Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Niil11

1,843 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Niil11

  1. 1. 情報リテラシー概論 11-13 「 Web2.0 など新技術」 一戸信哉(敬和学園大学)
  2. 2. 評価方法 <ul><li>小テスト:最終回に実施 </li></ul><ul><li>Twitter での参加 </li></ul><ul><ul><li>ハッシュタグ #niil11 のついた発言(前後の単語との間には半角スペース) </li></ul></ul><ul><ul><li>内容の要約をもっとも評価(ほか、質問、コメントなども歓迎) </li></ul></ul><ul><ul><li>ID とお名前・学籍番号のひもづけは、メールで行います。自分のアカウントからご連絡ください。 </li></ul></ul><ul><li>その他: Blog 、 Facebook ページ、ノートなど(公開状態になっていること) </li></ul><ul><li>電子メール送信先: [email_address] </li></ul>
  3. 3. プロフィール <ul><li>一戸信哉(いちのへしんや)、青森県出身 </li></ul><ul><li>2006 年 10 月より敬和学園大学人文学部国際文化学科(前任校は北海道) </li></ul><ul><li>専門:情報法 </li></ul><ul><ul><li>ソーシャルメディア/ソーシャルウェブの社会的なインパクトに関心 </li></ul></ul><ul><ul><li>テレビ、ラジオ、新聞などの Twitter 関連の話題でコメント </li></ul></ul><ul><li>情報ネットワーク法学会理事、情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会幹事 </li></ul><ul><li>情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢  </li></ul>
  4. 4. shinyai としての活動 <ul><li>新潟ソーシャルメディアクラブ( NSMC ) </li></ul><ul><li>新潟フォトウォーク </li></ul>
  5. 5. 新潟ソーシャルメディアクラブ <ul><li>パーティ形式で、 Twitter などソーシャルメディアについて学び、交流 </li></ul><ul><li>毎回 50 - 70 名が参加 </li></ul><ul><li>過去のゲスト </li></ul><ul><ul><li>@ksorano : そらの(ケツダンポトフ) </li></ul></ul><ul><ul><li>@katokichicoltd :カトキチ広報部長 </li></ul></ul><ul><ul><li>@tsuda :津田大介氏(メディアジャーナリスト) </li></ul></ul><ul><ul><li>@twinswanlake ( スワンレイクビール) </li></ul></ul><ul><ul><li>@knnkanda ( ジャーナリスト) </li></ul></ul>
  6. 6. 新潟フォトウォーク <ul><li>県内各地を訪ねて、みんなで写真を撮り、写真共有サイトで共有する </li></ul><ul><ul><li>新潟 × 3、新発田、柏崎(高柳)、栃尾、村上、弥彦、燕、田上 </li></ul></ul><ul><ul><li>カメラはなんでもよい </li></ul></ul><ul><ul><li>参加者は現在 30 人規模に </li></ul></ul><ul><ul><li>隔月開催 </li></ul></ul>
  7. 7. その他 <ul><li>ときめいとで勉強会(次回は 7 月 8 日) </li></ul><ul><li>新潟市事業仕訳けの Ustream 配信 </li></ul><ul><li>新潟インターネットテレビとのダダ漏れ会議 </li></ul><ul><li>新潟市議の Twitter アカウント作成ダダ漏れ </li></ul><ul><li>新潟大学の学生の皆さんにも、積極的に参加してほしい </li></ul>
  8. 9. 今回話したい内容 <ul><li>最近のソーシャルメディア事情 </li></ul><ul><li>私のソーシャルメディア活用法 </li></ul><ul><li>大震災とソーシャルメディア </li></ul>
  9. 10. Web 2.0 とはなんだったのか? <ul><li>2005 年にティムオライリーが発表 </li></ul><ul><ul><li>「 What is Web 2.0 ?」 </li></ul></ul><ul><ul><li>CNET Japan 訳がウェブにも残っている </li></ul></ul>
