Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

7

Share

Download to read offline

XP祭り2020(0919) 基調講演 エンジニアの創造力を解き放て!(抜粋)

Download to read offline

エンジニアの創造力を解き放て!
(抜粋ですいません 一部のページ、内容をカットしています)

XP祭り2020
http://xpjug.com/xp2020/

コラム集
https://www.fujitsu.com/jp/group/fst/about/resources/featurestories/download-agile.html

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

XP祭り2020(0919) 基調講演 エンジニアの創造力を解き放て!(抜粋)

  1. 1. エンジニアの創造力を解き放て! ~XPと歩んだ17年・技術・現場・仲間~ 2020/9/19 XP祭り 富士通ソフトウェアテクノロジーズ 神部知明 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED0
  2. 2. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED1 掲載内容は私自身の見解であり、富士通 グループを代表するものではありません。
  3. 3. 巨大SIerの中でアジャイル 17年 • 受託開発8割、自社開発2割 • 開発リーダー ➡ 管理職 • 地方在住(静岡) • 中規模アジャイル(~50名、~270チケット/週) • ふつうの開発者たち Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED2 活気があって、新しいことに挑戦的なチーム 自由だけど、規律があって誠実なチーム こんな場所で働きたいという漠然とした想いから始まっている
  4. 4. 企業内のナレッジマネジメント • グループウェア開発 • 企業向けSNSの企画・開発・運用 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED3 https://www.slideshare.net/InnovationSprint2011/2011-6794551
  5. 5. 日本のアジャイルはいよいよキャズムの瀬戸際 しかし、アジャイル開発と日本型IT(SI)はギャップだらけ。 ギャップを乗り越えるためにあらためて基本に立ち返ろう。 ◼ DXとアジャイル開発 ◼ SI現場の開発に限界を感じた2003年 ◼ 巨大SIerの中でのアジャイル開発 ◼ アジャイリストの育成 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED4
  6. 6. アジャイル開発と日本型ITのギャップ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED5 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  7. 7. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED6 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  8. 8. DXとアジャイル開発 ~なぜアジャイル開発を理解できないのか~ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED7
  9. 9. Agile+ Studio 見学者の声 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Agile+ Studio @サウスポット静岡 10F 8
  10. 10. Agile+ Studio 静岡 見学者の声 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Digital Transformation 参考)https://riverflex.com/so-youre-in-charge-of-a- digital-transformation-what-exactly-does-that-mean/ テクノロジーの変革 アジャイルへの変革 新しい ビジネスモデル 顧客と チャネル DevOps アジャイル開発の見積りや計画に 成功するイメージが持てない 正直、ペアプログラミングは 生産性が悪そう DXにはアジャイル開発と言われても、 やっぱりよくわからない 大規模な開発になると 上手く管理できる気がしない 9
  11. 11. 私のDXのイメージ(事例から) Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED https://www.inditex.com/en/our-pictures 各店舗から集めた顧客の声を2~3週間で商品化 ・企画、デザイン、生産は本社に近い欧州 ・デザイナー、リサーチ、バイヤーの3人チームで決定 多品種少量生産、ハイトレンド グローバルNo1 顧客を起点とした商品づくり ファストファッション =原価低減(途上国での大量生産) Zara =顧客価値&スピード志向 ≠ 10 INDITEX
  12. 12. ハイトレンド、価格維持 ◼ シーズンの立ち上がりでは3割の企画しか決まっていない ◼ シーズンが進むにつれ顧客の欲しがる商品が充実、魅力UP ◼ 広告宣伝はしない、店舗に磨きをかける ◼ 1色で勝負 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED11 参考:https://www.fashionsnap.com/article/2015-04-09/zara-uniqlo/
  13. 13. Digital Transformation (DX) Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 「企業の在り方や、そこで働く人たちを変化させること」 データとデジタル技術を活用して 顧客や社会のニーズをもとに 私のDXの捉え方 12
  14. 14. DXとアジャイル開発 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 「企業の在り方や、そこで働く人たちを変化させること」 私のDXの捉え方 顧客価値&スピード志向 どう変化させるか アジャイル開発 ITシステムの在り方 13
  15. 15. アジャイル開発の様々なプラクティス Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED カンバンボード バーンダウンチャートイテレーション 共同所有 属人性の排除 バックログ チケット化 ふりかえりペアプログラミング モブプログラミング 14 自動テストマイクロサービス ローコード自動デプロイ
  16. 16. 様々な問題が発生 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 理解したつもりでも、そう簡単には上手く行かない。 要件が終息せず、デスマーチ状態になってしまった。 全体を結合したら、インターフェースや機能に不整合が多発した。 スピード優先で開発したら、品質問題が発生した。 上手く折り合いがつかず、結局ウォーターフォールに戻した。 経験者が足りない 顧客と認識が合わない 社内で説明できない 15
