SlideShare a Scribd company logo
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用現場における”品質”とは 
運用設計ラボ合同会社 
シニアアーキテクト 波田野 裕一 
2014-12-17 
#ssmjp
業務が複雑化 
Operation Lab 
 
運用現場の諸問題 
1.高負荷 
2.属人的 
3.見えぬ費用対効果 
ブラックボックス化 
低付加価値化 
「費用」は一定で「効果」は経年劣化する 
「費用対効果」は勝手に低減していく現場では制御不能状態 
クラウド時代の運用は、美しいといいなぁという期待
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用の費用対効果
経営情報学会 2010年秋季全国大会 運用研究部会 
会計上の論点品質上の論点 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
費用対効果の課題 
運用はコストセンター運用の「品質」とは 
運用はコストセンターなのか。 
! 
費用対品質の評価軸はなにか。
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用の「品質」とは 
品質上の論点
品質の定義、基準が曖昧 
品質上の論点 
品質定義の明確さ/曖昧さ 
製品 
原材料加工出荷 
サービス 
リソース 
集約サービス 
運用 
提供 
目に見える 
商品 
目に見えない 
満足
品質の定義、基準が曖昧 
製品の歩留まりが品質ベンチマーク 
製造業には生産工学による品質基準が発達している。製品の歩留まり 
が品質ベンチマークとなる。 
原材料加工製品出荷商品 
原材料に 
問題? 検査調査 
QC7つ道具ISO9000 原価計算サプライチェーン 
不良品が 
多い? 
製造工程 
に問題? 
品質上の論点
品質上の論点 
過剰品質品に質よるの、定運義用、の基「準高がコ曖ス昧 
ト体質」 
「顧客満足度」という不確かな品質ベンチマーク 
サービス業には、サービス工学に該当するものがなく、顧客満足度と 
いう曖昧な基準しかない。 
サービス 
リソース集約サービス 
運用提供 
もやっと満足 
なんとなく不満 
もやっとうまくいっ 
ている 
なんとなく不調 
満足 
わりと丼勘定 
無形性 / 生産と消費の同時性 / 不均質性 / 消滅性 (作り置きができない)
Operation Lab 
運用設計ラボ 
品質の違い (まとめ) 
• 製品は定量的評価 (客観的) 
製品の歩留まりが品質ベンチマーク 
• サービスは定性的評価 (主観的) 
「顧客満足度」という不確かな品質ベンチマーク
運用品質「客観化」への道 
Operation Lab 
運用設計ラボ
ステークホルダーの「期待」を実現することで運用の評価は高まる。 
「期待」の客観化と 
「実績」の客観化 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
「運用の理想」とは (再) 
運用現場の理想 
‣ サービスの安定 
社会基盤に相応しい安定運用。 
‣ 業務負荷の平準化 
うまく業務が回る運用現場。 
‣運用に対する評価の適正化 
適正な利潤を生む現場と、適切に評価される要員。 
運用への 
期待 
ユーザ 
経営者 
運用 
マネージャ 
が必要 
オペレータ監査者 
ユーザの理想 
‣ サービスの安定 
社会基盤に相応しい安定運用。 
‣ サービスの費用対効果 
コストに見合ったプロフィット。 
‣ サービスのプラスα 
期待を超えるベネフィット。 
仮説: 「ステークホルダーの期待を実現すること」が「運用の理想」
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用実績の「客観化」 
客観化には 
「定量的な計測と評価」 
が必要
バックエンド 
Operation Lab 
 
運用は「サービスデリバリ」と考えると… 
顧客・外部サービス 
inbound outbound 
外部支援組織 
inbound 
デリバリリクエスト 
リクエスト 
inbound outbound 
窓口フロントエンド 
inbound 
運用現場 
outbound 
リクエストデリバリ 
リクエスト 
inbound outbound 
運用メンバー 
inbound 
outbound 
デリバリ 
デリバリ 
outbound 
内部協調/支援組織 
inbound チケット outbound の繰り返し 
出典: 経営情報学会 2010年春季全国研究発表大会 「運用業務プロセスのモデル化」 
2014-01-28
仮に「運用」=「サービスデリバリ」と捉えた場合 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用業務の目的 (仮説) 
「運用の目的」は、 
主要なステークスホルダーに期待される 
品質(Q)、コスト(C)、期限(D) 
で、サービスを提供し続け、 
適切な利得や評価を得ること、と考えられる。 
	
