Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Google Analytics勉強会資料

5,131 views

Published on

ある会社の情報システム部門の勉強会で講師をしました。その時に使った資料に、修正を加えたものです。

  • Be the first to comment

Google Analytics勉強会資料

  1. 1. Google Analyticsを仕組みから理解して活用する<br />
  2. 2. データ集計の流れ<br />
  3. 3. ga.jsのロード<br />javascriptは、セグメント情報取得<br />cookieにデータを、set, get<br />gifリクエストを発行<br />
  4. 4. 送信パラメーター<br />
  5. 5. フィルターでデータを、除去、補正する<br />
  6. 6. Google側でDB化?<br /><ul><li>データベースの持ち方は、不明。 Big Tableみたいなもの?
  7. 7. 特殊なもの、ゴール、カスタム変数などは、Index化(エンティティ化?)に、1-3日?
  8. 8. 通常のデータは、ほぼリアルタイム
  9. 9. 一度、indexされれば、ほぼリアルタイムに近い。
  10. 10. DBからの、出力形式には3つある。</li></li></ul><li>3つの出力形式<br />通常のウェブレポート<br /><ul><li>ディメンジョンは二つまで。 + ピボット機能
  11. 11. 多彩なグラフ機能 + 比較グラフは有用</li></ul>カスタムレポート<br /><ul><li>同じくディメンジョンは、二つまで。
  12. 12. ディメンジョン + 指標の組み合わせ  自由にOK。
  13. 13. ドリルダウン機能
  14. 14. ユニークユーザー(各種ディメンジョン)も取れる</li></ul>APIを通じたデータ<br /><ul><li>最大で、ディメンジョン7+指標10 の17列のテーブルデータを取得できる。
  15. 15. ユニークユーザー取得に制限</li></li></ul><li>3つのデータ形式を実際に見てみる<br />通常の画面<br />リンク(カスタムレポート)<br /><ul><li>https://www.google.com/analytics/reporting/manage_profile_custom_reports?id=21600568&pdr=20100817-20100916&cmp=average#lts=1284698140749</li></ul>Data Export API<br /><ul><li>GADataExportの紹介 http://abc-analytics.com/data-feeds-query-explorer-in-windows-application
  16. 16. Excellent Analytics http://excellentanalytics.com/</li></li></ul><li>レポート画面の便利機能<br />比較グラフは二つのタイプ<br />サイト全体と比較<br />期間での比較(有用)<br />アドバンスフィルターは、素早い処理に!<br />コンバージョンしてるデータの絞り込みに<br />マイレポートに登録可能-> 条件の保存が可能。<br />現在見てるレポートの外部連携・報告<br />テーブルデータとして、ダウンロード<br />メール配信設定で、外部に直接報告。<br /><ul><li>マイレポートもメール配信可能</li></li></ul><li>データ集計を想像してみる<br />PVベースのデータを<br />セッションベースのデータになってると想像する<br />
  17. 17. セッションベースのテーブルにクエリーを投げるイメージ<br />SELECT 開始ページ, count(開始ぺーじ), count(直帰), count(離脱) GroupBy開始ページ<br />通常のウェブレポート、カスタムレポートは選択項目は二つまで<br />APIを使うと、7つまでディメンジョン選択、10個まで指標(count,sum)を取れる<br />
  18. 18.
  19. 19. ディメンジョンと指標を整理してみる<br />ページ名<br />???<br />訪問回数<br />ソース<br />???<br />???<br />ユーザー数<br />
  20. 20. 手元の紙で整理する<br />
  21. 21. 活用編<br />アクセス数値の検討は、ビジネス目標ありきが前提 <br /><ul><li>売上数
  22. 22. 問い合わせ数、
  23. 23. アナリティクスでは、目標の設定を行う
  24. 24. 目標達成を、コンバージョンと呼んでいる。
  25. 25. 目的は、コンバージョン数の最大化
  26. 26. 最大化には、流入数を増やすか、コンバージョンの効率化なので、、、</li></li></ul><li>流入数を増やす<br />コンバージョンしてるセッションの属性を取得する。<br /><ul><li>属性 -> ディメンション or 指標
  27. 27. 検索ワード、参照元、地域、閲覧開始ページ
  28. 28. コンバージョンするセッションの指標値</li></ul>この属性情報のセッションを増やすことは可能か?<br /><ul><li>PPCを使う。 
  29. 29. ページを作る。
