SlideShare a Scribd company logo
AWS CloudTrail & AWS Config
2015/07/15
AWS Black Belt Tech Webinar 2015
アマゾンデータサービスジャパン株式会社
パートナー ソリューション アーキテクト 酒徳 知明
2
Agenda
• AWS CloudTrailについて
– 概要
– AWS CloudTrailの要点
– 利用ケース
• AWS Configについて
– 概要
– AWS Configの要点
– 利用ケース
• まとめ
CloudTrail
4
AWS CloudTrailとは
ユーザによる
APIの発行
各リージョンの
AWSリソースの
呼び出し
CloudTrailが
APIコールを
ロギング
ユーザの操作
を管理
5
CloudTrailの特徴
• 概要
– AWSアカウントの操作をロギングするサービス
– 管理コンソール、コマンドライン、3rd party等APIコールされるイベントが
対象ロギングの対象
– S3にロギングデータを保存
– SNS(Simple Notification Service)で通知可能
– CloudTrail 自体は無料(※別途Amazon S3 / SNSの使用料金が必要)
• ユースケース
– コンプライアンス準拠
– リソースのライフサイクル管理
– 運用上のトラブルシューティング
– セキュリティ面の分析
6
CloudTrailでロギング可能なサービス
http://docs.aws.amazon.com/awscloudtrail/latest/userguide/what_is_cloud_trail_supported_services.html
Compute
• Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)
• Auto Scaling
• Elastic Load Balancing
• Amazon EC2 Container Service
• AWS Lambda
Database
• Amazon Relational Database Service
• Amazon ElastiCache
• Amazon Redshift
• Amazon DynamoDB
Deployment and Management
• AWS Elastic Beanstalk
• AWS OpsWorks
• AWS CloudFormation
• AWS CodeDeploy
• AWS CodePipeline
• Amazon API Gateway
Storage and Content Delivery
• AWS Storage Gateway
• Amazon Glacier
• Amazon CloudFront
Networking
• Amazon Virtual Private Cloud
• AWS Direct Connect
• Amazon Route 53
Administration and Security
• AWS Identity and Access Management
• AWS CloudTrail
• Amazon CloudWatch
• AWS Key Management Service
• AWS Security Token Service
• AWS CloudHSM
• AWS Config
• AWS Directory Service
Analytics
• Amazon Elastic MapReduce
• Amazon Kinesis
• AWS Data Pipeline
Enterprise Applications
• Amazon WorkDocs
• Amazon WorkSpaces
Application Services
• Amazon Simple Queue Service
• Amazon Simple Workflow Service
• Amazon Elastic Transcoder
• Amazon CloudSearch
• Amazon Simple Email Service
Mobile Services
• Amazon Simple Notification Service
※2015年7月15日時点
7
AWS CloudTrailの設定
S3 / SNSの設定
CloudWatch Logs
の設定
8
ログファイルの保存先
• ログファイルは命名規則の元ある特定のパスで保存されます
• S3 バケットに約 5 分ごとにログファイルを送信します。
• そのアカウントに対して API の呼び出しがない場合は、ログファ
イルを送信しません。
9
AWS CloudTrailによりロギングされるイベント
API call Event Non-API call Event
• サポート サービスから発行されるAPI
 StartInstances
 CreateKeyPair
• ユーザのサインイン アクティビテイ
 AWS マネジメント コンソール
 AWS ディスカッション フォー
ラム
10
CloudTrailイベントから取得できる情報
• 誰がAPIコールを発行したのか
• いつAPIコールが発行されたのか
• どのAPIコールが発行されたのか
• どのAWSリソースから発行されたのか
• どのAWSリソースに対して発行されたのか
11
誰がAPIコールを発行したのか①
IAMユーザ “Bob”のユーザ情報
"userIdentity“:
{
"accessKeyId":"AKEXAMPLE123EJVA",
"accountId":“123456789012",
"arn":"arn:aws:iam::123456789012:user/Bob",
"principalId":"AIEXAMPLE987ZKLALD3HS",
"type":"IAMUser",
"userName":“Bob"
}
12
誰がAPIコールを発行したのか②
フェデレーションユーザ “Alice”のユーザ情報
"userIdentity":
{
"type":"FederatedUser",
"principalId":"123456789012:Alice",
"arn":"arn:aws:sts::123456789012:federated-user/Alice",
"accountId":"123456789012",
"accessKeyId":"ASEXAMPLE1234WTROX8F",
"sessionIssuer":{
"type":"IAMUser",
"accountId":"123456789012",
"userName":“Bob"
}
}
13
いつAPIコールが発行されたのか
どのAPIコールが発行されたのか
ISO8601フォーマットでの記載
"eventTime":"2014-11-29T05:58:13Z“
APIコールの名前とターゲット情報を記載
"eventSource":"signin.amazonaws.com"
"eventName":"ConsoleLogin"
14
どのAWSリソースから発行されたのか
リクエスターのIPアドレス、APIが発行されたリージョン
の情報を記載
"awsRegion":"us-east-1",
"sourceIPAddress":"ec2.amazonaws.com"
15
蓄積したJSONファイルの扱い方
可視化
(長期)
文字列検索