#!
生産工学の世界で、生産ラインの定量評価に用いられる 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
QCDとは 
• Quality: 品質 
• Cost: 費用 
• Delivery: 納期 
BeforeAfterを定量比較
Operation Lab 
運用設計ラボ 
QCDによる定量的評価 
リクエスト 
QCDではそれぞれ特性が異なる 
Delivery 
時間という物性 
Cost 
金額という物性 
デリバリ 
運用作業Quality 
時間と金額以外の定量評価
品質という価値観 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
QCDによる定量的評価 
リクエスト 
QCDではそれぞれ特性が異なる 
Delivery 
時間という物性 
Cost 
金額という物性 
デリバリ 
運用作業 
Quality 
時間と金額以外の定量評価 
「品質基準」 
という特定の価値観
Operation Lab 
運用設計ラボ 
Quality 
「品質基準」 
という特定の価値観 
時間と金額以外の定量評価
Operation Lab 
運用設計ラボ 
「運用品質」を考えよう
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用の品質基準 
「品質基準」 
という特定の価値観 
時間と金額以外の定量評価 
• 主観的で相対的な品質基準 
• 客観的で絶対的な品質基準
評価者の価値観に依存する品質基準 
可能な限り客観化する必要がある 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
主観的で相対的な品質基準 
• 評価者の客観化 (現場外部の人間が評価) 
• 評価内容の客観化 (評価項目と回答を客観化) 
• 絶対評価化 (絶対値による評価)
運用現場で取得できる実績データのうち、 
時間と金額以外の「誰が見ても同じ数値」となるもの 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
客観的で絶対的な品質基準 
運用現場で取れるデータは全て「品質」となる 
可能性がある。
Operation Lab 
運用設計ラボ 
手掛かりは「ソフトウェア品質」にある 
Let’s ISO 9126
Operation Lab 
運用設計ラボ 
ソフトウェア品質 6特性 
機能性 
信頼性 
使用性 
効率性 
保守性 
移植性
Operation Lab 
運用設計ラボ 
ソフトウェアはそもそも 
業務に使うもの(ソフトウェア)の品質特性は、 
「業務そのものに求められる品質」と同じじゃね?
Operation Lab 
運用設計ラボ 
運用品質 6特性 
外部品質内部品質 
機能性 
信頼性 
使用性 
効率性 
保守性 
移植性
Operation Lab 
運用設計ラボ 
考えてみよう 
運用現場で取得できる実績データ 
外部品質内部品質 
機能性 
信頼性 
使用性 
効率性 
保守性 
移植性 
どの特性に影響する 
数字か?
Operation Lab 
運用設計ラボ 
To Be Continued
Opera運t用io設n計Lab 
Operation Lab 
運用設計ラボ 
http://www.operation-lab.co.jp/

More Related Content

What's hot

運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
UNIRITA Incorporated
 
AWSCLI Lambda
AWSCLI LambdaAWSCLI Lambda
AWSCLI Lambda
Operation Lab, LLC.
 
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
Hirokazu Hatano
 
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーションOperation Lab, LLC.
 
システム運用 (インフラ編)
システム運用 (インフラ編)システム運用 (インフラ編)
システム運用 (インフラ編)Takashi Abe
 
運用現場の過去、現在、未来
運用現場の過去、現在、未来運用現場の過去、現在、未来
運用現場の過去、現在、未来
Hirokazu Hatano
 
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
Operation Lab, LLC.
 
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
Fixstars Corporation
 
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
Climb CoLtd
 
OpenSpan_PreMarketing_Reference
OpenSpan_PreMarketing_ReferenceOpenSpan_PreMarketing_Reference
OpenSpan_PreMarketing_Referencemotani_kamakura
 
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
Shuhei Furuya
 
20110827 restudy-pyconjp2011
20110827 restudy-pyconjp201120110827 restudy-pyconjp2011
20110827 restudy-pyconjp2011
Hirokazu Hatano
 
継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト
友隆 浅黄
 

What's hot (14)

運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
運用設計の必要性と5年後のIT部門の姿について
 
AWSCLI Lambda
AWSCLI LambdaAWSCLI Lambda
AWSCLI Lambda
 
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
『運用屋さんのためのVBA入門』 ~ 運用方法論 運用工程設計・自動化概論 〜
 
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション
2014-07-26 jawsug-chiba ドキュメントを書こう! 運用自動化時代のドキュメンテーション
 
システム運用 (インフラ編)
システム運用 (インフラ編)システム運用 (インフラ編)
システム運用 (インフラ編)
 
