社自動処理 代表取締役/Code 
for Japan 副理事長 
オープンソースソフトウェアの普及と日本 
のIT産業振興に努めると共に、よりよい日 
本を創るために、オープンガバメント、オー 
プンデータの普及啓発活動をしつつ、より 
よい社会実現のために活動しています。 
佐藤 俊秀松本 八治
アカデミーキャンプにて。2014.8.19

More Related Content

What's hot

Hack for クリテリウム
Hack for クリテリウムHack for クリテリウム
Hack for クリテリウム
Code for SAITAMA
 
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
Code for Shiga / Biwako
 
IGDA日本2022新年会: SIGAC
IGDA日本2022新年会: SIGACIGDA日本2022新年会: SIGAC
IGDA日本2022新年会: SIGAC
syamane
 
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
syamane
 
自治会と共同で作る Open streetmap
自治会と共同で作る Open streetmap自治会と共同で作る Open streetmap
自治会と共同で作る Open streetmap
Code for SAITAMA
 
ゲーム業界と地方創生の現状と展望
ゲーム業界と地方創生の現状と展望ゲーム業界と地方創生の現状と展望
ゲーム業界と地方創生の現状と展望
Kenji Hiruta
 
VRセミナー講演資料20161119
VRセミナー講演資料20161119VRセミナー講演資料20161119
VRセミナー講演資料20161119
syamane
 
20171104 jaws festa_パネル進行_公開
20171104 jaws festa_パネル進行_公開20171104 jaws festa_パネル進行_公開
20171104 jaws festa_パネル進行_公開
Hideki Ojima
 
150530 amakusa ws
150530 amakusa ws150530 amakusa ws
150530 amakusa ws
Taketo Mogi
 
オープンセミナー2020@広島 懇親会LT
オープンセミナー2020@広島 懇親会LTオープンセミナー2020@広島 懇親会LT
オープンセミナー2020@広島 懇親会LT
株式会社ビットゼミ
 
About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906
IGDA Japan
 
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
CIVICTECHFORUM
 
TajimiITproject2010
TajimiITproject2010TajimiITproject2010
TajimiITproject2010
kawamasa
 
OSSではじめる働き方改革
OSSではじめる働き方改革OSSではじめる働き方改革
OSSではじめる働き方改革
Seiya Shimabukuro
 
0406VR報告
0406VR報告0406VR報告
0406VR報告
teamthirdbox
 
Gis camp 2015 講義資料
Gis camp 2015 講義資料Gis camp 2015 講義資料
Gis camp 2015 講義資料
Code for SAITAMA
 
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
Kenji Hiruta
 
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.0020170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
Jun Harada
 
東京研修プログラム
東京研修プログラム東京研修プログラム
東京研修プログラム
Jun Harada
 
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
Jun Harada
 

What's hot (20)

Hack for クリテリウム
Hack for クリテリウムHack for クリテリウム
Hack for クリテリウム
 
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
「びわ湖大花火大会オープンデータ活用実証事業」でわかったこと
 
IGDA日本2022新年会: SIGAC
IGDA日本2022新年会: SIGACIGDA日本2022新年会: SIGAC
IGDA日本2022新年会: SIGAC
 
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
IGDA Japan SIGAC Review 2019-2020 (in Japanese)
 
自治会と共同で作る Open streetmap
自治会と共同で作る Open streetmap自治会と共同で作る Open streetmap
自治会と共同で作る Open streetmap
 
ゲーム業界と地方創生の現状と展望
ゲーム業界と地方創生の現状と展望ゲーム業界と地方創生の現状と展望
ゲーム業界と地方創生の現状と展望
 
VRセミナー講演資料20161119
VRセミナー講演資料20161119VRセミナー講演資料20161119
VRセミナー講演資料20161119
 
20171104 jaws festa_パネル進行_公開
20171104 jaws festa_パネル進行_公開20171104 jaws festa_パネル進行_公開
20171104 jaws festa_パネル進行_公開
 
150530 amakusa ws
150530 amakusa ws150530 amakusa ws
150530 amakusa ws
 
オープンセミナー2020@広島 懇親会LT
オープンセミナー2020@広島 懇親会LTオープンセミナー2020@広島 懇親会LT
オープンセミナー2020@広島 懇親会LT
 