  17. 17. どこまで受け入れられますか? Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 半信半疑 計画がアバウト 取組める タスク化、見える化、改善 生産性が悪そうで 理解が得られない 過剰なチーム志向 バックログイテレーション チケット化 カンバンボード ペアプログラミング モブプログラミング バーンダウンチャート 共同所有 属人性の排除ふりかえり 16
  18. 18. なぜアジャイル開発を理解できないのか Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Waterfall Agile 価値創出 原価低減 未来の失敗 から学ぶ 過去の成功 から学ぶ 実験的 計画的 スペシャリストが分業し 効率的に チーム一丸となって 小さくすばやく 17
  19. 19. 開発チームに求められること Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 成功の鍵 全体マネジメント 強いヒエラルキー 適切に分業 SAVE MONEY WF開発 綿密に計画を立て 失敗しないよう ぬかりなく対応すること スペシャリストがそれぞ れの能力を最大に発揮 できるよう調整する 優秀なチームを 育てるしくみ アジャイル開発 EARN MONEY 権限委譲 自律分散 事前に予測できない 失敗から学び すばやく対応すること 多様な背景の技術者が チームを組んで 課題を解決する 18
  20. 20. チームの育成に効果的なプラクティス Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 過剰なチーム志向 ペアプログラミング 多様な背景の技術者が 創発し学び合えるチームをつくる モブプログラミング 19
  21. 21. DXとアジャイル Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 「企業の在り方や、そこで働く人たちを変化させること」 私のDXの捉え方 20 アジャイル開発で最も重要な視点 「失敗から学び高速に成長できるチームづくり」
  22. 22. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED21 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  23. 23. SI現場の開発に限界を感じた2003年 ~WF開発でXP?~ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED22
  24. 24. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED23 昔の資料から(知創空間の作り方 2010/5) 富士通製品開発 通信大手SI 自社製品開発 その後は受託メインに 受託開発を始めてから悩み始めている(笑) 課長に
  25. 25. アジャイル開発に取組むきっかけ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Scrum XP Lean 2002 2010 2015 日 本 ③共創案件に積極的に適用 ②XPに取り組む中で実感 ・開発者のモチベーションUP ・高い品質、スピード向上 ・イテレーション ・プロセス継続改善 ・自動化 第1次ブーム XPを開発者が導入 試行錯誤 第2次ブーム 導入しやすいScrumが普及 コンサル・資格教育 第3次ブーム 大規模へ適用 改めて価値が見直される ①通信大手SI(WF開発) 開発期間が1/2に短縮 ・短期の人員育成 ・リスク早期発見 2003~ ・ペアプログラミング(知識伝搬、プロセス徹底) ・常時結合(現物確認、検証の前倒し) 24
  26. 26. 2003年 ウォーターフォールにXP? Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED25 ① 体制の流動化に伴い、未熟な開発者が急激に増えた ② 開発サイクルが短期化する中で、性能問題が一番のリスクだった 要件定義 運用試験 設計 実装 テスト ②設計段階から 実装&性能検証 技術力の底上げ、 規律 リスク検知、 動くコード=設計 イテレーション オープンな作業空間 ふりかえり 計画ゲーム ストーリー テスト駆動 ペアプログラミング コードの共同所有 継続的インテグレーション リファクタリング デイリーミーティング タスクボード : ①最初に取り入れた プラクティス
  27. 27. 自由と規律 8歳 アメリカ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED26 Google画像検索 “全校集会” クラス毎に整列、体操着に赤帽 号令で前へならえ 叱られるまで無駄話 自由とは自らの努力で手に入れるもの。 与えられないと文句を言う人々ではない。 静かに待つ https://www.micds.org/news/article/faculty-and-staff-recognized-at-final-all-school-assembly/ 並ばない、クラス毎にもならない、 号令もかからない https://www.ne wsmax.com/fast features/pledge -of-allegiance- history- poem/2014/11/ 09/id/604690/
  28. 28. 自由と規律 16歳 高校 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED27 入学初日、先輩方の声量にどぎもを抜かれた 数学の授業 75分間ひたすら問題集の答え合わせ 体育の授業 75分間ひたすらランニングと筋トレ その反面 校則なし、土足 なぜかわからないが、自分も大声で歌うようになっていた https://www.shizuoka-h.ed.jp/ 岳南健児 一千の 理想は高し 富士の山 八面玲瓏 白雪の 清きは 吾等の こころなり
  29. 29. 自由と規律 18歳 大学 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED28 1987年 山梨大学 計算機科学科 VAX-11/785 UNIX 4.2 & 4.3BSD JUNET(インターネットに接続) 24時間いつでも触れる ネットニュース、IRCで世界と繋がり OSS、ハッカー文化にはじめて触れる https://en.wikipedia.org/wiki/Discipline_(King_Crimson_album)
  30. 30. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 29 チケットの作業に着手 チケット作業完了し、第三者 によるレビュー待ち リーダーによる作業内容のレ ビュー待ち チケットの作業が全て完了 新規にチケットを作成作業前 チケットステータス 進行中 第三者確認 リーダー確認 完了 チケット駆動 Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 厳格なルールを全員が順守する 29
  31. 31. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED ペアプログラミング Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース ペアで作業し品質を作りこむ 30
  32. 32. ソースコードの共同所有 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 多能工化を促進 品質の維持・向上 Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース チーム全員がソースを理解・変更できる状態をめざす 31
