SlideShare a Scribd company logo
ANCSとAndroid Wear
徹底比較
GClue, Inc.
佐々木 陽
2014/3/27
Aka Beacon
ANCS Dev Kit
ANCS Akabeko
Aka Beacon Kit
BLEガジェット勉強会
https://www.facebook.com/groups/725670950801157/
はじめに
Appcessory
http://www.juniperresearch.com/viewpressrelease.php?pr=414
Juniper
https://www.abiresearch.com/press/wearable-computing-devices-like-apples-iwatch-will
ABI Research
2014年 1000万台
2018年 4億8400万台
ABI Research
Cisco
累計出荷台数
年間出荷台数
2018年 1億7000万台
Juniper
http://www.cisco.com/c/en/us/solutions/collateral/service-provider/visual-networking-index-vni/white_paper_c11-520862.html
Cisco
IoT
Next big thing
3200億円でGoogleが買収
Nest Oculus
2000億円でFacebookが買収
Next big thingは
AppcessoryやConnectedハードウェア
の分野からでてくる?!
Hardware
Wifi
Bluetooth
BLE
Hardware
Wifi Bluetooth BLE
hue TEPRA-Print SDK
Socket 7Xi RC-S390
Dice+
ANCSとAndroid Wear
ANCSって何?
Apple Notification Center Service (ANCS)
ANCSの目的は、BLEを通してiOSと接続されたアクセサリに、iOS
で発生する様々なNotificationを通知する仕組み
ANCSのデザイン3原則
- Simplicity(簡潔的)
- Efficiency(効率的)
- Scalability(スケーラビリティ)
Android Wearって何?
Small, powerful devices, worn on the body. Useful information when you
need it most. Intelligent answers to spoken questions. Tools to help reach
fitness goals. Your key to a multiscreen world.
- 体に装着した、小さくパワフルなデバイス群。 

