Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Db2をAWS上に構築する際のヒント&TIPS 2019年7月版

1,521 views

Published on

IBM Db2 を AWS上に構築する際のヒント&Tipsです。
以下の資料が古くなっていたので、記述を現在のAWSサービスに合わせて更新したものです。
https://www.slideshare.net/simosako/db2awstips-20181
https://www.slideshare.net/simosako/db2awstips

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Db2をAWS上に構築する際のヒント&TIPS 2019年7月版

  1. 1. 1 Db2をAWS上に構築する際のヒント&TIPS 2019年7月13日 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 下佐粉 昭 @simosako Rev.3
  2. 2. 2 自己紹介 名前:下佐粉 昭(しもさこ あきら) @simosako Unofficial DB2 Blog, Db2の書籍 http://db2.jugem.cc/ 所属: – アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 好きなAWSサービス:Redshift, QuickSight, S3 – 人を運用等から開放して、ビジネスに集中させ てくれるサービスが好きです
  3. 3. 3 アジェンダ • AWS概要 – AWSのネットワーク • AWSの仮想マシン – RDB用途でEC2を利用する:選択の指針と注意点 • AWSのストレージ – RDBでパフォーマンスを出すためのストレージ構成 • バックアップとディザスタ・リカバリ • (補足)モニタリングとAWSのマネージドサービス
  4. 4. 4 アマゾン ウェブ サービス (AWS)概要
  5. 5. 5 ネットワーク アナリティクスコンピュート ストレージ & 配信 開発ツール 管理ツール セキュリティ アプリケーションサービス モバイルサービス データベース エンタープライズアプリ S3 CloudFront EFS Glacier Storage Gateway API Gateway AppStream CloudSearch Elastic Transcoder SES SQS SWF Device Farm Mobile Analytics Cognito SNS RDS DynamoDB ElastiCache Redshift WorkSpaces WorkDocs WorkMail Lambda Elastic Container Service Elastic Beanstalk EC2 VPC Direct Connect Route 53 EMR Data Pipeline Kinesis Machine Learning Elastic Load Balancing QuickSight Elasticsearch Service CodeCommit CodeDeploy CodePipeline CloudWatch Cloud Formation CloudTrail Config OpsWorks Service Catalog Identity & Access Management Directory Service Trusted Advisor Cloud HSM Key Management Service Web App Firewall Snowball Simple DB Database Migration Service IoT IoT Hubs Mobile Hub 165以上のAWSサービス群 CodeBuild Athena 機械学習 Lex Machine Learning Polly Rekognition GameLift ゲーム Pinpoint Step Functions
  6. 6. 6 日本で10万以上のお客さま(※) (世界で数百万以上) (*) お客さまとは、アクティブカスタマー数を指します。 アクティブカスタマーとは、AWSクラウド無料利用枠を含むAWSアカウントの先月の使用状況のあるアマゾン会員でない対象アカウントです。
