SlideShare a Scribd company logo
bitbankフロントエンド開発について
@kou
自己紹介
Front-End Engineer
本日お話すること
bitbankのフロントエンド技術と
取り組んでいる開発について
bitbank.cc
● bitbank運営の仮想通貨取引所
● ユーザー数20-30万人
● 仮想通貨取引高世界ランキング 30位
● BTC,LTC,ETH,XRP,BCH,MONAを取り扱い
● 全ての仮想通貨にて板取引が可能
● BtoBホワイトラベル提供
● SPAのWebサービスとして展開
● 手数料無料キャンペーン中 !!
bitbank.cc とは
使用しているフロントエンド技術について
● AWS S3 & CloudFront
● Angular / TypeScript
● RxJS
● PubNub
● Socket.io
フロントエンド使用技術
AWS S3 & CloudFront
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
○ サーバーのレンダリング処理スキップ
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
○ サーバーのレンダリング処理スキップ
○ エッジーサーバーとキャッシュコントロールでダウンロード時間の削減
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
○ サーバーのレンダリング処理スキップ
○ エッジーサーバーとキャッシュコントロールでダウンロード時間の削減
○ ユーザーに出来るだけ速くファイルを届ける
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
○ サーバーのレンダリング処理スキップ
○ エッジーサーバーとキャッシュコントロールでダウンロード時間の削減
○ ユーザーに出来るだけ速くファイルを届ける
● Lambda@Edgeの効果的な活用
AWS S3 / CloudFront なぜ使用しているか
● ソースファイルは全てS3/CloudFrontから配信
○ サーバーのレンダリング処理スキップ
○ エッジーサーバーとキャッシュコントロールでダウンロード時間の削減
○ ユーザーに出来るだけ速くファイルを届ける
● Lambda@Edgeの効果的な活用
○ サーバー処理が必要な場合はLambdaを使用し、Serverlessを目指す
Angular / TypeScript
Angular / TypeScript なぜ使用しているか
● 100% TypeScript
Angular / TypeScript なぜ使用しているか
● 100% TypeScript
○ ドキュメントである型定義
○ null安全
○ コンパイルチェックによる作業の効率化
Angular / TypeScript なぜ使用しているか
● 100% TypeScript
○ ドキュメントである型定義
○ null安全
○ コンパイルチェックによる作業の効率化
● 100% Angular
Angular / TypeScript なぜ使用しているか
● 100% TypeScript
○ ドキュメントである型定義
○ null安全
○ コンパイルチェックによる作業の効率化
● 100% Angular
○ UI実装とロジック実装の分業化
○ 拡大するアプリケーション開発に耐えうる基盤の強さ
RxJS / PubNub / Socket.io
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
S3 / CloudFront
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
S3 / CloudFront
REST API (Node.js)
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
S3 / CloudFront
REST API (Node.js)
Socket.io
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
S3 / CloudFront
REST API (Node.js)
Socket.io
PubNub
RxJS / PubNub / Socket.io 使い分け
● bitbankでは主に4つのAPIを使用している
○ 公開データ (ティッカー板情報など)
○ 取引所API (ログイン、資産など)
○ 公開データのリアルタイム配信
○ ユーザー情報のリアルタイム配信
S3 / CloudFront
REST API (Node.js)
Socket.io
PubNub
● 複雑な非同期処理をRxJSで統括
○ 上記4種類含め、全ての非同期処理の時系列コントロールをRxJSで統括
フロントエンド開発について
フロントエンド開発 開発全体像
● 開発チームは現在7人
● コミュニケーションはSlackを活用
● UI、ロジックの実装を分業し、それぞれが得意な領域を担当
● 開発フローはGitHubでのプルリクエストベース
● ロジックはエンジニアが、UIはデザイナーがレビュー
● ビジネス層/エンジニア間で直接コミュニケーションを取り、開発スピード
を重視
フロントエンド開発 開発全体像
● 開発チームは現在7人
● コミュニケーションはSlackを活用
● UI、ロジックの実装を分業し、それぞれが得意な領域を担当
● 開発フローはGitHubでのプルリクエストベース
● ロジックはエンジニアが、UIはデザイナーがレビュー
● ビジネス層/エンジニア間で直接コミュニケーションを取り、開発スピード
を重視
フロントエンド開発 開発全体像
● 開発チームは現在7人
● コミュニケーションはSlackを活用
● UI、ロジックの実装を分業し、それぞれが得意な領域を担当
● 開発フローはGitHubでのプルリクエストベース
● ロジックはエンジニアが、UIはデザイナーがレビュー
● ビジネス層/エンジニア間で直接コミュニケーションを取り、開発スピード
を重視
フロントエンド開発 開発全体像
● 開発チームは現在7人
● コミュニケーションはSlackを活用
● UI、ロジックの実装を分業し、それぞれが得意な領域を担当
● 開発フローはGitHubでのプルリクエストベース
● ロジックはエンジニアが、UIはデザイナーがレビュー
● ビジネス層/エンジニア間で直接コミュニケーションを取り、開発スピード
を重視
フロントエンド開発 課題点
● アプリケーションの仕様が複雑な為、全体の仕様理解のキャッチアップコス
トが高い
● Angular自体がまだ新しい技術の為、開発チーム内での知見の格差が大きい
● エンジニア全体でSPAテストのナレッジが低く、テストのカバレッジが取れ
ていない
フロントエンド開発 チームでの取り組み
● エンジニア全員が技術的な認識を合わせられるよう、週次の勉強会を開催
○ 仕事の一環として、勉強する機会を楽しむ
○ 持ち回り制で回答者役を担当し、教える楽しみを共有する
● 技術的な質問は、些細なことでもすぐに誰かに聞ける文化を持つ
○ 直接のコミュニケーション、slackでのチャットコミュニケーションど
ちらも活用
○ フロントエンド余談としての雑談をするslackチャンネルを活用
総括
総括
● bitbankのフロントエンド技術について
● bitbankのフロントエンド開発について
総括
● bitbankのフロントエンド技術について
○ 成長するフロントエンド技術を見極め、積極的に使用する
○ 素晴らしいユーザーの体験は、素晴らしい実装から
● bitbankのフロントエンド開発について
総括
● bitbankのフロントエンド技術について
○ 成長するフロントエンド技術を見極め、積極的に使用する
○ 素晴らしいユーザーの体験は、素晴らしい実装から
● bitbankのフロントエンド開発について
総括
● bitbankのフロントエンド技術について
○ 成長するフロントエンド技術を見極め、積極的に使用する
○ 素晴らしいユーザーの体験は、素晴らしい実装から
● bitbankのフロントエンド開発について
○ チーム全体で成長する技術に負けない開発力を養う
○ 適切な担当を設けて、得意なことベースの主体的な開発を行う
最後に…
エンジニア、募集してます!!
ありがとうございました

