Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
なぜ医師である私が
10日間寺ごもりをしようと
思ったのか
¶1
皆さんこんばんは!
まず,このプレゼンでは,皆さんに参加し
てもらうワークが入っています.別に身体
を動かすわけではないのですが,そのワー
クに備えて,一度,大きく伸びをしておき
ましょう.リラックスして耳を傾けてもら
えればと思います.
自己紹介
・香田 将英
(こうだ まさひで)
・医師 1年目
・ぺちゃくちゃ 4回目
・ぷれぜん 3回目
¶2
自己紹介です.香田と申します.医師1年
目です.ぺちゃくちゃはこれまで過去4回
参加していて,プレゼンは今回で3回目に
なります.
caution!
• はじめての気持ちで!
はじめて
知る・聞く
¶3
まずお願いです.このプレゼンでは「今」
「この場」に皆さんの心を持ってきてもら
いたいと思っています.過去や未来でもな
く,「今」.もし知っているような話がで
てきても,まるで今,初めてきくような気
持ちで聞いてもらえればと思います.
¶4
私は,ちょうど一年前,学生最後の春休み
に10日間の寺ごもりに行って来ました.今
回行ってきたのは,日本に伝わる前の仏教,
いわゆる初期仏教のお寺です.ミャンマー
の寺院でお坊さんがする寺ごもりに近いも
のと考えていただければと思います....
4:00起床 21:30就寝
瞑
想
朝
食
昼
食
瞑
想
お
茶
瞑
想
瞑
想
講
話
瞑
想
1日10.5時間 x 10日
= 約100時間
¶5
期間は10日間.スケジュールはご覧の通
りほぼ瞑想です.講話では,仏教の話にも
とづきながら瞑想の理論について学びます.
瞑想は1日10.5時間の10日間.ほぼ100時間
ですね.
・集中力を高める瞑想
・気づきの瞑想
・慈しみの心の瞑想
瞑想は3つ
¶6
瞑想には,3つの段階があります.まずは
サマタ瞑想と呼ばれる,日本に伝わる座禅
のようなもので,「今」「ここに」集中す
る瞑想.2つ目がメインで,ヴィパッサ
ナー瞑想と呼ばれる,自分に対する観察力
を上げる気づきの瞑想.3つ目はメッター
...
自然に呼吸
20秒
鼻の空気の流れを観察
集中力を高める
椅子に座って
背筋を伸ばし
目をつぶる
<エクササイズ>
¶7
それでは1つ目の瞑想を簡略化して,皆さ
んとしていきます.背もたれに持たれてい
る方は,少し離して,背筋を伸ばしてくだ
さい.そうして目をつぶってください.呼
吸は自然な呼吸の鼻の空気の流れを感じま
す.吸っているのか,吐いているのか,余...
自然に呼吸
20秒
鼻の空気の流れを観察
集中力を高める
椅子に座って
背筋を伸ばし
目をつぶる
<エクササイズ>
こら!
目をつぶって!
¶8
(瞑想中)
できましたか?
¶9
はい,それでは目を開けてください.
「余計なことを考えずできた」という人?
「余計なこと考えてしまった」という人?
「皆が目をつぶっている20秒間,どんな
スライドが表示されているか気になって,
自分だけ見ようと思い目を開けてしまっ
た」...
そして,,
気づき
ましたか?
¶10
ここで気づいてほしかったのは,心はコン
トロールできないということです.たった
20秒だけでも,心は呼吸のみにとどまる
ことなく,周りの物音や,過去のこと・未
来のことについてなど,彷徨っていません
でしたか?心は,自由気ままに駆けまわ...
x 100
何回再生ボタンを
押しましたか
嫌悪は
苦悩の始まり
¶11
あるとき,心は過去を彷徨います.たった
一回言われた悪口を,気づかない内に自分
で何度も何度も再生してしまった経験はあ
