研究の基本ツール

3,062 views

Published on

研究で使える基本的なツールの紹介。

注意:このスライドは、情報科学系研究室に向けた内容です。
特に実験ノートの項目は、化学・生物系とは事情が全く違うと思うので、注意して下さい。

Published in: Education
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,062
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
116
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

研究の基本ツール

  1. 1. 研究の基本ツール 大阪大学大学院 竹村研究室 M2 藤原 由来 (@sky_y)
  2. 2. 注意 • このスライドは、情報科学系研究室に向けた 内容です。 • 特に実験ノートの項目は、化学・生物系とは 事情が全く違うと思うので、注意して下さい。
  3. 3. 目次 • 研究でよくある作業とは? • ブレインストーミング • メモ・記録 • 文書・メモ・ファイルの管理
  4. 4. 研究でよくある作業とは? • 具体的な作業 • 事務作業 (Excel, Word) • 論文サーベイ • アイデア出し • 実験計画 • 実験 • 論文執筆 • プレゼンテーション
  5. 5. 研究でよくある作業とは? • 具体的な作業 • 事務作業 (Excel, Word) • 論文サーベイ • アイデア出し • 実験計画 • 実験 • 論文執筆 • プレゼンテーション • 実質行っていること(抽象化) • 情報収集 • ブレインストーミング • (非公式の)メモ・記録 • (公式の)文書作成 • メモ、文書、ファイルの整理 • 発表
  6. 6. 今回の内容 • 実質行っていること(抽象化) • 情報収集:後日 • ブレインストーミング • (非公式の)メモ・記録 • (公式の)文書作成:後日 • メモ、文書、ファイルの整理 • 発表:後日
  7. 7. ブレインストーミング
  8. 8. ブレインストーミングとは 集団(小グループ)によるアイデア発想法の1つ で、会議の参加メンバー各自が自由奔放にアイデ アを出し合い、互いの発想の異質さを利用して、 連想を行うことによってさらに多数のアイデアを 生み出そうという集団思考法・発想法のこと。 情報システム用語事典:ブレーンストーミング(ぶれーんすとーみんぐ) - ITmedia エンタープライズ http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0809/05/news140.html
  9. 9. 4つのルール 1. 批判は行わない。提出されたアイデアに対する批判や 判断、意見はブレスト中は排除する 2. 奔放なアイデアを歓迎する。つまらないアイデア、乱 暴なアイデア、見当違いなアイデアを歓迎する 3. アイデアの量を求める。アイデアは多いほどよい 4. 他人のアイデアを修正、改善、発展、結合する。出さ れたアイデアの改善案や組み合わせなども歓迎する
  10. 10. 付箋・情報カード 情報カードを考える(1) 倫敦巴里/ウェブリブログ http://e-bozu.at.webry.info/201005/article_32.html
  11. 11. KJ法 KJ法について http://crew-lab.sfc.keio.ac.jp/lectures/kj/kj.html ブレーンストーミングとKJ法 http://www.ritsumei.ac.jp/~yamai/kj.htm 参考:
  12. 12. マインドマップ
  13. 13. マインドマップとは • トニー・ブザンのマインドマップ • 思考・発想のためのツール • 脳の機能を最大限に生かすために、形・色・心がけなどに厳 密なルールがある • 広義のマインドマップ • 中央から放射線状に枝を伸ばした図 • ブレインストーミングだけでなく、文章構成(アウトライン) を組み立てるツールとしても使える
  14. 14. おすすめの使い方: 2つのマインドマップ • 1つ目:ブレインストーミング用 • 2つ目:アウトライン用 プレゼン資料や文書を書く際には、2つのマイン ドマップを使うとよい
  15. 15. 1つ目:ブレインストーミング用 • 中央にはテーマを一言で書く • そこから連想される言葉やキーワードを打ち 込み、枝を伸ばしたりグルーピングしたりす る • 分かりやすいようにアイコン(マーカー)を 付けたり、画像を付けたりして装飾するとな およい
  16. 16. 1つ目:ブレインストーミング用
  17. 17. 2つ目:アウトライン用 • 実際にプレゼン資料や文書を作るベースとな るマップ • 中央にはプレゼンや文書のタイトルを書く • 上のレベルから順番に章・節・項となるよう に構成を作っていく
  18. 18. 2つ目:アウトライン用
  19. 19. ツール • 紙とペン • できるだけ色は多く • できるだけ紙は大きく(少なくともA3) • XMind(おすすめ) • FreeMind
  20. 20. メモ・記録
