SlideShare a Scribd company logo
1 of 36
Download to read offline
本日の
ハッシュタグ
#JPSC2019
#無人コンビニ600
#freee
本セッションのゴール
キャッシュレス時代を実現するうえで
• なぜキャッシュレスは重要か?
• 日本でのキャッシュレス事情
• キャッシュレス推進の阻害要因
• キャッシュレス推進のために「今」できること
について理解し、今後のキャッシュレスの潮流を探る
小島 英揮
パラレルマーケター
あらゆるシーンで、「決済」は透明化の流れへ
無人コンビニ600のテクノロジースタック
課題・ニーズ
インフラ、決済、PCIDSS監査
まわりはクラウド利用で対応
久保 渓
2010年 アメリカのCarleton CollegeをPolitical Scienceと
Computer Scienceのダブルメジャーで卒業。
2010年4月 アメリカシリコンバレーでクラウドホスティングサービ
スを提供するfluxflex, inc.を創業。CEOに就任。
2013年5月 日本で決済サービスを手がけるウェブペイ株式会社創業。
代表取締役に就任。
2015年2月 ウェブペイ(株)を無料通話アプリを提供するLINEグルー
プに売却。
2015年3月 LINE Payの事業戦略室室長に就任。LINE Payの立ち上
げを担い、2年間かけて2017年5月の日本国内ユーザー
数3000万人突破に貢献。
2017年6月 600株式会社を創業。代表取締役に就任。
600株式会社 代表取締役
あなたに最適化された無人コンビニ『600』
百貨店
総合
スーパー
コンビニ
より身近に、欲しいものが欲しい瞬間に手に入る
無人コンビニはユーザーのための革命です
50m
500m
5,000m
50,000m
600
と圧倒的な時間短縮を実現20分の1
移動 エレベーター レジ行列 購入
移動 購入
コンビニ
40 分
2 分
人が集まる場所なら
どこでも設置できます
駅ナカ
ジム
高層ビル
タワマン
携帯
ショップ
病院
コワーキング
スペース
13
● ~05年大阪、06-09年京都、09-11年神戸で過ごす
● 2016年3月freee入社
● 2018年~金融事業部で新規金融サービス開発・推進
Toshimitsu Kimoto
木本 俊光
freee株式会社
今日はこの
辺に帰りま
す
01 freeeのご紹介
14
Section
15
アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、
ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム
スモールビジネスを、世界の主役に。
16
創業からIPOまで、中小企業活性化のためのサービスを一気通貫で提供
freee会社概要
❂ 納税する↗ 育てる↻ 運営する✩ はじめる
会社設立 freee
開業 freee
クラウド会計ソフト freee
freeeカード
人事労務 freee
(マイナンバー管理 freee 含む)
クラウド申告 freee
161億603万円 (資本準備金等含む)
従業員数
事業内容
クラウド型バックオフィスサービスの開発・販売
資本金
設立年月日
2012年7月
465名(2018年6月末時点) 2017年「働きがいのある会社」
ランキング3位
サービス開始5年で100万事業所突破
多くの方に利用されるようになりました
2014.3 2015.3 2016.3 2017.3 2018.3
1,000,000
事業所数累計
800,000
600,000
300,000
65,000
17
18
規模やニーズに応じた最適な業務効率化機能群を単一システムで提供
創業から上場まであらゆるビジネスステージを網羅
創業期
拡大期
上場企業
IPO準備企業
個人事業主
スターター
ベーシック
プロフェッショナル
エンタープライズ
1919
金融機関・
各種サービス連携数
3,822
POSレジ 金融機関
ログイン・
認証
業務システムECサイト
共有ツール
決済サービス ファイル取込
クラウド会計ソフト 業界最多の連携数を実現
20
02
キャッシュレス推進の取り組み
⚫ キャッシュレスをより便利に
⚫ カード作れない問題の解決
⚫ ビジネスキャッシュレスアワード
20
Section
21
「コアエンジン」でキャッシュレスの利便性を強化
21
連携先から明細を取得するエンジンを「コアエンジン」と呼んでいます
22
freee 徹底活用ガイド~手入力をなくすには~
22※資料リンク
23
「カード作れない問題」を解決するfreeeカード
23
2424
ビジネスキャッシュレスアワード開催&表彰!
※事例集はこちら
2525
freeeの経理担当も、現金を会社から消し去りました
● 実現したこと
○ 金庫の導入コスト
○ 現金の確認コスト
○ 取引ごとの決済作業コスト
● キャッシュレス化のハードル
○ 現金でしか取引してくれない相手の対応
● キャッシュレスの実現方法
○ 現金主義対策:カード/請求書払いができる取引先選定
○ キャッシュフロー対策:前払いで請求書にする交渉
○ 社内現金対策:経費精算を取り入れた
● 余談
○ 特に飲食のキャッシュレス化が大変だった...
freee 高橋 啓太
経営管理本部
現在のキャッシュレスを
取り巻く事情
根強い日本の現金主義
日本銀行決済機構局 決済システムレポート (2017年2月):
https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb170221.pdf
仮想通貨 電子マネー クレジットカード
/ デビットカード
(現段階では)
決済手段というより
資産としての利用
特定エリアのみ&
専用機材・アプリ必要
全世界で最も汎用的
なキャッシュレス
決済手段
× △ 〇
種類
特徴
汎用的な
決済手段
の適正
「手動の支出登録」が非効率な手作業の元凶
30
手動での取引登録、取引更新で7割を占め、手動登録の2/3が支出。
支出 収入
※freeeの小規模事業所の情報をカテゴリごとに抽出して集計
消耗品、交通、通信費を自動(クレカ)化がカギ
31
現金
上から、消耗品費、旅費交通費、通信費、
交際費、会議費...と続く
最大の手入力支出は現金取引。これをクレカ化すると効率化が進む。
キャッシュレス浸透の阻害要因は?
freee社内の現場で感じる、現金の壁たち…
33
現金オンリースポットの壁:
たとえば経費精算レシートでは駐車場の支払いが多い。現金が完全に手放せない。
ネットバンク利用料の壁:
他の銀行と比べ、ネットバンク無料の銀行は同期率が1.5~2倍
金額(限度額)の壁:
一定金額以上の請求になると、クレカ利用希望者が激減する。
セールス負荷増大の壁:
セールス担当がクレカを勧めるには調整項目も増え、成約難易度が上がる。
なんとなくの壁:
「ネットバンク料金が…、クレカ払いに慣れない…。」でも直接話せば使ってくれる。
阻害要因打破のために
「今」やれること、
やるべきこと
会場の皆さんに「一言」
Questions?

