SlideShare a Scribd company logo
(C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved.
JAWS DAYS 2014
「これで最強のAWSに」
複数VPCでのベストプラクティス
2014年3月15日
株式会社リクルート テクノロジーズ
宮崎 幸恵
★本日のアジェンダ
 自己紹介&リクルートグループの紹介
 AWS上で共通機能を作る
 AWSをオンプレとつなぐ
 まとめ
宮崎 幸恵★
み や ざ き さ ち え
【所属】
株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション1部
全社向けのインフラ基盤を提供している部署です。
【仕事内容】
リクルート(当時)入社以来、全社向けのクラウド基盤
の設計・構築・利用推進と支援に取り組んでいます。
【好きなAWSサービス】
VPC、IAM、Direct Connect
もうすぐ入社丸3
年になります
旅行
お稽古
時事
ファッション
飲食
「選択・意思決定・行動」を支援する
情報サービスの提供しています
進学
就職
結婚
転職
住宅購入
車購入
出産/育児
Life Event
ライフイベント
Life Style
ライフスタイル
ショッピング
★リクルートグループのサービス
リクルートキャリア
リクルートジョブズ
リクルートスタッフィング
リクルート住まいカンパニー
リクルートライフスタイル
リクルートマーケティングパートナーズ
スタッフサービス・ホールディングス
リクルートアドミニストレーション
リクルートコミュニケーションズ
事業会社
機能会社 インフラ部門
大規模プロジェクト推進部門
UI設計/SEO部門
ビッグデータ機能部門
テクノロジーR&D部門
事業・社内IT推進部門
リクルート
ホールディングス
クラウドチーム
主な
提供先
★リクルートテクノロジーズについて
 自己紹介&リクルートグループの紹介
 AWS上で共通機能を作る
 AWSをオンプレとつなぐ
 まとめ
今日は全くリクルートグループのサービスの
話はしません。。
基本構成は1サイト=1VPC ≒ 1アカウント
・
・
・
Elastic Load
Balancing
EC2 Instance
Web App
Server
VPC Subnet VPC Subnet
×
70以上….
この状態で
全サイトに共通機能を提供しようとすると、
NW構成が複雑になってしまいました…
どんな共通機能?
ログ収集サーバで各サーバの
システムログやアクセスログを集めて
S3に保管しています
ログ収集サーバ
利用者環境
共通基盤環境
S3
td-agent
ログ管理スクリプト
VPC間をVPNでつないでログを送っています
VPC Subnet
Elastic Load
Balancing
Web App
Server
VPC Subnet
td-agent
Zabbixでの監視を提供しています
Zabbix親サーバ
共通基盤環境
Elastic Load
Balancing
VPC間をVPNでつないで監視しています
VPC Subnet
Zabbix子①
VPC Subnet
Zabbix子②
Availability Zone Availability Zone
利用者環境
URL監視はイン
ターネットから Web App
Server
VPC Subnet
Zabbix-
agent
LocalIPでの監視
(死活、ポート、
プロセス等)
Zabbixとは別に、Cactiで
リソースが見える画面を提供しています
Cacti
CactiもVPNでつないでいます
VPC Subnet
GUI画面はここ
で提供
Elastic Load
Balancing
Web App
Server
VPC Subnet
snmp-
agent
共通基盤環境
利用者環境
ここまでの共通機能を全部記載すると
こうなります
管理APIサーバ
VPC Subnet
ログ収集サーバ
Zabbixサーバ
Availability Zone
S3
