Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~

【要約】
平成25年度の教職課程認定申請に関する研究報告を行った。前年度からの変更点を確認し、当該年度の指摘事項を俯瞰した上で、次年度の申請を目指す大学へ情報を提供した。審査においては、形式から内容への変化が顕著であることを示した。中でも、課程認定申請を行う上では、教職課程と学位プログラムとの関連が最重要であり、関連があるとみなされるには、「名称」「単位」「カリキュラム」の3点について、一定の条件を満たすことが必要であることを報告した。
単独、平成25年12月、2013年度阪神教協第3回課題研究会プログラム「教職課程研究に係る事例報告」(資料集、要旨集等はなし)於:大阪産業大学

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~

  1. 1. 課程認定申請大学からの事例報告 ~指摘事項を中心に~ 松宮 慎治 (神戸学院大学 教務センター) 2013.12.18 2013年度阪神教協 第3回課題研究プログラム「教職課程に係る事例報告」
  2. 2. はじめに 複雑な課程認定制度 ↓ いきなり「課程認定の手引き」と格闘 ↓ 細部のみを見ることになり、本質が置き去りに…… ↓ 充実した教職課程の実現は困難 新田正樹,松本眞(2012)『SYNAPSE』第17号
  3. 3. 課程認定申請数の推移 (出典:中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会 資料) 0 200 400 600 800 1000 1200 1400 大学数 課程数
  4. 4. 前年度からの主な変更点 ①提出期日の1か月前倒し ・6月末から5月末へ ②「審査回数」の制限が誕生 ・原則2回まで ③教員審査省略の原則廃止 ・一部の例外はあるが・・・・・。 ④様式の一部変更 ・2号、4号、8号ア、シラバス
  5. 5. 認定を受けるための条件 「課程認定基準」 (教員養成部会:平成21年5月18日最終改正) をクリアすればいいのだが・・・・・・ ・ 教職課程認定審査運営内規(教員養成部会:平成20年6月10日最終改正) ・ 教職課程認定審査の確認事項(課程認定委員会:平成20年12月3日最終改正) ・ 学科等の目的・性格と免許状との相当関係(教員養成部会:平成21年2月27日) ・ 教職課程認定基準で定める「共通開設科目」の取扱いについて(文科省事務連絡:平成22年3月23日) ・ 学科等の目的:性格と免許状との相当関係に関する審査基準(課程認定委員会:平成23年1月20日) ・ 教育又は研究上の業績及び実績の考え方(課程認定委員会:平成23年3月9日) など、細かい追加事項(「課程認定基準」の運用)あり 要確認
  6. 6. 神戸学院大学の申請課程 平成25年度 現代社会学部(平成26年4月開設) ➢現代社会学科(入学定員:120) ➢社会防災学科(入学定員: 80) 両学科で、それぞれ 中一種免(社会)・高一種免(公民) を申請
  7. 7. 主な指摘事項 「教科に関する科目」の配置方法 ①「自学科等で開設される科目」の考え方 ②「教科に関する科目」の、 学位プログラム上の位置づけ
  8. 8. 「教科に関する 科目」の開設例 施行規則に 定める各分野の 半数までは、 自学科で開設 (前提) 中学校(社会) 施行規則に定める科目区分 授業科目 ○ ● ○ ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○:自学科開設 ●:他学科開設 混じり気がある 純度100%!! 日本史及び外国史 地理学(地誌を含む。) 「法律学、政治学」 「社会学、経済学」 「哲学、倫理学、宗教学」
  9. 9. 自学科等で開設される科目(1) × 学則上、 当該科目が単独で 各学科に開設 されていればよい ○ 学則上、 当該科目が単独で 専門科目として 各学科に開設 されていればよい ポイント:自学科等で開設される科目とは、 専門科目 (卒業要件科目)のこと
  10. 10. 自学科等で開設される科目(2) 1.共通教育科目 (各学部の科目表を掲載) 2.専門教育科目 (各学部の科目表を掲載) 3.教職課程に関する科目 (1)教職に関する科目 (各学部の科目表を掲載) (2)教科に関する科目 ※ (各学部の科目表を記載) ※専門科目と重複するものは除く 学則上、単独で 開設されている! =OK! という (あまりに都合 の良い) 解釈に到達・・・・・・ 学則のカリキュラム表:その体系
  11. 11. 自学科等で開設される科目(3) × ○ 解決策:専門科目に組み入れる 現代社会学部 専門科目 授業科目 単位数 現代社会入門 2 近現代史 2 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 地域行政論 2 ○ 2 ○ 2 教科に関する科目 現代社会学部(社会) 授業科目 単位数 ● 2 ● 2 人文地理学 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 倫理学概論 2 宗教学概論 2 現代社会学部 専門科目 授業科目 単位数 現代社会入門 2 近現代史 2 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 地域行政論 2 教科に関する科目 現代社会学部(社会) 授業科目 単位数 ● 2 ● 2 人文地理学 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 倫理学概論 2 宗教学概論 2
  12. 12. 「教科に関する科目」の 学位プログラム上の位置づけ(1) × ○ ポイント:当該課程で、カリキュラムが完結するか A 学 科 基 礎 科 目 X学部基礎科目 B 学 科 基 礎 科 目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 A 学 科 専 門 科 目 B 学 科 専 門 科 目
  13. 13. 「教科に関する科目」の 学位プログラム上の位置づけ(2) × ○ 解決策:科目群の名称変更 専門基幹科目 ↑ 専門基礎科目 ↑ 共通教育科目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択 学科専門分野科目 ↑ 学科基礎科目 ↑ 学部基礎科目 ↑ 共通教育科目 ココから、 「教科に関する 科目」 を選択
  14. 14. その他 ①学位プログラムとの関連 「学位プログラムと教職課程との相当関係」 は、何によって満たされるのか? ②申請書作成上の留意事項
  15. 15. 学位プログラムとの関連 相当関係を満たすために・・・・・・ ・名称 学部/学科/コース名と、免許教科の関わり ・単位 「教科に関する科目」の単位数と、 卒業所要単位数とを、最低30重ねる ※ ・カリキュラム 当該課程(申請の最小単位)で完結させる ※目的養成でない場合
  16. 16. 申請書作成上の留意事項 ・手引きは熟読必須 ・新規追加項目や変更点は、要注目 思わぬ落とし穴があることも・・・・・・ ・ダウンロードした様式が古い(更新されていないまま) ・学部設置用と教職申請用で、履歴書における教員の 年齢記載方法が違う(認定年度or記載年度) 等々
  17. 17. おわりに(来年度に向けて) これまでのこと 形式的に科目を配置して、適当に申請する例 が多かった。 これからのこと(何が求められるか) 特に重視しているのは、教員養成のポリシー と、カリキュラムの2点。 ∴形式から内容へ

×