運用現場の過去、現在、未来
運用現場の過去、現在、未来運用現場の過去、現在、未来
運用現場の過去、現在、未来
 
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
 
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
製造業向け量子コンピュータ時代のDXセミナー ~見える化、分析、予測、その先の最適化へ~
 
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
ソフトウェアレビュー品質向上の7つのポイント ver.2
 
OpenSpan_PreMarketing_Reference
OpenSpan_PreMarketing_ReferenceOpenSpan_PreMarketing_Reference
OpenSpan_PreMarketing_Reference
 
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
画像認識ベースのUI自動化フレームワークを用いた取り組み
 
OpenSpan_PreMarketing
OpenSpan_PreMarketingOpenSpan_PreMarketing
OpenSpan_PreMarketing
 
20110827 restudy-pyconjp2011
20110827 restudy-pyconjp201120110827 restudy-pyconjp2011
20110827 restudy-pyconjp2011
 
継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト
 

Similar to 2014-12-17 #ssmjp 運用現場における"品質"とは

Ci&T Anti-Software Factory Pattern
Ci&T Anti-Software Factory PatternCi&T Anti-Software Factory Pattern
Ci&T Anti-Software Factory Pattern
Yoshiyuki Ueda
 
Qc astah 連携について012
Qc astah 連携について012Qc astah 連携について012
Qc astah 連携について012
Kei Nakahara
 
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】 Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
智治 長沢
 
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
中村昌弘 中村昌弘
 
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
Itsuki Kuroda
 
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
Tomoharu ASAMI
 
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料Akiko Kosaka
 
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
Hironori Washizaki
 
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
智治 長沢
 
アジャイルテスト -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-
アジャイルテスト  -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-アジャイルテスト  -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-
アジャイルテスト -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-Satoshi Masuda
 
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナーOdstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
kumi_shiki
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
Hiromasa Oka
 
添削ラボ 外部資料
添削ラボ 外部資料添削ラボ 外部資料
添削ラボ 外部資料nono0905
 
[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build
久仁朗 山本(旧姓 村上)
 
LBJ2016オープンステージスライド
LBJ2016オープンステージスライドLBJ2016オープンステージスライド
LBJ2016オープンステージスライド
Kurata Takeshi
 
CircleCIで悩んだことピックアップ
CircleCIで悩んだことピックアップCircleCIで悩んだことピックアップ
CircleCIで悩んだことピックアップ
Takeo Saga
 
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」 佐野正太郎
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」  佐野正太郎明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」  佐野正太郎
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」 佐野正太郎
Preferred Networks
 
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
HIDEKAZU MATSUURA
 
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
智治 長沢
 

Similar to 2014-12-17 #ssmjp 運用現場における"品質"とは (20)

Ci&T Anti-Software Factory Pattern
Ci&T Anti-Software Factory PatternCi&T Anti-Software Factory Pattern
Ci&T Anti-Software Factory Pattern
 
Qc astah 連携について012
Qc astah 連携について012Qc astah 連携について012
Qc astah 連携について012
 
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】 Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
 
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
GP4エンジニアリング・ソリューションのご紹介
 
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
結果的に組織がAgileな状態であること #agile #scrum #leanstartup
 
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
テスト 【クラウドアプリケーションのためのオブジェクト指向分析設計講座 第33回】
 
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料
Agile japan2010 rakuten様プレゼン資料
 
ITS fidel
ITS fidelITS fidel
ITS fidel
 
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
 
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
JaSST'13 Kansai 継続的フィードバックによる品質運営
 
アジャイルテスト -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-
アジャイルテスト  -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-アジャイルテスト  -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-
アジャイルテスト -高品質を追求するアジャイルチームにおけるテストの視点-
 
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナーOdstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
Odstudy 20120225 エンジニアのための提案力向上セミナー
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
 
添削ラボ 外部資料
添削ラボ 外部資料添削ラボ 外部資料
添削ラボ 外部資料
 
[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build
 
LBJ2016オープンステージスライド
LBJ2016オープンステージスライドLBJ2016オープンステージスライド
LBJ2016オープンステージスライド
 
CircleCIで悩んだことピックアップ
CircleCIで悩んだことピックアップCircleCIで悩んだことピックアップ
CircleCIで悩んだことピックアップ
 
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」 佐野正太郎
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」  佐野正太郎明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」  佐野正太郎
明治大学講演資料「機械学習と自動ハイパーパラメタ最適化」 佐野正太郎
 
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
タイムボックス制約付きインクリメンタル開発
 
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール
 

Recently uploaded

Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 

Recently uploaded (9)

Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 

2014-12-17 #ssmjp 運用現場における"品質"とは