- あなたがより情報を必要とする時の便利な情報。
- 音声での質問にこたえるインテリジェントな応答。
- フィットネスの成功を手助けするツール。
- マルチスクリーンワールドへのキー。
ANCS対応製品
STB-1000 Fitbit Pebble
Smart Light
Android Wear対応製品
G Watch MOTO 360
通信方式
ANCS Android Wear
方式 BLE
規定はしていない
BLE or Bluetooth
データ通信
ANCS Android Wear
方式
GATT
(Notify)
Intent
できる事比較
Notification
ANCS
Notification
Android Wear
スマフォ操作
音声入力
2:30
Ddconnect
ANCS発動条件
Notificationメッセージ
UILocalNotification
Apple Push Notification Service
Android Wearは発動条件
Notification
スマフォ操作
音声入力
2:30
Ddconnect
int notificationId = 001;
// Build intent for notification content
Intent viewIntent = new Intent(this, ViewEventActivity.class);
viewIntent.putExtra(EXTRA_EVENT_ID, eventId);
PendingIntent viewPendingIntent =
PendingIntent.getActivity(this, 0, viewIntent, 0);
!NotificationCompat.Builder notificationBuilder =
new NotificationCompat.Builder(this)
.setSmallIcon(R.drawable.ic_event)
.setContentTitle(eventTitle)
.setContentText(eventLocation)
.setContentIntent(viewPendingIntent);
!// Get an instance of the NotificationManager service
NotificationManagerCompat notificationManager =
NotificationManagerCompat.from(this);
!// Build the notification and issues it with notification manager.
notificationManager.notify(notificationId, notificationBuilder.build());
// Create intent for reply action
Intent replyIntent = new Intent(this, ReplyActivity.class);
PendingIntent replyPendingIntent =
PendingIntent.getActivity(this, 0, replyIntent, 0);
!
// Build the notification
NotificationCompat.Builder replyNotificationBuilder =
new NotificationCompat.Builder(this)
.setSmallIcon(R.drawable.ic_new_message)
.setContentTitle("Message from Travis")
.setContentText("I love key lime pie!")
.setContentIntent(replyPendingIntent);
!
// Create the remote input
RemoteInput remoteInput = new RemoteInput.Builder(EXTRA_VOICE_REPLY)
.setLabel(replyLabel)
.build();
!
// Create wearable notification and add remote input
Notification replyNotification =
new WearableNotifications.Builder(replyNotificationBuilder)
.addRemoteInputForContentIntent(replyAction)
.build();
Notification 音声入力
Intent連携
ANCSの仕組み
通常のBLEハード
BLEハードウェア
Notify
Service 任意のUUID
Characterristic1 任意のUUID1
Characterristic2 任意のUUID2
BLEハード
Connected
Connect
Read/Write
Central Peripheral
ANCSの場合
BLEハードウェア
Notify
PeripheralとCentralが逆転
Service UUID 7905F431-B5CE-4E99-A40F-4B1E122D00D0
Characterristic UUID Type
Notification Source 9FBF120D-6301-42D9-8C58-25E699A21DBD notifiable
Control Point 69D1D8F3-45E1-49A8-9821-9BBDFDAAD9D9 writeable with response
Data Source 22EAC6E9-24D6-4BB5-BE44-B36ACE7C7BFB notifiable
Peripheral Central
Read/Write
Service
UUID 7905F431-B5CE-4E99-A40F-4B1E122D00D0
検索できるCharacteristic
0x2800
0x2803
69D1D8F3-45E1-49A8-9821-9BBDFDAAD9D9
0x2900
9FBF120D-6301-42D9-8C58-25E699A21DBD
0x2902
22EAC6E9-24D6-4BB5-BE44-B36ACE7C7BFB
Characterristic UUID Type
Control Point 69D1D8F3-45E1-49A8-9821-9BBDFDAAD9D9 writeable with response
Notification Source 9FBF120D-6301-42D9-8C58-25E699A21DBD notifiable
Data Source 22EAC6E9-24D6-4BB5-BE44-B36ACE7C7BFB notifiable
0x2803
0x2902
0x2803
GATT Primary Service Declaration
GATT Characteristic Declaration
GATT Characteristic Declaration
GATT Characteristic Declaration
Characteristic Extended Properties
Client Characteristic Configuration
Notification Source
Client Characteristic Configuration
Control Point
Data Source
UUDI 7905F431-B5CE-4E99-A40F-4B1E122D00D0
service
検索
ANCS
*Notification*
Notification Source
UID=3
Control Point
UID=3
Attribute=Titile, Message, AppID
着信などの通知
着信リクセスト
情報取得
Data Source
UID=3
Title= William T. Riker 

