Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Prott for iOS
Seiya Shimokawa
メイン サブ
Satoshi Ohki
振り返ってみて
2014.01
iOS 版開発スタート
web も完成していない段階で

なぜ iOS 版のスタートか
チームでプロトタイピングし
た時のスピードを考えると
ネイティブアプリは必須
web で作ったプロトタイプが
実際のネイティブアプリ上で
動作することの重要性
2014.01
iOS 版開発スタート
2014.04 モックアップ完成
え?デザイン一新しますよ。
2014.05
新デザインでスタート
2014.10
web と同時リリース
2014.10(1.0 1.2)
更に2回のアップデート
iPhone 6/6 Plus サポートなど
2014.11(1.3)
オーガナイゼーション閲覧機能など
2015.01(1.4)
プレビュー時のランドスケープ対応など
2015.02(...
マルチジェスチャーって?
以前の Prott
1つのリンク領域に1セット



アニメーション

ジェスチャー

遷移先
マルチジェスチャー
1つのリンク領域に4セット



アニメーション

ジェスチャー

遷移先
そんな複雑な機能を
この小さい画面のなか

ストレスフリーで



(すでに画面いっぱい)
マルチジェスチャー機能

開発スタート
デザイナーに聞いたこと
それぞれの目的はなにか
・既存の操作感を変えない

・サクサク感をなくさない
・パッと見て気づく
重要視したポイント
共通認識って大事

( iOS でいうと)
・Human Interface Guideline

・オートレイアウトによる伸縮

・多言語によるレイアウト
まとめ
デザインの目的を聞き出して、なにを重要
としているのかを確認しながらプロトタイ
ピングをすることで精度を高めた
ありがとうございました。
Prott for iOS
Prott for iOS
Prott for iOS
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

1

Share

Download to read offline

Prott for iOS

Download to read offline

一周年記念イベントで iOS 開発について振り返り

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Prott for iOS

  1. 1. Prott for iOS
  2. 2. Seiya Shimokawa メイン サブ Satoshi Ohki
  3. 3. 振り返ってみて
  4. 4. 2014.01 iOS 版開発スタート
  5. 5. web も完成していない段階で
 なぜ iOS 版のスタートか
  6. 6. チームでプロトタイピングし た時のスピードを考えると ネイティブアプリは必須
  7. 7. web で作ったプロトタイプが 実際のネイティブアプリ上で 動作することの重要性
  8. 8. 2014.01 iOS 版開発スタート
  9. 9. 2014.04 モックアップ完成
  10. 10. え?デザイン一新しますよ。
  11. 11. 2014.05 新デザインでスタート
  12. 12. 2014.10 web と同時リリース
  13. 13. 2014.10(1.0 1.2) 更に2回のアップデート iPhone 6/6 Plus サポートなど 2014.11(1.3) オーガナイゼーション閲覧機能など 2015.01(1.4) プレビュー時のランドスケープ対応など 2015.02(1.5) パフォーマンス改善、検索、グループ機能など 2015.03(1.6) マルチジェスチャー機能 …現在は 1.6.2 大規模パフォーマンス改善版
 1.7.0 coming soon!!
  14. 14. マルチジェスチャーって?
  15. 15. 以前の Prott 1つのリンク領域に1セット
 
 アニメーション
 ジェスチャー
 遷移先
  16. 16. マルチジェスチャー 1つのリンク領域に4セット
 
 アニメーション
 ジェスチャー
 遷移先
  17. 17. そんな複雑な機能を
  18. 18. この小さい画面のなか
 ストレスフリーで
 
 (すでに画面いっぱい)
  19. 19. マルチジェスチャー機能
 開発スタート
  20. 20. デザイナーに聞いたこと それぞれの目的はなにか
  21. 21. ・既存の操作感を変えない
 ・サクサク感をなくさない ・パッと見て気づく 重要視したポイント
  22. 22. 共通認識って大事
 ( iOS でいうと) ・Human Interface Guideline
 ・オートレイアウトによる伸縮
 ・多言語によるレイアウト
  23. 23. まとめ デザインの目的を聞き出して、なにを重要 としているのかを確認しながらプロトタイ ピングをすることで精度を高めた
  24. 24. ありがとうございました。
  • tsuyoshinanri

    Aug. 23, 2016

一周年記念イベントで iOS 開発について振り返り

Views

Total views

2,793

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

1,316

Actions

Downloads

1

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×