Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20111205 駒澤大学講演プレゼン2

1,532 views

Published on

2011年12月5日に駒澤大学 非営利組織論にて、ネコワーキング@水道橋のオーナー広瀬眞之介が講演した内容の一部

Published in: Business
  • Be the first to comment

20111205 駒澤大学講演プレゼン2

  1. 1. 個人からスタート出来る 地域活性~8年間模索した男の実践から学ぶ~ 広瀬眞之介
  2. 2. 目的• 地域活性を – 個人でもスタート出来る事を知ってもらう。 – 自分にも出来ると思って頂く。 – 出来るようになるには何が必要かを知る。
  3. 3. 目次• 自己紹介 – 地元で起きた再開発 – なぜ田舎? – 会津でGT• デジハリ田舎実験室• 起業の家庭教師 – 内容• トラ男のプレゼン• 広瀬のこれからの事 業
  4. 4. コミュニティ(東京が抱える問題)• コミュニティの断絶(地元民と移住者) – 古くから続いていたお祭りを「うるさい」と 警察に通報し、時間を短縮させてしまった。
  5. 5. コミュニティ(東京が抱える問題)• コミュニティの断絶(地元民と移住者) – 新しい住民は昔ながらのおいしいパン屋(商 店街)で購入しない。
  6. 6. ここ十年の大きな変化 再開発 6
  7. 7. 一部は反対されるものも 住民の反対 7
  8. 8. 何がおきているのか交渉時 ディベロッパー こんな感じで つくります 交渉 最上階& 2階& 高さ 500万円 100万円 大丈夫です 8
  9. 9. ご近所同士の争い完成時 ディベロッパー できました 話と違う 話と違う 話と違う なんで なんで 400万も多い? あんなもの建てた? 9
  10. 10. 再開発時の争い賛成派 VS 反対派賛成派 VS 賛成派新住民 VS 旧住民 コミュニティの疲弊 10
  11. 11. つまりハコモノだけ・・ 11
  12. 12. 苦悩する日々• 「東京うまれ、東京育ち」じゃない人は もともとの地元を大切にしてくれない。• でも、彼らのおかげで税収が潤っている 部分もある。• 地元も頑なになって悪循環な部分もあ る。 どうすればいいんだ・・・? 13
  13. 13. ツアーの様子
  14. 14. 東京一極集中問題の図• 都市だけで都市問題を考えるには限界が ある 都心 郊外 地方「都市問題」と「地方の活性化」は一緒に考える
  15. 15. 東京は嫌い?!(東京が抱える問題)• 東京、「大好き!」って言って欲しい。 – 東京も都心という役割を担った一地域に過ぎない。(地方は過疎) – 望まない地域で暮らしている人を減らしたいし、東京嫌いなんていい ながら私達の地元で暮らして欲しくない。 好きな地域で、好きな仕事をして暮らせる 社会を作りたい。
  16. 16. 思いついた地域活性案が 地域SNSで 地域の情報を 共有する
  17. 17. 思いついた地域活性案が 地域SNSで 地域の情報を 共有する
  18. 18. 地域サイト「文京都心」の失敗• 情報=お店と消費者のバランスが難しい – 本当に教えたいお店と、掲載をOKしてくれる お店が一緒とは限らない。 • 例「これ以上お客が増えても常連に悪いから教え ないで」 – 本当に美味しいお店ではない所が掲載を望 む。 • ただし、消費者に望ましくないものばかりが掲載 されると媒体価値がなくなり、消費者が使わなく <そもそもの疑問> なる。 情報を発信して、地域コミュニティが再生す る?