  33. 33. テスト 内容 観点 単体テスト アプリのロジック層のクラスの各メソッドに対するテスト クラス内の各メソッドが、ドキュメントに記載の通り動作することを確認する 結合テスト ユーザーストーリテスト POが作成したユーザーストーリテストを実施する 各機能が、プロダクトオーナーが求める動作をすることを確認する 結合テスト 各機能に対して要因分析を行いテスト項目を作成 様々なパラメタ、ステータスの組み合わせのテスト 1行テスト 仕様書をそのままテスト項目として扱い実施 仕様書と実現機能の整合性、消し込みとも呼ばれる、テストファースト 探索的テスト 機能に対して探索的にテストを行う 対象機能の特性を意識し、テスターが自由にテストを行う、コスパ高い システムテスト 性能 多重アクセステスト /耐久性テスト / 大量データテスト セキュリティ セキュリティ検証ツールを利用してセキュリティチェック 運用性、信頼性 DBバックアップ・リストア / リソース監視、ログ監視 / 異常時のテスト Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED テスト工程 スプリント内で品質確保 + リリース前にシステムテスト ・・・・ リリーススプリント ・・・・ リリース システムテスト スプリント 機能開発 単体テスト 結合テスト スプリント 機能開発 単体テスト 結合テスト ユーザーストーリテスト 結合テスト 探索的テスト Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 32
  34. 34. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 品質指標(例) ◼ 単体テスト指標値(CI環境で測定) ◼ 結合テストの指標値 カテゴリ 言語 測定項目 測定ツール 指標 フロントエンド Javascript ソースカバレッジ Karma-Coverage (istanbul) 80%以上 静的解析 ESLint 指摘0件 Objective-C 静的解析 Analyze 指摘0件 メモリリーク Leaks 指摘0件 バックエンド Java ソースカバレッジ Cobertura 80%以上 静的解析 CheckStyle 指摘0件 Findbugs 指摘0件 PMD 指摘0件 CPD 指摘0件 テスト 指標 指標値 ユーザーストーリテスト 故障検出率 故障0件であること 結合テスト テスト項目数 KStep あたり、22.9-34.3件のテスト項目を作成すること 故障検出率 KStepあたり、2件を下回っていること Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 33
  35. 35. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED スプリントレビュー スプリント 機能開発 単体テスト 結合テスト 開発機能のデモ (動くアプリを確認) 開発の進捗、課題の報告 品質状況の報告 Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース スプリント毎に実機デモ、品質報告を実施 単体テストの状況報告 - カバレッジ率 結合テストの状況報告 - テスト項目 - 故障件数 - 品質見解 品質課題があった場合、次スプリント作業としてタ スク化、機能制限とする場合は制限事項一覧に記載 34 スプリントレビュー
  36. 36. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED ウォーターフォールとアジャイル あらかじめ、要件が定義 できる場合に効率的 ・分業して効率的に ・ドキュメント重視 ビジネス環境(要件)の 変化に追従しやすい ・一丸となってすばやく ・動くソフトウェア重視 フルスタック・多能工チーム 機能Z機能Y機能X機能D 35
  37. 37. IT系人材の差 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED36 ヘルシンキ Aalto Talent Expo 2019にて 当社のインターン募集 • 学生の履歴書がJob Description から始まっている • 学生は世界中から集まる • SLUSHは学生主体で運営 スタートアップ4000社、投資家2000人、 参加者2万5000人 https://www.upgraded.fi/slush-2019-side-events-health-tech-life-sciences/
  38. 38. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED37 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  39. 39. アジャイル開発への取り組み ~組織文化を変える~ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED38
  40. 40. 立ち上げから開発へのフェーズ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED スプリント0 (立ち上げ) チーム ビルディング https://www.slideshare.net/dleyanlin/99- inceptiondeck プロト1 プロト2 プロトタイピング https://www.linkedin.com/pulse/design-thinking- enough-transform-your-business-2-steps-dayo-adefila/ スプリント1 スプリント2 スプリントn・・・ 開発・リリース・フィードバック 39
  41. 41. むだを省く・品質を作りこむ・透明化する Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED チケット化 バーンダウンチャート タスクボード 日々の作業状況を確認しチーム が自律的に活動するための基盤 残タスクの状況を全員がいつ も見える場所に掲示 ソースコードとタスクの紐付け / 作業のエビデンス / 予実管理 自動化 継続的に素早いフィードバック を得ることで変更コストを削減 勉強会ふりかえり 毎週、開発作業をふりかえり、 継続的にプロセスを改善 定期的に勉強会を開催し、 チームメンバーのスキルアップ ペアプログラミング 迅速に関係者を集めて検討ドライバーとナビゲーターの双方 が知力を合わせてプログラミング スタンドアップミーティング 40
  42. 42. 41 開発・品質・運用を含めざっくり計画をたてる Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 開発 品質 運用 モバイル サーバー PC チーム横断で計画 品質や運用課題も反復に組み込む
  43. 43. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED プロダクトの機能/要望/修正 点などに優先順位を付けた一覧 バックログ 実装するストーリーの 決定 - 作業タスクの詳細化 - 工数の見積もり プロダクトオーナー との合意 計画 成果物のレビュー - 指摘・要望を バックログへ反映 ふりかえりの実施。 - プロセスの見直し・改善 レビュー 成果物の公開 - 利用者から のフィードバ ックを バックログへ 反映 リリース スプリント0 (立ち上げ) スプリント1 スプリント2 スプリント3 スプリント4 スプリントn・・・ 2週間のスプリントを複数回繰り返し 多くのチームが2W毎の反復リズムを採用 開発・テストの実施 - 朝会/夕会 - ペアプログラミング - 継続的インテグレーション(自動テスト) 開発 42
