SlideShare a Scribd company logo
あなたも「違いが分かる人」
になりましょう!
~Azure, AzureStack, AzureStack HCI~
@ebiMasahiko Ebisuda
自己紹介
胡田 昌彦(えびすだ まさひこ)
◼ Microsoft MVP
for Cloud and Datacenter Management
◼ Windowsインフラ管理者への道
http://windowsadmin.ebisuda.com/
◼ Microsoft Cloud Administrators
http://cloud.ebisuda.com/
◼ @ebi
◼ masahiko.ebisuda
◼ Masahiko Ebisuda
スペシャルゲスト!
※当日は長男と次女に登場してもらいました。
ハイブリッドクラウド研究会
http://www.hccjp.org/
HCCJP幹事企業(※アルファベット順)
アジェンダ
1. Azure, Azure Stack, Azure Stack HCI
概要と違い
2. 自動化
3. Azure Stackネットワーク
4. テンプレート
5. スタイル
6. まとめ
Azure, Azure Stack, Azure Stack HCI
概要と違い
Microsoftさんの説明
※ https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/azure-stack/hci/ から引用
このセッションは最終的にこのあとの
3つのスライド
を理解いただければOKです!
「クラウド」「ハイパーコンバージド」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
仮想化クラウド
ハイパーコンバージド
ハードウェア
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
業界標準HW
認定ハードウェア
意識しない
2種類の「ハイブリッドクラウド」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Azure
一貫性のある
ハイブリッドクラウド
接続性のある
ハイブリッドクラウド
よくある誤解
“「ハイパーコンバージド」って
「クラウド」なんですよね?”
違います。
ストレージ専用装置がないだけです。
“Azure StackとAzure Stack HCIは名前
も似てるし、似たようなものですよ
ね?”
実際のところ全然違います。
パブリッククラウドと仮想基盤くら
い違います。
“Azure Stack HCIのHWにAzure Stack
が導入できるんですよね?”
できません。
Azure Stack HCIに導入できるのは
Windows Serverです。
“Azure Stackはクラウドとはいえオンプ
レミスにあるのだから自分たちで自由
に基盤をカスタマイズできますよね?”
できません。
クラウドですから。
「自動化」
を考えてみる
「自動化」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
同じサービスAPIが使える
プログラム, Visual Studio, VSCode,
AzurePowerShell, ARMテンプレート
Windo
ws
仮想マシンを
ターゲットに
した手法
Windowsを
ターゲットに
した手法
Linux
「自動化」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
同じサービスAPIが使える
プログラム, Visual Studio, VSCode,
AzurePowerShell, ARMテンプレート
Windows
仮想マシンをターゲット
にした手法
Hyper-V
VMWare等
Windows Linux
仮想基盤をターゲットに
した手法
Linux
「自動化」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
同じサービスAPIが使える
プログラム, Visual Studio, VSCode,
AzurePowerShell, ARMテンプレート
Windows Linux
仮想マシンをターゲット
にした手法
Hyper-V
VMWare等
Windows Linux
Wind
ows
Linux
Wind
ows
Linux
仮想基盤をターゲットに
した手法
「自動化」- コードが動けばいい
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Windows
コード
Hyper-V
VMWare等
Windows Linux
Functions Functions
コード 仮想基盤をターゲットに
した手法
Linux
スケジューリング?
スケール?
サービス間連携?
「自動化」- WebサーバーとDBで作るWebサービス
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Hyper-V
VMWare等
Windows Windows Windows Windows
コード
Web
App
コード
SQL
DB
Web
App
SQL
DB
IIS IIS
SQL
Serv
er
SQL
Serv
er
「自動化」- WebサーバーとDBで作るWebサービス
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Hyper-V
VMWare等
Windows Windows Windows Windows
コード
Web
App
コード
SQL
DB
Web
App
SQL
DB
IIS IIS
SQL
Serv
er
SQL
Serv
er
「WebAppとSQLDBを作成
してコードを展開する」処
理自体が容易にコード化テ
ンプレート化可能
「仮想マシンを作成してIISと
SQLServerをインストールしてコード
を展開する」処理は頑張れば書ける
「自動化」- WebサーバーとDBで作るWebサービス
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Hyper-V
VMWare等
Windows Windows Windows Windows
コード
Web
App
コード
SQL
DB
Web
App