  7. 7. 7 同じ操作、同じAPIで世界中のリージョンが利用可能 1. 米国東部 (バージニア北部) 2. 米国西部 (北カリフォルニア) 3. 米国西部 (オレゴン) 4. 欧州 (アイルランド) 5. アジアパシフィック(東京) 6. 南米 (サンパウロ) 7. アジアパシフィック (シンガポール) 8. アジアパシフィック (シドニー) 9. GovCloud (米国西部) *1 10. 中国 (北京)*2 11. 欧州 (フランクフルト) 12. アジアパシフィック (ソウル) 13. アジアパシフィック(ムンバイ) 14. 米国東部(オハイオ) 15. カナダ(中部) 16. 欧州(ロンドン) 17. 中国(寧夏) *2 18. 欧州(パリ) 19. アジアパシフィック(大阪ローカル)*3 20. GovCloud (米国東部) *1 21. 欧州(ストックホルム) 22. 香港特別自治区 *1 GovCloudは米国政府関係企業用です *2 中国のリージョンは他AWSのアカウントとは別のアカウント作成が必要です *3 大阪ローカルリージョンの利用には、事前の申込と審査が必要です 今後、中東(バーレーン)、アフリカ(ケープタウン)、イタリア(ミラノ)、 インドネシア(ジャカルタ)でのリージョンオープンを計画
  8. 8. 8 • リージョンは複数のアベイラビリティゾーン(AZ)で構成されています • 全世界で合計66のAZ • AZは、複数のデータセンターによって構成され、高い耐障害性を提供で きる設計になっています リージョンとアベイラビリティゾーン(AZ) AZ AZ AZ AZ AZ Transi t Transi t https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/
  9. 9. 9 複数のAZにまたがった設計で高い可用性を実現 • AWSの基本はマルチAZ構成 – 複数のAZにまたがった構成 • サービスをAZに跨って配置 – Load Balancer (ELB) – WEBサーバ(EC2+EBS) – DBサーバ • EC2もしくはRDS
  10. 10. 10 Amazon VPCとDirect Connect • VPCでクラウド内にプライベートネットワークを構築 • プライベートNW内には自由にサブネットを作成可能 • 既存インフラとはVPNか専用線(Direct Connect)で接続 AWSクラウド VPC イントラ インターネット プライベート サブネット 分離したNW 領域を作成 インターネット VPN接続 (IPSec) パブリック サブネット インターネット ゲートウェイ 仮想サーバ (EC2) DBサービス(RDS)専用線接続 Direct Connect
  11. 11. 11 ここまでのまとめ:VPCとマルチAZが活用のキモ 企業のDC Availability Zone-A AWS 東京リージョン Availability Zone-C virtual private cloud VPC subnet VPC subnet 10.1.0.0/16 10.1.1.0/24 10.1.2.0/24
  12. 12. 12 仮想マシン Amazon Elastic Computing Cloud (EC2)
  13. 13. 13 • 予測が困難=サイジングが困難 インフラ全体の課題 コスト 時間 予測 実際の推移 スケールダウンは 不可能 高額な設備投資費用 キャパシティープランが難しい ビジネスの機会損失 初期費用が膨大 実際に使用していない 資産にも費用が発生
  14. 14. 14 • 数分で起動、1秒ごとの従量課金で利用可能な仮想サーバ • 多数のOSをサポート、OSライセンス費用込みで従量課金 • 自由にソフトウェアのインストールが可能 • スケールアップ/ダウン、スケールアウト/インが容易に可能 Amazon EC2(Elastic Compute Cloud) 電源、ラック等 ハイパーバイザー 利用したい ミドルウェア お客様独自のアプリ ケーション OS (Windows,Linux) ネットワーク ボタンを押して数分で、 ここまで準備される アプリ、ミドルウェア、 監視ツール等を自由に導入
  15. 15. 15 EC2 インスタンスファミリー • 利用用途に合わせて様々なファミリーをご用意 • RDBはメモリの大きさがキモ → R5/R4シリーズが第1候補(他にはM5/M4やC5/C4) ファミリー 汎用 M5/M4シリーズ T3/T2シリーズ コンピューティング最適化 C5/C4シリーズ メモリ最適化 R5/R4, X1, Z1シリーズ ストレージ最適化 I3, D2シリーズ 高速コンピューティング G3, P3/P2, F1シリーズ 通常用途に適したバランスのコンピューティング・メモリ・ネットワーク性能 T3/T2はバーストにより費用対効果が高い性能を提供 高いCPU性能が必要な用途(APサーバ、HPC、画像処理、etc) コアあたりのメモリが大きく、大量のメモリが必要な用途(DBサーバ、etc) 高速かつ大量のローカルディスクが必要な用途。SSD(I3)とHDD(D2)から選択 (DBサーバ、DWH、ビッグデータ、etc) GPUコアが必要な用途(グラフィック表示、機械学習、etc)や、 FPGAの提供(F1シリーズ) http://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/
