SlideShare a Scribd company logo
○○をAWSで作るにはどうすればいい?
~ 構築例とアーキテクチャ図を添えて
2自己紹介
もこ
- クラスメソッド株式会社
- AWS事業本部 コンサルティング部
- 2019年7月入社
- AWS環境構築/サポートデスクなど
- Twitter: @mokocm
- 前職: ECサイトのAWSインフラ
- 好きなサービス:ECS/Terraform
- 最近の趣味: TypeScript/React(フロント)
3スライド公開
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/jaws-festa-sapporo-2019/
4ハッシュタグ
#jft2019 #jft2019_c
5アンケート
AWS触ったことない人?
AWSこれから始める人?
6アンケート
AWSを触ったことがある人?
7Agenda
お話する内容
・オンプレの考え方とクラウドの考え方
・広く浅くサービス紹介
・モダンなWeb/DB環境
・静的コンテンツ配信
・SPA(Single Page Application)
・コンテナ
・まとめ
8オンプレ環境のWeb/DB環境(例)
1. サーバーの調達
2. 物理的に)サーバーを組み立て、ネットワークを組む
3. サーバーにOSをインストール
4. DBをLinuxサーバー上に構築する
5. DBクラスターを頑張って構築…
6. Webサーバーをインストール
7. アプリケーションをデプロイ
8. UPSなどで電源冗長化
9. バックアップはRAIDされたファイルサーバーなどに
9AWSを使ったWeb/DB環境(例)
1. ALBとAutoScalingを使ってEC2を起動、ユーザー
データーもしくは作成済みのAMIでアプリをインス
トール
2. Amazon Auroraを利用してDBを構築
3. CloudWatch Alerm / Auto Scalingを使ってサー
バーをスケールアウト
4. RDSのバックアップ機能で簡単にバックアップ
5. 必要であれば定期的にスナップショットを取得
広く浅くサービス紹介
10
AWSを理解するには
とにかく手を動かす!!!
とにかくいろんなサービスに触りまくる!
11
※これから話す内容はサービスのほんの一部
のみです。
12
初級: Web/DB環境を作りたい!
13
14Region / Availability Zone
・Region: 2つ以上のAZをまとめたもの
・Availability Zone(AZ): Regionの中のDC(2個以上)
・物理的に離れたDC、距離は100km圏内
・AZ間の遅延は2ms以下
※大阪リージョンを除き
15VPC / Subnet
・仮想ネットワーク
・VPC内にSubnetを配置
・Subnetの中にEC2などを起動
・VPC CIDRが被らなければ
VPCPeeringも可能
16Internet Gateway
・VPCにアタッチするインターネットの出入り口
・インターネットに出るには必須のゲートウェイ
17RouteTable – Public/Private Subnet
・Subnetごとに接続するルートテーブル
・「送信元」と「ターゲット」を指定してルーティング
・初期値として送信元にVPC CIDR、ターゲットにlocalが設
定
・Public / Private Subnetはルートテーブルで制御
• Public Subnet: IGWの経路があるSubnet
• Private Subnet: IGWの経路がないSubnet
18RouteTable – Public Subnet
・IGWをRoute Tableに追加する例
・0.0.0.0/0 をIGWにルーティング
19RouteTable – Private Subnet
・Private Subnet
・送信元: CIDR, ターゲット: local
20Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)
クラウド内の安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能
(=仮想サーバー)
UserDataで起動時に実行するコマンドを指定できる
内部的に下記サービスを利用している
・AMI(Amazon Machine Image)
・EBS(Elastic Block Storage)
・Security Group
などなど…
21Amazon Machine Image(AMI)
・EC2を起動するテンプレート
・OS情報などが入ったイメージ
・自分でAMIを作成することも可能
・AMIで複数のEC2インスタンスを起動することができる
・アプリケーションを入れてAMIを取っておくことも可能
22Security Group
・インバウンド/アウトバウンド通信を制御できる
・”サブネットレベル”ではなく、”インスタンスレベル”
・サブネットレベル: NACL
・インスタンスレベル: Security Group
・Whitelist形式で、許可しかできない(=Denyできない)
・Security Groupからの通信を許可することができる
・EC2以外にもALB/RDSなどなどで利用可能
23Security Group(利用例)
・0.0.0.0/0から80/TCPのアクセスを許可するSG
・上記SGをつけているインスタンスからの3306/TCP
を許可するSG
24ターゲットグループ
・インスタンスを登録できる
・接続ポートなどを設定
・AutoScaling時に自動でターゲットグループに
追加することも可能
・ヘルスチェックの設定もターゲットグループで
・これから紹介するALB/NLBなどによく使う
25Elastic Load Balancing
マネージドなロードバランサーの総称(ELB)
・Application Load Balancer(ALB)
・Network Load Balancer(NLB)
・Classic Load Balancer(CLB)
ロードバランサーのエンドポイントにレコードを設定し
て利用
(CLBを除き)ターゲットグループにバランシングするの
がベスト
26Application Load Balancer(ALB)
HTTP/HTTPS向けのロードバランサー(L7)
・二つ以上のAZにまたがって配置する必要がある
・負荷分散 / ルーティング / 複数ポートでListenできる
・ALBでSSLをオフロードすることも可能。ACMと兼用証明書の管理
が楽に
・基本的には転送先にターゲットグループを指定する運用
・必要に応じて特定のパスだけ別のターゲットグループに送信する
・スティッキーセッション対応
27Application Load Balancer(ALB)
28Network Load Balancer(NLB)
大規模なリクエスト / TCP / TLS / UDPに対応(L4)
・NLB標準で固定IPアドレスを指定できる
・プロトコルとポートを設定
・ターゲットグループをデフォルトアクションに設定
・パスベースの出し分けができない
・NLBにはSecurity Groupがない
・Private Link
https://aws.amazon.com/jp/elasticloadbalancing/features/#compare