Message = Incoming FaceTime 

AppID= com.apple.facetime
電話が着信
Notification Sourceバイト数 処理概要
EventID 1 Bytes iOS notificationが追加(0)/修正(1)/削除(2)
EventFlag 1 Bytes 重要度を示すEventFlagSilent(1 << 0), EventFlagImportant(1 << 1)
CategoryID 1 Bytes カテゴリID
CategoryCount 1 Bytes
NotificationUID 4 Bytes
カテゴリ名 カテゴリID アプリ
CategoryIDOther 1 iMessage, フォトストリーム, APNS, UILocalNotification, GMail
CategoryIDIncomingCall 2 FaceTime, 電話
CategoryIDMissedCall 3
CategoryIDVoicemail 4 Line, Facebook Messanger, Twitter
!CategoryIDSchedule 5 リマインダー、カレンダー
CategoryIDEmail 6
CategoryIDNews 7
CategoryIDHealthAndFitnett 8
CategoryIDBusinessAndFinance 9
CategoryIDLocation 10
CategoryIDEntertainment 11
例)
Control Point
ID バイト数 概要
CommandID 1 Bytes 0
NotificaionUID 2 Bytes 32ビットの数値の値
AttributeIDs 任意のBytes AttributeIDs, Max Length
例)
Data Source
ID バイト数 概要
CommandID 1 Bytes 1
NotificationUID 2 Bytes アプリのパッケージ名
AttributeIDs 任意のBytes AttributeIDs, Attributes
Android Wearの仕組み
Notification
Notification
2:30
Ddconnect
int notificationId = 001;
// Build intent for notification content
Intent viewIntent = new Intent(this, ViewEventActivity.class);
viewIntent.putExtra(EXTRA_EVENT_ID, eventId);
PendingIntent viewPendingIntent =
PendingIntent.getActivity(this, 0, viewIntent, 0);
!NotificationCompat.Builder notificationBuilder =
new NotificationCompat.Builder(this)
.setSmallIcon(R.drawable.ic_event)
.setContentTitle(eventTitle)
.setContentText(eventLocation)
.setContentIntent(viewPendingIntent);
!// Get an instance of the NotificationManager service
NotificationManagerCompat notificationManager =
NotificationManagerCompat.from(this);
!// Build the notification and issues it with notification manager.
notificationManager.notify(notificationId, notificationBuilder.build());
スマフォ操作
Notification
スマフォ操作
2:30
Ddconnect
// Build an intent for an action to view a map
Intent mapIntent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW);
Uri geoUri = Uri.parse("geo:0,0?q=" + Uri.encode(location));
mapIntent.setData(geoUri);
PendingIntent mapPendingIntent =
PendingIntent.getActivity(this, 0, mapIntent, 0);
!NotificationCompat.Builder notificationBuilder =
new NotificationCompat.Builder(this)
.setSmallIcon(R.drawable.ic_event)
.setContentTitle(eventTitle)
.setContentText(eventLocation)
.setContentIntent(viewPendingIntent)
.addAction(R.drawable.ic_map,
getString(R.string.map), mapPendingIntent);
!// Get an instance of the NotificationManager service
NotificationManagerCompat notificationManager =
NotificationManagerCompat.from(this);
!// Build the notification and issues it with notification manager.
notificationManager.notify(notificationId, notificationBuilder.build());
音声入力
Notification
スマフォ操作
音声入力
2:30
Ddconnect
// Create intent for reply action
Intent replyIntent = new Intent(this, ReplyActivity.class);
PendingIntent replyPendingIntent =
PendingIntent.getActivity(this, 0, replyIntent, 0);
!// Build the notification
NotificationCompat.Builder replyNotificationBuilder =
new NotificationCompat.Builder(this)
.setSmallIcon(R.drawable.ic_new_message)
.setContentTitle("Message from Travis")
.setContentText("I love key lime pie!")
.setContentIntent(replyPendingIntent);
!// Create the remote input
RemoteInput remoteInput = new RemoteInput.Builder(EXTRA_VOICE_REPLY)
.setLabel(replyLabel)
.build();
!// Create wearable notification and add remote input
Notification replyNotification =
new WearableNotifications.Builder(replyNotificationBuilder)
.addRemoteInputForContentIntent(replyAction)
.build();
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
<string-array name="reply_choices">
<item>Yes</item>
<item>No</item>
<item>Maybe</item>
</string-array>
</resources>
最後に
早くハードウェア仕様が
開示されるといいなぁ。

More Related Content

What's hot

AI時代の要件定義
AI時代の要件定義AI時代の要件定義
AI時代の要件定義
Zenji Kanzaki
 
スペシャリストになるには
スペシャリストになるにはスペシャリストになるには
スペシャリストになるには外道 父
 
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
Hidehisa Matsutani
 
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjpSphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjpTakeshi Komiya
 
Hadoop概要説明
Hadoop概要説明Hadoop概要説明
Hadoop概要説明Satoshi Noto
 
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
Naohiro Fujie
 
ネットワーク構築訓練 入門
ネットワーク構築訓練 入門ネットワーク構築訓練 入門
ネットワーク構築訓練 入門
株式会社 NTTテクノクロス
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
Yuta Hono
 