  16. 16. 16 インスタンスタイプの整理と選択 インスタンスファミリー 世代 インスタン スサイズ R 5 . 8xlarge インスタンス ファミリー 世代 サイズ R5インスタンスの例
  17. 17. 17 柔軟なキャパシティ変更で環境の変化に対応 • インスタンスファミリーやタイプの変更は簡単 • 台数の増減もAPIを使って自動化可能 例)AM9時から15時までサーバ台数を増加し、それ以外は減らすように自動化 Scale Up EC2 EC2 Scale Down EC2 サーバーのスペックを 簡単にあげられる スペックを下げて コストダウンも可能
  18. 18. 18 注意点①インスタンスタイプでネットワーク速度が異なる • インスタンスによりCPU, メモリだけでなくネット ワーク速度も異なる 詳細はこちら: http://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/
  19. 19. 19 注意点②T2/T3インスタンスはバースト性のCPU性能 • T2/T3はCPUクレジットが残っている場合に CPU性能がバーストする – 1クレジット=1分間vCPUのフル性能を発揮できる – CPUを使わない時間の経過でCPUクレジットが回復 – クレジットが枯渇すると、ベースラインの性能に • 高負荷状態が一時的である事が見込める業務、 もしくは開発・検証に • 上位インスタンスはクレジットが多く、利用 可能な範囲がより増える • UnlimitedをONにすることで、追加費用によ りバースト性能を維持することも可能 (T3は デフォルトON) – https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/burstab le-performance-instances.html
  20. 20. 20 注意点③パブリックIP(グローバルIP)の扱い • EC2にはプライベートIPとパブリックIPの両方を付与可能 • プライベートIPアドレスは自由に設定可能(もしくはDHCP利用可能) • パブリックIPは起動時に付与される – 停止→始動でパブリックIPアドレスは変化する • Elasitc IP address (EIP)でパブリックな固定IPを利用可能 – とはいえ、Db2用にはプライベートIPのみで良いケースがほとんど – Webサーバ等でも不要なケースがほとんど(※本資料では解説していませんがAWSのロー ドバランサー(ELB)との組み合わせで実現) • 注意点 – EIPをインスタンスにアタッチしていない場合は利用料金が発生 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/elastic-ip-addresses-eip.html
  21. 21. 21 ストレージ Amazon Elastic Block Store
  22. 22. 22 EC2のブロック・ストレージには二種類ある Amazon EC2 インスタンスストレージ • ホストコンピュータに内蔵されたディスク • EC2と不可分 • EC2を停止/削除するとクリアされる • 性能・容量はインスタンスタイプごとに規定 • 追加費用なし Amazon Elastic Block Store (EBS) • ネットワークで接続 • EC2とは独立管理 • EC2を削除してもEBSは保持可能 • ボリュームごとに性能・容量を定義可能 • EBSの費用が別途発生 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/Storage.html
  23. 23. 23 Amazon EBS (Elastic Block Store) • EC2にマウント可能なブロックストレージ • 1つのEBSは最大16TB, 最大64,000IOPSまで性能を確保可能 • 内部的に冗長化されているため、RAID1での冗長化は不要 • サイズ変更可能 • スナップショット機能でS3に差分バックアップ EBS/dev/xvdf /dev/xvda EC2 EBS EBS S3 2日前 3日前 4日前 S3 2日前 3日前 4日前 スナップショット スナップショット
