Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~

【要約】
平成25年度と平成26年度の教職課程認定申請を踏まえた研究報告を行った。平成24年度から平成26年度にかけて生じた変更点及び全体の傾向、認定を受けるための条件等を概観したのち、所属法人の事例を報告した。具体的には、主要な指摘事項として、「教科に関する科目」の配置方法があり、自学科等開設の科目に対する考え方が誤っている場合に、結果的に課程認定基準を満たせないことを述べた。
単独、平成26年5月、全国私立大学教職課程研究連絡協議会第34回研究大会第5分科会(要旨集p.5,p37)
於:帝京平成大学

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~

  1. 1. 課程認定申請大学からの事例報告 ~指摘事項を中心に~ 松 宮 慎 治(神戸学院大学) 2014.5.25 2014年度全私教協 第34回(2014年度)研究大会 第5分科会
  2. 2. はじめに 複雑な課程認定制度 ↓ いきなり「課程認定の手引き」と格闘 ↓ 細部のみを見ることになり、本質が置き去りに…… ↓ 充実した教職課程の実現は困難 新田正樹,松本眞(2012)『SYNAPSE』第17号
  3. 3. 大切なのは、本質(内容、中身) しかし、こんなことは当たり前である。 わかっていても、難しいのはなぜか?
  4. 4. 本来は・・・・・・ → このくらいの割合で仕事をしたい
  5. 5. 現実には・・・・・・ → このくらいになってしまう・・・・・・
  6. 6. 忘れてはいけない → 内容の方が絶対に大事 たとえ比率が このくらいでも・・
  7. 7. 課程認定申請数の推移 (出典:中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会 資料) 0 200 400 600 800 1000 1200 1400 大学数 課程数
  8. 8. 主な変更点(H24~H26にかけて) ①提出期日前倒し ・6月末から5月末、さらに3月末へ ②「審査回数」の制限が誕生 ・原則2回まで ③教員審査省略の原則廃止 ・一部の例外はあるが・・・・・。 ④様式の一部変更 ・2号、4号、8号ア、シラバス
  9. 9. 認定を受けるための条件(1) 「課程認定基準」 (教員養成部会:平成21年5月18日最終改正) をクリアすればいいのだが・・・・・・ ・ 教職課程認定審査運営内規(教員養成部会:平成20年6月10日最終改正) ・ 教職課程認定審査の確認事項(課程認定委員会:平成20年12月3日最終改正) ・ 学科等の目的・性格と免許状との相当関係(教員養成部会:平成21年2月27日) ・ 教職課程認定基準で定める「共通開設科目」の取扱いについて(文科省事務連絡:平成22年3月23日) ・ 学科等の目的:性格と免許状との相当関係に関する審査基準(課程認定委員会:平成23年1月20日) ・ 教育又は研究上の業績及び実績の考え方(課程認定委員会:平成23年3月9日) など、細かい追加事項(「課程認定基準」の運用)あり 要確認
  10. 10. 認定を受けるための条件(2) ①名称と免許教科の関連があるか ・経営学部で体育?学際系の学部は? ②学位プログラムとの関連があるか ・卒業所要単位数はどのくらい? ③科目の開設体制は適切か ・共通開設の考え方には違反してない?
  11. 11. 認定を受けるための条件(3) 学際系の学部は、認定困難。しかし・・・ ⇒カリキュラムの組み方によっては可能
  12. 12. 神戸学院大学の申請課程(1) 平成25年度 現代社会学部(平成26年4月開設) ➢現代社会学科(入学定員:120) ➢社会防災学科(入学定員: 80) 両学科で、それぞれ 中一種免(社会)・高一種免(公民) を申請
  13. 13. 神戸学院大学の申請課程(2) 平成26年度 グローバル・コミュニケーション学部(平成27年4月開設) ➢グローバル・コミュニケーション学科英語コース(入学定員:90) ⇒中一種免(英語)・高一種免(英語) を申請 総合リハビリテーション学部(平成27年4月改組) ➢社会リハビリテーション学科(入学定員:90) ⇒高一種免(福祉) を申請
  14. 14. 主な指摘事項 「教科に関する科目」の配置方法 ①「自学科等開設の科目」の考え方 ②「教科に関する科目」の、 学位プログラム上の位置づけ
  15. 15. 「教科に関する 科目」の開設例 施行規則に 定める各分野の 半数までは、 自学科で開設 (前提) 中学校(社会) 施行規則に定める科目区分 授業科目 ○ ● ○ ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○:自学科開設 ●:他学科開設 混じり気がある 純度100%!! 日本史及び外国史 地理学(地誌を含む。) 「法律学、政治学」 「社会学、経済学」 「哲学、倫理学、宗教学」
  16. 16. 自学科等開設の科目(1) × 学則上、 当該科目が単独で 各学科に開設 されていればよい ○ 学則上、 当該科目が単独で 専門科目として 各学科に開設 されていればよい ポイント:自学科等で開設される科目とは、 専門科目 (卒業要件科目)のこと
  17. 17. 自学科等開設の科目(2) 1.共通教育科目 (各学部の科目表を掲載) 2.専門教育科目 (各学部の科目表を掲載) 3.教職課程に関する科目 (1)教職に関する科目 (各学部の科目表を掲載) (2)教科に関する科目 ※ (各学部の科目表を記載) ※専門科目と重複するものは除く 学則上、単独で 開設されている! =OK! という (あまりに都合 の良い) 解釈に到達・・・・・・ 学則のカリキュラム表:その体系
