Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

妊娠中のお肌のトラブルレクチャー_Dermatology_in_pregnancy

3,331 views

Published on

妊娠中のお肌のトラブルレクチャー

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

妊娠中のお肌のトラブルレクチャー_Dermatology_in_pregnancy

  1. 1. 妊娠中のお肌のトラブルれく ちゃー お肌が 気になる? うんうん、 分かるわ~!      Ayako Shibata      Image: Photo AC
  2. 2. 妊婦の皮膚疾患 ~これだけ覚える~ 1. 妊娠時の皮膚病変は Common    ・まずは保湿剤  ・ステロイド外用剤は Strong を避ける  ・点滴はプレドニゾロン推奨         デキサメタゾンは胎盤通過性あり  ・抗ヒスタミン剤は頓用で有益性投与       2. 外用薬で経過観察できるもの ・ PUPPP(Pruritic urticarial papules and plaques of Pregnancy) ・妊娠性痒疹 妊娠性丘疹状皮膚炎  3.   Do NOT Miss !  ・妊娠性管内胆汁うっ滞症:ビリルビン上昇、 FGR に合 併  ・妊娠性疱疹:腹部体幹から紅斑→小水疱→癒合し拡大
  3. 3. Step1.   正常編 Step2.   Common な疾患 Step3.  要コンサルト疾患
  4. 4. ● エストロゲン ↑ ● プロゲステロン ↑ ● アンドロゲン ↑ ● レニン-アルドステロン系↑ ● 副腎皮質刺激ホルモン↑ ●ACTH  ↑ ● メラノサイト刺激ホルモン↑ 妊娠すると・・・・
  5. 5. 妊娠中のお肌の変化~正常編~ 1. 皮下脂肪の増加 2. 妊娠線条 (Striae atrophicae gravidarum)  @下腹部・大腿・上腕   赤紫色・表面平滑で光沢がある   掻痒や疼痛が出ることも   分娩後に白色化する 3. 妊娠性肝斑 (Chloasma gravidarum)  多発性小色色素斑@顔面   分娩後次第に退色するが消失はしない 4. 妊娠性の色素沈着   @陰部・乳房・顔面  5. 多毛 ( 妊娠初期~ ) ・脱毛 ( 分娩後~半年 )   分娩後 1 年ほどで改善する
  6. 6. 妊娠性肝斑( chloasma of gravidarum) the mask of pregnancy American Osteopathic College of Dermatology 日焼けで悪化!   UV クリーム使用を!
  7. 7. Step1.   正常編 Step2.   Common な疾患 Step3.  要コンサルト疾患
  8. 8. 外用薬で経過観察できるもの~ 1. PUPPP    (Pruritic urticarial papules and plaques of Pregnancy)   初産婦に多い  妊娠後期または産後に出現  腹部 ( 妊娠線の部分 ) から出現し、大腿・臀部へ広がる  臍・手のひら・足・顔の部分には出現しないこと多い。  掻痒が強い。半分で水疱を伴う。   6 週間前後で自然寛解する。 再発は稀。 2. 妊娠性痒疹 ( Prurigo gestationis )   3. 妊娠性丘疹状皮膚炎
  9. 9. PUPPP Small, pink, raised spots (papules) appear in the stretch marks around the umbilicus. 臍の周囲には出来ない • These papules coalesce to form large red, raised (urticarial) patches (plaques) which spread to involve the buttocks and thighs, and sometimes the arms and legs. Photo : Dermatoses of Pregnancy
  10. 10. 外用薬で経過観察できるもの~ 1. PUPPP    (Pruritic urticarial papules and plaques of Pregnancy)   2. 妊娠性痒疹 ( Prurigo gestationis )  痂皮を伴う丘疹や結節  検査値異常なし 3. 妊娠性丘疹状皮膚炎   初産婦に多い、妊娠初期が 36 %   アトピー・既往歴・家族歴のある患者に多い   痒みを伴う発疹    IgE が高くなることがある
