SlideShare a Scribd company logo
覚えて楽するシェル一行野郎10選!	
  
 魅せます☆華麗なシェル芸!	
     USP研究所 上田隆一
シェル芸とは?	
•  「マウスも使わず、ソースコードも残さず、	
  
   GUIツールを立ち上げる間もなく、	
  
   あらゆる調査・計算・テキスト処理を	
  
   コマンド入力一撃で終わらす。」こと	
  

      –  昨年10月のHbstudy#38で初めて使った言葉	
  
      –  現在は	
  Windows	
  PowerShell	
  まで飛び火	
  
               •  密かなブームか?	


2013/02/23	
              OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   2
シェル芸勉強会	
•  3時間で10問、ワンライナーの問題を解く	
  
•  例題:	
  	
  
      –  文字数を数えてください。	
  




      –  答え:	
  
               •  $	
  cat	
  aiueo	
  |	
  tr	
  -­‐d	
  'n'	
  |	
  wc	
  –m	
  など多数	
  
2013/02/23	
                                     OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                3
「シェル芸」の狙い	
•  USP研究所のやっていることを理解してもらう	
  
    –  端末叩いたことの無い人には全く理解されない	
  
    	
  
•  バイアスの是正	
  
    –  いまさら「シェルが便利」などと言うエバンジェリストはいない	
  
    –  とても便利なのだが、普通は興味の範囲内にならない	
  
           •  若い人は使ってない。	
  
           •  知らない人を見ていると、	
  1	
  +	
  1	
  を計算するのに	
  
              群論を持ち出しているように見える。	
  




2013/02/23	
                    OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   4
「シェル芸」の狙い(続き)	
•  スキルトランスファー	
  
    –  「シェル芸勉強会」参加者	
  
           •  講師	
  
               –  問題と解答を作る(解答はだいたい不完全で、別解が存在)	
  
           •  玄人	
  
               –  経験・うんちく多し、マニアックで便利なオプションを知っている、
                  勉強会荒らし。ただしパズルを出すと解けないことが多い	
           •  玄人ではない人	

       玄人 v.s.	
  講師の(平和な)突っ込み合戦を聴き、	
  
       全員が勉強する。	
2013/02/23	
              OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   5
これまで	
•  2012/10/27	
  
      –  シェルスクリプトでいろいろやってみよう(Hbstudy#38	
  )	
  
•  2012/12/8	
  
      –  第二回チキチキ シェル芸人養成勉強会	
  
•  2013/2/16	
  
      –  第三回シェル芸爆破デスマッチ	
  
      –  sed	
  の問題を中心に	
  


•  これからも需要がある限り2ヶ月に1回開催予定	
  
      –  4/13(土)予定	
  

2013/02/23	
             OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   6
今日の内容	
•  個人的に面白い/役に立つシェル芸10個を紹介	
  

•  せっかくUSP研究所名義で発表するので、	
  
   いくつかはビジネス版で拡張シェル芸をお魅せします。	
  
    (大風呂敷)	
  




2013/02/23	
      OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   7
1.	
  FizzBuzz(準備運動)	
•  こういう出力を得る	
  
      –  1,2,Fizz,4,Buzz,Fizz,7,8,Buzz,Buzz,11,Fizz,
         13,14,FizzBuzz,16,…	
  


•  短く書くこと。	
  
	
  



2013/02/23	
               OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   8
解答	
•  $	
  seq	
  1	
  16	
  |	
  awk	
  '$1%3==0{prin]	
  "Fizz"}$1%5==0{prin]	
  
   "Buzz"}{print	
  "	
  ",$1}'	
  |	
  awk	
  '{print	
  $1}'	
  |	
  tr	
  'n'	
  ','	




  2013/02/23	
                        OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                    9
2.	
  数を数える	
•  テキストファイル(原稿)から	
  
   「Ubuntu」の文字を数える	
  




2013/02/23	
      OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   10
解答	
•  $	
  grep	
  Ubuntu	
  *.rst	
  |	
  sed	
  's/:.*//'	
  |	
  sort	
  |	
  uniq	
  -­‐c	




2013/02/23	
                            OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                          11
3.	
  データ抽出	
•  キー	
  a,	
  b	
  それぞれについて、一番大きい数字
   を取り出してください。	




2013/02/23	
      OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   12
解答	
•  $	
  cat	
  hoge	
  |	
  sort	
  -­‐k1,1	
  -­‐k2,2nr	
  |	
  uniq	
  -­‐w	
  1	
  
   (Mac	
  等だと guniq	
  を使う)	




2013/02/23	
                           OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                     13
4.	
  	
