Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ゆめみ流 クライアントワークにおけるトライアル&エラー

1,102 views

Published on

Prott User Meetup vol.14「クライアントワーク特集」
https://prott.connpass.com/event/44681/
で利用したスライドです。

モバイルアプリやWebサービスの新規受託案件で、プロトタイピングツール「Prott」を導入し(Sketchも連動)、クライアントも巻き込みながら、プロジェクトを円滑に進めていくために意識するポイントやノウハウをまとめています。

Published in: Design
  • Be the first to comment

ゆめみ流 クライアントワークにおけるトライアル&エラー

  1. 1. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー 2016.11.29 株式会社ゆめみ 戸田 修輔
  2. 2. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー目次 ・自己紹介 ・ゆめみのProttサマリデータ ・ゆめみ(=クライアントワーク)の案件の特徴 ・ゆめみ(=クライアントワーク)でのPrott+Sketchの現実 ・トライアル&エラー① ・トライアル&エラー② ・トライアル&エラー③ ・おまけ:グルーピングとアカーイブルール
  3. 3. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみの紹介 と じぶんの紹介 戸田修輔 (クリエイティブ・)ディレクター 2003年 ゆめみ入社。 1990年代から独学でのモバイルコンテンツ制作を経て、 数々のモバイルサイトデザイン・コーディングを担当。 以降、デザイン〜フロントエンド全般を担当しながら、日本マクドナルド のポータルサイト企画・運用統括などの経験を経て、現在は多数の案件の (クリエイティブ・)ディレクションを行う。 また、モバイルデザインについては、著書の執筆も行った実績を持つ。 株式会社ゆめみ 2000年設立、東京と京都が拠点。 【事業内容】 ・モバイルサービスを主とした受託開発・制作・コンサルティング ・オムニチャネルを中心としたデジタルマーケティング支援 ・サービス運用代行/自社サービス運営
  4. 4. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみのProttサマリーデータ 利用期間 1年 (2015年11月〜Enterpriseプランを利用) 利用人数 役割としてはディレクター、プランナー、デザイナーのメンバーが中心 常に利用しているのは8名くらい (全体の半分弱) プロジェクト数 13Project (アプリ:6/スマホサイト:3/PCサイト:3/その他:1) スクリーン数 最大270スクリーン/平均66スクリーン
  5. 5. ゆめみの案件の特徴
  6. 6. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみの案件の特徴 ヒアリング 提案 受注・ キックオフ 設計 デザイン 製造・開発 1Week 4Week + 設計〜デザインが 短いことが多い 高速化を目的に Prott+Sketch を導入 受注・ キックオフ 設計 デザイン
  7. 7. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみの案件の特徴 ヒアリング 提案 受注・ キックオフ 設計 デザイン 製造・開発 1Week 4Week + 設計〜デザインが 短いことが多い 高速化を目的に Prott+Sketch を導入 受注・ キックオフ 設計 デザイン 提案時に このような資料も 用意しています。
  8. 8. ゆめみでのPrott+Sketchの現実
  9. 9. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみでのPrott+Sketchの現実 ヒアリング 提案 受注・ キックオフ 設計 デザイン 製造・開発 + スケッチ ワイヤーフレーム デザイン(モック) プロトタイプ理想 ワイヤーフレーム モックアップ プロトタイプ現実 デザイン案 高速プロトタイピングツールとしての活用ではなく、 デザイン制作〜FIXまでの効率化や、時間短縮目的用途になってしまうことが多い。 (結果として…)
  10. 10. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみでのPrott+Sketchの現実 ワイヤーに特化すべきなのはわかっているけれど、 デザインの紙芝居として使ってしまう。 高速プロトタイピングツールとしての活用ではなく、 デザイン制作〜FIXまでの効率化や、時間短縮目的用途になってしまうことが多い。 (結果として…) ここに クライアントワークにおける トライアル&エラーが存在する
  11. 11. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーゆめみでのPrott+Sketchの現実 導入して良かったことは、もちろんあります。 【良かったこと】 設計、デザインフェーズでの工数(見積) 20%以上減 パワポドキュメント化不要 による時間短縮 見える化/動く化で、イメージが共有でき、 デザイン案制作範囲を絞りこめることによる 作業量軽減
  12. 12. トライアル&エラー① 「使ってくれない」