SQL
DB
IIS IIS
SQL
Serv
er
SQL
Serv
er
「WebAppとSQLDBを作成
してコードを展開する」処
理自体が容易にコード化テ
ンプレート化可能
「仮想マシンを作成してIISと
SQLServerをインストールしてコード
を展開する」処理は頑張れば書ける
IPアドレス?
名前解決?
VLAN?
負荷分散?
仮想ネット
ワーク技術が
解決
Azure Stackネットワーク
VMWareからAzure Stackへの移行
移行検証を実施しました
移行元
◼ vCenter バージョン 6.0.0、ビルド 3634793
◼ VMware ESXi, 6.0.0, 3380124
移行先
◼ Azure Stack統合システム 1.1903.0.35
バックアップ製品
◼ CommVault バージョン 11 SP15 HPK6
解説動画を公開しています。
Youtube - https://youtu.be/oZaTMIZ_8ZM
「VMWareからAzureStackへのマイグレーション」 33分29秒
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack Azure Stack External Network
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
Azure Stack External Network
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
リストア
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
リストア
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
パブリック
IPアドレス
NAT
Gateway
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
VPN
Win 2016
パブリック
IPアドレス
NAT
Gateway
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
VPN
Win 2016
パブリック
IPアドレス
NAT
Gateway
VPN接続
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
バックアップ
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
VPN
Win 2016
パブリック
IPアドレス
NAT
Gateway
VPN接続
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
リストア
ESXi
Webサーバー
Debian8
ドメインコン
トローラー
Win 2012 R2
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
vCenter
Win 2012 R2
Azure Stack
CommVault
Win 2012 R2
Azure Stack External Network
Virtual Network 1
Webサーバー
Debian8
パブリック
IPアドレス
NAT
Virtual Network 2
VPN
Win 2016
パブリック
IPアドレス
NAT
Gateway
VPN接続
SharePoint
2016
Win 2012 R2
SQL 2017
Win 2012 R2
Azure クイック スタート テンプレート
https://azure.microsoft.com/ja-jp/resources/templates/
Azure/AzureStack-QuickStart-Templates: Quick start ARM templates
that deploy on Microsoft Azure Stack
https://github.com/Azure/AzureStack-QuickStart-Templates
「クラウド」だからできる
「テンプレート」の横展開
※仮想化でも頑張ればできないことは無いですが…。
DEMO
※当日は長男と次女にAzure Quick Start TemplateからMinecraft Serverを展開してもらいました。
よくある誤解
“そんなにクラウドが素敵なら全部クラ
ウドでいいってことですね?”
いいえ。
全てのシステムがクラウドで幸せに
なるわけではありません。
よくある
クラウド失敗パターン
全く変化させないシス
テムをIaaSで実装
オンプレミスの仮想基
盤と全く同じことをク
ラウドで実現
(しようと頑張る)
インターネット接続禁止
オンプレミスで固定的に
稼働させる方が良いもの
は仮想基盤上においてお
きましょう
使い分け
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
・スピード優先
・スモールスタート
・需要の変動が大きい
・安定優先
・需要の変動が小さい
・コンプライアンス
・「クラウド」手法で
開発し、オンプレミス
に配置したいシステム
ハイブリッドクラウド研究会
http://www.hccjp.org/
ハイブリッドクラウドガイドライン
公開URL:http://www.hccjp.org/hybridcloudguideline/
フィードバック、要望等はFacebookグループにお願いします!
https://www.facebook.com/groups/hybridcloud/
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
仮想マシン中心のシステム構成
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
場所:オンプレミス 場所:ハイブリッド 場所:パブリッククラウド
Azure
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
AzureStack
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
AzureStack HCI
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