  日付の計算	
•  1978年2月16日は、	
  
   2013年2月23日の何日前でしょう?	




2013/02/23	
       OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   14
解答	
•  Mac	
  
      –  $	
  echo	
  $(gdate	
  +%s	
  -­‐d	
  20130223)	
  $(gdate	
  +%s	
  -­‐d	
  
         19780216)	
  |	
  awk	
  '{print	
  $1-­‐$2}'	
  |	
  awk	
  '{print	
  $1/
         (24*60*60)}'	
  
      (gdate	
  インストールのこと)	
  


•  Linux等	
  
      –  echo	
  19780216	
  20130223	
  |	
  tr	
  '	
  '	
  '¥n'	
  |	
  date	
  +%s	
  –f	
  
         -­‐	
  |	
  tr	
  '¥n'	
  '	
  '	
  |	
  awk	
  '{print	
  $1-­‐$2}'	
  |	
  awk	
  '{print	
  $1/
         (24*60*60)}'	
2013/02/23	
                               OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                                15
5.	
  リストにないものを探す	
•  1から10までの数字のうち、numにないものは?	




2013/02/23	
         OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   16
解答	
•  $	
  seq	
  1	
  10	
  |	
  cat	
  -­‐	
  num	
  |	
  sort	
  |	
  uniq	
  –u	
  
•  $	
  sort	
  num	
  <(seq	
  1	
  10)	
  |	
  uniq	
  -­‐u	




2013/02/23	
                             OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                 17
6.	
  エクセルの読み書き	
•  ビジネス版	
  
      –  読み	
  
               •  $	
  rexcelx	
  1	
  book.xlsx	
  	
  
      –  書き	
  
               •  $	
  echo	
  {1..10}	
  |	
  wexcelx	
  ./book.xlsx	
  1	
  A7	
  -­‐	
  >	
  out.xlsx	
  




2013/02/23	
                                    OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                                  18
7.	
  速いソート	
  	
•  1億行のデータのソート	
  




2013/02/23	
      OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   19
解答(というよりベンチマーク)	




2013/02/23	
        OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   20
8.	
  ソートして集計	




2013/02/23	
       OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   21
9.	
  足し算する(精度よく)	




•  答え:212702.890832364364363	



2013/02/23	
         OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   22
解答	
•  $	
  cat	
  num	
  |	
  sed	
  's/$/	
  +	
  /'	
  |	
  tr	
  -­‐d	
  'n'	
  |	
  awk	
  
   '{print}'	
  |	
  sed	
  's/+	
  -­‐/+	
  /g'	
  |	
  sed	
  's/+	
  $//'	
  |	
  bc	
  

•  $	
  sm2	
  0	
  0	
  1	
  1	
  num	




2013/02/23	
                            OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                           23
10.	
  横に並んだ数字のソート	
•  各行について、数字を小さい方から横に並べる。	




2013/02/23	
      OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   24
解答	
•  $	
  cat	
  file	
  |	
  cat	
  -­‐n	
  |	
  awk	
  '{for(i=2;i<=NF;i++)	
  
   {print	
  $1,$i}}'	
  |	
  sort	
  -­‐k1,1n	
  -­‐k2,2n	
  |	
  	
  
   awk	
  '{if($1!=a){a=$1;prin]	
  "n"};print	
  $2}'	
  |	
  tr	
  'n'	
  '	
  '	
  |	
  
   tr	
  'n'	
  'n'	
  |	
  awk	
  'NF!=0'	
  

•  $	
  cat	
  file	
  |	
  juni	
  |	
  tarr	
  num=1	
  |	
  sort	
  -­‐k1,1n	
  -­‐k2,2n	
  |	
  
   yarr	
  num=1	
  |	
  delf	
  1	
  




2013/02/23	
                               OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
                              25
まとめ	
•  端末は(シェル芸で修行すれば)便利	
  
•  4/13(予定)遊びに来てください	




2013/02/23	
   OSC	
  2013	
  Tokyo/Spring	
   26

More Related Content

Similar to 20130223 OSC Tokyo/Spring

Linux女子部第二回勉強会usp友の会
Linux女子部第二回勉強会usp友の会Linux女子部第二回勉強会usp友の会
Linux女子部第二回勉強会usp友の会
Ryuichi Ueda
 
