FMCakeMixってウマイの?(2012年12月改訂版)

2,144 views

Published on

2012年12月22日に行われたカスタムWeb勉強会で発表した資料を加筆・修正したものです。内容はFileMaker ServerのカスタムWeb公開機能とCakePHPを利用したWeb公開を行うためのチュートリアルです。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,144
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
619
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

FMCakeMixってウマイの?(2012年12月改訂版)

  1. 1. FMCakeMixって ウマイの? (2012年12月改訂版) Kentaro Suzuki
  2. 2. これは何?2012年12月22日に行われたカスタムWeb勉強会で発表した資料を加筆・修正したものですFileMaker ServerのカスタムWeb公開機能とCakePHPを利用してWeb公開を行うためのチュートリアルです
  3. 3. このような方向けですインスタントWeb公開を使ってみたけど限界を感じたカスタムWeb公開にトライしたいけど… HTML、CSS、PHPをよく知らない 何から初めたら良いか分からない
  4. 4. 目的カスタムWeb公開(XML公開)を始めるFileMakerデータベースのデータをWebブラウザに表示する
  5. 5. お題必要なものインストール&デプロイデータベースの作成Web側のコーディング動作確認次のステップ
  6. 6. 必要なものOS X Mountain Lion搭載のMacApacheとPHPFileMaker Pro 12 (Advanced)FileMaker Server 12 (Advanced)CakePHPFX.phpとFMCakeMixテキストエディタ
  7. 7. サンプルファイル下記URLよりダウンロードできますhttp://atarime.lolipop.jp/samplefiles/cakephp-members-sample.zip
  8. 8. ApacheとPHPOS Xならインストール済
  9. 9. FileMaker Server でもお高いんでしょう?
  10. 10. 無料評価版から始めよう無料評価版(30日間無料)FileMaker Server Advancedの機能が制限なしで利用できる
  11. 11. TechNetに参加するとテスト用途限定のDevelopmentLicenseのFileMaker ServerAdvancedが利用できる(接続クライアント数は3を上限)FileMaker Technical Network 9,450円/年で参加
  12. 12. CakePHPWebアプリケーション フレームワーク
  13. 13. FX.php FileMaker ProのDBに接続するためのライブラリクラス
  14. 14. FMCakeMixCakePHPとFileMakerを接続する データソースドライバー
  15. 15. インストール&デプロイ
  16. 16. ApacheApacheの設定ファイルであるhttpd.confを編集し下記を設定 PHPを有効にする .htaccessの使用を許可するApacheを起動
  17. 17. PHPを有効にするviエディタ等でhttpd.confを編集ターミナル.appで下記コマンドを入力$ sudo vi /etc/apache2/httpd.conf117行目付近の#LoadModulephp5_module libexec/apache2/libphp5.soのコメント(#)を外す
  18. 18. .htaccessの使用を許可同様にhttpd.confを編集<Directory "/Library/WebServer/Documents">セクションにあるAllowOverride NoneをAllowOverride Allに変更(216行目付近)
  19. 19. Apacheの起動ターミナル.appから下記コマンドを実行$ sudo apachectl start既にApacheが起動中の場合は$ sudo apachectl restart
  20. 20. FileMaker Serverインストール展開(デプロイメント)XML公開を有効にするデータベースサーバーの起動Web公開の開始
  21. 21. CakePHP
  22. 22. CakePHP解凍してできたディレクトリをmembersにリネームして、/Library/WebServer/Documents/へコピー/Library/WebServer/Documents/members/app/tmp以下をApacheユーザーが書き込みできるよう権限を変更
  23. 23. CakePHP/Library/WebServer/Documents/members/app/Config/core.phpの下記の値を変更 Security.salt Security.cipherSeed
  24. 24. FX.php
  25. 25. FX.php/Library/WebServer/Documents/members/app/Vendor/へコピー datasource_classes FX_constants.php FX_Error.php FX.php image_proxy.php
  26. 26. FMCakeMix
  27. 27. FMCakeMixfilemaker.phpを/Library/WebServer/Documents/members/app/Model/Datasource/Database/へコピーDatabaseディレクトリは作成する
  28. 28. データベースの作成
  29. 29. なんちゃって個人情報
  30. 30. なんちゃって個人情報 タブ区切り形式等でダウンロード
  31. 31. データベースの作成ダウンロードしたデータをFileMakerProにドロップしてDBを作成fmxml拡張アクセス権をセットテーブル名とレイアウト名はmembers主キーとして利用するidフィールドを追加
  32. 32. Web側のコーディング
  33. 33. database.php/Library/WebServer/Documents/members/app/Config/database.phpデータベースの接続情報を記述
  34. 34. Controller/Library/WebServer/Documents/members/app/Controller/MembersController.phpモデルからデータを受け取りビューへ渡す流れを記述
  35. 35. Model/Library/WebServer/Documents/members/app/Model/Member.phpアプリケーションのロジックを記述
  36. 36. View/Library/WebServer/Documents/members/app/View/Members/index.ctpHTML等の出力を行う役割
  37. 37. routes.php/Library/WebServer/Documents/members/app/Config/routes.phpURLをデザイン
  38. 38. 動作確認
  39. 39. localhost/members/
  40. 40. 次のステップ
  41. 41. ドキュメントを読もう
  42. 42. CRUDを実装しよう新規レコードの作成レコードの表示(できましたよね)レコードの更新レコードの削除
  43. 43. 参考URLカスタムWeb勉強会 <http://www.famlog.jp/cwpstudy/>
  44. 44. 参考URLFileMaker 無料評価版、アップデータのダウンロード | FileMakerhttp://www.filemaker.co.jp/support/downloads/FileMaker Technical Networkhttps://fmdev.filemaker.com/
  45. 45. 参考URLCakePHP: the rapiddevelopment php framework.Pages http://cakephp.org/yodarunamok/fxphp · GitHub<https://github.com/yodarunamok/fxphp>
  46. 46. 参考URLmatsuo/FMCakeMix · GitHub<https://github.com/matsuo/FMCakeMix>なんちゃって個人情報 <http://kazina.com/dummy/>
  47. 47. 参考URLWelcome — CakePHP Cookbookv2.x documentation <http://book.cakephp.org/2.0/ja/index.html>

×