  24. 24. 24 【補足】EBSのボリュームタイプ①(SSDタイプ) ボリュームタイプ 汎用SSD(gp2) - General Purpose SSD プロビジョンドIOPS(io1) - Provisioned IOPS(SSD) ユースケース • システムブートボリューム • 仮想デスクトップ • 小~中規模のデータベース • 開発環境や検証環境用 • 汎用SSDでは処理しきれない高いIO性能を 要求するアプリケーション • 10,000IOPSや160MB/sを超える性能を要 するワークロード • 大規模なデータベース ボリュームサイズ • 1GBから16TBまで • 4GBから16TBまで IOPS • 1GBあたり3IOPSのベースラインパ フォーマンス • ベースラインパフォーマンスが 3,000IOPS以下の場合、3,000IOPSまで バーストが可能 • 最低100IOPS、最大16,000IOPS • 必要なIOPS値を指定可能 • 容量(GB)あたり50IOPSを指定できる • 最大64,000IOPS スループット • 128MB/秒から、サイズに比例する形で 最大160MB/秒(334GB以上)まで • 最大1,000MB/秒(1280IOPS以上のとき) ※1IOPSあたり256KB/sを利用可能
  25. 25. 25 【補足】EBSのボリュームタイプ②(HDDタイプ) ボリュームタイプ スループット最適化HDD(st1) - Throughput Optimized HDD コールドHDD(sc1) - ColdHDD ユースケース • EMR • データウェアハウス • 大規模なETL処理 • 大規模なログ分析 ※起動ボリュームには利用できない • ログデータ保管 • バックアップ • アーカイブ ※起動ボリュームには利用できない ボリュームサイズ • 500GBから16TBまで • 500GBから16TBまで IOPS • 最大500IOPS • 最大250IOPS スループット • ベース値:1TBあたり40MB/s • バースト値:1TBあたり250MB/s • バーストクレジット上限:1TB/1TB • 最大500MB/s • ベース値:1TBあたり12MB/s • バースト値:1TBあたり80MB/s • バーストクレジット上限:1TB/1TB • 最大250MB/s
  26. 26. 26 GP2での容量とIOPS ベースラインパフォーマンス バーストパフォーマンス 5,334GiB 最大IOPSの最小サイズ 1,000GiB 16TiBまで 同一パフォーマンス バースト
  27. 27. 27 IOPS I/O Credit 残高 初期状態で I/O Credit残高は 5,400,000 I/O Creditが残っている 間はバースト。 3000IOPS出る バースト中はI/O Creditの残高を取り 崩す形となる 残高が0になると バーストは終了 残高が0になるとI/O 性能もベースパ フォーマンスに戻る I/O負荷がベースパフォーマ ンスを下回るとCreditが貯金 される 再び高負荷が発生すると、 I/O Creditの残高に応じ てバースト 分 ベースパフォーマンス (gp2 500GB時) GP2 – バーストの継続時間
  28. 28. 28 • EBS最適化を有効にすること で独立したEBS帯域を確保 • RDB用途では重要 • 大きいインスタンスタイプほ ど使える帯域が広い • 最近のインスタンスはデフォ ルトでEBS最適化がON EC2 w/o EBS Optimized Network EBS EC2 with EBS Optimized Network EBS EBS最適化なし EBS最適化あり EBS最適化インスタンスによるEBS帯域の確保 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/EBSOptimized.html
  29. 29. 29 パフォーマンスを見越した設計①(サマリ) EBSかインスタンスストレージか? • RDBに取って、データの保全が何より重要 – 表領域、トランザクションログ領域、DB製品(Db2本体)等、EBS利用が基本 – EBSは柔軟にサイズやIOPS性能を変更でき、SNAPSHOTが利用可能 – 性能面はEBSを複数まとめたり、IO1等の選択を検討(後述) – EBSのIOPS性能だけでなう、EC2側の帯域が不足しないよう注意 • インスタンスストレージの使い所 – 一時表領域 – LOADする際のデータ置き場
  30. 30. 30 パフォーマンスを見越した設計② 表領域 • 表領域 – 全体パフォーマンスへの影響が大きいので特に速度を重視した設計にする – gp2のIOPSは、5,334GB(以上)で16,000 IOPS(最大)の速度を実現できる – 20,000IPOSのio1と、10,000IPOSのgp2を2つではGP2が2つの方が安価 • 基本戦略 – 必ずEBS最適化を選択(インスタンスによって利用の可否が異なります) – (最大5,334GBの)GP2 EBSを複数個コンテナとして定義 – 複数EBSをDb2にストライピングさせる • RDB側でストライピング出来ない場合はOSやファイルシステム側で実施 • Db2ではCREATE DB時に自動ストレージに設定してしまうのが楽 • 注意点 – EBSはそもそも冗長化されているので、RAID 1はメリットが無い – EBS1ボリュームで構成した場合でもDB2_PARALLEL_IOの設定がお勧め(EBSのパ フォーマンスを引き出すには並列アクセスが効果的)