この領域で「Azure」「AzureStack」を使って「オンプレミスの仮想基
盤でやってたことと「全く同じこと」をやろうとするのは危険!!!
仮想マシン
NIC
NIC
管理用ネットワーク
サービス用ネットワーク
ユーザー
管理用サーバー
こういうのはAzure Stack HCIでやりましょう
仮想マシン
NIC
NIC
※インターネット接続禁止!
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
仮想マシン中心のシステム構成
「スタイルマップ」
「スタイルマップ」
旧来の構成、ツール(Microsoft系)
◼ サーバー、ストレージ、ネットワークを個別に調達
◼ StorageAreaNetworkを構成してストレージ装置を
サーバー間で共有
◼ Windows Serverをクラスタとして構成
◼ クラスタ上に仮想マシンを構築(Hyper-V)
◼ Windows Serverに個別にRDP接続
◼ 多数の管理ツール(MMC)を利用して管理
「スタイルマップ」
旧来の構成、ツール(Microsoft系)
◼ サーバー、ストレージ、ネットワークを個別に調達
◼ StorageAreaNetworkを構成してストレージ装置を
サーバー間で共有
◼ Windows Serverをクラスタとして構成
◼ クラスタ上に仮想マシンを構築(Hyper-V)
◼ Windows Serverに個別にRDP接続
◼ 多数の管理ツール(MMC)を利用して管理
新しい構成、ツール(Microsoft系)
◼ 専用ストレージ装置は使わずソフトウェアで共有ス
トレージを実現
◼ S2D(Storage Spaces Direct)
◼ Windows Serverをクラスタとして構成
◼ クラスタ上に仮想マシンを構築(Hyper-V)
◼ Windows Admin Centerで管理
◼ 仮想マシン、クラスタ、S2Dクラスタ
◼ その他色々拡張可能
◼ Azureのサービスを補完的に利用
◼ System Centerで管理
※ある程度大規模で効率的にやるならおすすめ!
「スタイルマップ」
旧来の構成、ツール(Microsoft系)
◼ サーバー、ストレージ、ネットワークを個別に調達
◼ StorageAreaNetworkを構成してストレージ装置を
サーバー間で共有
◼ Windows Serverをクラスタとして構成
◼ クラスタ上に仮想マシンを構築(Hyper-V)
◼ Windows Serverに個別にRDP接続
◼ 多数の管理ツール(MMC)を利用して管理
IN04
Windows Server
2019 Hyper-V 何が
変わったか?
IN05
Windows Server
2016 および 2019 の
Storage Spaces
Direct (S2D)
IN03
Recap: Windows
Server 2019 Failover
Clustering
IN03
Recap: Windows
Server 2019 Failover
Clustering
新しい構成、ツール(Microsoft系)
◼ 専用ストレージ装置は使わずソフトウェアで共有ス
トレージを実現
◼ S2D(Storage Spaces Direct)
◼ Windows Serverをクラスタとして構成
◼ クラスタ上に仮想マシンを構築(Hyper-V)
◼ Windows Admin Centerで管理
◼ 仮想マシン、クラスタ、S2Dクラスタ
◼ その他色々拡張可能
◼ Azureのサービスを補完的に利用
◼ System Centerで管理
※ある程度大規模で効率的にやるならおすすめ!
あなたも「違いが分かる人」になりましょう! ~ Azure, AzureStack, AzureStack HCI ~
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
Why?
そもそもなんのためにやるのか?
何が得られるのか?
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
引用元:https://speakerdeck.com/jacopen/fei-biip-mou-cloud-nativefalseshi-jie
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
引用元:https://speakerdeck.com/jacopen/fei-biip-mou-cloud-nativefalseshi-jie
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
パブリッククラ
ウドの利用許可
パブリッククラウドへ
のシステム配置許可
Edgeの必要性
パブリッククラウドの利用許可と
システム配置許可
Edgeの必要性
クラウドネイティブなアーキテクチャの採用
パブリッククラウドへ
のデータ配置許可
「スタイルマップ」
クラウドネイティブなシステム構成
AzureAzure Stack
個人的なおすすめ(サービス種類)
極力SaaS
自分で作るものはPaaS
仕方なくIaaS
IDはもちろん全部AAD
個人的なおすすめ(自分で作るもの)
極力Azure
オンプレはAzure Stack
仕方なく仮想化基盤(Azure Stack HCI)
まとめ
「クラウド」「ハイパーコンバージド」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
仮想化クラウド
ハイパーコンバージド
ハードウェア
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
業界標準HW
認定ハードウェア
意識しない
2種類の「ハイブリッドクラウド」
Azure
Azure
Stack
Azure
Stack HCI
Azure
一貫性のある
ハイブリッドクラウド
接続性のある
ハイブリッドクラウド
余談
引用元:https://twitter.com/jsnover/status/869882536171675650
引用元:https://twitter.com/Ruud_Borst/status/869834301831032832
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KD2IK4S
ありがとうございました!

