Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStackベースのハイブリッド・クラウドで変わるITの姿

580 views

Published on

2013年Red Hat Forum のIBM講演資料です。

Published in: Internet
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

OpenStackベースのハイブリッド・クラウドで変わるITの姿

  1. 1. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 〜~オープン技術で実現する今後の企業システムのあり⽅方〜~ OpenStackベースの ハイブリッド・クラウドで変わる ITの姿 ⽇日本アイ・ビー・エム株式会社 システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト  -‐‑‒Linux/OSS-‐‑‒ 新井  真⼀一郎郎 @araishin  
  2. 2. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 個客価値の共創 § IBMが実施したサーベイ「C-‐‑‒suite  Study」では、個々の顧客である”個 客”の価値をお客様とともに創造したいと考えるCxOが増えています。 2 C-‐‑‒suite  Study  :  http://www-‐‑‒935.ibm.com/services/jp/ja/c-‐‑‒suite/csuitestudy2013/
  3. 3. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 1.変化の波を捉えたイノベーション 3
  4. 4. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 2000  億個 センサーを始めとした スマート・デバイス IT能⼒力力を備えた 物理理資産 12  億台 無限に広がる 情報基盤 消費者と企業が 所有するスマートフォン 67% 予測不不能な データ連携 クラウド・ベースが占める ITトラフィック 60,000  件 拡⼤大する リスクとコスト 毎⽇日の サイバー攻撃 ビジネスチャンスを創造する基盤は クラウド・コンピューティングが⽀支える 変化の波を捉えたイノベーションが必要に 4
  5. 5. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud §  選択肢  -‐‑‒    オープン技術とエコシステムで広がるソリューション §  柔軟性  –  異異なるテクノロジーで実装されたシステム間の接続容易易性 §  迅速性  –  コミュニティーが開発を主導することによる⾼高い品質と機能 §  俊敏性  –  ビジネスの変化のスピードに則した早い対応性 §  ナレッジ  –  ソリューションを熟知した⼈人的/知的リソースの確保 オープン・ スタンダード オープン・ アーキテクチャー オープン・ ソース コミュニティー ⾰革新 オープン・コンピューティングのメリット コラボレーション   (SNS,  共有サービス)     データセンター/リソースプール (バックエンド・システム)   データと処理の整合性 スマート・デバイスと資産 次世代 アーキテクチャー クラウド環境ではOSSと標準技術が⾶飛躍の鍵 5
  6. 6. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 柔軟なクラウドを実現する標準技術
  7. 7. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud ネットワーク仮想化 プライベート・クラウド環境 パブリック・クラウド オン/オフプレミス オンプレミス オフプレミス リソースプール • 両クラウドを使⽤用可能とするテクノロジー(OpenStack/Open  Daylight) • リソースの仮想化により、動的なリソース提供を迅速化 • オープン技術とエコシステムで広がるソリューション オープン技術採⽤用による価値 利利⽤用者のメリット イノベーションを⽀支えるオープン・ハイブリッド・クラウド • アプリケーションの要求に応じて、ユーザーはパブリック、プライベート両 ⽅方のクラウド・リソースを統合クラウドとしてシームレスに利利⽤用可能 • 幅広いオープンなクラウド・ソリューションを選択可能 7
  8. 8. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 2.オープンなクラウドで変わる 企業のサービス基盤 8
  9. 9. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 利利⽤用/提供環境を問わない機敏なサービス基盤 Web FW App FW DB Name Nodes Data Nodes Web FW App FW DB リソース オーケストレーション レイヤー IaaS管理 レイヤー ロケーション依存しないポリシーに 基づいた 仮想マシンのデプロイ (ホスティング用Webレベル) 高可用ポリシーに基づいた 仮想マシンのデプロイ (DBレベル) 仮想ネットワークコン テナと仮想マシング ループの作成 接続サービスの 定義 帯域とQoSの コントロール ストレージ・サービスの 定義 仮想ネットワー ク監視サービス の設定 仮想ストレージの プロビジョニング ストレージ性能 監視サービスの設定 APIによるIaaSの デプロイと構成 サービス 定義 レイヤー 共有基盤 Job Tracker ソフトウェアと インターフェースの パターン開発 運用ポリシーの パターン開発 Hadoop アプリケーション / テナントA3層アプリケーション/ テナントA 3層アプリケーション/ テナントB IaaS の構築と運用 Scale-out Scale-out Master-Slave 仮想マシンサービスの 監視有効化 § ビジネスのスピードに即したSaaSの開発・提供を可能にするサービス基盤 9
