SlideShare a Scribd company logo
教師が自ら指導するクラスを
対象として行う実践研究法
第45回中部地区英語教育学会 和歌山大会
英語教育研究法セミナー
2015年6月28日 於 和歌山大学
藤田 卓郎
福井工業高等専門学校
•藤田卓郎 Takuro FUJITA
• 大野市立開成中学校 講師
• 福井県立嶺北養護学校 教諭
• 福井県立坂井農業高等学校 教諭
• 福井工業高等専門学校 助教
•研究テーマ
• Task-Based Language Teaching
• 実践者による研究
はじめに
•本日は入門編のお話です
• 大学(院)生や学校の先生が対象です
• たたき台としてお考え下さい
高専2年目の経験
• リスニング能力の育成
• 英語運用能力の育成+TOEICの受験対策
2015年度の目標(教師の思い)
学生の反応
• TF問題・Q&A
• リピーティング
• ディクテーション
• 思ったよりも難しそう
• 「難しい」「できなかった」という声
• イマイチな反応・・・
• リスニング能力の育成
• 英語運用能力の育成+TOEICの受験対策
2015
学生の反応
• TF問題・
• リピーティング
• ディクテーション
• 思ったよりも難しそう
• 「難しい」「できなかった」という声
• イマイチな反応・・・
なぜ難しい?
どうすればいい?
そうだ
研究
をしよう
「研究」と聞くと・・・
統計? t検定? 分散分析?
先行研究が・・・
プレテスト?
ポストテスト?
授業に役立つの?
• 教室内の生活の質の向上
• 授業改善
• 教室内の事象の理解
研究を行う利点
研究って何?
研究とはリサーチを指す
リサーチとは
「秩序だった探求」
(セリガー・ショハミー 2001)
• リスニング能力の育成
• 英語運用能力の育成+TOEICの受験対策
2015年度の目標(教師の思い)
学生の反応
• TF問題・Q&A
• リピーティング
• ディクテーション
• 思ったよりも難しそう
• 「難しい」「できなかった」という声
• イマイチな反応・・・
学生の反応
• タスクをもっと細かく分けてみようか?
• なぜ難しいのか学生に聞いてみようか?
• ○○を試してみたらどうなるのだろう?
• リスニングの指導法に関する先行研究は・・・
• 思ったよりも難しそう
• 「難しい」「できなかった」という声
• イマイチな反応・・・
学生の反応
• タスクをもっと細かく分けてみようか?
• なぜ難しいのか学生に聞いてみようか?
• ○○を試してみたらどうなるのだろう?
• リスニングの指導法に関する先行研究は・・・
• 思ったよりも難しそう
• 「難しい」「できなかった」という声
• イマイチな反応・・・
より体系的に
問い
(a question or hypothesis)
データ
(data)
データの分析・解釈
(analysis and interpretation of data)
リサーチを構成する要素
(Nunan, 1992, Ellis, 2012)
本発表における実践研究とは
実践者による研究
(practitioner research)
を指す
アクション・リサーチ
(action research )
探究的実践
(exploratory practice)
• 研究=リサーチ
• 体系的な探求
• 問い・データ・データ分析&解釈
• 実践研究 = 実践者による研究
• アクション・リサーチ
• 探究的実践
研究とはなにか
•研究とは何か
•問いの立て方
•データ収集方法
•データ分析方法
問いの立て方
自分の経験
関心
授業
研究会
学会発表
研究誌
先行研究
書籍
CiNii
ERIC
心理学
教育学
科学的リサーチの場合
浦野(2013)
実践研究の場合
•ずっと気になっていること
• 困っていること
• 「こうなってほしい」こと
•興味がある理論・指導技術
• アルファベットが書けない学習者も
• 私語・立ち歩き・化粧・漫画・居眠り
• まずは落ち着いた環境を・・・
河田(2014)
経緯
• 教室で起こっていることを理解したい
問い・課題
• 統語的知識の欠如
• 中学校レベルの言語形式が理解できていない
• コミュニケーションを中心に授業を行いたい
藤田(2014a)
経緯
タスクを用いて学習者の動機づけを高めることは可能か
問い・課題