りませんか?過去は過ぎ去ったもの.思い
出でしかありません.しかし,「嫌悪」の
感情を伴う時,人はその過去に執着し始...
渇望は苦悩のはじまり
¶12
また,あるとき,心は未来を彷徨います.
そこに渇望という感情が伴うと,ひとはそ
の感情に縛られます.心の中に渇望を生み
出す度に,皆さんは心のバランスを失いま
す.今たとえ十分足りる場合でも,今の現
状に満たされることがなくなり,未来に...
感情の種は
感覚から生まれる
感覚
(体験)
好き
嫌い
渇望
嫌悪
執
着
¶13
仏教の教えでは,身体の感覚こそが渇望と
嫌悪の始まるところであると言われていま
す.身体の感覚から「すき」「きらい」と
いう反応が起こり,「すき」という反応は
渇望へ,「きらい」という反応は嫌悪へと,
育っていきます.嫌悪は渇望の裏返し...
気づかないうちに
種は成長して
増えていく
¶14
人は気づいていない内に,自分の中に嫌
悪・渇望の種を蒔きます.それは実をつけ,
全く同じ性質の種を生産し,また心の中に
撒き散らします.その種はまた芽を出し,
新しい種を生む….気づかない限り,この
増殖の過程は繰り返されます.
気づかないうちに
種は燃えて更に増える
(習慣化する)
¶15
そして,人は,この種をガソリンのように
燃料として心の中に溜め込んでいます.
この種は,燃えると同時に増えるという性
質を持っています.嫌悪・渇望の火が起
こった時,気づかない内に,種は増え,燃
料を注ぎ続けることになります.人は,こ
...
小さな種のときから気づく
気づきの瞑想
感覚(体験)
¶16
この増殖の過程は,気づいた時点で増殖を
止めることが出来ます.感覚のレベルで気
づいてあげれば,嫌悪や渇望に至ること無
く,種の成長は止まります.第二の瞑想法
では身体全体の感覚に気づく訓練をします.
「いま」「ここに」身体の中で沸き起...
良い種を育む
慈しみの心の瞑想
¶17
第三の瞑想では,悪い種の代わりに,自分
の心の中に意識的に良い種を播くというこ
とをします.「生きとし生けるものが,ど
こにいても,幸せで,安らかで,自由であ
りますように」と,心から他の人の幸せを
願えば,それが人に伝わり,周りにも浸...
心はコントロールできない
過去の悪い習慣を変える
第一歩は「気づく」こと
良い種を育てることで,
良い習慣をつくることができる
今回私が学んだこと
¶18
ここまでの話をまとめると三つ.1点目.
心はコントロールできない.過去や未来を
きままに彷徨い歩き,嫌悪や渇望という感
情が伴うとき,心はその物事に執着します.
2点目.過去の悪い習慣を変えるには,心
の仕組みをしり,増やしていることに...
自分を
守る
¶19
今回の寺ごもり経験は自分を守ることに一
役買っています.忙しい仕事現場でも,嫌
悪と渇望の炎を燃やし続けることをやめ,
安らぎと調和の空間をつくり,仕事のスト
レスをなるべく少なくし,自分の心に余裕
を作るように心がけています.
思いやりの
気持ち
¶20
自分の心に余裕を持てば,そこで初めて他
人への思いやりの気持ち持つことが出来ま
す.皆さんの中でも,忙しくて,心に余裕
が無く,ついつい他人へ失礼なことをして
しまった経験はありませんか.自分を守る
ことは,他人のためでもあるのです.そ...
20150306_PKN熊本#14「なぜ医師である私が10日間寺ごもりをしようと思ったのか」
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20150306_PKN熊本#14「なぜ医師である私が10日間寺ごもりをしようと思ったのか」

