SlideShare a Scribd company logo
ACRi活動計画とコミュニティ連携について
ACRI事務局 住川直久
アダプティブコンピューティング研究推進体 (ACRi)
情報
発信
技術
習得
先端
研究
2
FPGAの魅力をもっと多くの
人に伝えたい
2020年4月発足
参加21団体(5大学/28社) オープン済み
! 現在準備中
!
!
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi
数年前の状況
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 3
高価すぎて
機材を揃えら
れない
FPGAの可能
性・将来性が
見えにくい
必要な知識
が多すぎて
挫折しがち
FPGAを学ぶ
為の情報が
乏しい
FPGA習得を
志す仲間が
少ない
数年前のFPGA技術
者の置かれた状況
ACRi設立の目的
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 4
FPGAの楽し
さに触れる場
を提供する
FPGA習得の
モチベーショ
ンを高める
FPGAを学び
やすくする仕
組みづくり
FPGA習得の
情報を集め、
発信する
FPGA技術者
コミュニティを
広げる
FPGAの魅力をもっと
多くの人に伝えたい
HLS Challenge
投稿サイト
ハンズオン
講習会
無償で利用
できるFPGA
環境
有名研究者/
技術者講演
先行研究や
活用例紹介
ウェビナーや
討論会開催
先輩方の体
験談・失敗談
ブログによる
情報共有
ACRiブログの
書籍化
インテル社の
ACRi参加
他団体とのコ
ラボ企画
ACRi加盟企
業の紹介
チュートリア
ル
FPGA質問箱
FPGA活用基
盤の開発
最近よく聞くキーワード: 「リスキリング」
• 岸田首相、個人のリスキリング(学び直し)の支援に5年で1兆円を投じると表明
• リスキリングとは
「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応する
ために、必要なスキルを獲得する/させること」
• DX時代の人材戦略として「リスキリング」が語られることが多い
5
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi
コロナにより企業が
デジタルトランス
フォーメーション(DX)
の重要性を再認識
DXを進めるのに
多くのデジタル人材
が必要
社員を再教育する
ことで成果を効率的
に業務に活用
でも、ちょっと心配…
• 気を付けないといけないのは、企業側もリスキリングは手探り状態
• リスキリングは「非連続系」の能力開発
• 社内に「いま無い」仕事、「いま出来る人がいない」仕事である場合が多い
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 6
Eラーニング企業
外部企業
従来型の社員教育 想定されるリスキリング
先輩社員
による
OJT型教育
技術者コミュニティ
企業内に同質の
人材を増やす活動
外部の知見を取り入れて
異質の人材を増やす活動
外部リソース
を使った
「学び直し」
リスキリングで求められる人材育成と課題
企業にとっての課題
• 多くの企業の場合「いま社内にいないタイプ」の人材を育成すること (→ 先生がいない)
• 企業の意図にあわせた新しい職能の開発(→ かならずしも個人の興味・希望と合致しない)
• 新しい職能人材の育成に加え、新しい企業文化の醸成という側面も
• その企業内で実践の場が与えられるかどうかが課題
従業員にとっての課題
• 従業員個々の自主性が求められる人材育成スタイル
• 従業員が自らのキャリアプランを考えるなかで、リスキリングプログラムをどう活用するか
• 自分自身の性格、適性、興味にあわせて、あたらしいスキルを選択
• 学び続けるために、いかにモチベーションを高く保つか
キーワードは 「越境」と「自己変革」
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 7
技術者コミュニティが出来る事
従業員目線でリスキリングを支える
• 個人でも学びやすい「無償」での利用環境とコンテンツを提供
• 社外の技術者や研究者と積極的に交流することで得られる「新しい視点」
• ともに「学ぶ仲間」を得ることでモチベーションを高める
• 外の世界の「マインドセット」や「カルチャー」に触れる
• 「教わる側」から「教える側」に立つことで、自らの知識レベルを一段高める
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 8
ACRi 自身も「越境」と「自己変革」を図ります
DSF様とのコラボレーション
より幅広い分野の方々にACRiの活動を知ってもらうために、DSF(Design Solution Forum)様とコラボレーションすること
になりました。具体的には、下記のようなコラボ案を計画中
1.DSF2022イベントでのトークセッション
2.DSF2022会場内でのACRiブース出展
3.DSFコラボ記念 HLSチャレンジ
因みに、今回、ACRiとして初めてのリアルイベントとなります。コラボを通して他のコミュニティの方々との接点を広げる
とともに、ACRi加盟企業同士の横のつながりを強めるキッカケになればと思っています。
9
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi
Design Solution Forum 2022
2022年11月25日(金)10:00 – 19:00
川崎市コンベンションホール(武蔵小杉)
DSFコラボ トークセッション
【参加型】 DSF×ACRiコラボ企画:本音で語ろう!日本のものづくりとエンジニア
はどうなる!?
テーマ: 「人財」、「製品開発・技術習得」、「コミュニティの在り方」
現地のみでのオフレコ限定開催。普段は言えない半導体分野への熱い思いをぶつけあいましょう!
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi 10
https://dsforum.jp/2022/seminer/3180/
DSF2022実行委員
モデレータ
株式会社日立産業制御ソリューションズ
坂本 洋 (さかもと ひろし) 様
ACRi
特殊電子回路株式会社
代表取締役
内藤 竜治 (ないとう りゅうじ) 様
ACRi
SUSUBOX株式会社
代表取締役
すすたわり 様
ACRi特製ステッカー
>> 11
まるでわからん
FPGA
1 2 3
DSF会場内の「ACRi展示ブース」へお越し下さった方には、
ACRi特製ステッカーを配布いたします。是非、ご来場ください!
2022年度 ACRi 活動計画
12
2022
Apr
2022
May
2022
Jun
2022
Jul
2022
Aug
2022
Sep
2022
Oct
2022
Nov
2022
Dec
2023
Jan
2023
Feb
2023
Mar
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi
広報活動
ACRiブログ
ACRiルーム
ACRiルーム
通常サービス提供
DSFコラボレーション
ACRi企業間交流
ACRiウェビナー 第2回
ACRi討論会
第9回ACRi
ウェビナー
プレスリリース
(Intel加盟)
HLSチャレンジ
ACRiブログ
不定期アップデート
DSFコラボ記念 HLSチャレンジ開催期間
アクティビティ
レポート Vol.12
第3回技術交流会
(ハイブリッド開催)
アクティビティ
レポート Vol.13
第10回ACRi
ウェビナー
第12回ACRi
ウェビナー
第11回ACRi
ウェビナー
DSF 2022
開催当日
告知・集客
(~1/09)
HLS Challenge
紹介@DSF
DSF 2022
ブース出展
SWEST24
にて講演
DSF交流会
(※赤字部分がDSFコラボ関連)
©︎ 2022 Adaptive Computing Research Initiative - ACRi