  19. 19. 地域サイト「文京都心」の総括• ビジネスモデルが成り立っていないと疲弊す る。 • mixiも当初赤字だが、「将来的には黒字の絵」が あった。 <問題点> なんとなく“いけそう”はまずかった。• 競合分析が足らない。 • お店を紹介してくれるサイトはいくらでもあるし、 <疑問> そちらの方がお客を呼べる。(例:食べログ。ホッ 敵は地域サイトではなく、専門サイト & トペッパーなど) etc...
  20. 20. 地域サイト「文京都心」の総括• わざわざ「“文京区の”お店を利用した い。」と思う人は少ない。 • 多くの人は自分が欲しいモノを求めて横断的に地 域を回る。 <ニーズがない> おしゃれな人は良い店があるなら、 銀座だろうが、原宿だろが、渋谷だろうが行 く。• ゴールのブレ • 地域情報の提供→コミュニティの活性化? <そもそもの疑問> 情報を発信して、地域コミュニティが再生す る?
  21. 21. ある店舗の方との会話• 携帯クーポン、スタンプな地域サイトの サービスどうですか? – 「紙でいいじゃん。」• マーケティングデータなど取れてニーズ 把握に利用できますよ。 – 「常連に話しかけて、感想聞けばいいじゃ ん。」 「てかさ、リアルにお客とコミュニケーション取れない 奴が、 いくら道具を持っても意味ないんじゃない の?」
  22. 22. orzたしかに・・・
  23. 23. では、広瀬からは何かないのか?
  24. 24. デジハリ田舎実験室とは• デジタルハリウッド大学院に通う社会人院生が 中心となって設立した自主ゼミ。 – 20代から60代のメンバー10人程度 – アミタ、学生、ADK退職者、田舎で働き隊仲介コン サル等 デジタルハリウッドとは 15年前、IT・デジタル人材を育成するために設立 3Dデザイナー、クリエイターを輩出
  25. 25. 目的• 「地域とデジタルクリエイターが助け合える関 係性」を追求・研究し実践。【IT業界】 【地域】・自分が身につけた ・都会の人の感性や技ITのスキルを使っ 術で、田舎の課題解決て、自分の故郷など デジハ を手伝ってほしい。地域に貢献したい。 リ 田舎 ・移住してくるなら・そもそもwebの仕 実験室 ば、「自分で稼げる事は田舎に住んでも 人」の方がありがたできるはず。将来的 い。には田舎に移住したい。 ・作ったはいいが、放 置しているサイトがあ る。
  26. 26. 団体の大枠• ゼミ&実験の場• プロジェクトを実験し、収益が可能であ れば、別団体とした上で、フィーを頂き 活動費に。 デジハリ田舎実験室 デジハリ田舎実験室 プロジェク プロジェク ト ト プロジェク ト フィー・ 成功・分離 ノウハウ プロジェク ト
  27. 27. 誕生秘話• 2009年の6月にデジハリ×アミタの共催で イベント「地域を変えるwebクリエイティ ブ、地域が変えるワークスタイル」を開 催 予想を超える約100人のIT業界の人が集まる。 9割が移住希望。うち17%は3年以内の移住希 望。
  28. 28. あるべき姿に近づくために「地域で自分の食い扶持を創る」ためのステップ 地域で自分 の食い扶持 (事業、就 プレ事業、 職)を創る 出前講座等 を通して 移住! ナレッジと ノウハウ、 お試し移住 人脈の蓄積 実験!実験! ネットワーキング
  29. 29. 月一定例会 勉強会• 「デジタル×地域」に興味のある方々に勉強会を 行う• 20人前後の方が参加。満員御礼。• 勉強会内容は以下の通り – 「学習講座を地域活性に活かす」 – 「地域サイト失敗事例」 – 「GT実践者の報告」 – 「地方都市でのIT起業」全体メーリングリストは 100人
  30. 30. 出前講座 その2 講演&WS「都会の若者の移住」• 福島県鮫川村の「農的暮らしセミナー」にて講演• 北大の敷田先生とのコラボでワークショップを行う。 – 若者を移住させるためのプログラムを住民がグループを作って 作成。 – 地域がどんな貢献を出来るか?何が強みなのかを考えて頂く。 地方への情報提供
