Student Identity Trust Framework - Ryo Tanaka, Taizo Matsuoka

12,173 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
12,173
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9,841
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Student Identity Trust Framework - Ryo Tanaka, Taizo Matsuoka

  1. 1. オンライン学割サービスの利用例と今後のサービスの展開について日本ベリサ゗ン株式会社 新規ソリューション推進グループ 田中 亮ヤフー株式会社 R&D統括本部 松岡 泰三OpenIDフゔンデーション・ジャパン エバンジェリスト 伊東 諒
  2. 2. オンライン学割の課題 現状、オンラインで学割を適用するには、いくつかの課題がある。  オンラ゗ン学割の登録時 – オンラ゗ン申請において「本当に学生なのか?」という判断は難しい – 現状① :学生証のコピーを郵送 – 現状② :不正な申請であった場合には違約金を請求 – オンラ゗ン学割の登録を正しく運用するには相当な「コスト」がかかる  オンラ゗ン学割の利用時 – 登録時に正しく学生を認定できても「今も学生である!」という判断は 難しい – 例えば① :卒業した – 例えば② :中退した – オンラ゗ン学割を適用するため定期的に学生であるかの「チェック」す るには運用の負荷が大きい2 2
  3. 3. オンライン学割の課題 現状、オンラインで学割を適用するには、いくつかの課題がある。  オンラ゗ン学割の登録時 – オンラ゗ン申請において「本当に学生なのか?」という判断は難しい – 現状① :学生証のコピーを郵送 – 現状② :不正な申請であった場合には違約金を請求 – オンラ゗ン学割の登録を正しく運用するには相当な「コスト」がかかる オンライン学割を雑に運用すると  オンラ゗ン学割の利用時 正規料金を支払っているユーザが – 登録時に正しく学生を認定できても「今も学生である!」という判断は 難しい 【不公平】を感じる – 例えば① :卒業した – 例えば② :中退した – オンラ゗ン学割を適用するため定期的に学生であるかの「チェック」す るには運用の負荷が大きい3 3
  4. 4. フレームワーク案の策定で心掛けたこと フレームワークを策定しても利用されなければ意味がない!  利用者(学生)の視点 – 利用したいサービスであること – 学生の関心事 :就職活動、サークル活動、バ゗ト、資格(免許)取得、・・・ – メリット(料金、サービス内容、利便性、)があること – 料金、サービス :学割、学生限定サービス、 – 利便性 :デジタルコンテンツ、使い慣れているID/PW、  属性プロバ゗ダー(学認・大学)の視点 – 学生の福利厚生と学認サービスの普及 – オンラ゗ン学割の適用は所属学生の福利厚生の一環=利便性の提供  サービスプロバ゗ダーの視点 – 学生ユーザの囲い込み – 将来にわたり中期的に継続利用が期待できる学生ユーザを早期に囲い込み  IDプロバ゗ダーの視点 – 自社のIDに新しい属性情報(=学生属性)を付与4 4
  5. 5. オンライン学割サービス利用登録時のイメージ 属性プロバ゗ダ:学認/各大学 4.学生情報 7.登録完了5.OpenIDに 3.学認ID+PW学生情報を付与 ISP:OpenID Provider RP:電子書籍 2.OpenID+PW 1.学割サービスの 6.認証情報 利用登録 利用者:学生5 5
  6. 6. オンライン学割サービスの利用例 学割に加え、学生向けに付加サービスを提供する「学増」の提供も!  電子書籍 – 雑誌(週刊誌、漫画)、新聞、文庫、  賃貸住宅 – キャンパス異動時、卒業時、(入学時)、  旅行 – 帰省、合宿、卒業旅行(国内・海外)、ボランテゖゕ、  チケット – スポーツ(※含む学生の対抗戦)、コンサート、゗ベント、優待券(クーポン)、  クラウドサービス – 音楽配信、映像配信、Eラーニング、フゔ゗ル共有サービス、  ポ゗ントサービス – 会員ポ゗ント、マ゗レージポ゗ント、ポ゗ント交換、6 6
  7. 7. ポイント:Attribute Providerの活用リクルート様×Yahoo! JAPANとのアイデア交換・ブレスト結果 IDPに属性を 集約 Relying Party IDP(AuthN Provider) じゃらん ① アカウント登録/認証 Yahoo! JAPAN (楽天・mixi) ②学生判定 ②’ 学生判定卒業旅行に行きたい! Attribute Provider ③ ポイント付与 学認 ユーザー(学生) Point API じゃらん・HOT PEPPERポ゗ント ※サービスの実現については未確定です7 7
  8. 8. メリット  学生  より広い範囲のサービスで学割/学増を受けられるようになる  デジタルコンテンツ/物販の決済を”即時”に学割で行えるようになる  Attribute Provider(学認/大学)  学生ユーザーの利便性拡大、満足度向上、自サービスの活性化  Relying Party  学生向けキャンペーン等による売上拡大  若年ユーザーの早期取り込み  Identity Provider(AuthN Provider)  自社ID/リソースを活用するRPの増加(≒ユーザーの増加)  Attribute Providerが許可すれば属性を自社に集約できる8 8
  9. 9. Yahoo!サービスへの活用案(あくまで検討)  プレミゕムサービス  学生向け○○プレミゕム月額割引キャンペーン。346円を特別に99円で 提供!  Eコマース  新社会人応援ポ゗ントキャンペーン。Yahoo!ショッピングで買い物した ら大学4年生はポ゗ント20倍!9 9
  10. 10. 具体的なイメージ 「こんな学生がいたら・・」 学割 Macを買って 学割 iPhoneアプリ開発入門を電子書籍で購入 学割 Amazon EC2を月額で買って 学割 iPhoneアプリを開発!(iTunes Developerアカウント)10 10
  11. 11. デモンストレーション~ OpenID Connect ~ 11

×