  10. 10. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 外部システムAPI連携でサービス開発を簡易易化 § 他業種等とのAPI連携による新サービスを容易易にするオープンな連携基盤 マーケット・ プレイス アプリケーション API API Economy サービス API 分析 API コマース API コラボレーション API センター API データ APIAPI SaaS PaaS Cloud   Operating   Environment   ワークロードの定義・最適化・オーケストレーション Software Defined Environment Software  Defined   Compute Software  Defined   Storage Software  Defined   Networking リソースの定義と最適化 データ ストア モバイル 開発運⽤用ミドルウェア サービス 基幹業務 サービスと構成のパターン API  と統合サービス セキュリ ティー ソリューション 外部の エコシステム 10 IaaS
  11. 11. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud オープンな分析基盤で実現する”個客マーケティング” § オープンな分析基盤が、顧客や取引先の多様化するニーズに俊敏に対 応するサービスを可能に。 § スマート・デバイスやソーシャル・サービスの膨⼤大なデータを活⽤用す ることで、1対1の”個客マーケティング”等の新しいビジネス価値を 創造。 ※”System  of  Record”モデル:データベース・システム等で情報を記憶することを基本としたワークロード・モデル ※”System  of  Engagement”モデル:スマート・デバイスやソーシャル・サービスの膨⼤大なデータを活⽤用した新しいビジネス価値を創造するワークロード・モデル 11
  12. 12. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud § 戦略略的な⼈人材配置によりサービスをパターンとして開発。 § サービス競争⼒力力を向上できる他、社内外での業務効率率率を向上。 マーケット・プレイス 導⼊入⼿手続き パターンの登録 導⼊入⼿手続き パターンの再利利⽤用 サービス開発 スペシャリスト クラウド・ユーザー 仮想システム パターンの⼊入⼿手 クラウド・ユーザー 仮想アプリケーション パターンの⼊入⼿手 ”パターン化”された基盤でサービス競争⼒力力を向上 SugarCRM  パターン 12
  13. 13. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud リソース オーケストレーション レイヤー IaaS管理 レイヤー サービス 定義 レイヤー 共有基盤 § 災害発⽣生時に業務システム単位でバックアップ・サイトへ⾃自動切切替。 Web FW App FW DB 3-Tier アプリケーション / テナントA 障害情報の受領と 再構成 障害が及ぼす アプリケーションへの 影響精査 バックアップ・サイトへ 切り替える指示 再構成完了情報の 受領 Web FW App FW DB 3-Tier アプリケーション / テナントB 柔軟な災害対策環境をマルチクラウドで構築 代替サイトへの切り替え 新仮想マシンの ロケーション検知 仮想マシンの グループと ネットワークの再構成 ストレージの動的な再構成 障害発生ホストの検知 障害情報の通知と 切替情報の通知 再配置ポリシーに 基づいた影響のある 仮想マシンの再起動 再構成完了を オーケストレーション・ レイヤーに通知 IaaS の構築と運用 13
  14. 14. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud OSS/標準技術で企業全体でのITコストを最適化 ⾃自動化 テスト グローバル・ クラウド・ マーケット 利利⽤用者 サービス・パターン l  豊富な選択(インフラ、サービス) l  規模の経済(低コスト・⾼高品質) l  導⼊入・管理理の容易易性 l  システム間連携 l  ポータビリティー l  幅広いオープンなソリューション l  コミュニティー l  SW事業者 l  サービス・テンプレート事業者 l  開発・運⽤用ツール事業者 l  システム・インテグレーター l  クラウド・サービス・プロバイダー l  企業内IT部⾨門 l  クラウド・リソース事業者 l  ⼤大学・研究機関 l  公的プロジェクト TOSCA  処理理系 OSLC データ 変更更管理理 監視 要求管理理 エコシステム オープン・ハイブリッド・クラウド 14
  15. 15. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 3.オープン・ハイブリッド・ クラウドを⾒見見据えた プライベート・クラウド環境 15