  31. 31. 実験する人の育成 その1 起業の家庭教師• 地域で起業したい若者や、地域のためにプロジェクトを したい人の支援• ソーシャルファーマー「トラ男」が第一号。• 面談時間が長く、事業の実践を求めています。 – 月2~3回、60~90分の面談を行う。 – 学生:月9800円。 社会人19800円。 – 初回無料。
  32. 32. 実験プロジェクト その1ソーシャルファーマー「トラ男」• ソーシャルメディア(ブロ グ・ツイッター・Youtube) を活用してお米を売る。• 「顔の見える生産者・顔の見 える消費者」• 新しい販路・新しいコミュニ ケーション• ISDNしかない地域。• 0から学生が作成。農家との ネットワークも一から。• 10月7日から販売開始。• http://torao.jp/ フォロー・購入を お願いします!
  33. 33. 実験プロジェクト その3 ネット番組「ふるさと給食」• 地域の美味しいものを地域の人が紹介するUst番組• 今月末より隔週水曜、アーツ千代田3331トビムシスタジ オから配信予定!• ふるさとのこと、自慢の美味しいもの、観光・イベント 案内にご利用ください。生放送を使った、新しいPR方法の模 索
  34. 34. チームポリシーぽいもの• 合意形成をとらない。 – 少数のやる気のある地域の人がいらっしゃれば始める。• 地域の人、あるいはそれに準ずる人とでないと出来な い。 – Uターンの支援がやりやすい• むしろ失敗しろ!どんどん失敗しろ! – ただし、大けがしない様にだけはする。• ITは道具 – 地域に入ったらなんでもしなきゃいけない。 – マーケティング、ブランディング、商品開発、サイト制 作、広報、販売、営業、企画、ネットワーキング、経営、 製造、農作業
  35. 35. まとめ• デジハリ田舎実験室は – ゼミ&実験場 地方に移住する都会スキル人を増やす 移住する時に使える武器を生み出す都会のスキルを地方へ。地方の魅力を都会人へ。
  36. 36. 地域起業家育成プロジェクト ~起業の家庭教師~ デジハリ田舎実験室 代表 広瀬眞之介 2011/07/20
  37. 37. アジェンダ• 起業の家庭教師とは、• 2010年度の実績「トラ男」への指導成果• 指導方法 – 指導内容 – 指導の方針 – 起業失敗経験を活かした適切な情報提供 – コーチングを利用した指導• 起業の家庭教師が目指すモノ• 連絡先
  38. 38. 起業の家庭教師とは起業を長時間・長期間に渡ってサポート• 既存の支援者ではカバー出来ていない – 投資家 • 配当、キャピタルゲインが得られるプランのみ。 – 起業家 • 忙しい。凄すぎてついていけない場合あり。 – コンサルタント、大学教授 • 人によって起業経験が薄い、理論重視な場合も。 – 起業講座 • 座学のみ。実際の実行までフォローしない。
  39. 39. 2010年度の事例「トラ男」• 社会人経験のない学生• 地元秋田の地域活性したいが、 どうして良いかわからない。• プラン自体はありきたり、今とは違って いた。 – 「ネットでイケメンの農家が米売ったら、売 れると思うんです。」 どこにでもいる「普通の学生」と「平凡なプラン」が・・
  40. 40. 一年で、メディアが注目するように。
  41. 41. 成果:売上や補助金• 売上 – 初年度用意した米500kgを秋~冬で完売。• 補助金獲得 – 内閣府の社会起業家コンペ – 300万獲得 予想以上の売れ行き。国も一定の評価。 トラ男の詳細はhttp://torao.jp/で
  42. 42. 何をしたのか?• 週一3時間ミーティング(一年で150時間 以上)• 宿題を出し、必ず事業を進ませる要するに「手間(宿題)・ヒマ(時間)を かけた」
