Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

新潟大学情報リテラシー概論最終版

990 views

Published on

  • Be the first to comment

新潟大学情報リテラシー概論最終版

  1. 1. 情報リテラシー概論「Web2.0など新技術」 一戸信哉(敬和学園大学)
  2. 2. 評価方法• 小テスト:最終回に実施• Twitterでの参加 – ハッシュタグ #niil12 のついた発言(前後の単語との間には半角スペース) – 内容の要約をもっとも評価(ほか、質問、コメントなども歓迎) – IDとお名前・学籍番号のひもづけは、メールで行います。自分のアカウントからご連絡く ださい。• Facebookでの参加 • 新潟大学情報リテラシー概論「Web2.0など新技術」、というグループに参加し、こちらに 質問や感想を自由に書き込んでください。• 電子メール送信先:shinyai+niil@gmail.com
  3. 3. プロフィール• 一戸信哉(いちのへしんや)、青森県出身• 2006年10月より敬和学園大学人文学部国際文化学科(前任校は北海道)• 専門:情報法 – ソーシャルメディア/ソーシャルウェブの社会的なイン パクトに関心
  4. 4. shinyaiとしての活動• 新潟ソーシャルメディアクラブ(NSMC)• 新潟フォトウォーク
  5. 5. 新潟ソーシャルメディアクラブ• パーティ形式で、Twitterなどソーシャルメディアについて 学び、交流• 毎回50−70名が参加• 過去のゲスト @ksorano :そらの(ケツダンポトフ)末広 栄二さん(元テーブルマーク、元トリドール広報) @tsuda:津田大介さん(メディアジャーナリスト) @knnkanda :神田敏晶さん(ジャーナリスト)いしたにま さきさん(みたいもん!)コグレマサトさん(ネタフ ル)閑歳孝子さん(ユーザローカル)浅枝大志さん (Beatrobo)
  6. 6. 新潟フォトウォーク• 県内各地を訪ねて、みんなで写真を撮り、写真共有サイトで共有する–新潟×3、新発田、柏崎(高柳)、栃尾、村上、 弥彦、燕、田上、佐渡、上越–カメラはなんでもよい、参加者は現在30人規模に–次回は7月7日、新潟市入舟町界隈
  7. 7. Web 2.0とはなんだったのか?• 2005年にティムオライリーが発表– 「What is Web 2.0?」– CNET Japan訳がウェブにも残っている
  8. 8. 1. プラットフォームとしてのWeb:ウェブ経由での サービス提供2. 集合知の活用3. データは次世代の「インテル・インサイド」:大 量のデータの処理が、サービスの肝4. ソフトウェアリリースサイクルの終焉:永遠のベー タ版5. 軽量なプログラミングモデル:軽量なプログラムの マッシュアップ
  9. 9. ソーシャルメディア• ユーザが、発信、評価などの形で積極的に参加すること で成り立っているメディア• CGM:消費者が生成するメディア• ビデオ:Did you know ? 4.0• ビデオ:ソーシャルメディア革命 http://youtu.be/tvbr0XQTQFA ソーシャルメディアとはテクノロジーではなく、人そのもの 動画のほうが理解がすすむ:「カーンアカデミー」
  10. 10. 背景にあるもの• メディアコミュニケーションの変容(受け身から能動)• 能動的発信には負担が伴う(小さなさざなみ・共感でもよい。選べる発信内容)→SIPS• 社会的負担・不安:炎上。処理不可能な人々の「思い」(実は「朝生」では処理されていた?)• さまざまなギャップから、発信者は育っていないが、口コミの力は確認されつつある(震災時のTwitter検索)
  11. 11. • 電通モダン・コミュニケーション・ラボ(2011年1月発表) 11
  12. 12. Blogからソーシャル メディアへ
  13. 13. 日本ではブログ以前にWeb日記• 90年代から2000年代初頭• 日記猿人・日記才人など• リンク集+更新情報サイト• 投票システムで人気投票• さるさる日記を契機に、ある程度簡単なシステムが登場し始めたが、それ以前はタグを手
  14. 14. Blogのきっかけは、イラク戦争• Evan WilliamsらがBloggerをスタート(2003年)• イラクからの現地報告、あるいはメディアに載らない戦争反対の論調が、ブログを介して、多くの人々に注目されるように• Movable TypeやWordpressが主流に• 日本のブログサービスは、Ameblo?
  15. 15. Blogの敷居の高さ• タイトルを考えるのが面倒• まとまった文章を書く必要がある?• 集客力がないと閑古鳥– アメブロは、素人向けにも集客ツールを用意• その割には炎上する?• RSSリーダの仕組みがわかりずらい