Reading Self-descriptive FizzBuzz
Reading Self-descriptive FizzBuzzReading Self-descriptive FizzBuzz
Reading Self-descriptive FizzBuzzHiroyuki Morita
 
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
mametter
 
Linux女子部勉強会 2012年4月21日
Linux女子部勉強会 2012年4月21日Linux女子部勉強会 2012年4月21日
Linux女子部勉強会 2012年4月21日
Ryuichi Ueda
 
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
Ryuichi Ueda
 
Uspstudy20121208
Uspstudy20121208Uspstudy20121208
Uspstudy20121208
Ryuichi Ueda
 
プログラマのための文書推薦入門
プログラマのための文書推薦入門プログラマのための文書推薦入門
プログラマのための文書推薦入門
y-uti
 
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentationOSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
Ryuichi Ueda
 
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyoawk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
Ryuichi Ueda
 
USP 友の会 LT 資料 20130413
USP 友の会 LT 資料 20130413USP 友の会 LT 資料 20130413
USP 友の会 LT 資料 20130413博文 斉藤
 
Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習
Yusaku Kawaguchi
 

Similar to 20130223 OSC Tokyo/Spring (12)

Linux女子部第二回勉強会usp友の会
Linux女子部第二回勉強会usp友の会Linux女子部第二回勉強会usp友の会
Linux女子部第二回勉強会usp友の会
 
Reading Self-descriptive FizzBuzz
Reading Self-descriptive FizzBuzzReading Self-descriptive FizzBuzz
Reading Self-descriptive FizzBuzz
 
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
Ruby を用いた超絶技巧プログラミング(夏のプログラミングシンポジウム 2012)
 
Linux女子部勉強会 2012年4月21日
Linux女子部勉強会 2012年4月21日Linux女子部勉強会 2012年4月21日
Linux女子部勉強会 2012年4月21日
 
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
USP lab. @ Open Source Conference Tokyo Fall
 
Uspstudy20121208
Uspstudy20121208Uspstudy20121208
Uspstudy20121208
 
プログラマのための文書推薦入門
プログラマのための文書推薦入門プログラマのための文書推薦入門
プログラマのための文書推薦入門
 
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentationOSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
OSC2012 Tokyo Spring, USP lab. presentation
 
T69 episteme
T69 epistemeT69 episteme
T69 episteme
 
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyoawk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
awk v.s. bashどっちが強い?@OSC2011Tokyo
 
USP 友の会 LT 資料 20130413
USP 友の会 LT 資料 20130413USP 友の会 LT 資料 20130413
USP 友の会 LT 資料 20130413
 
Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習Nagoya.R #12 入門者講習
Nagoya.R #12 入門者講習
 

More from Ryuichi Ueda

第27回ロボティクスシンポジアスライド
第27回ロボティクスシンポジアスライド第27回ロボティクスシンポジアスライド
第27回ロボティクスシンポジアスライド
Ryuichi Ueda
 
シェル・ワンライナー160本ノック
シェル・ワンライナー160本ノックシェル・ワンライナー160本ノック
シェル・ワンライナー160本ノック
Ryuichi Ueda
 
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
Ryuichi Ueda
 
シェル芸勉強会と会場の話
シェル芸勉強会と会場の話シェル芸勉強会と会場の話
シェル芸勉強会と会場の話
Ryuichi Ueda
 
移動ロボットのナビゲーション
移動ロボットのナビゲーション移動ロボットのナビゲーション
移動ロボットのナビゲーション
Ryuichi Ueda
 
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
Ryuichi Ueda
 
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
Ryuichi Ueda
 
bash(の変な使い方)update
bash(の変な使い方)updatebash(の変な使い方)update
bash(の変な使い方)update
Ryuichi Ueda
 
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
Ryuichi Ueda
 
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
Ryuichi Ueda
 
20181113_子ども夢ロボット&トーク
20181113_子ども夢ロボット&トーク20181113_子ども夢ロボット&トーク
20181113_子ども夢ロボット&トーク
Ryuichi Ueda
 
