SlideShare a Scribd company logo
デ ジ タ ル コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 研 究 会
立 ち 上 げ の 趣 旨 と 活 動 内 容
第1 回
西 村 綾 夏
N I S H I M U R A A y a k a
絵文字をテーマに博士論文を執筆
Computer-Mediated Communication
(CMC)全般に関心
〜2023年度は在野研究者として活動
(会社を経営しているため)
2024年度も今のところ在野
2 0 2 4 年 度 世 話 人
立 ち 上 げ の 背 景
01
01 立 ち 上 げ の 背 景
C M C 研 究 、
何 か ら 手 を つ け る ?
我々の生活に欠かせないモバイルメディア
CMC研究は、現代人の言語活動を捉える
重要な営み
しかし…
日本のCMC研究は始まったばかり
三宅(2023)
三宅和子. 2023. 「モバイル時代の語用論―「打ちことば」は何を変えたか」
『日本語用論学会第25回大会発表論文集』18: 12-17.
01 ( 体 験 談 ) 博 論 執 筆 中 の し ん ど さ
「これさえ読んでおけばOK!」という文献がない
自分で道を拓くしんどさ
テーマの説明が難しい
インスタっていうのがあって〜、
こういう機能があって〜、
本来はこういう機能なのだが派生形があって〜、
(←ここ
までが長い!)
データとの付き合い方が難しい
何をデータとする?
どのくらいの規模?
分析手法は?枠組みは?
トレンド・技術の移り変わりが激しい
X(旧Twitter)
データ取得時点ではこのような機能があったが、論文提出
時点ではこの機能は消滅した。……など
1人では限界がある
01 実 際 に 寄 せ ら れ た 声
「おもしろ事例」
を集めただけに
なっちゃう
まわりに
研究している
人がいない
指導教員に
渋い顔をされた
どの学会(誌)に
応募すれば
いいんだろう
01 当 研 究 会 が 目 指 す と こ ろ
横 の つ な が り を つ く り 、
C M C 研 究 を 盛 り 上 げ よ う !
実績ある研究者から学ぶ
研究会やセミナー等
萌芽的なアイディアを共有する
若手交流会、コミュニティ
≠馴れ合い
活 動 内 容
02
各回ごとにテーマを定め、実績ある研究
者や気になる若手研究者の発表を聞いて
学ぶ。
研 究 会 ( 年 2 〜 3 回 )
無料チャットツール
Discord(ディスコード)上での交流。
(会の最後に別途説明)
公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ
「〇〇学会に応募しよう!」などのテー
マを定め、業績づくりをお互いに支援す
る。
若 手 交 流 会 ( 構 想 中 )
「セミナーを実施してほしい」
「TeXの使い方を学びたい」など
アイディアは随時募集中
企 画 は 随 時 募 集
02 活 動 内 容
CMCのメリットである「どこからでも参
加できる」を研究会として重視。
原則としてオンライン開催のみ。
開 催 は オ ン ラ イ ン の み
人に見てもらいたいのは、アイディアが
まとまる「前」のはず。
「こんな用例あったよ〜」Welcome
柔 ら か い ア イ デ ィ ア 歓 迎
地域格差を避けるため、対面での懇親会
は実施しない。代わりにDiscordコミュ
ニティで交流を促進。
懇 親 会 は 実 施 し な い
≠馴れ合い。
ピア・サポートの精神で、お互いに
励まし合いながら結果を出していく。
や さ し い 雰 囲 気
02 会 の こ だ わ り
02 勉 強 会 ( 案 )
H e r r i n g 輪 読 会
CMC研究の第一人者
論文PDFが公開されている
欧米のCMC研究の潮流を知れる
みんなで読もう!
公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ
( D i s c o r d ) の ご 案 内
04
学会情報
文献情報
ディスカッション
読んで/聞きにきて
04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ ( D i s c o r d ) の ご 案 内
励 ま し 合 っ て
成 果 を 出 そ う
当研究会ではDiscord(チャットツール)上
にて公式コミュニティを運営しています。
参加は完全無料。
右記のようなチャンネルがあります。
チャンネル例
「こんな学会で募集がかかっているよ」
の情報を発信。研究成果の発表/投稿等
を応援します。
学 会 準 備
たった1つの用例でも、そこそこまとまっ
たドキュメントでもOK。気になった誰か
から反応がもらえます。
ア イ デ ィ ア を 育 て る
良き仲間との出会いはささいな(しかし
実益のある)コミュニケーションから。
カジュアルな出会いを創出します。
共 同 研 究 者 と の 出 会 い
留年した!博論が書けない!
そんなときこそ人に頼りましょう。
人生山あれば谷ありです。
研 究 上 の お 悩 み 相 談
04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ の 活 用 例
04 実 際 の 書 き 込 み 例
こ ん な 用 例 集 め て ま す こ の 論 文 は ア ツ い
04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ は こ ち ら