More Related Content

What's hot

AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
Trainocate Japan, Ltd.
 
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
Amazon Web Services Japan
 
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
Amazon Web Services Japan
 
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法についてAzure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Shinya Yamaguchi
 
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
Ohyama Masanori
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
Amazon Web Services Japan
 
Awsをオンプレドメコンに連携させる
Awsをオンプレドメコンに連携させるAwsをオンプレドメコンに連携させる
Awsをオンプレドメコンに連携させる
Syuichi Murashima
 
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がりAmazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Web Services Japan
 
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
Amazon Web Services Japan
 
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
Ryoma Nagata
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
Tetsutaro Watanabe
 
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例についてAzure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
Shinya Yamaguchi
 
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
Shoji Shirotori
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Oracleからamazon auroraへの移行にむけて
Oracleからamazon auroraへの移行にむけてOracleからamazon auroraへの移行にむけて
Oracleからamazon auroraへの移行にむけて
Yoichi Sai
 
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
Amazon Web Services Japan
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
Amazon Web Services Japan
 
AWSではじめるMLOps
AWSではじめるMLOpsAWSではじめるMLOps
AWSではじめるMLOps
MariOhbuchi
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design PatternAWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
Amazon Web Services Japan
 

What's hot (20)

AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
 
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
 
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
20200722 AWS Black Belt Online Seminar AWSアカウント シングルサインオンの設計と運用
 
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
 
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法についてAzure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
 
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
監査要件を有するシステムに対する PostgreSQL 導入の課題と可能性
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
 
Awsをオンプレドメコンに連携させる
Awsをオンプレドメコンに連携させるAwsをオンプレドメコンに連携させる
Awsをオンプレドメコンに連携させる
 
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がりAmazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
 
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
20190129 AWS Black Belt Online Seminar AWS Identity and Access Management (AW...
 
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
データ基盤の従来~最新の考え方とSynapse Analyticsでの実現
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
 
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例についてAzure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
Azure active directory によるデバイス管理の種類とトラブルシュート事例について
 
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
JenkinsとCodeBuildとCloud Buildと私
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
 
Oracleからamazon auroraへの移行にむけて
Oracleからamazon auroraへの移行にむけてOracleからamazon auroraへの移行にむけて
Oracleからamazon auroraへの移行にむけて
 
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon DynamoDB
 
AWSではじめるMLOps
AWSではじめるMLOpsAWSではじめるMLOps
AWSではじめるMLOps
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design PatternAWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
 

Similar to あなたも「違いが分かる人」になりましょう! ~ Azure, AzureStack, AzureStack HCI ~

【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
Masahiko Ebisuda
 
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考えるNetラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
david9142
 
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
Minoru Naito
 
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプCld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
Tech Summit 2016
 
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
Miho Yamamoto
 
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge StrategyAzure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Takeshi Fukuhara
 
はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発
Yoshitaka Seo
 
Mvc conf session_5_isami
Mvc conf session_5_isamiMvc conf session_5_isami
Mvc conf session_5_isami
Hiroshi Okunushi
 
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
日本マイクロソフト株式会社
 
PHP on Windows Azure in Open Source Conference
PHP on Windows Azure in Open Source ConferencePHP on Windows Azure in Open Source Conference
PHP on Windows Azure in Open Source Conference
Microsoft
 
[Japan Tech summit 2017] CLD 011
[Japan Tech summit 2017]  CLD 011[Japan Tech summit 2017]  CLD 011
[Japan Tech summit 2017] CLD 011
Microsoft Tech Summit 2017
 
Aks on azure stack hci with azure arc
Aks on azure stack hci with azure arcAks on azure stack hci with azure arc
Aks on azure stack hci with azure arc
Masahiko Ebisuda
 
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
日本マイクロソフト株式会社
 
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
ShuheiUda
 
Windows Azureの歴史 2013年2月版
Windows Azureの歴史 2013年2月版Windows Azureの歴史 2013年2月版
Windows Azureの歴史 2013年2月版
Sunao Tomita
 
20120201 windowsazureの歴史
20120201 windowsazureの歴史20120201 windowsazureの歴史
20120201 windowsazureの歴史
Sunao Tomita
 
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
Shotaro Suzuki
 
Build Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップBuild Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップ
Sunao Tomita
 

Similar to あなたも「違いが分かる人」になりましょう! ~ Azure, AzureStack, AzureStack HCI ~ (20)

【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
【Microsoft Build Recap!】 Azure Hybrid周りの注目Update + α
 
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考えるNetラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
Netラボ2012年6月勉強会 マイクロソフトのオープンソース戦略を考える
 
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
今改めて学ぶ Microsoft Azure 基礎知識
 
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプCld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
 
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
インフラ観点で運用を考える!Windows 10 VDI on Azure
 
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge StrategyAzure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
 
はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発はじめての Azure 開発
はじめての Azure 開発
 
Mvc conf session_5_isami
Mvc conf session_5_isamiMvc conf session_5_isami
Mvc conf session_5_isami
 
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
 
PHP on Windows Azure in Open Source Conference
PHP on Windows Azure in Open Source ConferencePHP on Windows Azure in Open Source Conference
PHP on Windows Azure in Open Source Conference
 
[Japan Tech summit 2017] CLD 011
[Japan Tech summit 2017]  CLD 011[Japan Tech summit 2017]  CLD 011
[Japan Tech summit 2017] CLD 011
 
20130222 osc tokyo
20130222 osc tokyo20130222 osc tokyo
20130222 osc tokyo
 
Oss on Azure, Websites, WordPress
Oss on Azure, Websites, WordPressOss on Azure, Websites, WordPress
Oss on Azure, Websites, WordPress
 
Aks on azure stack hci with azure arc
Aks on azure stack hci with azure arcAks on azure stack hci with azure arc
Aks on azure stack hci with azure arc
 
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
【de:code 2020】 Azure インフラ 最新アップデート!!
 