Cactiサーバ
Web App
Server
これがVPCベストプラクティス...!!
Region
TOKYO
California
開発Zabbixサーバ
VPCをたくさん組みあわせ始めると、
ベストな気が全くしません。。
 自己紹介&リクルートグループの紹介
 AWS上で共通機能を作る
 AWSをオンプレとつなぐ
 まとめ
弊社の場合、Webサービスを提供しているインフ
ラと、社内業務に使うインフラは全く別になって
います
サービス系インフラDC
(オンプレ)
社内業務系インフラDC
(オンプレ)
別DC
AWSはサービス系インフラDCとはつなげています
管理APIサーバ
VPC Subnet
VPC Subnet
ログ収集サーバ
Cactiサーバ
Availability Zone
サービス系インフラDC
(オンプレ)
認証機能をオンプレ側
で共通利用
業務で利用するシステムの場合、
業務ネットワークとAWSもつなぐ必要がで
てきたりします
AWSを社内業務系のインフラとも一つVPCをつなげて
みました
VPC Subnet
Availability Zone
社内業務系インフラ
(オンプレ)
社内業務で利用+インター
ネット直接接続はなし
ProxyメールGWNFS
VPN
Connection
しかし、サービス系インフラと
社内業務系インフラはIP体系が違うので、
共通提供機能を使おうとすると、
・・・NATするしかないので、こうなりました
社内業務系インフラ
(オンプレ)
サービス系インフラDC
(オンプレ)
管理APIサーバ
VPC Subnet
ログ収集サーバ
Zabbixサーバ
Availability Zone
VPN
Connection
VPC Subnet
Availability Zone
ProxyメールGWNFS
VPN
Connection
NATでVPC間通信
サービス系インフ
ラのIP体系
業務系インフ
ラのIP体系
ここまでの全体図
サービス系イ
ンフラDC
(オンプレ)
管理APIサーバ
VPC Subnet
ログ収集サーバ
Zabbixサーバ
Availability Zone
VPN
Connection
Availability Zone
ProxyメールGWNFS
VPN
Connection
社内業務系イ
ンフラ
S3
Cactiサーバ
Web App
Server
VPN
Connection
これがVPCベストプラクティス...!!!
VPCをたくさん組みあわせ始めると、
やっぱりベストな気はまったくしないです。。
なぜベストな気がしないのか
理由1:各サーバへの通信経路がわけわからなく
なる(作った本人でさえ、数十個のVPCで限界)
理由2:VPCが違う≒アカウントが違う、のため
個別管理がとてもつらい
理由3:理由1,2の結果、何かで通信が途絶えた
ときに障害切り分け&影響範囲特定がとても大変
になる。管理上もしんどい。
もっとベストにするには
案1:そもそもVPC分けるのをやめる
→ 無理。管理とセキュリティの問題。
案2:VPC間通信をやめる
→ 各VPCに監視サーバとか作ればいけますが、
効率化を目指すには現実的ではないですね..
お願いVPC!お願いIAM!
お願い1:なんとかVPCを分ける数を減らす
→ せめて同じVPCでGUI画面上見えるインス
タンスを制限できるようにしてほしいのですが...
お願い2:なんとかVPCを分ける数を減らす
→ VPCを一回作った後の拡張が大変で数が増
えたりするので、VPCサブネットが柔軟に(とはい
いませんが多少変えられるように)なったらと思います...
お願いVPC!
お願い3:VPC間通信をシンプルに
→ 今はVPCごとにルーターのインスタンスが
いるのですが、GWの機能をもっとパワーアップ
してもらえば....ちょっとは(お金も)経路が減るか
もしれないです
これからの野望
AWS中心にいろいろなインフラと連携する
=究極ハイブリッド!=複数VPC必須!!
=VPC(+付随する権限とかGW)の機能拡張
に期待!!!
ありがとうございました
リクルートテクノロジーズ