(中期)
アラート
(短期)
16
CloudWatch Logs Metric Filter の利用
• CloudTrail と CloudWatch Logs の連携
– CloudTrailのログをJSON形式でCloudWatch Logsに転送
– アカウント内でコールされた特定のAPIを監視し、呼ばれたと
きに電子メール通知を受けることが可能
CloudTrail CloudWatch Logs CloudWatch Logs
Metric Filter
17
CloudWatch Logs Metric Filter の利用
• 特定文字列のエントリ頻度によりアラーム作成が可能
18
Metric Filters サンプル
• アカウントrootログインの監視
{ ($.eventName = "ConsoleLogin") && ($.userIdentity.type = "Root") }
• 認証失敗の監視
{$.errorCode = "AccessDenied" || $.errorCode =
"UnauthorizedOperation"}
• 特定インスタンスタイプのEC2が作成されたかの監視
{$.eventName = "RunInstances" &&
($.requestParameters.instanceType = “*.8xlarge" ||
$.requestParameters.instanceType = “*.4xlarge"}
• セキュリティグループ変更の監視
{($.eventName = "AuthorizeSecurityGroupIngress") || ($.eventName
= "AuthorizeSecurityGroupEgress") || ($.eventName =
"RevokeSecurityGroupIngress" ||($.eventName =
"RevokeSecurityGroupEgress") || ($.eventName =
"CreateSecurityGroup") || ($.eventName = "DeleteSecurityGroup")}
19
CloudWatchアラーム CloudFormationテンプレート
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/03/cloudtrail-integration-with-cloudwatch-in-four-more-regions.html
CloudFormationをつかったメトリック フィルタの自動作成
20
AWS CloudTrailの設定
21
AWS CloudTrail API Activity Lookup
• CloudTrailコンソールまたはAWS
SDK, AWS CLIからAPIアクティ
ビティを検索する機能
• 東京リージョンでも利用可能
• CloudTrailが有効にするだけで自
動で利用可能
• 最新の7日間のAPIアクティビ
ティの検索
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/03/new-aws-api-activity-lookup-in-cloudtrail.html
22
AWS CloudTrail API Activity Lookup
$ aws cloudtrail lookup-events --lookup-attributes
AttributeKey=EventName,AttributeValue=RunInstances --start-time 2015-05-16
--end-time 2015-05-16
23
API Activity Lookupの制限事項①
http://docs.aws.amazon.com/awscloudtrail/latest/userguide/view-cloudtrail-events-supported-services.html
Compute
• Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)
• Auto Scaling
• Elastic Load Balancing
• Amazon EC2 Container Service
• AWS Lambda
Database
• Amazon Relational Database Service
• Amazon ElastiCache
• Amazon Redshift
• Amazon DynamoDB
Deployment and Management
• AWS Elastic Beanstalk
• AWS OpsWorks
• AWS CloudFormation
• AWS CodeDeploy
• AWS CodePipeline
• Amazon API Gateway
Storage and Content Delivery
• AWS Storage Gateway
• Amazon Glacier
• Amazon CloudFront
Networking
• Amazon Virtual Private Cloud
• AWS Direct Connect
• Amazon Route 53
Administration and Security
• AWS Identity and Access Management
• AWS CloudTrail
• Amazon CloudWatch
• AWS Key Management Service
• AWS Security Token Service
• AWS CloudHSM
• AWS Config
• AWS Directory Service
• AWS Management Console Sign-in Service
Analytics
• Amazon Elastic MapReduce
• Amazon Kinesis
• AWS Data Pipeline
Enterprise Applications
• Amazon WorkDocs
• Amazon WorkSpaces
Application Services
• Amazon Simple Queue Service
• Amazon Simple Workflow Service
• Amazon Elastic Transcoder
• Amazon CloudSearch
• Amazon Simple Email Service
Mobile Services
• Amazon Simple Notification Service
※2015年7月15日時点
24
API Activity Lookupの制限事項②
• Time Range検索
– 過去 7 日間の AWS アカウント内
のリソースの作成、変更、削除に
関する API アクティビティ
• Filter検索
– 検索できる属性の制限
• User name
• Event name
• Resource type
• Resource name
25
Amazon CloudSearch, Amazon Elastic Beanstalk
https://medium.com/aws-activate-startup-blog/searching-cloudtrail-logs-easily-with-amazon-cloudsearch-2d716e23efee