• 理解(What s going on?)
• クラス内で何が起きているのかを把握
• 変化(What happens if?)
• ある指導法を試したらどうなるかを検証
問いの種類
(Baumfield et al., 2013)
酒井(2014)
• 英語が苦手だと思われる学生たちが
• プレゼンを中心とする授業をどのように受けてとめているか
• 英語学習をどのように受け止めているか?
河田(2012)
• 教室内で何が行われているかについて理解を深める
藤田(2014b)
• タスクを用いて学習者の発話の抵抗感は軽減されるか?
理解(What s going on?)
変化(What happens if?)
• その問いに答えることはできるか?
• データは収集可能?
• データの分析は可能?
問いの設定におけるポイント
藤田(2014b)問い設定プロセス
• 学習者の観察
• 文献研究
(WTC・抵抗感・タスクの指導法)
• コミュニケーション能力の育成
• コミュニケーションに対する態度の育成
4月時点での課題
前年度の反省
学習者の実態
タスクを活用した授業を行うことで
• 学習者の発話の抵抗感を軽減できるか?
• 英語運用能力(流暢さ、複雑さ、正確さ)はどのように
変化するか?
データの収集
データの必要性
研究課題
研究課題・問いの答え
データ収集
データ分析
= エビデンス
文法テスト
質問紙
学習者の発話
学習者の作文・作品
授業観察
授業記録
授業コメント
インタビューデータ
リスニングテスト
データ
その他
面接
会話・作文
授業観察・記録
テスト
質問紙(自由記述)
質問紙(スケール)
0 20 40 60 80 100
藤田・滝沢・清水(2015)
本学会の実践報告におけるデータ収集法について
多い
少ない
英語が苦手だと思われる学習者(大学生)が
•プレゼンを中心とする授業をどのように感じているのか?
•英語学習をどのように受け止めているのか?
具体例1:酒井(2014)
振り返りカード
研究課題
データ収集方法
今日の授業で学んだこと
今の気持ち 6 あてはまる ∼1 当てはまらない
1. 今日の授業の内容・活動は面白かった
2. 今日の授業の内容・活動は、やりがいがあった
3. 今日の授業の内容・活動は、前向きに取り組む気になった
4. 今日の授業の内容・活動に満足した etc…
酒井(2014)振り返りカード
いわゆる「教育困難校」の学習者を目の当たりにして
•教室で何が行われているかについて理解を深める
具体例2:河田(2012)
研究課題
データ収集方法
リアクション・ペーパー
今日の授業でわからなかったこと、わかりにくいこと、
もっと知りたいことを書いてください
河田(2012)リアクション・ペーパー
河田(2012)質問紙調査
1. あなたは英語が好きですか【1. はい・2. どちらともい
えない・3。いいえ】その理由を教えて下さい。
2. 今まで英語の勉強をやる気がでたのはどんなときですか。
やる気がでたときの状況とその理由を教えてください。
3. 今まで、英語の勉強をやる気がでなくなったのはどんな
ときですか。やる気がなくなったときの状況とその理由
を教えてください。 etc…
•タスクを活用した授業において学習者の発話の抵抗感が軽減さ
れるか?
•タスクを活用した授業において学習者の発話の流暢さ、複雑さ、
正確さはどのように変化するか?
授業記録・アンケート(5件法)・RP・面接
スピーキングテスト
具体例3:藤田(2014b)
研究課題
データ収集方法
発話の抵抗感を測定する質問紙(磯田2009)を利用
7 とてもよくあてはまる ∼1 全く当てはまらない
1. 私が話す英語は、相手に意味が伝わらないと思います
2. 私は、人と英語で話す時、緊張します
3. 私は、できれば人と英語で話したくありません
4. 私は、今の英語力では英語で話すことはできないと思
います etc…
(付録1参照)
藤田(2014)質問紙
面接における質問項目
1. タスクでは上手に話すことができたか?
2. 4 回の発表を通して変わったことはあるか?
3. 発表している時、どんな気持ちで取り組んでいたか?
4. 発表前にはどのようなことを心がけたか?
5. 発表後にはどのような気持ちだったか?
6. どうすれば上手に話すことができるか? etc
藤田(2014)半構造化面接
学習者と1対1で面接。許可を得て録音