More Related Content

What's hot

20140220 gumistudy cloudformation
20140220 gumistudy cloudformation20140220 gumistudy cloudformation
20140220 gumistudy cloudformation
Kazuki Ueki
 
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
Taiji INOUE
 
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
ShinodaYukihiro
 
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
Yasuhiro Horiuchi
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターンAWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
Amazon Web Services Japan
 
Questetra meet up_swx
Questetra meet up_swxQuestetra meet up_swx
Questetra meet up_swx
Serverworks Co.,Ltd.
 
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
Serverworks Co.,Ltd.
 
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
Serverworks Co.,Ltd.
 
Azure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところAzure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところ
Masaki Yamamoto
 
170311 JAWS days 2017 fintech
170311 JAWS days 2017 fintech170311 JAWS days 2017 fintech
170311 JAWS days 2017 fintech
Toshihide Atsumi
 
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
真吾 吉田
 
Aws向け監視ソリューション比較
Aws向け監視ソリューション比較Aws向け監視ソリューション比較
Aws向け監視ソリューション比較Naoya Hashimoto
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
真吾 吉田
 
クラウドネイティブ化する未来
クラウドネイティブ化する未来クラウドネイティブ化する未来
クラウドネイティブ化する未来
Keisuke Nishitani
 
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成についてG tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
Trainocate Japan, Ltd.
 
20211111 Security-JAWS Introduction
20211111 Security-JAWS Introduction20211111 Security-JAWS Introduction
20211111 Security-JAWS Introduction
Typhon 666
 
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜Masaru Tomonaga
 
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
Keisuke Kadoyama
 
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
Nobuhiro Nakayama
 
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
Sanehiko Yogi
 

What's hot (20)

20140220 gumistudy cloudformation
20140220 gumistudy cloudformation20140220 gumistudy cloudformation
20140220 gumistudy cloudformation
 
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
AWS活用のいままでとこれから -東急ハンズの事例-
 
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
セキュリティの基本とAWSでのセキュリティ対策をフルコースで味あう_公開修正版
 
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターンAWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
 
Questetra meet up_swx
Questetra meet up_swxQuestetra meet up_swx
Questetra meet up_swx
 
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
[GOJAS] クラウドワークスタイルとSplunk
 
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
サーバーワークス re:invent_2016~新サービス・アップデート紹介~
 
Azure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところAzure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところ
 
170311 JAWS days 2017 fintech
170311 JAWS days 2017 fintech170311 JAWS days 2017 fintech
170311 JAWS days 2017 fintech
 
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
 
Aws向け監視ソリューション比較
Aws向け監視ソリューション比較Aws向け監視ソリューション比較
Aws向け監視ソリューション比較
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
 
クラウドネイティブ化する未来
クラウドネイティブ化する未来クラウドネイティブ化する未来
クラウドネイティブ化する未来
 
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成についてG tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
 
20211111 Security-JAWS Introduction
20211111 Security-JAWS Introduction20211111 Security-JAWS Introduction
20211111 Security-JAWS Introduction
 
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜
Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜
 
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
 
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
JAWS-UG CLI #26 LT - AWSアカウントに秘密の質問を設定する必要はあるのか?
 
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
AWS WAF でセキュリティ対策_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the BEACH 2016
 

Viewers also liked

Measurement of Maximum new NAT-sessions per second / How to send packets
Measurement of Maximum new NAT-sessionsper second / How to send packetsMeasurement of Maximum new NAT-sessionsper second / How to send packets
Measurement of Maximum new NAT-sessions per second / How to send packets
@ otsuka752
 
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
Emma Haruka Iwao
 
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
upaa
 
VPC by Default時代のアクセス制御
VPC by Default時代のアクセス制御VPC by Default時代のアクセス制御
VPC by Default時代のアクセス制御
真吾 吉田
 
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
Sugawara Genki
 
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
Kazuhito Ohkawa
 

Viewers also liked (6)

Measurement of Maximum new NAT-sessions per second / How to send packets
Measurement of Maximum new NAT-sessionsper second / How to send packetsMeasurement of Maximum new NAT-sessionsper second / How to send packets
Measurement of Maximum new NAT-sessions per second / How to send packets
 
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
What makes AWS invincible? from JAWS Days 2014
 
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
VyOS Users Meeting #2, VyOSのVXLANの話
 
VPC by Default時代のアクセス制御
VPC by Default時代のアクセス制御VPC by Default時代のアクセス制御
VPC by Default時代のアクセス制御
 
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
DynamoDBのまえにキャッシュおく奴
 
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
Kauli SSPにおけるVyOSの導入事例
 

Similar to 2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎

AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
Trainocate Japan, Ltd.
 
クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成
Trainocate Japan, Ltd.
 