CloudTrail Amazon SNS Topics Amazon SQS Queue AWS ElasticBeanstalk
Worker Role
Amazon S3 Backet
Amazon
CloudSearch
①
② ③ ④
⑤ ⑥
⑦
26
AWS Elastic Beanstalk Worker Tier
• SQSに登録されたタスクを
非同期処理するTier
• SQSメッセージは自動的に
HTTPエンドポイントにPOST
• 200 OKならDelete Message
• エラー応答ならリトライ
Webアプリを実装するだけでSQSを使った非同期処理Workerを実装
27
Amazon CloudSearch, Amazon Lambda
CloudTrail
Amazon Lambda
Amazon S3 Bucket
Amazon
CloudSearch
①
②
③
28
ElasticSearch, Kibana, Amazon Lambda
CloudTrail ElasticSearchAmazon S3 Backet
① ② ③ ④
LogstashAmazon Lambda
29
for(var i = 0; i < records.length; i++){
var record = records[i];
var header = {
"index":{
"_index": ES_INDEX,
"_type": ES_TYPE,
"_id": record.eventTime + "-" + record.requestID
}
};
var searchRecord = {
"usertype" : record.userIdentity.type,
"arn" : record.userIdentity.arn,
"username" : record.userIdentity.userName,
"eventtime" : record.eventTime,
"eventsource" : record.eventSource,
"eventname" : record.eventName,
"awsregion" : record.awsRegion,
"sourceipaddress" : record.sourceIPAddress,
"eventid" : record.eventID,
"logfilename" : logFileName
};
searchRecords.push(header);
searchRecords.push(searchRecord);
};
Lambda Code
s3.getObject({
Bucket : bucket,
Key : key
}, function(err,data) {
if(err){
context.done('error','error getting file' + err);
} else {
var contentType = data.ContentType;
var contentEncoding = data.ContentEncoding;
if (contentType === "application/json"
&& contentEncoding === "gzip") {
var logFileName = key.substr(key.lastIndexOf("/") + 1);
var buf = data.Body;
zlib.gunzip(buf, function(_, dezipped) {
var json = JSON.parse(dezipped.toString('utf-8'));
sendToES(context,region,logFileName,json);
});
}
}
});
};
//bulk send to Elasticsearch
function sendToES(context,region,logFileName,json){
var records = json.Records;
var searchRecords = [];
30
蓄積したJSONファイルの扱い方
可視化
(長期)
文字列検索
(中期)
アラート
(短期)
31
CloudTrail パートナー ソリューション
コンサルティング・パートナーテクノロジー・パートナー
32
Splunk Dashboard
33
AWS Config
AWS Configとは
• AWSリソースのレポジトリ情報を取得し、リソースの
設定履歴を監査、リソース構成の変更を通知すること
ができるフルマネージドサービス
• ユースケース
• セキュリティ分析:Am I safe?
• 監査・コンプライアンス:Where is the evidence?
• 変更管理:What will this change affect?
• トラブルシューティング:What has changed?
• ディスカバリー:What resources exist?
変更・更新記録構成変更
ヒストリ
ストリーム
スナップショット
(ex. 2014-11-05)
AWS Config
36
AWS Config
Configuration Stream Configuration SnapshotConfiguration History
• リソースが作成、変更、また
は構成項目を削除されるたび
に、作成され、構成ストリー
ムに追加される
• SNSトピック連携可能
• あるポイントでのコンフィグ
レーション アイテムの集合
• 自動で定期的あるいは変更ト
リガで作成され、Amazon S3
にエクスポートされる
• 設定履歴は、任意の期間にお
ける各リソースタイプの構成
要素の集合
• リソースの設定履歴を、指定
したS3バケットに保存
Snapshot @ 2014-11-12,
2:30pm
37
AWS Configが対応しているAWSリソース
• 現在AWS Configが対応しているのは下記4サービス
Amazon EC2
Instance, ENI...
Amazon EBS
Volumes
AWS CloudTrail
Amazon VPC
VPC, Subnet...
※2015年7月15日時点
38
AWS Configで管理できるAWSリソース
Resource Type Resource
Amazon EC2 EC2 Instance
EC2 Elastic IP (VPC only)
EC2 Security Group
EC2 Network Interface
Amazon EBS EBS Volume
Amazon VPC VPCs
Network ACLs
Route Table
Subnet
VPN Connection
Internet Gateway
Customer Gateway
VPN Gateway
AWS CloudTrail Trail
39
リレーションシップ
• アカウント内のAWSリソース間の関係
• 双方向の依存関係が自動的に割り当てられる
Example:
セキュリティ グループ“sg-10dk8ej” とEC2 インスタンス “i-123a3d9”
は互いに関連関係にあります
40
リレーションシップ
Resource Relationship Related Resource
CustomerGateway is attached to VPN Connection
Elastic IP (EIP) is attached to Network Interface
