Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

3

Share

Download Now Download

Download to read offline

GitHub ActionsでiOSのCIを実現しよう

Download Now Download

Download to read offline

2019年8月27日に開催されたiOS Test Night #11にてLTした資料です。
https://testnight.connpass.com/event/138237/

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

GitHub ActionsでiOSのCIを実現しよう

  1. 1. GitHub Actionsで iOSのCIを実現しよう 2019/8/28 iOS Test Night #11 なかしょ(中島進也)
  2. 2. Profile • 名前:なかしょ(中島 進也) • Twitter:@nakasho_dev • ブログ:なかしょの技術日誌 http://nakasho-dev.hatenablog.jp/ • 最近の興味 TDD、アジャイル開発、Xamarin、Chatbot、Tizen • 主な参加コミュニティ JXUG、.NETラボ、Cogbot、Teratail、TestNight XP祭り2019実行委員 ※本資料は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するもの ではありません。 2
  3. 3. GitHub ActionsにCI/CD機能を搭載 3 参考:https://github.blog/jp/2019-08-21-github-actions-now-supports-ci-cd/
  4. 4. GitHub Actions の CI/CD機能 • あらゆるOS、言語、クラウドに対応した高速なCI/CD • マトリックスビルド • ライブログでリアルタイムのフィードバックを表示 • コードのようにアクションとワークフローを記述して再利用 可能 • 独自のイベントも含め、あらゆるイベントでワークフローを 自動化 • 組み込みのパッケージ・コンテナレジストリとの連携 • サンプルワークフローを使って簡単に開始 • シンプルな従量課金制(OSSは無料で利用可能) • 11月13日にGitHub Actionsの正式バージョンリリース予定 4 参考:https://github.blog/jp/2019-08-21-github-actions-now-supports-ci-cd/
  5. 5. GitHub Actions β版への登録 5 https://github.co.jp/features/actions
  6. 6. You’re in! Get started with GitHub Actions beta 6 8月21日(水)7:47
  7. 7. Actions のページ 7
  8. 8. Workflow初期状態 8 runs-on: ubuntu-latest WFの実行環境を指定 on: [push] 何を契機に実行するかを設定 run: echo Hello, world! Hello,world! 初期状態からの次の編集ス テップについて説明 Start commit WF定義をコミット 参考:https://github.com/actions/starter-workflows/blob/master/ci/blank.yml
  9. 9. WF定義をコミット 9
  10. 10. 初期状態のWF定義が実行される 10
  11. 11. 実行環境 •ubuntu-latest •ubuntu-18.04 •ubuntu-16.04 •windows-latest •windows-2019 •windows-2016 •macOS-latest •macOS-10.14 11
  12. 12. とりあえずMacの環境で実行 • 実行環境をruns-onに変更 runs-on: macOS-latest • Simulator環境を確認する処理を追加  - name: show simulator list  run: xcrun instruments -s 12 runs-on: macOS-latest steps: - uses: actions/checkout@v1 - name: show simulator list run: xcrun instruments -s
  13. 13. Simulatorのリストを確認 13
  14. 14. 実行環境全体のソフトウェアが知りたい 14 参考:https://help.github.com/en/articles/software-in-virtual-environments-for-github-actions#macos-1014
  15. 15. 主要なソフトウェア • Package Management Bundler 2.0.2 Carthage 0.33.0 CocoaPods 1.7.5 Homebrew 2.1.9 NPM 3.10.10 Yarn 1.17.3 NuGet 4.7.0.5148 pip 19.1.1 Miniconda 4.7.10 • Project Management Apache Maven 3.6.1 Gradle 5.5.1 • Tools fastlane 2.128.1 App Center CLI 1.2.2 Azure-CLI 2.0.70 • Xamarin Visual Studio for Mac 8.1.5.9 • Xcode 11_beta 10.3, 10.2.1, 10.2 10.1, 10.0 9.4.1 15
  16. 16. CarthageとUnitTestを実行 16 runs-on: macOS-latest steps: - uses: actions/checkout@v1 - - name: Carthage run: carthage update --platform iOS - name: xcode test run: xcodebuild test -project SwiftAppCenterSample.xcodeproj -scheme SwiftAppCenterSample -destination 'platform=iOS Simulator,name=iPhone Xs,OS=12.2'
  17. 17. UnitTest 実行結果 17 ** TEST SUCCEEDED **
  18. 18. Secretな変数について 18 Secretなファイルの 登録は未実装の模様
  19. 19. まとめ • まずはβ版に登録しよう • OSSであればWFの実行は制限時間なしで無料 • WFはYAMLで比較的簡単に記述ができる • 実行環境には様々なソフトウェアが揃っている • Secretsを活用してパスワード等を守ろう 19
  20. 20. ご清聴ありがとうございました。 なかしょ(中島 進也) @nakasho_dev 20

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • tsuyoshicho

    Oct. 17, 2019
  • NeoXrea

    Oct. 17, 2019
  • ssuser3ae5a8

    Mar. 15, 2020

2019年8月27日に開催されたiOS Test Night #11にてLTした資料です。 https://testnight.connpass.com/event/138237/

Views

Total views

4,011

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

707

Actions

Downloads

10

Shares

0

Comments

0

Likes

3

×