Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

単独型の更新講習の企画・運営について―1.5年間の試行錯誤と課題―

2017.03.11.                   
大学行政管理学会大学改革研究会
2016年度第8回ワークショップ
於:名城大学名古屋ドーム前キャンパス社会連携ゾーン「shake」

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

単独型の更新講習の企画・運営について―1.5年間の試行錯誤と課題―

  1. 1. 単独型の更新講習の企画・運営について ー1.5年間の試行錯誤と課題ー 松 宮 慎 治 (神戸学院大学) 2017.03.11. 大学行政管理学会大学改革研究会 2016年度第8回ワークショップ 於:名城大学名古屋ドーム前キャンパス 社会連携ゾーン「shake」 shinnji28@j.kobegakuin.ac.jp
  2. 2. ターゲットイメージ 「教員免許状更新講習」という一つの仕事の中で…… ①実務上のストレスを抱えている方 ・「他の仕事もあるのに……しんどいわ」 ②相談できる相手がいない方 ・「学内の誰に聞いても,結局よくわからんぞ」 ③前向きな改善に取り組みたい方 ・「Aをやってみたい。他大学ではどうしてるんや?」 ⇒何らかのヒントを提供できれば。 2
  3. 3. 自身の背景 ・2008年4月に新卒で入職。学生支援センター に配属。2012年6月に異動。現在に至る ☞もっとも印象に残っている仕事 ・2011年~2012年までに3度参加した,東日本 大震災ボランティアバスの引率(1泊4日) →未曾有の災害支援に仕事で関われた。また その過程で学生に関わりながら,特定の経験 の前後で学生がどのように変容するのか,ある いはしないかについて勉強できた ⇒という自分の中での「意味づけ」をしている 3
  4. 4. 更新講習の仕事としての特徴(負) ・関係者間の「押し付け合い」みたいなものが発生 しやすい。責任の素早いパス交換が行われてしま う ①政府⇔教育委員会⇔大学 (e.g.,)「大学は講習を開設するだけ。制度の ことは教育委員会に聞いてください」 ②教務部門⇔社会連携部門 (e.g.,)「学生は関係ないのに,なぜ教務で?」 →前向きに取り組むには,「意味づけ」が大事 4
  5. 5. 更新講習の仕事としての特徴(正) ・大学がステークホルダーに直接,かつ大量に(し かも制度上必ず)関与できる数少ない機会である →ファンを増やそう! ・非学生(しかも教師というプロ集団)にプログラム を提供するという緊張感がすごい →FD/SDになる! ・5日で1,000万近くの収入が得られる事業,大学の 中に他にないのでは? →自分の裁量次第で,経営に大きく貢献できる! (という「意味づけ」【妄想含む】をしている) 5
  6. 6. この仕事の「ど真ん中」って? ・仕事に携わるときには,いつもその「ど真ん 中」は何かを考えるようにしている。ここでいう 「ど真ん中」というのは,一番大切なことと,絶 対にやってはいけないことの2つ ・一番大切なことは,「たくさんの講習を開設し て多くの方を受け入れ,体力ある総合大学とし ての社会的責任を果たすこと」 ・絶対にやってはいけないことは,「対象者に とっての受講期間外に受け入れを行うこと」 6
  7. 7. 過去の受講人数・募集人数 7 ※カッコ内は講習の総数,人数はのべ。
  8. 8. 数を増やすために(1)概観 ☞2015年度実施分 ・既に講習が確定していて,できることは少なかった ・5人に満たないと非開講にしていた→やめた ・HPの案内をわかりやすくした。具体的には,講習名にリ ンクを張り,概要に飛べるようにする等 ☞2016年度実施分 ・各学部最低1講習の拠出を会議体で依頼し,あとは個 別交渉(一部失敗) ☞2017年度実施分【資料1】 ・各学部最低1講習の拠出を会議体で依頼し,あとは個 別交渉(全て成功) ⇒次年度から,2キャンパスそれぞれで30hが完結できる 8