is attached to Instance
Instance contains Network Interface
is attached to ElasticIP (EIP)
is contained in Route Table
is associated with Security Group
is contained in Subnet
is attached to Volume
is contained in Virtual Private Cloud (VPC)
InternetGateway is attached to Virtual Private Cloud (VPC)
… …. …..
http://docs.aws.amazon.com/config/latest/developerguide/resource-config-reference.html
AWS Configリソース検索
選択リソースの情報
構成詳細
リレーション
変更
リソース構成変更例
• インスタンスタイプの変更(m3.xlarge → m3.medium)
• EBSボリュームの追加
EC2
m3.xlarge
EC2
m3.medium
30GB
リソース情報(構成詳細)
リソース情報(リレーション)
リソース情報(変更)
47
ロギングするサービスの選択
• 構成変更をロギングするサービスを選択できる
ようになりました
48
AWS Config リレーションシップ
Security
Group
EIP
ENI
EBSVPC
Route Table
NACL
SubnetVPN
IGW
CGW
EC2
49
AWS Configから見るリソースのリレーション
$ aws configservice get-resource-config-history --resource-type
AWS::EC2::Instance --resource-id i-cbe78721 --region us-east-1
{
"configurationItems": [
{
"configurationItemCaptureTime": 1427432204.542,
"resourceCreationTime": 1417001136.0,
"availabilityZone": "us-east-1c",
"tags": {
"Name": "cwl-sqlserver"
},
"resourceType": "AWS::EC2::Instance",
"resourceId": "i-cbeXXXXX",
"configurationStateId": "547",
"relatedEvents": [],
"relationships": [
{
"resourceType": "AWS::EC2::EIP",
"resourceId": "eipalloc-e6dcXXXX",
"relationshipName": "Is attached to ElasticIp"
},
{
"resourceType": "AWS::EC2::NetworkInterface",
"resourceId": "eni-8270XXXX",
"relationshipName": "Contains NetworkInterface"
},
{
"resourceType": "AWS::EC2::SecurityGroup",
"resourceId": "sg-53f9XXXX",
"relationshipName": "Is associated with SecurityGroup"
},
{
"resourceType": "AWS::EC2::Subnet",
"resourceId": "subnet-a1dbXXXX",
"relationshipName": "Is contained in Subnet"
},
{
"resourceType": "AWS::EC2::Volume",
"resourceId": "vol-592aXXXX",
"relationshipName": "Is attached to Volume"
},
・・・・
50
AWS Config リレーションシップ
Security
Group
wfront-6171
wfront-6172
wfront-6173
・
・
・
AWS Config
cli/sdk/metadata
cli/sdk/metadata
cli/sdk/metadata
51
AWS Configからのスナップショットの取得
$ aws configservice deliver-config-snapshot --delivery-channel-name default --region us-east-1
{
"configSnapshotId": "5b662925-a6e0-4d19-a156-0151d932XXXX"
}
$ aws configservice describe-delivery-channel-status --region us-east-1
{
"DeliveryChannelsStatus": [
{
"configStreamDeliveryInfo": {
"lastStatusChangeTime": 1431767053.909,
"lastStatus": "SUCCESS"
},
"configHistoryDeliveryInfo": {
"lastSuccessfulTime": 1431699583.504,
"lastStatus": "SUCCESS",
"lastAttemptTime": 1431699583.504
},
"configSnapshotDeliveryInfo": {
"lastSuccessfulTime": 1431769523.567,
"lastStatus": "SUCCESS",
"lastAttemptTime": 1431769523.567
},
"name": "default"
52
AWS Config パートナー
53
Logstorageによる可視化
54
まとめ
• AWS CloudTrailはユーザのオペレーションを記録
• AWS Configはユーザオペレーションにより変更のあっ
たAWSリソースを記録
• AWS CloudTrailもAWS ConfigもJSONで履歴を管理す
るため、用途に応じた管理が必要
55
Q&A
次回Webinarのお申し込み
http://aws.amazon.com/jp/event_schedule/
56
Webinar資料の配置場所
• AWS クラウドサービス活用資料集
– http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
57
公式Twitter/Facebook
AWSの最新情報をお届けします
@awscloud_jp
検索
最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、お得なキャンペーン情報などを
日々更新しています!
もしくは
http://on.fb.me/1vR8yWm
AWS運用コミュニティ
~クラウドによる、クラウドのための、クラウド運用管理~
AWS上に構築されたシステムの
運用管理のベストプラクティスを集約!
http://aws.typepad.com/aws_partner_sa/2015/
06/aws-ops.html@opsjaws
59
ご参加ありがとうございました。