  44. 44. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED スプリント計画 プロダクトオーナーも含め全員で計画 タスク出し、工数見積もり プロダクトオーナー報告/調整 プロダクトオーナー報告/調整 方式検討 Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 43
  45. 45. スタンドアップミーティング Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 毎日、ボードの前で短い時間で開催 チームごとの朝会チームごとの朝会 全体の朝会 遠地との朝会 Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 44
  46. 46. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED タスクボード チケットID チケットの見積りポイント Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース チームのプロセスを見える化する 45
  47. 47. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED バーンダウンチャート 常に見える場所に掲示 残 作 業 の ポ イ ン ト 残り時間(日数) Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 具体的な数字で管理 %ではない 46
  48. 48. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED ふりかえり Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース プロセスを自ら改善し続ける 47
  49. 49. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED どうぶつ救護センターへの導入 (初期登録、写真撮影中) 福島センター(飯野町) 2011.7.28-29 エースアーキテクト 自分ごととして生の感覚を開発チームに持ち帰る Sprint 計画 開発 Sprint レビュー リリース 48
  50. 50. SIアジャイルの課題 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED SIアジャイルの課題 当社の取組み / 育成ノウハウ 顧客都合で変動が多い お客様の投資額に依存 チームの変動耐性向上 ◼担当制(個別最適)の排除、リーダーの定期ローテーション ◼詳細なエビデンス記録による業務知識の流出防止 常に育成が必要 入替わり多、WFから転換 技術の継続的獲得 ◼徹底したペア作業で即戦力化 ◼技術領域をまたぐ部門間ローテでフルスタックエンジニア育成 高品質が前提 スピード優先の提案は危険 アジャイルプロセスのガバナンス+WFの技法 ◼ツールの徹底利用、ルールの徹底、WFの品質管理組み込み ◼リアルタイムで定量的な進捗確認 WFからの転換は難しい 準委任(契約問題) 計画主導から価値主導へ 顧客への透明性確保 KAIZENの伝道ノウハウ ◼5Sから始まる意識改革 ◼フリーアドレス導入でチーム志向へ ◼見える化で自律化、ふりかえりによるプロセス改善を定着 体制 品質 人材 文化 49
  51. 51. 9:00 始業後 意識改革 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED50
  52. 52. フリーアドレス制で 清潔な作業場所を維持 8:20 始業前 個からチーム志向へ 意識改革 意識改革 51 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED
  53. 53. FYI : Cultural Diversity and Agile Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED US https://www.pri.org/stories/2019-01-10/japan-s-shrinking- labor-force-finding-new-ways-fight-kar-shi-death-overwork Japan https://www.opensourcedworkplace.com/news/is-there- a-legal-minimum-office-square-footage-requirement 52
  54. 54. FYI : Cultural Diversity and Agile Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Research by Edward Hall & Fons Tronpenaars SEQUENTAL TIME (monochromic) (polychromic) SYNCHRONIC TIME Germany US UK China Japan France India Mexico Brazil Sequential Synchronic Single task focus Multiple task focus Short-time orientation Long-term orientation ‘Time is money’ attitude ‘Relationship is money’ attitude 53
  55. 55. FYI : Cultural Diversity and Agile Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED Difficulty to apply Agile(Analyzed by Alistair Cockburn) Country Japan Germany US Austraria UK Singapore Denmark Difficulty 80 55 49 49 45 43 19 PDI 54 35 40 36 35 74 18 MAS 95 66 62 61 66 48 16 UAI 92 65 46 51 35 8 23 Power Distance 権力の差 Masculinity 男性社会 Uncertainty Avoidance 不確実性の回避傾向 54 ※数字はホフステードモデルのスコア
  56. 56. 日本企業の調査 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED55 https://handbook.bizsci.net/culture2/ コンピュータの分野で日本を代表する大手 電機メーカーF社、N社、T社の3社で IT96 (Information Technology 1996)調査が 行われた(高橋, 1997, ch.3)。 ※高橋伸夫 (1997)『日本企業の意思決定原理』東京大学出版会. PDI 権力格差 1.従業員が所属長に反対を表明することをしりごみする頻度 2.決定を行なう前に部下に相談する相談的管理者のもとで働きたい と思わない人の割合 3.自分の上司が独裁的または説得的な管理者であると知覚する人の 割合 UAI 不確実性の回避 1.たとえそうすることが最善でも会社の規則は破るべきではないと 考える程度 2.今後5年より長く今の会社で働き続けたい人の割合 3.仕事の上で神経質になったり緊張したりする頻度 http://books.bizsci.net/principles1997/index.html