  16. 16. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud オープン・ハイブリッド・クラウド実現へのステップ ステップ③ ポリシーベース⾃自律律型運⽤用 ステップ① 物理理資源の仮想化と⾃自動化 ステップ② ハイブリッド・クラウド統合管理理 v  導⼊入作業を⾼高速化するデプロイメント v  ソフトの導⼊入を⾼高速化・品質向上する⾃自動化 v  クラウド間で可搬性の⾼高いサービス・パターン化 v  拠点をまたいだ柔軟な透過型ネットワーク v  ⾃自動運⽤用を効率率率化する情報共有 v  クラウド特性に⾃自動最適化 § 業務に必要な環境を、必要なときに必要な分だけ利利⽤用可能にする柔軟 な”オープン・ハイブリッド・クラウド”  は、①仮想化+⾃自動化、②ハ イブリッド・クラウド化、③ポリシー・ベース⾃自律律型運⽤用のステップで 実現へ。 16
  17. 17. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud サービス管理理レイヤー(IBM  SmarterCloud  テクノロジーが管理理機能を実装) ハイブリッド・クラウド要素技術OpenStack 17 PureSystemsPower  Systems System  StorageSystem  xSystem  z
  18. 18. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud お客様にとっての利利点 16% メモリー・アクセス 向上 1Uサーバーと ⽐比較し、消費電⼒力力 削減 5-10% 1.8型SSDの利利⽤用で 最⼤大 IOPS/サーバー Uあたりのプロ セッサー・コア数 3倍 システムあたりの重量量 のサーバー台数 2倍 約半分 75%納品後、利利⽤用可能に なるまでの時間を迅速化 IBM Intelligent Clusterでラック  1台当たり 200,000 インテル Xeon プロセッサー E5-2600 v2の採用により 18 データセンター向け  IBM  NeXtScale  System
  19. 19. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 4つのボトルネックを意識した設計 ①  メモリー容量量とスピード 将来のプロセッサー仕様を先取り ②  ネットワークI/O 1サーバー16本の低遅延レーン ③  ストレージI/O SSD等を柔軟に実装   ④  システム管理理 サーバー、ストレージ、ネットワーク、 仮想化をシンプルに管理理   10年年後のIT基盤を⾒見見据えたIBM  Flex  System
  20. 20. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 150種類以上の 装置をサポート I/O性能に応じた⾃自動階層化+ストレージ統合 ベンダーやモデルの異異なる既存ストレージも含めて仮想化統合する ことが可能です。サーバー稼動中もアプリケーションから意識識させ ることなく、異異なるディスク装置間のデータ移⾏行行ができるため、ダ イナミックに最適なデータ再配置が可能です。また、既存のスト レージ資産を継続して⼆二次的ストレージ等として活⽤用することも可 能になります。 内蔵SSD 内蔵HDD EasyTierにより ホットなデータを ⾃自動最適配置 システム稼動中に データの 移送が可能 仮想ディスク イメージ ⽇日⽴立立 富⼠士通 NEC External Virtualization EMC IBM HP Storwize  V7000 仮想OS イメージ 他のFCストレージを認識識 V7000配下で継続して 利利⽤用することが可能 様々なストレージベンダー製ディスク装置を含む ストレージ仮想化機能
  21. 21. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 250名を超える IBM社員が参画 設⽴立立スポンサーとして 400名を超えるIBM社員が参画 プラチナ・メンバー として参画 and 設⽴立立、ボード・メンバーとして参画 700名を越える専任開発者が オープン・ソース・コミュニティーに参画 10,000⼈人を超えるIBM社員がOSSに従事 設⽴立立メンバー として参画 IBMのOSS・コミュニティーへの取り組み 21
  22. 22. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud OpenStackとIBMの取り組み 22       IBMは企業で第2位の開発貢献       コア・コントリビューターIBM社員  (コア・プロジェクトの1/5)  12            IBM社員が  OpenStack  に貢献  –  財団の設⽴立立⽀支援から、 品質向上・機能拡張のためのコード開発まで 370 +         IBM社員がプロジェクトをリード 2 90 22 オープンで相互接続性の⾼高いクラウ ドは、柔軟なクラウド環境によるイノ ベーションの推進にクリティカルに。 APR 2012 Oct 2013150   Contributors 2600  Individuals 1021   Contributors 12,000+  Individuals 1年年半での⾶飛躍的な成⻑⾧長 ゴールド・スポンサープラチナ・スポンサー OpenStack  Participant  Growth