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
digitalwave
 
メッチャ役に立つauto_incrementの話
メッチャ役に立つauto_incrementの話メッチャ役に立つauto_incrementの話
メッチャ役に立つauto_incrementの話
株式会社シャーロック
 
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
株式会社MonotaRO Tech Team
 
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
Ryo Yamaoka
 
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語るKubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
Preferred Networks
 
はじめる! Redmine (2015)
はじめる! Redmine (2015)はじめる! Redmine (2015)
はじめる! Redmine (2015)
Go Maeda
 
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
shinjiigarashi
 
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
Tetsutaro Watanabe
 
Embulk - 進化するバルクデータローダ
Embulk - 進化するバルクデータローダEmbulk - 進化するバルクデータローダ
Embulk - 進化するバルクデータローダ
Sadayuki Furuhashi
 
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki NaritaInsight Technology, Inc.
 
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよサーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
koji lin
 

What's hot (20)

AI時代の要件定義
AI時代の要件定義AI時代の要件定義
AI時代の要件定義
 
スペシャリストになるには
スペシャリストになるにはスペシャリストになるには
スペシャリストになるには
 
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
講演1 redmineの簡易crmとしての活用事例r2
 
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjpSphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjp
Sphinx ではじめるドキュメント生活 2012 #pyconjp #sphinxconjp
 
Hadoop概要説明
Hadoop概要説明Hadoop概要説明
Hadoop概要説明
 
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
実装して理解するLINE LoginとOpenID Connect入門
 
ネットワーク構築訓練 入門
ネットワーク構築訓練 入門ネットワーク構築訓練 入門
ネットワーク構築訓練 入門
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
 
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
Apache Airflow で作る GCP のデータパイプライン @ 酔いどれGCPUG 2017/11/28
 
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
msc_logparser - ModSecurity log parser presentation @CRS Community Summit in ...
 
メッチャ役に立つauto_incrementの話
メッチャ役に立つauto_incrementの話メッチャ役に立つauto_incrementの話
メッチャ役に立つauto_incrementの話
 
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
データ管理に重要なことは事業と組織の理解だった(Data Engineering Study #11 発表資料)
 
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
コンテナポータビリティの振り返りとハマった事例紹介
 
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語るKubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
Kubernetes にこれから入るかもしれない注目機能!(2022年11月版) / TechFeed Experts Night #7 〜 コンテナ技術を語る
 
はじめる! Redmine (2015)
はじめる! Redmine (2015)はじめる! Redmine (2015)
はじめる! Redmine (2015)
 
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
モダン PHP テクニック 12 選 ―PsalmとPHP 8.1で今はこんなこともできる!―
 
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
データ収集の基本と「JapanTaxi」アプリにおける実践例
 
Embulk - 進化するバルクデータローダ
Embulk - 進化するバルクデータローダEmbulk - 進化するバルクデータローダ
Embulk - 進化するバルクデータローダ
 
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita
[B15] HiRDBのSQL実行プランはどのように決定しているのか?by Masaaki Narita
 
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよサーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
サーバーサイドでの非同期処理で色々やったよ
 

Similar to ANCSとAndroid Wear徹底比較

JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
Akira Tateishi
 
AWS IoT サービスこの1年の進化
AWS IoT サービスこの1年の進化AWS IoT サービスこの1年の進化
AWS IoT サービスこの1年の進化
Jun Ichikawa
 
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイントiBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
daisuke-a-matsui
 
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
Yasuhiro Kobayashi
 
Microsoft Intelligent Edge Technologies
Microsoft Intelligent Edge TechnologiesMicrosoft Intelligent Edge Technologies
Microsoft Intelligent Edge Technologies
Takeshi Fukuhara
 
