SlideShare a Scribd company logo
PHP Way – 開催趣旨
& BASE編
PHPから別言語に変えることを考えた振り返り
BASE株式会社 取締役CTO
藤川 真一
開発言語をPHPから他の言語に変更するWebサービス企業があ
る中で、あえてPHPを使い続けることを決めており、今後の
サービスの成長、チームの発展をPHPでコミットしていく企業
によるプレゼンテーションをおこないます。
Webの開発言語やフレームワークの話、適材適所の技術活用に
ついての考え方、 今後の発展とサービスの成長に向けてのコ
ミット等について参加各社がプレゼンテーションを行います。
PHPを活用するエンジニアにとっての明るいキャリアパスにつ
いて考えていきましょう。
2017/12/21
2PHP Way開催趣旨
2017/12/21
3Agenda
コネヒト株式会社 CTO 島田 達朗氏
※発表内容「コネヒトが考える技術選択の仕方について」
株式会社サイバーエージェント SGE CTO 白井英氏
※発表内容「PHPでのゲームのサーバサイド開発の変遷〜PHPとの
付き合い方〜」
BASE株式会社 取締役CTO 藤川真一
※発表内容「PHPから別言語に変えることを考えた振り返り」
3社によるトークセッション
どこか自信が持てない(?) PHPの選択に、
胸張って間違ってないんだと思えることがゴール
2017/12/21
4本イベントのゴール
それではよろしくお願いいたします
2017/12/21
5
PHP Way – BASE編
PHPから別言語に変えることを考えた振り返り
BASE株式会社 取締役CTO
藤川 真一
2017/12/21
7藤川の紹介
BASE株式会社 取締役CTO 2014年正式ジョインしてから4年目
ネットでは、えふしん、で活動してます
最近まで社会人大学院生やってました
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科を単位取得退学
モバツイ (PHP5)、ShopCard.me ( Objective C + Rails)
8BASE株式会社
サービスインして5周年を迎えた会社です
2017/12/21
9サービス
WebのBASE ( https://thebase.in )
PAY.JP (https://pay.jp)
BASEアプリ
PAY IDアプリ
10サーバサイド技術視点での大きな特徴
モールアプリ向けのバックエンド(集約)
(将来、**スーパーセールをやるならこっちが受け皿)
40万店舗を超える独自ショップ(分散)
フリーミアムで無限にショップが増えることを前提とした
アーキテクチャ(今年は、独自ドメインSSLなどを頑張った)
フィンテック分野での期待を背負うことが社の戦略
UX、セキュリティ、スケーラビリティの3つの実現が超絶重要
決済代行サービスに、密結合した無料のCMSがついているのがBASE
P H P バ ー ジ ョ ン : P H P 5 . x / 7 . x P H P フ レ ー ム ワ ー ク : C a k e P H P 2 . x
P H P 実 行 環 境 : N g i n x , A p a c h e 2 + m o d _ p h p
イ ン フ ラ : A W S
C I / C D : C i r c l e C I , D e p l o y G a t e
デ ー タ : R D S ( M y S Q L , P o s t g r e S Q L ) , H a d o o p , B i g Q u e r y, R e d S h i f t , A t h e n a , E T L , F l u e n t d ,
R e d i s
解 析 : P y t h o n ( N u m P y / S c i P y / P a n d a s / s c i k i t - l e a r n / G e n s i m / X G B o o s t ) , R , M e C a b ,
C a b o c h a , C + + , C U D A , Te n s o r F l o w , Te n s o r B o a r d
デ プ ロ イ : S l a c k , R o R , C h e f
画 像 : A k a m a i , I m a g e F l u x , S 3
検 索 : A m a z o n C l o u d S e a r c h
モ バ イ ル プ ッ シ ュ : A W S L a m b d a , S 3 , F C M
モ ニ タ リ ン グ : M a c k e r e l , R a y g u n , N e w r e r i c , F i r e b a s e , R e d a s h
ラ イ ブ : Wo w z a S t r e a m i n g C l o u d , F i r e b a s e
11技術スタック
2017/12/21
12アプリによる次世代ECへの取り組み
PHP5.x + Cake 2.x以外は普通にイマドキ
2017/12/21
13最新アーキテクチャ的に言うと
CTO3年目 そろそろ将来を考える
「PHPをどうするか問題」
技術顧問にも次世代の相談と検討
2017/12/21
142016年時点に戻ります
2017/12/21
152016年 当時のイシュー
・Cake2.xが終わったらどうする?
・PHP5.3、もうサポート終わってるし!
・Webは全然テストがないよ!
テストを作り込むのに向いた人材不足
・パフォーマンス問題
当時の環境で、Cake2.3 + PHP5.3で、
何もないコントローラ起動するだけで50msec級で遅っ
(PHP単体では7msec以下で十分速いので、
積み上げたフレームワークがまあまあヘビー)
フリーミアムなECサービスは、
究極的にはトランザクション(PV)あたり
コストの戦いになるのでは?
2017/12/21
16サービス性からみた未来への仮説
一つの価値観で言語選択を語るものではない
2017/12/21
17Early Stage言語、Later Stage言語
Early Stage Later Stage
スケーラビリティよりも生産性
明日をも知れぬフェーズ
失敗したら課題も増えない
ワンオペ機能開発
組織開発、コンフリクト問題
型がなくて痛い目にあう
社会的責任の重さ、スケーラビリティ