  11. 11. 妊娠性痒疹( Prurigo gestationis) 痂皮を伴う丘疹や結節 女性の皮膚トラブル FAQ
  12. 12. 妊娠性丘疹状皮膚炎 初産婦に多い 妊娠初期が 36 % アトピーのある患者に多い 痒みを伴う発疹 IgE が高くなることがある 女性の皮膚トラブル FAQ
  13. 13. 妊婦の皮膚疾患の治療について 20 %の妊婦が掻痒を経験する 1.  多くが Dry skin による→まずは保湿剤 2. ステロイド外用剤は Strong を避ける  ・内服・点滴はプレドニゾロン推奨     デキサメタゾンは胎盤通過性あり 3. 抗ヒスタミン剤内服は頓用で有益性投与
  14. 14. Step1.   正常編 Step2.   Common な疾患 Step3.  要コンサルト疾患
  15. 15. コンサルトが必要なもの 1. 妊娠性管内胆汁うっ滞症   Intrahepatic Cholestasis of Pregnancy  胆汁うっ滞と激しい皮膚そう痒症(明らかな皮疹は無し)  ビリルビン上昇 (>11.0 mol/l)μ  早産、 IUGR 、 Still birth のリスク↑  産後出血増加リスク(ビタミン K 不足)  治療:ウルソ ( 15 mg/kg/day ) 2. 妊娠性疱疹   (Pemphigoid Gestationis)  妊娠に伴う自己免疫性水疱症  妊娠中期~後期に発症。分娩後改善。  臍周囲に出現することが多い  緊満性水疱を全身に多発する  腹部体幹から紅斑→小水疱→癒合し拡大    治療:経口ステロイド (20-60mg/day)  検査:抗 BP180 抗体 ( 血清 ) 、基底膜に IgG( 病理 )
  16. 16. 妊娠性疱疹 (Pemphigoid Gestationis) 女性の皮膚トラブル FAQ
  17. 17. 妊娠性疱疹 女性の皮膚トラブル FAQ
  18. 18. Dermatoses of Pregnancy - Clues to Diagnosis, Fetal Risk and Therapy
  19. 19. これはコンサルト! 1. 水疱形成 2.  皮疹がないのに痒みが強い     and /or ビリルビンが高い 3.   Medium のステロイド軟膏で改善しない 相談して ね!
  20. 20. 妊婦の皮膚疾患 ~ Take Home Message ~ 1. 妊娠時の皮膚病変は Common    ・まずは保湿剤  ・ステロイド外用剤は Strong を避ける  ・点滴はプレドニゾロン推奨         デキサメタゾンは胎盤通過性あり  ・抗ヒスタミン剤は頓用で有益性投与       2. 外用薬で経過観察できるもの ・ PUPPP(Pruritic urticarial papules and plaques of Pregnancy) ・妊娠性痒疹 妊娠性丘疹状皮膚炎  3.   Do NOT Miss !  ・妊娠性管内胆汁うっ滞症:ビリルビン上昇、 FGR に 合併  ・妊娠性疱疹:腹部体幹から紅斑→小水疱→癒合し拡大
  21. 21. ~参考~ ステロイド軟 膏 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
  22. 22. 抗ヒスタミン 剤 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
  23. 23. Refference • 女性の皮膚トラブル FAQ   宮地良樹 • Dermatoses of Pregnancy    - Clues to Diagnosis, Fetal Risk and Therapy    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3162253/ ・  Pruritus in pregnancyTreatment    of dermatoses unique to pregnancy    http://www.cfp.ca/content/59/12/1290.long ・ 接触皮膚炎診療ガイドライン  2009   http://www.jsdacd.org/html/contact_dermatitis_guideline.pdf ・ アトピー性皮膚炎診療ガイドライン    http://www.dermatol.or.jp/upfile/1372913553_1.pdf

×