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
Haruka Kurihara
 
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
Naoki (Neo) SATO
 
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
Takeshi Fukuhara
 
Azure Digital Twins最新事例紹介
Azure Digital Twins最新事例紹介Azure Digital Twins最新事例紹介
Azure Digital Twins最新事例紹介
IoTビジネス共創ラボ
 
Whats service mesh & istio ?
Whats service mesh & istio ?Whats service mesh & istio ?
Whats service mesh & istio ?
cyberblack28 Ichikawa
 
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒントMicrosoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
Daiyu Hatakeyama
 
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
SORACOM,INC
 
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
Toshihiko Yamakami
 
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
griddb
 
Keycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピックKeycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピック
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart buildingLt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
Amazon Web Services Japan
 
Windows ChatGPT Bing AI
Windows ChatGPT Bing AIWindows ChatGPT Bing AI
Windows ChatGPT Bing AI
Atomu Hidaka
 
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
appliedelectronics
 
03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える
Amazon Web Services Japan
 
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
Tatsuo Kudo
 

Similar to ANCSとAndroid Wear徹底比較 (20)

JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
JAWS-UG IoT専門支部 講演資料 IoT Analyticsによる構築事例説明
 
AWS IoT サービスこの1年の進化
AWS IoT サービスこの1年の進化AWS IoT サービスこの1年の進化
AWS IoT サービスこの1年の進化
 
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイントiBeacon を利用したサービス開発のポイント
iBeacon を利用したサービス開発のポイント
 
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
Microsoft Azure で実現するAIとIoT最新情報
 
Microsoft Intelligent Edge Technologies
Microsoft Intelligent Edge TechnologiesMicrosoft Intelligent Edge Technologies
Microsoft Intelligent Edge Technologies
 
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
[de:code 2019 振り返り Night!] IoT
 
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
 
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
Azure Digital Twins 最新事例紹介 ( IoTビジネス共創ラボ 第16回勉強会 )
 
Azure Digital Twins最新事例紹介
Azure Digital Twins最新事例紹介Azure Digital Twins最新事例紹介
Azure Digital Twins最新事例紹介
 
Whats service mesh & istio ?
Whats service mesh & istio ?Whats service mesh & istio ?
Whats service mesh & istio ?
 
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒントMicrosoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
Microsoft AI Platform ビジネスでAI活用するヒント
 
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
IoTシステム構築の困り事から逆引き「SORACOM 全サービス解説」 | SORACOM Technology Camp 2020
 
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
IoT系標準化の動き(メモ、2016年) (in Japanese)
 
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
「情報爆発時代」を勝ち抜くためのIT基盤技術とは?膨大な情報から最適解を 「SmartEDA®」
 
Keycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピックKeycloakの最近のトピック
Keycloakの最近のトピック
 
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart buildingLt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
Lt4 aws@loft #11 aws io-t for smart building
 
Windows ChatGPT Bing AI
Windows ChatGPT Bing AIWindows ChatGPT Bing AI
Windows ChatGPT Bing AI
 
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
 
03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える03_AWS IoTのDRを考える
03_AWS IoTのDRを考える
 
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
NRIセキュアが考える持続可能なID&アクセス管理基盤の実現
 

More from Akira Sasaki

AI robot car
AI robot carAI robot car
AI robot car
Akira Sasaki
 
CES2019 STEM教材最新動向
CES2019 STEM教材最新動向CES2019 STEM教材最新動向
CES2019 STEM教材最新動向
Akira Sasaki
 
Android Things最新動向
Android Things最新動向Android Things最新動向
Android Things最新動向
Akira Sasaki
 
はじめてのAndroid Things
はじめてのAndroid ThingsはじめてのAndroid Things
はじめてのAndroid Things
Akira Sasaki
 
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオンAIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
Akira Sasaki
 
Hacker DoJo FaBo's LT.
Hacker DoJo FaBo's LT.Hacker DoJo FaBo's LT.
Hacker DoJo FaBo's LT.
Akira Sasaki
 