ドメイン駆動開発、マイクロサービス
でもスピード落とせない
2017/12/21
18開発技術の選択性
UX実現の生産性
機能性、生産性(主にスケーラビリティ実現性)
ここが欲しい
Better!
BASEとして
はキツイ
☓
BASEにとってのLater Stageは、
・いつ
・どこで
・誰を敵として
・何をしているべきなのか?
19技術ビジョン
これに対して間に合わないのでは遅いけど、早くてもコストがか
かって大変なのでベストなタイミングを予測する
代替案として他の言語、FWを考えてみました!
2017/12/21
20そこで、まず、
当然、一番気になる。
2017/12/21
21Ruby on Rails
羨ましいポイント 懸念したポイント
社内に経験者いる、採用可能性高い
流行っている
優れた人材が多い
少なくとも目立ってる人は多い
いろいろエレガント
採用可能性に対して、
自社が打ち出せる強みとの兼ね合い
流行りには廃りがセット、だが
バージョンアップ追従と、
EC繁忙期との兼ね合いが辛い
(この概念こそが技術的負債に!?)
Later Stageの選択肢だったっけ?!
22Python
会社的に考えると変えるならこれ
2017/12/21
羨ましいポイント 懸念したポイント
PAY.JPで使ってるので経験豊富
言語やライブラリが優れてる
Webニーズが少ない
人材の厚みは考える
Later Stageの環境だったっけ?!
もしかしたらUXとか人材タイプ違うかも
2017/12/21
23Java
Later Stageにふさわしいのはこれ、、、だが
羨ましいポイント 懸念したポイント
実績とパフォーマンス
大規模サイトは無問題
今からJava?スイッチングコスト高
アプリケーション vs UX
柔軟性は少し犠牲になるかな?!
Later Stageにふさわしい
なんだかんだスタンダード
J2EEはあるが、本当にWebに向いて
いるのか!?
2017/12/21
24Scala
根強い人気
羨ましいポイント 懸念したポイント
スタートアップからの上場組のNEXT Java以上のスイッチングコスト?!
評価できてないのでわからないw
Later Stageにふさわしい ビルドなどの生産性どうなん!?
2017/12/21
25Go
Better Cという新しい選択肢
羨ましいポイント 懸念したポイント
Viewがないところ
適材適所で使うと効果絶大
Webの言語じゃないですよね?
PHPに向いてないところをフォローできる
2017年に流行ってる言語
2017/12/21
26PHP7
羨ましいポイント 懸念したポイント
PHP7にするだけでパフォーマンスUP ハイスキルPHP開発者の高齢化現象
みなさまの情報発信が減って、
タコツボ化、オワコン化に見える
PHPコミュニティもいい
PHPも比較してみました
型を取り入れるなど順調な進化
裾野が広い
要職についたり、独立したりして
採用可能性が低くなる
単純に人材確保性が下がることだけが恐怖
2017/12/21
27マッピングしてみると
Web UXのための生産性
機能性、生産性(主にスケーラビリティ実現性)
※個人の感想です
わざわざリスクとコストを支払って乗り換える!?
2017/12/21
28トレードオフが大きすぎて答えが出ない
近年、PHPからRailsに移行して成功した企業、
失敗した企業
2017/12/21
29PHPから乗り換えた他社分析
うまく行った(?)企業の特徴
・M&A話が近く存在する企業?
・元Rails使いがCTOとして就任した企業
(採用人脈という観点)
・上場後の将来を鑑みるタイミング
(一区切りはついてる)
30タイミング重要?
もしや、一旦、かがんでもいいタイミングというのがある?
今はまだ、PHPで無問題
2017/12/21
31で、たどりついた結論
32PHPで問題ない技術的な視点
ビジネスで成功するために力不足の実行環境ではない
メルカリ、Facebook 、Slack etc….
相対的なWeb開発言語の役割の変化と先鋭化
AI化、クラウド連携が前提、一つの言語で閉じる時代ではない。
チームとしては、多言語展開
Go + PHP7 という新しいソリューション Webとそれ以外を分ける
Goが出てきて、どこかPHPっぽくね?と思った人?
適材適所の組み合わせとしては、結構理想的なのかも
丁度、Cake PHP4が出てくる!
確かに乗り換えるなら新しいものにしたくなる気持わかる
2017/12/21
33懸念された人材採用面
ECビジネスにおけるPHPの選択は採用には不利ではない
EC cubeプラグイン開発やスクラッチでのCake PHPは、割と王道
新卒でSIに入ったJava経験者からのWebサービスへの転職はスムーズ
問題は、新卒でRails企業で育ってしまった、
スタートアップ経験者25〜28歳ぐらいの優秀なサムライ人材に
どうやって振り向いてもらうか!
2017/12/21
34がんばりどころ!
PHP7 / CakePHP4 の世界に向けて頑張る決意!
PHPであることを気にしない優秀な人材に振り向いてもらうように。
自社のプレゼンスを発揮するために、とにかく足元をしっかりと固める
AI時代に向けて、適材適所開発の価値観をしっかり作っていく
情報発信をしっかり行い、良いWEB UXを作るための選択肢として定着させる
35Githubのトラストスコア別開発言語
※2016年9月時点
トラストスコア 5 トラストスコア 4 トラストスコア 3
トラストスコア 2 トラストスコア 1
2017/12/21
36来年のWeb技術基盤イシュー
BASE全サービスのPHP7へのシフトを完了させる(with 自動テスト)
Cake2からCake4へのシフト
カートと決済のマイクロサービス化(別リポジトリ化 / API化)
Amazon Aurora
スーパーセールに耐えうるリアルタイム在庫処理
CTO / VPoE / VPoP のチーム化
2017/12/21
37そして将来
オープンソースでの貢献を増やし、PHP言語市場を活性化させる
5年以内に、PHP / Cake PHPのフルタイムコミッタを雇えるように!
Facebook / Google など超絶成功した企業は言語、OSを作る
トレンドを自分達で作る。攻撃は最大の防御
今後、BASE社がしっかりPHPの世界、Webビジネスの世界で
よりプレゼンスを取っていけるように、WEB UX から技術基盤まで
さまざまな仲間を募集しています!!