  21. 21. 何のために記録を残すか • 実験の記録、手順を残すため • “ワーキングメモリ”として • 実験中の考え事 • 思い付いたアイデア • 「アイデアレベルのプライオリティー」の証拠
  22. 22. 研究ノート
  23. 23. 基本的な作法(抜粋・加筆) • 実験中や前後に起こったことは全部書く • 重要な電子データはプリントアウトしてノートに貼り付ける • 実験を行ったその場で記載する。(別紙にメモを取って後で転記してはならない) • ボールペンで記載すること。修正履歴が残るように記載すること。 • 日付を付け、時系列を順守して記載すること • ページにはページ番号を付けること • 1つの実験が多数の箇所に分断されないように記載すること • 他人が見て分かるように記載すること • 製本されたノートを使用すること 実験ノート - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
  24. 24. 輪講ノート・勉強ノート • 重要な事項は記録しておくと、記憶に残りや すい • 特に数式などは、手を動かした方が理解が深 まる(書き写すだけでもだいぶ違う)
  25. 25. 個人的な見解 • 情報科学ではあまり重視されないが、持って おいて損は無い • 竹村研ではExcelなどに実験データを記録する ことも多いが、そこに書き切れない事項やア イデアの書き場所として研究ノートは意味が ある
  26. 26. Evernote
  27. 27. Evernoteとは ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェ アないしウェブサービス
  28. 28. 特徴 • メールやウェブサイトをクリップできる • リンク経由でノートを共有できる • タグ・ノートブック(フォルダ)による分類 • タグ:関連する言葉(検索しやすいように) • ノートブック:プロジェクト
  29. 29. Markdown
  30. 30. Markdownとは • 文書を記述するための軽量マークアップ言語のひと つ • 「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして 記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML) 文書へと変換できるフォーマット」(John Gruber) • 現在はHTMLに限らず多種多様なドキュメントに変 換できる
  31. 31.
  32. 32. 様々なフォーマットに変換可能 • HTML • PDF • LaTeX (by Pandoc) • Word docx (by Pandoc)
  33. 33. 藤原の使い方 • 議事録を取る • ブログの下書き • Markdownでメモを書き、Evernoteに貼り付 ける
  34. 34. Markdownエディタ • Mac: Mou • Windows: MarkdownPad 2 • その他 • Vim, Emacs, Sublime Textなど
  35. 35. ドキュメント変換ツールPandoc • あるフォーマットの文書を別のフォーマットに変換する ツール • Markdown, HTML, LaTeXなどは相互変換可 • Markdown文書をHTMLだけでなくLaTeXやWord docx などに変換可能 • 詳しくは: HTML - 多様なフォーマットに対応!ドキュメ ント変換ツールPandocを知ろう - Qiita
  36. 36. 文書・メモ・ファイルの管理
  37. 37. Getting Things Done (GTD)
  38. 38. ファイル整理における実践 • Inboxフォルダ • まずはここにファイルを作る • 定期的に分類する • Projectsフォルダ • 現在活動中のプロジェクトに関するフォルダを入れる • Referencesフォルダ • 終了したプロジェクトや資料として見返すもの、素材やライブラリな どに関するフォルダを入れる
  39. 39. Evernoteでの実践 • Inboxノートブック • プロジェクトごとにノートブックを作って分 類
  40. 40. おすすめの本 デビッド・アレン: はじめてのGTD ストレス フリーの整理術
  41. 41. クラウドストレージ • Dropbox • どの端末からでもアクセスできる • 簡易的な自動バックアップ機能がある • SkyDrive • GoogleDrive
  42. 42. 共有すべき情報 • 研究室のローカルページ • たまに覗くと、情報が追加・更新されている • 共有した方が有用だと思ったら、どんどん書くべし • Google Drive • 研究室で共同編集したいドキュメントはこれを使うと便利 • Qiita, 自分のブログ • 外部のエンジニアや研究者にとっても有益な情報は共有しよう
  43. 43. まとめ • 研究でよくある作業とは? • 情報収集、ブレインストーミング、(非公式の)メモ・記録、(公式の)文書作成、メモ・ 文書・ファイルの整理、発表 • ブレインストーミング • 付箋・情報カード:KJ法 • マインドマップ:2枚のマップで文書作成、XMind • メモ・記録 • 研究ノート、Evernote、Markdown • 文書・メモ・ファイルの管理 • GTD、クラウドストレージ、共有すべき情報

×