29Amazon Aurora
マネージドリージョナルデータベース(=RDS)
・Aurora = クラウド向けにAWSが開発してるMySQL/PostgreSQL 互換SQL
・10GB~64TBまで自動スケール
・10GBごとに3AZにまたがって6つのコピーを持つ
・2つのコピーに障害が起こってもWriteできる
・3つのコピーに障害が起こってもReadできる
・はやい(MySQL: 最大5倍, PostgreSQL: 3倍)
https://aws.amazon.com/jp/blogs/database/introducing-the-aurora-storage-engine/
以上を踏まえて、モダンなWeb/DB
環境を作る
30
31モダンなWeb/DB構成図
初級: 静的コンテンツを配信したい
32
33Amazon CloudFront
・AWSが提供するCDN
・ユーザーから一番近いEdge Locationからコンテンツを配信
・オリジンのコンテンツをキャッシュして配信可能
・Lambda@Edgeを利用するとEdge Locationで処理可能
・Geo Locationで制限も可能
・180Edge Location / 11 Regional Edge Cache (2019/11/1)
・ディストリビューションあたり40Gbps, 100,000RPS
・CloudFront側でGzip圧縮して配信可能
34Amazon CloudFront - infrastructure.aws
35Amazon Simple Storage Service(S3)
・ストレージサービス
・容量無制限、従量課金
・99.999999999%のデータ耐久性
・CloudFrontなどと連携して静的コンテンツ配信
・他にもファイル保存、ログ保存、アーカイブ保存など
36静的コンテンツ配信
中級: Serverlessで
SPA(Single Page Application)したい
37
38AWS Lambda
・イベント駆動型でサーバーレス環境でコードを実行
・実行時間ベースの従量課金
・様々なAWSサービスと連携可能
・Node10.x/Python2.7, 3.7/Ruby/Java/Go/.NET
・(NEW)カスタムランタイム機能でサーバーレスCOBOL
・ API Gatewayと合わせてHTTPレスポンスを発行するなど
39Amazon API Gateway
・その名の通り、APIのGateaway
・API GatewayのEndpointを叩くと裏のLambdaなど
と連携してAPIのレスポンスを返せる
・REST APIの橋渡しサービス
・WebSocketも対応、ServerlessでWebSocket!
40Amazon DynamoDB
・NoSQLなSaaSデータベース(Key/Value)
・スケーリングはCPU/Mem単位ではなく、キャパシティーユ
ニット
・基本的にはAWS SDKを利用してプログラムから操作
・ポイントタイムリカバリ機能は35日間の任意の時間(秒)復元
・ストレージ無制限、3AZに保存
・レコードは400KBまで
41AWS Serverless Application Model(CloudFormation)
・CloudFormation(CFn)のTransform
・いい感じにServerlessなCFnをかける
・CodeUriを指定するとデプロイが楽に
・sam build, sam local invoke
・OpenAPI(Swagger)との兼用も可能!
42AWSでSPA環境
DynamoDB
中級~上級: コンテナしたい
43
44Amazon Elastic Container Service(ECS)
・EC2インスタンス上にECS Agentを入れてECSから
コンテナを管理
・「あくまでもEC2の上に乗っかるコンテナ管理」
・「Amazon ECS-optimized AMI」を使うことを推奨
・EC2起動時にUserdataでECSのクラスターに参加
45Amazon Elastic Container Service(ECS)
・Task: タスク定義から起動するコンテナの束
・Service: タスク定義, クラスター, タスク数, ALB,
HealthCheckなどを設定
・動的ポートマッピング + ターゲットグループを推奨
・タスクのスケーリングとEC2のスケーリングは別
46Amazon Elastic Container Service(ECS)
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/ecs-spotinstance-draining/
47Amazon Elastic Container Service(ECS)
動的ポートマッピング利用時のターゲットグループ
48AWS Fargate
・ECSホストOSを管理する必要なし!
・タスクをScalingさせるだけでよし!
・EC2管理が不要 = EC2のスケーリングが不要
・手がるにECSを始めるならコレ
・コンテナホストにログインできない制約あり
49Amazon Elastic Container Registry(ECR)
・RegistryのSaaS版、IAMでアクセス制御可能
・ビルド済みのコンテナをPush
・ECSのタスク定義ではECRのリポジトリを入れる
・インターネットかPrivate Linkが必要なので注意!
・つい最近コンテナの脆弱性スキャン機能が提供!
・無料
・手動もしくはPushでスキャン
・CloudWatch Eventsと連携してるのでやれることは無限!
・ https://docs.aws.amazon.com/en_pv/AmazonECR/latest/userguide/image-scanning.html
50Amazon Elastic Container Registry(ECR)
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/ecr-repository-scan/
51モダンなコンテナ構成図
NAT Gateway
NAT Gateway
ALB
Internet GatewayCloudFront
ここまで駆け足でサービスを紹介し
てきましたが、
AWSのサービスはもっとあります…
52
53Developers.IO
https://dev.classmethod.jp/event/devio2019-tokyo-0823cmblog/
54AWS パートナー 事例大全集
国内 101 社の AWS パートナーによる
175 の AWS 導入事例を掲載
https://aws.amazon.com/jp/solutions/partner-central/
55Cloud Design Pattern
デザインパターン多数
解決したい課題 / クラウドでの解決 /パターン /
実装 / 構造 / 利点 / 注意点でまとめられている
http://aws.clouddesignpattern.org/index.php
56まとめ
・EC2(IaaS)ばかりに頼らず、SaaSを活用しよう!
・DBはSaaSサービスを使おう!
・紹介し切れていない主要サービス(Kinesis, SQS)もた
くさんあるので是非実際に触ってみよう!
57