  10. 11. <ul><li>プラットフォームとしての Web :ウェブ経由でのサービス提供 </li></ul><ul><li>集合知の活用 </li></ul><ul><li>データは次世代の「インテル・インサイド」:大量のデータの処理が、サービスの肝 </li></ul><ul><li>ソフトウェアリリースサイクルの終焉:永遠のベータ版 </li></ul><ul><li>軽量なプログラミングモデル:軽量なプログラムのマッシュアップ </li></ul><ul><li>単一デバイスの枠を超えたソフトウェア:どこからでも使える </li></ul><ul><li>リッチなユーザ体験:高速、グラフィカル、双方向性 </li></ul>
  11. 12. ソーシャルメディア <ul><li>ユーザが、発信、評価などの形で積極的に参加することで成り立っているメディア </li></ul><ul><li>CGM :消費者が生成するメディア </li></ul><ul><li>ビデオ: Did you know ? 4.0 </li></ul><ul><li>ビデオ:ソーシャルメディア革命 </li></ul>
  12. 13. 背景にあるもの <ul><li>メディアコミュニケーションの変容(受け身から能動) </li></ul><ul><li>能動的発信には負担が伴う(小さなさざなみ・共感でもよい。選べる発信内容) </li></ul><ul><li>社会的負担・不安:炎上。処理不可能な人々の「思い」(実は「朝生」では処理されていた?) </li></ul><ul><li>さまざまなギャップから、発信者は育っていないが、口コミの力は確認されつつある(震災時の Twitter 検索) </li></ul>
  13. 14. Blog から Twitter へ <ul><li>Blog の起源 </li></ul><ul><li>Twitter はどのように始まったのか </li></ul>
  14. 15. 日本ではブログ以前に Web 日記 <ul><li>90 年代から 2000 年代初頭 </li></ul><ul><li>日記猿人・日記才人など </li></ul><ul><li>リンク集 + 更新情報サイト </li></ul><ul><li>投票システムで人気投票 </li></ul><ul><li>さるさる日記を契機に、ある程度簡単なシステムが登場し始めたが、それ以前はタグを手打ちしていた </li></ul>
  15. 16. Blog のきっかけは、イラク戦争 <ul><li>Evan Williams らが Blogge rをスタート( 2003 年) </li></ul><ul><li>イラクからの現地報告、あるいはメディアに載らない戦争反対の論調が、ブログを介して、多くの人々に注目されるように </li></ul><ul><li>Movable Type や Wordpress が主流に </li></ul><ul><li>日本のブログサービスは、 Ameblo ? </li></ul><ul><li>RSS フィードが標準装備されている( RSS リーダで購読リストを作る) </li></ul>
  16. 17. Blog の敷居の高さ <ul><li>タイトルを考えるのが面倒 </li></ul><ul><li>まとまった文章を書く必要がある? </li></ul><ul><li>集客力がないと閑古鳥 </li></ul><ul><ul><li>アメブロは、素人向けにも集客ツールを用意 </li></ul></ul><ul><li>その割には炎上する? </li></ul><ul><li>RSS リーダの仕組みがわかりずらい </li></ul>
  17. 18. Twitter <ul><li>2006 年に登場し、 2010 年に定着 </li></ul><ul><li>タイトルは不要(敷居が低い) </li></ul><ul><li>140 文字の制限 </li></ul><ul><li>  Twitter 生態系(エコロジー)の発達 </li></ul><ul><li>他のユーザとの連携が容易(その割に荒れにくい </li></ul><ul><li>リアルタイム性と伝播の速さ( RT) </li></ul>
  18. 19. 敗れ去った「ミニブログ」たち(と、存続している競合サービス) <ul><li>もごもご(終了) </li></ul><ul><li>Timelog (サービス形式を変更) </li></ul><ul><li>Nowa(Livedoor 、終了 ) </li></ul><ul><li>Friendfeed(Facebook が買収) </li></ul><ul><li>Ameba なう(存続中) </li></ul><ul><li>Wassr (存続中) </li></ul><ul><li>Identi.ca (存続中) </li></ul><ul><li>Mixi ボイス(存続中) </li></ul><ul><li>Twitter と同じ内容を投稿するという利用が可能なものが多いが、独自に集客できているものは少ない </li></ul>
  19. 20. Twitter はなぜ勝ち残ったのか? <ul><li>つながる先は多い方がよい(ネットワーク外部性) </li></ul><ul><li>豊富な関連サービス(アプリ) </li></ul><ul><li>Buzztter   Togetter </li></ul><ul><li>Twilog   Twitterfeed </li></ul><ul><li>Favotter / Favstar </li></ul><ul><li>Twitraq   / まちツイ </li></ul><ul><li>Twitvite </li></ul><ul><li>初心者はシンプルなまま楽しめるし、上級者向けの関連サービスも充実->最近は徐々に各種機能を取り込みつつある </li></ul>