1,719 views

Published on

2015年03月06日開催 PKN熊本#14 スライド
「なぜ医師である私が10日間寺ごもりをしようと思ったのか」
https://www.facebook.com/events/881347121885629/

寺ごもりの経験を20秒x20枚のスライドにまとめました.
なるべく仏教哲学に基いて説明しようと心がけていますが,
難しい用語を使わないように,一部独自の表現が入っています.

Photo - 全て istockphoto から使用しています

Published in: Spiritual
  • Be the first to comment

20150306_PKN熊本#14「なぜ医師である私が10日間寺ごもりをしようと思ったのか」

  1. 1. なぜ医師である私が 10日間寺ごもりをしようと 思ったのか
  2. 2. ¶1 皆さんこんばんは! まず,このプレゼンでは,皆さんに参加し てもらうワークが入っています.別に身体 を動かすわけではないのですが,そのワー クに備えて,一度,大きく伸びをしておき ましょう.リラックスして耳を傾けてもら えればと思います.
  3. 3. 自己紹介 ・香田 将英 (こうだ まさひで) ・医師 1年目 ・ぺちゃくちゃ 4回目 ・ぷれぜん 3回目
  4. 4. ¶2 自己紹介です.香田と申します.医師1年 目です.ぺちゃくちゃはこれまで過去4回 参加していて,プレゼンは今回で3回目に なります.
  5. 5. caution! • はじめての気持ちで! はじめて 知る・聞く
  6. 6. ¶3 まずお願いです.このプレゼンでは「今」 「この場」に皆さんの心を持ってきてもら いたいと思っています.過去や未来でもな く,「今」.もし知っているような話がで てきても,まるで今,初めてきくような気 持ちで聞いてもらえればと思います.
  7. 7. ¶4 私は,ちょうど一年前,学生最後の春休み に10日間の寺ごもりに行って来ました.今 回行ってきたのは,日本に伝わる前の仏教, いわゆる初期仏教のお寺です.ミャンマー の寺院でお坊さんがする寺ごもりに近いも のと考えていただければと思います.です ので,今回お話する内容は日本に伝わる前 の初期仏教の話と思ってください.
  8. 8. 4:00起床 21:30就寝 瞑 想 朝 食 昼 食 瞑 想 お 茶 瞑 想 瞑 想 講 話 瞑 想 1日10.5時間 x 10日 = 約100時間
  9. 9. ¶5 期間は10日間.スケジュールはご覧の通 りほぼ瞑想です.講話では,仏教の話にも とづきながら瞑想の理論について学びます. 瞑想は1日10.5時間の10日間.ほぼ100時間 ですね.
  10. 10. ・集中力を高める瞑想 ・気づきの瞑想 ・慈しみの心の瞑想 瞑想は3つ
  11. 11. ¶6 瞑想には,3つの段階があります.まずは サマタ瞑想と呼ばれる,日本に伝わる座禅 のようなもので,「今」「ここに」集中す る瞑想.2つ目がメインで,ヴィパッサ ナー瞑想と呼ばれる,自分に対する観察力 を上げる気づきの瞑想.3つ目はメッター の瞑想と呼ばれる,自分の中に慈しみの心 を育む,慈しみの心の瞑想です.
  12. 12. 自然に呼吸 20秒 鼻の空気の流れを観察 集中力を高める 椅子に座って 背筋を伸ばし 目をつぶる <エクササイズ>
  13. 13. ¶7 それでは1つ目の瞑想を簡略化して,皆さ んとしていきます.背もたれに持たれてい る方は,少し離して,背筋を伸ばしてくだ さい.そうして目をつぶってください.呼 吸は自然な呼吸の鼻の空気の流れを感じま す.吸っているのか,吐いているのか,余 計なことは考えず,空気の流れ,ただそれ だけを観察してください.それではどうぞ.
  14. 14. 自然に呼吸 20秒 鼻の空気の流れを観察 集中力を高める 椅子に座って 背筋を伸ばし 目をつぶる <エクササイズ> こら! 目をつぶって!
  15. 15. ¶8 (瞑想中)
  16. 16. できましたか?
  17. 17. ¶9 はい,それでは目を開けてください. 「余計なことを考えずできた」という人? 「余計なこと考えてしまった」という人? 「皆が目をつぶっている20秒間,どんな スライドが表示されているか気になって, 自分だけ見ようと思い目を開けてしまっ た」という人? 正直でいいですね(笑)
  18. 18. そして,, 気づき ましたか?
  19. 19. ¶10 ここで気づいてほしかったのは,心はコン トロールできないということです.たった 20秒だけでも,心は呼吸のみにとどまる ことなく,周りの物音や,過去のこと・未 来のことについてなど,彷徨っていません でしたか?心は,自由気ままに駆けまわる のが好きで,次から次へと常に彷徨う習性 をもっています.でも残念に思うことはあ りません.それが心の現実,ありのままの 姿なのです.
