Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

コーチングから考える関係性構築とコミュニケーション 180406

Ad

コーチングから考える
関係性と対話
180406
株式会社ライフノート
代表取締役
町塚俊介

Ad

こんにちは、町塚俊介です①
■何を信念にしているのか(活動理念)
私が価値があると信じているのが繋がり(関係性)の力です。「人生や組織の成否は何によってもたらされる
か?」私は、それらの答えが関係性の質にあると感じています。なぜなら人は、自分以...

Ad

こんにちは、町塚俊介です②
■何をやっているのか(活動内容)
<実績>
・累計実施時間 1060時間
・事業立上・起業11名
・転職・独立・就職 12名
<取引先実績>
(株)Antaa 代表取締役/(株)ギフテッドエージェン
ト 代表取締役/...

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Check these out next

1 of 27 Ad
1 of 27 Ad

コーチングから考える関係性構築とコミュニケーション 180406

Download to read offline

ビジネスの上で大事な要素となる
クライアントとの信頼関係構築と、ニーズを引き出すコミュニケーションについて、
コーチングといった手法の観点から、エッセンスを紹介し、
改めてクライアントとの関係性、クライアントとのコミュニケーションの仕方を振り返る機会を提供するスライドです。

ビジネスの上で大事な要素となる
クライアントとの信頼関係構築と、ニーズを引き出すコミュニケーションについて、
コーチングといった手法の観点から、エッセンスを紹介し、
改めてクライアントとの関係性、クライアントとのコミュニケーションの仕方を振り返る機会を提供するスライドです。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Advertisement