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
ToruKubota4
 
ドキドキのAWS体験
ドキドキのAWS体験ドキドキのAWS体験
ドキドキのAWS体験
Kieko Sakurai
 
20160514 jawsug白山
20160514 jawsug白山20160514 jawsug白山
20160514 jawsug白山
Serverworks Co.,Ltd.
 
20190314 aws first_stepv2
20190314 aws first_stepv220190314 aws first_stepv2
20190314 aws first_stepv2
Trainocate Japan, Ltd.
 
20140329 JAWS-UG和歌山
20140329 JAWS-UG和歌山20140329 JAWS-UG和歌山
20140329 JAWS-UG和歌山
Tomoya Ishida
 
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
Trainocate Japan, Ltd.
 
Aws first step_v2
Aws first step_v2Aws first step_v2
Aws first step_v2
Trainocate Japan, Ltd.
 
skyarch2023.pptx
skyarch2023.pptxskyarch2023.pptx
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知するAzure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
KenjiroHirata
 
20201029 hirata
20201029 hirata20201029 hirata
20201029 hirata
beyond Co., Ltd.
 
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
Tomo-o Kubo
 
20140508_JAWS-UG岩手#1
20140508_JAWS-UG岩手#120140508_JAWS-UG岩手#1
20140508_JAWS-UG岩手#1
Tomoya Ishida
 
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話しDevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
Akira Nagata
 
20190917 cer-kyoto
20190917 cer-kyoto20190917 cer-kyoto
20190917 cer-kyoto
Trainocate Japan, Ltd.
 
20190924 cer-nagoya-ppt
20190924 cer-nagoya-ppt20190924 cer-nagoya-ppt
20190924 cer-nagoya-ppt
Trainocate Japan, Ltd.
 
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみてアプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
Sato Shun
 
20150121 JAWS-UG 関西女子会
20150121 JAWS-UG 関西女子会20150121 JAWS-UG 関西女子会
20150121 JAWS-UG 関西女子会
Toshiyuki Konparu
 
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
Recruit Technologies
 

Similar to 2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎 (20)

AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
AWSへのシステム移行に伴うクラウドマインドへの移行
 
クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成クラウド時代の人材育成
クラウド時代の人材育成
 
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
AWSで動画共有サイトを作成して全社に公開
 
ドキドキのAWS体験
ドキドキのAWS体験ドキドキのAWS体験
ドキドキのAWS体験
 
20160514 jawsug白山
20160514 jawsug白山20160514 jawsug白山
20160514 jawsug白山
 
20190314 aws first_stepv2
20190314 aws first_stepv220190314 aws first_stepv2
20190314 aws first_stepv2
 
20140329 JAWS-UG和歌山
20140329 JAWS-UG和歌山20140329 JAWS-UG和歌山
20140329 JAWS-UG和歌山
 
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
クラウド時代の人材育成 ~AWS移行時のつまずきポイント ~
 
Aws first step_v2
Aws first step_v2Aws first step_v2
Aws first step_v2
 
skyarch2023.pptx
skyarch2023.pptxskyarch2023.pptx
skyarch2023.pptx
 
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知するAzure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
Azure勉強会 20201028 azure monitor のアラートを様々なコミュニケーションツールに通知する
 
20201029 hirata
20201029 hirata20201029 hirata
20201029 hirata
 
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
 
20140508_JAWS-UG岩手#1
20140508_JAWS-UG岩手#120140508_JAWS-UG岩手#1
20140508_JAWS-UG岩手#1
 
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話しDevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
DevLOVE関西2016.2.5 地道にAWS構築自動化に取り組んでいるお話し
 
20190917 cer-kyoto
20190917 cer-kyoto20190917 cer-kyoto
20190917 cer-kyoto
 
20190924 cer-nagoya-ppt
20190924 cer-nagoya-ppt20190924 cer-nagoya-ppt
20190924 cer-nagoya-ppt
 
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみてアプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
 
20150121 JAWS-UG 関西女子会
20150121 JAWS-UG 関西女子会20150121 JAWS-UG 関西女子会
20150121 JAWS-UG 関西女子会
 
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
ユーザーからみたre:Inventのこれまでと今後
 

Recently uploaded

iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 

Recently uploaded (15)

iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 

2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