  16. 16. ニールセン・ネットレイティング2011年10月(ブログ“in the loop” 齋藤徹氏のまとめ)
  17. 17. 311以降信頼を増したメディア NHK (Public Broadcasting) Portal Site Social Media University / Research Institute GovernmentBroadcasting Station (Private) Newspapers Source: NRI “Research on Media Access  associated with the disaster”, 29th, Mar
  18. 18. 311以降信頼を減じたメディア Government Broadcasting Station (Private) Social Media University / Research Institute Newspapers NHK (Public Broadcasting) Portal SiteSource: NRI “Research on Media Access  associated with the disaster”, 29th, Mar., 201
  19. 19. おおよその流れFacebookTwitterその他:Google+, Pinterest, Tumblr, LINE,Foursquare, ロケタッチ, Naverまとめ,Evernote, Dropboxなど
  20. 20. Facebookの襲来と日本• Gree、mixi、Facebookはいずれも2004年ス タート• 実名の壁を越えて日本でもFacebook浸透の気 配• 世界では9億
  21. 21. Webページに代替する? Facebookページ• 旧「ファンページ」• ウェブページ以上のアクセス数(ファン数)を集めている企業やアーティストなども• ウォールだけでなく、各種コンテンツを埋め込むなど作り込みが可能• しかし実際に生き残るかどうかはまだ未知数 – エッジランクの問題
  22. 22. Facebook最近の動き: タイムライン機能カバー写真「過去に向かって」投稿できる 「黒歴史」を消す必要 はあるFacebookページには、会社の歴史などを設定できる
  23. 23. Facebook最近の動き:グループ機能のアップデートクローズド運用が可能なウォールやチャットからスタート大学向けの専用グループがスタート(大学のメールアドレスが必要)ファイルの共有機能:Dropboxなどに対抗?
  24. 24. Facebook最近の動き: フィード購読友人とファンを区別公開フィードを購読する一方向の関係を設定可能にTwitterと同じ使い方が可能に有名人Facebookページと個人アカウントの使い分けはどうなる?
  25. 25. Facebook最近の動き: 位置情報関連サービス自分がどこに(誰と)いるかを書き込める機能(PC, モバイル)クーポンの発行 ホットペッパーが連動を模索して騒動に「近くにいる友だち」機能の導入が迷走中コンテキストに適した広告配信ができる?
  26. 26. Facebookのタグ付け、顔認識問題 • Facebookでは、ユーザ間で「この人は誰か」をタグ付けで きる – プライバシー設定を細かく設定しておかないと、いつの まにか「顔バレ」する • 実際には、違反ユーザの締め出しのため、他のユーザに 「顔」クイズも行われているので、顔が出ていることが前提 • 同じ顔の写真を認識する機能も動き始めている • face.comを買収し、さらに機能向上?
  27. 27. フィードの量を調節あんまり見たくない人/全部見たい人
  28. 28. あまり見せない方法「友達−制限」:友人から削除しないが、「公開」ポスト以外は見せない
  29. 29. Fb連動サービス:Beatrobo 年初の大型資金調達が話題になった日 本発のサービス 「いいね」情報に基づき、友人が「ロ ボットDJ」として登場 プレイリストは自動的に生成される 自ら自分のプレイリストを作成する ことも可能 プレイリストを配るBeatplugのリリー スを準備中
  30. 30. Fb連動サービス:ソーシャルランチ / Coffee Meeting
  31. 31. Fb連動サービス: すごい時間割
  32. 32. LINE国内2000万ユーザ 世界4500万ユーザ無料通話とメッセージ絵文字友達自動追加で急速に普及非公認「出会い系」サービス公開ポストのFb/Twか、限定のLine/Mixiか
  33. 33. LINE公式アカウント
  34. 34. LINE CHANNELSNSとなり、コンテンツの提供が可能にゲーム、ノベル、クーポン、音楽などを配信API公開KDDIと提携
