Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
教職課程業務を引き継いだ際の
戸惑いについて
松 宮 慎 治 (神戸学院大学)
2015.05.31
全私教協
第35回研究大会 第12分科会
於:仙台大学
教職課程を担当するまで
2008年4月
大学卒業後、新卒で入職。
学生支援センターに配属。
2012年6月
教務センターへ異動。
教職担当となり、現在に至る。
現在の主な業務と関心
【主な業務】
・課程認定申請、変更届、更新講習、大学
間連携GP、マニュアル作り等
【関心】
・学生の教学支援
(学生同士の学び合い、成長機会の提供、
結果としての教採現役合格者数の激増)
教職課程業務の戸惑い(1)
①独自の言語が多すぎる
「66条の6」って?
②さらに、その独自の言語が難しい
Aさん「一般的包括的内容を含む科目」
私 「・・・・・・」
③体系的なマニュアルがない
勘と経験と度胸で取り組まれている
教職課程業務の戸惑い(2)
④個別的なマニュアルもない
学力に関する証明書、変更届、、ない
⑤同僚にわかる人が少ない
きわめて少ないか、異動で忘れてしまう
⑥学内ヒエラルキーは下の方
開放制の場合は、、卒業要件外なので
振り返って思うこと(1)
・業務の責任は非常に重い
(ミスが、他人の身分、職業に直接影響す
るという恐ろしさ)
・各大学の担当者は、相談できる相手が
少なく、孤独なことも多い
・かつ、学内では共感されにくい
→なんとかしたい。
振り返って思うこと(2)
・教職の仕事の醍醐味は、「人を育てる
人」を育てられるということ
・もし毎年20人の教員を育てたら?
{20(人)×35(年)}×{40(人)×38(年)}
=○○人の子どもたちを育てられる!
→教員「養成」段階にかか...
教員養成をよくしていくために
・教職の業務は複雑か?
→難しそうなことが、誰でもわかるように、
体系的にまとまっていないだけでは?
→ここになんとか寄与したい
・気楽に質問できるありがたさ
→自分も助けられたので、そういう場を
積極的に作ってい...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

教職課程業務を引き継いだ際の戸惑いについて

2015.5.31
全国私立大学教職課程研究連絡協議会第35回研究大会第12分科会の発表内容です。
「教職課程業務の引き継ぎ―困難さの共有と具体的方策の検討―」という分科会全体テーマの一部でした。

  • Be the first to comment

教職課程業務を引き継いだ際の戸惑いについて

  1. 1. 教職課程業務を引き継いだ際の 戸惑いについて 松 宮 慎 治 (神戸学院大学) 2015.05.31 全私教協 第35回研究大会 第12分科会 於:仙台大学
  2. 2. 教職課程を担当するまで 2008年4月 大学卒業後、新卒で入職。 学生支援センターに配属。 2012年6月 教務センターへ異動。 教職担当となり、現在に至る。
  3. 3. 現在の主な業務と関心 【主な業務】 ・課程認定申請、変更届、更新講習、大学 間連携GP、マニュアル作り等 【関心】 ・学生の教学支援 (学生同士の学び合い、成長機会の提供、 結果としての教採現役合格者数の激増)
  4. 4. 教職課程業務の戸惑い(1) ①独自の言語が多すぎる 「66条の6」って? ②さらに、その独自の言語が難しい Aさん「一般的包括的内容を含む科目」 私 「・・・・・・」 ③体系的なマニュアルがない 勘と経験と度胸で取り組まれている
  5. 5. 教職課程業務の戸惑い(2) ④個別的なマニュアルもない 学力に関する証明書、変更届、、ない ⑤同僚にわかる人が少ない きわめて少ないか、異動で忘れてしまう ⑥学内ヒエラルキーは下の方 開放制の場合は、、卒業要件外なので
  6. 6. 振り返って思うこと(1) ・業務の責任は非常に重い (ミスが、他人の身分、職業に直接影響す るという恐ろしさ) ・各大学の担当者は、相談できる相手が 少なく、孤独なことも多い ・かつ、学内では共感されにくい →なんとかしたい。
  7. 7. 振り返って思うこと(2) ・教職の仕事の醍醐味は、「人を育てる 人」を育てられるということ ・もし毎年20人の教員を育てたら? {20(人)×35(年)}×{40(人)×38(年)} =○○人の子どもたちを育てられる! →教員「養成」段階にかかわる素晴らしさ
  8. 8. 教員養成をよくしていくために ・教職の業務は複雑か? →難しそうなことが、誰でもわかるように、 体系的にまとまっていないだけでは? →ここになんとか寄与したい ・気楽に質問できるありがたさ →自分も助けられたので、そういう場を 積極的に作っていきたい(e.g.,今日)

×