  20. 21. Twitter をまとめる Togetter
  21. 22. Twitraq <ul><li>Twitter に関する各種分析結果を表示 </li></ul><ul><ul><li>TL 上のトピックを分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>フォロワー分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>キーワード分析 </li></ul></ul>
  22. 23. <ul><li>閑歳孝子氏の WISH2010 でのプレゼンテーション </li></ul>
  23. 24. Google Buzz : Gmail との自動連携問題 <ul><li>2010 年 2 月 </li></ul><ul><li>Gmail のコンタクトリストを自動的に Buzz にインポート </li></ul><ul><li>出遅れた Google の焦り? </li></ul><ul><li>情報共有のコンテキスト </li></ul><ul><ul><li>メール </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter など </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽 </li></ul></ul><ul><li>最近 Twitter もやりだした? </li></ul>
  24. 25. Twitter の社会的インパクト <ul><li>政治利用 </li></ul><ul><ul><li>#iranelection </li></ul></ul><ul><ul><li>#urumqi </li></ul></ul><ul><li>事件時の情報共有 : 速報性 </li></ul><ul><ul><li>#mumbai </li></ul></ul><ul><ul><li>ハドソン湾の不時着 </li></ul></ul><ul><li>写真や動画も投稿されて、瞬時に広がる </li></ul><ul><ul><li>隠すことができない </li></ul></ul>By harrystaab
  25. 26. Twitter で「イマ」を追いかける <ul><li>Timeline でのリアルタイム情報共有 </li></ul><ul><ul><li>ハッシュタグによる特定トピックに関する情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>#iranelection #urumqi など </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitroll や Tweetbubbles による会場での情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>@rt_report   Favotter   @Buzztter などが Hot Topics を切り出す </li></ul></ul>
  26. 27. 311 大震災と Twitter <ul><li>デマの存在 </li></ul><ul><ul><li>非公式 RT を止められない </li></ul></ul><ul><ul><li>良い情報もかけめぐった:ふんばろう東日本 </li></ul></ul><ul><li>Twitter 検索の有用性が認知された </li></ul><ul><ul><li>受け身ユーザをどうするか </li></ul></ul><ul><ul><li>Google リアルタイム検索 </li></ul></ul><ul><ul><li>公式情報をリストで高齢者に読ませる? </li></ul></ul><ul><li>情報発信者を評価する態度の重要性 </li></ul>
  27. 28. 先週からの出来事 <ul><li>Google+ がスタート </li></ul><ul><ul><li>Twitter 、 Facebook に対抗する第三勢力を形成? </li></ul></ul><ul><li>松本復興大臣の「オフレコ」 </li></ul><ul><ul><li>東北放送の「英断」と Youtube ・ニコニコ動画の連携 </li></ul></ul><ul><li>Google リアルタイム検索がストップ </li></ul><ul><ul><li>多くの人々が頼っていたことが明らかに </li></ul></ul>
  28. 29. Facebook の襲来と日本の SNS <ul><li>Gree 、 mixi 、 Facebook はいずれも 2004 年スタート </li></ul><ul><li>ここにきて、日本でも Facebook 浸透の気配 </li></ul><ul><li>世界では 7 億 5000 万 </li></ul><ul><li>日本ではまだ数%?:実名制の壁(わかりにくい?) </li></ul><ul><li>世界分布図で、残された国は、中国、ロシア、ブラジル、日本? </li></ul><ul><li>途中から実名制を放棄した mixi と、実名にこだわる Facebook の戦い </li></ul><ul><li>Linkedin が日本語化は?: Business SNS の大本命 </li></ul>