More Related Content

Similar to 20171219 / phpway / BASE,Inc.

Tango勉強会資料2017/8/29
Tango勉強会資料2017/8/29Tango勉強会資料2017/8/29
Tango勉強会資料2017/8/29
Yoshiharu Yamamoto
 
Delphi開発者のためのSencha入門
Delphi開発者のためのSencha入門Delphi開発者のためのSencha入門
Delphi開発者のためのSencha入門
Shinobu Kawano
 
データ分析プラットフォームの歩き方
データ分析プラットフォームの歩き方データ分析プラットフォームの歩き方
データ分析プラットフォームの歩き方
Tomoyuki Oota
 
ownCloudについて
ownCloudについてownCloudについて
ownCloudについて
Shinya Saita
 
Tony Lee1
Tony Lee1Tony Lee1
Tony Lee1
Lee Tony
 
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
Shohei Hido
 
プロトタイピングツール投入のケーススタディ
プロトタイピングツール投入のケーススタディプロトタイピングツール投入のケーススタディ
プロトタイピングツール投入のケーススタディ
力也 伊原
 
エンジニアを見極める4つの要素と方程式
エンジニアを見極める4つの要素と方程式エンジニアを見極める4つの要素と方程式
エンジニアを見極める4つの要素と方程式
LIFULL Co., Ltd.
 