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
 
Windows Azureの歴史 2013年2月版
Windows Azureの歴史 2013年2月版Windows Azureの歴史 2013年2月版
Windows Azureの歴史 2013年2月版
 
20120201 windowsazureの歴史
20120201 windowsazureの歴史20120201 windowsazureの歴史
20120201 windowsazureの歴史
 
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
Dell emc azurestackはじめの一歩20170713
 
Build Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップBuild Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップ
 

More from Masahiko Ebisuda

ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
Masahiko Ebisuda
 
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBoxAzure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
Masahiko Ebisuda
 
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
Masahiko Ebisuda
 
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
Masahiko Ebisuda
 
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
Masahiko Ebisuda
 
Azure Policyでハイブリッドな構成管理
Azure Policyでハイブリッドな構成管理Azure Policyでハイブリッドな構成管理
Azure Policyでハイブリッドな構成管理
Masahiko Ebisuda
 
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
Masahiko Ebisuda
 
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネルHCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
Masahiko Ebisuda
 
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
Masahiko Ebisuda
 
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
Masahiko Ebisuda
 
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
Masahiko Ebisuda
 
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
Masahiko Ebisuda
 
Nested Hyper-v on Azure
Nested Hyper-v on AzureNested Hyper-v on Azure
Nested Hyper-v on Azure
Masahiko Ebisuda
 
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
Masahiko Ebisuda
 
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hubインフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
Masahiko Ebisuda
 
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
Masahiko Ebisuda
 
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
Masahiko Ebisuda
 
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
Masahiko Ebisuda
 
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニーHCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
Masahiko Ebisuda
 
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
Masahiko Ebisuda
 

More from Masahiko Ebisuda (20)

ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
ハイブリッドクラウド利用シナリオ / HCCJP(ハイブリッドクラウド研究会) 第39回勉強会
 
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBoxAzure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
Azure上にAzure Stack HCIを展開できる! Jumpstart HCIBox
 
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
Azure Arcの様々なパターンを図で理解する!
 
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
AzureActiveDirectoryの認証の話(Azure周りの自動化編)
 
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
ArcBoxライブ構築デモ!Azure Arcをフル体験できる環境をAzure上に爆速で展開 !
 
Azure Policyでハイブリッドな構成管理
Azure Policyでハイブリッドな構成管理Azure Policyでハイブリッドな構成管理
Azure Policyでハイブリッドな構成管理
 
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
Azure Hybrid全体整理! ~ Azure Hybrid Dayに登場した要素 + αの関係性を整理! ~
 
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネルHCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
HCCJP参加者向け お勧め動画紹介 for 胡田(えびすだ)のコンピューター系チャンネル
 
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
Azure Hybrid/Infra Updates! Azureからオンプレ仮想基盤の管理もできるようになってます!
 
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
Azure Hybridの中核! 進化を続けるAzure Arcの今をまとめてお届け!
 
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
新しくなったAzure Stack HCIは以前と何が違うのか?もう一度ゼロからしっかり整理します!
 
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
2021/6/29 Azure Hybrid and Multicloud Digital Event の内容を日本語でお届け!
 
Nested Hyper-v on Azure
Nested Hyper-v on AzureNested Hyper-v on Azure
Nested Hyper-v on Azure
 
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
Microsoft Build2021で登場したハイブリッドクラウド関連情報をまとめてお届け!
 
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hubインフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
インフラ管理者に送る あらためての IoT Edge / IoT Hub
 
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
Azure Arcで「どこでも」Azureサービスを利用可能に!
 
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
「Azure Arc対応データサービス」でどこでもAzureデータサービス実行
 
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
HCCJP 第12回勉強会 Webアンケート結果
 
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニーHCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
HCCJP 第12回勉強会 ゼロからわかるHashiCorpでのハイブリッドクラウドジャーニー
 
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
Azure Stack Hub Development Kit (ASDK)のAzure上への構築方法
 

Recently uploaded

Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 

Recently uploaded (14)

Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 

あなたも「違いが分かる人」になりましょう! ~ Azure, AzureStack, AzureStack HCI ~