  29. 30. Web ページに代替する? Facebook ページ <ul><li>旧「ファンページ」 </li></ul><ul><li>ウェブページ以上のアクセス数(ファン数)を集めている企業やアーティストなども </li></ul><ul><li>ウォールだけでなく、各種コンテンツを埋め込むなど作り込みが可能 </li></ul><ul><li>しかし実際に生き残るかどうかはまだ未知数 </li></ul><ul><ul><li>エッジランクの問題 </li></ul></ul>
  30. 31. <ul><li>Facebook では、ユーザ間で「この人は誰か」をタグ付けできる </li></ul><ul><ul><li>プライバシー設定を細かく設定しておかないと、いつのまにか「顔バレ」する </li></ul></ul><ul><li>実際には、違反ユーザの締め出しのため、他のユーザに「顔」クイズも行われているので、顔が出ていることが前提 </li></ul><ul><li>同じ顔の写真を認識する機能も動き始めている </li></ul>Facebook のタグ付け、顔認識問題
  31. 32. 退潮傾向にあるソーシャルブックマーク / ソーシャルニュース <ul><li>ブックマークデータの静的な共有から Twitter による動的・リアルタイムの情報共有へ。 </li></ul><ul><li>Digg の Kevin Rose は「燃え尽き」た </li></ul><ul><li>はてなブックマークは Twitter でのコメントを取り込んだ </li></ul><ul><li>RSS リーダーはすでに忘れ去られている </li></ul>
  32. 33. ニュースが私たちを見つけにくる? : Social Magazine <ul><li>Paper.li : Twitter や Facebook から日刊紙風のページを生成 </li></ul><ul><li>Flipboard : Twitter や Facebook を雑誌風のレイアウトで表示する iPad アプリ </li></ul><ul><li>Google Reader をビジュアライズして、見やすくした Feedly </li></ul>
  33. 34. 写真共有サービス <ul><li>関連サービスが充実している Flickr (iPhone の台頭) </li></ul><ul><li>Zooomr : Flickr+Twitter のサービスとして注目されたが、、、。 </li></ul><ul><li>実は写真の量で言うと、 Facebook が圧倒している </li></ul><ul><li>Twitter (近日中に) </li></ul><ul><li>Instagram </li></ul><ul><li>Pummelvision </li></ul>
  34. 35. Flickr と Creative Commons <ul><li>Flickr Photo Map: Geo タグつきの写真を地域の共有資産に </li></ul><ul><li>ポイントとなる Creative Commons </li></ul><ul><ul><li>ライセンス(利用条件)をメタデータとしてデータに付加する </li></ul></ul><ul><ul><li>検索条件として指定できる </li></ul></ul><ul><ul><li>Flickr では比較的使われているが、それでもデフォルト設定ではない </li></ul></ul>
  35. 36. 動画共有サービス <ul><li>Youtube </li></ul><ul><ul><li>のちにアノテーション機能を付加 </li></ul></ul><ul><ul><li>英語圏では 2 位以下を大きく突き放している </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook が台頭してくる? </li></ul></ul><ul><li>ニコニコ動画->ニコニコ生放送へ </li></ul><ul><li>Youtube がどのようにライブ動画の領域に進出するかが注目(一部スタート) </li></ul><ul><li>君のラジオ </li></ul>
  36. 37. Ustream <ul><li>動画生中継サービス </li></ul><ul><ul><li>ソフトバンクが出資 </li></ul></ul><ul><ul><li>「ニコニコ生放送」も類似サービス </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter と連携(誰でもコメントできる) </li></ul></ul><ul><ul><li>事業仕分けの中継 </li></ul></ul><ul><li>秋葉原連続殺傷事件( 2008 年 6 月)は中継されていた </li></ul><ul><li>いまや iPhone 一つで中継可能に </li></ul><ul><li>人気番組が続々登場 </li></ul>Photo by fumi