  31. 31. 31 パフォーマンスを見越した設計③ ログ領域 • トランザクション・ログ領域 – 更新処理のパフォーマンスに影響 – 表領域ほどサイズは必要なく、追記速度が重要 – 最も可用性が重要なストレージ領域 • 基本戦略 – GP2のEBSを必要なサイズ、もしくは5,334GBで1つ用意する – 書き込みパフォーマンスを特に重視する場合はio1を選択することで64,000 IOPS まで速度を引き上げることが可能 – 冗長化をより重視する場合、もう一つEBSを作成しDb2の設定でミラー・ログ • 若干更新パフォーマンスが低下
  32. 32. 32 パフォーマンスを見越した設計④ その他の領域 • 一時表領域 – インスタンスストレージがあれば、そこに一時表領域を作成 – 停止→起動でアンフォーマットな状態になるので、OS起動時(Db2起動前)に フォーマットし、マウントしておくように準備が必要 – 無い環境ではEBSで作成。LOAD元データ格納領域と共有もあり • LOAD元データ格納領域 – LOADの速度を上げたい場合はLOAD元のディスク速度も重要 – 大きめのGP2を作成して利用、もしくはインスタンスストレージ – ストライピングまでは必要ないケースが多いが、必要であればファイルシステム側で • OS領域・RDB本体の領域 – その他の領域とは必ず分離する(データとプロダクトはライフタイムが異なる) – さして速度は必要ないので、GP2で適切なサイズを作成
  33. 33. 33 バックアップとディザスタリカバリー
  34. 34. 34 AWS上でのRDBバックアップ • これまで通りのバックアップ設計が可能 – db2 backupコマンドで任意のディレクトリに保存 – 取得したイメージはS3(後述)へコピーしておくと安心&安価にデータ維持 • EBSのスナップショット機能を使うことで、より高速・ 便利なバックアップ&リストアを実現可能
  35. 35. 35 1 S3 S3 S3 データを 隔地保管 • データ保存・バックアップ用途に向くオブジェクトストレージ • 自動的に3箇所以上のAZに隔地保管 • 設計上のデータ耐久性は、99.999999999% • 容量無制限、サイジング不要 • 従量課金 1GByteあたり月間 $0.019~ ※S3 1ゾーンを選択して冗長性を下げることで $0.0152/GB/月に • WEBの静的コンテンツ配信機能 Amazon S3 (Simple Storage Service) ※ 2019年7月時点での東京リージョンの金額
  36. 36. 36 EBS Snapshot機能 • EBSのイメージ・バックアップ機能 • データはS3に保管される(S3の費用が発生) • ブロックレベルで圧縮して保管するため、圧縮後の容 量に対して課金が行われる • 2世代目以降は差分データを保存する差分バックアップ (1世代目を削除しても復元は可能) • バックアップ総量や世代数の制限は無し EBS Snapshot EBS
  37. 37. 37 EBS Snapshotと静止点 • Snapshotの作成を指示しレスポンスが返ってきたら、その時点 のデータのバックアップが開始されている • レスポンスが返ってきた時点でI/Oを再開して良いので、静止点 を維持するのは短時間で済む 時間 EBSへのI/O停止 EBSへのI/O再開 静止点を維持 Snapshot 作成指示 作成指示 レスポンス Snapshot 作成完了 Snapshot作成処理 (バックグラウンド) 通常運用 通常運用 この時点のデー タがバックアッ プされる
  38. 38. 38 SnapshotによるDb2のバックアップ Db2 EBS • RDBではデータ整合性を保つため静止点を作成 してバックアップを取得する必要がある • Db2ではSplit mirror機能でDBを止めずに静止 点が作成可能 – WRITE SUSPENDで静止点を作成。DBは停止しない – WRITE RESUMEでディスクへの書き込みを再開 • Split mirror+ EBS SnapshotでDBを止めずに 大規模データの高速バックアップが実現可能 ②Snapshot作成 ①WRITE SUSPEND ③WRITE RESUME ※Split mirrorは考慮点が多いので、詳しくはガイドを参 照してください→ http://j.mp/1L7OsPi