研究課題によって収集するデータは異なる
• 設定された問いに答えを出すことができるか?
• 現象を記述できるか?妥当なものとして裏付けができるか
(秋田・市川 2001)
複数の視点からデータを収集する
• 教師の視点・学習者の視点等
• データの信頼性の向上
日常業務とのバランス
• 学習者の活動の記録や作文等の利用
• インフォーマルな面接・教師の授業記録
データ収集のポイント
データの分析
No
pre-
test
post-
test
1 40 55
2 55 60
3 20 20
4 25 40
5 30 45
6 35 42
7 38 31
8 12 58
I think English is more
interesting than math. There
are three reasons
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
授業の感想
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
I think English is more
interesting than math. There
are three reasons
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
量的データ 質的データ
量的データ
量的データ = 推測統計
t検定
分散分析
相関分析
重回帰分析
クラスター分析
ボンフェローニの修正
イエーツの連続補正
構造方程式モデリング
クロンバックのα
ベイズ統計 因子分析
球面性の仮定
均質性の検定
有意差
p値
F値
•t検定・分散分析・χ二乗検定・(重)回帰分析
•標本から母集団を推測する
•平均値・中央値・分散・標準偏差
•手元のデータについての情報をまとめる
推測統計
記述統計
•t検定・分散分析・χ二乗検定・(重)回帰分析
•標本から母集団を推測する
•平均値・中央値・分散・標準偏差
•手元のデータについての情報をまとめる
推測統計
記述統計
記述統計を
活用しよう!
• データをまとめる(数値要約)
• データのばらつきをみる(図示する)
量的データの分析の基本
No
pre-
test
post-
test
1 40 55
2 55 60
3 20 20
4 25 40
5 30 45
6 35 42
7 38 31
8 12 58
プレテスト
平均点 31.88
ポストテスト
平均点43.88
数値要約の典型例
数値要約の色々
n 平均値
標準
偏差
中央値 最大値 最小値
効果量
(⊿)
プレ 8 31.88 13.28 32.5 55 12 0.90
ポスト 8 43.88 13.83 43.5 60 20
No
pre-
test
post-
test
1 40 55
2 55 60
3 20 20
4 25 40
5 30 45
6 35 42
7 38 31
8 12 58
平均値 標準偏差
pre-
test
31.87 13.28
post-
test
43.87 13.82
要約
可視化
データの可視化1:棒グラフ
データの可視化2:箱ひげ図
データの可視化3:散布図
データの可視化3:ヒストグラム
データの可視化色々
数値を要約する
•平均値・中央値・標準偏差・最小値・最大値etc
ばらつきを可視化する
•データの図示
•ヒストグラム・散布図・箱ひげ図
量的データの分析の基本
量的データ分析おすすめサイト
•水本篤先生(関西大学)作成
•データの要約・視覚化・統計処理何でも可能
•http://langtest.jp
ここをクリック
↓
データ入力
2015 celes seminar
2015 celes seminar
2015 celes seminar
No
pre-
test
post-
test
1 40 55
2 55 60
3 20 20
4 25 40
5 30 45
6 35 42
7 38 31
8 12 58
I think English is more
interesting than math. There
are three reasons
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
授業の感想