コーチングから考える関係性構築とコミュニケーション 180406

  1. 1. コーチングから考える 関係性と対話 180406 株式会社ライフノート 代表取締役 町塚俊介
  2. 2. こんにちは、町塚俊介です① ■何を信念にしているのか(活動理念) 私が価値があると信じているのが繋がり(関係性)の力です。「人生や組織の成否は何によってもたらされる か?」私は、それらの答えが関係性の質にあると感じています。なぜなら人は、自分以外の人や組織、そして自然 との関係なしには存在しえないからです。自分と自分、人と人、自分と社会といった”繋がり”(関係性)にアプ ローチしていけば、個人や組織の“個性”は十二分に活きる。これが私の理念です
  3. 3. こんにちは、町塚俊介です② ■何をやっているのか(活動内容) <実績> ・累計実施時間 1060時間 ・事業立上・起業11名 ・転職・独立・就職 12名 <取引先実績> (株)Antaa 代表取締役/(株)ギフテッドエージェン ト 代表取締役/(株)福澤商店 代表取締役/ITシス テム会社 役員/外資系メーカー社員/メガベン チャー社員/戦略コンサルタント社員 ①コーチング ②組織開発、コミュニティ運営 シェアハウス2件運営 ③コーチング、組織開発人材の育成 自分だけのワクワクした人生のために、 本気で変化や成長を求めている個人や 経営者、転職候補者の方に対してコー チングをさせて頂いています。 <携わらせて頂いたコミュニティ> 間結道場 (株)ライフノートをホラクラシー的に運営している経験、 ワークルという、一人一人の人生に深く関わり合うキャリ アコミュニティの運営(80人規模)の経験を活かして、会 社やコミュニティ内におけるチームビルディングや文化形 成、組織変革など、関係性のデザインをしています。 不確実で流動性が激しい時代だからこそ、自分の 意思へのアクセスをサポートするコーチ、自然と 人が集うような豊かな場を作るコミュニティマ ネージャーの仕事の必要性が増していくと考えて います。そのため、自分と自分との関係や、人と 人との関係、人と社会といったつながり(関係 性)をデザインするプロフェッショナルとして生 きていきたいといった意思を持った個人がプロ フェッショナルになる支援をしています
  4. 4. 今日のお題 クライアントとの 理想の関係性とは クライアントとの 理想の話し合いとは
  5. 5. 今日の探求テーマ① クライアントとの 理想の関係性とは
  6. 6. どれが一番重要?
  7. 7. 「組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する」ITメディアより引用 “ “
  8. 8. コーチングでは どんな関係作りをするのか
  9. 9. 「ダイアログ」ヒューマンバリューより引用 “ “
  10. 10. 「ダイアログ」ヒューマンバリューより引用 “ “
  11. 11. 自他非分離 自他分離
  12. 12. 内面的 外面的
  13. 13. キーポイントは 人や内面、価値観に焦点を当てて聞き 共感ポイントを探す事
  14. 14. 今日の探求テーマ② クライアントとの 理想の話し合いとは
  15. 15. 課題解決 新規事業創出 価値創造 現状 コンサル ティング コーチン グ ディス カッショ ン マネジメ ント 目的達成への話し 合いの手法として の違いは?
  16. 16. コーチングを通じた創業支援例① 2015年から「誰もが自分だけのワク ワクした人生を歩める社会」の実現 に向けて、ワークルというサードプ レイス事業を展開し、以下の実績を 達成。企業勤めをしていて、自分が やりたい事が何か分からないという 状態から、自分のやりたい事に出会 い、育み最終的には、起業や転職、 パラレルキャリアなどその人にあっ た形でキャリアでの自己実現を支援 してきました。 2015年から2年かけて、10名以上の新規事業立ち上げ、創 業に関わってきました。
  17. 17. コーチングを通じた創業支援例② コーチングを通じて、深い自己理解(内発的動機や特性、価 値観)を持っている創業者は強いです。 Misltoeから出資 エウレカ創業者、家入一真さ ん、アカツキ創業者から4000 万の資金調達 ・IBM Blue Hub最優秀賞 ・ASAC オーディエンス賞 ・TECHLABOPAAK オーディエンス賞 テッククランチ賞
  18. 18. Beingにアプローチとは 内省・学習 認識、意識 心理、精神的 (対話) 体験・行動 スキル パフォーマンス (人、機会) Being Doing ②何故Beingへのアプローチが重要か 現代は、Doingに関するHow toは沢山あるが、 Being(OS)が変わらない中で、ハウツーや正解論 だけ詰め込んでも、自分らしい生き方には繋がりま せん。仕事や家族、暮らし人間関係といった“人生 とのそもそもの関係性”の根本の考え方を司るBeing に注目する事に価値があります。 ①BeingとDoingとは 個人の成長や変化を内面的と外面的と分けた時に、 Beingは内面的変化に対応し、Doingは外面的変化 に対応します。 分かりやすくパソコンに例えるなら、Beingは OS,Doingはアプリケーションです。Beingが仕事へ の取り組み方や、学習への向き合い方といったそも そもの物事との関係性の根本の考え方を司ります。
  19. 19. OS
  20. 20. Being 物との 関係 地球との 関係 自分との 関係 人との 関係 社会との 関係 お金との 関係
  21. 21. “成人の発達段階”
  22. 22. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方>“ 「リーダーシップの精神」Bob Anderson より引用
  23. 23. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方> 自分の欲求が一番 自分が中心に世界は回る (ハングリー、エネルギッ シュ) 誕生後すぐ~青年期。成 人の5%がまだここにい る 独裁的、圧政的、操作的 「私のやり方でやれ」 犠牲者か反逆者の役割を演じる傾向 快を追求する 自然に触れる “ 「リーダーシップの精神」Bob Anderson より引用