  23. 23. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud レッドハット社に次ぐIBMのOpenStack開発貢献 13 Core Contributors Essex   54   Core  Contributors:  1     Technical  Contributors:  2   Commits:  9   Blueprints:  0   Projects:  6   Folsom     Core  Contributors:  4   Technical  Contributors:   18   Commits:  181   Blueprints:  9   Projects:  20   100   Grizzly   270   Core  Contributors:  10     Technical  Contributors:   38   Commits:  961   Blueprints:  35   Projects:  33   Havana     Core  Contributors:  13   Technical  Contributors:   85   Commits:  1595   Blueprints:  71   Projects:  48   380   Total  IBMers   Key  Contribu>ons:   Chinese  TranslaFon   Nova  Hygiene   Storage  Enhancements   Total  IBMers   Key  Contribu>ons:   IntegraFon  Tests   Crowd  Sourced  TranslaFon   Membership  Services   Key  Contribu>ons:   API  Stability   Storage  Enhancements   21%  of  Nova  design  features   Total  IBMers   Total  IBMers   Key  Contribu>ons:   Enterprise  Security   Ceilometer       Quality  Assurance     Top  changeset  contributors  by  employer 出典:  http://www.stackalytics.com/   https://github.com/markmc/openstack-‐‑‒gitdm/blob/results/grizzly/git-‐‑‒stats.txt 14.2 %
  24. 24. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud OpenStackベースのクラウド管理理ソリューション IBM  SmarterCloud  Entry コンピュート・リソース ストレージ・リソース ネットワーク・リソース VMテンプレート 仮想アプライアンス MENU •  ⾃自動VM展開・削除 •  承認ワークフロー •  課⾦金金管理理   ユーザー/ 開発者 OpenStack vmwareHyper-VKVMPowerVM
  25. 25. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud プライベート・クラウドの運⽤用管理理機能を備えた IBM  SmarterCloud  Entry 25 ■仮想マシンのライフサイクル管理理    -VM  の作成・起動・停⽌止・削除の管理理 ■仮想サーバーに対する操作の承認ワークフロー    -VM  に対する操作のガバナンス ユーザー向け ■仮想マシンの作成・リソース変更更要求 ■仮想マシンの起動・停⽌止 ■仮想マシンプロパティーの表⽰示 管理理者向け ■仮想マシンの作成・変更更の承認 ■アカウント管理理 ■VM  カタログの登録・変更更 基本機能 ■基本的な課⾦金金機能、メータリングデータの収集 ■REST  API  サポート    -外部ソフトウエアとの連携 •  IBM  SmarterCloud  Entry  とは •  複数の仮想化環境をサポートする  IaaS(Infrastructure  as  a  Service)プライベート クラウド管理理ソフトウェアです。 •  管理理者・ユーザー共通のポータルサイトから以下の機能をご提供します。 •  IBM  SmarterCloud  Entry  v3.1  では以下のハイパーバイザー(仮想化環境)をサポー トし、仮想マシンに対する要求⼿手順を統⼀一することで運⽤用を簡素化することが可能です。 ü  VMware ü  KVM ü  Hyper-‐‑‒V ü  PowerVM
  26. 26. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud プライベート・クラウド環境  運⽤用操作デモンストレーション わずか4ステップで申請できるシンプルな  GUI 1.  ログイン 2.  欲しい仮想サーバーのタイプを選ぶ 3.  必要事項の記⼊入 4.  申請 承認状況やデプロイ状況は メールで連絡するからとてもカンタン カレンダーを使った リソース予約機能 仮想サーバーのス ペック OS  管理理者 パスワード ※  項⽬目は変更更可能 デプロイ時にユーザーが変更更 可能な項⽬目は、管理理者が事前 に設定することができます。
  27. 27. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud SmarterCloud  Entry  V3.2の仕組み SmarterCloud  Entry  3.2   IaaS  Gateway OpenStack KVMPowerVMvSphere  ESX VMControlvCenter  Server vCenter  Adapter   VMC  Adapter    OpenStack  Adapter   Server Hyper-‐‑‒V PowerVC 管理理者/ユーザー/ Cloud Applications SCE APIs OpenStack APIs オープンソースを使うのはかなりスキル が必要です。短時間で始められる OpenStack環境としてSmarterCloud   Entryを選択することもできます。APIが 同じなので後で⼊入れ替えも可能です。 SmarterCloud  Entry