More Related Content

Similar to デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)

20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
Visso株式会社
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへJun Nakahara
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへJun Nakahara
 
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
知礼 八子
 
Code for Kitakyushu第29回定例会資料
Code for Kitakyushu第29回定例会資料Code for Kitakyushu第29回定例会資料
Code for Kitakyushu第29回定例会資料
Ikumi Itokawa
 
地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ
Hiroshi Omata
 
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
Kengo Nomi
 
20141025 三四郎会報告会
20141025 三四郎会報告会20141025 三四郎会報告会
20141025 三四郎会報告会
Akihiro Nonaka
 
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
和人 青木
 
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
Rie Moriguchi
 
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
Susumu Seino
 
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
Hidehiko Akasaka
 
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
crfactory
 
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
Takashi Iba
 
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
Yasuhisa Kondo
 
Toward Research that Matters
Toward Research that MattersToward Research that Matters
Toward Research that Matters
Ryohei Fujimaki
 
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
WebSig24/7
 
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)博士のシェアハウス
 
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
Yoshihiko Suko (Ph.D) / BADO! Inc. of CEO
 

Similar to デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催) (20)

20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
20120416 3年後のeラーニング予想大会 青木さん
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
 
Jmrx資料20110924
Jmrx資料20110924Jmrx資料20110924
Jmrx資料20110924
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
 
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
 
Code for Kitakyushu第29回定例会資料
Code for Kitakyushu第29回定例会資料Code for Kitakyushu第29回定例会資料
Code for Kitakyushu第29回定例会資料
 
地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ
 
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
 
20141025 三四郎会報告会
20141025 三四郎会報告会20141025 三四郎会報告会
20141025 三四郎会報告会
 
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
20221015IDCインフラデータチャレンジ2022アイデアソン進行用スライド
 
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
#MSIgnite x Japan Microsoft MVP/RD - Learning story
 
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
WordPress Meetup でコミュニティと WordPress にコントリビュートしよう!
 
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
第1回 未来を語る、未来の言葉『フューチャー・ランゲージ』をやってみる会(素振り勉強会)
 
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
分科会D:NPO法人DNA 代表 沼田翔二朗氏
 
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
「プレゼンテーション・パターン ワークショップ」@ Developers Summit 2014
 
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
地球研「知の橋かけ」コアFS説明資料
 
Toward Research that Matters
Toward Research that MattersToward Research that Matters
Toward Research that Matters
 
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
第25回WebSig会議「エコだけじゃない!『ネットを使って社会をよくする』新潮流とWeb屋の関係」WebSiteExpert 掲載記事
 
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)
若手研究者のための知的財産リテラシー講座(第1回予告)
 
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第8回 コーチングインタビュー
 

デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)