TokyoR101_BeginnersSession1.pdf
TokyoR101_BeginnersSession1.pdfTokyoR101_BeginnersSession1.pdf
TokyoR101_BeginnersSession1.pdf
kotora_0507
 
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
Akira Fukuoka
 
PHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
PHP Now and then 2018 : WordPress Special EditionPHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
PHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
Rui Hirokawa
 
StreamPaaSのご紹介
StreamPaaSのご紹介StreamPaaSのご紹介
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech Summit 2016
 
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech Summit 2016
 
CVPR 2017 報告
CVPR 2017 報告CVPR 2017 報告
CVPR 2017 報告
Yu Nishimura
 
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
20090801phpstudy Sanemat
20090801phpstudy Sanemat20090801phpstudy Sanemat
20090801phpstudy Sanemat
Kenichi Murahashi
 
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見るPHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
shinjiigarashi
 
safety and security using Raspberry PI
safety and security using Raspberry PIsafety and security using Raspberry PI
safety and security using Raspberry PI
Kiyoshi Ogawa
 
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
visumoInc
 

Similar to 20171219 / phpway / BASE,Inc. (20)

Tango勉強会資料2017/8/29
Tango勉強会資料2017/8/29Tango勉強会資料2017/8/29
Tango勉強会資料2017/8/29
 
Delphi開発者のためのSencha入門
Delphi開発者のためのSencha入門Delphi開発者のためのSencha入門
Delphi開発者のためのSencha入門
 
データ分析プラットフォームの歩き方
データ分析プラットフォームの歩き方データ分析プラットフォームの歩き方
データ分析プラットフォームの歩き方
 
ownCloudについて
ownCloudについてownCloudについて
ownCloudについて
 
Tony Lee1
Tony Lee1Tony Lee1
Tony Lee1
 
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
 
プロトタイピングツール投入のケーススタディ
プロトタイピングツール投入のケーススタディプロトタイピングツール投入のケーススタディ
プロトタイピングツール投入のケーススタディ
 
エンジニアを見極める4つの要素と方程式
エンジニアを見極める4つの要素と方程式エンジニアを見極める4つの要素と方程式
エンジニアを見極める4つの要素と方程式
 
TokyoR101_BeginnersSession1.pdf
TokyoR101_BeginnersSession1.pdfTokyoR101_BeginnersSession1.pdf
TokyoR101_BeginnersSession1.pdf
 
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
React+Redux+Node.js+Raspberry Piで ビデオプレイヤーを作りたかった話
 
PHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
PHP Now and then 2018 : WordPress Special EditionPHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
PHP Now and then 2018 : WordPress Special Edition
 
StreamPaaSのご紹介
StreamPaaSのご紹介StreamPaaSのご紹介
StreamPaaSのご紹介
 
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編
 
Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編Tech summitの歩き方 開発者編
Tech summitの歩き方 開発者編
 
CVPR 2017 報告
CVPR 2017 報告CVPR 2017 報告
CVPR 2017 報告
 
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
Yahoo!プロモーション広告のビックデータ基盤を支える技術と今後の展望
 
20090801phpstudy Sanemat
20090801phpstudy Sanemat20090801phpstudy Sanemat
20090801phpstudy Sanemat
 
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見るPHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
PHP で実行中のスクリプトの動作を下から覗き見る
 
safety and security using Raspberry PI
safety and security using Raspberry PIsafety and security using Raspberry PI
safety and security using Raspberry PI
 
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
【採用ドキュメント】エンジニアサイド_1.3.1 .pdf
 