  39. 39. 39 Snapshotからのリストア • Snapshotから新規EBSを作成し、EC2インスタ ンスにアタッチされていたものと置き換える • 古いEBSは不要であれば削除する。障害分析等 の目的で他のインスタンスにアタッチしてもOK • EBSを別AZに移動したい場合や、容量変更、ボ リュームタイプ変更もSnapshot経由で行う EC2 EBS EBS Snapshotから EBSを作成 Detach Attach
  40. 40. 40 補足:Snapshot経由で別AZにEBSをコピー • EBSは EC2インスタンスから独立している (他のEC2インスタンスに付け替え可能) • データは永続的に保存される • EBSはアベイラビリティゾーン(AZ) 内に作成される • =別AZのEC2からはマウントできない • ただしスナップショット(バックアップ)から別AZ にEBSボリュームを作成(リストア)可能 Region Availability Zone - a EBS EBS EBS Availability Zone - b EBS EBS Amazon Simple Storage Service (S3) EBS Snapshot EC2 EC2 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/AmazonEBS.html
  41. 41. 41 ディザスタ・リカバリ(DR) • DR(遠隔地へのデータ保存)が容易・安価に実現でき るのはAWSを利用する大きなメリット • 案①:リージョン間のスナップショットコピー • 案②:Db2 HADR
  42. 42. 42 案①:スナップショットのリージョン間コピー • スナップショットは別リージョンにコピーが可能 • DR先のリージョンでは必要になるまでEC2を起動する必要は無 いため、安価にDRを実現可能 EBS Snapshot 東京リージョン EC2 EBS EBS Snapshot シンガポールリージョン EC2 EBS Internet リージョン間コピー 転送済みSnapshot からEBSを作成し EC2にアタッチ
  43. 43. 43 案②:Db2 HADRを使ったDR Db2はHADRで簡単に遠隔地レプリカが可能 AWS上に構築する場合 – 同一リージョンでAZをまたぐ場合:同期(SYNC)モードを検討 • AZまたぎでSYNCモードを選択できるのはAWSを利用する大きなメリット – リージョンをまたぐ場合:非同期(Super ASYNC)モードを検討 AZ EC2 EBS AZ EC2 EBS 東京リージョン 同期 東京リージョン EC2 EBS AZ シンガポール リージョン EC2 EBS AZ 非同期
  44. 44. 44 (おまけ)ところでDb2 pureScaleは? 一応、動かせるはず あくまで実験・デモ用ですが、、、 • OS:EC2でRHEL, SLES等を選択 • ノード間通信 – AWSではInfiniBandやRCoEが利用できない – しかしDb2 v10.5 FP4以降ではTCP/IPでpureScale構成可能に! • シェアードディスク – iSCSIのサーバをLinuxで立てることで(未検証ですし、多分サ ポートされないけど)構成可能
  45. 45. 45 AWSでノード間通信を高速化する方法① 拡張ネットワーキング (Enhanced Networking) • 拡張ネットワーキング – パケット毎秒(PPS)が非常に大きく、ネッ トワークレイテンシが低くなるオプション – SR-IOVに対応 – ENAに対応したインスタンスでは最大 100Gbpsの帯域を実現 – 利用可能であれば有効化が推奨 • 適応条件 – VPC内でHVM AMIで起動 – 対応インスタンスの利用とドライバ設定 – 詳細) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/enhanced-networking.html VMM NIC NIC VF1 VF2 VF3 Switch 通常 Enhanced Network VMM
  46. 46. 46 AWSでノード間通信を高速化する方法② Cluster Placement Groups • インスタンス間通信を最適化 – 低レイテンシ – 高PPS (packets per seconds) • 用途 – HPC、Hadoop、MPP、DWHなど、ノード間通信 が大量に発生するクラスタに最適 – 拡張ネットワーキングをまず実施、その上でさら にノード間通信のレイテンシを低くする場合に、 Cluster Placement Groupsの併用を推奨 • 制限 – 単一アベイラビリティゾーンに閉じる – 利用可能なインスタンスタイプに制限あり Full bisection bandwidth http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/placement-groups.html