  57. 57. 日本企業の従業員 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED56 PDI 権力格差 相談的管理者のもとで働きたいと思わない UAI 不確実性の回避 たとえそうすることが最善でも会社の規則は破るべきではない 誰かに指示を出してもらいたい 現状を自ら変えたいとは思わない 主体的な社員が、支配的 にリーダーシップを発揮
  58. 58. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED57 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  59. 59. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED アジャイル開発の考え方 XP よいものをつくるための 知恵の集まり Scrum 反復型開発をうまく 回すための仕組み Lean software development 見える化する、ムダを無くす、品質を作りこむ 自律とリーダーシップ 顧客満足、市場創造 (eXtreamProgramming) 58
  60. 60. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 重要なのは、 XP:eXtreme Programing 59
  61. 61. ループから知識が生み出される Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED60 Team
  62. 62. むだを省く・品質を作りこむ・透明化する Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED チケット化 バーンダウンチャート タスクボード 日々の作業状況を確認しチーム が自律的に活動するための基盤 残タスクの状況を全員がいつ も見える場所に掲示 ソースコードとタスクの紐付け / 作業のエビデンス / 予実管理 自動化 継続的に素早いフィードバック を得ることで変更コストを削減 勉強会ふりかえり 毎週、開発作業をふりかえり、 継続的にプロセスを改善 定期的に勉強会を開催し、 チームメンバーのスキルアップ ペアプログラミング 迅速に関係者を集めて検討ドライバーとナビゲーターの双方 が知力を合わせてプログラミング スタンドアップミーティング 61
  63. 63. 官僚文化からイノベーション文化へ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED OCAI(Organization Culture Assessment Instrument)より各人 が組織文化をどのように捉えてい るかをアンケート調査 対象:当社のアジャイル開発者 ・アジャイルで開発中のメンバー34名 ・過去に関わったウォーターフォール 型開発と比較 出典 『IPA 非ウォーターフォール 型開発の普及要因と適用領域の拡大 に関する調査 平成24年3月28日』 0.3 0.35 0.4 0.45 0.5 0.55 0.6 Non Waterfall Waterfall Stress Stress 0.3 0.35 0.4 0.45 0.5 0.55 0.6 Non Waterfall Waterfall Quality of Life Quality of Life 生きがい(QoL)が高く ストレスが若干低い 62
  64. 64. 私のXPのイメージ プラクティスの多くは人材・チームの育成が目的 ◼ ふつうの開発者の能力を高めてゆく ◼ 顧客との関係を緊密にし、顧客価値志向にチームを変えてゆく ◼ チームの長期・継続的な成長を実現する Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED63
  65. 65. 私のスクラムのイメージ 開発者の高い能力をビジネス価値に高速変換するのが目的 ◼ 個々の開発者の能力をチームとして発揮できるようにする ◼ 最速で価値を提供するために役割(責任)を決める (PO/SM) ◼ 個々の能力は高いことが前提 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED64 アジャイル開発版「情報システム・モデル取引・契約書」 ~ユーザ/ベンダ間の緊密な協働によるシステム開発で、DXを推進~ https://www.ipa.go.jp/ikc/reports/20200331_1.html
  66. 66. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED65 スクラムとXPの調和 https://www.fujitsu.com/jp/group/fst/about/resources/featurestories/about-agile-03.html
  67. 67. 上手いチームは組み合わせている Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED66 スクラムとXPの調和 https://www.fujitsu.com/jp/group/fst/about/resources/featurestories/about-agile-03.html
  68. 68. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED67 アジャイル開発のイメージ 日本型IT(SI)のイメージ ITによるイノベーション ITによるコスト削減 能力の高い開発者を集める 普通の開発者たちの寄せ集め 個々のメンバーが主体的に行動 メンバーは従属的で指示待ち 自律型で高速に進化するチーム 指揮命令や重厚長大な開発規約 により統制
  69. 69. SIアジャイルのさらなるギャップ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED68 ここを超えないとSIerのビジネスにならない イ ノ ベ ー タ ー ア ー リ ー ア ダ プ タ ー ア ー リ ー マ ジ ョ リ テ ィ レ イ ト マ ジ ョ リ テ ィ ラ ガ ー ド
  70. 70. 巨大SIerの中でのアジャイル開発 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED69
  71. 71. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED70 お客様 パートナー お客様 お客様 社長 グループ 事業部 部 神部B 事業部 グループ グループ 全体の0.02% グループ子会社 グループ子会社 パートナー パートナー当社 0.02% 代表取締役社長 グローバルソ リューション エンタープライズ ソリューション ファイナンス&リ テール グローバルサービ ス デジタルインフラ デジタルソフト ウェア JAPANリージョン JAPANビジネス 公共・社会インフ ラ 海外リージョン システムプラット フォームビジネス 2020/4現在 2015年当時
  72. 72. アジャイル開発の扱い ◼ 一部の推進派が必要性を説き続けるものの… ◼ ”先進的なユーザー”の”先進的なサービス”を開発する手法 ◼ SIでの受託アジャイルは規模が小さすぎる ◼ 既ビジネスに最適化された組織とプロセスの壁は高く… ◼ 本来の価値を発揮できず、アジャイルは上手く行かないという烙印 ◼ モノの納品が顧客価値、アジャイルは利益が出ない ◼ 文化的に受け入れがたい ◼ SEの憧れは大規模なWFのプロマネ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED71