More Related Content

Similar to bitbankフロントエンド開発について

2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
Takahiro Shinagawa
 
Mk vpp for-containers-vppug
Mk vpp for-containers-vppugMk vpp for-containers-vppug
Mk vpp for-containers-vppug
Miya Kohno
 
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
Nagato Kasaki
 
Data API + AWS = (CMS どうでしょう 札幌編)
Data API + AWS =  (CMS どうでしょう 札幌編)Data API + AWS =  (CMS どうでしょう 札幌編)
Data API + AWS = (CMS どうでしょう 札幌編)
Yuji Takayama
 
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践 仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
bitbank, Inc. Tokyo, Japan
 
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
SORACOM,INC
 
IBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
IBM Blluemix を Pepper とつないでみようIBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
IBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
Takuji Kawata
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
Toru Yamaguchi
 
Programming AWS with Python
Programming AWS with Python  Programming AWS with Python
Programming AWS with Python
Yasuhiro Matsuo
 
Keycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピックKeycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピック
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
Kensaku Komatsu
 
TDUCTFの実行基盤
TDUCTFの実行基盤TDUCTFの実行基盤
TDUCTFの実行基盤
Youta Egusa
 
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Spring I/O 2015 報告
Spring I/O 2015 報告Spring I/O 2015 報告
Spring I/O 2015 報告
Takuya Iwatsuka
 
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
Yusuke Naka
 
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
CASAREAL, Inc.
 
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
bitbank, Inc. Tokyo, Japan
 
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
Kenji Saito
 
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
griddb
 
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
bitbank, Inc. Tokyo, Japan
 

Similar to bitbankフロントエンド開発について (20)

2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
2015-11-26 BitVisor Summit 4(公開版)
 
Mk vpp for-containers-vppug
Mk vpp for-containers-vppugMk vpp for-containers-vppug
Mk vpp for-containers-vppug
 
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
暗号通貨輪読会 #20 bloXroute
 
Data API + AWS = (CMS どうでしょう 札幌編)
Data API + AWS =  (CMS どうでしょう 札幌編)Data API + AWS =  (CMS どうでしょう 札幌編)
Data API + AWS = (CMS どうでしょう 札幌編)
 
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践 仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
仮想通貨取引所 bitbank の IaC の導入と実践
 
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
JAWS-UG Shimane vol.6 | なぜ今IoTなのか?ソラコムとは?
 
IBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
IBM Blluemix を Pepper とつないでみようIBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
IBM Blluemix を Pepper とつないでみよう
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
Programming AWS with Python
Programming AWS with Python  Programming AWS with Python
Programming AWS with Python
 
Keycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピックKeycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピック
 
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
Web of Thingsの現状とWebRTC活用の可能性
 
TDUCTFの実行基盤
TDUCTFの実行基盤TDUCTFの実行基盤
TDUCTFの実行基盤
 
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
 
Spring I/O 2015 報告
Spring I/O 2015 報告Spring I/O 2015 報告
Spring I/O 2015 報告
 
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
WebRTC NextVersion時代のJavaScript開発
 
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
SpringOne Platform Replay -Pivotal Cloud Foundry-
 
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
持続的な運用開発のために社内基盤を整えている話 〜auditのCI組み込みやlintの社内PKG化〜
 
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
 
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
高速処理と高信頼性を両立し、ペタバイト級の多種大量データを蓄積する、ビッグデータ/ IoT時代のデータベースとは??
 
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
ビットバンクにおける少人数で支えるインフラチームの戦略
 

Recently uploaded

JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
0207sukipio
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
Matsushita Laboratory
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
Takayuki Nakayama
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
chiefujita1
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
t m
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 

Recently uploaded (8)

JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 

bitbankフロントエンド開発について