  28. 28. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud クラウド・ コンピューティング アプリケーション・ サーバー サービス・ オリエンテーション サービス・オリエンテッド・ アーキテクチャー システム連携 ソーシャル・ ビジネス オープン・クラウド・ アーキテクチャー June  1998:  IIBMはApache  Group とOSSのApache  HTTPサーバー開発 のために技術協定を組みました。今 では新しいアプリケーションサー バー市場をOSSが牽引しています。 September  1999:  IBMは市場のトレ ンドを踏まえてLinuxに年年間6000万ドル の戦略略的投資を⾏行行い、コミュニティーの 中での開発に参加開始しました。 November  2001:  IBMは4000万ドル相当の ソフトウェア資産をコミュニティーに寄贈し、 有⼒力力な150社のベンダーや開発コミュニティ と集結して、ソフトウェア開発のエコシステ ム形成に寄与しました。 September  2012:  IBMはOpenStack 財団の設⽴立立に、パートナーとともに 1000万ドルと5600⼈人の社員を投資し、 ダイナミックなクラウドのエコシステム の形成に寄与しました。 IBMはお客様のイノベーションを推進する為に オープン・ソースに投資し続けています 28
  29. 29. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud 29
  30. 30. © 2013 IBM Corporation Open Hybrid Cloud ワークショップ、セッション、および資料料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独⾃自の⾒見見解を反映したものです。それら は情報提供の⽬目的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律律的またはその他の指導や助⾔言を意図したものではなく、またそのような 結果を⽣生むものでもありません。本講演資料料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努⼒力力しましたが、「現状のまま」提供 され、明⽰示または暗⽰示にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本講演資料料またはその他の資料料の使⽤用によって、あるいはその他の関 連によって、いかなる損害が⽣生じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。  本講演資料料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライ ヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBMソフトウェアの使⽤用を規定する適⽤用ライセンス契 約の条項を変更更することを意図したものでもなく、またそのような結果を⽣生むものでもありません。 本講演資料料でIBM製品、プログラム、またはサービスに⾔言及していても、IBMが営業活動を⾏行行っているすべての国でそれらが使⽤用可能であること を暗⽰示するものではありません。本講演資料料で⾔言及している製品リリース⽇日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独⾃自の 決定権をもっていつでも変更更できるものとし、いかなる⽅方法においても将来の製品または機能が使⽤用可能になると確約することを意図したもので はありません。本講演資料料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上⾼高の向上、またはその他の結果が⽣生じると述 べる、または暗⽰示することを意図したものでも、またそのような結果を⽣生むものでもありません。  パフォーマンスは、管理理された環境において標 準的なIBMベンチマークを使⽤用した測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョ ブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量量、⼊入出⼒力力構成、ストレージ構成、および処理理されるワークロードなどの考慮事項を含む、数多 くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使⽤用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例例として⽰示 されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異異なる場合があります。 IBM、IBM  ロゴ、ibm.com、Power  Systems、PureSystems、およびSystem  zは、世界の多くの国で登録されたInternational  Business   Machines  Corporationの商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での  IBM  の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。   Linuxは、Linus  Torvaldsの⽶米国およびその他の国における登録商標です。 30

×