More from 真一 藤川

DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
真一 藤川
 
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
真一 藤川
 
2019/10/31 BASE社発表資料 - EOF2019
2019/10/31 BASE社発表資料 -  EOF20192019/10/31 BASE社発表資料 -  EOF2019
2019/10/31 BASE社発表資料 - EOF2019
真一 藤川
 
20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base
真一 藤川
 
G's Academy メンター資料 / 20180216
G's Academy メンター資料 / 20180216G's Academy メンター資料 / 20180216
G's Academy メンター資料 / 20180216
真一 藤川
 
Baseエンジニアイベント 20170516
Baseエンジニアイベント 20170516Baseエンジニアイベント 20170516
Baseエンジニアイベント 20170516
真一 藤川
 
Mastodon schoo 201705
Mastodon schoo 201705Mastodon schoo 201705
Mastodon schoo 201705
真一 藤川
 
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫びSIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
真一 藤川
 
Mashup Awards 2016
Mashup Awards 2016Mashup Awards 2016
Mashup Awards 2016
真一 藤川
 
Ipmeeting 2016 fujikawa
Ipmeeting 2016 fujikawaIpmeeting 2016 fujikawa
Ipmeeting 2016 fujikawa
真一 藤川
 
20161117 base introduce.key
20161117 base introduce.key20161117 base introduce.key
20161117 base introduce.key
真一 藤川
 
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentationTechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
真一 藤川
 
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
真一 藤川
 
Ssi 20150519
Ssi 20150519Ssi 20150519
Ssi 20150519
真一 藤川
 
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
真一 藤川
 
Web業界就職戦略
Web業界就職戦略Web業界就職戦略
Web業界就職戦略
真一 藤川
 
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
真一 藤川
 
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
真一 藤川
 
Startup design-thinkng
Startup design-thinkngStartup design-thinkng
Startup design-thinkng
真一 藤川
 
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
真一 藤川
 

More from 真一 藤川 (20)

DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
DXに立ち向かうための マインドセット(公開用)
 
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
部下に対して「難しいね」で終わらせないマネジメント
 
2019/10/31 BASE社発表資料 - EOF2019
2019/10/31 BASE社発表資料 -  EOF20192019/10/31 BASE社発表資料 -  EOF2019
2019/10/31 BASE社発表資料 - EOF2019
 
20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base20180215 devsumi-base
20180215 devsumi-base
 
G's Academy メンター資料 / 20180216
G's Academy メンター資料 / 20180216G's Academy メンター資料 / 20180216
G's Academy メンター資料 / 20180216
 
Baseエンジニアイベント 20170516
Baseエンジニアイベント 20170516Baseエンジニアイベント 20170516
Baseエンジニアイベント 20170516
 
Mastodon schoo 201705
Mastodon schoo 201705Mastodon schoo 201705
Mastodon schoo 201705
 
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫びSIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
SIer出身者を採用したい非SI経験+採用責任者の叫び
 
Mashup Awards 2016
Mashup Awards 2016Mashup Awards 2016
Mashup Awards 2016
 
Ipmeeting 2016 fujikawa
Ipmeeting 2016 fujikawaIpmeeting 2016 fujikawa
Ipmeeting 2016 fujikawa
 
20161117 base introduce.key
20161117 base introduce.key20161117 base introduce.key
20161117 base introduce.key
 
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentationTechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
TechCrunch Tokyo CTO-Night 2015 presentation
 
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
Hacker's meetup boost_vol1発表資料_20150902
 
Ssi 20150519
Ssi 20150519Ssi 20150519
Ssi 20150519
 
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
【WCAN 2015 spring】ワクワクドリブンエンジニアリング_公開版
 
Web業界就職戦略
Web業界就職戦略Web業界就職戦略
Web業界就職戦略
 
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
〜100万人から教わったウェブサービスの極意〜
 
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
ファンドロイド 仙台講演 プレゼン資料
 
Startup design-thinkng
Startup design-thinkngStartup design-thinkng
Startup design-thinkng
 
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
100万人に使われるサービスの作り方 第一歩 (2013/10/12 spinout登壇資料)
 

Recently uploaded

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 

Recently uploaded (12)

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 

20171219 / phpway / BASE,Inc.