  • 1. デ ジ タ ル コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 研 究 会 立 ち 上 げ の 趣 旨 と 活 動 内 容 第1 回
  • 2. 西 村 綾 夏 N I S H I M U R A A y a k a 絵文字をテーマに博士論文を執筆 Computer-Mediated Communication (CMC)全般に関心 〜2023年度は在野研究者として活動 (会社を経営しているため) 2024年度も今のところ在野 2 0 2 4 年 度 世 話 人
  • 3. 立 ち 上 げ の 背 景 01
  • 4. 01 立 ち 上 げ の 背 景 C M C 研 究 、 何 か ら 手 を つ け る ? 我々の生活に欠かせないモバイルメディア CMC研究は、現代人の言語活動を捉える 重要な営み しかし… 日本のCMC研究は始まったばかり 三宅(2023) 三宅和子. 2023. 「モバイル時代の語用論―「打ちことば」は何を変えたか」 『日本語用論学会第25回大会発表論文集』18: 12-17.
  • 5. 01 ( 体 験 談 ) 博 論 執 筆 中 の し ん ど さ 「これさえ読んでおけばOK!」という文献がない 自分で道を拓くしんどさ テーマの説明が難しい インスタっていうのがあって〜、 こういう機能があって〜、 本来はこういう機能なのだが派生形があって〜、 (←ここ までが長い!) データとの付き合い方が難しい 何をデータとする? どのくらいの規模? 分析手法は?枠組みは? トレンド・技術の移り変わりが激しい X(旧Twitter) データ取得時点ではこのような機能があったが、論文提出 時点ではこの機能は消滅した。……など 1人では限界がある
  • 6. 01 実 際 に 寄 せ ら れ た 声 「おもしろ事例」 を集めただけに なっちゃう まわりに 研究している 人がいない 指導教員に 渋い顔をされた どの学会(誌)に 応募すれば いいんだろう
  • 7. 01 当 研 究 会 が 目 指 す と こ ろ 横 の つ な が り を つ く り 、 C M C 研 究 を 盛 り 上 げ よ う ! 実績ある研究者から学ぶ 研究会やセミナー等 萌芽的なアイディアを共有する 若手交流会、コミュニティ ≠馴れ合い
  • 8. 活 動 内 容 02
  • 9. 各回ごとにテーマを定め、実績ある研究 者や気になる若手研究者の発表を聞いて 学ぶ。 研 究 会 ( 年 2 〜 3 回 ) 無料チャットツール Discord(ディスコード)上での交流。 (会の最後に別途説明) 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ 「〇〇学会に応募しよう!」などのテー マを定め、業績づくりをお互いに支援す る。 若 手 交 流 会 ( 構 想 中 ) 「セミナーを実施してほしい」 「TeXの使い方を学びたい」など アイディアは随時募集中 企 画 は 随 時 募 集 02 活 動 内 容
  • 10. CMCのメリットである「どこからでも参 加できる」を研究会として重視。 原則としてオンライン開催のみ。 開 催 は オ ン ラ イ ン の み 人に見てもらいたいのは、アイディアが まとまる「前」のはず。 「こんな用例あったよ〜」Welcome 柔 ら か い ア イ デ ィ ア 歓 迎 地域格差を避けるため、対面での懇親会 は実施しない。代わりにDiscordコミュ ニティで交流を促進。 懇 親 会 は 実 施 し な い ≠馴れ合い。 ピア・サポートの精神で、お互いに 励まし合いながら結果を出していく。 や さ し い 雰 囲 気 02 会 の こ だ わ り
  • 11. 02 勉 強 会 ( 案 ) H e r r i n g 輪 読 会 CMC研究の第一人者 論文PDFが公開されている 欧米のCMC研究の潮流を知れる みんなで読もう!
  • 12. 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ ( D i s c o r d ) の ご 案 内 04
  • 13. 学会情報 文献情報 ディスカッション 読んで/聞きにきて 04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ ( D i s c o r d ) の ご 案 内 励 ま し 合 っ て 成 果 を 出 そ う 当研究会ではDiscord(チャットツール)上 にて公式コミュニティを運営しています。 参加は完全無料。 右記のようなチャンネルがあります。 チャンネル例
  • 14. 「こんな学会で募集がかかっているよ」 の情報を発信。研究成果の発表/投稿等 を応援します。 学 会 準 備 たった1つの用例でも、そこそこまとまっ たドキュメントでもOK。気になった誰か から反応がもらえます。 ア イ デ ィ ア を 育 て る 良き仲間との出会いはささいな(しかし 実益のある)コミュニケーションから。 カジュアルな出会いを創出します。 共 同 研 究 者 と の 出 会 い 留年した!博論が書けない! そんなときこそ人に頼りましょう。 人生山あれば谷ありです。 研 究 上 の お 悩 み 相 談 04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ の 活 用 例
  • 15. 04 実 際 の 書 き 込 み 例 こ ん な 用 例 集 め て ま す こ の 論 文 は ア ツ い
  • 16. 04 公 式 コ ミ ュ ニ テ ィ は こ ち ら