About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906
 
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
CTF 2016 No.7 ローカルにおけるシビックテックの哲学 〜西本浩幸 株式会社デザイニウム〜 #civictechjp
 
TajimiITproject2010
TajimiITproject2010TajimiITproject2010
TajimiITproject2010
 
OSSではじめる働き方改革
OSSではじめる働き方改革OSSではじめる働き方改革
OSSではじめる働き方改革
 
0406VR報告
0406VR報告0406VR報告
0406VR報告
 
Gis camp 2015 講義資料
Gis camp 2015 講義資料Gis camp 2015 講義資料
Gis camp 2015 講義資料
 
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 SIG-地方創生
 
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.0020170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
20170606 東京システムハウス様 ロボティクス思考塾_1.00
 
東京研修プログラム
東京研修プログラム東京研修プログラム
東京研修プログラム
 
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
IoT・ロボット製品の実現に向けたアプローチの実例
 

Similar to Code for Tokyoとは

Code for Tokyoとは
Code for TokyoとはCode for Tokyoとは
Code for Tokyoとは
Yuichi Yazaki
 
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
Takayuki Toda
 
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
CSnetToyota
 
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
CodeForTokyo
 
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
さぶみっと!ヨクスル
 
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
法林浩之
 
『プロフェッショナル進化論』
『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』
『プロフェッショナル進化論』
Naoki Sugiura
 
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティBADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
Yoshihiko Suko (Ph.D) / BADO! Inc. of CEO
 
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
裕樹 杉浦
 
3_culture_labo
3_culture_labo3_culture_labo
3_culture_labo
shibuya30
 
shibu30_3_share_labo
shibu30_3_share_laboshibu30_3_share_labo
shibu30_3_share_labo
shibuya30
 
culture labo
culture laboculture labo
culture labo
shibuya30
 
Hm 0611共創マーケセッション ver5
Hm 0611共創マーケセッション ver5Hm 0611共創マーケセッション ver5
Hm 0611共創マーケセッション ver5
Hirofumi Matsubayashi
 
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
Nao Myoshu
 
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
法林浩之
 
UDC2020イントロダクション
UDC2020イントロダクションUDC2020イントロダクション
UDC2020イントロダクション
CSISi
 
地域に向けて今やっていること、これからやること
地域に向けて今やっていること、これからやること地域に向けて今やっていること、これからやること
地域に向けて今やっていること、これからやること
高見 知英
 
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
Takuya Nishimoto
 
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さIT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
法林浩之
 
CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 
Makiko Miyajima
 

Similar to Code for Tokyoとは (20)

Code for Tokyoとは
Code for TokyoとはCode for Tokyoとは
Code for Tokyoとは
 
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
東京ソーシャルデザイン研究所ドラフト
 
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
実践者セミナー 団地・ニュータウンで生き切るために
 
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう
 
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
「ウチビト×ソトビト」の融合で公共空間を楽しくハックしたい!
 
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
IT業界におけるコミュニティ活動とキャリア形成
 
『プロフェッショナル進化論』
『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』
『プロフェッショナル進化論』
 
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティBADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
BADO!未来ラウンジ@東京 - 地域と世界を繋ぐシェアハウス・コミュニティ
 
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 案内(2012/2/7)
 
3_culture_labo
3_culture_labo3_culture_labo
3_culture_labo
 
shibu30_3_share_labo
shibu30_3_share_laboshibu30_3_share_labo
shibu30_3_share_labo
 
culture labo
culture laboculture labo
culture labo
 
Hm 0611共創マーケセッション ver5
Hm 0611共創マーケセッション ver5Hm 0611共創マーケセッション ver5
Hm 0611共創マーケセッション ver5
 
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
20190925_Tech for Non-tech_Civic Tech Academy
 
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
ITの話ができる仲間を作ろう ~IT業界とコミュニティ活動~
 
UDC2020イントロダクション
UDC2020イントロダクションUDC2020イントロダクション
UDC2020イントロダクション
 
地域に向けて今やっていること、これからやること
地域に向けて今やっていること、これからやること地域に向けて今やっていること、これからやること
地域に向けて今やっていること、これからやること
 
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
210917 オープンセミナー@広島のこれまでとこれから
 
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さIT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
IT業界におけるコミュニティ活動の大切さ
 
CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 
 

More from CodeForTokyo

Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
CodeForTokyo
 
IODD 2016
IODD 2016IODD 2016
IODD 2016
CodeForTokyo
 
わたしのシビックテックとは
わたしのシビックテックとはわたしのシビックテックとは
わたしのシビックテックとは
CodeForTokyo
 
シビックテックとデザイン
シビックテックとデザインシビックテックとデザイン
シビックテックとデザイン
CodeForTokyo
 
CfT「地域」「まち」を見る視点
CfT「地域」「まち」を見る視点CfT「地域」「まち」を見る視点
CfT「地域」「まち」を見る視点
CodeForTokyo
 
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
CodeForTokyo
 
Open Data Day report for Brigade meeting
Open Data Day report for Brigade meetingOpen Data Day report for Brigade meeting
Open Data Day report for Brigade meeting
CodeForTokyo
 
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
CodeForTokyo
 
ゼロからわかるシビックテック
ゼロからわかるシビックテック ゼロからわかるシビックテック
ゼロからわかるシビックテック
CodeForTokyo
 

More from CodeForTokyo (9)

Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
Emotional Experience City: KOBE × BARCELONA WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016
 
IODD 2016
IODD 2016IODD 2016
IODD 2016
 
わたしのシビックテックとは
わたしのシビックテックとはわたしのシビックテックとは
わたしのシビックテックとは
 
シビックテックとデザイン
シビックテックとデザインシビックテックとデザイン
シビックテックとデザイン
 
CfT「地域」「まち」を見る視点
CfT「地域」「まち」を見る視点CfT「地域」「まち」を見る視点
CfT「地域」「まち」を見る視点
 
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
TWDW SETAGAYA:住みたい街をつくる方法
 
Open Data Day report for Brigade meeting
Open Data Day report for Brigade meetingOpen Data Day report for Brigade meeting
Open Data Day report for Brigade meeting
 
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
「データでみえるTokyoガイドブック」 をつくろう | データ
 