  13. 13. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー①使ってくれない 提案時に「PhotoshopやIllustratorは使いませんよ。Prott使いますからね!」と伝え、 その場ではクライアントも、スピード感もありそうだと、反応が良いのですが… クライアントが積極的に使ってくれても… ・アプリではなくスマホブラウザで閲覧してしまっていて動きがやや重たい ・コメント欄が一方通行になってしまう ・Prottに書いたのかSlackに書いたのかわからなくなってしまう 五月雨で制作して連絡してもみてくれない(使ってくれない) ▼ 定例ミーティングの場ではじめて触るので、イチから使い方を教える ▼ いろいろ時間をロスして、やっぱり紙(パワポ)で欲しいと言われる
  14. 14. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー①使ってくれない プロジェクト内で利用していればコミュニケーションや時間の効率化に繋がるので、 無理して最初からクライアントに使ってもらう必要はありません。 普段通りにワイヤーフレームやデザイン案をドキュメントで用意し、挙動の説明が難しい箇所などで、 「ちょっと動くものを用意してみたのですが。」的にチラ見せする程度でも充分効果的に使えます。 また、この時点でクライアント自身が社内説明をしやすいイメージを持ってもらえると、 一緒に積極的に利用してもらえる可能性が高まります。 チラ見せして、使わせない。
  15. 15. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー①使ってくれない 【参考】バッドケース(Prottを無理やり使ってもらおうとして失敗した遷移資料) Confidential 5©YUMEMI Inc, TOP (1) (2) TOP( ) Prott
  16. 16. トライアル&エラー② 「要求が増えていく」
  17. 17. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー②要求が増えていく 「ワイヤーに特化すべきなのはわかっているけれど、デザインの紙芝居として使ってしまう。」 ことが原因で、 という要望が増えていきます。 「今の段階では出来ません!」と言うのは簡単ですが、なんとか解決策を探したいところです。 ・もっと動いたのをみてみたい! ・(既成アプリを持ち出されて)こういう風には動かない?
  18. 18. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー②要求が増えていく Flashでアニメーションや操作性を実現させているケースをよく見掛けます。 これはこれで、ひとつの解決策ですが、以下のような注意点があると考えています。 ・動きは理想的に実現しても、そのままスマホ(アプリ)に流用できないことが多く、作り直す必要がある。 →組み直した結果、動作が変わってしまうリスク ・CPUに負荷がかかる。 →動作が重くなる(端末の発熱もある)。クライアントはデモとして不安を感じてしまう。 Flash(現Animate)でデモ制作する。
  19. 19. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー②要求が増えていく 現実に、クライアント側が、UI/UXやインタラクティブな部分に興味を持ち、こだわりはじめるのは、 Prott(Webプロトタイピング)でイメージの磨り合わせがFIXした後に発生するケースが多いと実感しています。 受託側には、予算、納期、リソースに限りがあり、開発段階に入ってしまってからの大幅な手直しやデザイン修 正が発生すると、無駄なコストや労力を強いられることになるため、これを解決するために自前でもプロトタイ プ開発ツールを用意することで、様々なクライアンとの要求に対応しています。 プロトタイプ開発エンジンをつくった。
  20. 20. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー②要求が増えていく 現実に、クライアント側が、UI/UXやインタラクティブな部分に興味を持ち、こだわりはじめるのは、 Prott(Webプロトタイピング)でイメージの磨り合わせがFIXした後に発生するケースが多いと実感しています。 受託側には、予算、納期、リソースに限りがあり、開発段階に入ってしまってからの大幅な手直しやデザイン修 正が発生すると、無駄なコストや労力を強いられることになるため、これを解決するために自前でもプロトタイ プ開発ツールを用意することで、様々なクライアンとの要求に対応しています。 プロトタイプ開発エンジンをつくった。
  21. 21. トライアル&エラー③ 「psdデータを欲しがる」
  22. 22. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー③psdデータを欲しがる いくら提案時にAdobeを使わないことを了承いただいたとしても、これは、ほぼ発生するケースです。 しかし、psdが要らないから見積もりを抑えているのも事実だったりします。 ・(既存ベンダーや他部署からの要望で) 「やっぱりpsd(Photoshopデータ)をいただきたいのですが…」 【見積もり時】 ・前提条件に、psdデータでの納品はしない旨を明記する。(提案時にも説明する) ・オプション項目としてpsdデータ納品の項目を用意する。 【データ請求時】 ・ai形式しかすぐに用意できない、無償で良いから、aiデータでも問題ないか交渉する。 ・Sketchからaiデータにエクスポートし、微調整(数ピクセルずれたりする)し、納品する。
  23. 23. おまけ 「Prottでのバージョン管理」
  24. 24. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラーおまけ グルーピングとアーカイブのルール。 【グルーピング】 ・機能毎にグループ化する ・機能毎に各々トップから遷移できるようにする 【アーカイブ】 ・基本的に使わない ・ゴミ箱グループを用意し、そこに移動しておく ・毎回、会議の時点で複製する ※複製は過去2バージョンくらいを残しておき、 実際のバージョン管理はSketchファイルで管理。
  25. 25. ゆめみ流クライアントワークにおけるトライアル&エラー お わ り

×