  30. 30. 特集を作る。</li></li></ul><li>コンバージョン率の改善<br />ボトルネックの発見<br />コンバージョンに至る道筋を、確認。<br /><ul><li>到達プロセス
  31. 31. 目標パスの解析
  32. 32. ナビゲーションサマリー</li></ul>どの段階で、離脱しているか?<br /><ul><li>到達プロセス
  33. 33. コンテンツ > 離脱ページ</li></ul>改善策には、テスト、テスト、テスト。<br />
  34. 34. テスト<br />テスト導入ツールとして、Google WebSite Optimizerがある。<br />非常に簡易に、テストが実行できる。<br />画像は、Google Website Optmizer Blogより。<br />
  35. 35. 実際の作成も簡単<br />Aページ<br />http://phar.awe.jp/gwo.html<br />Bページ<br />http://phar.awe.jp/gwob.html<br />コンバージョンページ<br />http://phar.awe.jp/cnv.html<br />
  36. 36. 事例紹介をしてるサイト<br />ECナビUIO戦略室ブログ<br />http://uio.ecnavi.co.jp/<br />Abtests.com<br />http://www.abtests.com/<br />独立性の検定<br />http://abc-analytics.com/decision-on-a-abtest-from-smart-bear-blog<br />二項分布の分散を頭に入れておく。 <br />n*(1-p)*p <br />nがAとBの回数。 Pはコンバージョン率。<br />分散をルートすれば、標準偏差。 ばらつき加減を頭に入れる。<br />
  37. 37. Google Aanlytics と GWO<br />テスト別の Analyticsデータを見ることも可能<br />A/Bテストの場合には、そのままページ別のデータで判別可能<br />多変量テストの場合、utmx(“combination”)で、どの組み合わせかの数字が取れるので、それをAnalyticsのカスタム変数に入れる<br />
  38. 38. Analytics単体でのテスト<br />Cookie と javascriptによる DOMの書き換えを使う<br />場合分けしたものは、カスタム変数で管理<br />
  39. 39. Analyticsでテスト2<br />先程のテストの母数の確認<br />ユーザー数ベースでの乱数振り分けしてる<br />
  40. 40. レポート上で、タイトルを表示する or ページと入れ替える。<br /><ul><li>GREnhancerを使う。http://www.roirevolution.com/blog/2008/10/google_analytics_report_enhancer_updates.html
  41. 41. 改良版を使う
  42. 42. 紹介してるサイト(http://susumukatachi.jp/archives/1709)
  43. 43. 実際に、ファイル作って置いた。
  44. 44. http://phar.awe.jp/gare.html
  45. 45. フィルターを使う
  46. 46. http://wiki.abc-analytics.com/account/profiles/filter/examples_filter_settings/example_filter_replace_url_with_title</li></li></ul><li>アドバンスフィルターの保存<br />urlをbookmarkする。<br /><ul><li>省略。</li></ul>マイレポートに登録する<br /><ul><li>省略</li></li></ul><li>クロスドメインに渡る計測<br />基本的なcookieの仕様を認識しておく。<br /><ul><li>Cookieはドメインを超えられない。
  47. 47. Cookieのキーは、同じ形 utm?が入る
  48. 48. Cookieの値の、最初 or 2番目には、ドメインのハッシュ値が入っていて、これは利用できる。
  49. 49. _setDomainNameの動きを理解する。
  50. 50. http://abc-analytics.com/multi-cookie-tracking</li></ul>あとは、クロスドメイン計測は、URLのアドレスでcookieの値を渡す方式なのを知っておく。<br />
  51. 51. 知識を増やすために<br /><ul><li>アクセス解析イニシアティブFAQ http://a2i.jp/faq/
  52. 52. オフラインでの交流も結構ある。
  53. 53. Google の forum analyticshttp://www.google.com/support/forum/p/Google+Analytics/
  54. 54. Data Export APIのフォーラム(UIが変わった) http://code.google.com/apis/analytics/groups/exportApiGroup.html
  55. 55. 自分で検証(リクエストとcookie)して、頭に入れるのが早い?
  56. 56. Chromeの開発ツール , firfoxのfirebug
  57. 57. IEなら、fiddler2などを使う。</li>

×