More Related Content

Similar to ACRi事務局_住川_講演資料

Ac ri webiner-agenda-20210309
Ac ri webiner-agenda-20210309Ac ri webiner-agenda-20210309
Ac ri webiner-agenda-20210309
直久 住川
 
株式会社digglue_会社紹介
株式会社digglue_会社紹介株式会社digglue_会社紹介
株式会社digglue_会社紹介
ssusere91d3b
 
NICT-nakagawa2019Feb12
NICT-nakagawa2019Feb12NICT-nakagawa2019Feb12
NICT-nakagawa2019Feb12
Hiroshi Nakagawa
 
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
Yusuke Suzuki
 
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptxDLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
ssuserfde18a
 
FPGA, AI, エッジコンピューティング
FPGA, AI, エッジコンピューティングFPGA, AI, エッジコンピューティング
FPGA, AI, エッジコンピューティング
Hideo Terada
 
ACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダ
直久 住川
 
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドするRaspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
Shunsuke Kikuchi
 
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
Tier_IV
 
Ark projectシンポジウム概要資料
Ark projectシンポジウム概要資料Ark projectシンポジウム概要資料
Ark projectシンポジウム概要資料
Masahito Imamura
 
DAS_202109
DAS_202109DAS_202109
DAS_202109
Takefumi MIYOSHI
 
いま、エンタープライズIdに求められるもの
いま、エンタープライズIdに求められるものいま、エンタープライズIdに求められるもの
いま、エンタープライズIdに求められるもの
Egawa Junichi
 
地域情報化から小水力までの10年間
地域情報化から小水力までの10年間地域情報化から小水力までの10年間
地域情報化から小水力までの10年間
Yutaka Kikuchi
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
NaITE_Official
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
Masahito Zembutsu
 
ACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダ
直久 住川
 

Similar to ACRi事務局_住川_講演資料 (17)

Ac ri webiner-agenda-20210309
Ac ri webiner-agenda-20210309Ac ri webiner-agenda-20210309
Ac ri webiner-agenda-20210309
 
株式会社digglue_会社紹介
株式会社digglue_会社紹介株式会社digglue_会社紹介
株式会社digglue_会社紹介
 
NICT-nakagawa2019Feb12
NICT-nakagawa2019Feb12NICT-nakagawa2019Feb12
NICT-nakagawa2019Feb12
 
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
エンタプライズ領域のアジャイル開発の課題 - FIT2020
 
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptxDLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
DLLAB_Healthcare-Day_2022.pptx
 
FPGA, AI, エッジコンピューティング
FPGA, AI, エッジコンピューティングFPGA, AI, エッジコンピューティング
FPGA, AI, エッジコンピューティング
 
ACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダ
 
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドするRaspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする
 
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
Tier Ⅳ Tech Meetup #2 - 自動運転を作るのはCloudシステムの集合体?? 活用技術を大解剖 -
 
Ark projectシンポジウム概要資料
Ark projectシンポジウム概要資料Ark projectシンポジウム概要資料
Ark projectシンポジウム概要資料
 
DAS_202109
DAS_202109DAS_202109
DAS_202109
 
いま、エンタープライズIdに求められるもの
いま、エンタープライズIdに求められるものいま、エンタープライズIdに求められるもの
いま、エンタープライズIdに求められるもの
 
地域情報化から小水力までの10年間
地域情報化から小水力までの10年間地域情報化から小水力までの10年間
地域情報化から小水力までの10年間
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
 
ACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダACRiウェビナー:アジェンダ
ACRiウェビナー:アジェンダ
 

More from 直久 住川

公開用_講演資料_SCSK.pdf
公開用_講演資料_SCSK.pdf公開用_講演資料_SCSK.pdf
公開用_講演資料_SCSK.pdf
直久 住川
 
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
直久 住川
 
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
直久 住川
 
2022-12-17-room.pdf
2022-12-17-room.pdf2022-12-17-room.pdf
2022-12-17-room.pdf
直久 住川
 
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
直久 住川
 
DSF実行委員長_酒井様_講演資料
DSF実行委員長_酒井様_講演資料DSF実行委員長_酒井様_講演資料
DSF実行委員長_酒井様_講演資料
直久 住川
 
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
直久 住川
 
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdfAMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
直久 住川
 
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
直久 住川
 
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
直久 住川
 
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
直久 住川
 
20220525_kobayashi.pdf
20220525_kobayashi.pdf20220525_kobayashi.pdf
20220525_kobayashi.pdf
直久 住川
 
220526_ACRi_Ando01r.pdf
220526_ACRi_Ando01r.pdf220526_ACRi_Ando01r.pdf
220526_ACRi_Ando01r.pdf
直久 住川
 
2205ACRi_jinguji.pdf
2205ACRi_jinguji.pdf2205ACRi_jinguji.pdf
2205ACRi_jinguji.pdf
直久 住川
 
ACRiポジショントーク_山科.pdf
ACRiポジショントーク_山科.pdfACRiポジショントーク_山科.pdf
ACRiポジショントーク_山科.pdf
直久 住川
 
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
直久 住川
 
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
直久 住川
 
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
直久 住川
 
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
直久 住川
 
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
直久 住川
 

More from 直久 住川 (20)

公開用_講演資料_SCSK.pdf
公開用_講演資料_SCSK.pdf公開用_講演資料_SCSK.pdf
公開用_講演資料_SCSK.pdf
 
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_東工大/坂本先生ご講演資料
 
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
第11回ACRiウェビナー_インテル/竹村様ご講演資料
 
2022-12-17-room.pdf
2022-12-17-room.pdf2022-12-17-room.pdf
2022-12-17-room.pdf
 
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
ACRiルーム副室長_安藤様_講演資料
 
DSF実行委員長_酒井様_講演資料
DSF実行委員長_酒井様_講演資料DSF実行委員長_酒井様_講演資料
DSF実行委員長_酒井様_講演資料
 
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
VCK5000_Webiner_GIGABYTE様ご講演資料
 
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdfAMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
AMD_Xilinx_AI_VCK5000_20220602R1.pdf
 
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
VCK5000_Webiner_Fixstars様ご講演資料
 
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_セック/岩渕様ご講演資料
 
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
第9回ACRiウェビナー_日立/島田様ご講演資料
 
20220525_kobayashi.pdf
20220525_kobayashi.pdf20220525_kobayashi.pdf
20220525_kobayashi.pdf
 
220526_ACRi_Ando01r.pdf
220526_ACRi_Ando01r.pdf220526_ACRi_Ando01r.pdf
220526_ACRi_Ando01r.pdf
 
2205ACRi_jinguji.pdf
2205ACRi_jinguji.pdf2205ACRi_jinguji.pdf
2205ACRi_jinguji.pdf
 
ACRiポジショントーク_山科.pdf
ACRiポジショントーク_山科.pdfACRiポジショントーク_山科.pdf
ACRiポジショントーク_山科.pdf
 
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
ACRiウェビナー:小野様ご講演資料
 
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
ACRiウェビナー:岩渕様ご講演資料
 
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
Noriyuki Aibe, "High Efficiency Connection Method on Electric Signal Lines be...
 
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
ACRiウェビナー_GIGABYTE様ご講演資料
 
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
ACRiウェビナー_ジーデップ・アドバンス様ご講演資料
 

ACRi事務局_住川_講演資料