  73. 73. わかりやすいSIアジャイルの成功事例 7年間WF(7~12名)でエンハンス ➡ アジャイルに転向 ◼ 効果 ◼ 残業半減・平準化(平均:30→15h/月、ピーク50→25h/月) ◼ 毎月リリースを実現(不定期→1回/月) ◼ 受発注件数 ½以下(25件→10件) • Before: 改修機能ごとに提案、見積、費用交渉、稟議、受発注、管理業務が発生 • After: 四半期ごとの契約、契約待ち時間0、顧客側の負担も大幅軽減 • 双方ともにアプリケーションの価値向上に集中 ◼ 金額は変わらず、顧客満足は向上 ◼ 残る課題 ◼ 長期にわたる属人化の解消、テストの自動化 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED72
  74. 74. アジャイル適用分野の拡大 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 要件が社外にあり、ユーザからのフィード バックによって改善していくしかない世界 SIにおけるアジリティ向上 企業システムの モダナイゼーション Enterprise Agile ビジネス要求に対する 迅速なサービス提供 ・デジタル技術の活用 ・SIerアジャイル変革 ・顧客接点、営業の業務改新 ・基幹系の周辺機能強化 開発しながら業界・業務知識を蓄積 SoE + SoR 現場に密着 ソフトウェアで業務改革 高齢者ケアクラウド 動物医療 など 提案価値が高い機能から開発 SoE リーンスタートアップで 新たな価値創出 野球映像 検索システム ドローン活用 避難誘導システム 73
  75. 75. 大手のお客様から、アジャイル適用の相談が急増 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 商談 何故アジャイルか 通信 SM・チーム派遣 コンシューマ向けサービス改版スピードの向上、魅力UP 金融 アジャイル導入 新マーケット商品、顧客接点、業務改新、基幹系の周辺強化 金融 アジャイル導入 上位の顧客向けサービス、基幹系の周辺強化 自動車 チーム派遣・ツール導入 グローバルな社内システムの利用者からの要望反映を迅速化 自動車 開発管理ツール導入 塩漬け大規模システムの運用・保守を効率改善 自動車 アジャイル導入・コーチ派遣 次世代モビリティサービス展開にむけた開発力の強化 74
  76. 76. 商談急増の背景 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED デジタルディスラプション 新たなテクノロジーを 活用した市場破壊 働き方改革 IT技術者の生産性向上 ビジネスとITの融合 ITをビジネスに直結 差別化のコア 市場での生き残り IT人材確保 デジタル技術活用 SoE+SoR 人材育成 ツール導入 2015 2016 2017 アジャイル関連商談 ※ツール導入商談を除く 費用削減・スピード向上 DX 人材育成 【アジャイル商談のキーワード】 従来 “開発費用の削減” ”スピード向上” ”品質問題の解決” (Digital transformation) 最近 ”DX” ”内製化” ”人材育成” 75
  77. 77. アジャイル導入への課題 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED デジタルディスラプション 新たなテクノロジーを 活用した市場破壊 働き方改革 IT技術者の生産性向上 ビジネスとITの融合 ITをビジネスに直結 差別化のコア 市場での生き残り IT人材確保 デジタル技術活用 SoE+SoR 人材育成 ツール導入 大規模開発 複数のアジャイルチーム ウォーターフォール混在 品質の考え方 ウォーターフォール開発の考え方が適用できない マイグレーション マイクロサービス化 分散システムの監視・運用 SIerとの付き合い方 多重請負構造の中での契約 社内の人材確保 SIer側も人材が不足 76
  78. 78. WF混成アジャイル Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 共通DB 入金 システム (A社) 与信DB 与信 システ ム 帳票 システム 入会受付 システム 請求 システム 変更 変更 変更 変更 変更 Waterfall アジャイル (C社)(B社) (D社) (E社) WFとアジャイル混成チームの故障割合 IF漏れ IF誤り 70% (参考)WFでの故障割合 IF漏れ IF誤り 15% 顧客管理請求売上 照会 発行 漏れ漏れ 漏れ遅れ 遅れ x 30 77
  79. 79. レイヤー分割アジャイル Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED78 基盤 基盤 制御 制御 キャッシュ キャッシュ 共通 I/F I/F Iteration #1 Iteration #2 Iteration #3 Iteration #n・・・ Iteration #1 Iteration #2 Iteration #3 Iteration #n・・・ Iteration #1 Iteration #2 Iteration #3 Iteration #n・・・ Iteration #1 Iteration #2 Iteration #3 Iteration #n・・・ Iteration #1 Iteration #2 Iteration #3 Iteration #n・・・ 2 weeks レイヤー毎のチーム体制(WFでは生産性向上)で同期取れずスケジュール遅延 関係者が多く情報共有・進捗確認で忙殺(X拠点XXX名超)
  80. 80. ツールでアジャイル Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED それぞれが 自分を主張し 要求をチケット投入 タスク管理ツール 開発チーム お客様 矛盾 心変わり 丸投げ すべてが最優先 アジャイルは、タスク管理ツールを導入し、チケットで進捗管理すればいい お客様の要求は すべて正しいと信じている 受け身体質 112 113 114 115 116 117 大量の要求 チケット 残タスク 1168件 ソース中のTodo 250箇所 プロセス・ルール無しの安易なツール導入による混乱 79
  81. 81. 外野に丸投げアジャイル Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED80 利用率が低いPFの刷新 ・使い勝手が悪い・要望を反映できない アジャイル開発 を指示 Top コンサル Agile! スクラム コーチ PO 開発チーム コンサル PMO 有識者 共通技術 一括請負 A! B! X! SI事業部 Agile? 情報システム部門 Agile? SM Agile? 品質
  82. 82. 半年アジャイル(状況ヒアリング 本人作成資料) Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED81 委 託 者 受 託 者 カット カット
  83. 83. 半年アジャイル(担当者の吐き出し) Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED82 プロジェクト責任者 ベンダー PMO 細かい仕様はベンダーで考えてほしい • 技術的なことはよく分からない • 受入テストは簡単なのしかできないよ • 基盤とか非機能とか依存関係を考慮できない PO アジャイルの何が良いか分からない • 残業増えた • 構築途中でバグのある基盤で開発 • 無理と思っても計画を詰めこまれる • PO が外圧に屈してスプリント計画を変える • PO がなかなか捕まらない • プロジェクトが終わればチーム解散 Dev アジャイルにメリットを感じていない PO、Dev、PMOたちを繋げなければならない アジャイルコーチの強い干渉 • 無責任に適当なことを吹き込まれる • このプロジェクトにハマらないワークショップ • 心理的安全性が無いとプレッシャーかけられるだけ SM プロジェクトが失敗しても自分達の責任ではない • コーチの実績としてスクラムワークショップ はやらせたい • 「心理的安全性がないからダメだね」 アジャイルコーチ アジャイルに巻き込まないで ほしい • スケジュールにない割り 込みや変更は防ぎたい 下請け幹部 基盤部隊 (WF) 業務設計 それぞれの思惑はバラバラで WF型に戻るのは必然だったと思う カット カット カット カット 一部カット