  47. 47. 47 (補足) モニタリングとAWSのマネージドサービス
  48. 48. 48 AWSにおけるシステム監視 • ハイパーバイザー以下の情報はAmazon CloudWatchが提供 • OS以上の情報は(これまでと同様に)監視ソ フトで – Tivoli Monitoring、JP1、Zabbix等 – RDSについては、CloudWatchで監視データを提供 • 監視サーバにCloudWachの情報を集約するの が一般的な運用方法 • CloudWatchの「カスタムメトリクス」でOS 以上の情報をCloudWatchに出すことも可能 NW HW HV OS MW APP
  49. 49. 49 Amazon CloudWatchとは? CloudWatch 状況を レポート AWSの各種リソースをモニタリングするためのWebサービス 構成済みなので、何も設定しなくても使い始めることが可能 http://aws.amazon.com/jp/cloudwatch/
  50. 50. 50 CloudWatchができること • 各AWSサービスのメトリックス監視 – メトリックス = 監視項目(例:CPU使用率) – メトリックスを追加定義も可能 • カスタムメトリックス – メトリックス値を時系列にグラフ表示 • 見たい内容を組み合わせて表示する機能(ダッシュボード機能) • デフォルトで5分間隔のモニタリング(無料) – 詳細モニタリング=ONで、1分間隔のモニタリングも可能(要追加費用) • 各メトリックスに対してアラームを作成可能 – しきい値を設定(例:CPU使用率60%以上) – メトリックス値がしきい値を越えたら起こすアクションを定義(例:メールで通知) • EC2上のログ監視 ・・・Amazon CloudWatch Logs – メトリックスとアラームも作成可能 http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt- tech-amazon-cloudwatch-auto-scaling
  51. 51. 51 Amazon Relational Database Service (RDS) フルマネージドのRDBサービス • 特徴 (http://aws.amazon.com/jp/rds/) – MySQL / PostgreSQL / Oracle DB / SQL Server/ MariaDB/ Auroraに対応 – 数クリックで構築可能 – バックアップやパッチの適用、フェイルオー バーは自動 – Oracle DB / SQL Serverのライセンスを従量 課金モデル or BYOLで利用可能(※エディショ ンによって制限があります) – 2つのAZにまたがった同期レプリカを配置可 能(Hot-Standby構成) / リージョン間でス ナップショット自動転送も可能 詳しくはこちら http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-blackbelt-2015-rds
  52. 52. 52 Amazon RDS for Aurora • 特徴 (http://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/) – 高いパフォーマンス – MySQL/PostgreSQLとの互換性 – 3AZに6本のディスクに書き込み2本のディスク 障害ではRead/Write可能。3本のディスク障害 でもRead可能 – キャシュとログをAuroraプロセスから分離する ことでAuroraプロセスのリスタートでもキャッ シュが残る – レプリケーション遅延は10-20ms程 – 64TBまでディスクがシームレスにスケールする Amazonがクラウド時代に再設計したデータベース https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-amazon-aurora https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-2017-amazon-aurora-with-postgresql-compatibility