  35. 35. Twitterユーザ数2−3億Twitter革命? 「動員の革命」(津田大介)揺らぐTwitter情報の信頼性 311以後匿名情報の不安定さが顕著に
  36. 36. UK Moscowby Nicobobinus Photo by mpeake Occupy Wall Street (US) By david_shankbone
  37. 37. 「再稼働反対」
  38. 38. バルス
  39. 39. Twitter検索の威力Google リアルタイム検索の終了 (2011)Yahoo! リアルタイム検索が検索範囲を30日に拡大Twitter自身は依然7日間の検索にとどまる
  40. 40. Tw関連サービス:Favstar
  41. 41. Tw関連サービス:Buzztter
  42. 42. Tw関連サービス:Seatnext「あのとき隣にいた人」を確認するために「座席表」を作成できる
  43. 43. 散逸しやすいログの保管FBログ(facebook)Twilog(Twitter)Memolane(○年前の投稿をメールで通知)
  44. 44. インフルエンサーの発見Klout (米)Userchart (日)サンフランシスコ空港で、Cathay PacificがKlout値の高いユーザをラウンジに招待
  45. 45. Google+ and AKB48AKB48のメンバーがGoogle+に参加 http://gplus.userlocal.jp/Hangoutの会議機能+Youtubeへのアップロード機能には期待 http://youtu.be/ 2JqVO4j4kmU
  46. 46. Instagram正方形の写真を共有するiOS専用サービスAndroidアプリをリリース(4月)Facebookが買収 (4月)ユーザ数は4000万人以上(4月)
  47. 47. Instagram以外の写真共有 Facebook :700億枚のポスト?70 billion posts?) 高画質のものは少ない Flickr (Yahoo!):2004年スタート 60億枚を2011年8月に達成 ブログへの貼り付けなどの自由度で優位性があるもの の、伸び悩みは否めない Facebook、Googleのアカウントでも利用可能に miil : 日本発の「食」関連写真サービス
  48. 48. キュレーション日本では、佐々木俊尚氏が2010年頃から提唱編集人の役割に注目
  49. 49. TumblrTwitterと同時期にスタート “Reblog” オリジナルドメインでも利 用可能The Blog Is Dead; Long LiveTumblr!(Gizmodo, APR 16,2012) “Judging by Google popularity, the word ‘tumblr’ will be a more
  50. 50. PinterestテーマごとにBoardを設定し、Pin機能で画像などを自由に取り込む フォローもBoardごとに設定できるTumblrよりも女性のユーザが多い(印象)企業もテーマごとのページを設定しやすい Uniqloが公式ページスタート
  51. 51. Pinterest Pinterest: 前年比 4377% の伸び (訪 問者ベース) Twitter: 58% LinkedIn: 67% Tumblr: 168% Facebook: 4%「合衆国2012年のインターネット状況:Pinterestが前年比4000%成長,ecはAmazonのほぼ独壇場」 (TechcrunchJune14th,2012)
  52. 52. LinkedInビジネスSNS 詳しい学歴、職歴などを記入できる日本法人設立スライドシェアを買収(ともにビジネス利用の焦点)パスワード漏洩1.5億ユーザ
  53. 53. (Gizmodo, APR 16, 2012)
  54. 54. Social Magazine: Flipboardソーシャルマガジンを雑誌のように閲覧 iPadアプリとしてス タートiPhone版リリース(2011) 日本語版リリース (2012)
  55. 55. Naverまとめキュレータに広告料分配 (Naverまとめインセンティブ) 著作権問題がなくはない デッドコピーをどう防ぐか
  56. 56. Scoop.it新聞風半自動編集 ピックアップするサイトを予め設定し、流れてきた フィードからピックアップできる
  57. 57. 今後の方向性ビジネスとして 課金モデル 広告:位置情報、ソーシャルグラフなどの利用メディアとして ユーザは「公開」に向かう(Twitter, Facebook型)か、友人のみの狭いコミュ ニティ(LINE, mixi型)に向かうか 公共的な言論空間としての信頼性は?ユーザとして 利便性のために個人情報をどこまで明かすのか(トレードオフ) 炎上しない使い方、友人・他人に迷惑をかけない使い方

×