  84. 84. 半年アジャイル(解説) Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED83 SI事業部 情報システム部門 WF Before 業務設計 チーム 開発 チーム 開発 チーム 開発 チーム 利用部門 SI事業部 情報システム部門 Scrum After 業務設計 チーム 開発 チーム 開発 チーム 開発 チーム PO PO PO 利用部門 Scrumコーチ チーム WFのほうがコミュニケーションが濃くて柔軟だった ×
  85. 85. 受託でアジャイル開発を長く続ける秘訣は? 「お客様にたくさんお金を使わせないことです。」 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED84 売上目標のある受託開発組織にとってはどうか? MVPを開発し、お客様のビジネスを育てて … 受注側の現場のマネージャーは今期の予算達成のために増員を提案。 優秀なメンバーだけをずっと引っ張られても困る。 成果を上げられなければ続けられない。 でかいMVPを …
  86. 86. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 参考)State of Testing Report 2020 85 https://qablog.practitest.com/state-of-testing/ 80ヵ国 1,500人のテストエンジニアへの調査
  87. 87. 参考)USでAgileの普及が加速している要因 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED •アジャイルの成熟 スクラム (1986) やXP (1996)といった根本的な考えやプラクティスをベースに アジャイルソフトウェア開発 宣言が2001に提言された。その後、様々なエンジニアがこの宣言を元にプラクティスを熟練させていき、 SAFeなど大規模向けのフレームワークが整備されるなど、10年の時を経てアジャイルが成熟した。 SAFe® for Lean Enterprises 5.0 Kniberg and Anders (2012). “Scaling Agile @ Spotify” 86
  88. 88. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED FYI :Volvo Cars 87 https://europe.safesummit.com/presentations/ From 0 to 500 Agile Teams in 18 Months – Volvo Cars implementing SAFe Mikael Westerdahl
  89. 89. 世界は Team Agile から Enterprise Agile へ Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 開発チーム 企業横断 プロダクトValue ビジネスValue 企業活動全体の価値向上 組織風土変革スキル Lean Enterprise 単一システムの価値向上 エンジニアリングスキル 自律組織 Team Agile Enterprise Agile ←(マネジメント対象)→ 企業変革コンサル ・組織風土改革 ・PPM連携 Agileコーチ ・プロセス/Testing ・自動化/ツール ・品質(QCD)改善 プロジェクト・ ポートフォリオ管理 財務会計 Agile/WFの同期管理 Issueの依存関係管理 XP,Scrum,Lean Team Large Solution Portfolio 88
  90. 90. 参考)USでAgileが普及が加速している要因 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED https://www.ibm.com/developerworks/community/blogs/c914709e-8097-4537-92ef-8982fc416138/entry/comparing_approaches_to_scaling_agile?lang=en 89
  91. 91. FYI : Cultural Diversity and Agile Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED US Japan トップの強いコミットメント ビジネスモデルを変革 現場まかせ ビジネスモデルは不変 Menlo Innovation headquarters in Ann Arbor, Mich. Photo by Elise Hu/NPR 90 スクラムは 「組織変革」 日本人にとっては 「新しい開発手法」
  92. 92. 危機感 ◼ 強いエンジニアは実践でしか育たないと長年考えてきた ◼ 大規模アジャイル案件が始まっている状況でそうも言っていられない Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED91 書籍:More effective agile から …その多くはリスクを嫌う。妨害を克服する ために自ら進んでエネルギーを注ぎ込むどこ ろか、妨害があるということは、その変革が 危険な考えで、諦めるべきだという証拠であ るというスタンスである。 自分で乗り越えて行く 放っておいても変わることはない
  93. 93. 育成の取り組み ◼ Dojo 実践訓練 富士通グループ、パートナー、お客様も受講可能 ◼ Studio 場 アジャイル開発チームを1か所に集結 ◼ 教材整備 コラムとして社外にも公開 ◼ 独自の社内認定制度 アジャイルCoEによる社内認定 ◼ アジャイル予備校 主にマジョリティー向け座学 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED92
  94. 94. Agile+ Studio Dojo Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED 仮想プロジェクト実践訓練 93
  95. 95. ①SIアジャイルの典型的な「失敗」を追体験 ◼ 発注元との交渉 ◼ スプリント計画 ◼ 顧客要求の引き出し ◼ タスクの分割、見積 ◼ 時間管理 ◼ 見える化 ◼ タスクボード ◼ バーンダウンチャート ◼ スプリントレビューでの状況報告 ◼ Gitの使い方 : Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED94 Aさん 「研修なんだからほどほどで良いんじゃないですか?」 講師 「練習で出来ないことを本番で出来ますか?」
  96. 96. ②WF脳からの方向転換 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED95 綿密に計画を立て 失敗しないよう ぬかりなく対応すること 事前に予測できない 失敗から学び すばやく対応すること
  97. 97. Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED ③ツールチェーンの効果を実感 チーム ペア 自動化・実行環境 ペア開発環境バックログ、 チケットを 作成・管理 ドキュメントを 作成・管理 コミュニケーション 各ツールからの 情報を集約 コミットごとに自動 ビルド自動テストな どのレポート生成 コンテナを自動デプ ロイ常に最新のアプ リケーションを実行 ソースコードを 管理 ペア 開発ツール 96 仮想の場