  18. 18. 自学科等開設の科目(3) × ○ 解決策:専門科目に組み入れる 現代社会学部 専門科目 授業科目 単位数 現代社会入門 2 近現代史 2 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 地域行政論 2 ○ 2 ○ 2 教科に関する科目 現代社会学部(社会) 授業科目 単位数 ● 2 ● 2 人文地理学 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 倫理学概論 2 宗教学概論 2 現代社会学部 専門科目 授業科目 単位数 現代社会入門 2 近現代史 2 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 地域行政論 2 教科に関する科目 現代社会学部(社会) 授業科目 単位数 ● 2 ● 2 人文地理学 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 倫理学概論 2 宗教学概論 2
  19. 19. 「教科に関する科目」の 学位プログラム上の位置づけ(1) × ○ ポイント:当該課程で、カリキュラムが完結するか A 学 科 基 礎 科 目 X学部基礎科目 B 学 科 基 礎 科 目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 A 学 科 専 門 科 目 B 学 科 専 門 科 目
  20. 20. 「教科に関する科目」の 学位プログラム上の位置づけ(2) × ○ 解決策:科目群の名称変更 専門基幹科目 ↑ 専門基礎科目 ↑ 共通教育科目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 学科専門分野科目 ↑ 学科基礎科目 ↑ 学部基礎科目 ↑ 共通教育科目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択
  21. 21. その他の指摘事項 ①様式第2号(教科に関する科目) ②シラバス ③様式第4号
  22. 22. その他の指摘事項(1)様式第2号 ・「法律学、政治学」のような科目区 分では、一般的包括的内容を含む科 目さえあれば、配置する科目は一つ でもよい。 (つまり、独自の特徴を出しやすい)
  23. 23. その他の指摘事項(2)シラバス ・66条の6の体育には、全科目に理 論と実技の両方が必要 ・教科の指導法/道徳の指導法/ 特別活動の指導法では、テキストか 参考書に学習指導要領必須 ・道徳の指導法にも、模擬授業が必 要
  24. 24. その他の指摘事項(3)シラバス ・生徒・進路指導の理論及び方法では、進路指導を充実さ せること ・教育の基礎理論に関する科目のうち、障害のある幼児、 児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む科目 は、この含めるべき事項の内容を充実させること ・教育の方法及び技術の科目では、含めるべき事項の、 情報機器及び教材の活用の内容を充実させること ⇒進路指導、障害を持つ子ども、情報教 材の活用は(大切だから)それなりの分 量を!
  25. 25. その他の指摘事項(3)シラバス ・「生徒指導論(進路指導を含む。)」 のように、「( )」付の科目名称は望ま しくない。 ⇒「生徒・進路指導論」へ変更
  26. 26. その他の指摘事項(3)様式第4号 ・業績には、未来のものを記載しない こと(出版予定、印刷中等)
  27. 27. 予め注意したこと (指摘されたわけではない) ①様式第2号(教科に関する科目) ②シラバス ③様式第8号ア
  28. 28. 予め注意したこと(1)様式第2号 ・「教科に関する科目」と、卒業所要単 位を30重ねる ⇒X単位重なっていればOK, というような基準はない。
  29. 29. 予め注意したこと(1)シラバス 授業計画のところで、 ・同一テーマを列挙 ・回数をまとめて記述 ・テストのみの回を設ける 評価のところで、 ・出席点を設ける ⇒ 全て厳禁
  30. 30. 予め注意したこと(1)様式第8号ア ・読み易さ ・既存の教科教育への問題意識 ・学科での学びと、免許教科との関わり ・平成24年8月答申の内容を反映 ⇒誰が読んでも分かる文章を!
  31. 31. H25年度のスケジュール 5/31 申請書提出 8/26 事務局指摘(1回目) 締切9/5 9/12 事務局指摘(2回目) 9/20 10/ 4 抜刷提出 10/ 1 課程認定委員会指摘(1回目) 締切10/23 10/31 課程認定委員会指摘(2回目) 締切11/ 5 2/ 5 中教審答申にて、認定可とされる ⇒H27年度認定課程のスケジュールは、 大体同じになるはず。
  32. 32. 今後の課題 ・免許制度の抜本的見直しの可能性 ・担当者から見た課程認定制度の課題 ・担当者の役割(何が必要か?)
  33. 33. 免許制度の抜本的見直しの可能性 ・「教員の養成・採用・研修の改善に関 するWG」の動向 ⇒ともかく、影響が大きい。 ⇒心の準備が今から必要。
  34. 34. 担当者から見た課程認定制度の課題 ・直近の申請課程のみが最適化され、既 存の課程はおざなりになる可能性 ・大学は、行政の「後追い」になりがち(守 備的運営) ⇒私学として、 攻撃的運営を行う気概を持ちたい。
  35. 35. 担当者の役割(何が必要か?) ・当事者意識 ⇒なぜ? ・教員から信頼され、協働すること ⇒そのためには? ・楽しむこと ⇒せっかくなら・・・
  36. 36. おわりに これまでのこと 形式的に科目を配置して、適当に申請する例 が多かった。 これからのこと(何が求められるか) 特に重視しているのは、教員養成のポリシー と、カリキュラムの2点。 ∴形式から内容へ

×