More Related Content

More from Amazon Web Services Japan

202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
Amazon Web Services Japan
 
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
Amazon Web Services Japan
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
Amazon Web Services Japan
 
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Amazon Web Services Japan
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
Amazon Web Services Japan
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
Amazon Web Services Japan
 
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデートAmazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
Amazon Web Services Japan
 
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
Amazon Web Services Japan
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
Amazon Web Services Japan
 
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
Amazon Web Services Japan
 
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
Amazon Web Services Japan
 
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDDAmazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
Amazon Web Services Japan
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
Amazon Web Services Japan
 
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
Amazon Web Services Japan
 
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
Amazon Web Services Japan
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
Amazon Web Services Japan
 
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するためにAmazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Web Services Japan
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
Amazon Web Services Japan
 
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
Amazon Web Services Japan
 
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
Amazon Web Services Japan
 

More from Amazon Web Services Japan (20)

202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
 
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for OpenZFS
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
202204 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Device Defender
 
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現
 
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
202204 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Salesforce連携(第1回 CTI Adap...
 
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデートAmazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
Amazon Game Tech Night #25 ゲーム業界向け機械学習最新状況アップデート
 
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Rules for AWS WAF の活用
 
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
202203 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Tasks.pdf
 
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
SaaS テナント毎のコストを把握するための「AWS Application Cost Profiler」のご紹介
 
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDDAmazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
Amazon QuickSight の組み込み方法をちょっぴりDD
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
 
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
機密データとSaaSは共存しうるのか!?セキュリティー重視のユーザー層を取り込む為のネットワーク通信のアプローチ
 
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
パッケージソフトウェアを簡単にSaaS化!?既存の資産を使ったSaaS化手法のご紹介
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
202202 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Connect Customer Profiles
 
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するためにAmazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
 
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
202202 AWS Black Belt Online Seminar AWS SaaS Boost で始めるSaaS開発⼊⾨
 
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
[20220126] JAWS-UG 2022初頭までに葬ったAWSアンチパターン大紹介
 
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
202111 AWS Black Belt Online Seminar AWSで構築するSmart Mirrorのご紹介
 

Recently uploaded

【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 

Recently uploaded (13)

【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 

AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 AWS CloudTrail & AWS Config