More Related Content

Similar to 20190321 jp stripes_connect_cashless_final

Ezostyle WAN2010_02_21
Ezostyle WAN2010_02_21Ezostyle WAN2010_02_21
Ezostyle WAN2010_02_21
networkwan
 
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
Tsukasa Makino
 

Similar to 20190321 jp stripes_connect_cashless_final (20)

Connect!_2014.VentureInvestmentAndBusinessTrendsInUS
Connect!_2014.VentureInvestmentAndBusinessTrendsInUSConnect!_2014.VentureInvestmentAndBusinessTrendsInUS
Connect!_2014.VentureInvestmentAndBusinessTrendsInUS
 
Ezostyle WAN2010_02_21
Ezostyle WAN2010_02_21Ezostyle WAN2010_02_21
Ezostyle WAN2010_02_21
 
地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ地域コニュニティとオープンデータ
地域コニュニティとオープンデータ
 
20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base
 
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベントブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
 
SORACOM Conference Discovery 2017 | B2. つながるで新しい価値を創造するスタートアップ
SORACOM Conference Discovery 2017 | B2. つながるで新しい価値を創造するスタートアップSORACOM Conference Discovery 2017 | B2. つながるで新しい価値を創造するスタートアップ
SORACOM Conference Discovery 2017 | B2. つながるで新しい価値を創造するスタートアップ
 
Bckyoto190220
Bckyoto190220Bckyoto190220
Bckyoto190220
 
アクセシビリティとこれからのWebデザイン
アクセシビリティとこれからのWebデザインアクセシビリティとこれからのWebデザイン
アクセシビリティとこれからのWebデザイン
 
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
高度Ict利活用人材育成推進会議プレゼン(1124) final(改)
 
【デジック】新卒・中途採用者向け採用ピッチ資料_2023年7月版.pptx
【デジック】新卒・中途採用者向け採用ピッチ資料_2023年7月版.pptx【デジック】新卒・中途採用者向け採用ピッチ資料_2023年7月版.pptx
【デジック】新卒・中途採用者向け採用ピッチ資料_2023年7月版.pptx
 
リーンスタートアップをどう実践するのか
リーンスタートアップをどう実践するのかリーンスタートアップをどう実践するのか
リーンスタートアップをどう実践するのか
 
Branchless Banking in Actuality
Branchless Banking in ActualityBranchless Banking in Actuality
Branchless Banking in Actuality
 
DLL: Ignite2019 CognitiveServices Update 20191127
DLL: Ignite2019 CognitiveServices Update 20191127DLL: Ignite2019 CognitiveServices Update 20191127
DLL: Ignite2019 CognitiveServices Update 20191127
 
ブロックチェーンと仮想通貨 -- 新しいビジネスに挑戦
ブロックチェーンと仮想通貨 -- 新しいビジネスに挑戦ブロックチェーンと仮想通貨 -- 新しいビジネスに挑戦
ブロックチェーンと仮想通貨 -- 新しいビジネスに挑戦
 
ブロックチェーン技術とそのビジネス応用への可能性 14 dec2015 のコピー
ブロックチェーン技術とそのビジネス応用への可能性 14 dec2015 のコピーブロックチェーン技術とそのビジネス応用への可能性 14 dec2015 のコピー
ブロックチェーン技術とそのビジネス応用への可能性 14 dec2015 のコピー
 
これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ 先生:高野 元・野村 岳史
これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ 先生:高野 元・野村 岳史これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ 先生:高野 元・野村 岳史
これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ 先生:高野 元・野村 岳史
 
Oracle HCM Cloud Overview
Oracle HCM Cloud OverviewOracle HCM Cloud Overview
Oracle HCM Cloud Overview
 
Oracle HCM Cloud Overview
Oracle HCM Cloud OverviewOracle HCM Cloud Overview
Oracle HCM Cloud Overview
 
アプリケーション概観 29 feb2016 のコピー
アプリケーション概観 29 feb2016 のコピーアプリケーション概観 29 feb2016 のコピー
アプリケーション概観 29 feb2016 のコピー
 
[INEVITABLE ja night] 2019 年 3 月 1 日 - データでカスタマーエクスペリエンスを どう捉えるか
[INEVITABLE ja night] 2019 年 3 月 1 日 - データでカスタマーエクスペリエンスを どう捉えるか[INEVITABLE ja night] 2019 年 3 月 1 日 - データでカスタマーエクスペリエンスを どう捉えるか
[INEVITABLE ja night] 2019 年 3 月 1 日 - データでカスタマーエクスペリエンスを どう捉えるか
 

More from Hideki Ojima

More from Hideki Ojima (20)

20211114 necchu okinawa_2
20211114 necchu okinawa_220211114 necchu okinawa_2
20211114 necchu okinawa_2
 
20211101 cybozu days_mailwise_final
20211101 cybozu days_mailwise_final20211101 cybozu days_mailwise_final
20211101 cybozu days_mailwise_final
 
20210720 cmc tokyo_vol19_master
20210720 cmc tokyo_vol19_master20210720 cmc tokyo_vol19_master
20210720 cmc tokyo_vol19_master
 
20210630 deep dive_6_paymentlinks
20210630 deep dive_6_paymentlinks20210630 deep dive_6_paymentlinks
20210630 deep dive_6_paymentlinks
 
20210522 cls2021 may_community_final
20210522 cls2021 may_community_final20210522 cls2021 may_community_final
20210522 cls2021 may_community_final
 
20210423 slack community_hub_Publish
20210423 slack community_hub_Publish20210423 slack community_hub_Publish
20210423 slack community_hub_Publish
 
20210324 cmc meetup_beginners_v4
20210324 cmc meetup_beginners_v420210324 cmc meetup_beginners_v4
20210324 cmc meetup_beginners_v4
 
20201107 nettyu chiba_choshi
20201107 nettyu chiba_choshi20201107 nettyu chiba_choshi
20201107 nettyu chiba_choshi
 
20201029 go saas_9_overview_v2
20201029 go saas_9_overview_v220201029 go saas_9_overview_v2
20201029 go saas_9_overview_v2
 
20201009 ma20 np_aoyama_publish_v3
20201009 ma20 np_aoyama_publish_v320201009 ma20 np_aoyama_publish_v3
20201009 ma20 np_aoyama_publish_v3
 
20201010 mtddc community
20201010 mtddc community20201010 mtddc community
20201010 mtddc community
 
20200820 go saas_8_overview
20200820 go saas_8_overview20200820 go saas_8_overview
20200820 go saas_8_overview
 
20200611 jp stripes_setouchi
20200611 jp stripes_setouchi20200611 jp stripes_setouchi
20200611 jp stripes_setouchi
 
20200602 gosaas7publish
20200602 gosaas7publish20200602 gosaas7publish
20200602 gosaas7publish
 
20200526 jp stripes_kyushu_okinawa
20200526 jp stripes_kyushu_okinawa20200526 jp stripes_kyushu_okinawa
20200526 jp stripes_kyushu_okinawa
 
20200420 jp stripes_sapporo_vol6
20200420 jp stripes_sapporo_vol620200420 jp stripes_sapporo_vol6
20200420 jp stripes_sapporo_vol6
 
20200414 cmc meetup_tokyo_vol16_opening
20200414 cmc meetup_tokyo_vol16_opening20200414 cmc meetup_tokyo_vol16_opening
20200414 cmc meetup_tokyo_vol16_opening
 
20200415 go saa_s_6_overview_publish
20200415 go saa_s_6_overview_publish20200415 go saa_s_6_overview_publish
20200415 go saa_s_6_overview_publish
 
20200323 jp stripes_fukuoka_vol6
20200323 jp stripes_fukuoka_vol620200323 jp stripes_fukuoka_vol6
20200323 jp stripes_fukuoka_vol6
 
20200228 jp stripes_aizu_vol2
20200228 jp stripes_aizu_vol220200228 jp stripes_aizu_vol2
20200228 jp stripes_aizu_vol2
 

Recently uploaded

2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
ssuserbefd24
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
atsushi061452
 

Recently uploaded (12)

2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 

20190321 jp stripes_connect_cashless_final