  43. 43. 指導&課題の内容• プロジェクト促進 • イベントの運営方法 – 進捗確認 – 申込み~フォロー – モチベーション管理 – 参考図書の提示と読込確認 • クリエイティブ – 写真撮影方法• 経営 – サイト制作のディレクショ – 事業計画書 ン – 収支計画書 – プレゼン制作・指導 – 補助金の獲得の資料作成 – 目標設定 • コミュニケーション – 顧客管理・フォロー• マーケティング – ブログ制作・運営 – ヒアリング – ポジショニング • 販売戦略 実際の「プロジェクト実行」に重点
  44. 44. 指導の方針
  45. 45. 指導の方針 スキー場を作るイメージ• 座学だけでなく実践! – スキーを座学だけで出来るようにならないように、起業も座学 だけでなく、実際に滑ってもらいます。• 柵を作って大怪我しないようにします。 – 借金作って、大きな広告を打ってしまうなど再起不能な問題だ けは止めます。 – 多少の怪我はむしろ推奨。失敗から学ばせます。• 自分で技を生み出せるように。 – 家庭教師がつかなくなった時に、自分で考えて実行出来るよ う、ヒント提示や、コーチングをします。
  46. 46. こける(=失敗)のをどんどんして欲しい
  47. 47. スキー場の中なら、何しても良い。
  48. 48. 適切な情報提供 広瀬の起業失敗を活かす• 地域情報サイトや、その他ビジネスプラ ン 当時必要だった知識や本、手法を紹介
  49. 49. トラ男に貸した本は30冊以上
  50. 50. コーチングを利用した指導• 心構え。• 褒める。• 引き出す。• 自分で走らせる。• 怒るときは凄い気を遣う。
  51. 51. 心構え• 出来なくて当たり前 – 最初から同じ事を10回言う覚悟があれば、すぐ怒 らずにすむ• 赤ちゃんが初めて、「パパ」と言えた時の感 じ – 出来たらメッチャ褒める。
  52. 52. 褒める• 基本的に受入れる – いきなりは出来ない。 • 良いところを褒める • その上で必要になりそうなモノを提示する。 モチベーションの維持に気を遣う。 • これまで体験していないことが次々起る。 • へたらないように。挫けないように。 • でも、少しずつ出来るように改善させてい く。
  53. 53. 引き出す• つい、こうした方がいいと言いがち。 – 出来るだけ彼の口から言わせたい。 – でないと、自分で考える力が湧かない。
  54. 54. 具体的な引き出し方法• すぐには教えない。• まず考えさせる質問や宿題を出す。 – その上で、必要なタイミングに 必要な情報(本)を具体的に出す
  55. 55. 怒るときは凄く気を遣う• 実際の伝え方 – 具体的に何について困っているかを言う。 – 指導者が感じてた事(例:悲しい)を伝える。 – 期待していること、出来ると信じていることを伝 える。• 目線や、間の取り方も工夫。• 「お前はダメだ」と言って伸びる人はほぼい ない。 感情的に怒っても、相手は動かない。 それどころか、やる気を失い、やめてしま う。•
  56. 56. 起業の家庭教師で 望む地域で暮らせるように仕事を創る• 移住支援として、地方に若者が帰る事が 出来るようにしていく。
  57. 57. 地域活性を個人で始める方への メッセージ
  58. 58. 捜し物はどうしたら見つかるのか?• 書籍 – 「働く意味の見つけ方」 – 「楽天大学学長が教えるビジネス頭の磨き 方」• 失敗の数がものをいう。 – 日本サッカーリーグの外国人選手の特長• アメリカの統計調査における起業の成功 要因 – 一番の要因はgrit
  59. 59. 私の経験から伝えられること• 起業家の成功要因は – 「Intelligence」より「Grit」 • 不屈の、粘着、あきらめない – 1万時間やれば天才に。 • 二年なら11時間 • 十年なら2.3時間
  60. 60. 最後に
  61. 61. ありがとうございました• デジハリ田舎実験室 代表 広瀬眞之介• 参考資料 – プロデュース能力 佐々木直彦 – 誰が世界を変えるのか? – 超!部下マネジメント術 石田淳

×