MEMS sensor catalog with I2C
MEMS sensor catalog with I2CMEMS sensor catalog with I2C
MEMS sensor catalog with I2C
Akira Sasaki
 
Shenzhen2015
Shenzhen2015Shenzhen2015
Shenzhen2015
Akira Sasaki
 
基板設計/製造 for プロトタイピング
基板設計/製造 for プロトタイピング基板設計/製造 for プロトタイピング
基板設計/製造 for プロトタイピング
Akira Sasaki
 
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPIIoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
Akira Sasaki
 
Homekit 20140730
Homekit 20140730Homekit 20140730
Homekit 20140730
Akira Sasaki
 
Appcessory市場
Appcessory市場Appcessory市場
Appcessory市場
Akira Sasaki
 
Html5 caravantokyo
Html5 caravantokyoHtml5 caravantokyo
Html5 caravantokyoAkira Sasaki
 
What is google glass
What is google glassWhat is google glass
What is google glass
Akira Sasaki
 
Business model20130301
Business model20130301Business model20130301
Business model20130301Akira Sasaki
 
Web os最新動向20130209
Web os最新動向20130209Web os最新動向20130209
Web os最新動向20130209Akira Sasaki
 
Android連携ハードウェア
Android連携ハードウェアAndroid連携ハードウェア
Android連携ハードウェアAkira Sasaki
 
Android 10 dec, 2012
Android 10 dec, 2012Android 10 dec, 2012
Android 10 dec, 2012
Akira Sasaki
 
Android最新動向
Android最新動向Android最新動向
Android最新動向
Akira Sasaki
 

More from Akira Sasaki (20)

AI robot car
AI robot carAI robot car
AI robot car
 
CES2019 STEM教材最新動向
CES2019 STEM教材最新動向CES2019 STEM教材最新動向
CES2019 STEM教材最新動向
 
Android Things最新動向
Android Things最新動向Android Things最新動向
Android Things最新動向
 
はじめてのAndroid Things
はじめてのAndroid ThingsはじめてのAndroid Things
はじめてのAndroid Things
 
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオンAIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
AIZU.cloud 第一回 AWS CLIハンズオン
 
Hacker DoJo FaBo's LT.
Hacker DoJo FaBo's LT.Hacker DoJo FaBo's LT.
Hacker DoJo FaBo's LT.
 
MEMS sensor catalog with I2C
MEMS sensor catalog with I2CMEMS sensor catalog with I2C
MEMS sensor catalog with I2C
 
Shenzhen2015
Shenzhen2015Shenzhen2015
Shenzhen2015
 
基板設計/製造 for プロトタイピング
基板設計/製造 for プロトタイピング基板設計/製造 for プロトタイピング
基板設計/製造 for プロトタイピング
 
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPIIoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
IoTの規格標準化動向とデバイスWebAPI
 
Homekit 20140730
Homekit 20140730Homekit 20140730
Homekit 20140730
 
Ibeacon hack4aizu
Ibeacon hack4aizuIbeacon hack4aizu
Ibeacon hack4aizu
 
Appcessory市場
Appcessory市場Appcessory市場
Appcessory市場
 
Html5 caravantokyo
Html5 caravantokyoHtml5 caravantokyo
Html5 caravantokyo
 
What is google glass
What is google glassWhat is google glass
What is google glass
 
Business model20130301
Business model20130301Business model20130301
Business model20130301
 
Web os最新動向20130209
Web os最新動向20130209Web os最新動向20130209
Web os最新動向20130209
 
Android連携ハードウェア
Android連携ハードウェアAndroid連携ハードウェア
Android連携ハードウェア
 
Android 10 dec, 2012
Android 10 dec, 2012Android 10 dec, 2012
Android 10 dec, 2012
 
Android最新動向
Android最新動向Android最新動向
Android最新動向
 

Recently uploaded

協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 

Recently uploaded (15)

協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 

ANCSとAndroid Wear徹底比較