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
I think English is more
interesting than math. There
are three reasons
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
量的データ 質的データ
質的データ
I think English ismore interestingthan math. Thereare three reasons̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
I think English ismore interestingthan math. Thereare three reasons̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
•学習者の行為・語り・授業中の現象の理解
•データに基づいた概念の生成
現象の理解
状況の説明ができる理論の生成
今日の授業で学んだこと
今の気持ち 6 あてはまる ∼1 当てはまらない
1. 今日の授業の内容・活動は面白かった
2. 今日の授業の内容・活動は、やりがいがあった
3. 今日の授業の内容・活動は、前向きに取り組む気になった
4. 今日の授業の内容・活動に満足した etc…
酒井(2014)振り返りカード
振り返りデータの提示
• 今日の活動でかなりへえと思える話があった。自分の豆知識が増えたように感じる。
英語がもっと聞き取れたらよかった。
• Gods of Chanceがもう一度見たいです。あのようにイラストや図など視覚的にプレ
ゼンすることも重要だとわかった。また豆知識が増えてためになる授業であると思う
• 先生の補助説明がないと分からないプレゼンもあったが、楽しく聴けた etc
教師の理解の記述
酒井(2014)振り返りカード
• 聞きたいと思う意欲を高めるかも。
• 頑張りたいという意欲を高めるかも。
• 効果的なプレゼンについて気づきがあるかも
(以下付録参照)
河田(2012)質問紙調査
1. あなたは英語が好きですか【1. はい・2. どちらともい
えない・3。いいえ】その理由を教えて下さい。
2. 今まで英語の勉強をやる気がでたのはどんなときですか。
やる気がでたときの状況とその理由を教えてください。
3. 今まで、英語の勉強をやる気がでなくなったのはどんな
ときですか。やる気がなくなったときの状況とその理由
を教えてください。 etc…
河田(2012)質問紙調査
コード 自由記述回答
楽しい・面白い 楽しいからー!
わけもなく好き
好きな物に理由などないです!
小さい頃から何となく好き
わかると楽しい・
嬉しい
英語の意味がわかったときや、しゃべれたときがうれしい
から。
単語の意味、本文がわかったときがとても嬉しいから。上
手く発音ができたときも
好きだがむずかしい
むずかしいしー。でも分かったらいいなー。
沢山しゃべれたら(理解できたら)すごい好きになると思
う。
英語は好きだけどわからないから
教師が理解したことをまとめる
データをコーディングする
• 酒井(2014)参照
• データの提示→教師が理解したことをまとめる
• 河田(2012)参照
• データに基づいた解釈
質的研究法を勉強する
• 具体例:千田(2014)を参照
質的データの分析
1 読書感想文型 主観的な印象・感情中心
2 ご都合主義型 都合のよい証言を恣意的に引用
3 キーワード偏重型 キーワード的用語を中心としすぎている
4 要因関連型
モデルのみ提示。根拠となるデータは提示
されていない
5 ディテール偏重型 全体を概観する明確なストーリーの欠如
6 引用過多型 十分な解釈の不足。生データのみ提示
7 自己主張型 主観・体験が全面に出過ぎ
(佐藤 2008)7つのタイプの薄い記述
質的データ分析のチェックリストとして
クラスの現状を把握しよう!
実践研究を読んでみよう!
• 気になっていることを書き出す
• 授業観察・記録
• リアクション・ペーパー
• 中部地区英語教育学会紀要から
• 他学会の紀要(付録参照)
できることからはじめよう!
• 「研究法マスター」には永遠になれない
• 仲間を作る
• 授業がよくなることを目標に気軽にはじめてみては?
最初の一歩を踏み出すために