  24. 24. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方> 自分=役割 環境や周りから求められている に対応する自分 (誠実、優秀) 70%の成人がこのステー ジにいる 部下の面倒をしっかり見て、親 切な親のような関わりをする 組織は階層的、効率的。下層部の声 は求められるが、意思決定は上層部 により執行 圧倒的当事者意識 自分の欲求が一番 自分が中心に世界は回る (ハングリー、エネルギッ シュ) 誕生後すぐ~青年期。成 人の5%がまだここにい る 独裁的、圧政的、操作的 「私のやり方でやれ」 犠牲者か反逆者の役割を演じる傾向 快を追求する 自然に触れる “ 「リーダーシップの精神」Bob Anderson より引用
  25. 25. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方> 自分の内側から出てくるものに 従って、外側の世界を形作る、 周囲や文化からの期待では定義 されない (起業家・リーダーシップ精神、 意思のある) 成人の20%がたどり着く 自分の内側・中心から出てくる ビジョンに従う。満足感がある ので、他の人がそうするように 勇気づける 自己表現、協力、成長が極めて重要。 高い成果が出る自己管理型のちーむ が構築される。クリエイティビティ と重大な意思決定は、組織のどの階 層でも期待され、なされている 主体的な活動の立ち上 げ 安心安全な場を持つ 自分=役割 環境や周りから求められている に対応する自分 (誠実、優秀) 70%の成人がこのステー ジにいる 部下の面倒をしっかり見て、親 切な親のような関わりをする 組織は階層的、効率的。下層部の声 は求められるが、意思決定は上層部 により執行 圧倒的当事者意識 自分の欲求が一番 自分が中心に世界は回る (ハングリー、エネルギッ シュ) 誕生後すぐ~青年期。成 人の5%がまだここにい る 独裁的、圧政的、操作的 「私のやり方でやれ」 犠牲者か反逆者の役割を演じる傾向 快を追求する 自然に触れる “ 「リーダーシップの精神」Bob Anderson より引用
  26. 26. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方> 私の中には沢山の自分がいると いう自己認識をし、自分の中の 暗い側面も拡張。他者に対して も、複雑で多元的な存在として 関わる (器が広い、慈悲深い) 成人の約5%がたどり着 く システム的、コミュニティ指向、 ビジョンは人類の福利に向かう。 サーバントリーダーシップ。 組織は本当に参加しているパート ナー同士になり、自分自身で更新さ れていく。組織は利害関係者のネッ トワークになる。 自分の暗い部分の内観 嫌い・苦手な人との創 発 自分の内側から出てくるものに 従って、外側の世界を形作る、 周囲や文化からの期待では定義 されない (起業家・リーダーシップ精神、 意思のある) 成人の20%がたどり着く 自分の内側・中心から出てくる ビジョンに従う。満足感がある ので、他の人がそうするように 勇気づける 自己表現、協力、成長が極めて重要。 高い成果が出る自己管理型のちーむ が構築される。クリエイティビティ と重大な意思決定は、組織のどの階 層でも期待され、なされている 主体的な活動の立ち上 げ 安心安全な場を持つ 自分=役割 環境や周りから求められている に対応する自分 (誠実、優秀) 70%の成人がこのステー ジにいる 部下の面倒をしっかり見て、親 切な親のような関わりをする 組織は階層的、効率的。下層部の声 は求められるが、意思決定は上層部 により執行 圧倒的当事者意識 自分の欲求が一番 自分が中心に世界は回る (ハングリー、エネルギッ シュ) 誕生後すぐ~青年期。成 人の5%がまだここにい る 独裁的、圧政的、操作的 「私のやり方でやれ」 犠牲者か反逆者の役割を演じる傾向 快を追求する 自然に触れる “
  27. 27. <自分/世界とは> <時期・比率> <リーダーの現れ方> <組織の在り方> <楽しみ方> ワンネスの体験 自己と他者は区別のない自己 (悟っている) 統合レベルの鍛錬の末に 稀に現れる 世界的な洞察力、明確なビジョ ンを持つ 宇宙にとって良いこ とのために世界に奉仕する グループフロー状態。 瞑想や坐禅等の身体的 な行為 私の中には沢山の自分がいると いう自己認識をし、自分の中の 暗い側面も拡張。他者に対して も、複雑で多元的な存在として 関わる (器が広い、慈悲深い) 成人の約5%がたどり着 く システム的、コミュニティ指向、 ビジョンは人類の福利に向かう。 サーバントリーダーシップ。 組織は本当に参加しているパート ナー同士になり、自分自身で更新さ れていく。組織は利害関係者のネッ トワークになる。 自分の暗い部分の内観 嫌い・苦手な人との創 発 自分の内側から出てくるものに 従って、外側の世界を形作る、 周囲や文化からの期待では定義 されない (起業家・リーダーシップ精神、 意思のある) 成人の20%がたどり着く 自分の内側・中心から出てくる ビジョンに従う。満足感がある ので、他の人がそうするように 勇気づける 自己表現、協力、成長が極めて重要。 高い成果が出る自己管理型のちーむ が構築される。クリエイティビティ と重大な意思決定は、組織のどの階 層でも期待され、なされている 主体的な活動の立ち上 げ 安心安全な場を持つ 自分=役割 環境や周りから求められている に対応する自分 (誠実、優秀) 70%の成人がこのステー ジにいる 部下の面倒をしっかり見て、親 切な親のような関わりをする 組織は階層的、効率的。下層部の声 は求められるが、意思決定は上層部 により執行 圧倒的当事者意識 自分の欲求が一番 自分が中心に世界は回る (ハングリー、エネルギッ シュ) 誕生後すぐ~青年期。成 人の5%がまだここにい る 独裁的、圧政的、操作的 「私のやり方でやれ」 犠牲者か反逆者の役割を演じる傾向 快を追求する 自然に触れる “

×