ゼロからわかるシビックテック
ゼロからわかるシビックテック ゼロからわかるシビックテック
ゼロからわかるシビックテック
 

Code for Tokyoとは

  • 3. 東京オリンピック 1.0 「TOKYOオリンピック物語」 ノンフィクション作家の野地秩嘉氏が15年もの取材を重 ねて執筆した、東京オリンピック1.0の裏方実務家たちの 活躍を描いた一冊。あまり知られていなかった日本の意 地を賭けた職人たちの戦いと、彼らが巻き起こしたイノ ベーションがありありと記録されている。
  • 4. 東京オリンピック 1.0 「TOKYOオリンピック物語」 亀倉雄策 「日本人は時間を守るとか団体行動に向いていると いうのは嘘だ。どちらも東京オリンピック以降に確 立したものだ。みんな、そのことを忘れている。」
  • 5. 東京オリンピック 1.0 「TOKYOオリンピック物語」 植木等 「私にとって、1962年以前の日本とその後の日本では明らかに違っている。NHKの上層部が『植木を出 演させてもよい』と判断したのは、植木等が『新しさ』を持っていたからでしょう。『新しさ』が、1962 年以後の日本社会の価値として重んじられるようになったんですよ」
  • 6. 東京オリンピック 1.0 「TOKYOオリンピック物語」 竹下 亨(IBMエンジニア) 「東京オリンピックでオンラインのコンピュータが 役に立つとわかり、以後、日本の企業は本気でオン ライン化を進めたのです。」 http://museum.ipsj.or.jp/heritage/olympic.html
  • 7. 東京オリンピック 1.0 「TOKYOオリンピック物語」 村上信夫(帝国レストラン料理長) 「今ではどこのホテルでも料理人は分担して仕事をします。当たり前だと思ってやります。だが、当時 は全員が力を合わせるなんてことはなかった。料理人は1年違えば位が違うし、仕事もまったく違う。 熟練の職人に、パンを切れと言っても、動かなかった。」 http://museum.ipsj.or.jp/heritage/olympic.html
  • 8. 東京オリンピック 1.0 東京オリンピック2.0 東京オリンピック 1.0において、スポーツ以外でも、日本社会の価 値観や、実務面で多大な影響があった。
  • 9. 東京オリンピック 1.0 東京オリンピック2.0 • 久しぶりに登場した坂の上の雲(仰ぎ見る国民的な目標) • 課題先進国として何ができるのか • カンフル剤としてはほぼ最後のチャンス • たいていの人にとって、一生に一度 • シビックテック/オープンデータの潮流との並走はほぼ初 →今できること、今しかできないことがきっとある。
  • 12. Code for Japan 市民や行政を巻き込んで、公共 サービスを改善するための仕組み 作りを指向する非営利組織で、そ の手段にコード(で作られるアプ リやサービス)を用いることが特 徴。
  • 14. Code for Japanについて 成長するコミュニティの様子(地域別) 北海道札幌市 | 宮城県 | 福島県会津地域 | 茨城県 | 埼玉県 | 千葉県流山市 | 千葉県柏市 | 東京都調布市 | 神奈川県 | 神奈川県川崎市 | 富山県南砺市 | 石川県金沢市 | 岐阜県 | 愛知県名古屋市 | 奈良県生駒市 | 福岡県 | 佐賀県 | 沖縄県
  • 15. Code for Tokyo 東京を舞台にしたコミュニティ/研究本/ルポの一部例
  • 16. Code for Tokyo 他との違い! • コミュニティベース • 行政を巻き込む • ITを活用 • 課題や魅力を発見、発信していく • ものづくりやアート系のコミュニティと連携 • 海外のコミュニティと連携 • 少し未来、2020年を想像する
  • 17. Code for Tokyo オープンデザイン • やり方(レシピ)をネットで世界的に共有 • 完成してなくても構わない • 誰かが作ったものを別な人が改良する • トップダウンではなくボトムアップ インクルーシブデザイン • ユーザー本人も、デザイン過程に参加する • デザイナーじゃない人も、デザイン過程に参加する • 社会的弱者を排除しない ソーシャルデザイン実践ガイド • 地域の課題をグラフィカルに可視化する • フィールドワーク • 当事者からデザイナーが直接話を聞く • デザイナーじゃない職能の人とコラボレーション open inclusive social ものづくりの新しい潮流
  • 19. Code for Tokyo 運営メンバー紹介 矢崎 裕一(代表) 榎本 真美(副代表) 松原 吉彦 建設コンサルタント勤務 交通計画、GIS分析などに従事する傍ら、グ ローバル人材育成の奨学金事業運営や、Web 制作支援などによる非営利プロジェクトの 支援を行っています。 デザイナー/Code for Japan 正会員 データビジュアライゼーションを日本で普 及すべく、各地での講義やコミュニティ運 営をしています。インターフェイスとして の自作おもちゃづくりも。 Code for Japan事務局長 「必要な情報を必要な人の元に届ける」を ミッションに、大学・企業の広告宣伝、情 報コンテンツ制作、IT系ベンチャー役員を 経て、現在は高齢者や女性向けの社会活動 にコミット。Code for Tokyo/Japanでも 内外の人や各所を繋いで多様性のある活動 を支援します。 小俣 博司 株式会社openfab代表 / デベロッパー / Code for Japan 井戸端会議管理人 フライス工として働いているときに、マシ ニングセンターのNC制御で初めてのプロ グラミングに出会い、以来、組み込みソフ ト、RTOS、信号処理(DSP)からエンター プライズサービスまで幅広くソフトウェア 開発を経験。近年はオープンデータを中心 に多方面で活動中。夢は大人の秘密基地を 作ることです。あだ名は「おとうさん」
  • 20. 関 治之 (Code for Japan) 合同会社Georepublic Japan CEO / Code for Japan 代表 Code for Tokyo 運営メンバー紹介 位置情報系シビックハッカー。自身の会社 である Georepublic Japan社を設立、以後 現職。地域課題をテクノロジーで解決する ために活動している。Code for Japan代 表。 白川 展之 (Code for Japan) 独立行政法人NEDO上席研究官/Code for Japan 理事 広島県職員を経て研究者に。2008年9月より現 職。科学技術予測などに従事。専門は、イノベー ション政策・公共経営・評価。農業から保健・ 医療など幅広い分野の技術マネジメント・産学 連携の経験から、科学技術にとどまらない幅広 いイノベーションを研究。 高木 祐介 株式会社自動処理 代表取締役/Code for Japan 副理事長 オープンソースソフトウェアの普及と日本 のIT産業振興に努めると共に、よりよい日 本を創るために、オープンガバメント、オー プンデータの普及啓発活動をしつつ、より よい社会実現のために活動しています。 佐藤 俊秀松本 八治