  98. 98. #10日間(4sprint)の実験/観察の場 先日の講師のブログから引用 「腕に覚えのある人が一人だけいるチームって、これまで最初早いけど SPレビュー段階では一番遅かった、ってのが割とあるかも。 みんなその人に頼っちゃうし、その人も自分が(良かれと思って)全部 主導しちゃうから結果的にロスが多い感じというか。 もしかしてWFだったらばっちりしっくりなチームの形なのかしら?」 このような現象がわずか3日目で観察できる。 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED97
  99. 99. Agile+ オンラインDojo 受講者・見学者の声 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED ◼ オンラインでやると聞き、どうやってやるかと思っていたが、各 種ツールを活用してアジャイル開発ができると認識できた。名前 は知っていても、使ったことがなかったツールを身体で覚える ことができた。 ◼ これまで、開発状況、都合悪いことを隠していた。しかし全部 オープンにすることで、ドロップするときに論理だてて説明す ることができる。特にリモートにおいては、チーム内・お客様 の信用得るために見える化が必要であり、ツール活用やルール 決めにより、やってやれないことはない。 ◼ オンライン会議での合意形成に向けたスキルがこの研修で見に つけることができた。 ◼ 見学者コメント ◼ これは研修だけでなく、これからのオンライン開発そのもの ◼ 先進的な取り組みは大変参考になるとともに、オンラインの可 能性を感じた ◼ 遠隔で開発演習できることがすごい、コーチ陣の育成、指導ス キルが高い ◼ 研修をやりながら、研修そのもののやり方をアジャイルで変えて いる ◼ 受講者コメント ◼ 受講前はリモートでアジャイル開発がどこまでできるのか疑問 だったが、ツールややり方を工夫すれば可能だとわかった。 ニューノーマル時代ではリモートが増えるため、リモートで もアジャイル開発ができるように備えておくべき。 ◼ 本を読んだりスクラム研修も受講済みで、アジャイルをどう 進めていくかは理解していたが、「知っている」と「でき る」の違いは大きい。時間の意識のしかた、見える化、チー ムのモチベーションを保つことの重要性を感じることができ た。 ◼ 「SDEMみたいな型なんだろう」と思っていたが、アジャイ ルは、組織や働き方の改革であり、手法ではない。考え方やマ インドを学ぶ機会が多くある10日間だった。リーダーとして やるべきことは何か?できるかも?!自分の立ち位置を考え させられるきっかけになった。 ◼ 多能工化された高レベルのSEであること、決断力・交渉力 (機能落としの嫌な調整に躊躇しない)、コミュニケーショ ン能力がとても大事。・・・まさに富士通で求められている DX人材そのものの姿ではないか。 98
  100. 100. 教材の整備 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED99 https://www.fujitsu.com/jp/group/fst/about/resources/featurestories/download-agile.html
  101. 101. アジャイル予備校 Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED100 ターゲット層 自分で勉強しない なぜか?がわからない 経験が少なく原則を消化、昇華できない 業務上必要な知識獲得 → 社内認定
  102. 102. 富士通、米Scaled Agile, Inc.とパートナーシップ締結 Copyright 2019 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED101 https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/06/1.html 大規模アジャイル開発 企業全体の変革 個人的な想い ・SIerのビジネスとして成り立つ規模に ・大きなことを言わないと誰も乗ってこない ・「丸投げ&外野だらけのアジャイル」 を回避する処方箋
  103. 103. アジャイルと日本型ITのギャップは乗り越えられるか? Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED102 アジャイル開発のイメージ ITによるイノベーション 能力の高い開発者を集める 個々のメンバーが主体的に行動 自律型で高速に進化するチーム ※私のイメージ 開発者の高い能力をビジネス 価値に高速変換するのが目的 ‘Time is money’ attitude スクラム 日本のSI文化 高PDI:階層構造は心地よい 高UAI:長期志向&リスクのある 変化は好まない 開発者のスキルレベル それほど高くない 越 え ら れ な い ギ ャ ッ プ
  104. 104. 基本に立ち返りイメージを再構築する Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED103 アジャイル開発のイメージ ITによるイノベーション 開発者の能力を高める チームで顧客価値を追求 自律型で継続的に進化するチーム 野中スクラム https://www.slideshare.net/InnovationSprint2011/2011-6794551 アジャイル開発のイメージ ITによるイノベーション 能力の高い開発者を集める 個々のメンバーが主体的に行動 自律型で高速に進化するチーム ※私のイメージ 開発者の高い能力をビジネス 価値に高速変換するのが目的 ‘Time is money’ attitude スクラム XP+KAIZENが 埋 め る
  105. 105. エンジニアの創造力を解き放つ ◼ 日本のアジャイルは普及の瀬戸際 大規模基幹系への適用も始まった ◼ しかし、美辞麗句では動かない スクラムだけでは越えられない溝 ◼ 多くの“まじめで忍耐強い” 日本のエンジニアに向けて 今こそ基本に立ち返り、 あらためてXPの思想を伝えてゆこう Copyright 2020 FUJITSU SOFTWARE TECHNOLOGIES LIMITED104 引っ越し後の定番プラクティス、 「配線引き直し」
  • ssuser105697

    Sep. 25, 2020
  • furusawakei

    Sep. 23, 2020
  • atsushinagata2

    Sep. 21, 2020
  • torutakeuchi

    Sep. 20, 2020
  • got4416

    Sep. 19, 2020
  • inosuke

    Sep. 19, 2020
  • hirotoshi8

    Sep. 19, 2020

エンジニアの創造力を解き放て! (抜粋ですいません 一部のページ、内容をカットしています) XP祭り2020 http://xpjug.com/xp2020/ コラム集 https://www.fujitsu.com/jp/group/fst/about/resources/featurestories/download-agile.html

Views

Total views

2,106

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

954

Actions

Downloads

16

Shares

0

Comments

0

Likes

7

×