  37. 38. Keiwa Lunch <ul><li>木曜日の昼休みに、敬和学園大学の学食から Ustream で放送中 </li></ul><ul><li>毎回異なるゲストを迎えてインタビューする形式 </li></ul><ul><li>すぐできるが、クオリティを上げるには時間とお金がかかる </li></ul>
  38. 39. Twitcating <ul><li>iPhone だけで、動画中継をしながら、 Twitter で対話できる </li></ul>
  39. 40. TV はどうするのか? <ul><li>コメントできないテレビに価値はあるのか? </li></ul><ul><ul><li>補完勢力としての2ちゃんねる、 Twitter (ピーチクなど) </li></ul></ul><ul><ul><li>勝手にコメントつけているので別にかまわない? </li></ul></ul><ul><li>ガラポン TV </li></ul><ul><li>震災時にはサイマル配信が実現した </li></ul>
  40. 41. ラジオのネット配信/動画配信 <ul><li>大都市圏は Radiko で番組のネット配信開始: Radiko </li></ul><ul><li>TBS ラジオの dig や J-Wave は、スタジオ動画の Ustream 配信 </li></ul><ul><li>NHK も独自方式での配信を 9 月にスタート予定 </li></ul>
  41. 42. 人気急上昇中の turntable.fm が、米国外からアクセス不能に
  42. 43. アグリゲータ <ul><li>さまざまなサイトでの活動を集約できないか? </li></ul><ul><li>本命とみられた Friendfeed は Facebook が買収 </li></ul><ul><ul><li>その後あまり勢いがない </li></ul></ul><ul><li>Facebook が統合的機能を果たしつつある </li></ul><ul><li>Twitter も類似の地位を狙っている </li></ul><ul><li>mixi は? </li></ul>
  43. 44. 位置情報関連サービス はどこにいくか? <ul><li>以前からあるサービス </li></ul><ul><ul><li>モバツイのイマココ、 Twittervision </li></ul></ul><ul><li>Twitter と連携できる各種サービス </li></ul><ul><ul><li>Foursquare :クーポンサービスで先行 </li></ul></ul><ul><ul><li>Gowalla </li></ul></ul><ul><ul><li>Brightkite (終了) </li></ul></ul><ul><ul><li>ロケタッチ </li></ul></ul><ul><ul><li>はてなココ </li></ul></ul><ul><li>Facebook は自らチェックイン機能を提供 </li></ul><ul><ul><li>クーポンサービスに参入(ローソンなど) </li></ul></ul><ul><ul><li>Hot Pepper が進出(中抜き問題) </li></ul></ul><ul><li>独自のインタフェイスを持つセカイカメラ </li></ul><ul><li>個人の発信メリット?:時間を超えて場所に情報を堆積? </li></ul>
  44. 45. Wee Places
  45. 46. ソーシャルメディアとフィルタリング <ul><li>Social Media Filtering Map: OpenNet Initiative </li></ul><ul><li>中国 </li></ul><ul><ul><li>Twitter, Facebook, Flickr, Youtube </li></ul></ul><ul><ul><li>Foursquare in Beijing </li></ul></ul><ul><li>Iran </li></ul><ul><li>Pakistan </li></ul><ul><li>UAE </li></ul>
  46. 47. 私のソーシャルメディア活用法
  47. 48. Twitter での情報収集 <ul><li>アカウントは、 @shinyai のほか、各種イベント、プロジェクトなどの「公式」アカウントを複数管理 </li></ul><ul><li>普段は Hootsuite + Fix Hootsuite </li></ul><ul><li>リストでの情報収集 </li></ul><ul><ul><li>news technews niigata など </li></ul></ul><ul><ul><li>他人のリストをみる方法 </li></ul></ul><ul><li>キーワードでの情報収集 </li></ul><ul><ul><li>#nsmc </li></ul></ul><ul><ul><li>Google リアルタイム検索で直接ウォッチ </li></ul></ul>
  48. 49. Facebook での情報収集 <ul><li>友人経由での情報収集 </li></ul><ul><li>Twitter に比べると確度が高い、か? </li></ul><ul><ul><li>Twitter が飽和しつつある中で、 Fb に頼る度合いが高まる </li></ul></ul><ul><li>未確認情報も、友人から入ってくる </li></ul>