More Related Content

Similar to 2015 celes seminar

LETkansai_20130511_watari_key
LETkansai_20130511_watari_keyLETkansai_20130511_watari_key
LETkansai_20130511_watari_key
youwatari
 
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
WEB制作仲間
 
Rm20150415 1key
Rm20150415 1keyRm20150415 1key
Rm20150415 1key
youwatari
 
Rm20150617 7key
Rm20150617 7keyRm20150617 7key
Rm20150617 7key
youwatari
 
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
Koyo Yamamori
 
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
Takunori Terasawa
 
110414 1st
110414 1st110414 1st
110414 1st
Kazunari Ishii
 
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポートTOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
Kenichi Kamiya
 
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
tankyu tomonokai
 
Rm20140730 15key
Rm20140730 15keyRm20140730 15key
Rm20140730 15key
youwatari
 
Semi katsuda 20130221
Semi katsuda 20130221Semi katsuda 20130221
Semi katsuda 20130221
Hitoshi Katsuda
 
大学入試説明会hp用
大学入試説明会hp用大学入試説明会hp用
大学入試説明会hp用
Hidemichi Yoshikawa
 
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
Koyo Yamamori
 
Tefl20130430 3key
Tefl20130430 3keyTefl20130430 3key
Tefl20130430 3key
youwatari
 
その勉強会、 適応はありますか?
その勉強会、 適応はありますか?その勉強会、 適応はありますか?
その勉強会、 適応はありますか?
Taro Aoki
 
JSET2018 反転授業における 学生の事前学習への取り組み方と 成績の関係
JSET2018 反転授業における学生の事前学習への取り組み方と成績の関係JSET2018 反転授業における学生の事前学習への取り組み方と成績の関係
JSET2018 反転授業における 学生の事前学習への取り組み方と 成績の関係
Sachika Shibukawa
 
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
ShotaSatuma
 
2015 yef matsui_presentation公開版
2015 yef matsui_presentation公開版2015 yef matsui_presentation公開版
2015 yef matsui_presentation公開版
Takashi Matsui
 
ベトナム人の英語学習に関する調査
ベトナム人の英語学習に関する調査ベトナム人の英語学習に関する調査
ベトナム人の英語学習に関する調査
Q&Me Vietnam Market Research
 

Similar to 2015 celes seminar (20)

LETkansai_20130511_watari_key
LETkansai_20130511_watari_keyLETkansai_20130511_watari_key
LETkansai_20130511_watari_key
 
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
クラークAELC英語学校パンフレット 2016.11
 
Rm20150415 1key
Rm20150415 1keyRm20150415 1key
Rm20150415 1key
 
JSET2010
JSET2010JSET2010
JSET2010
 
Rm20150617 7key
Rm20150617 7keyRm20150617 7key
Rm20150617 7key
 
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
150617 教育学特殊XIV(学級規模)第9講
 
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
「小学校英語をめぐる保護者の意識」 KATE2014大会発表
 
110414 1st
110414 1st110414 1st
110414 1st
 
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポートTOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
TOEIC対策授業におけるポートフォリオ学習の試み 学習記録用紙・オンライン出席カード・学期末レポート
 
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
トモノカイの探究教材(2022.02.21版)
 
Rm20140730 15key
Rm20140730 15keyRm20140730 15key
Rm20140730 15key
 
Semi katsuda 20130221
Semi katsuda 20130221Semi katsuda 20130221
Semi katsuda 20130221
 
大学入試説明会hp用
大学入試説明会hp用大学入試説明会hp用
大学入試説明会hp用
 
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
150701 教育学特殊(学級規模) 第11講
 
Tefl20130430 3key
Tefl20130430 3keyTefl20130430 3key
Tefl20130430 3key
 
その勉強会、 適応はありますか?
その勉強会、 適応はありますか?その勉強会、 適応はありますか?
その勉強会、 適応はありますか?
 
JSET2018 反転授業における 学生の事前学習への取り組み方と 成績の関係
JSET2018 反転授業における学生の事前学習への取り組み方と成績の関係JSET2018 反転授業における学生の事前学習への取り組み方と成績の関係
JSET2018 反転授業における 学生の事前学習への取り組み方と 成績の関係
 
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
横国 斉藤 編入試験への準備と編入後の生活
 
2015 yef matsui_presentation公開版
2015 yef matsui_presentation公開版2015 yef matsui_presentation公開版
2015 yef matsui_presentation公開版
 
ベトナム人の英語学習に関する調査
ベトナム人の英語学習に関する調査ベトナム人の英語学習に関する調査
ベトナム人の英語学習に関する調査
 

2015 celes seminar