More Related Content

What's hot

Amazon Connectで到着報告を自動化
Amazon Connectで到着報告を自動化Amazon Connectで到着報告を自動化
Amazon Connectで到着報告を自動化
Mitsuhiro Yamashita
 
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コストAWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
Mitsuhiro Yamashita
 
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ) since 2014
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ)  since 2014AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ)  since 2014
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ) since 2014
Mitsuhiro Yamashita
 
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
Daiki Mori
 
エンジニアの為のAWS実践講座
エンジニアの為のAWS実践講座エンジニアの為のAWS実践講座
エンジニアの為のAWS実践講座
Eiji Shinohara
 
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
Daiki Mori
 
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
真吾 吉田
 
管理統制もLambdaで!
管理統制もLambdaで!管理統制もLambdaで!
管理統制もLambdaで!
Mamoru Ohashi
 
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くすJawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Shinya Yamada
 
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
NHN テコラス株式会社
 
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
Masato Kitahara
 
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
Trainocate Japan, Ltd.
 
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
Sanehiko Yogi
 
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフトAWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
Trainocate Japan, Ltd.
 
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitaharaJAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
Masato Kitahara
 
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
Trainocate Japan, Ltd.
 
クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成
Trainocate Japan, Ltd.
 
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととかAWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
Mitsuhiro Yamashita
 
Twilioと山下と学び
Twilioと山下と学びTwilioと山下と学び
Twilioと山下と学び
Mitsuhiro Yamashita
 

What's hot (20)

Amazon Connectで到着報告を自動化
Amazon Connectで到着報告を自動化Amazon Connectで到着報告を自動化
Amazon Connectで到着報告を自動化
 
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コストAWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
AWSで稼働している ブログ(ヤマムギ+3)の コスト
 
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ) since 2014
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ)  since 2014AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ)  since 2014
AWSセキュリティ新機能と共に進化した My Individual blog (私の個人ブログ) since 2014
 
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
(JAWS DAYS 2021)Amazon ConnectとServerless
 
エンジニアの為のAWS実践講座
エンジニアの為のAWS実践講座エンジニアの為のAWS実践講座
エンジニアの為のAWS実践講座
 
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
JAWS-UG Kansai Meetup(2020/11) Amazon Connectの今
 
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
JAWS-UG宮崎LT「一歩前へ」
 
管理統制もLambdaで!
管理統制もLambdaで!管理統制もLambdaで!
管理統制もLambdaで!
 