  53. 53. 53 Amazon Redshift • 特徴 (http://aws.amazon.com/jp/redshift/) – 160GBから最大2PBまで拡張可能 – スケールアウト型設計(MPP)、カラムナ 型DBエンジンによる高速処理 – 他のAWSサービスとの高い親和性 – PostgreSQLとの互換性 – 従来のデータウェアハウスの1/10のコスト フルマネージドのデータウェアハウスサービス 10Gb Ether JDBC/ODBC Redshift 大規模分散処理 で分析SQLを 高速実行 詳しくはこちら https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt- online-seminar-amazon-redshift
  54. 54. 54 Amazon QuickSight • 高速かつ使いやすいビジネス・インテリジェン ス(BI)サービス • 高速なインメモリDB(SPICE)を内蔵 • AWS内外のデータソースとセキュアに連携 • 各種アプリケーションに埋め込み可能 • 誰でも使える機械学習(ML)によるインサイ トを提供 – 異常検知 – 予測 – ナラティブ(文章)による表示 https://aws.amazon.com/jp/quicksight/ https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20180801-aws-black- belt-online-seminar-amazon-quicksight
  55. 55. 55 まとめ • AWSのインフラを生かす – グローバルネットワーク – マルチAZ – APIで操作 – 使った分だけの課金 • Db2 on AWS – これまで通りに導入可能 – 高いパフォーマンスを実現するには、インスタンス選択とディスクの構成がキモ – バックアップやDRはAWSの機能を活用することで、安価で高度な処理が可能
  56. 56. 56 AWSクラウド 無料利用枠のご案内 • サインアップしてから 12か月間、AWSクラウドサービスを 無料で実際にお使いいただけます • 25の製品およびサービスで無料枠が設定されています • http://aws.amazon.com/jp/free/ Amazon EC2 t2.micro インスタンスを 1ヶ月あたり750時間分無料 (Windows, Linux) Amazon RDS db.t2.micro インスタンスを 1ヶ月あたり750時間 ディスク20GB分無料 (シングルAZ) 例)
  57. 57. 57 参考資料:AWSの技術リソース
  58. 58. 58 AWS各種サービスの ドキュメントが整理されています AWS公式ドキュメント http://aws.amazon.com/jp/documentation/
  59. 59. 59 技術セミナー資料(以下のサイトに集約しています) AWS クラウドサービス活用資料集 http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
  60. 60. 60 • AWSクラウドセキュリティ – https://aws.amazon.com/jp/security/ – https://aws.amazon.com/jp/security/security-resources/ • AWSクラウドコンプライアンス – https://aws.amazon.com/jp/compliance/ • AWS:日本の災害対策関連情報 – https://aws.amazon.com/jp/compliance/jp-dr-considerations/ セキュリティ/DR/BC関連資料
  61. 61. 61 オンライン・セミナー(無料) 火曜・水曜にネット経由の無料セミナーを実施中 • 火曜 12時~13時 • 水曜 18時~19時 今後の予定&申し込みサイト – https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/webinars/
  62. 62. 62 Simple Monthly Calculator(簡易見積ツール) • Web上に費用試算ツールをご 用意しています – http://calculator.s3.amazonaws.com/ind ex.html?lng=ja_JP • 詳しい使い方はこちら – http://www.slideshare.net/AmazonWebS ervicesJapan/aws-simple-monthly- calculator-20130910
  63. 63. 63 公式Twitter/Facebook AWSの最新情報をお届けします @awscloud_jp 検索 最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、お得なキャンペーン情報などを 日々更新しています! もしくは http://on.fb.me/1vR8yWm

×