  20. 20. x 100 何回再生ボタンを 押しましたか 嫌悪は 苦悩の始まり
  21. 21. ¶11 あるとき,心は過去を彷徨います.たった 一回言われた悪口を,気づかない内に自分 で何度も何度も再生してしまった経験はあ りませんか?過去は過ぎ去ったもの.思い 出でしかありません.しかし,「嫌悪」の 感情を伴う時,人はその過去に執着し始め ます.
  22. 22. 渇望は苦悩のはじまり
  23. 23. ¶12 また,あるとき,心は未来を彷徨います. そこに渇望という感情が伴うと,ひとはそ の感情に縛られます.心の中に渇望を生み 出す度に,皆さんは心のバランスを失いま す.今たとえ十分足りる場合でも,今の現 状に満たされることがなくなり,未来に執 着し始めます.このような心の働きはなぜ 起きるのでしょうか.
  24. 24. 感情の種は 感覚から生まれる 感覚 (体験) 好き 嫌い 渇望 嫌悪 執 着
  25. 25. ¶13 仏教の教えでは,身体の感覚こそが渇望と 嫌悪の始まるところであると言われていま す.身体の感覚から「すき」「きらい」と いう反応が起こり,「すき」という反応は 渇望へ,「きらい」という反応は嫌悪へと, 育っていきます.嫌悪は渇望の裏返しにす ぎません.いずれも執着へと変化していき ます.
  26. 26. 気づかないうちに 種は成長して 増えていく
  27. 27. ¶14 人は気づいていない内に,自分の中に嫌 悪・渇望の種を蒔きます.それは実をつけ, 全く同じ性質の種を生産し,また心の中に 撒き散らします.その種はまた芽を出し, 新しい種を生む….気づかない限り,この 増殖の過程は繰り返されます.
  28. 28. 気づかないうちに 種は燃えて更に増える (習慣化する)
  29. 29. ¶15 そして,人は,この種をガソリンのように 燃料として心の中に溜め込んでいます. この種は,燃えると同時に増えるという性 質を持っています.嫌悪・渇望の火が起 こった時,気づかない内に,種は増え,燃 料を注ぎ続けることになります.人は,こ のような心の仕組みに気がついていないの です.無知であるかぎり,人は嫌悪と渇望 を生み続け,苦悩しつづけます.
  30. 30. 小さな種のときから気づく 気づきの瞑想 感覚(体験)
  31. 31. ¶16 この増殖の過程は,気づいた時点で増殖を 止めることが出来ます.感覚のレベルで気 づいてあげれば,嫌悪や渇望に至ること無 く,種の成長は止まります.第二の瞑想法 では身体全体の感覚に気づく訓練をします. 「いま」「ここに」身体の中で沸き起こる 感覚に気づき,種の成長過程を止め,心の バランスを保つ,それが,気づきの瞑想法 です.
  32. 32. 良い種を育む 慈しみの心の瞑想
  33. 33. ¶17 第三の瞑想では,悪い種の代わりに,自分 の心の中に意識的に良い種を播くというこ とをします.「生きとし生けるものが,ど こにいても,幸せで,安らかで,自由であ りますように」と,心から他の人の幸せを 願えば,それが人に伝わり,周りにも浸透 し,安らかで調和に満ちた空間を作ること が出来ます.
  34. 34. 心はコントロールできない 過去の悪い習慣を変える 第一歩は「気づく」こと 良い種を育てることで, 良い習慣をつくることができる 今回私が学んだこと
  35. 35. ¶18 ここまでの話をまとめると三つ.1点目. 心はコントロールできない.過去や未来を きままに彷徨い歩き,嫌悪や渇望という感 情が伴うとき,心はその物事に執着します. 2点目.過去の悪い習慣を変えるには,心 の仕組みをしり,増やしていることに気づ くことから第一歩が始まります.3点目. 悪い種の代わりに意識的に良い種を育てれ ば,自分の中に安らぎと調和の空間を作る ことが出来ます.
  36. 36. 自分を 守る
  37. 37. ¶19 今回の寺ごもり経験は自分を守ることに一 役買っています.忙しい仕事現場でも,嫌 悪と渇望の炎を燃やし続けることをやめ, 安らぎと調和の空間をつくり,仕事のスト レスをなるべく少なくし,自分の心に余裕 を作るように心がけています.
  38. 38. 思いやりの 気持ち
  39. 39. ¶20 自分の心に余裕を持てば,そこで初めて他 人への思いやりの気持ち持つことが出来ま す.皆さんの中でも,忙しくて,心に余裕 が無く,ついつい他人へ失礼なことをして しまった経験はありませんか.自分を守る ことは,他人のためでもあるのです.そう やって,寺ごもりの経験は私の中で一つの 生きる術として役立っています.現代社会 はストレスが多く悩みが尽きないと思いま す.そんなときに,今回のプレゼンが皆さ んの生きていく上でのヒントとなれば幸い です.今日はありがとうございました.

×