第37回シェル芸勉強会イントロ
第37回シェル芸勉強会イントロ第37回シェル芸勉強会イントロ
第37回シェル芸勉強会イントロ
Ryuichi Ueda
 
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
Ryuichi Ueda
 
ROSチュートリアル ROBOMECH2018
ROSチュートリアル ROBOMECH2018ROSチュートリアル ROBOMECH2018
ROSチュートリアル ROBOMECH2018
Ryuichi Ueda
 
poster of PFoE used in ICRA 2018
poster of PFoE used in ICRA 2018poster of PFoE used in ICRA 2018
poster of PFoE used in ICRA 2018
Ryuichi Ueda
 
Robot frontier lesson3 2018
Robot frontier lesson3 2018Robot frontier lesson3 2018
Robot frontier lesson3 2018
Ryuichi Ueda
 
Robot frontier lesson2 2018
Robot frontier lesson2 2018Robot frontier lesson2 2018
Robot frontier lesson2 2018
Ryuichi Ueda
 
Robot frontier lesson1 2018
Robot frontier lesson1 2018Robot frontier lesson1 2018
Robot frontier lesson1 2018
Ryuichi Ueda
 
第34回シェル芸勉強会
第34回シェル芸勉強会第34回シェル芸勉強会
第34回シェル芸勉強会
Ryuichi Ueda
 
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを 使ったロボットシステム」
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを使ったロボットシステム」第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを使ったロボットシステム」
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを 使ったロボットシステム」
Ryuichi Ueda
 

More from Ryuichi Ueda (20)

第27回ロボティクスシンポジアスライド
第27回ロボティクスシンポジアスライド第27回ロボティクスシンポジアスライド
第27回ロボティクスシンポジアスライド
 
シェル・ワンライナー160本ノック
シェル・ワンライナー160本ノックシェル・ワンライナー160本ノック
シェル・ワンライナー160本ノック
 
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
日本ロボット学会第139回ロボット工学セミナー
 
シェル芸勉強会と会場の話
シェル芸勉強会と会場の話シェル芸勉強会と会場の話
シェル芸勉強会と会場の話
 
移動ロボットのナビゲーション
移動ロボットのナビゲーション移動ロボットのナビゲーション
移動ロボットのナビゲーション
 
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
PythonとJupyter Notebookを利用した教科書「詳解確率ロボティクス」の企画と執筆
 
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
第45回シェル芸勉強会オープニングスライド
 
bash(の変な使い方)update
bash(の変な使い方)updatebash(の変な使い方)update
bash(の変な使い方)update
 
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
第41回シェル芸勉強会 午後オープニング
 
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
Searching Behavior of a Simple Manipulator only with Sense of Touch Generated...
 
20181113_子ども夢ロボット&トーク
20181113_子ども夢ロボット&トーク20181113_子ども夢ロボット&トーク
20181113_子ども夢ロボット&トーク
 
第37回シェル芸勉強会イントロ
第37回シェル芸勉強会イントロ第37回シェル芸勉強会イントロ
第37回シェル芸勉強会イントロ
 
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
シェル芸勉強会にみる、コミュニティを通じたIT学習
 
ROSチュートリアル ROBOMECH2018
ROSチュートリアル ROBOMECH2018ROSチュートリアル ROBOMECH2018
ROSチュートリアル ROBOMECH2018
 
poster of PFoE used in ICRA 2018
poster of PFoE used in ICRA 2018poster of PFoE used in ICRA 2018
poster of PFoE used in ICRA 2018
 
Robot frontier lesson3 2018
Robot frontier lesson3 2018Robot frontier lesson3 2018
Robot frontier lesson3 2018
 
Robot frontier lesson2 2018
Robot frontier lesson2 2018Robot frontier lesson2 2018
Robot frontier lesson2 2018
 
Robot frontier lesson1 2018
Robot frontier lesson1 2018Robot frontier lesson1 2018
Robot frontier lesson1 2018
 
第34回シェル芸勉強会
第34回シェル芸勉強会第34回シェル芸勉強会
第34回シェル芸勉強会
 
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを 使ったロボットシステム」
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを使ったロボットシステム」第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを使ったロボットシステム」
第32回信号処理シンポジウム「Raspberry PiとROSを 使ったロボットシステム」
 

Recently uploaded

Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
OSgeo Japan
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 

Recently uploaded (14)

Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
一般社団法人OSGeo日本支部団体紹介用スライド2024年版。OSGeo日本支部とFOSS4Gの紹介
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 

20130223 OSC Tokyo/Spring