  9. 9. 数を増やすために(2)個別交渉 ・過去に評判のよかった講習がなぜかなくなってい た。個別に依頼し,学部の了承は事後,形式的に ・必修領域の新規開講は,教職課程で頑張る ・選択必修領域の新規開講は,教職課程で頑張り つつ,現代社会学部にお願いする ・関心のありそうな先生に個別にお声掛けする →会議で拠出依頼をするだけでは,「出てきた材 料」で勝負せざるをえなくなる →自身が責任を負い,まずは全体をデザインする →普段の個人的な人間関係が効いてくることも… 9
  10. 10. 数を増やすために(3)デザイン ☞対学内 ・会議体での依頼は,早めに行う等の進捗管理 ・制度の趣旨を説明し,「負担」ではなく,「面白 そうな仕事」と捉えていただく ☞対受講者 ・募集開始を1ヵ月早め(5月→4月),さらにその 1ヵ月前に募集開始の「予告」をする ・対象校種の厳格な定義を緩和(栄養教諭,養 護教諭の受講可能講習を拡大) 10
  11. 11. 対象者のマネジメント(1)マニュアル ・担当者用に,サルでもわかる『はじめての更 新講習』(理論編【資料2】,実践編)を整備した (実践編の記載例) ・生年月日と修了確認期限の整合性を確認しよ う!期限延長の場合は要注意だよ ・幼稚園教諭については,幼保連携型認定こど も園における移行措置というややこしいケース があるけど,①幼稚園教諭の免許状保持者→ 受講可,②保育士しか持っていない→受講不 可,とシンプルに考えよう 等 11
  12. 12. 対象者のマネジメント(2)問い合わせ ・制度も含めたあらゆる質問に100%答える ・受講対象かどうかの確認も,第一義的にはご本 人かもしれないが…「知らぬ存ぜぬ」もイヤだ ・自大学の講習が終わっている季節に問い合わせ が来れば,他大学の講習を紹介することも ・とはいえ,忙しい時期に電話の問い合わせに追 われるのは辛い ・松宮しか答えられないという状況もマズい →Q&A【資料3】を作成し,ホームページにアップ →電話が激減。おそらく受講者も確認している 12
  13. 13. その他の改善(1)学生の関与 13 ・当日の受付を,(教職課程を履修する)学生が 行うようにした ・2014年度以前は,事務職員が行っていた ・2015年度は図書カード2,000円の配付,2016 年度は時給によるアルバイトとした ・併せて,事前研修と事後の振り返りを実施し, アンケートも回収して,学習の機会としている →受付だけでは,効果は小さい。講習のサポー トをすると良いが,時期が定期試験と重複して いる
  14. 14. その他の改善(2)教員との関わり 14 ・はじめて担当される先生向けの,制度説明用の 資料【資料4】を作成し,配付 →依頼される先生方は,この制度のプロではない。 趣旨や背景を端的に説明することが必要 ・終了後,受講者アンケートをPDFにして即日配付 →即日だから記憶に残る。担当者も,即日確認す れば,翌日以降に生かすことができる →生かせることがあれば,すぐに翌日を担当する 教員に連絡する ・なぜか紙で採点していたのをexcelに変更 ・必ず,見学に行く
  15. 15. 未だ達成できていないこと ・申込のウェブシステムを導入し,内容に注力したい →2年連続予算落ちしている ・各講習に1人ずつ,学生アルバイトをつけたい ・受講モデル【資料5】を作りたい ・卒業生,同一法人の教員の受講料をタダにしたい →今年できるかどうか… ・他大学との「貢献度」の比較 →本学の受け入れ人数と兵庫県下の他大学の「募集人 数」とを比較すると,関西国際大学,兵庫教育大学に次 ぐ第3位 →受け入れ人数がどこにも公開されていないという問題 があり,正確な「貢献度」が算出できない 15
  16. 16. その他,問題になりそうなこと ・体調不良や遅刻によって欠席した方が発生し たときは? →ケース・バイ・ケースだが,可能な限り補講で 対応している ・不合格にしたことは? →滅多にないのは事実だが,全くの0ではない ・悪天候や台風の場合の対応は? →以前は募集要項に掲載していたが,外した。 今後検討する必要があると思っている 16

×