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くすJawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
Jawsdays2021 Amazon Connect愛について語り尽くす
 
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
[JAWS DAYS 2019 /Open Mic]AWSの運用最適化のためにNHN テコラスが提案していること
 
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
Jaws ug 初心者支部#43 aws builders online series recap1:LT1北原
 
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
アンチパターンで気づくAWS Well-Architected Framework入門編 信頼性の柱 総集編
 
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
 
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフトAWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
AWS設計ガイドラインで取り組むクラウドシフト
 
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitaharaJAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
JAWS-UG-Chiba_Vol14_kitahara
 
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
 
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
AWS Organizationsでマルチアカウントハンズオン環境を構築した話
 
クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成
 
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととかAWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
AWS認定クラウドプラクティショナー 書くときに意識してたこととか
 
Twilioと山下と学び
Twilioと山下と学びTwilioと山下と学び
Twilioと山下と学び
 

Similar to ○○をAWSで作るにはどうすればいい? ~ 構築例とアーキテクチャ図を添えて

AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイドAWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
Trainocate Japan, Ltd.
 
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
schoowebcampus
 
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Yasuhiro Horiuchi
 
Cto48 aws 20100618_fin
Cto48 aws 20100618_finCto48 aws 20100618_fin
Cto48 aws 20100618_fin
仁 上原
 
インフラ系自主トレするならAWS
インフラ系自主トレするならAWSインフラ系自主トレするならAWS
インフラ系自主トレするならAWS
Yasuhiro Araki, Ph.D
 
Askusa on AWS
Askusa on AWSAskusa on AWS
Askusa on AWS
Shingo Furuyama
 
VUXデザイナー
VUXデザイナーVUXデザイナー
VUXデザイナー
真吾 吉田
 
若手エンジニアとして今年頑張ったこと
若手エンジニアとして今年頑張ったこと若手エンジニアとして今年頑張ったこと
若手エンジニアとして今年頑張ったこと
Tsukasa Omukai
 
20061007.saas
20061007.saas20061007.saas
20061007.saas
Ken SASAKI
 
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
schoowebcampus
 
Azure Fundamental
Azure FundamentalAzure Fundamental
Azure Fundamental
Yui Ashikaga
 
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
Naoyuki Yamada
 
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
Yasuhiro Horiuchi
 
AWS Summit New York 2017 Keynote Recap
AWS Summit New York 2017 Keynote RecapAWS Summit New York 2017 Keynote Recap
AWS Summit New York 2017 Keynote Recap
Eiji Shinohara
 
Alexaで世界を変えよう
Alexaで世界を変えようAlexaで世界を変えよう
Alexaで世界を変えよう
PE-BANK
 
Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方
Sato Shun
 
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきかAWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
真吾 吉田
 
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
Trainocate Japan, Ltd.
 
アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価
kaminashi
 
Morning Session - AWS Serverless Ways
Morning Session - AWS Serverless WaysMorning Session - AWS Serverless Ways
Morning Session - AWS Serverless Ways
akitsukada
 

Similar to ○○をAWSで作るにはどうすればいい? ~ 構築例とアーキテクチャ図を添えて (20)

AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイドAWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
AWS White Belt Guide 目指せ黒帯!今から始める方への学び方ガイド
 
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
 
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
 
Cto48 aws 20100618_fin
Cto48 aws 20100618_finCto48 aws 20100618_fin
Cto48 aws 20100618_fin
 
インフラ系自主トレするならAWS
インフラ系自主トレするならAWSインフラ系自主トレするならAWS
インフラ系自主トレするならAWS
 
Askusa on AWS
Askusa on AWSAskusa on AWS
Askusa on AWS
 
VUXデザイナー
VUXデザイナーVUXデザイナー
VUXデザイナー
 
若手エンジニアとして今年頑張ったこと
若手エンジニアとして今年頑張ったこと若手エンジニアとして今年頑張ったこと
若手エンジニアとして今年頑張ったこと
 
20061007.saas
20061007.saas20061007.saas
20061007.saas
 
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
 
Azure Fundamental
Azure FundamentalAzure Fundamental
Azure Fundamental
 
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
AWSからOpenStack, Chef SoloからChef Serverに インフラを置き換えた事例の紹介
 
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
 
AWS Summit New York 2017 Keynote Recap
AWS Summit New York 2017 Keynote RecapAWS Summit New York 2017 Keynote Recap
AWS Summit New York 2017 Keynote Recap
 
Alexaで世界を変えよう
Alexaで世界を変えようAlexaで世界を変えよう
Alexaで世界を変えよう
 
Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方
 
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきかAWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
AWSへのWindows Server 2003の移行 そして今後インフラとどう向き合うべきか
 
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
 
アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価
 
Morning Session - AWS Serverless Ways
Morning Session - AWS Serverless WaysMorning Session - AWS Serverless Ways
Morning Session - AWS Serverless Ways
 

○○をAWSで作るにはどうすればいい? ~ 構築例とアーキテクチャ図を添えて