  49. 50. Feedly ( RSS リーダ)での情報収集 <ul><li>Google リーダーをベースにしてアップデート </li></ul><ul><li>ブログやニュースサイトなどの一部を確実に捕捉する </li></ul><ul><li>Feed を全部消化するような読み方はもはやしなくなった </li></ul>
  50. 51. 小さな発見を共有 <ul><li>Taberareroo ( for Google Chrome) や Tombloo (for Firefox) でマルチポスト </li></ul><ul><ul><li>Delicious 、はてなブックマーク、 Yahoo! ブックマーク、 Livedoor Clip </li></ul></ul><ul><ul><li>Evernote にも蓄積( Clip to Evernote で、 Google で同時に検索が可能に) </li></ul></ul><ul><li>Youtube のお気に入りを Facebook と Twitter に連動させて紹介 </li></ul><ul><li>Delicious のブックマークを Twitter に連動 </li></ul><ul><li>Feedly for iPhone からは Twitter に投稿 </li></ul><ul><li>直接の投稿は Hootsuite で Twitter と Facebook にマルチポスト </li></ul>
  51. 52. Twitter での発信内容 <ul><li>直接の書き込み </li></ul><ul><li>@ リプライ </li></ul><ul><li>ブックマーク (delicious) </li></ul><ul><li>写真共有( Flickr にアップした写真の一部) </li></ul><ul><li>動画( Youtube のお気に入り) </li></ul><ul><li>Facebook にも同じ内容で発言(そのほか、 Friendfeed 、 mixi ボイス、 gree 、 wassr などとも連動) </li></ul>
  52. 53. Friendfeed は見ていない
  53. 54. イベント開催 <ul><li>ATND などのソーシャルメディア対応サイトでの管理 </li></ul><ul><ul><li>ほかに Tweetvite   Twitvite など </li></ul></ul><ul><li>Facebook のイベント機能は招待ができるのが便利(だが、まだユーザが少ない) </li></ul><ul><li>イベント時には Seatnext を活用 </li></ul>
  54. 55. ブログ記事も Twitter 連携 <ul><li>複数のブログを、それぞれの Twitter や Facebook ページと連携 </li></ul><ul><li>Facebook 上での連携には、 RSS Graffiti 、 Twitter では Twitterfeed を利用 </li></ul><ul><li>ブログとの連携には賛否あるところ </li></ul>
  55. 56. メールだけで投稿: Posterous
  56. 57. 写真共有: Flickr も ソーシャルメディアと連動 <ul><li>Eye-fi を利用して、 Flickr にアップロード </li></ul><ul><ul><li>非公開モードから公開へ </li></ul></ul><ul><ul><li>位置情報もそれなりに付加される </li></ul></ul><ul><li>Facebook ページにもアップロード </li></ul><ul><li>位置情報、タグの付加 </li></ul><ul><li>Photowalk の際には共通のタグを用いる </li></ul><ul><li>iPhone からは、 Pixelpipe でマルチポスト </li></ul>
  57. 58. キュレーション <ul><li>「まとめ」役の存在に注目 </li></ul><ul><li>イベント時などに Naver まとめを利用 </li></ul><ul><ul><li>インセンティブあり </li></ul></ul><ul><li>Togetter は使ったことがない </li></ul>
  58. 59. 振り返るための外部記憶 <ul><li>はてなブックマークや Delicious で、最近のブックマークから講義のネタ探し </li></ul><ul><li>Evernote から過去検索 </li></ul>
  59. 60. 講演スライド <ul><li>Slideshare で共有 </li></ul><ul><ul><li>Slide の Youtube </li></ul></ul><ul><li>作りかけの Office 系文書は Google Cloud Connect を使って Google ドキュメントに送っている </li></ul>
  60. 61. 最後に <ul><li>新大生からももっと「アーリーアダプタ」が出てきてほしい </li></ul><ul><ul><li>リアルと「接続」して使う人々が増えれば、新潟の力になる </li></ul></ul><ul><ul><li>地方の大学生の「セルフブランディング」も重要 </li></ul></ul>

×